ライン ストーン。 ラインストーンでデコるには?剥がれにくいやり方やおすすめの道具は?

ラインストーン

ライン ストーン

ラインストーンとは、水晶、ガラス、アクリル樹脂などの表面にファセット・カット(宝石の加工方法)を施し、ダイヤモンドのような形に似せたデコレーションパーツのことを言います。 昔、ヨーロッパを流れるライン川で拾われた水晶がダイヤモンドの代用品として使われていたことから、「ラインストーン」と呼ばれるようになったそうです。 このラインストーンは、さまざまなものをデコレーションするのに欠かせないパーツです。 ネイル、スマホカバー、アイコスケース、アクセサリー、靴などに頻繁に使用されます。 最近では、髪の毛につけるエクステンションやまつエクにも採用されるほどです! ラインストーンを使うだけで普通のものがキラキラして華やかになるので、デコレーションしたものは、特に女性にとても人気ですね。 では、そのデコレーションに使われているラインストーンは、なぜそんなに美しいのでしょうか。 ラインストーンの謎に迫ります! ラインストーンの主な素材について デコレーションしたものが好きな人の中にも、「ラインストーン=スワロフスキー」だと思っている人が多いのではないでしょうか。 しかし、「ラインストーン」というものには、主にスワロフスキー、ガラスストーン、アクリルストーンの3種類の素材が使われているのです。 ファセット・カットされていれば、全ての素材で「ラインストーン」と呼ぶのです。 では、それぞれ、そんな特徴があるのでしょうか。 スワロフスキー スワロフスキーとは、元々は、1985年にオーストラリアのチロル州にあるクリスタル・ガラスの製造会社の社名です。 チェコ人のダニエル・スワロフスキーという人が創業したため、この社名が付いたそうです。 一般的に「スワロフスキー」と呼ばれるものは、この会社が製造している、スワロフスキー・クリスタル・ガラスで製造された製品のことを言います。 この製品の中でも、ラインストーンの製造を行っており、これが世間では「スワロフスキー」と呼ばれているのです。 通常のクリスタル・ガラスの酸化鉛の含有比率が約24%なのに比べて、スワロフスキー・クリスタル・ガラスは酸化鉛の含有比率が32%以上になっているので、ガラスストーンと比べても輝きの度合いが大きいのです。 また、光の屈折率が高いため、虹色に見えたり、傷が付きにくいなど強度にも優れていたりします。 スワロフスキー・クリスタル・ガラスは、一般的なガラス・クリスタルよりも値段が高く、スワロフスキーが独自のカット技術を施しているため、スワロフスキーのラインストーンは、他の素材のラインストーンよりも値段は高めですが、人気は非常に高いです。 ガラスストーン ガラスストーンとは、ガラス製のラインストーンです。 一般的に、スワロフスキー製以外のガラスストーンのことを言います。 同じガラス製ですが、スワロフスキーよりも輝きが若干劣ります。 しかし、中には高品質なガラスストーンもあり、値段もスワロフスキーとさほど変わりませんが、それと比例して、スワロフスキーと変わらない輝きも持っています。 アクリルストーン アクリルストーンとは、プラスチックで作られたラインストーンです。 プラスチックは素材が柔らかいため、傷や汚れが付きやすく、デコレーションをしたときにトップコートを塗ると、解ける場合があります。 プラスチックをファセット・カットしているのではなく、宝ダイヤモンドのような形をしている型にプラスチックを流し込んで作っているため、光が屈折して輝くということがありません。 しかし、悪いことばかりではありません! 価格が安いため、手に入れやすいことが大きなメリットです。 100円均一などにも販売していますし、インターネット通販でも大量に入っていて価格が安かったりします。 また、型にプラスチックを流し込んでいるため、さまざまな形のラインストーンが作ることができるのも特徴的ですね。 アクリルストーンは、普段よく使うようなスマホカバーなどに採用してしまうと傷が付きやすいため、白く曇ったり色がくすんだりしますので、傷が付きにくいようなものにデコレーションするか、練習用に使うと良いですよ。 ラインストーンの形について ラインストーンは、一般的にダイヤモンドのような形をしていますが、他にもドームカット、楕円形、四角形、三角形などにもカットすることができます。 その他、ハート型や星型、雪の結晶型にすることもできます。 アクリルストーンであれば型にプラスチックを流し込むだけですが、スワロフスキーやガラスストーンでも他の形にすることができます。 このような形だけでなく、ラインストーンは、デコレーションしやすいように工夫した加工がされているのです。 埋め込み型(Vカット) 埋め込み型ラインストーンとは、ダイヤモンドのような形をしていて、底面がV字型にカットされているラインストーンです。 このラインストーンを採用するときは、平面にデコレーションするのではなく、ラインストーンがはまり込むように窪んでいる土台にデコレーションします。 カン付き カン付ラインストーンとは、カン(金属の土台)に接着されているラインストーンです。 チャームが付いているタイプもあるので、アクセサリーやネイルの先端にぶら下げると可愛いですよ。 カシメ付き カシメ付きラインストーンとは、「カシメ」という留め具に接着されているラインストーンです。 デコレーションしたい布などに穴を開け、そこにカシメを入れ、打ちつけてデコレーションします。 よく、ジーンズや帽子、靴などの布類に採用されるラインストーンです。 ラインストーンのサイズについて ラインストーンを購入するときは、「SS」、「PP」と呼ばれる表記がされています。 これは、ラインストーンのサイズを表すもので、「SS」は「Stone Size(ストーンサイズ)」という意味を示し、「PP」は、「Pearl Plate(パールプレート)」という意味を示します。 一般的に、SSはアパレル用のラインストーンに、PPはジュエリー用のラインストーンに使用される表記です。 日本のラインストーン通販では主に「SS」が使用されており、購入者が分かりやすいように日本で主に使用される「mm(ミリメートル)」でサイズが分かるように表記されています。

次の

ラインストーンの種類について

ライン ストーン

「ラインストーン」って小さくて、少ししか入っていないわりに価格が高い!と思ったことはありませんか?しかも、何種類もある中から選びきれずについつい買い過ぎてしまう方も多いはずです。 でもそんなお困りのあなたもコレを読めば問題が解決するのではないでしょうか。 実は、「ラインストーン」は100均で購入できるんです!既にご存知の方もそうでない方も、ぜひこちらを読んで100均の「ラインストーン」を有効活用してみてください。 また、実際に100均で販売されているラインストーンを使用したセルフネイルや、ラインストーンの簡単な付け方の説明などぜひ参考にして頂きたいこともご紹介していきますので、参考にしてみてください。 100均のストーンでキラキラする?スワロフスキー・クリスタルはある? スワロフスキーやクリスタルは、通常のラインストーンよりも価格が高いので、100均で購入できたらとっても経済的です!色々なカラーを使用してみてください。 現在確認が出来ている範囲で販売されているカラーは「クリスタル」「オーロラ」「ライトローズ」「ライトコロラドトパーズ」「ライトアメジスト」「ライトサファイア」「ブラックダイヤモンド」「ライトシャム」の全8色です。 また内容量は9粒となっており、サイズは下記に詳しく載せてあるのでチェックしてみてください。 ダイソーに比べて種類は少ないですが、通常タイプとはまた違った使用の仕方が出来るVカットタイプのラインストーンもおすすめです。 ラインストーンのおすすめ収納術 ラインストーンのおすすめ収納術:ピルケース(ダイソー) こちらは、ダイソーで販売されているピルケースです。 三連ごとにケースから取り外すことができ、それぞれに蓋がついているのでラインストーンなどの細かいものを収納するのにとても便利です。 蓋もしっかりと閉めることが出来るので外れてラインストーンが混ざってしまうこともありません。 また、大きいケースに小さいケースがいくつも収納出来るようになっているので、色別や種類別で分けて収納できるところもおすすめのポイントです。 ラインストーンのおすすめ収納術:コンタクトケース 家に大量のコンタクトケースが余っているという方は、ラインストーンの収納に活用してみてください。 この画像のように大きなボックスにまとめて収納しておけば紛失してしまう心配もありません。 また、中身が分かりにくい場合は、マスキングテープにメモをしてコンタクトケースに張り付けておけば大丈夫です。 コンタクトケースが家にない場合は、ダイソーなど100均で手に入れることが出来るのでぜひ活用してください。 また、コンタクトケースをまとめて入れることの出来る大きなボックスも100均で手に入れることが出来ます。 サンダルなどを頻繁に履く夏ごろにフットネイルをしておき、さらにラインストーンを使用すると歩くたびにラインストーンがキラキラと光ってとても素敵でおすすめです。 仕事柄ハンドネイルが難しい方はフットネイルをしてみてはいかがでしょうか。 セルフネイルの場合でもハンドネイルと違い、両手を使用することの出来るフットネイルはとても簡単にできます。 フットネイルとセルフネイルの塗布前のケアやその後の手順に特に違いはありませんが、使用する用品を他人と共有することは避けてください。 これは、ハンドネイル・フットネイル含めすべてのことに共通して言えますが、特にフットネイルの場合は気を付けるように心がけましょう。 ハード系のジェルでも長さ出しは可能なので、セルフネイルでも出来ますが適度な技術や専用の道具などが必要になってくるので、実際にはなかなか難しいのではないでしょうか。 しかし、どうしてもセルフネイルでこのようなネイルがしたい場合にはネイルチップを活用してみてはいかがでしょうか。 自分の好きな長さや形、アートを施すことが出来るのでおすすめです。 100均のスワロフスキーやクリスタルをしようしてアートをすれば、サロンのような仕上がりなのに破格の金額になります。 大量のラインストーンを使用する小物のデコレーションには100均のラインストーンを活用して、お得に完成させてみてはいかがでしょうか。 そこで、続いては、「とっても簡単なラインストーンの付け方」についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 ラインストーンを付ける際に用意するもの一覧(ポリッシュネイルの場合) 【ラインストーン】 100均で購入可能です。 お好きなものをセレクトしてください! 【ウッドスティック】 100均で販売されている場合もありますが、ない場合は薬局などで購入可能です! 【トップコート】 100均で購入可能です。 大きめのパーツの場合は使用すると取れにくくなります。 また、ジェルネイルの場合は少し手順がことなります。 ラインストーン以外のアートが終わったら、ラインストーンを乗せたい部分にトップコート(接着剤)を塗布します。 最後に全体的にトップコートを塗るので、乗せる部分にのみ少量でOKです。 はみ出してしまったり、量が多くなってしまっても気にしなくて大丈夫です。 100均でもよく見かけますが、見つけられない場合は薬局やネイルグッズのショップで購入できます。 こちらにも少量のトップコートを付け、ラインストーンを先に引っ付けるようにしてとりましょう。 ピンセットでラインストーンを取る方もいますが、小さいラインストーンの場合はこちらの方が簡単に取れるのでおすすめです!また、ウッドスティックには接着剤を使用するのはやめてください。 どうしてもウッドスティックからラインストーンが外れない場合は、ウッドスティックにつけるトップコートの量を最小限にしてみてください。 また、時間が経ちすぎてしまうとウッドスティックに張り付いてしまう恐れがあるので注意しましょう。

次の

スワロフスキー #2058 #2088

ライン ストーン

形状 [編集 ] 裏面が尖った、をファセットカットした形状そのままのタイプと、石のクラウン部分のみを模した、裏面が平らなタイプとがある。 裏面が尖ったタイプは主に専用の枠に接着して使用する。 裏面が平らなタイプはそのままなどに貼り付けてに利用する。 石の平らな底面にが塗布されており、加熱されると溶融し衣類の表面に付着する、ホットフィットやホットフィックスと呼ばれるタイプのものがある。 これらの接着にはを用いてもよいが、や用のプレッサーを用いる方が推奨される。 プレッサーはアイロンより高温が出せるし、重圧をかけられるのでより高い接着品質が期待されるからである。 歴史 [編集 ] もともとは、の代用品に使われたで拾った水晶を指していた。 18世紀にの宝石商ゲオルク・フリードリヒ・ストラスは、ガラスの底部に金属粉末を塗布しダイヤモンドのように見せるアイデアを思いつき、この手のダイヤモンド類似石の需要が一気に増加した。 ラインストーンは、今日でも多くのヨーロッパ諸言語で彼の名を取り ストラスと呼ばれている。 今日では、ラインストーンメーカーの中にはシンチレーション、ブリリアンシー、ディスパーションといった本物のダイヤモンドが太陽光下で見せるきらめきまで再現できる技術を有するところもある。 には、中にて高温に熱し化した金属蒸気を熱した水晶にあて、その表面に薄膜を形成し、を生みだす技術が社によって開発され、その製品は極光、すなわちとして知られる自然現象にちなみ、と名付けられた。 オーラクリスタルは呈するその色にちなんで名付けられる場合が多く、具体例としては水のに由来するや、空の青に由来するがある。 用途 [編集 ] ラインストーンは、、に用いられるのが典型であり、それらは、主にのスワロフスキー社と、の社、および北部にある数ヶ所のガラス工場で生産されている。 それゆえアメリカ合衆国においては、これらはオーストリア・クリスタルと呼ぶことがある。 一方スペイン語圏ではクリスタル・デ・ボヘミア(ボヘミアクリスタル)と呼ぶ。 近年の日本では、裏面が平らなタイプがデコレーション携帯電話やによく使われ、入手しやすくなったので、模型のの部品などに転用するもいる。 規格 [編集 ] ラインストーンでは SS Stone Size という語の後ろに数字を続けて記すことで大きさを示す規格がある。 例えばSS4は直径が約1. 5-1. 7mm、SS22は約4. 9-5. 1mmである。 一般的には SSはアパレル用途のラインストーンに使用され、ジュエリー用途のそれでは PP Pearl Plate が使用される。 ただしPPはSSと逆で数字の後ろにPPを記し、数値もSSとは異なる。 具体的には、PPは1PP 直径約0. 8-0. 9mm からはじまって約0. 1mm単位で数値が1ずつ増え、最大33PP 約4. 1-4. 2mm に至るが、SSはSS000 同じく直径約0. 8-0. 9mm から始まりSS00, SS0, SS1と続く。 SSの数値の増え方は石の径に依存し、SS4-SS22間はおおむね0. 2mm単位で1ずつ増えるが、それ以上以下ではまた異なるミリ数で数値が増減する。 アメリカ芸能史との関連 [編集 ] ラインストーンがちりばめられたヌーディースーツ Nudie suit は、1940年代ヌーディーコーン によって発明されたが、実際にはの正装、トラヘ・デ・ルーセス 英語版 をアメリカナイズしたものである。 ヌーディースーツのラインストーンは、しばしばで代用される。 こうしたラインストーンによる過剰な演出を施した衣装はの歌手にとどまらず、やピアニストのなども愛用した。 はラインストーンの手袋を愛用しており、後に彼を表すシンボルの1つに数えられた。 にデヴィッド・アラン・コウ 英語版 はアルバム「ミステリアス・ラインストーン・カウボーイ」 英語版 をリリースし、には曲「長髪の」の中で再び自身をラインストーン・カウボーイと言及した。 には、歌「ラインストーン・カウボーイ」 英語版 でトップヒットを飛ばし、彼自身「ラインストーン・カウボーイ」として知られるようになった。 この歌はのとが主演した映画「」の元ネタになった。 関連項目 [編集 ]•

次の