ファイヤースティック 電源入らない。 電源が入らない?画面が真っ暗?Fireタブレットを再起動する方法

Fire TV Stickリモコンが反応しない!高確率で直す手順をていねいに解説

ファイヤースティック 電源入らない

電源を入れる:電源コードをFireTVに接続する• 電源を消す :電源コードをFireTVから抜く というかたちで電源制御を行います。 ただ一々電源コードを抜いたり差したりは面倒くさいということで、FireTVにはスリープモードあるわけです。 FireTVはスリープモードでON・OFFLINEを切り替える スマートフォンや携帯電話をイメージしてもらえばわかるかと思いますが、一々電源を長押しして消しませんよね? それと同じでFireTVも電源自体を消したりはせず、スリープモードでONとOFFの状態を切り替えています。 Fire TVは20分間使わないでおくと自動的にスリープモードになります。 Amazonの公式サイトで解説されているとおり、FireTVは20分間リモコン操作や動画の再生が行われていなければ勝手にスリープモードへ変化。 とはいえ気になる人は「20分間使ってないのに電源入っているのは勿体無い…」と思うでしょうから 手動でスリープモードにする方法もあります。 FireTVを手動でスリープモードにする方法 FireTVをスリープモードにするにはいくつか方法はありますが、上記画像画面を表示させて行うのが一番楽です。 具体的には、 FireTV付属のリモコンにあるホームボタンを長押しするだけ。 そうすると上記画像の画面が出ますのでスリープを選べば完了です。 ちなみに音声認識リモコンにある6つのボタンの内、中央上にある家みたいなマークが入っているのがホームボタンとなっています。 FireTVをスリープモードから復帰する方法 リモコンのボタンをなんでも良いので押せばスリープモードから復帰します。 一度でも電源コードを抜いたり、電源供給を切っていると起動画面が表示されて、ホーム画面に移行するのですがどうでもいいので覚えなくていいです。 「なんかスリープモードからの復帰に時間がかかるようになったな…」と感じたら、発熱がひどい。 もしくは長期間利用による劣化の可能性があります。 あまりにもひどい場合は熱対策をしたり、買い替えたりしたほうが良いかもしれません。 FireTVの再起動は選択ボタンと再生ボタン5秒同時押しで可能 画像で示しているボタンを、同時に5秒間押すと再起動が始まります。 スマートフォンに入れて使えるFireTVリモコンアプリではできませんのでご注意を。 凄く押しにくいですが、押しやすいボタン配置だと誤って再起動させてしまう可能性もありますし妥当かなと言う感じ。 不具合が起きたときはこの方法で再起動してみよう 不具合と一口に言っても色々ありますが、とにかく動作がおかしいという時は再起動が鉄板の対処法です。 しかし電源ボタンがないFireTVは、再起動の方法を知らないとコードぶち抜きで点け消しすることに。 強制的に電源を消す行為は動作に悪影響を及ぼす可能性は否めませんので、再起動時は上記コマンドを使ってやるようにしましょう。 また電源コードを抜いて消す時も一度スリープモードにしてから消したほうが良いかと。 アプリ起動中のぶち消しとかは普通に危険なんで止めときましょう。 FireTVの電源は消したほうが電気代的には安い傾向にあり(ただし差は微小) FireTVStickの話になりますが、電気代を検証しているサイトがありましたので引用。 スリープ時の消費電力はほぼ1wです。 1日あたりの消費電力は実測で0. 02kWh、電気代に直すと0. 5円程度ですので、単純計算で1ヶ月15円です。 まったく気にする必要のないレベルですね。 中略 再生しっぱなしにしてもFire TV Stickの消費電力は1ヶ月で30円程度 1ヶ月間再生しっぱなしはありえませんから、 覚えておくべきは1ヶ月スリープにするとおおよそ15円電気代がかかるという点でしょう。 48時間電源を切っている時間を作れば1円安くなる計算です。 正直1ヶ月15円を節約するために一々電源コード抜くのは割りに合ってない手間かなと思います。 ただ電源切っている方が安くなるのは確かですので、15円という数字を重く見るなら使ってない時間はスリープではなく電源ぶち抜いて切ってたほうが良いかもしれません。 FireTVの電源を入れる時の消費電力が大きく、こまめに電源を切ると損する可能性も これに関しては詳細なデータがないため断言はできませんが、 電源を消した場合OS起動から始まるためこまめに電源を切ると電気代がむしろ多くなる可能性があります。 OSとはパソコンで言うならWindowsやMacOSのことでFireTVの場合、Fire OSというものが搭載されていて、これの起動は結構電気食うはずなんですよ。 PCの電力量はOS起動時に多く消費しており、OS起動時はスリープ状態からの復帰時に比べて3倍以上の電力量を消費している 電源OFF時の待機電力とスリープOFF時の待機電力との間には約0. 5ワットの差しかない。 従って、1時間45分(XP搭載PCの場合)以内にPCを再度使用する場合は、電源オフではなくスリープ(Windows XPではスタンバイ)を推奨 これはパソコンの話なので、FireTVにそのまま当てはまる話ではありません。 しかしFireTVもOSを搭載している以上PCと同じくOSを起動時に電力をかなり消費するはずなので、電源をこまめに切るとむしろ電気代が増える可能性も考えられるわけです。 ぶっちゃけ手間暇かけてまでスリープ時の電力ケチっても仕方ないレベルの電気代しかありませんし、裏目に出る可能性も考慮するとスリープモードで運用したほうが良いかと思われます。 FireTVの電源についてまとめ• FireTVの電源をOFFにするにで電源コードを抜くしかない• 基本的にはスリープモードでON・OFFを切り替える• 電気代も大して差はないので、電源切る旨味はほぼない しかし家電製品とかと比較するとFireTVの電気代めちゃくちゃ安くて驚きですね。 スリープモード時、1Wはまだわかりますけど再生中も2Wってのはかなり電気効率良いです。 FireTVStickの話なので4Kモデルだともう少し電力増えそうではあります、積んでいるプロセッサの性能大体同じですしそこまで差はないと思われますが。 何にせよ冷蔵庫などの家電製品と比べれば大した電気代ではありませんので、わざわざFireTVの電源を切る必要はなさそうです。

次の

ファイヤータブレットの充電ができない!40秒で解決できます。

ファイヤースティック 電源入らない

ぐんもーにんえぶりわ~ん(ミスシャムール風味) 原ちゃんです! 「Fire TV」が映らない! そんなトラブルに見舞われた人がたくさんいるようで、この手のことで検索すると情報がわんさかと出てきます。 私も、その一人です。 しかも使い始めて2日目に、何も映らなくなるという絶望的な状況。 画面右上の「HDMI2」という表示のみが恨めしく映っていました。 ちなみにHDMI1はHDDレコーダーを接続しています。 関係ないけど。 届いた当日はウキウキしながらテスト接続し、正常動作してました。 次の日これまたウキウキで定位置に設置したところこれですよ。 定位置への設置の様子は前回の記事で書いています。 (トラブルの記述はありません) リンク: 巷に溢れている「再起動すれば大体直る」という情報も、何の役にも立ちませんでした。 とはいえひとまず、FireTVが映らない場合の対処方法をまとめてみましたのでどうぞ。 解決方法のもくじ• で、結局原ちゃんはどうしたら直ったの!?を知りたいせっかちさんは FireTVトラブルシューティング 再起動編 まずは「困ったときは再起動」でおなじみ、再起動です。 リモコンで再起動 最も簡単な再起動の方法はリモコンでの再起動。 リモコンの「選択」ボタンと「再生/一時停止」ボタンを同時に長押しします。 公式のトラブルシューティングでは、「5秒ほど長押し」とアナウンスされていますが、実際は8秒ほど長押しが必要です。 テレビ画面に「再起動しています」と表示されたら、ボタンを離してください。 …一応書きましたが、画面に何も映らない場合にこれをやっても、本当に再起動したのか、本体のインジケーターでなんとなくでしか判断できないので、まあとりあえずやるってくらいのものです。 電源引っこ抜いて再起動 リモコンを使って再起動すると、トラブルを起こした張本人にトラブル処理を任せるようで嫌だという私みたいなひねくれ者には、「電源を引っこ抜く」という方法がピッタリです。 (この感覚、わかる人にはわかると思う) 単純にFireTV側でもコンセント側でもいいので、電源プラグを引っこ抜きます。 すぐ差し込むとなんとなく悪いものが残ってそうで嫌なので、10秒待ってから差し込みます。 そして普通に起動して直ればラッキー。 余談ですが、電源ボタンを採用して欲しい。 電源プラグを差した瞬間に起動してしまうのは、「プラグが斜めに刺さってしまって、変な電流が流れて壊れたらどうしよう…はわわわ」と不安になってしまう。 そんな私みたいな人、他にもいると思うんです。 HDMIケーブルを抜いたり刺したりしてみる FireTVに接続されているHDMIケーブルを抜いたり刺したりします。 この時テレビに他の機器から接続されているHDMIケーブルがあれば、一応抜いておいてください。 FireTV側かテレビ側のどちらかでもいいんですが、不安であれば両方抜いて両方刺してを数回しましょう。 私は不安で両方何回もやりました。 直りませんでしたけど! でもこれで直った人もいるみたいです。 テレビのHDMI端子は生きていますか?HDMIケーブルは断線してませんか? ほとんどの人は、FireTVを買ったら、テレビのHDMI入力端子のうち、空いている、つまり今まで使っていなかった端子を使います。 そしてHDMIケーブルも、新品もしくはしばらく使ってなかったものを使用すると思います。 テレビのHDMI入力端子が生きているか確かめる そもそもテレビのHDMI入力端子自体が壊れていたら? FireTVどころか何を接続しても何も映りません。 では確かめてみましょう。 FireTVを購入するような今時のご家庭では、HDMIで接続して使っている機器が一つもないということはあまりないと思います。 あったらごめんなさい。 今回FireTVを接続しようとしていたHDMI入力端子のところに、今現在正常に動作しているその機器を接続してみましょう。 普通に使えたら、その端子は正常に動作しているということです。 たった今まで使えてたその機器も動作しなかったら…、入力端子が死んでます。 他の空いてる端子で試しましょう。 空いてる端子がない場合は、テレビを修理に出すか、これを機に新しいテレビを買っちゃいましょう! とはいえ普通のご家庭にいきなり新しいテレビを買う余裕などありません。 修理に出すとテレビが一時的になくなるので不便です。 ならば「HDMI切替器」を買っちゃいましょう。 テレビのHDMI入力端子が足りない場合に使うもので、切替器本体に出力端子が1つ(テレビに繋ぐ側)、入力端子が複数(HDDレコーダーとかゲームとかに繋ぐ側)あり、この入力端子側の機器を切替器本体やリモコンで切り替えて使います。 一応、価格. comで売れ筋一位のものを載っけときます。 HDMIケーブルが断線してたりして テレビのHDMI入力端子が生きていたら、次に疑うのはHDMIケーブルが断線していないか?です。 今現在普通に使えている、ご家庭内のHDMI接続で使っている機器のHDMIケーブルを、FireTVに使おうとしていたHDMIケーブルに交換してみましょう。 動作すればHDMIケーブルに問題はありません。 動作しない場合は、最近買ったものなら返品交換してもらうか、そうでなければ新しいケーブルを買いましょう。 またしても余談ですが、「HDMIケーブル 断線」で検索したら、「HDMIケーブルの導通チェックに HDMIケーブルテスター」というものがヒットしました。 「これいいかも新米!」と思って良く見てみると… 定価 16,500円 解像度をいじってみよー! あまりこれで解決するとは思えませんが…、まあ一応。 テレビ側で解像度を切り替えられる場合は切り替えてみましょう(1080pとか720pとか)。 それでもダメなら、FireTV側で解像度を切り替えます。 FireTVのリモコンの、「上」ボタンと「早戻し(古代日本語では巻き戻し)」ボタンを同時に長押しします。 これまた公式では5秒長押しとありますが、実際は8秒くらいです。 切替が始まると、本体インジケーターがオレンジ色になりますので、そしたらボタンを離してください。 システムで利用可能な解像度を、10秒ごとに切り替えてみてくれるようです。 (テレビに何も映らないのでよくわからなかった) 切替が終わったらインジケーターが白色に戻ります。 不安でしたら、テレビで解像度の切替が1080pと720pに変えられるとして、• テレビの解像度を1080pに合わせる• FireTV側の解像度切替を試す• テレビの解像度を720pに合わせる• FireTV側の解像度切替を試す というふうに全ての組み合わせで試してみましょう。 テレビの入力スキップの設定をいじる 意外とこんなところに原因があったりします。 テレビの設定で、名前は違うかも知れませんが「入力スキップ」というものがあります。 今時のテレビは入力端子が、 ビデオ1、ビデオ2、ビデオ3、HDMI1、HDMI2、HDMI3、PC などとたくさんあります。 テレビリモコンの「入力切替」ボタンを押したときに、これら全てが出てこられたら非常に非効率ですね。 というわけで入力切替を押したときに、使ってない入力は出てこないようにするのが「入力スキップ機能」です。 例えば入力端子HDMI2にFireTVを接続していて、テレビの設定でHDMI2入力がスキップ設定されてると、機器を接続しているからかスキップ設定されているはずのHDMI2に入力切替で合わせられ、でもFireTVは映らないという現象があるようです。 これで解決した事例も実際にあるようなので、一応見てみてください。 上記方法を全て試したけどダメだった…が直った! でいろいろ試すものの状況は全く好転せず。 結局南極大冒険。 原因はとても単純なもので… HDMIケーブルとFireTVの接触不良が原因でした。 下の画像をご覧ください。 FireTVを置いた床(正確には棚の床板)のすぐ後ろに壁があります。 最初は画像の床にあるコードクリップなしで設置していたのですが、試行錯誤の結果、この画像のように設置すれば安定して映ることがわかりました。 わかりやすく横から見た図で示すと HDMIのケーブルの部分が少し上に引っ張られてて、逆に内部の端子がほんの少し下を向いた状態になったせいか、接触不良を起こして映らず、 HDMIケーブルをコードクリップで床に固定してから壁に這わせたら映りました。 「接触不良」って、最近はなかなか聞くことがなくなったので油断してました。 昔はまず疑うのが端子の接触だったんですけどね。 ファミコンのカセットの端子部分をフーフーしてたアレです。 ホコリが原因で接触不良なんてことが日常的にあったんですね。 ちなみにカセットフーフーすると唾が飛んで壊れるという説がありますが、少なくとも私のまわりではそれで壊れた話は聞いたことがありません! 第一あんな昔のカセットなんて、何が原因で壊れるかわかったもんじゃありませんからね。 もしかしたら私が買った安いHDMIケーブルが接触不良の原因かも知れませんが、もしFireTVが映らず、何を試してもダメだった人は、こんな単純なことも疑ってみてくださいまし。 それでもダメだったら、迷わずAmazonのカスタマーサービスに連絡しましょう。 サイトトップの一番下の「ヘルプ&ガイド」のところに「カスタマーサービスに連絡」というリンクがありますので、そこからできますよ。 以上、DAZN(ダ・ゾーン)をどうしても「ダ・ズーン」と読んでしまう原ちゃんでした。

次の

Fire TV Stickの初期設定・接続方法を初心者向けにやさしく解説!

ファイヤースティック 電源入らない

「そんなことはないから確認しない」と思うと解決しないよ! Fire TV Stickリモコンが反応しない:電池が古い Fire TV Stickに付属していたリモコンの電池は、意外と電池の消費がはやいです。 「まだ買ったばかりだから電池が原因ではないよね・・・。 」 と思ったままだとずっと直りません。 案外、電池が原因だったりします。 思い込みせずに電池を新品に交換してみてリモコンが反応するか確認してみてください。 この方法で改善しましたので、ぜひやってみてください。 Fire TV Stickをテレビから抜き、本体の横に接続されている電源コードも抜く テレビのHDMIポートからFire TV Stick本体を抜きます。 Fire TV Stick本体の横に繋がっている電源コードも本体から抜きます。 Fire TVになにも接続していない状態にして、端末の中に残っている電力を放電します。 Fire TV Stickリモコンのリセット(初期化) リセットはリモコンの3つのあるボタンを同時に長押しします。 1つ目のボタンは、リモコン上部の黒いリングの左のボタン。 2つ目のボタンは、矢印がUターンしているようなボタン。 3つ目のボタンは、三本線のボタン。 これらの3つのボタンを同時に10秒長押しして指を離します。 Fire TV Stickリモコンの電池を抜く リモコンのリセットが終わったらリモコンの蓋を開けて、電池を2本とも外します。 たまに蓋がなかなか開かないことがありますが、マイナスドライバーでこじ開けます。 怪我しないでね! Fire TV Stick本体をテレビに接続し、本体の横に接続されていた電源コードも接続 最初の手順で抜いたFire TV Stickを元に戻します。 Fire TV Stickが起動してAmazonのロゴが表示された後、Fire TV Stickのロゴが表示されます。 その後、ホーム画面になります。 Fire TV Stickのホーム画面になったらリモコンの電池を入れる リモコンの電池を入れて直して、1分放置します。 その後、リモコンが反応するようになっているか確認してみてください。 反応しない場合、リモコンの家のマークのボタンを10秒長押しを何度かしてみてください。 Fire TV Stickリモコンが反応しない:Wi-Fiルーター再起動 リモコンが効かないから、Wi-Fiルーターは関係ないと思っている方が多いと思います。 案外これでリモコンが反応するようになることもあります。 Wi-Fiルーターの再起動は、ルーターの電源コンセントを抜いて、30秒待ってから再度接続してみてください。 思い込みはばかりだと直らないよ! Fire TV Stickリモコンが反応しない:5GHz帯のWi-Fiに接続 2. 4GHz帯のWi-Fiにしか対応していないルーターではできないのですが、Fire TV Stickを5GHz帯のWi-Fiに接続してリモコンが反応するか確認してみてください。 最新のFire TV Stick 4Kモデルでは5GHz帯のWi-Fiに問題なく接続できますが、4KモデルではないFire TV StickではルーターのチャンネルをW52(36〜48)に設定しなければいけません。 ルーターの設定画面を開く方法は、主なルーターメーカーのみ下記にリンクを貼っておきますので、ご参考ください。 主なメーカーの設定画面起動方法 わからない場合は、ルーターのメーカーにお問い合わせしましょう。 5GHz帯に接続するには、Fire TV Stickのホーム画面から「設定」>「ネットワーク」から、5GHz帯のWi-Fiを選択して接続してください。 リモコンが直っているかご確認ください。 Fire TV Stickリモコンが反応しない:リモコンアプリを使用 Fire TVリモコンアプリが開発されていて、インストールすることでモバイル端末、タブレットでFire TV Stickのリモコンと同じように操作可能です。 Fire TVリモコンアプリの導入手順について解説していきます。 同じWi-Fiに接続されている状態で、Fire TVリモコンアプリを起動すると下記のような画面になります。 画面下部の「サインイン」は押さずにサインインしなくて大丈夫です。 4桁のコードを入力するように求められます。 このタイミングでテレビを見ると、このような感じで映っています。 テレビに表示されている数字をFire TVリモコンアプリに入力することで、利用可能となります。 Fire TVリモコンアプリでの操作 リモコンアプリが利用可能になると、上のような画面になります。 下部のボタンはFire TVリモコンと同じですね。 上下左右の操作は画面中央の黒いスペースのところで指をスワイプすると、Fire TVのカーソルを操作できます。 画面上部にあるアイコンに番号をつけたので、順に説明していきます。 あまり使わない。 「設定」を選択すると、Fire TV Stickの画面は設定画面、「スリープ」を選択するとFire TV Stickの画面はスリープ画面に。 自分のインストールされているアプリが表示され、アプリをタップすることでFire TV Stickで開くことができます。 Fire TV Stickのキーボードで入力しづらく、素早く入力できないですよね。 このアプリのキーボードを使うと、スマホ入力で素早く文字入力できます。 しかし、YouTubeのアプリでは、英語入力しかできません。。。 使う人によっては、Fire TVリモコンより使いやすく感じるかもね! Fire TV Stickリモコンが反応しない:テレビリモコンを使用 テレビリモコンの方向キーでFire TV Stickのテレビ画面を操作することができます。 方向キー以外にも、再生ボタン、一時停止ボタンなども動画再生中に機能します。 Fire TV Stickリモコンが近くになく、テレビリモコンが近くにあるときに便利。 Fire TV Stickリモコンが反応しないとき絶対にやってはならないこと 本体付属のリモコンが反応せずに、テレビのリモコンやFire TVリモコンアプリで操作できるとき、絶対にやってはいけないことがあります。 それは、Fire TV Stick本体の工場出荷時の状態にリセット(初期化)です。 これをしてしまうと、テレビのリモコンやFire TVリモコンアプリでも操作不能になります。 こうなると、Fire TV Stickのリモコンを購入するしか方法はありません。 何をやってもFire TV Stickリモコンが反応しない この記事で紹介した方法でもFire TV Stickのリモコンが反応しない場合、AmazonでFire TV Stickリモコン単体を販売していますので、こちらを購入するのもアリですね。 最新のAlexa対応音声認識リモコン 第2世代 では、音量を調整したり、テレビの電源を消したり、音をミュートにしたりするボタンが搭載されています。 購入時にこのボタンがついていなかった機種でも、Fire TV Stick(第2世代)、Amazon Fire TV(第3世代)で利用できます。 Fire TV Stick(第1世代)、Amazon Fire TV(第2世代)では利用できないので、音量を調整したりする等の機能が備わっていないAlexa対応音声認識リモコン 第1世代 を購入することを検討してみてください。

次の