リウマチ。 リウマチとは

リウマチの血液検査|リウマチ専門医による解説|東京リウマチクリニック

リウマチ

関節リウマチは、日本での患者数が70万~100万人もいるといわれるポピュラーな病気です。 名前が知られているわりに実態はあまり理解されていないようです。 お年寄りの病気と思われたり、いったんこの病気になったら治ることはない、といわれることもあります。 関節リウマチは、30代~50代の働き盛りで発症することが多く、20代の患者さんもかなりみられます。 医療面では劇的に変化していて、すばらしい効果をあげる薬が次々と登場しています。 また、検査法も進み、早い段階での確実な診断が可能になっています。 しかし、変化の多いということは、情報量も多くなります。 患者さんにとっては、かえってとまどうことも多いかもしれません。 こういうときにこそ、病気を正しく理解することが必要になります。 そうすれば、情報にふり回されず、落ち着いて対処できるようになるはずです。 当サイトを活用していただき少しでもお役に立てれば幸いです。 ごく初期は、食欲がない、だるい、熱っぽい、体重が減る、といった漠然とした症状が、まずあらわれます。 しかしこういった症状は、単なる疲れのためと勘違いしてしまいがちな上に、いつのまにか消えることも多く、この段階で関節リウマチに気づくのは困難です。 初期のシグナルとして気を配りたいのは、「 こわばり」と「 はれ」です。 朝、起き上がるときにあらわれやすく、「朝のこわばり」と呼ばれます。 眠っている間に炎症によって体液がたまり、むくむためと考えられています。 朝にかぎらず、昼寝のあとでも起こります。 手がにぎりにくい、手足が動かしにくくぎこちない、体が重い、関節が自由に曲げ伸ばしできない、など人によって感じ方はさまざまです。 健康な人には、こういった不快感が理解しにくく、いっしょに暮らす家族からも「怠けている」と誤解されることがあるようです。 こわばりは、体を動かしているうちに(体液が移動して)、徐々に消えていきますが、炎症の度合いによって違いがみられます。 炎症が軽い場合は、指を数回曲げ伸ばしするだけで、数秒でとれますが、ひどくなると午前中いっぱい、さらには一日目じゅうつづくこともあります。 こわばりは、全身性エリテマトーデスなどほかの病気でもみられます。 目安としては、こわばりが15分から1時間もつづく場合は、関節リウマチの可能性が高いと考えられます。

次の

リウマチに良い食べ物、良くない食べ物

リウマチ

関節リウマチとは、関節が炎症を起こし、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわれ、放っておくと関節が変形してしまう病気です。 腫れや激しい痛みを伴い、関節を動かさなくても痛みが生じるのが、他の関節の病気と異なる点です。 手足の関節で起こりやすく、左右の関節で同時に症状が生じやすいことも特徴です。 その他にも発熱や疲れやすい、食欲がないなどの全身症状が生じ、関節の炎症が肺や血管など全身に広がることもあります。 免疫系が自分自身の組織を攻撃することで起こる 図:関節リウマチの関節の変化 <イメージ図> 関節リウマチで生じる関節の腫れと痛みは、免疫の働きに異常が生じたために起こると考えられます。 免疫は、外部から体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを攻撃して破壊し、それらを排除する働きを担っています。 しかし、免疫に異常が生じると、誤って自分自身の細胞や組織を攻撃してしまいます。 それにより炎症が起こり、関節の腫れや痛みとなって現れてきます。 その炎症が続くと、関節の周囲を取り囲んでいる滑膜が腫れ上がり、さらに炎症が悪化して、骨や軟骨を破壊していきます。 図:関節リウマチの関節の変化 <イメージ図>.

次の

リウマチの血液検査|リウマチ専門医による解説|東京リウマチクリニック

リウマチ

人は誰でも、日常生活の中で関節を痛めることが少なくありません。 階段でつまずいたり、転んであちこち打ったり、ひねったり、スポーツで肘や手首や足を痛めたり、正座した後に膝や足首が痛んだり、重い荷物などを運んで指が痛くなったり、数限りがありません。 この痛みや腫れは、痛んだ組織を修復するための炎症反応です。 しかし、多くの場合、しばらくすると自然に治ります。 神秘的な自然治癒力の恩恵です。 図-1をご参照ください。 そのうちに痛めたところ以外の関節にも炎症が飛び火し、次第に多数の関節に炎症が広がります。 その結果、関節が変形し、機能障害が戻らなくなってしまいます。 これが、関節リウマチという病気の発症から進展過程です。 こ れらの粘膜病変を治療すると関節炎が緩和することも多数例で経験されます。 生物学的抗リウマチ薬などの治療薬の進歩に伴い、関節炎症状が全くなくなる状態 (臨床的寛解)にまで改善することが可能となりました。 しかし、治療を中断したり緩めたりすると再燃増悪することがしばしばです。 このことは、現在の治療法では、炎症の炎を鎮火させることはできても、炎症の源であるリウマチ体質という地下からのマグマを抑えられないことを示しています。 今後の研究の進歩に伴い、近い将来、ミクロビオームとの緊張関係を緩和し、リウマチ体質を改善することにより、リウマチの再燃を予防し、さらには発症リスクのある人から関節リウマチ発症を予防することも可能となるでしょう。 起床時の手指のこわばりや痛み、朝の歩き始めの足裏の痛みなどがよく見られます。 たった一箇所の関節の腫れや痛みから始まることもよくあります。 発熱とともに多数の関節痛で急性に発症することもあります。 関節一箇所が腫れても数日で治り、しばらくすると他の関節が腫れて痛む、といった移動性の関節炎を繰り返すうちに、しだいに持続性の関節炎(関節リウマチの特徴)となる場合も見られます。 関節リウマチの症状は、特に発症早期では人によって大きく異なります。 早期に診断し、早期に適切な治療をすることが身体機能障害を回避するために最も重要です。 鎮痛薬で痛みが治まったらそれで良いと安心していると、気が付いたら関節が破壊されていた、という事例がいまだに後をたちません。 したがって、上記のような症状が見られた場合、速やかにリウマチ専門医の診察を受けることが大切です。 全身性エリテマトーデスは英語で「Systemic Lupus Erythematosus」と呼ばれ、その頭文字をとってSLEとも呼ばれます。 その歴史は古く、1851年に初めて医学書に登場します。 この当時は、頬に赤い発疹がでる病気として報告されました。 しかしその後、この特有な発疹をもつ患者さんの一部が全身の臓器にトラブルを起こすことがわかり1882年に現在の病名に変わっています。 「Systemic」とは全身性という意味で、炎症が全身の色々な臓器に起こる特徴を指しています。 また「Lupus」とはラテン語で「狼」を「Erythematosus」は赤い発疹を意味します。 当初報告された赤い発疹が、あたかも狼が噛んだ痕に似ていることに由来するとされています。 SLEは若い女性に多く発症します。 妊娠・出産で病気が良くなったり、悪くなったりすることから女性ホルモンが何らかの影響を及ぼしていると考えられています。 また、輸血などで病気が移ったという報告はなく、伝染はしません。 特別な環境と病気の素因をもっていることが病気を発症させる原因なのではないかと推測されています。 皮膚硬化は、初期には手指や手背のむくみからはじまります(浮腫期)。 皮膚の硬化が進行すると、つまみ上げるのが困難となり、皮膚にはしわがなくなり光沢が出てきます(硬化期)。 最終的には硬くなった皮膚が菲薄化し萎縮してきます(萎縮期)。 皮膚硬化の範囲によって「限局皮膚硬化型全身性強皮症」と「びまん皮膚硬化型全身性強皮症」の2つに分類されます。 びまん皮膚硬化型全身性強皮症では皮膚硬化が肘や膝を越えて躯幹まで進行しますが、限局皮膚硬化型全身性強皮症では肘や膝を越えることはありません。 皮膚硬化以外には、皮膚の色素沈着(皮膚の黒ずみ)や毛細血管拡張(顔面や手足の赤い斑点)、爪上皮(爪のあま皮)の出血点などが見られることがあります。 また、血行障害によって、しばしば皮膚に潰瘍を生じることがあります。 好発部位は手指や足趾の先端皮膚硬化は、初期には手指や手背のむくみからはじまります(浮腫期)。 皮膚の硬化が進行すると、つまみ上げるのが困難となり、皮膚にはしわがなくなり光沢が出てきます(硬化期)。 最終的には硬くなった皮膚が菲薄化し萎縮してきます(萎縮期)。 皮膚硬化の範囲によって「限局皮膚硬化型全身性強皮症」と「びまん皮膚硬化型全身性強皮症」の2つに分類されます。 びまん皮膚硬化型全身性強皮症では皮膚硬化が肘や膝を越えて躯幹まで進行しますが、限局皮膚硬化型全身性強皮症では肘や膝を越えることはありません。 皮膚硬化以外には、皮膚の色素沈着(皮膚の黒ずみ)や毛細血管拡張(顔面や手足の赤い斑点)、爪上皮(爪のあま皮)の出血点などが見られることがあります。 また、血行障害によって、しばしば皮膚に潰瘍を生じることがあります。 好発部位は手指や足趾の先端<SSc 図-2>や手指関節背面です。 心臓の拡張障害や肺高血圧症が進行すると、労作時の息切れや呼吸困難、下肢の浮腫などの心不全症状が出現します。 肺高血圧症の予後は悪く、症状が出現した時には既に病状が進行している状態です。 そのため、早期発見のために、定期的な採血や胸部X線、呼吸機能検査、心臓超音波検査を行うことが重要です。 進行すると肺活量が減少するので、労作時の息切れや呼吸困難が生じます<SSc 図-3>。 重症になると、酸素吸入が必要になることもあります。 血圧の上昇や頭痛を伴って急激に腎機能が悪化するものを腎クリーゼと呼びます。 腎クリーゼはびまん皮膚硬化型全身性強皮症の患者様で見られることが多く、ステロイド治療などが引き金になることもあります。 これにより、胸のつかえ感、胸焼けといった症状が出やすくなります。 また小腸や大腸に血流障害や線維化が起こると、腸の蠕動運動が低下し、便秘や下痢を繰り返すようになり、お腹が張り腸閉塞の状態となることもあります(偽性イレウス)<SSc 図-4>。 また、腸管からの栄養の吸収不良によって、栄養不良や体重減少を来すこともあります。 全身性強皮症の症状は多彩であり、治療法もその症状に応じて様々です。 また近年では肺高血圧症に使用されていた、エンドセリン受容体拮抗薬も難治性指先潰瘍に使用できるようになっています。 最近では、関節リウマチに使用されるトシリズマブという薬剤の有効性も報告され、治験が行われている施設もあります。 これらの薬剤は、2〜3剤を併用することでより良い効果が期待できます。 肺高血圧症については、早期に診断をし、早期に治療を開始することがとても重要です。 レイノー現象などの末梢循環障害に対して最も重要なことは「冷やさない」「あたためる」ことです。 冬場ではなくても、夏場の冷房でもレイノー現象は誘発されることがありますので、季節を問わず普段から心がける必要があります。 また指先に傷を付けない様に保護することも重要です。 傷が通常よりも治癒しにくく、創部に潰瘍を形成することもあります。 傷ができてしまった時には、皮膚科の受診をオススメします。 水回りの仕事の時にはゴム手袋の着用が望ましいです。 (ご主人に手伝ってもらえれば一番良いですね) 爪切りの時に深爪をしない様に気をつけましょう。 タバコは血流障害を悪化させるので、絶対にやめましょう。 関節の拘縮の防止のために手指の屈曲や進展のストレッチも有効です。 感染症対策はとても重要です。 肺線維症を合併していると、下気道炎・肺炎を合併しやすくなりますし、気道感染を契機に肺線維症が増悪することもあります。 出現する自己抗体の種類によって間質性肺炎の特徴や予後が異なります。 (ST-T 変化、異常 Q 波、心室性不整脈、伝導系障害など) 心筋炎や心筋の線維化を来たすことがあり、それらにより稀ではありますが心不全や重篤な不整脈を来たすことがあります。 筋炎症状が寛解しても、嚥下障害が長く残ってしまうケースもあります。 多発性筋炎よりも皮膚筋炎での合併頻度が高く、健常人の約3倍と報告されています。 <筋炎の診断> 筋肉の炎症を反映して、筋原性酵素(CPK・アルドラーゼ・ミオグロビン)の上昇を認めます。 その他、多彩な自己抗体が検出されることがあります。 (自己抗体の項目で後述します) 画像検査では、脂肪抑制T2強調画像で筋の炎症部位に高信号を認めます。 筋電図の検査では、筋原性筋電図(随意運動時の低振幅電位、安静時の自発電位)がみられます。 確定診断のためには、筋生検が有用です。 (筋線維の変性・壊死と再生像・炎症細胞浸潤) <合併症の精査・検索> 間質性肺炎:HRCTや呼吸機能検査、採血でKL-6やSP-Dの測定。 心筋病変:心電図、心臓超音波検査、心臓核医学検査、心臓MRI、採血で心筋逸脱酵素の測定。 悪性腫瘍:各種画像検査・内視鏡検査によるスクリーニング、腫瘍マーカーの測定 など。 どのような種類の自己抗体が検出されるかを調べることで、臨床像や予後を予測することが可能になっています。 後者の3つの抗体は、「皮膚筋炎診断基準」を満たす患者においてのみ測定することが可能です。 <抗ARS抗体> アミノアシルtRNA合成酵素に対する自己抗体で、もっとも高頻度に検出される筋炎特異的自己抗体です。 特に間質性肺炎についてはHRCTで判定できる軽微なものを含めるとほぼ必発と言われています。 一般に抗ARS抗体陽性の間質性肺炎は、慢性緩徐に進行し治療に反応するものが多いですが、一部には急性進行性の経過をとる場合もあります。 <抗MDA-5抗体> MDA5はI型インターフェロンを誘導し、 ウイルス感染防御などの自然免疫に重要な役割を果たす分子です。 抗MDA-5抗体陽性例は、皮膚筋炎の約15%と報告されています。 また、マクロファージ活性化状態が、同抗体陽性の病態に関連している可能性が示唆され、血清フェリチンが高値を示す傾向があります。 血清フェリチン値は抗MDA-5抗体陽性例の間質性肺炎の疾患活動性と相関することも示唆されています。 また皮疹も難治性で、潰瘍形成を来たすことが多いです。 抗MDA-5抗体陽性の急速進行性の間質性肺炎に対しては、初期治療が特に重要であり、ステロイドの大量投与に加えて、シクロフォスファミドやシクロスポリンを用いた多剤併用強力免疫抑制療法を考慮すべきと考えます。 抗MDA-5抗体価は、治療が奏功すると低下することが知られており、活動性の指標として利用できるかもしれません。 同抗体の陽性患者は陰性患者と比べて高頻度に悪性腫瘍を合併します。 皮疹は、ヘリオトロープ、ゴットロン、Vネック、ショールサインなど典型的なものが多いです。 前途の抗体と異なり、間質性肺炎を合併することは稀です。 <抗Mi-2抗体> 通常は高力価の抗核抗体として検出されます。 筋症状のある典型的な皮膚筋炎の臨床像を呈します。 悪性腫瘍や間質性肺炎の合併も少なく、治療反応性は良好で予後も良いです。 <その他の自己抗体> まだ保険収載されていませんが、重要な自己抗体です。 ・抗SRP抗体:急性から亜急性の経過で重度の筋力低下、筋萎縮や高度のCK値の上昇を認めます。 病理では筋組織の壊死が主体で炎症所見を欠くなど,他の炎症性筋炎と臨床病理像 が異なります。 そのため、筋炎で検出される自己抗体の一部と考えるより抗 SRP 抗体陽性ミオパチーとして異なる疾患概念として捉えられるようになってきています。 基本的には中等量-高用量のステロイド(プレドニゾロン換算で0. 診断時に嚥下障害や急性の間質性肺炎を有している症例には、ステロイドパルス療法を考慮します。 早期に免疫抑制薬を併用することで、さらなる治療効果が期待できるだけでなく、速やかなステロイドの減量が可能になると考えています。 ステロイド抵抗性の難治性筋障害に対しては、免疫グロブリン大量療法(IVIG)を行うことが可能で有効性が示されています。 難治性の嚥下障害に対してIVIGが有効であった報告も散見されています。 悪性腫瘍を合併している症例では、病状が許せば腫瘍の治療を優先します。

次の