ハンタ ウイルス 感染 率。 中国で「バイオセーフティーレベル 4」の致死的なハンタウイルス感染が発生。1名が死亡、29人が隔離中

【話題】中国で出た新型のハンタウイルスはデマでした

ハンタ ウイルス 感染 率

ハンタウイルスの写真 : 第5群(1本鎖RNA -鎖) : : ハンタウイルス属 種 ANDV BAYV BCCV CADV DOBV ELMCV HTNV ISLAV KHAV LANV MULV NYV PHV PUUV RIOMV RIOSV SAAV SEOV SNV THAIV TPMV TOPV TULV ハンタウイルス(: Hantavirus, : orthohantaviruses)は、( Bunyavirales) ハンタウイルス属( Hantaviridae)に属するの総称。 はならびになどの小型哺乳動物で、それら動物に対して病原性を示すことはないが、人に感染すると(: Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome; HFRS)や(: Hantavirus Pulmonary Syndrome; HPS 等の重篤な疾病を引き起こす。 概説 [ ] ハンタウイルスによって引き起こされる は、原因不明のとして20世紀初頭から認識されていた。 本疾病はにおいて広く見られ、韓国では韓国出血熱、中国では流行性出血熱、旧ソ連では出血性腎症腎炎、スカンジナビア諸国では流行性腎症と、各流行地においてさまざまな病名で呼ばれていた。 永らく病原因子は不明であったが、1976年に韓国の ()(イ・ホワン)らは、より韓国出血熱の病因ウイルスを分離することに成功した。 このウイルスはセスジネズミの捕獲場所を流れる川、(ハンタンガン、)の名前をとってハンターンウイルスと名づけられた。 以後、各流行地などにおいても病因ウイルスが分離された。 これらのウイルスの解析を進めた結果、既存のウイルスとは別の性状を示すものであったため、これらのウイルスはブニヤウイルス科の5番目の属としてハンタウイルス属と命名された。 1993年には、アメリカ合衆国南西部において急性で重篤な呼吸器疾患が多数報告された。 これらの病因ウイルスはハンタウイルス属によるものであることが判明したため、これらの疾病はと名づけられた。 また、病因ウイルスは(: Sin Nombre、スペイン語で「名無し」を意味する)と名づけられた。 世界各地で、だけでなくや などの小型哺乳動物からも、さまざまなハンタウイルスが発見されている。 構造 [ ] ハンタウイルスは粒子内に3本のマイナス鎖RNAを保有しており、それぞれS、M、L分節と呼ばれている。 S分節は核タンパク質 N 、M分節は2つのエンベロープ糖タンパク質 Gn, Gc の糖タンパク質前駆物質 GPC 、L分節は RdRp をコードしている。 それぞれのゲノムの両端の塩基配列は互いに相補的であるため、結合して環状の構造を形成する。 ハンタウイルスの粒子は球状や卵形状を示しており、直径は80nmから120nmである。 複製機構 [ ] ・ ハンタウイルスはエンベロープ糖タンパクと宿主細胞表面上の受容体との結合を介し、、、、、などに感染する。 ハンタウイルスはクラスリン被覆ピットを介して初期エンドソームへ移動した後、後期エンドソームまたはリソソームへ輸送される。 エンドリソソーム区画内でpH6. 4以下になると細胞膜と融合し、脱殻が起こる。 ハンタウイルスの複製過程はすべて細胞質でおこなわれる。 RdRpはNのキャップ・スナッチング機構を使ってゲノミックS、M、L分節 vRNA からプラス鎖のmRNAを合成する。 複製されたウイルスゲノムは、核タンパク質と結合してを形成する。 ヌクレオカプシドはの細胞質側においてエンベロープ糖タンパク質と結合し、ゴルジ体内に出芽する。 出芽したビリオンは細胞外へ放出される。 疫学 [ ] ハンタウイルスはならびにを宿主とする。 これまで20種類以上もの血清型が報告されており、それぞれの血清型ごとに異なった種類の哺乳動物を宿主としている。 ウイルスの遺伝子をもとに作成された進化系統樹と自然宿主となる動物の遺伝子の塩基配列に基づく進化系統樹はそれぞれほぼ一致することから、ハンタウイルスは自然宿主となる動物が分化する以前の祖先となる動物に感染し、それらの分化とともにしてきたと考えられている。 ハンタウイルスは自然宿主である小型哺乳動物においては不顕性で病原性を示すことはなく、1年以上にわたって持続的に感染する。 ウイルスは糞尿や唾液などに排泄され、宿主間の感染は咬傷による唾液や糞尿などのエアロゾルを介して起こるとされている。 人への感染は、糞尿の粒子が空気中に飛散してを引き起こすとされている。 ハンタウイルスによって引き起こされるハンタウイルス感染症は、 HFRS と HPS がある。 腎症候性出血熱はアジア・ヨーロッパで発生し、ハンタウイルス心肺症候群は南北アメリカで発生する。 人におけるハンタウイルスの潜伏期は数日から6週間とされるが、多くは感染から2週間から3週間で発症する。 2020年の発生 [ ] 2020年3月、の男性がハンタウイルスに陽性反応を示し、チャーターバスでの仕事でへの旅行中に死亡した。 のレポートによると、他に約32人がウイルス検査を受けている。 主な疾患 [ ] 症状の特徴から 腎症候性出血熱 HFRS と ハンタウイルス肺症候群 HPS と呼ばれ、両疾患を合わせてハンタウイルス感染症と総称している。 腎症候性出血熱 HFRS 詳細は「」を参照 発熱・腎障害・出血症状を主徴とした疾患。 致死率はウイルス型によって異なり、0. また、ハンタウイルスが発見される以前には世界各地にてさまざまな呼び名で呼ばれており、下記疾患は現在では腎症候性出血熱としてまとめられている。 韓国出血熱 KHF - 1930年代、満州においてに恐れられ、の際には米軍内において3,000人以上の患者が発生した。 梅田奇病 - 1960年頃から約10年間にわたって大阪梅田地区で流行し、発生した119人の患者のうち2人が死亡した。 流行性出血熱 EHF - 中国• 出血性腎症腎炎 HNN - 旧ソ連 ハンタウイルス肺症候群 HPS 詳細は「」を参照 急性の肺水腫・呼吸器症状を主徴とした疾患。 予防・治療 [ ] 予防 厚生労働省検疫所は、次のように情報提供している。 げっ歯類との接触がないように環境を整備• 糞尿で汚染された場合は漂白剤で汚染部を十分に湿らせ、ペーパータオルなどを用いてふき取り、廃棄 ワクチン 現在、FDA()に認可されているワクチンは2019年3月現在、Phase 2a試験中。 HFRS流行地である韓国・中国においては実用化されている。 抗ウイルス薬 HFRSの治療薬としてがあげられている。 HFRS患者を対象とした中国での臨床研究では、発症初期にリバビリンを投与することで致死率が下がることが報告されている。 治療 HPS患者にリバビリンを投与しても現在のところ有効性は認められていない。 早期の集中治療が必須とされ、早い時点でのやをおこない、血中酸素飽和度、水分のバランスおよび血圧を注意深く観察する必要がある。 法的取り扱い [ ]• 腎症候性出血熱ならびにハンタウイルス肺症候群は4類感染症(即時届出)に指定されている。 ハンタウイルス属のウイルスのうち、以下のウイルスはの三種病原体に指定されている。 ソウルウイルス• ドブラバーベルグレドウイルス• ハンターンウイルス• プーマラウイルス• アンデスウイルス• シンノンブレウイルス• ニューヨークウイルス• バヨウウイルス• ブラッククリークカナルウイルス• ラグナネグラウイルス 脚注 [ ]• 119-129, :• 倉田毅 1994 ハンタウイルス感染症 臨床と微生物 21, 693-698. Emerging Infect. Dis. 18 1 : 159—61. January 2012. The Free Press Journal 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Newsweek 2020年3月24日. 2020年3月28日閲覧。 Leonardi, Anthony 2020年3月24日. Washington Examiner. 2020年3月28日閲覧。 2020年3月28日閲覧。 「梅田熱」ともいう・・「春秋」日本経済新聞2014年8月5日朝刊1面• ClinicalTrials. gov 2014年4月14日. 2020年3月28日閲覧。 Clin. Microbiol. Rev. 23 2 : 412—41. April 2010. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

ハンタウイルスの感染経路はネズミ!日本には?ヨセミテのナバホ族に

ハンタ ウイルス 感染 率

新型コロナウィルスの感染拡大で不安が広がるなか、新たに中国でコロナウィルスとは別の感染症が広がっていると話題になっています。 中国で別の感染症流行の可能性 1例亡くなったという情報だけじゃ流行してるかどうかも分かりませんが、ハンタウイルスです。 肺が障害されるのが特徴で致死率はエボラなみです。 これはかなり気になる情報ですね。 私は『ハンタウイルス』を初めて知りましたので、この『ハンタウイルス』について ワクチンや薬はあるか? 感染経路は何か? ヒトヒト感染するのか? 日本で流行の可能性は? など調べてみました。 みなさんの参考になれば幸いです。 ハンタウイルスとは? まずはハンタウイルスとはどのようなものかを「の情報を元に、お伝えします。 ハンタウイルスとは? ハンタウイルス Hantavirus Infection とはネズミ等のげっ歯類のなかで一部の種が持っているウイルスです。 分類上はブニヤウイルス科のハンタウイルス属に属します。 ウイルスを持っているげっ歯類にかまれたり、排泄物に触れたり、排泄物を含んだほこりを吸い込むことで感染します。 ハンタウイルスに感染することで『 腎症候性出血熱』、『 ハンタウイルス肺症候群』という2つの疾患を起こします。 腎症候性出血熱 腎症候性出血熱 Hemorrhagic Fever with Renal Syndrome:HFRS とは、発熱、腎臓の障害を特徴とする疾患で、主な流行地域は極東アジアと北欧・東欧を主とするユーラシア大陸全域です。 最大の流行国は中国で、年間5万~10万人の症例があります。 そのほかにも韓国では年間数百人、ロシアやヨーロッパ各地で数千人の発生が報告されています。 日本では1960~70年代に発生の報告がありますが、その後は発生していないとうことで、少し安心しました。 中国では1年間に数万例と、すごい数の発症例が報告されているんですね。 腎症候性出血熱の症状 10~20日間、体内に潜伏したのち突然の発熱、頭痛、悪寒、脱力、めまい、背部痛、腹痛、嘔吐の症状が出ます。 また、顔面の発赤、目の充血、発疹などの出血症状がみられることもあります。 軽症型では上気道炎症状と微熱、検査でわかる程度の尿異常だけで回復します。 しかし重症型は、発熱に続いて、低血圧・ショック 4日~10日 、尿の減少 8日~13日 、尿の増加 20~28日 、回復という強い腎機能障害を伴います。 重症型では致死率が3~15%ということで、かなり高い致死率です。 腎症候性出血熱の治療 ショック状態や急性の腎機能障害を起こしうることを考慮しながら治療することが重要で、抗ウイルス薬であるリバビリンが有効であるという報告があります。 腎症候性出血熱の予防 日本には予防接種はありません。 よって、ネズミなどとの接触がないように環境を整備することが重要となります。 ねずみの糞や尿で汚染された場合には、掃除機やほうきなどのほこりを巻き上げるような器具は使わずに、漂白剤で汚染部を十分に湿らせます。 その後ペーパータオルなどを用いてふき取り、ごみ袋に入れて廃棄します。 ハンタウイルス肺症候群 ハンタウイルス肺症候群 Hantavirus Pulmonary Syndrome は1993年にアメリカ南西部で初めて流行が確認された呼吸器疾患で、新種のハンタウイルスが病原体であること判明しました。 これまでに、アメリカ、カナダ、南米 アルゼンチン、チリ、パラグアイ、ブラジル、ウルグアイ、ボリビア、パナマ で患者が発生しています。 致死率が約40%で重症度の高い疾患です。 ハンタウイルス肺症候群の症状 潜伏期間は1~5週間と推定されています。 突然の発熱、頭痛、悪寒がみられ 1~4日間)、その後、呼吸困難、酸素欠乏状態が急速に現れます。 呼吸数の増加、脈拍数の増加が顕著になり、入院時の症状として発熱、筋痛、悪寒がほぼ全例でみられ、嘔気、嘔吐、下痢および倦怠がしばしばみられます。 他には短い呼吸、めまい、関節痛、背部痛、胸痛、腹痛、発汗および咳がみられ、まれに鼻汁やのどの痛みがあります。 ハンタウイルス日本で流行の可能性は? ヒトからヒトへの感染は起こらないと考えられているので、現在の日本の環境下では衛生面が整備されているため流行する可能性は低そうですね。 過去の日本で発生したときの事例だと、1960年代に大阪梅田駅周辺でドブネズミが感染源と疑われる腎症候性出血熱の流行が発生し、119例中2例が亡くなり、「梅田熱」と呼ばれたそうです。 また、1970~1984年まで全国の大学や研究機関の実験動物施設で、実験用のラットを介した実験室型の流行が発生して126例中1例が亡くなりました。 しかし油断できないのは、現在の 日本でもドブネズミや野ネズミを対象にした疫学調査で全国20カ所の港湾地区で捕獲されたドブネズミや北海道のエゾヤチネズミが、ハンタウイルスに感染していることが明らかになっているそうで、何らかの原因でヒトとねずみの接触機会が増加すれば、日本でも再流行が起こる可能性があるそうですので注意が必要です。

次の

中国致死率50%ハンタウイルスとは?渋谷とキャンプも危険と警告

ハンタ ウイルス 感染 率

感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について 28 ハンタウイルス肺症候群 (1) 定義 ブニヤウイルス科、ハンタウイルス属の新世界ハンタウイルス(シンノンブレウイルス等)による急性呼吸器感染症である。 (2) 臨床的特徴 前駆症状として発熱と筋肉痛がみられる。 次いで咳、急性に進行する呼吸困難が特徴的で、しばしば消化器症状及び頭痛を伴う。 頻呼吸、頻拍の出現頻度が高い。 半数に低血圧等を伴う。 発熱・悪寒は1〜4日続き、次いで進行性呼吸困難、酸素不飽和状態に陥る(肺水腫、肺浮腫による)。 早い場合は発症後24時間以内の死亡も頻繁にみられる。 肺水腫等の機序は心原性ではない。 X線で肺中に広範な滲出液の貯留した特徴像が出る。 致死率は40〜50%である。 感染経路としては、 1 ウイルスを含む排泄物(尿、便)、唾液により汚染されたほこりを吸い込む(これが最も多い)、 2 手足の傷口からウイルスに汚染されたネズミの排泄物、唾液が接触して入る、 3 ネズミに咬まれる等である。 媒介動物は、米国ではシカシロアシネズミが、南米ではコットンラットがウイルス保有動物として最も一般的である。 ウイルスを媒介するこの群のネズミは米国、カナダ、中南米(チリ、アルゼンチン等)にも存在する。 このネズミとウイルスは日本では見つかっていない。 (3) 届出基準 ア 患者(確定例) 医師は、(2)の臨床的特徴を有する者を診察した結果、症状や所見からハンタウイルス肺症候群が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群患者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 イ 無症状病原体保有者 医師は、診察した者が(2)の臨床的特徴を呈していないが、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群の無症状病原体保有者と診断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 ウ 感染症死亡者の死体 医師は、(2)の臨床的特徴を有する死体を検案した結果、症状や所見から、ハンタウイルス肺症候群が疑われ、かつ、次の表の左欄に掲げる検査方法により、ハンタウイルス肺症候群により死亡したと判断した場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 この場合において、検査材料は、同欄に掲げる検査方法の区分ごとに、それぞれ同表の右欄に定めるもののいずれかを用いること。 エ 感染症死亡疑い者の死体 医師は、(2)の臨床的特徴を有する死体を検案した結果、症状や所見から、ハンタウイルス肺症候群により死亡したと疑われる場合には、法第12条第1項の規定による届出を直ちに行わなければならない。 検査方法 検査材料 分離・同定による病原体の検出 血液、肺組織材料(生検、剖検による新鮮・凍結組織) PCR法による病原体の遺伝子の検出 間接蛍光抗体法又はELISA法によるIgM抗体若しくはIgG抗体の検出 血清.

次の