なにわの仕事を学びまshow 放送地域。 「年下彼氏」のキャストや相手役の女優は誰?放送日やあらすじ・原作まとめ

なにわ男子、初レギュラー決定「すごくびっくりしました」:マピオンニュース

なにわの仕事を学びまshow 放送地域

【他動】• 〔物を〕見せる、見えるようにする ・He showed two photographs to her. : 彼は彼女に2枚の写真を見せました。 〔商品 {しょうひん}や美術品 {びじゅつひん}などを〕飾 {かざ}る、展示 {てんじ}する ・His paintings were shown at the museum. : 彼の絵画はその美術館に展示されていた。 〔人を〕案内 {あんない}する、連れて行く ・I'll show you to your room. : お部屋にご案内します。 〔情報 {じょうほう}を〕示す、表す、表示 {ひょうじ}する ・A straw will show which way the wind blows. : わら一本あれば風向きが分かる。 〔人に〕~を指摘 {してき}する[気付 {きづ}かせる] ・I showed him his error. : 彼の間違いを指摘しました。 〔人や物の本質 {ほんしつ}などを〕明らかにする、はっきりさせる ・His speech showed that he is truly talented. : その演説で彼が本当に才能のあることが明らかになった。 〔~を合理的 {ごうり てき}な推論 {すいろん}により〕論証 {ろんしょう}する、説明 {せつめい}する ・In the next chapter I will show the solution of the problem. : 次の章でその問題の解決策について説明します。 〔教えるためにやり方などを〕見せる ・Can you show me how to do it? : そのやり方を教えてくれますか?• 〔感情 {かんじょう}などを〕あらわにする、表に出す ・Her eyes showed hatred toward me. : 彼女の目から私への憎しみが見て取れた。 〔愛情 {あいじょう}などを〕与 {あた}える、注ぐ• 《法律》~を申し立てる 【自動】• 見えるようになる、明らかになる ・Your underwear is showing. : 下着が見えていますよ。 ・Your ignorance is showing. : 無知をさらけ出したな。 〈話〉現れる、姿を見せる ・He shows up at least once a week. : 彼は少なくとも週に1度顔を出す。 展示 {てんじ}される、演奏 {えんそう}する、興行 {こうぎょう}する ・His works are showing at the gallery. : 彼の作品はその画廊に展示されている。 : 3着の馬は5000ドルを獲得する。 〔妊娠 {にんしん}で〕おなかが膨 {ふく}らむ[大きくなる・目立 {めだ}つようになる] ・With my third, I always had to downplay my bump with a loose shirt because I started showing at 7 weeks. : 3人目のときは妊娠7週目にしておなかが目立ち始めたので、いつもゆったりしたシャツを着ておなかを隠さなければいけなかった。 【名】• 見せること、現れ、表現 {ひょうげん} ・You had better make a show of weakness. : 君は弱さを表に出した方が良い。 演劇 {えんげき}、映画 {えいが}、〔テレビやラジオの〕番組 {ばんぐみ}• 劇団 {げきだん}、〔演劇 {えんげき}の〕一座 {いちざ}• 展示会 {てんじかい}、展覧会 {てんらんかい}、ショー• 見せ掛 {か}け、うわべの装い ・The doctor made a mere show of concern about my condition. : その医者は私の体調について気遣っているふりをしただけだった。 壮観 {そうかん}、見もの• 〈話〉事件 {じけん}、企 {くわだ}て• 〔競馬 {けいば}の〕3着• 〈豪話〉機会 {きかい}、好機 {こうき}•

次の

なにわ男子、初レギュラー決定「すごくびっくりしました」

なにわの仕事を学びまshow 放送地域

どことなくチャラい雰囲気の高橋にアナウンサーは無理かも…… 関西地方で放送されている夕方の報道・情報番組『キャスト』(朝日放送)に、水曜レギュラーとして出演中の関西ジャニーズJr. 内ユニット「なにわ男子」。 メンバー7人の中から週替わりで2人がロケに出て、関西のさまざまな仕事に体当たりでチャレンジするコーナー「なにわの仕事を学びまSHOW」を担当している。 11月6日放送では、高橋恭平と大西流星が「アナウンサー」のお仕事に挑戦。 ニュースキャスターを務めるジャニーズ事務所の先輩も多いということで、「前々から気になっていた」と張り切る大西。 この日は、スタジオでニュースの原稿読みに挑戦するとのことで、2人は緊張した面持ちだった。 まず、2人が訪れたのは、朝日放送の報道フロア。 お昼のニュース前とあって、独特の緊張感に包まれた雰囲気に、大西は「緊迫してる……」とぽつり。 本番直前まで入念に原稿を読み合わせているアナウンサーを目の当たりにし、声がかけられない様子だった。 その後、ニューススタジオに移動すると、興奮した高橋は、実際にアナウンサーが座るイスに着く。 目の前のモニターに高橋が映し出されると、大西は「すげーすげー」と感動するものの、高橋からは「カメラどれっすか?」と天然発言が。 続いて2人は、現役アナウンサーによる「アナウンサー教室」で、言葉の伝え方や基礎を学ぶことに。 まずは、大西が消費税増税に伴う運賃の値上げ、駅名変更の内容が書かれたニュースの原稿読みに挑戦。 しっかり者の大西はさすがにソツなくこなし、一通り読み終えると、それを聞いた高橋は「まじで? (運賃が)10円引き上げられたん!? 」と、大西のアナウンス力ではなく原稿内容に反応していた。 これにはVTRを見ていたスタジオのレギュラー陣も大爆笑。 その後、高橋も大西と同様の原稿読みに挑戦したものの、「8%」を「はちぱーせんと」ではなく「はちぱー」と発音したり、「駅名看板の」を「駅名かん、看板……ね!」とつっかえるなどして、大西は終始心配そう。 なんとか最後まで読み切った高橋だったが、原稿とは一切関係ない「イエイ」という声を上げたため、大西からは「入ってんねんそれ! そこまでが! ニュースに!」とツッコまれてしまった。 しかし、講師役のアナウンサーからは「2人ともニュースを読むハートがあるからすごくいい」と、伝えようとする気持ちを評価される。 次に、アクセントを学ぶことになるが、「橋」と「箸」、「釜」と「鎌」などのアクセントの違いに、2人とも悪戦苦闘。 また、「垣があるから 柿か牡蠣か分からない」という例文で、大西は「全部一緒!」と頭を抱えていたものの、高橋は身ぶり手ぶりのアクション付きで練習を重ねる。 アナウンサーが「今の何!? 」と尋ねると、高橋は「柿は上に実っているじゃないですか? 牡蠣は下から採ってくるじゃないですか?」という理論を用い、「柿」と言うときは手を上に、「牡蠣」と言うときには下にするといった振り付けで、アクセントを覚えたとのこと。 これにはアナウンサーも「すごく勉強になりました!」と感心した様子だった。 その後、高橋による独自の方法で、アクセントを順調に習得していった2人は、次に発音を学ぶために早口言葉に挑戦。 ここでも高橋が意外な才能を発揮することに。 難しい早口言葉を3回目にしてかまずに言えるようになり、大西は「ちゃんと自分のものにするん早いな」と感心。 それから、2時間みっちり練習した2人は、スタジオでニュースの生読みを行い、かむことなくしっかり読むことに成功。 レギュラー陣からも「上手! ちゃんと目線が前を向いていた!」と2人の成長ぶりに拍手が送られた。 この日の放送について、ファンからは「恭平くん、覚え方が独特だけど習得するのが早い! 天才」「流星くんは真面目で努力家!」「恭平くんは生粋の天才肌なの? 笑 」といった感想が寄せられた。 (アズマミサト).

次の

なにわ男子・高橋恭平、“独自ワールド”全開のリポートに「唯一無二の存在!」とアナウンサー大絶賛! (2020年3月26日)

なにわの仕事を学びまshow 放送地域

なにわ男子が、4月から情報番組「キャスト」 毎週月〜金曜昼4:54-夜7:00、ABCテレビ の水曜レギュラーを務めることが明らかになった。 同番組は、視聴者が「今知りたいニュース」を分かりやすく解説する他、グルメや流行スポットなどの生活情報、芸能、スポーツの情報も盛り込み生放送。 4月から装いも新たに放送時間が1時間拡大し、昼3時50分から放送される。 毎週水曜には「なにわの仕事を学びまSHOW!」というコーナーが放送。 なにわ男子のメンバー7人中2人がロケやスタジオに出演する。 西畑大吾は「なにわ男子、グループとして初のレギュラー出演、しかも報道番組ということで、初めてこのお話を聞いた時はすごくびっくりしました」と心境を明かす。 また、大西流星は「『キャスト』は主婦の方や学校帰りの同世代の方にも見ていただけるので、少しでも多くの方に地元・関西の良さを体を張って発信していきたい。 それと同時に、なにわ男子の成長過程も見守っていただけたらうれしいです」と初レギュラーの喜びを語った。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の