二 銭 銅貨。 江戸川乱歩 二銭銅貨

二銭銅貨

二 銭 銅貨

登場人物 私 場末の貧弱な下駄屋の二階の六畳一間に、ごろごろしている金のない無職の若者。 松村武 私の友人で、下駄屋の下宿の同居人で、紳士泥坊の盗んだ金の在り処の謎を解く。 紳士盗賊 新聞記者になりすまし、まんまと電気会社社員の給料を盗み出し何処かに隠す。 あらすじ ネタバレあり あの泥棒が羨ましい、二人の間にこんな言葉が交わされるほど貧乏する。 場末の貧弱な下駄屋の二階の六畳一間で、松浦武と私が変な空想ばかりしてゴロゴロしていた頃である。 その頃、世間を騒がせた 大泥坊 おおどろぼうの巧みなやり口を 羨 うらやむような、さもしい心持ちになっていた。 その 泥坊 どろぼう事件というのは、芝区にある大きな電気工場の職工の給料日当日の出来事で、一万人近い職工の一か月の賃金を銀行から引き出し給料袋に詰め込んでいる時に、玄関に一人の紳士が現れた。 紳士は朝日新聞の記者を名乗り、支配人に面会を申し込んだ。 この支配人は、記者の操縦がうまいことを自慢にしており応対した。 男は、 鼈甲縁 べっこうぶちの眼鏡をかけ口ひげを生やし、黒のモーニングの 扮装 いでたちで現れ、高価な 埃及 エジプト煙草に火をつけた。 そして三十分ばかり支配人と労使協調や温情主義などの問題を論じる、それから支配人が便所に立った間に、男も姿を消した。 その後、会計主任から賃金支払いの金が何者かに取られていると報告を受けた。 調べてみると、いつも賃金計算をする工場の事務室がその時は改装中で、支配人室の隣室で計算作業が行われ、昼食の休憩時間のたまたま空になった時に、忍び入って持ち去られたというものだった。 損害額は、二十円札や十円札で合わせて約五万円 現在の価値で三千万円前後 であった。 紳士盗賊が捕まるが、盗んだ五万円が見つからず懸賞金がかけられる。 この新聞記者と自称する男は、紳士盗賊と呼ばれ世間を騒がせている大泥坊であった。 管轄警察署の司法主任他が臨検して調べるが 手懸 てがかりがなかった。 市内の巡査派出所へも人相書きが廻ったが何の手ごたえもない。 さらに各府県の警察署へも依頼されたが賊は上がらなかった。 もう絶望かと思われる中、一人の刑事が、賊が喫っていたFIGAROという 埃及 エジプトの舶来の煙草をたよりに煙草店をあたっていた。 その時、偶然にもある旅館の前でこの埃及煙草の吸殻があった。 ここから足がついて紳士盗賊もついに 獄裡 ごくりの人となった。 この刑事は、工場の支配人の部屋に残された珍しい埃及煙草から探偵の歩を進めたのであった。 取り調べを受けて白状したところによると、支配人の留守の間に隣の部屋に入り例の金を盗んだということだった。 押収された紳士泥坊の着ていたモーニングには手品師の服のように隠し袋がついていて、そこに五万円 現在の価値で三千万円前後 の金を隠したのだった。 さらに、この紳士泥坊は、盗んだ五万円の隠し場所について、一言も白状しなかった。 警察と、検事廷と、公判廷と三つの関所で攻め問われても知らないの一点張りだった。 紳士泥坊は、隠匿のかどで窃盗犯としてはかなり重い懲役に処せられた。 そして困り果てた被害者の工場では、責任者である支配人がその金を発見したものには、発見額の一割の賞金をかけることを発表した、つまり五千円の懸賞である。 これからお話ししようとする、松村武と私自身とに関するちょっと興味のある物語は、この泥坊事件がこういう風に発展している時に起こったことなのである。 松村は二銭銅貨と煙草屋と按摩の話で閃き、何処かへ出かけて行った。 冒頭の通り、このころの松村武と私は窮乏のどん底にのたうち廻っていたのである。 まだしも幸運だったのは、時候が春であったため寒いときだけ必要な羽織とか、下着とか、夜具や火鉢などを質屋へ運び、お金に代えて一息つけたのであった。 あるとき私は、松村の机の上に煙草のつり銭の二銭銅貨を置いていた。 松村が「どこの煙草屋だ」と聞くので、私は「飯屋の隣の婆さんのところだ」と答える。 松村が「婆さんの 外 ほかに、どんな連中がいるか」と聞くので、私は「婆さんよりもっと不機嫌な爺さんがいて、娘が一人いて、娘は監獄の 差入屋 さしいれやとかへ嫁いでいる」と答える。 松村は、立上って広くもない部屋をノソリノソリと歩き始めた。 それから私は松村を残して飯に行った。 私が飯屋から帰ってくると、松村は、珍しいことに 按摩 あんまを呼んで 揉 もませていた。 昨日、質屋の番頭を説きつけ手にした二十円の共有財産が、按摩賃六十銭だけ減ってしまった。 按摩が帰ると松村は、何か紙切れに書いたものを読んでいる。 やがて懐中からもう一枚の紙きれを取り出して二枚を比較研究している。 鉛筆を持って、新聞紙の余白に、何か書いては消し、書いては消していた。 松村は食事さえ忘れて没頭していた。 「君、東京地図はなかったかしら」突然、松村がこういって私の方を振り向いた。 そして松村は、階下へ降りておかみさんから東京地図を借りてきた。 時計はもう九時を打った。 松村は一段落ついたと見えて私に向かって、「君、ちょっと十円ばかり出してくれないか」と云うのだ。 私は、松村のこの不思議な挙動に対して、読者にまだ明かしていない私だけの深い興味を持っていたので、全財産の半分の十円を与えることに異議を唱えなかった。 松村は、私から十円を受け取ると、 古袷 ふるあわせ一枚に、皺くちゃのハンチングという扮装で、何も云わずどこかへ出ていった。 隠された五万円を見つけ出し、南無阿弥陀仏の謎解きを私に披露した。 翌朝十時頃、眼を醒ますと、 縞 しまの着物に角帯を締めて紺の前垂れをつけた商人風の男が風呂敷包を 背負 しょって立っていた。 松村武であった。 松村は、ニタニタ笑いながら低い声で「この風呂敷包の中には、君、五万円という金が入っているのだよ」と云う。 松村は、五万円も無論有難いが、あの天才泥坊に打ち勝った勝利の快感がたまらないようであった。 「俺の頭はいい、少なくとも貴公よりいいことを認めてくれ。 君が俺の机においた二銭銅貨で、君が気づかず俺が気づいたことで、二銭銅貨の二百五十万倍の金を探し出すことができた、まさに頭が優れているということだ」と自慢する。 そして彼は、謎解きを説明しだした。 それは私の好奇心を充たすためと云うよりも、彼の名誉心を満足させるものであった。 俺は、君が風呂に行ったあと、あの二銭銅貨を 弄 もてあそんでいると、あれは銅貨で作った何かの容器のようでネジを廻すと上下に開き、中から紙が出てきた。 その紙には次のように書きつけてあった。 陀、無弥仏、南無弥仏、阿陀仏、弥、無阿弥陀、無陀、弥、無弥陀仏、無陀、陀、南無陀仏、南無仏、陀、無阿弥陀、無陀、南仏、南陀、無弥、無阿弥陀仏、弥、南阿陀、無阿弥、南陀仏、南阿弥陀、阿陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無弥陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無陀、南無阿、阿陀仏、無阿弥、南阿、南阿仏、陀、南阿陀、南無、無弥仏、南弥仏、阿弥、弥、無弥陀仏、無陀、南無阿弥陀、阿陀仏、 この坊主の寝言のようなものをみて、最初はいたずら書きだと思ったが、これは<南無阿弥陀仏>の文字で作った暗号ではないかと思った。 そしてその時に 閃 ひらめいたのが、例の紳士泥坊のことだ。 これは手下か相棒に金の在り 処 かを示すものだと思った。 無論空想さ、だがちょっと甘い空想だからね。 そこで君に二銭銅貨の出所についてあんな質問をしたわけさ。 ところが煙草屋の娘が監獄の差入屋へ嫁いでいるというではないか。 未決監に居る泥坊が、外部と通信するためには 差入屋 さしいれやを媒介とするのが最も容易だ。 もしその目論見が何かの都合で手違いになり、そして差入屋の女房から親の煙草屋へ運ばれなかったと、どうして云えよう。 さて、この無意味な文字の配列を解くキーは何かと考え、俺は暗号と考え、南無阿弥陀仏の文字を組み合わせて置き換えたのだろうと想像した。 そして講談本から武将の真田幸村の旗印の 六連銭 ろくれんせんを思い浮かべ、そこからインスピレーションで盲人の使う点字が浮かび、按摩を呼んで教えてもらった。 自慢気に五万円を誇る松村に、それが私の悪戯なトリックだと説明する。 そういって松村は、按摩の教えてくれた点字を書いた紙片を机から取り出した。 点字の五十音、濁音符、半濁音符、 拗音 ようおん符、促音符、長音符、数字などが並べて書いてあった。 そして暗号を解いた結果として翻訳したものがこれだ。 つまり、『五軒町の正直堂から玩具の札を受取れ、受取人の名は大黒屋商店』というのだ。 紳士泥坊は一番安全な隠し場所は、隠さないで隠すことだと考えた。 衆人の目に 曝 さらしておいて、誰にも気づかれない隠し方が最も安全と考えた。 そこで玩具という巧妙なトリックを考え出した。 「正直堂は、玩具の札なんかを印刷する店で、大黒屋商店の名で玩具のお札を注文していたんだ。 そして紳士泥坊一味は、本物の紙幣を工場から盗み出し、印刷屋へ忍び込んで注文した玩具の札と摩り替えておいたのだ。 そうすれば本物の札は、印刷屋の物置に残っているわけだからね」と云い、 「そして実際に俺は番頭に扮装して訪れて、 摩 すり替えられた本物の五万円をまんまと横取りしたわけさ」と松村は云う。 私は、笑い転げて、そして笑いを噛み殺して言った。 君は、現実がそれほどロマンチックだと信じているのかい。 そして私は松村の暗号の翻訳文に八文字ずつ飛ばして印をつけた。 ゴケンチョーショー ジキドーカラオモチ ャノサツヲウケトレ ウケトリニンノナハ ダイコクヤショーテ ン。 この『御冗談』、誰かの悪戯ではないだろうか。 その札の表面には< 圓 えん>という字の代わりに< 團 だん>という字が大きく印刷されてあった。 二〇 圓 えん、十 圓 えんではなくて、二〇 團 だん、十 團 だんであった。 私は、済まぬという気持ちと 遣 やり過ぎた 悪戯 いたずらについて説明した。 正直堂という印刷屋は、実は私の遠い親戚であった。 ある日、そこで本物と少しも変わらぬ玩具の札をみたのであった。 それが長年の大黒屋という得意先の注文品であることを聞いたのである。 私は、話題となっている紳士泥坊の一件と結び付け、悪戯を思いついたのである。 あの暗号文も勿論、私が作ったものであった。 煙草屋の娘が差入屋に嫁いでいることなど 出鱈目 でたらめであった。 煙草屋に娘がいることさえ怪しかった。 最後に、トリックの出発点になった二銭銅貨について、詳しい説明を避けねばならぬことを遺憾に思う。 へまなことを書いては、あの品を私に呉れた人が迷惑を 蒙 こうむるかもしれないからである。 読者は、私が偶然それを所持していたと思って下さればよいのである。 この「二銭銅貨」は、日本で最初の探偵 推理 小説として、絶賛された。 松村は、自身をシャーロック・ホームズに真似て推理をする。 それはイギリスの作家コナンドイルのDancing Menの百六十種の暗号の書き方で、Baconの発明したtwo letter暗号法の<a>と<b>の組み合わせで文字を綴る方法や、チャールズ一世の王朝時代に政治上の秘密文書に数字を用いる方法などが紹介されている。 江戸川乱歩は、アメリカの作家エドガー・アラン・ポーに敬意をこめたペンネームであるが、アメリカ、更には遡ってイギリスに1830年代に警察制度が整い、犯罪記録をもとに書かれた犯罪小説から、後の近代推理小説が生まれたとすると、探偵小説マニアであった乱歩の処女作であると同時に、その題材にアメリカやイギリスへの敬意が表れている。 さらに日本で初めての推理小説に<南無阿弥陀仏>の六文字を、盲人の点字の配列に合わせ、その途中に講談本から真田幸村の旗印を引用するなどの展開は、純粋な日本発の推理小説の誕生として大きな功績である。 物語の構成の巧みさを整理すると、 松村と私、二人の知識的青年はいつもどちらが頭が優れているかを、貧乏で暇な暮らしにまかせてことあるごとに比べているという前フリを読者に提示している。 そこに巧みな紳士泥坊が五万円をまんまと盗み、 埃及 エジプト煙草から足がつき捕まってしまうが、現金の在り処を明かさないという新聞記事での公開情報を共有させる。 そして二銭銅貨が松村の机に置いてあったことから、推理は始まる。 二銭銅貨は造り物で上下を開くと、中から紙片がでてくる。 <物語の最後に乱歩は二銭銅貨のことは触れないこととしているが、それでも大きな文脈として偽物を置く玩具屋や、手品師などの表記からの何かのツテで入手できたと想像できる> そして推理好きの脳を刺激する。 二銭銅貨の中の紙に綴られた「南無阿弥陀仏」。 ここはまさに日本発推理小説誕生の醍醐味である。 さらに松村の推理が加速するように、「私」は紳士泥坊の足がついた煙草から想起させるために、馴染みの煙草屋のつり銭として二銭銅貨を机に置き、これをトリックの入口として、その煙草屋の老夫婦には嫁いだ娘があり、嫁ぎ先が差入れ屋 刑務所に差入に物を運ぶことができる としている。 さらに紳士泥坊の特徴として 鼈甲 べっこう眼鏡や口ひげなどの定番の変装道具に加えて、舶来の希少な 埃及 エジプト煙草という手掛かりと符合させている。 松村は、この五万円の所在を突き止めたことの喜びと、自身の知恵が「私」に対して優越することを誇り高く思うが、そのときに、「私」が、そんなロマンティックがこの世にあるものかと、この松村の謎解きと二人の貧窮暮らしを自虐してみせる。 そして二度目の面白さとして、トリックを仕組んだ「私」の巧妙さが紹介される。 そうして、やはり知恵者は松村よりも「私」であるということを読者に充分にアピールしながら小気味よい探偵 推理 小説としてまとめ上げている。 江戸川乱歩の処女作「二銭銅貨」、日本にも本格的な推理作家が誕生したと 讃辞 さんじされた。 この中に、紙が入っていて南無阿弥陀仏の六文字がランダムな組み合わせで綴られている。 この文字を暗号として解読することが作品の重要な要素となっている。 さらに乱歩は按摩が好きで、暗号の配列を按摩の点字から着想を得ている。 執筆は、失業中の乱歩がお金の妄想を抱きながらのもので実際に、「私」の貧乏描写や「あの泥棒が羨ましい」というセリフは乱歩自身の当時の思いを反映していると言われる。 雑誌『新青年』の編集長は、日本にも外国作品に劣らぬ探偵 推理 小説が生まれたと絶賛した。 発表時期 1923年 大正12年 、雑誌『新青年』4月増大号に掲載される。 当時、28歳。 江戸川乱歩の処女作であり、日本最初の本格探偵小説ともいわれる。 江戸川乱歩のペンネームは、エドガー・アラン・ポーに由来する。 大正から昭和期にかけて推理小説を得意とした小説家・推理作家である。 実際に探偵事務所に勤務した経歴を持つ。 また児童向け作品には、少年探偵団や怪人二十面相ものなど多くの作品がある。

次の

文学考察: 二銭銅貨ー黒島伝治

二 銭 銅貨

江戸川乱歩会心のデビュー作 江戸川乱歩は大学を出た後、一つの職に長く落ち着く事も無くふらふらと色々な事を試しながら「何か面白い事でもないかしらん」と暮らしていたらしい。 そして大正11年頃、妻子持ちであるにも拘らず、どうも現代で言えばニート扱いされそうな能天気な状態になった様で、しかもそういう状況の下、暇な時間を利用して推理探偵小説を書いていた様だ。 森下雨村の翻訳探偵小説雑誌「新青年」にいたく刺激されたからとの事である。 で、早速、『二銭銅貨』と『一枚の切符』を書き上げた乱歩は、まずこれを当時探偵小説評論でも知られていた馬場胡蝶に送ったが反応が無く、次に森下雨村に送ったがこれまた反応が無く、ここで諦めずに再度森下雨村に相当きつめの催促の手紙を送って何とか認められる事に成功したらしい。 乱歩氏は自伝的随筆によるとやる気の波が激しい様なので此処で諦めずに奮闘してくれて我々後代の推理探偵小説愛好家は幸運であった。 さてこの結果、乱歩はまず『二銭銅貨』(1923年:大正12年)で「新青年」にデビューする事に成功した。 森下雨村はこの小説と『一枚の切符』を読んで「日本にこの様なオリジナルの探偵小説を書き得る人物が居たとは!」と感嘆したらしいが、それは正直な所やや誇張が入っているのではないかと思う。 しかし、デビュー作にしてこれらの作品は乱歩の白昼夢的に捻くれた、奇妙な味わいが冴えている。 『二銭銅貨』これは明らかに、乱歩がその名前を拝借した、エドガー・アラン・ポーのへのオマージュに満ち溢れている。 まずはお宝探索、暗号解析の部分が正に『黄金虫』である。 『黄金虫』に於いてウィリアム・レグランドが、偶然見つけた黄金虫の秘密に取り憑かれ、興奮の熱病に冒されたかの様に、傍から見れば妄想のような幻想を抱いて財宝探しに熱中する。 その描かれ方と、『二銭銅貨』中の松村が、貧しい暮らしの日々の中、不思議な二銭銅貨を家の机の上に見付けてから、その過敏な理知に依る鋭敏な推理の熱に冒される描写は非常に似通う物がある。 そして情報隠匿に使われた暗号はこれまた『黄金虫』と同じく置換法の暗号である。 乱歩は若い時分に一時期世界各国の暗号そして暗号通信の歴史なんぞを調べた事があるようで、その知識がここにも活かされたのだろう。 さて、もう一つ、『盗まれた手紙』への熱烈なオマージュも存在する。 以下の引用の部分がそれに当たる。 さて、世の中に一番安全な隠し方は、隠さないで隠すことだ。 衆人の目の前に曝して置いて、しかも誰もがそれに気づかないという様な隠し方が最も安全なんだ。 -『二銭銅貨』 これは江戸川乱歩が常々ポーの探偵作品中最も好む作品としている『盗まれた手紙』に於ける手紙の隠され方、そしてデュパンの推理と正しく同一なのである。 乱歩は後年これを「盲点原理」として「密室殺人」、「探偵即犯人トリック」と共にポーが生み出した三大トリックとして激賞している。 江戸川乱歩のポーへのオマージュがたっぷりと込められた『二銭銅貨』は、そのオマージュのみならず、語り口の巧さ、設定の妙等の完成度が高く、乱歩のデビュー作として正に申し分のない作品であると言える。 さて『一枚の切符』、こちらも相当に面白い。 乱歩自身は最初は両作は互角の出来だとと思っていたらしいが、『二銭銅貨』の方が先に世に出て、そして作品の人気自体も『二銭銅貨』の方が大分と先行し、現代においてはこちらは『二銭銅貨』に比べるとやや地味な評価になっているようだ。 しかし、私はそうは思わない。 乱歩の計算に元々有ったのか、無かったのか、その辺りの消息に関しては乱歩が何も書いていないので確かな事は分からないのではあるが、この小説は単なる謎解き推理探偵小説以上の旨味が内包されている様に思える。 そこを説明する前に少し脱線。 ご存知の方も多いと思うのだが、後年アンチミステリーなどと言う物が流行ったりした。 推理小説でありつつその構造を拒むというやつである。 また以前紹介したピエール・バイヤールの"Sherlock Holmes Was Wrong"の様に、読み方に依っては作者の提示した正解と思われる推理とは異なる他の解釈も可能であると言う広い解釈を示す試みもある。 これらは文章やさらに小説の解釈と言う意味では非常に意義のある事なのだが、勿論、お遊戯でもあって、それが元の推理に大幅な感興を追加する訳ではない。 しかし根本的な問題として、推理小説の中に提示される証拠の解釈や犯行の説明なぞは案外不安定な物であるという、推理探偵小説好きなら誰でも幾度かは経験しているであろう「どこか引っ掛かる感覚」を明示し支持している点が良い。 さて、これがどう『一枚の切符』と関係するかと言えば、乱歩は推理探偵小説が包摂する不安定性を恐らく本能的に察知していて、最初の最初デビュー作の時点で不安定性を利用した推理の多様性を持ち込んでいるのである。 これは凄いし狡いし、開き直りと言うか、柔軟と言うか、この辺りの始まりからして所謂本格派とは一線を画している処が江戸川乱歩が長く愛され続けている理由かもしれない。 乱歩はこの様な捻りを好んでいて、例えば最初の『二銭銅貨』にしてもそうだし、私の最も好きな『陰獣』にしてもそうだし、他にも似た味わいの捻りが入っている初期作品は多い。 この部分が何か幻想・幻影的な白昼夢染みた物を醸し出しており、これが乱歩の独特の世界を産み出す要素の一つなのだと思う。 さて、私は書籍はkindleで読む事にしているのだが、此処に来て一つ問題が発生する。 まず、『二銭銅貨』これは大丈夫だ。 以前に紹介した『屋根裏の散歩者』これも大丈夫。 しかし、『一枚の切符』これは悩み処なのである。 何が悩み処かと言うと、光文社の『屋根裏の散歩者』と創元推理文庫の『算盤が恋を語る話』の両方に『一枚の切符』収められている。 問題は、光文社で買い揃えれば全集なので何も考えなくてもほぼ全文章を手に入れる事が出来るのだが、創元推理の方には素晴らしい事に当時の挿絵がしっかりと挿入されているのである。 これは非常に悩ましい問題で、効率を取るか挿絵を取るか…… 私は結局両方のシリーズを購入する事で解決した。

次の

二銭銅貨 (黒島伝治)

二 銭 銅貨

「あの泥坊が 羨 ( うらやま )しい」二人の間にこんな言葉が 交 ( かわ )される程、 其頃 ( そのころ )は 窮迫 ( きゅうはく )していた。 場末 ( ばすえ )の貧弱な下駄屋の二階の、ただ一間しかない六畳に、一閑張りの破れ机を二つ並べて、松村武とこの私とが、変な空想ばかり 逞 ( たくま )しゅうして、ゴロゴロしていた頃のお話である。 もう何もかも行詰って 了 ( しま )って、動きの取れなかった二人は、丁度その頃世間を騒がせた大泥坊の、巧みなやり口を羨む様な、さもしい 心持 ( こころもち )になっていた。 その泥坊事件というのが、このお話の本筋に大関係を持っているので、 茲 ( ここ )にザッとそれをお話して置くことにする。 芝区のさる大きな電気工場の職工給料日当日の出来事であった。 十数名の賃銀計算係が、一万に近い職工のタイム・カードから、 夫々 ( それぞれ )一ヶ月の賃銀を計算して、山と積まれた給料袋の中へ、当日銀行から引出された、一番の支那鞄に一杯もあろうという、二十円、十円、五円などの 紙幣 ( さつ )を汗だくになって詰込んでいる最中に、事務所の玄関へ一人の紳士が訪れた。 受付の女が来意を尋ねると、私は朝日新聞の記者であるが、支配人に 一寸 ( ちょっと )お眼にかかり 度 ( た )いという。 そこで女が、東京朝日新聞社会部記者と肩書のある名刺を持って、支配人にこの事を通じた。 幸 ( さいわい )なことには、この支配人は、新聞記者操縦法がうまいことを、一つの自慢にしている男であった。 のみならず、新聞記者を相手に、 法螺 ( ほら )を吹いたり、自分の話が何々氏談などとして、新聞に載せられたりすることは、大人気ないとは思いながら、誰しも悪い気持はしないものである。 社会部記者と称する男は、 寧 ( むし )ろ 快 ( こころよ )く支配人の部屋へ 請 ( しょう )じられた。 大きな 鼈甲縁 ( べっこうぶち )の眼鏡をかけ、美しい 口髭 ( くちひげ )をはやし、気の利いた黒のモーニングに、流行の 折鞄 ( おりかばん )という 扮装 ( いでたち )のその男は、 如何 ( いか )にも物慣れた調子で、支配人の前の椅子に腰を下した。 そしてシガレット・ケースから、高価な 埃及 ( エジプト )の紙巻煙草を取出して、卓上の灰皿に添えられた 燐寸 ( マッチ )を手際よく 擦 ( す )ると、青味がかった煙を、支配人の鼻先へフッと吹出した。 「貴下の職工待遇問題に関する御意見を」 とか、何とか、新聞記者特有の、相手を呑んでかかった様な、それでいて、どこか無邪気な、人懐っこい調子で、その男はこう切出した。 そこで支配人は、労働問題について、多分は労資協調、温情主義という様なことを、大いに論じた訳であるが、それはこの話に関係がないから略するとして、約三十分ばかり支配人の 室 ( しつ )に居った所の、その新聞記者が、支配人が一席弁じ終ったところで「一寸失敬」といって便所に立った間に、姿を消して了ったのである。 支配人は、無作法な奴だ位で、別に気にもとめないで、丁度昼食の時間だったので、食堂へと出掛けて行ったが、 暫 ( しばら )くすると近所の洋食屋から取ったビフテキか何かを頬張っていた所の支配人の前へ、会計主任の男が、顔色を変えて、飛んで来て、報告することには、 「賃銀支払の金がなくなりました。 とられました」 と云うのだ。 驚いた支配人が、食事などはその 儘 ( まま )にして、金のなくなったと 云 ( い )う現場へ来て調べて見ると、この突然の盗難の 仔細 ( しさい )は、大体次の様に想像することが出来たのである。 丁度 其 ( その )当時、その工場の事務室が改築中であったので、いつもなれば、厳重に戸締りの出来る特別の部屋で行われる 筈 ( はず )の賃銀計算の仕事が、其日は、仮に支配人室の隣の応接間で行われたのであるが、昼食の休憩時間に、どうした物の間違いか、其応接間が 空 ( から )になって了ったのである。 事務員達は、お互に誰か残って 呉 ( く )れるだろうという様な考えで、一人残らず食堂へ行って了って、後には支那鞄に充満した札束が、ドアには鍵もかからないその部屋に、約半時間程も、 抛 ( ほう )り出されてあったのだ。 その 隙 ( すき )に、何者かが 忍入 ( しのびい )って、大金を持去ったものに相違ない。 それも、既に給料袋に入れられた分や、 細 ( こまか )い紙幣には手もつけないで、支那鞄の中の二十円札と十円札の束 丈 ( だ )けを持去ったのである。 損害高は約五万円であった。 色々調べて見たが、結局、どうも先程の新聞記者が怪しいということになった。 新聞社へ電話をかけて見ると、案の定、そういう男は本社員の中にはないという返事だ。 そこで、警察へ電話をかけるやら、賃銀支払を延す訳には行かぬので、銀行へ改めて二十円札と十円札の準備を頼むやら、大変な騒ぎになったのである。 彼 ( か )の新聞記者と自称して、お人よしの支配人に無駄な議論をさせた男は、実に、当時新聞が、紳士盗賊という尊称を 以 ( もっ )て書き立てた所の大泥坊であったのだ。 さて、管轄警察署の司法主任其他が臨検して調べて見ると、手懸りというものが一つもない。 新聞社の名刺まで用意して来る程の賊だから、なかなか一筋繩で行く奴ではない。 遺留品などあろう筈もない。 ただ一つ分っていた事は、支配人の記憶に残っているその男の容貌 風采 ( ふうさい )であるが、それが 甚 ( はなは )だ 便 ( たよ )りないのである。 というのは、服装などは無論取替えることが出来るし、支配人がこれこそ手懸りだと申出た所の、鼈甲縁の眼鏡にしろ、口髭にしろ、考えて見れば、変装には最もよく使われる手段なのだから、これも当てにはならぬ。 そこで、仕方がないので、盲目探しに、近所の車夫だとか、煙草屋のお 上 ( かみ )さんだとか、露天商人などいう連中に、かくかくの風采の男を見かけなかったか、 若 ( も )し見かけたらどの方角へ行ったかと、一々尋ね廻る。 無論市内の各巡査派出所へも、この人相書きが 廻 ( まわ )る。 つまり非常線が張られた訳であるが、何の手ごたえもない。 一日、二日、三日、あらゆる手段が尽された。 各停車場には見張りがつけられた。 各府県の警察署へ依頼の電報が発せられた。 斯様 ( かよう )にして、一週間は過ぎたけれども賊は挙がらない。 もう絶望かと思われた。 彼の泥坊が、何か他の罪をでも犯して挙げられるのを待つより 外 ( ほか )はないかと思われた。 工場の事務所からは、其筋の 怠慢 ( たいまん )を責める様に、毎日毎日警察署へ電話がかかった。 署長は自分の罪ででもある様に頭を 悩 ( なやま )した。 そうした絶望状態の中に、一人の、同じ署に属する刑事が、市内の煙草屋の店を、一軒ずつ、丹念に歩き廻っていた。 市内には、舶来の煙草を一通り備付けていようという煙草屋が、各区に、多いのは数十軒、少い所でも十軒内外はあった。 刑事は 殆 ( ほとん )どそれを廻り尽して、今は、山の手の 牛込 ( うしごめ )と 四谷 ( よつや )の区内が残っているばかりであった。 今日はこの両区を廻って、それで目的を果さなかったら、もう 愈々 ( いよいよ )絶望だと思った刑事は、 富鬮 ( とみくじ )の当り番号を読む時の様な、楽しみとも恐れともつかぬ感情を以て、テクテク歩いていた。 時々交番の前で立止っては、巡査に煙草店の所在を 聞訊 ( ききただ )しながら、テクテクと歩いていた。 刑事の頭の中は FIGARO. FIGARO. FIGARO. と埃及煙草の名前で一杯になっていた。 ところが、牛込の 神楽坂 ( かぐらざか )に一軒ある煙草店を尋ねる積りで、 飯田橋 ( いいだばし )の電車停留所から神楽坂下へ向って、あの大通りを歩いている時であった。 刑事は、一軒の旅館の前で、フト立止ったのである。 というのは、その旅館の前の、下水の蓋を兼ねた、 御影石 ( みかげいし )の敷石の上に、余程注意深い人でなければ、眼にとまらない様な、一つの煙草の吸殻が落ちていた。 そして、 何 ( な )んと、それが刑事の探し廻っていた所の埃及煙草と同じものであったのである。 読者も想像されたであろう様に、この感心な刑事は、盗賊が工場の支配人の部屋に残して行った所の、珍らしい煙草の吸殻から探偵の歩を進めたのである。 そして、各区の大きな煙草屋を殆んど廻り尽したが、 仮令 ( たとい )おなじ煙草を備えてあっても、埃及の中でも比較的売行きのよくない、FIGARO を最近に売ったという店は極く僅かで、それが 悉 ( ことごと )く、どこの誰それと疑うまでもない様な買手に売られていたのである。 ところが愈々最終という日になって、今もお話した様に、偶然にも、飯田橋附近の一軒の旅館の前で、同じ吸殻を発見して、実は、あてずっぽうに、その旅館に探りを入れて見たのであるが、それがなんと 僥倖 ( ぎょうこう )にも、犯人逮捕の 端緒 ( たんちょ )となったのである。 そこで、色々、苦心の末、例えば、その旅館に投宿して居った、その煙草の持主が、工場の支配人から聞いた人相とはまるで違っていたり、なにかして、大分苦心したのであるが、結局、その男の部屋の 火鉢 ( ひばち )の底から、犯行に用いたモーニング其他の服装だとか、鼈甲縁の眼鏡だとか、つけ髭だとかを発見して、逃れぬ証拠によって、 所謂 ( いわゆる )紳士泥坊を逮捕することが出来たのである。 あの小額の紙幣で五万円という金額を、どうして、誰にも疑われぬ様に、持出すことが出来たかという訊問に対して、紳士泥坊が、ニヤリと得意らしい笑いを浮べて答えたことには、 「私共は、からだ中が袋で出来上っています。 その証拠には、押収されたモーニングを調べて御覧なさい。 一寸見ると普通のモーニングだが、実は手品使いの服の様に、附けられる丈けの隠し袋が附いているんです。 五万円位の金を隠すのは訳はありません。 支那人の手品使いは、大きな、水の這入った 丼鉢 ( どんぶりばち )でさえからだの中へ隠すではありませんか」 さて、この泥坊事件がこれ丈けでおしまいなら、別段の興味もないのであるが、茲に一つ普通の泥坊と違った、妙な点があった。 そして、それが私のお話の本筋に、大いに関係がある訳なのである。 というのは、この紳士泥坊は、盗んだ五万円の隠し場所について、一言も白状しなかったのである。 警察と、検事廷と、公判廷と、この三つの関所で、手を換え品を換えて責め問われても、彼はただ知らないの一点張りで通した。 そして、おしまいには、その僅か一週間ばかりの間に、使い果して了ったのだという様な、 出鱈目 ( でたらめ )をさえ云い出したのである。 其筋としては、探偵の力によって、その金のありかを探し出す外はなかった。 そして、随分探したらしいのであるが、一向見つからなかった。 そこで、その紳士泥坊は、五万円隠匿の 廉 ( かど )によって、窃盗犯としては 可也 ( かなり )重い懲役に処せられたのである。 困ったのは被害者の工場である。 工場としては、犯人よりは五万円が発見して欲しかったのである。 勿論 ( もちろん )、警察の方でもその金の捜索を 止 ( や )めた訳ではないが、どうも手ぬるい様な気がする。 そこで、工場の当の責任者たる支配人は、その金を発見したものには、発見額の一割の賞を懸けるということを発表した。 つまり五千円の懸賞である。 これからお話しようとする、松村武と私自身とに関する、一寸興味のある物語は、この泥坊事件がこういう風に発展している時に起ったことなのである。 この話の冒頭にも一寸述べた様に、その頃、松村武と私とは、場末の下駄屋の二階の六畳に、もうどうにもこうにも動きがとれなくなって、窮乏のどん底にのたうち廻っていたのである。 でも、あらゆるみじめさの中にも、まだしも幸運であったのは、丁度時候が春であったことだ。 これは貧乏人丈けにしか分らない一つの秘密であるが、冬の終から夏の初にかけて、貧乏人は、大分 儲 ( もう )けるのである。 いや、儲けたと感じるのである。 というのは、寒い時丈け必要であった、 羽織 ( はおり )だとか、下着だとか、ひどいのになると、夜具、 火鉢 ( ひばち )の類に至るまで、質屋の蔵へ運ぶことが出来るからである。 私共も、そうした気候の恩恵に浴して、明日はどうなることか、月末の間代の支払はどこから捻出するか、という様な先の心配を除いては、先ず一寸いきをついたのである。 そして、暫く遠慮して居った銭湯へも行けば、床屋へも行く、 飯屋 ( めしや )ではいつもの味噌汁と香の物の代りに、さしみで一合かなんかを奮発するといった 鹽梅 ( あんばい )であった。 ある日のこと、いい心持に ( ゆだ )って、銭湯から帰って来た私が、傷だらけの、 毀 ( こわ )れかかった一閑張の机の前に、ドッカと坐った時、一人残っていた松村武が、妙な、一種の興奮した様な顔付を以て、私にこんなことを聞いたのである。 「君、この、僕の机の上に二銭銅貨をのせて置いたのは君だろう。 あれは、どこから持って来たのだ」 「アア、俺だよ。 さっき煙草を買ったおつりさ」 「どこの煙草屋だ」 「飯屋の隣の、あの 婆 ( ばあ )さんのいる不景気なうちさ」 「フーム、そうか」 と、どういう訳か、松村はひどく考え込んだのである。 そして、尚も執拗にその二銭銅貨について尋ねるのであった。 「君、その時、君が煙草を買った時だ、誰か外にお客はいなかったかい」 「確か、いなかった様だ。 そうだ。 いる筈がない。 その時あの婆さんは居眠りをしていたんだ」 この答を聞いて、松村は何か安心した様子であった。 「だが、あの煙草屋には、あの婆さんの外に、どんな連中がいるんだろう。 君は知らないかい」 「俺は、あの婆さんとは仲よしなんだ。 あの不景気な 仏頂面 ( ぶっちょうづら )が、俺のアブノーマルな 嗜好 ( しこう )に適したという訳でね。 だから、俺は相当あの煙草屋については詳しいんだ。 あそこには婆さんの外に、婆さんよりはもっと不景気な 爺 ( じい )さんがいる切りだ。 併 ( しか )し君はそんなことを聞いてどうしようというのだ。 どうかしたんじゃないかい」 「マアいい。 一寸訳があるんだ。 ところで君が詳しいというのなら、も少しあの煙草屋のことを話さないか」 「ウン、話してもいい。 爺さんと婆さんとの間に一人の娘がある。 俺は一度か二度その娘を見かけたが、そう悪くない 容色 ( きりょう )だぜ。 それがなんでも、監獄の 差入屋 ( さしいれや )とかへ 嫁 ( かたづ )いているという話だ。 その差入屋が相当に暮しているので、その仕送りで、あの不景気な煙草屋も、つぶれないで、どうかこうかやっているのだと、いつか婆さんが話していたっけ。 ……」 こう、私が煙草屋に関する知識について話し始めた時に、驚いたことには、それを話して呉れと頼んで置きながら、もう聞き度くないと云わぬばかりに、松村武が立上ったのである。 そして、広くもない座敷を、隅から隅へ丁度動物園の熊の様に、ノソリノソリと歩き始めたのである。 私共は、二人共、日頃から随分気まぐれな方であった。 話の間に突然立上るなどは、そう珍しいことでもなかった。 けれども、この場合の松村の態度は、私をして沈黙せしめた程も、変っていたのである。 松村はそうして、部屋の中をあっちへ行ったり、こっちへ行ったり、約三十分位歩き廻っていた。 私は黙って、一種の興味を以て、それを眺めていた。 その光景は、若し傍観者があって、 之 ( これ )を見たら、余程狂気じみたものであったに相違ないのである。 そうこうする内に、私は腹が減って来たのである。 丁度夕食時分ではあったし、湯に入った私は余計に腹が減った様が気がしたのである。 そこで、まだ狂気じみた歩行を続けている松村に、飯屋に行かぬかと勧めて見た所が、「済まないが、君一人で行って呉れ」という返事だ。 仕方なく、私はその通りにした。 さて、満腹した私が、飯屋から帰って来ると、なんと珍らしいことには、松村が 按摩 ( あんま )を呼んで、もませていた。 以前は私共のお 馴染 ( なじみ )であった、若い盲唖学校の生徒が、松村の肩につかまって、しきりと何か、持前のお喋りをやっているのであった。 「君、 贅沢 ( ぜいたく )だと思っちゃいけない。 これには訳があるんだ。 マア、暫く黙って見ていて呉れ。 その内に分るから」 松村は、私の 機先 ( きせん )を 制 ( せい )して、非難を予防する様に云った。 昨日、質屋の番頭を 説 ( と )きつけて、寧ろ強奪して、やっと手に入れた二十円なにがしの共有財産の寿命が、按摩賃六十銭丈け縮められることは、 此際 ( このさい )、確かに贅沢に相違なかったからである。 私は、これらの、ただならぬ松村の態度について、ある、言い知れぬ興味を覚えた。 そこで、私は自分の机の前に坐って、古本屋で買って来た講談本か何かを、読耽っている様子をした。 そして、実は松村の挙動をソッと盗み見ていたのである。 按摩が帰って了うと、松村も彼の机の前に坐って、何か紙切れに書いたものを読んでいる様であったが、 軈 ( やが )て彼は懐中から、もう一枚の紙切れを取出して机の上に置いた。 それは、極く薄く、二寸四方程の、小さいもので、細い文字が一面に認めてあった。 彼は、この二枚の紙片れを、熱心に比較研究している様であった。 そして、鉛筆を以て、新聞紙の余白に、何か書いては消し、書いては消していた。 そんなことをしている間に、電燈が点いたり、表通りを豆腐屋のラッパが通過ぎたり、 縁日 ( えんにち )にでも行くらしい人通りが、暫く続いたり、それが 途絶 ( とだ )えると、支那 蕎麦屋 ( そばや )の哀れげなチャルメラの 音 ( ね )が聞えたりして、いつの間にか夜が更けたのである。 それでも松村は、食事さえ忘れて、この妙な仕事に没頭していた。 私は黙って、自分の床を敷いて、ゴロリ横になると、退屈にも、一度読んだ講談を、更らに読み返しでもする外はなかったのである。 「君、東京地図はなかったかしら」 突然、松村がこういって、私の方を振向いた。 「サア、そんなものはないだろう。 下のお上さんにでも聞いて見たらどうだ」 「ウン、そうだな」 彼は直ぐに立上って、ギシギシいう 梯子 ( はしご )段を下へ降りて行ったが、軈て、一枚の折目から破れ相になった東京地図を借りて来た。 そして、又机の前に坐ると、熱心な研究を続けるのであった。 私は益々募る好奇心を以て彼の様子を眺めていた。 下の時計が九時を打った。 松村は、長い間の研究が、一段落を告げたと見えて、机の前から立上って私の 枕頭 ( まくらもと )へ坐った。 そして少し言いにく 相 ( そう )に、 「君、一寸、十円ばかり出して呉れないか」 と云うのだ。 私は、松村のこの不思議な挙動については、読者にはまだ明してない所の、私丈けの深い興味を持っていた。 それ故、彼に十円という、当時の私共に取っては、全財産の半分であったところの大金を与えることに、少しも異議を唱えなかった。 松村は、私から十円札を受取ると、 古袷 ( ふるあわせ )一枚に、皺くちゃのハンチングという扮装で、何も云わずに、プイとどこかへ出て行った。 一人取残された私は、松村の其後の行動について、色々想像を廻らした。 そして独りほくそ笑んでいる内に、いつか、うとうとと夢路に入った。 暫くして松村が帰って来たのを、 夢現 ( ゆめうつつ )に覚えていたが、それからは、何も知らずに、グッスリと朝まで寝込んで了ったのである。 随分寝坊の私は、十時頃でもあったろうか、眼を醒して見ると、枕頭に妙なものが立っているのに驚かされた。 というのは、そこには、 縞 ( しま )の着物に角帯を締めて、紺の前垂れをつけた一人の商人風の男が、一寸した風呂敷包を 背負 ( しょ )って立っていたのである。 「なにを妙な顔をしているんだ。 俺だよ」 驚いたことには、その男が、松村武の声を以て、こういったのである。 よくよく見ると、それは如何にも松村に相違ないのだが、服装がまるで変っていたので、私は暫くの間、何が何だか、訳がわからなかったのである。 「どうしたんだ。 風呂敷包なんか背負って。 それに、そのなりはなんだ。 俺はどこの番頭さんかと思った」 「シッ、シッ、大きな声だなあ」松村は両手で 抑 ( おさ )えつける様な恰好をして、 囁 ( ささや )く様な小声で、「大変なお土産を持って来たよ」 というのである。 「君はこんなに早く、どっかへ行って来たのかい」 私も、彼の変な挙動につられて、思わず声を低くして聞いた。 すると、松村は、抑えつけても抑えつけても、溢れて来る様な、ニタニタ笑いを顔一杯に 漲 ( みなぎ )らせながら、彼の口を私の耳の 側 ( そば )まで持って来て、前よりは一層低い、あるかなきかの声で、こういったのである。 「この風呂敷包の中には、君、五万円という金が這入っているのだよ」 読者も既に想像されたであろう様に、松村武は、問題の紳士泥坊の隠して置いた五万円を、どこからか持って来たのであった。 それは、彼の電気工場へ持参すれば、五千円の懸賞金に 与 ( あずか )ることの出来る五万円であった。 だが、松村はそうしない積りだと云った。 そして、その 理由 ( わけ )を次の様に説明した。 彼に云わせると、その金を馬鹿正直に届け出るのは、 愚 ( おろか )なことであるばかりでなく、同時に、非常に危険なことでもあるというのであった。 其筋の専門の刑事達が、約一箇月もかかって探し廻っても、発見されなかったこの金である。 仮令このまま我々が頂戴して置いた所で、誰が疑うものか、我々にしたって、五千円よりは五万円の方が有難いではないか。 それよりも恐しいのは、 彼奴 ( きゃつ )、紳士泥坊の復讐である。 こいつが恐しい。 それは、 態々 ( わざわざ )彼奴に敵のありかを教える様なものではないかというのである。 「だが少くとも現在に 於 ( おい )ては、俺は彼奴に打勝ったのだ。 エヽ君、あの天才泥坊に打勝ったのだ。 この際、五万円も無論有難いが、それよりも、俺はこの勝利の快感でたまらないんだ。 俺の頭はいい。 少くとも貴公よりはいいということを認めて呉れ。 俺をこの大発見に導いて呉れたものは、昨日君が俺の机の上にのせて置いた、煙草のつり銭の二銭銅貨なんだ。 あの二銭銅貨の一寸した点について、君が気づかないで、俺が気づいたということはだ。 そして、たった一枚の二銭銅貨から、五万円という金を、エ、君、二銭の二百五十万倍である所の五万円という金を探し出したのは、これは何だ。 少くとも、君の頭よりは、俺の頭の方が優れているということじゃないかね」 二人の多少知識的な青年が、一間の内に生活していれば、 其処 ( そこ )に、頭のよさについての競争が行われるのは、 至極 ( しごく )あたり前のことであった。 松村武と私とは、その日頃、暇にまかせて、よく議論を戦わしたものであった。 夢中になって喋っている内に、いつの間にか夜が明けて了う様なことも珍しくなかった。 そして、松村も私も、 互 ( たがい )に譲らず、「俺の方が頭がいい」ことを主張していたものである。 「分った、分った。 威張 ( いば )るのは抜きにして、どうしてその金を手に入れたか、その筋道を話して見ろ」 「マア 急 ( せ )くな。 俺は、そんなことよりも、五万円の 使途 ( つかいみち )について考えたいと思っているんだ。 だが、君の好奇心を 充 ( みた )す 為 ( ため )に、一寸、簡単に苦心談をやるかな」 併し、それは決して私の好奇心を充す為ばかりではなくて、寧ろ彼自身の名誉心を満足させる為であったことはいうまでもない。 それは 兎 ( と )も 角 ( かく )、彼は次の様に、所謂苦心談を語り出したのである。 私は、それを、 心安 ( こころやす )だてに、蒲団の中から、得意そうに動く彼の 顎 ( あご )の辺を見上げて、聞いていた。 「俺は、昨日君が湯へ行った後で、あの二銭銅貨を 弄 ( もてあそ )んでいる内に、妙なことには、銅貨のまわりに一本の筋がついているのを発見したんだ。 こいつはおかしいと思って、調べて居ると、なんと驚いたことには、あの銅貨が二つに割れたんだ。 見給えこれだ」 彼は、机の 抽斗 ( ひきだし )から、その二銭銅貨を取出して、丁度、宝丹の容器を開ける様に、ネジを廻しながら、上下に開いた。 「これ、ね、中が 空虚 ( から )になっている。 銅貨で作った何かの容器なんだ。 なんと精巧な細工じゃないか、一寸見たんじゃ、普通の二銭銅貨とちっとも変りがないからね。 これを見て、俺は思当ったことがあるんだ。 俺はいつか、牢破りの名人が用いるという、 鋸 ( のこぎり )の話を聞いたことがある。 それは、懐中時計のゼンマイに歯をつけた、小人島の 帯鋸 ( おびのこぎり )見た様なものを、二枚の銅貨を擦り減らして作った容器の中へ入れたもので、これさえあれば、どんな厳重な牢屋の鉄の棒でも、何なく切破って脱牢するんだ相だ。 なんでも元は外国の泥坊から伝ったものだ相だがね。 そこで、俺は、この二銭銅貨も、そうした泥坊の手から、どうかして紛れ出したものだろうと想像したんだ。 だが、妙なことはそればかりじゃなかった。 というのは、俺の好奇心を、二銭銅貨そのものよりも、もっと挑発した所の、一枚の紙切がその中から出て来たんだ。 それはこれだ」 それは、昨夜松村が一生懸命に研究していた、あの薄い小さな紙切であった。 その二寸四方程の 薄葉 ( うすよう )らしい日本紙には、細い字で次の様に、訳の分らぬものが書きつけてあった。 陀、無弥仏、南無弥仏、阿陀仏、弥、無阿弥陀、無陀、弥、無弥陀仏、無陀、陀、南無陀仏、南無仏、陀、無阿弥陀、無陀、南仏、南陀、無弥、無阿弥陀仏、弥、南阿陀、無阿弥、南陀仏、南阿弥陀、阿陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無弥陀、南弥、南無弥仏、無阿弥陀、南無陀、南無阿、阿陀仏、無阿弥、南阿、南阿仏、陀、南阿陀、南無、無弥仏、南弥仏、阿弥、弥、無弥陀仏、無陀、南無阿弥陀、阿陀仏、 「この坊主の寝言見たようなものは、なんだと思う。 俺は最初は、いたずら書きだと思った。 前非 ( ぜんぴ )を悔いた泥坊かなんかが、罪亡ぼしに南無阿弥陀仏を沢山並べて書いたのかと思った。 そして、牢破りの道具の代りに銅貨の中へ入れて置いたのじゃないかと思った。 が、それにしては、南無阿弥陀仏と続けて書いてないのがおかしい。 陀とか、無弥仏とか、悉く南無阿弥陀仏の六字の範囲内ではあるが、完全に書いたのは一つもない。 一字切りの奴もあれば、四字五字の奴もある。 俺は、こいつはただの 悪戯 ( いたずら )書きではないなと感づいた。 丁度その時、君が湯屋から帰って来た 跫音 ( あしおと )がしたんだ。 俺は急いで、二銭銅貨とその紙片を隠した。 どうして隠したというのか。 俺にもはっきり分らないが、多分この秘密を独占したかったのだろう。 そして 凡 ( すべ )てが明かになってから君に見せて、自慢したかったのだろう。 ところが、君が梯子段を上っている間に、俺の頭に、ハッとする様なすばらしい 考 ( かんがえ )が 閃 ( ひらめ )いたんだ。 というのは、例の紳士泥坊のことだ。 五万円の紙幣をどこへ隠したのか知らないが、まさか、刑期が満るまで其儘でいようとは、彼奴だって考えないだろう。 そこで、彼奴には、あの金を保管させる所の、手下 乃至 ( ないし )は相棒といった様なものがあるに相違ない。 今仮にだ、彼奴が不意の捕縛の為に、五万円の隠し場所を相棒に知らせる暇がなかったとしたらどうだ。 彼奴としては、 未決監 ( みけつかん )に居る間に、何かの方法でその仲間に通信する外はないのだ。 このえたいの知れない紙切が、若しもその通信文であったら…… こういう考が俺の頭に閃いたんだ。 無論空想さ。 だが一寸甘い空想だからね。 そこで、君に二銭銅貨の出所についてあんな質問をした訳だ。 ところが君は、煙草屋の娘が監獄の差入屋へ嫁いているというではないか。 未決監に居る泥坊が外部と通信しようとすれば、差入屋を媒介者にするのが最も容易だ。 そして、若しその目論見が何かの都合で手違いになったとしたら、その通信は差入屋の手に残っている筈だ。 それが、その家の女房によって親類の家に運ばれないと、どうして云えよう。 さあ、俺は夢中になって了った。 さて、若しこの紙切の無意味な文字が一つの暗号文であるとしたら、それを解くキイは何だろう。 俺はこの部屋の中を歩き廻って考えた。 可也 ( かなり )難しい、全部拾って見ても、南無阿弥陀仏の六字と読点だけしかない。 この七つの記号を以て、どういう文句が綴れるだろう。 俺は暗号文については、以前に一寸研究したことがあるんだ。 シャーロック・ホームズじゃないが、百六十種位の暗号の書き方は俺だって知っているんだ。 (Dancing Men 参照) で、俺は、俺の知っている限りの暗号記法を、一つ一つ頭に浮べて見た。 そして、この 紙片 ( かみき )れの奴に似ているのを探した。 随分手間取った。 確か、その時君が飯屋へ行くことを勧めたっけ。 俺はそれを断って一生懸命考えた。 で、とうとう少しは似た点があると思うのを二つ丈け発見した。 その一つは Bacon の発明した two letter 暗号法という奴で、それはaとbとのたった二字の色々な組合せで、どんな文句でも綴ることが出来るのだ。 例えば fly という言葉を現す為には aabab, aabba, ababa と綴るといった調子のものだ。 も一つは、チャールス一世の王朝時代に、政治上の秘密文書に盛んに用いられた奴で、アルファベットの代りに、一組の数字を用いる方法だ。 例えば」 松村は机の隅に紙片れをのべて、 左 ( さ )の様なものを書いた。 A B C D ………………………… 1111 1112 1121 1211………………………… 「つまり、Aの代りには一千百十一を置き、Bの代りには一千百十二を置くといった風のやり方だ。 俺は、この暗号も、それらの例と同じ様に、いろは四十八字を、南無阿弥陀仏を色々に組合せて置換えたものだろうと想像した。 さて、こいつを解く方法だが、これが英語か 仏蘭西 ( フランス )語か 独逸 ( ドイツ )語なら、ポオの Gold bug にある様にeを探しさえすれば訳はないんだが、困ったことに、こいつは日本語に相違ないんだ。 念の為に一寸ポオ式のディシファリングを試みて見たが、少しも解けない。 俺はここでハタと 行詰 ( ゆきづま )って了った。 六字の組合せ六字の組合せ、俺はそれ 計 ( ばか )り考えて又座敷を歩き廻った。 俺は六字という点に何か暗示がないかと考えた。 そして六つの数で出来ているものを、思い出せる丈け思い出して見た。 滅多矢鱈 ( めったやたら )に六という字のつくものを並べている内に、ふと、講談本で覚えた所の 真田幸村 ( さなだゆきむら )の旗印の 六連銭 ( ろくれんせん )を思い浮べた。 そんなものが暗号に何の関係もある筈はないのだが、どういう訳か「六連銭」と、口の中で呟いた。 すると、するとだ。 インスピレーションの様に、俺の記憶から飛び出したものがある。 それは、六連銭をそのまま縮小した様な形をしている、盲人の使う点字であった。 俺は思わず、「うまい」と叫んだよ。 だって、なにしろ五万円の問題だからなあ。 俺は点字について詳しくは知らなかったが、六つの点の組合せということ丈けは記憶していた。 そこで、早速按摩を呼んで来て伝授に与ったという訳だ。 これが按摩の教えて呉れた点字のいろはだ」 そういって松村は、机の 抽斗 ( ひきだし )から一枚の紙片を取出した。 それには、点字の五十音、濁音符、半濁音符、拗音符、促音符、長音符、数字などが、ズッと並べて書いてあった。 「今、南無阿弥陀仏を、左から始めて、三字ずつ二行に並べれば、この点字と同じ配列になる。 南無阿弥陀仏の一字ずつが、点字の各々の一点に符合する訳だ。 そうすれば、点字のアは南、イは南無という 工合 ( ぐあい )に 当嵌 ( あては )めることが出来る。 この調子で解けばいいのだ。 そこで、これは、俺が 昨夜 ( ゆうべ )この暗号を解いた結果だがね。 一番上の行が原文の南無阿弥陀仏を点字と同じ配列にしたもの、真中の行がそれに符合する点字、そして一番下の行が、それを 飜訳 ( ほんやく )したものだ」 こういって、松村は又もや上の様な紙切を取出したのである。 「ゴケンチヨーシヨージキドーカラオモチヤノサツヲウケトレウケトリニンノナハダイコクヤシヨーテン。 つまり、五軒町の正直堂から玩具の札を受取れ、受取人の名は大黒屋商店というのだ。 意味はよく分る。 だが、何の為に玩具の紙幣なんかを受取るのだろう。 そこで、俺は又考えさせられた。 併し、この謎は割合簡単に解くことが出来た。 そして、俺はつくづくその紳士泥坊の、頭がよくって 敏捷 ( びんしょう )で、 尚 ( な )お其上に小説家の様なウイットを持っていることに感心して了った。 エ、君、玩具の紙幣とはすてきじゃないか。 俺はこう想像したんだ。 そして、それが幸にも悉く適中した訳だがね。 紳士泥坊は、万一を 慮 ( おもんぱか )って、盗んだ金の最も安全な隠し場所を、 予 ( あらかじ )め用意して置いたに相違ないんだ。 さて、世の中に一番安全な隠し方は、隠さないで隠すことだ。 衆人の目の前に 曝 ( さら )して置いて、しかも誰もがそれに気づかないという様な隠し方が最も安全なんだ。 恐るべきあいつは、この点に気づいたんだ。 と、想像するのだがね。 で、玩具の紙幣という巧妙なトリックを考え出した。 俺は、この正直堂というのは、多分玩具の札なんかを印刷する店だと想像した。 近頃、本物と寸分違わない様な玩具の紙幣が、 花柳界 ( かりゅうかい )などで流行している 相 ( そう )だ。 それは誰かから聞いたっけ。 アア、そうだ。 君がいつか話したんだ。 ビックリ 函 ( ばこ )だとか、本物とちっとも違わない、泥で作った菓子や果物だとか、蛇の玩具だとか、ああしたものと同じ様に、女の子を 吃驚 ( びっくり )させて喜ぶ 粋人 ( すいじん )の玩具だといってね。 だから、彼奴が本物と同じ大きさの札を註文した所で、ちっとも 疑 ( うたがい )を受ける筈はないんだ。 こうして置いて、彼奴は、本物の紙幣をうまく盗み出すと、多分その印刷屋へ忍び込んで、自分の註文した玩具の札と擦り換えて置いたんだ。 そうすれば、註文主が受取に行くまでは、五万円という天下通用の紙幣が、玩具の札として、安全に印刷屋の物置に残っている訳だからね。 これは単に俺の想像かも知れない。 だが、随分可能性のある想像だ。 俺は兎に角当って見ようと決心した。 地図で五軒町という町を探すと、 神田 ( かんだ )区内にあることが分った。 そこで 愈々 ( いよいよ )玩具の札を受取に行くのだが、こいつが一寸難しい。 というのは、この俺が受取に行ったという痕跡を、少しだって残してはならないんだ。 もしそれが分ろうものなら、あの恐ろしい悪人がどんな復讐をするか、思った丈けで気の弱い俺はゾッとするからね。 兎に角、出来る丈け俺でない様に見せなければいけない。 そういう訳で、あんな変装をしたんだ。 俺はあの十円で、頭の先から足の先まで身なりを変えた。 これ見給え、これなんか一寸いい思つきだろう」 そういって、松村はそのよく揃った前歯を出して見せた。 そこには、私が先程から気づいていた所の、一本の金歯が光っていた。 彼は得意そうに、指の先でそれをはずして、私の眼の前へつき出した。 「これは夜店で売っている、ブリキに 鍍金 ( めっき )した奴だ。 ただ歯の上に冠せて置く丈けの 代物 ( しろもの )さ。 僅か二十銭のブリキのかけらが大した役に立つからね。 金歯という奴はひどく人の注意を 惹 ( ひ )くものだ。 だから、後日俺を探す奴があるとしたら、先ずこの金歯を眼印にするだろうじゃないか。 さてこれ丈けの用意が出来ると、俺は今朝早く五軒町へ出掛けた。 一つ心配だったのは、玩具の札の代金のことだった。 泥坊の奴、きっと、転売なんかされることを恐れて、前金で支払って置いただろうとは思ったが、若しもまだだったら、少くとも二三十円は入用だからね。 生憎 ( あいにく )我々にはそんな金の持合せがない。 ナアニ、何とかごまかせばいいと高を 括 ( くく )って出掛けた。 ……さてその 使途 ( つかいみち )だ。 どうだ。 何か、考はないかね」 松村が、これ程興奮して、これ程雄弁に喋ったことは珍しい。 私はつくづく五万円という金の偉力に驚嘆した。 私は其 都度 ( つど )形容する 煩 ( はん )を避けたが、松村がこの苦心談をしている間の、嬉し相な様というものは、全く 見物 ( みもの )であった。 彼ははしたなく喜ぶ顔を見せまいとして、大いに努力して居った様であるが、 努 ( つと )めても、努めても、腹の底から込み上げて来る、何とも云えぬ嬉し相な笑顔は隠すことが出来なかった。 話の間々にニヤリと 洩 ( も )らす、その形容のし様もない、狂気の様な笑いは、私は寧ろ凄いと思った。 併し、昔千両の 富籤 ( とみくじ )に当って発狂した貧乏人があったという話もあるのだから、松村が五万円に狂喜するのは決して無理ではなかった。 私はこの喜びがいつまでも続けかしと願った。 松村の為にそれを願った。 だが、私には、どうすることも出来ぬ一つの事実があった。 止めようにも止めることの出来ない笑いが爆発した。 私は笑うんじゃないと自分自身を 叱 ( しか )りつけたけれども、私の中の、小さな悪戯好きの悪魔が、そんなことには 閉口 ( へこ )たれないで私をくすぐった。 私は一段と高い声で、最もおかしい笑劇を見ている人の様に笑った。 松村はあっけにとられて、笑い 転 ( こ )ける私を見ていた。 そして、一寸変なものにぶっつかった様な顔をして云った。 「君、どうしたんだ」 私はやっと笑いを噛み殺してそれに答えた。 「君の想像力は実にすばらしい。 よくこれ丈けの大仕事をやった。 俺はきっと今迄の数倍も君の頭を尊敬する様になるだろう。 成程君の云う様に、頭のよさでは 敵 ( かな )わない。 だが、君は、現実というものがそれ程ロマンチックだと信じているのかい」 松村は返事もしないで、一種異様の表情を以て私を見詰めた。 「言い換えれば、君は、あの紳士泥坊にそれ程のウイットがあると思うのかい。 君の想像は、小説としては実に申分がないことを認める。 けれども世の中は小説よりはもっと現実的だからね。 そして、若し小説について論じるのなら、俺は少し君の注意を惹き度い点がある。 それは、この暗号文には、もっと外の解き方はないかということだ。 君の飜訳したものを、もう一度飜訳する可能性はないかということだ。 例えばだ、この文句を八字ずつ飛ばして読むという様なことは出来ないことだろうか」 私はこういって、松村の書いた暗号の飜訳文に左の様な印をつけた。 ゴケンチョーショー ジキドーカラオモチ ャノサツヲウケトレ ウケトリニンノナハ ダイコクヤショーテ ン 「ゴジャウダン。 君、この『御冗談』というのは何だろう。 エ、これが偶然だろうか。 誰かの悪戯だという意味ではないだろうか」 松村は物をも云わずに立上った。 そして、五万円の札束だと信じ切っている所の、かの風呂敷包を私の前へ持って来た。 「だが、この大事実をどうする。 五万円という金は、小説の中からは生れないぞ」 彼の声には、 果 ( はた )し 合 ( あい )をする時の様な真剣さが 籠 ( こも )っていた。 私は恐ろしくなった。 そして、私の一寸したいたずらの、予想外に大きな効果を、後悔しないではいられなかった。 「俺は、君に対して実に済まぬことをした。 どうか許して呉れ。 君がそんなに大切にして持って来たのは、 矢張 ( やは )り玩具の札なんだ。 そこには、新聞紙で丁寧に包んだ、二つの四角な包みがあった。 その内の一つは新聞が破れて中味が現れていた。 「俺は途中でこれを開いて、この眼で見たんだ」 松村は喉に 閊 ( つか )えた様な声で云って、尚おも新聞紙をすっかり取り去った。 それは、如何にも 真 ( しん )にせまった贋物であった。 一寸見たのでは、凡ての点が本物であった。 けれども、よく見ると、それらの札の表面には、圓という字の代りに團という字が、大きく印刷されてあった。 二十圓、十圓ではなくて、二十團、十團であった。 松村はそれを信ぜぬように、幾度も幾度も見直していた。 そうしている内に、彼の顔からは、あの笑いの影がすっかり消去って了った。 そして、後には深い深い沈黙が残った。 私は済まぬという心持で一杯であった。 私は、私の遣り過ぎたいたずらについて説明した。 けれども、松村はそれを聞こうともしなかった。 その日一日はただ唖者の様に黙り込んでいた。 これで、このお話はおしまいである。 けれども、読者諸君の好奇心を充す為に、私のいたずらについて、一言説明して置かねばならぬ。 正直堂という印刷屋は、実は私の遠い親戚であった。 私はある日、せっぱ詰った苦しまぎれに、そのふだんは不義理を重ねている所の親戚のことを思出した。 そして、いくらでも金の都合がつけばと思って、進まぬながら久し振りでそこを訪問した。 そしてそれが、大黒屋という長年の御得意先の註文品だということを聞いたのである。 私はこの発見を、我々の毎日の 話柄 ( わへい )となっていた、あの紳士泥坊の一件と結びつけて、一芝居打って見ようと、下らぬいたずらを思いついたのであった。 それは、私も松村と同様に、頭のよさについて、私の優越を示す様な材料が 掴 ( つか )み度いと、日頃から熱望していたからであった。 あのぎこちない暗号文は、勿論私の作ったものであった。 併し、私は松村の様に外国の暗号史に通じていた訳ではない。 ただ一寸した思いつきに過ぎなかったのだ。 煙草屋の娘が差入屋へ 嫁 ( とつ )いでいるという様なことも、矢張り出鱈目であった。 第一、その煙草屋に娘があるかどうかさえ怪しかった。 ただ、このお芝居で、私の最も 危 ( あやぶ )んだのは、これらのドラマチックな方面ではなくて、最も現実的な併し全体から見ては極めて 些細 ( ささい )な、少し 滑稽味 ( こっけいみ )を帯びた、一つの点であった。 それは、私が見た所のあの玩具の札が、松村が受取りに行くまで、配達されないで、印刷屋に残っているかどうかということであった。 玩具の代金については、私は少しも心配しなかった。 私の親戚と大黒屋とは 延取引 ( のべとりひき )であったし、其上もっといい事は、正直堂が極めて原始的な、ルーズな商売のやり方をして居ったことで、松村は別段、大黒屋の主人の受取証を持参しないでも失敗する筈はなかったからである。 最後に、 彼 ( か )のトリックの出発点となった二銭銅貨については、私は茲に詳しい説明を避けねばならぬことを遺憾に思う。 若し、私がへまなことを書いては、後日、あの品を私に呉れたある人が、飛んだ迷惑を 蒙 ( こうむ )るかも知れないからである。 読者は、私が偶然それを所持していたと思って下さればよいのである。

次の