システム エンジニア。 システムエンジニアの具体的な仕事内容を解説!スキルやエンジニアの種類、年収まで

システムエンジニア(SE)とプログラマ(PG)の違い

システム エンジニア

システムエンジニアの役割は、クライアントにヒアリングを行い、要求に最適な仕様のシステム開発を行うことです。 開発の現場において、システム設計やプログラミングなどの業務を担当します。 プログラミング業務では、プログラマーに依頼することもあれば、自分自身でプログラミングをすることもあります。 システムエンジニアはプログラマーの上位職であるため、プログラマーのリーダー的ポジションであるともいえるでしょう。 また、プログラマーの上位職のプロジェクト・リーダーと異なる点としては、システムだけでなく、メンバーや予算といったプロジェクト全体の管理をするかどうか、という点にあるといえます。 会社の規模によっては、システムエンジニアがプログラマーとプロジェクト・リーダーの両方の役割を、案件の終了まで一人で担当することもあります。 システムエンジニアの仕事内容• クライアントのニーズをヒアリングする• 要求に応じてシステムの大まかな設計を行う• 必要な人員や予算などを導き出し、納期に合わせた進行管理を行う 「クライアントはどのようなシステムを求めているのか?」ということをヒアリングから正確に把握し、「プログラマーに何を作ってもらえば良いか?」を明確にして指示を出していきます。 プロジェクト・リーダーの場合、最初にヒアリングをしてから、クライアントと開発チームのパイプ役となることも仕事となります。 開発言語として使用されるのは、C、Java、PHP、Ruby、Pythonなどです。 システムが完成した後は、動作の不備を確かめたり、インターフェースを改善したりするテストを行います。 場合によっては、クライアントが自らシステムを運用できるように、トレーニングの企画・実施をするケースもあるようです。 システムエンジニアの具体的な仕事を簡単にまとめると、以下のようになります。 クライアントの要求を聞くヒアリング能力• 詳細なシステム設計をする専門的知識や提案力• プログラマーに正確に指示を伝えるコミュニケーション能力• 進行管理を行うマネジメント力 システムエンジニアは、クライアントに直接ヒアリングをして、ニーズに合ったシステムの設計・開発をします。 そのため、システムに関する専門的知識と提案力だけでなく、クライアントの専門知識のレベルに応じた言葉を使って説明する能力も求められるでしょう。 システムの制作段階ではプログラマーにも適切な指示を出し、責任を持って作業を進めていきます。 したがって、ある程度のマネジメント能力やリーダーシップも必要といえます。 また、プログラマーの上位職であるシステムエンジニアの場合、プログラマーとは立場が少し異なり、関わるメンバーも増えるため、円滑な人間関係を保ちながら業務を進めるためのコミュニケーションスキルが重要になってきます。 上位職であるプロジェクト・リーダーへのキャリアアップを目指す場合は、上記のようなスキルは必須といえるでしょう。 システムエンジニアの平均年収 プログラマーを含むシステムエンジニアの平均年収は、20代で395万円となっています。 30代の平均年収は500万円を超えますが、それでもほかのIT業種と比較すると、低めの年収となっています。 これは、システムエンジニアやプログラマーの平均年齢が若いということも関係しているようです。 また、IT業界は慢性的な人材不足状態ということもあり、年齢が高めでも未経験で入社する人がいます。 そのため、年齢が高くてもキャリア的には短い人が少なくないということも、平均年収が低めである要因のひとつかもしれません。 いずれにせよ、プログラマーやシステムエンジニアとしての経験を重ねてスキルを磨き、マネジメント能力やコミュニケーションスキルを高めていくことで、プロジェクト・リーダーやプロジェクト・マネージャーのポジションへのキャリアアップが可能となります。 将来的な可能性があるということを、視野に入れておくことが大切です。 また、男女の平均年収の差を見てみると、プログラマーを含むシステムエンジニアの場合は、それほど差がありません。 最近は女性の技術者も増えていることから、女性にとってもキャリアアップを目指せる、働きがいがある業種といえるでしょう。 仕事に役立つ資格 基本情報技術者試験 基本情報技術者試験(FE)は、独立行政法人情報処理推進機構 IPA 主催の国家資格のひとつで、情報処理技術者試験の中でも入門的な試験となっています。 システムエンニジアとして最初に取得する人が多く、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた人」が対象者となっています。 毎年春と秋に実施されるため、受験しやすい環境といえるでしょう。 IT人材としての基本的な知識やスキルがあることを証明するだけでなく、情報システムの開発および運用、PCを使った業務に関する知識があると証明することもできます。 2017年の実績は、応募者数14万4,501名、合格率は22. 1%となっています。 システムアーキテクト試験 システムアーキテクト試験(SA)は、独立行政法人情報処理推進機構 IPA 主催の情報処理技術者試験のひとつで、以前は「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた国家資格です。 システム開発の上流工程を主導するポジションにおいて、的確な分析を行うための豊富な業務知識を有し、ニーズに適した情報システムのグランドデザインを設計し完成へと導く、上級エンジニアを目指すエンジニアにおすすめの資格です。 情報システムの構造設計や要件定義などができることや、システムの調査・分析、機能仕様を決定し、要求仕様を取りまとめる業務なども担当できることを証明できます。 2017年の応募者は8,678名でしたが、合格率は12. 7%と難度の高い資格となっています。 それだけに、上級システムエンジニアを目指したい人にとって、チャレンジする価値は十分あるといえるでしょう。 ネットワークスペシャリスト試験 ネットワークスペシャリスト試験(NW)も、独立行政法人情報処理推進機構 IPA が主催する情報処理技術者試験の上位試験のひとつです。 ネットワークの固有技術からサービス動向まで精通した、大規模で堅牢なネットワークシステムの構築と運用ができるネットワークエンジニア、インフラ系エンジニアを目指したいという方におすすめの資格です。 試験ではネットワークシステムの企画から要件定義、開発、運用、保守までに関する幅広い知識が問われます。 2017年の応募者数は19,556名で、合格率は13. 6%と難度は高くなっています。 ネットワーク系エンジニアが持っていると非常に心強い資格です。 1~5年目と6年目以降のキャリアパス• 1~5年目 まだエンジニアとして駆け出しとなるこの時期は、技術情報全般の基本知識やスキルを身に付け、土台づくりをしていきます。 システム開発のプロジェクトメンバーとして働きながら、技術力と提案力どちらを伸ばしていきたいのか、将来のキャリアプランを立てていきましょう。 6年目以降 知識も技術も高められてきた6年目以降は、複数の領域に関わる仕事に挑戦したり、新しい業務にチャレンジしたりする機会が増えてきます。 クライアントの戦略決定に貢献することができるITコンサルタントやビジネスコンサルタントを目指したいのか、さらに高い専門性を身に付けてITスペシャリストやテクニカルエキスパートを目指したいのか、それともプロジェクトを牽引するプロジェクト・リーダーやマネージャーを目指したいのか…。 目指すタイプによって、身に付けるべきスキルも変わってくるでしょう。

次の

システムエンジニア

システム エンジニア

タップできる目次• システムエンジニアとは?何する人?資格は必要? まず、システムエンジニアとは何をする人でどんな資格が必要なのかを紹介します。 システム開発関連業務に携わる人をシステムエンジニアと呼ぶ システムエンジニアは、システム開発や関連業務に携わる人を指します。 ウィキペディアでは下記のように説明されています。 システムエンジニアは、大雑把に情報システム関連の業務に従事する者を指す用語である。 システムエンジニアの職域に関する明確な定義は存在しないが、日本の企業では慣習的にコンピューターシステムやネットワーク・データベース等の情報システムに関わりながら以下のような業務を行う者を指すことが多い。 プロジェクトマネジメント• コンサル• 運用 実際には上記の複数を兼任する場合、上記のいずれかは含まないような場合もあるが、その範囲は企業や団体によってまちまちであるため、上記以外にも使用例として様々な用法があると推察されるが、 情報システム関連の業務に携わる者が大雑把にシステムエンジニアと呼ばれる傾向がある。 情報システム関連の業務に携わる人がおおざっぱにシステムエンジニアと呼ばれます。 「システムエンジニアなら当然コレができる」「コレができないとシステムエンジニアではない」といった明確な定義はないです。 システムの企画と設計をおこなう人• システムの設計とテストをおこなう人• システムの設計と開発をおこなう人• 開発チームのマネジメントをおこなう人 上記のような人達は、みんなシステムエンジニアと呼ぶことができます。 システムエンジニアに資格は必要なし システムエンジニアに資格は必要ありません。 システムエンジニアは医者・弁護士・教師・消防士のように、国から「あなたは今日からシステムエンジニアです!」と指名されて名乗るような職業ではありません。 一般的な会社で言われる営業職や事務職などと同じで、システムエンジニアになるために公的な資格は必要ありません。 極端に言うと、「俺、システムエンジニアです!」と名乗ればあなたはシステムエンジニアです。 こういうと誤解が生まれるかもしれませんので補足すると、システムエンジニアになるための公的資格はありませんが、情報処理技術者試験などの「一定以上の知識があることを証明するIT資格」はもちろん持っていることに越したことはありません。 情報処理技術者試験=経済産業省が実施する情報処理をおこなう人の知識・技術を問う国家試験 システムエンジニアが働く会社 システムエンジニアが働く会社は、メーカー・コンサル会社・SIerなどがあります。 SIerがピンとこない方もいるでしょう。 SIerとは、一言でいうと「システム構築を専門におこなう会社」のことです。 システムエンジニアの大半がこのSIerと呼ばれる会社で働いています。 システムエンジニアの仕事内容 システムエンジニアが、システム開発関連業務に携わる人だということが、なんとなくイメージができたと思います。 ここからは、仕事内容についてもう少し詳しく紹介します。 ただし、所属する会社やプロジェクトによって、いろんな仕事のやり方や仕事の順序があります。 ここで紹介するのはあくまで一般的な仕事内容です。 ですが、これがシステムエンジニアの仕事内容と言って間違いないものでもあります。 顧客と打ち合わせして要件を分析しシステムを提案する 顧客が何に困っているか・どんなことをしたいかをヒアリングします。 ヒアリングした結果を分析して顧客の要件を満たすシステムを考えます。 そしてシステムの要件をまとめた要件定義書を作成します。 プログラムを書いてシステムを開発する人をプログラマと呼びます。 システムエンジニアはプログラムを書かないことが多いです。 システムエンジニアはプログラミングをせずに設計書を書くだけの場合が多いですが、プログラミングを理解していないとまともな設計書は書けないので注意が必要です。 システム開発の管理 システムエンジニアは、プログラマへの指示や確認作業、管理作業をおこないます。 もし開発作業の進捗が遅れていれば、原因を考えて対策したり、課題が発生すれば課題解決のために動きます。 課題の解決には顧客の力が必要なことも多いので、必要に応じて顧客と課題を共有して、顧客と一緒に課題を解決していかなければならないこともあります。 システムのテスト・導入をおこなう できあがってきたシステムが設計書通りに動くかテストして確認します。 システムがテストに合格すればいざ顧客へ納品(システム導入)します。 顧客が納品されたシステムを使いこなせるようなマニュアルを作成したり、顧客の元へ出向いて教育を実施するのもシステムエンジニアの仕事です。 ただし、マニュアル作成や教育はITオペレーターなどの専用の人材に任せることが多いです。 システムエンジニアに必要なスキル システムエンジニアに必要なスキルは• コミュニケーション能力• マネジメント能力• プログラミング・IT全般の知識• リーダーシップ があげられます。 具体的にどんな力かみていきましょう。 コミュニケーション能力 顧客との打ち合わせやプログラマへの指示・課題解決のための調整に走ったりすることが意外と多い仕事です。 PCに向かって黙々と作業していればいいわけではありません。 よってコミュニケーション能力が必要になってきます。 SEのコミュニケーションについては「」の記事で詳しく紹介していますので参考にしていただければ幸いです。 マネジメント能力 システム開発はチームで進めていきます。 プログラマへの指示やスケジュールの調整などもおこないますので、目標や進捗を管理するスキルが必要です。 プロジェクトチームの人員計画などもおこないますので、メンバーのスキルを把握して最適な人員配置ができるような目も必要です。 自分だけでなく大きな視野で全体を見る力が必要です。 プログラミング・IT全般の知識 コミュニケーション能力やマネジメント能力は、プラスアルファーで必要なスキルですが、それを支える土台となるのはやはりプログラミングやIT全般の知識です。 システムのことを理解していないと顧客とまともな打ち合わせができませんし、プログラマへの指示も曖昧(あいまい)になってしまいます。 プログラミング• ネットワーク• セキュリティ• データベース などのシステムを構成する幅広い知識があればあるほど、自分の武器となり仕事の幅も広がります。 リーダーシップ さいごはリーダーシップ能力です。 これは必須ではありません。 しかし、プログラマやチームメンバーの目標・チーム全体の方向性を示すこともときには必要です。 システムエンジニアの上の立場のプロジェクトリーダーには必須のスキルとなりますが、システムエンジニアのときから意識して行動できればよいですね。 まとめ:結局システムエンジニアとは? システムエンジニアは、顧客が困っていることを解決する・便利になるモノをITシステムで作る人のことをいいます。 その中で.

次の

システムエンジニアとインフラエンジニアの違いを現役SEが解説

システム エンジニア

システムエンジニアの年収や給料について詳しく解説します! システムエンジニア SE の年収に興味がある方のための基礎知識 システムエンジニア(SE)の年収とお給料について解説! システムエンジニアの年収は 550万円(最新年度) システムエンジニアの年収の特徴:言語や開発、業種によっても変わりますが、平均は上記の年収となりそうです。 では、 18位(129職種中)でした。 しかし、エンジニア自体が減少していますので、今後は希少価値が高まり、給料の増額が見込める安定時期に突入していきます。 給料BANK「日本の給料&職業図鑑」を参照し、給料を見てみると、 平均給与:41万円 20代:30万円 30代:45万円 40代:49万円 となっていました。 年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス 20~24歳 313. 5万円 19. 6万円 78. 4万円 25~29歳 390. 5万円 24. 4万円 97. 6万円 30~34歳 429. 0万円 26. 8万円 107. 3万円 35~39歳 489. 5万円 30. 6万円 122. 4万円 40~44歳 550. 0万円 34. 4万円 137. 5万円 45~49歳 616. 0万円 38. 5万円 154. 0万円 50~54歳 660. 0万円 41. 3万円 165. 0万円 55~59歳 654. 5万円 40. 9万円 163. 6万円 60~65歳 445. 5万円 27. 8万円 111. システムエンジニア(SE)の年収層分析 年齢【男性】 年収【男性】 月額給与【男性】 ボーナス【男性】 20~24歳 441. 7万円~ 27. 6万円 27. 6万円 25~29歳 453. 8万円~453. 8万円 28. 4万円 113. 4万円 30~34歳 420. 3万円~520. 3万円 32. 5万円 130. 1万円 35~39歳 434. 5万円~538. 5万円 33. 7万円 134. 6万円 40~44歳 484. 0万円~605. 0万円 37. 8万円 151. 3万円 45~49歳 555. 6万円~677. 6万円 42. 4万円 169. 4万円 50~54歳 616. 0万円~726. 0万円 45. 4万円 181. 5万円 55~59歳 610. 0万円~720. 0万円 45. 0万円 180. 0万円 60~65歳 390. 1万円~720. 0万円 30. 6万円 122. 5万円 システムエンジニア(SE)の女性の年齢別年収推移と給与ボーナス推移【推定】 年齢【女性】 年収【女性】 月額給与【女性】 ボーナス【女性】 20~24歳 283. 5万円~313. 5万円 19. 6万円 78. 4万円 25~29歳 340. 5万円~342. 4万円 21. 4万円 85. 6万円 30~34歳 329. 0万円~392. 6万円 24. 5万円 98. 1万円 35~39歳 385. 5万円~406. 3万円 25. 4万円 101. 6万円 40~44歳 429. 0万円~456. 5万円 28. 5万円 114. 1万円 45~49歳 494. 0万円~511. 3万円 32. 0万円 127. 8万円 50~54歳 550. 0万円~547. 8万円 34. 2万円 137. 0万円 55~59歳 544. 5万円~543. 2万円 34. 0万円 135. 8万円 60~65歳 345. 5万円~543. 2万円 23. 1万円 92. システムエンジニア(SE)の年収を上げる年収UPコンサルタント 平均年収. jpは年収コンサルタントと提携し、システムエンジニア(SE)として現状の人間関係や、やりがい、年収やライフワークバランスに満足していない人達に向けて、 ・どのようにしたら年収を上げることができるのか ・最適な自分を見つけることができるのか を無料分析と無料アドバイスを行っております。 特に年収アップにつながる職場や最適な人間関係、やりがいの探し方のアドバイスに注力をいれています。 現状の年収に満足していない、労働環境に見合っていないシステムエンジニア(SE)さんに是非ご活用いただければ幸いです。 完全無料のアドバイスを受ける方は下記よりご相談ください。 「」 システムエンジニア(SE)の主任・係長・課長・部長の役職者の年収・給与・ボーナス 企業規模 平均年収 平均月額給与 大企業のシステムエンジニア(SE) 638. 0万円 39. 9万円 中企業のシステムエンジニア(SE) 528. 0万円 33. 0万円 小企業のシステムエンジニア(SE) 478. 5万円 29. システムエンジニア(SE)の30代・40代・50代の年代別年収 システムエンジニア(SE)の年代別年収は、年齢別年収推移より 30代の年収が約 429万円~(推定) 40代で 550万円~(推定) 50代で 660万円~(推定) 30代~50代までの年収増加は約 231万円以上となっています。 あくまでも予測のためご自身でご判断ください。 システムエンジニア(SE)の都道府県別(東京大阪名古屋福岡等)平均年収 厚労省が出した都道府県の平均給与比率から各都道府県のシステムエンジニア(SE)の平均年収を算出しました 都道府県 平均年収 北海道 495. 0万円 青森 440. 0万円 岩手 495. 0万円 宮城 550. 0万円 秋田 440. 0万円 山形 495. 0万円 福島 495. 0万円 茨城 550. 0万円 栃木 550. 0万円 群馬 550. 0万円 埼玉 495. 0万円 千葉 550. 0万円 東京 770. 0万円 神奈川 605. 0万円 新潟 495. 0万円 富山 495. 0万円 石川 550. 0万円 福井 550. 0万円 山梨 495. 0万円 長野 550. 0万円 岐阜 495. 0万円 静岡 550. 0万円 愛知 605. 0万円 三重 550. 0万円 滋賀 550. 0万円 京都 550. 0万円 大阪 660. 0万円 兵庫 550. 0万円 奈良 550. 0万円 和歌山 495. 0万円 鳥取 495. 0万円 島根 495. 0万円 岡山 550. 0万円 広島 550. 0万円 山口 550. 0万円 徳島 550. 0万円 香川 495. 0万円 愛媛 495. 0万円 高知 495. 0万円 福岡 550. 0万円 佐賀 440. 0万円 長崎 495. 0万円 熊本 495. 0万円 大分 495. 0万円 宮崎 440. 0万円 鹿児島 495. 0万円 沖縄 440. 職場 システムエンジニアの年収 建設業 758. 9万円 製造業 661. 1万円 情報通信業 1182. 9万円 運輸業・郵便業 408. 1万円 卸売・小売業 770. 4万円 金融・保険業 1664. 3万円 学術研究・専門・技術サービス業 990. 4万円 宿泊業・飲食サービス業 448. 8万円 生活関連サービス業・娯楽業 574. 0万円 教育、学習支援業 1057. 2万円 医療・福祉 878. 2万円 その他 458. 5万円 金融系のSEはメインフレームや大規模な開発が大きいためやはり全体的の年収と比べても高い印象です。 銀行の開発にかかわったエンジニアから聞いた年収だと最低で800万円でした。 SEの年収ランキング 有名企業で高年収が期待できそうなランキングです。 1位: 2位: 3位: 4位: 5位:NEC システムエンジニア(SE)になるには? システムエンジニア(SE)になるには、学歴はそれほど関係ありません。 大卒が有利であること、有名大学を出ていること、資格等よりも、専門的な知識とプログラミングの経験としてどのようなものがあるかが問われます。 実力主義の世界なので、仕事をするに一般的にはソフトウェア開発会社に入社する方が大半です。 独立する方や派遣としてさまざまな企業から仕事をもらって生計を立てている人もいます。 プログラミングを学ぶには、まずは大学や専門学校、民間のプログラミング講座などがあります。 授業料などを考えると、民間のプログラミング講座から基礎技術を習得し、その後就職し独立するといった方が多い傾向にあります。 今後稼げるシステムエンジニア(SE)は? 今後稼げるシステムエンジニア(SE)になるためには、まずコミュニケショーン能力があることが大前提です。 相手に自分の作ったプログラムを説明する際には、専門的用語の羅列ではなく初心者でも理解出来るような説明でなければなりません。 つまり、ユーザーの求めることを正確に理解し、相手の立場になって物事を考えられる能力が必要となります。 また、大手企業に就職することよりも、いかにユーザーの為になるシステム開発をすることができるかといったことも今後求められてくる分野です。 そのためには、会社員であっても自営業であっても現状のニーズを把握することが求められます。 そして、新たな市場を開拓していく第一人者となることが、高収入を得るポイントであると言えます。 他には、コネも稼げるシステムエンジニアになるには必要な要素です。 せっかく素晴らしいシステムを開発してもそれを広める手段を持っていなければ意味がありません。 そのためには、日ごろ接しているクライアントを初め、他業種の方とも積極的に人脈を築いていくことが大切です。 システムエンジニア(SE)に必要な資格は? システムエンジニア(SE)は、資格よりも実務経験がものを言う実力社会ですが、同程度の能力がある人と客観的に比較する際には、資格があるほうが優位になります。 そのためには、数多くある資格の中から、自分に必要な資格を選択していく必要があります。 以下にいくつか取得しておきたい資格をピックアップしましたので、参考にしてみてください。 ・ ・システムアナリスト ・ ・Oracle Silver~Platinum ・MCSE、CCNA、MCP、CCIE システムエンジニア(SE)の求人や採用や志望動機について システムエンジニア(SE)として、求人を探すには、まずはインターネットの就職サイトや転職サイトを探すことです。 企業から個人へ仕事を直接依頼する案件、派遣社員、正社員など雇用形態は様々なものがあります。 それにより給料も大きく異なりますので、自分のライフプランにあった雇用形態を見つけましょう。 また、採用の際には主に、システムエンジニアとしての経験が問われます。 今までどのようなシステム開発に携わってきたのか、大学や専門学校で何を学んできたのかを聞かれます。 そして、その開発を活用した結果どのような反響や効果があったのか、開発にあたっての苦労したことなどもあらかじめ準備しておくことが必要です。 さらに、人物像も細かく見られます。 システムエンジニアは就職してからも、常にコミュニケーション能力の問われる仕事です。 クライアントの求めていることを的確に理解することや社会人としてのビジネスマナーなども問われます。 また、管理職レベルになれば、マネジメント業務や経営に関わることを任されることも多くなります。 そのためには、システムエンジニアとしての専門的な知識だけのスペシャリストとしてだけでなく、経営面からも問題を解決出来るゼネラリストとしての素質も重要なスキルとなってきます。 面接の志望動機として多いのは、「今までの経験を活かして、御社でキャリア形成を行っていきたい」「御社のソフトに興味があり、自分も開発に関わりたい」といった内容が多いです。 確かに、どこの業界でも通用する内容ではあるのですが、これだけではマイナス評価にはならないでしょうが、プラスにもなりません。 そこで、自分がどれだけその会社に熱意があるのか、会社のソフトをどのくらい知っているかなど、とにかく細かく具体的に、なぜこの会社で働きたいのか、自分の能力でどのような貢献ができるのかを説明していくことが必要です。 平均年収が高い仕事内容 外資系のSEを狙うと収入も一気にUPします。 外資だとそれなりの知識や英語力も求められることも多いですが英語がしゃべることができるならそれなりに外資の企業を探すほうがとくかも知れません。 雇用状況 基本的にプログラミングは世界共通語ですので、どの国で行っても同じです。 したがって、SEやプログラマーの雇用は世界的に広がっており、その賃金も世界規模で考えられます。 企業サイドから見れば、こうした低賃金国のSEは魅力的に見え、そうした国の優秀なSEを獲得したいようです。 利点 システムエンジニア SE は進化が早い業種、他社企業とかかわりがある業種なので引き抜きもあったりします。 年収UPを狙うには最適かもしれません。 関連コンテンツ SE(システムエンジニア)で働く面白み かつてはITの花形職業であり、一時期は引く手あまたで年収は数千万のケースもありました。 しかし現在の現状は限りなくプログラマーとの地位と立場の境界線が薄く、業務は多岐にわたり、また仕事案件ごとの単価も徐々に低くなっています。 業種としては、ネットワーク関係のSEが非常にまだまだ有利で、大手企業におけるベンダー専属のSEは高給取りとして有名になっています。 仕事の面白さは、営業力次第であり、大規模なITベンダーやITゼネコンでネットワークシステムに絡む、案件を受注する分野で活躍すれば、それは大きなものになります。 反対に、社内システムに関するいわゆるスタンドアロンシステムに関するSEは、どんどん非正規雇用で派遣する形で対応するようになっており、単価は低く、技術もあまり必要とはされていません。 また年収格差につながっているのは、働く事業所の規模と、サービスなどの質など事業所などのITスキルレベルに直結しており、それが低いところでは、単なるプログラマーのスケジュール管理者のみだったといった事例もあります。 特にソフト開発系のSEは年々年収が下がっており、代わりにネットワーク関連のストレージ開発、プラットフォーム開発などの大規模プロジェクトでは、1,500万円以上の年収も確保できているようです。 SE(システムエンジニア)の面白みや将来性 将来性に関しては、大規模なデータベースを基本としたネットワークストレージ関連の管理に関わる案件をち取り扱うなら、非常に安泰で将来にわたりかなり必要とされ、需要は途絶えることはないでしょう。 代わりにソフトウェア開発関連は、日本ではスマートフォン向けのアプリ開発など、些末な案件でいずれはHTMLプログラマ同様、自然淘汰され、WEBデザインのように外注として単価は目減りすることが予想されます。 つまりは、ある程度の規模を扱える資本がある企業に属するSEであれば、仕事は今後も確実に確保でき、その他のソフトウェア関連は、やがてはもっと安い人件費に置き換わるということになるでしょう。 システムエンジニア(SE)のクチコミ年収 20代 年収470万円 SEは自分にとって、非常にやりがいのある仕事です。 クライアントが大企業なことが多いので、案件が1つ終わると達成感で満たされます。 給与面でも、それなりに満足していますので、今のところ不満はありません。 30代 年収550万円 所属する部署によって、職場の雰囲気が大きく変わります。 私の場合は最前線で活躍する仕事ですので、社内外で円滑なコミュニケーションが取れていますが、部署によっては閉鎖的なところもあるので人によって向き不向きのある仕事だと思います。 IT系の平均年収一覧 IT系の平均年収一覧をまとめてみました。

次の