リップ スティック デラックス。 リップスター、リップスティック、エスボードの違い

【乗り比べ編】リップスティック デラックスミニ 軽さは重要じゃなかった

リップ スティック デラックス

Contents• キャスターボードとは キャスターボードは、スケートボードの亜種の一つです。 4つの車輪で走行するスケートボードとは異なり、前後に分かれている2枚のデッキに車輪が1つずつ付いています。 Ripstik(リップスティック) キャスターボードの人気を一気に高めたのが、サーフィンのターンテクニックの一つ「リッピング」に由来する 「Ripstik(リップスティック)」です。 リップスティックの第1号は、元祖キャスターボード「エスボード」を改良し、2007年にアメリカで開発されました。 開発したのは、カリフォルニア州セリトスに本社を構える、子ども向けスポーツ用品の販売会社「Razor USA社」です。 2000年に創業したRazor USA社は、「ジェイボード」を販売するJD Bugというブランドを持つJ. Corporationから資金援助を受けています。 東京都世田谷区に本社を構える、スポーツトイの輸入、販売を行う会社です。 海外で売られているリップスティックに、高級パーツを付けてカスタマイズし、「リップスティック デラックス」という名前で販売している、日本正規代理店です。 そのため、 ラングスジャパン社のリップスティックはブレイブボードではありません。 リップスティックとエスボードの違い エスボード(Ess Board) エスボードは、キャスターボードの元祖と言われているボードです。 現在は廃版になっており、市販では売られていません。 同名の商品がamazonなどで売られていますが、中国製の別物です。 値段はリップスティックの半額以下と格安ですが、品質は格段に落ちます。 中には、 使用後すぐに割れてしまう不良品もあるようです。 「G」はカーブやレールにトラックをあて、その上を滑るスケボーのトリック「グラインド」に由来します。 スタンダードモデルとの違いは、大きく2つあります。 センターパイプ(トーションバー) 1つめは、センターパイプの違いです。 「G」のセンターパイプは、ひときわ目立つゴールドで作られています。 素材には、グラインドがスムーズにできるよう、軽量で剛性の高いアルミニウムが使われています。 内部剛性 2つめが内部剛性の違いです。 ハードなアクションに耐えるためバネ剛性が強化されており、スタンダードモデルよりもダイナミックな動きが可能となっています。 2台目のボードが欲しい人や、将来的にトリックを楽しみたい人、スノーボードやサーフィンの練習をしたい人におすすめの、アメリカで人気No. 1モデルです。 ブレイブボード Ripstik air 本体重量:2. 4kg 耐荷重:99kg サイズ:813 x 216 x 114mm カラー:2色(カーボンブルー、カーボンブラック) エアーはコンパクト化することによって、スタンダードモデルよりも0. 7kg軽くなった軽量化モデルです。 従来のキャスターボードとは違い、前後のデッキが繋がっている1ボード設計が特徴です。 スペースシャトルにも使われている高密度繊維素材技術が採用されているデッキは、体重を乗せるとしなやかに曲がり、サーフィンやスノーボードに似たライディングが楽しめます。 持ち運びが軽さを重視する人や、筋力の弱い女性におすすめです。 ブレイブボード Ripstik Neo 本体重量:2. 通常のリップスティックとの違い複数ありますが、大きく違うのは「ベアリング」「ダンパー」「センターパイプ」の3カ所です。 ベアリング ベアリングは、摩擦を軽減する働きをし、ボードのスピードを左右する最重要パーツで、アメリカベアリング工業規格「ABEC」でその精度を表すことができます。 リップスティックには標準でABEC-5という高品質のベアリングが搭載されていますが、デラックスにはABEC-7という超高品質のベアリングが備え付けられています。 ダンパー ダンパーは、ショックアブソーバーとも呼ばれる衝撃吸収材のことで、路面の小さな凸凹による振動を吸収することで、安定感とスピードを維持することができます。 通常のリップスティックには標準装備されていないオプションが、デラックスには初期装備されています。 センターパイプ(トーションバー) 2つのデッキをつなぐセンターパイプには、Ripstik Gと同じアルミニウムが採用されています。 これにより、ハードなグラインドを楽しみたい上級者の人でも気兼ねなく遊ぶことができます。 初心者の方の導入や、ツルツル路面が近くにない人におすすめです。 Ripstik dlx mini(デラックスミニ) 本体重量:2.

次の

リップスティックデラックスミニ(ブレイブボード)は大人も乗れて小学生の子供に最適

リップ スティック デラックス

春休みに入り、天気が良いのにゲームばかりしてる長男。 このままではダメだ!と思い ゲームより身体を動かせー!!︎という願いを込めて、出掛けることにしました。 出掛ける場所と言えば、いつも室内が多かったので、体を動かせる場所がいいなと思い 体を動かせる場所と言えば??? どこ??? 公園?アスレチック?ぐらいしか思いつきませんでした。 せっかく、行くなら私も楽しみたい!お金をかけずに(笑) すると 玄関にあるリップスティックネオと目が合いました。 これだ!! ︎と思い 思いっきり体を動かせてボードが楽しめる場所!! を探しました。 城南島海浜公園にあるスケボーパークに行くことにしました。 スケボーパークがあるので、思いっきりボードに乗れそうだったので選びました。 あまり、乗り気じゃない長男達。 私だけがノリノリ(笑) さっ!! ︎ボードを持って出発ーー!! 少々家から遠かったですが… Contents• 管理事務所がスケボーパークから遠くて… 面倒だからそのとなりの 広〜い場所で遊ぶことにしました。 せっかく4台揃ったので、それぞれ自分のボードは 乗り慣れているため、自分のボード以外のボードで 乗り比べをすることにしました。 ︎ すると、 驚きの発見が!!!!! その発見を今日は紹介します。 ぜひ、皆さまに参考にしてもらえる といいな思いました。 と、その前に リップスティックとは… スケボーのように地面を蹴らなくても体重移動 により自走できる スケボーが1枚の板に4つの タイヤがついているのに対し、 リップスティックは2枚の板に2つのタイヤがついている。 小型・軽量化により子どもでも安定した走行ができ、 比較的簡単に乗りこなせ、中級者以上になると 様々なテクニックを使いこなせる 世界的に最も実績があり、 信用があるのがアメリカのRazor社です。 日本では、ビタミンiファクトリー社と ラングス社の2社が正規販売店として Razor社が取り扱うことを認められています。 人気の理由は、子どもの目線と 大人の目線とで楽しめるボードとなっています。 ラングス社のリップスティックデラックスミニとは 《公式サイトより》 アメリカで100万台以上販売し続ける信頼性ある USAレーザー社の進化系ボードです。 そして、ついに子供から大人まで 共有し使用できる最高級タイプが出ました! その名も「リップスティック デラックス ミニ」 スケートボードの様に地面を蹴りながら進むのではなく、 体をひねりながら前進するもので、 楽しく遊びながら知らず知らずに バランス感覚が身に付くことに驚かされます。 オフシーズンのスノーボードやサーフインを地面で楽しめる感覚です。 メリット とにかく軽いです。 我が家の長女4歳でも、ラクラク持てるぐらい軽い! 軽い=すぐに乗れる と思っていた私。 その考えが 間違っていたことに気がつきました。 なぜ、考えが間違っていたかというと 軽すぎて足を置くとボードが浮いてしまう。 乗るどころか乗る前にボードを 安定させないと乗る事が出来ない状態でした。 大人なら何度か練習すれば 力加減やバランスの取り方を マスターすると思いますが子供だと 最初からバランスを取るのは難しいのかなと思いました。 これでは、いくら軽くても乗れないのなら意味がない! やはり、ある程度の安定した重さが必要だと感じました。 その後に リップスティックネオを乗りました。 リップスティックネオのメリットはとにかく、 デッキがとても広い!足が置きやすい! ボードに足を置いてもフラフラすることもなく 、しっかり安定していたのですぐに乗れました。 私も運動神経は良いほうではないけど、 すぐに乗れました。 リップスティックデラックスミニだと なかなかスタートできず、子供たちに笑われてしまいました。 笑っていた子供たちも乗り比べをするになりました。 と言ってました。 リップスティックデラックスミニは 軽すぎて安定しないから 足を強引に動かさないと動かなーい… と言いながら乗っていました。 ただ、子供たちはマスターするのが早い! 中学1年生なので、 リップスティックデラックスミニでも、 すぐに乗れていました。 でも、これが小学生だったら厳しいかもしれませんね。 軽い=すぐに乗れる と思い込んでいた私… 甘かったです….

次の

ブレイブボード取扱店│ブレイブボード公式サイト

リップ スティック デラックス

コロナ禍の昨今、STAY HOMEの呼びかけに従い自宅で過ごす毎日 ゲームをしたり、VODで映画を楽しんだり過ごし方は様々です。 だた・・・どうしても運動不足になりがちです。 天気が良い日は外で体を動かしたいものです。 都会の皆様、恐縮です。 田舎暮らしの私の自宅の駐車スペースは車を移動させればちょっとした運動スペースに早変わりします。 STAY HOMEしながら子供たちは外で遊んでいます。 我が家の子供たちの定番は、これ ブレイブボードというタイヤが2つ付いたスケボー エスボード、ジェイボード、リップスティックなどいろいろな種類があります。 我が家にはリップスティックデラックスミニが3台あり、子供たちは飽きることなく遊んでいます。 遊ぶ頻度にもよるのですが、結構早くウィールと呼ばれるタイヤがへたってきます。 週5ペースで30~60分遊んでいると1年は絶対もちません。 というわけで今回は リップスティックデラックスミニの交換用ウィールはどれを選んだらいいの? どうやって交換したらいいの? という疑問にお答えしていきます。 リップスティックデラックスミニと私 事の発端は我が家の長男がジェイボーが欲しい!ジェイボーがやってみたい!と言い出したので。 ジェイボーというのは、ブレイブボードの1種であるジェイボードの事で、長男の友人が持っていて自分も欲しいということでした。 子供も運動になるし、自分もやってみたいと思い、近所のホームセンター購入。 光GENJI世代である私は、ローラースケートからスケボーまで一通り嗜んできました。 子供たちにいい所を見せてやろうした結果 リップスティックデラックスミニで骨折した話 購入初日に骨折しました。 骨折の経過は過去記事をご参照ください・・・ 我が家には現在、リップスティックデラックスミニが3台あります。 長男、長女、次女が愛用しています。 (たまに私も遊んでいます) 特に後ろ側のウィールの減りが激しく購入後1年経つとこの有様です。 ここまで劣化してくると、乗り心地にかなり影響してきます。 スノーボードの経験がある方ならイメージが沸くと思いますが、人間の構造的にヒールエッジ(踵エッジ)の方がトゥーエッジ(つま先エッジ)に比べて楽なんですよね。 レギュラースタンス(左足側が進行方向)の場合、反時計回りでぐるぐる回ることになります。 また、リップスティックで前進するためには、ボードを左右にひねりながら漕いでいきます。 体重が後ろ側のタイヤに掛ります。 その結果ウィールのすり減り方にむらが出来てしまいます。 ウィールを前後裏表ローテーションすることで、ウィールを長持ちさせることも可能ですが、私の場合めんどくさくてやっていません。 😅 リップスティックデラックスミニ用交換ウィール リップスティックデラックスの交換用ウィールとリップスティックデラックス ミニの交換用ウィールは サイズが異なるので購入する時は注意が必要です。 リップスティックデラックス用交換ウィール ラングスジャパンオフィシャルショップで2個入りが4200円(税別)です 必要物品• 5mmの六角レンチ 2本• リップスティックデラックスミニ用交換ウィール 以上です 交換用ウィールが必要なことは言うまでもないのですが 5mmの六角レンチが2本いるのです。 六角レンチのセットを1セット持っている方はたくさんいると思いますが、 ウィール交換には5mmサイズが2本いるのです。 100円ショップのもので問題ないので、持っていない場合は購入しておきましょう。 ウィール交換の手順 さあ!では実際にやってみましょう! まず5㎜の六角レンチを2本使ってですり減ったウィールを取り外します。 取り外したウィール(すり減りすぎてゴムの部分から内側の層が出てきています) 取り外したシャフトは再度利用するので無くさないように注意します リップスティックデラックスミニ本体を横に立てて作業します まずスペーサーを穴に合わせます スペーサー ウィール スペーサー の順番でシャフトを通す穴に合わせます シャフトを通していきます(ぐりぐりやっているとスコッって入ります) 反対側のシャフトを入れます 2本の5㎜六角レンチでシャフトを締めます 交換完了です それほど難しくないです。 スペーサー ウィール スペーサーをシャフトに通すのが少し苦労するかもしれませんが、女性でも簡単に交換することが出来ます。 我が家の3台のリップスティックデラックスミニはすべて後輪は交換済の状態になっています。 真ん中のオレンジ色に至っては前輪も交換済です。 まとめ リップスティックデラックスミニはバランス感覚も養えるし、何より楽しい!子供たちに大人気です。 ただし怪我をする恐れもあるので、しっかりとヘルメット・肘当て・膝当てをつけて遊ぶようにお子さんに指導してあげてください。 大人が遊ぶ場合も要注意(骨を折ります😭) そして、安全に遊ぶためにはメンテナスが必要です。 特にウィールがすり減ると走行に支障が出ます。 半年~1年くらいを目処にウィールのすり減り具合を確認してあげてください。 交換は簡単です。 ただ純正ウィールの値段が高いんですよね。 前後輪を3回交換したら新品が買えてしまうという強気の価格設定。

次の