食べ すぎ た 時 の 対処 法。 食べ過ぎて吐き気や下痢が・・!効果的な対処法をご紹介!

食べ過ぎた時の対処法!翌日から即効果の食べ過ぎリセット方法!

食べ すぎ た 時 の 対処 法

美味しいものはたくさん食べたいし、おかわりだってなんのその! そして気付くと、食べ過ぎでパンパンに膨らんだお腹を見て「やってしまった…」と反省してしまうものです。 そんな暴食のあとに、 ひたすら苦しいお腹の不快感や なんともいえない内臓の気持ち悪さと戦っている方は多いんじゃないでしょうか。 私も食欲には自信がありまして 笑 、ドカ食いのあとにはいつも、どうやったら早く消化してスッキリできるのか、毎回あれこれ試してきました。 という事で、今回は 「食べ過ぎて苦しい!なんとかして消化を早めたい!」というあなたの為に、私自身がこれは効いたな~という対処法を紹介していきます。 消化促進のための小技は色々ありますが、 消化を促す食べ物や飲み物にはこんなものがあります。 コーヒーで消化促進 食後に飲むことも多いコーヒーには、カフェインとクロロゲン酸という成分が含まれています。 これらの成分には消化を促進してくれる作用があるので、食べ過ぎにも「食後のコーヒー」は大正解! また、カフェインの作用には利尿効果もあり、老廃物を排出してくれます。 食べ過ぎた後のむくみ対策にも、効果が期待できますね。 気持ち悪さはフルーツジュースが効果的 りんごやパイナップルには、 消化を助ける働きがあります。 そのまま食べるのもOKですが、より作用を高めるためにすりおろしたり、ミキサーにかけて飲みましょう! 手っ取り早いところだと、お店に売っているようなパックのジュース(果汁100%)でも大丈夫ですよ。 炭酸水が胃の中に入ると、そこで炭酸ガスが発生します。 炭酸ガスが発生することで、 胃のぜん動運動が激しく刺激されるんですね。 そうやって「動け動け!」と胃が刺激されることで、身体は胃の消化を促進しようと動き始めます。 唾液には 消化吸収を助ける成分が含まれており、この唾液をたくさん出すことで、消化促進につながります。 私も食べ過ぎてお腹が苦しいときや、胃がむかむかと気持ち悪いときなどには、手軽なのでこの方法をよく使います。 ちょっと食べ過ぎたかな?程度なら、比較的短い時間で楽になってきますよ~。 食べ過ぎた翌日は野菜でケア 食べ過ぎた当日の夜や、その翌日など、なんだかまだ胃が重いような、気持ち悪いような… そんな感じがしたら、胃腸を休ませる意味でも積極的に摂りたい食べ物はこちら。 キャベツ キャベツは消化に良く、 胃粘膜の再生を促す効果があります。 あれも、キャベツの有効成分を使っていることから名付けられています。 大根 生の大根には、たんぱく質や脂質の消化を促す 「酵素」がたくさん含まれています。 加熱するとその酵素が弱まってしまうので、生のまま、大根サラダや大根おろしにして食べましょう。 長いも 長いもにも大根と同じく、消化酵素が多く含まれていて、更には食べ過ぎで弱った 胃粘膜を保護する働きもあります。 こちらも、ぜひ生で食べて下さいね。 胃薬のチカラも借りようかな… という時には、こちらの記事を参考にして胃薬を選んでみて下さい。 飲みやすさや状況別に紹介しています。 <関連記事> 「」 食後に苦しい・お腹が重いときの過ごし方 食後のちょっとした過ごし方にも気をつけると、お腹がこなれてくるスピードも、かなり違ってきます。 たとえば「お腹を右下にして寝ると、消化を助ける」というのは有名ですよね。 この次は、そういった 食べ過ぎた後の過ごし方のテクニックです! 軽い運動で消化を早める とにかく、胃が食べ物でいっぱいで苦しい。 早く消化させたい…! こんな時には、身体を軽く動かすのも効果的です。 ですが、 食後にすぐ運動するのはNG! ご飯を食べてから時間が経たないうちに、走ったりすると横っ腹が痛くなったこと、ありませんか? この痛みには意味があって、運動で使われる筋肉に血液が集まってしまうことによって、「やばい!消化の為の血液が足りないぞ!!」という、 消化器官からのSOSなんです。 …なので、食べ終わったあとは少しのんびりして、身体とお腹を落ち着かせましょう。 食後の一服のめやす時間• キツめの運動(ランニングや筋トレなど) 食後 約2時間• また、ぬるめのお風呂に入って身体を温めるのもおすすめ。 身体の代謝を上げて、消化を促すことにもつながります。 吐き気や胃痛にはツボが効果的 身体中には色々なツボがありますが、もちろん 消化を助ける効果のあるツボもあります。 ツボ押しというと難しそうですが、初心者さんでも簡単に見つけられるツボを、二つご紹介します。 胃痛や吐き気に「中月完(ちゅうかん)」 お腹の「みぞおち」と「おへそ」を、タテに結んだ線の ちょうど中間点にあります。 「月完」というのは中国語で「胃、または胃の内部」という意味だそうです。 なので、このツボは「胃の真ん中」という意味なんですね~。 これは消化不良や胃の痛み、冷えと嘔吐にも効くツボです! 消化器官の働きを助ける「天枢(てんすう)」 おへそから、ヨコに指3本分(4~5cmくらい)外側にあるツボです。 ちょうど、腹筋の山の一番高い辺りですね。 これは、大腸に効果テキメンなツボの一つです。 胃腸炎や便秘、消化不良に効きます。 ツボの位置がなんとなく分かったら、最初はすこ~し優しく、押しはじめましょう。 だんだんと圧を強めていき、「イタ気持ちいい」くらいの強さで刺激します。 食べ過ぎちゃう原因は? 「ここ最近、やけに食べ過ぎてしまう」 「食べても食べても、満足しないんだよねえ」 ということが気になってきたら、 身体や心が少しお疲れモードなのかも知れません。 特にダイエットに励んでいる人ほど、突発的にドカ食いに走ってしまう傾向が強いようです。 心当たりのある方は、こちらの記事も読んでみて下さい。 関連記事: 食べ過ぎた後はお腹を労わろう 食べ過ぎた当日~翌日あたりまでは、なるべく 消化の良い物を食べるように心掛けて、内臓の疲れを取ります。

次の

食べ過ぎた時の対処法 太らないために次の日にすべきこと

食べ すぎ た 時 の 対処 法

「数日間食べ過ぎたのに、なぜかそんなに太ってないなぁ…」 と感じたことはありませんか? 食べた直後に太ってないと感じてしまうのは、 食べたものが脂肪に変わるまでには時間がかかるからなんです。 脂肪が蓄積されるのは、数ヶ月の間で消費できなかったカロリーが身体の中に残ってしまったときです。 つまり、 脂肪が蓄積される前に、しっかりとカロリー調整をして、身体の中に余分なカロリーをためなければ、脂肪がつくことはありません。 逆にいうと、脂肪が身体の中に蓄積されてから時間がたってしまうと、かなり落ちにくいガンコな脂肪になるので注意です。 食べ過ぎたとき、一時的に体重が増えてしまって憂鬱になることがありますよね。 でも、この 一時的な体重増加は、身体の中にたまった水分と、食べたものの重さです。 「体重が増えた=太った」と思う人が多いですが、1リットルのペットボトルのお水を飲んだら、体重は1キロ増えます。 たくさん水分を摂取していると体重は重くなるように、食べ過ぎた日は 体の中に残っている食べ物と水分の重さで体重が重くなっているだけです。 なので食べ過ぎたあとこそ、 食べたものが脂肪になる前にしっかり消費することが大切です。 実は、甘いものや油っぽいものを数日食べ続けていると、脳が「砂糖をもっと摂取して…!」と命令するようになります。 砂糖中毒の詳しい情報はこちらの記事にまとめていますので、砂糖のことについて知りたい方は参考にしてみてください。 砂糖漬けの脳をリセットするためにも、 朝起きたら白湯を飲むようにしましょう。 白湯には胃腸を休める効果と、味覚をリセットする効果があるので、おすすめです。 私は食べ過ぎた翌日は、3リットルくらいお水を飲むようにしています。 食べ過ぎたあとに甘いジュース類を飲んでいると、脳が甘いものを欲して止まらなくなってしまいます。 そこで、甘いものを欲しがっている味覚と脳を、たくさんお水を飲むことでリセットしましょう。 たくさんお水を飲むと、甘いものを食べたくてしかたなかった味覚が、野菜など自然本来の健康的で体にいいものを求める味覚に戻ります。 甘いものや油っぽいものは、カロリーは高いのに体にいい栄養素が含まれていない食品、いわゆる高カロリー・低栄養素です。 とくに、甘いものや油っぽいものを食べ過ぎたときには、ビタミンやミネラル不足になっていることが多いです。 そのため、身体の中の足りない栄養素を補うために ビタミン・ミネラル多めの食事をしましょう。 食べ過ぎたときに取り過ぎた栄養素を控えて、後日足りなかった栄養素を補給するイメージです。 ビタミンやミネラルをとるには、 生野菜をたくさん食べるようにしてみてください。 食べ過ぎたあとは食べないようにするのではなくて、 足りない栄養素を補うことが大切です。 胃は風船のように伸び縮みするようにできています。 毎日満腹になるまで食べていると、気づかないうちに胃が大きくなって、食べる量が増えます。 食べる量が増えると摂取カロリーが増えるので、どんなに健康的な食事を摂っていても痩せることはできません。 特に砂糖の中毒性と依存性は、麻薬よりも高いと言われているほどです。 甘いものを食べれば食べるほど、甘いものを欲するようになります。 なので、甘いものを食べ過ぎたときは、最低3日間甘いものをやめてみてください。 甘いものをやめて3日間くらいはすごく辛いのですが、だんだん甘いものへの欲求がおさまります。 お味噌汁は優しい味なのに満足感があるし、なによりおいしいです。 お味噌汁をつくるのが面倒な方は、粉状のほんだしにお湯をいれて、味噌をとかすだけで、本格的なお味噌汁になるので試してみてください。 そして一番怖いのが、食べ過ぎたあとは食べ癖がついてしまうこと。 一度食べ癖がついてしまうと、戻すのは大変です。 そのため、食べ過ぎたと思った翌日以降は、お腹がぐーっとなるまで食べないようにすると食べぐせが解消できます。 辛いけれど、ここだけ乗り越えたら食べ過ぎをストップさせることができます。 じっくり3日くらいかけて食べ過ぎをリセットするイメージを持つのがおすすめ。 特にお酒を飲むと食べたくなる、揚げもの、炭水化物、塩っ辛いものは要注意。 お菓子を食べ過ぎたあとのリセット期間は、お酒を飲むのを控えましょう。 塩分多めの食事を控えて、シンプルな味付けの食事を食べるようにしましょうね!.

次の

食べ過ぎた時の対処法 太らないために次の日にすべきこと

食べ すぎ た 時 の 対処 法

外食や飲み会で、つい食べすぎてしまうことってありますよね。 翌日に後悔して、慌てて断食していませんか?実はそれ、NGなんです。 今回は、食べすぎてしまったときの上手な対処法についてご紹介します。 つい食べすぎてしまうときはありませんか? 出典: 外食でおいしそうな食べ物を目の前にすると、ついつい食べすぎてしまうことってありますよね。 また、夜の空腹に耐えきれず、うっかり冷蔵庫の残り物を食べてしまうなんてことも。 中にかぎらず、日頃から食べすぎには気をつけていたのに、つい食べすぎてしまって後悔した経験は一度ではないはず。 そんなとき、あなたはどのような対処をしていますか?食べすぎをなかったことにするために、慌てて断食する人も少なくないのではないでしょうか? 実は、いきなり極端に食べる量を減らすのはNGな対処法なんです。 正しく対処すればリカバリーできるので、あきらめるのは早いですよ。 食べすぎた当日の対処法 まずは、食べすぎた当日の対処法からご紹介します。 食べすぎても、いきなり脂肪になることはないので、落ちついて対処していきましょう。 水分を多めに摂る 出典:byBirth 食べすぎはもちろん、お酒もたくさん飲んでしまった当日は、水分を多めに摂るようにしましょう。 お酒には利尿作用があり、体内の水分量が足りなくなります。 すると、水分を体にため込もうとしてしまうので、むくんでしまうのです。 むくみを予防するためには、水分補給をすることが大事。 食後や帰宅後はもちろん、翌朝もしっかりと水分補給をしましょう。 すぐに寝ない 食後すぐに寝ると太りやすくなるのは、ご存知の人も多いことでしょう。 食べすぎた当日も、もちろん例外ではありません。 胃の中に食べ物が残っている状態で寝てしまうと、消化されないまま体内に残り、脂肪になりやすくなってしまうのです。 そのため、つい食べすぎてしまった日は、できるだけ2〜3時間くらいは起きているようにしましょう。 食べすぎた翌日以降の対処法 食べすぎをリセットするには、1週間くらいは調整する必要があります。 とくに、2〜3日は勝負ですよ。 対処法があるからといって油断して、立て続けに食べすぎるのはNG。 リカバリーできなくなる可能性があるのでご注意を。 野菜を多めに摂る 出典:byBirth 味の濃いものや糖質などを食べすぎると、体がむくみやすくなります。 むくみは代謝を低下させ、太りやすい体をつくってしまいます。 そのため、食物繊維やカリウムが多く含まれる野菜を多めに摂るようにしましょう。 食物繊維やカリウムには、体内の水分や老廃物などを排出する作用があるため、便秘やむくみを改善することで食べすぎをリカバリーできます。 ただし、サラダを食べるときにドレッシングやマヨネーズをつけすぎないように注意しましょう。 脂質は控えめにする 食べすぎたということは、カロリーオーバーになっているということ。 脂質は高カロリーなので、カロリーの上乗せにならないようにできるだけ控えめにしましょう。 火を通して調理する場合には、揚げ物ではなく煮たり蒸したりすることをおすすめします。 焼く場合には、網焼きなどで油をできるだけ落とすと良いでしょう。 タンパク質はしっかり摂る 出典:byBirth 食べすぎた翌日以降は食事を制限することが大切ですが、タンパク質は不足しないようにしっかり摂りましょう。 タンパク質の中にも高カロリーの食材があるので、できるだけ低カロリーのものをチョイスしてみてください。 納豆や豆腐などの大豆製品、サラダチキンや魚、卵などでタンパク質を補給するようにしましょう。 発酵食品を積極的に摂る 発酵食品には乳酸菌などの善玉菌が含まれていて、腸内環境を整える効果があります。 食べすぎた翌日以降は便秘は厳禁なので、発酵食品を積極的に摂ることをおすすめします。 納豆やキムチ、ぬか漬けやヨーグルト、味噌や塩などの発酵食品で便秘を回避しましょう。 糖質は控えめにする 糖質は脂質よりもカロリーは少ないものの、体内に水分をため込んでむくみやすくなる性質があります。 そのため、食べすぎた翌日以降は、糖質を控えめにすると良いでしょう。 ご飯などの炭水化物をまったく食べないのではなく、夜だけ主食を抜くなどして調整することがおすすめです。 また、糖の吸収を抑えるために、白米ではなく玄米にかえるなど工夫してみてください。 軽めの運動をする 出典:byBirth 食べすぎは、消費カロリーよりも摂取カロリーのほうが多くなってしまう状態です。 ダイエットの基本は消費カロリーのほうを多くすることなので、軽めの運動を取り入れるのがおすすめ。 ウォーキングなどの有酸素運動と、筋トレをバランス良く取り入れると良いでしょう。 いつもはバスや車に乗っていく場所も歩いてみるとか、エレベーターではなく階段を使ってみるとか、日常の中でできるちょっとした運動でもOKですよ。 食べすぎた翌日に断食はNG! 食べすぎてしまった翌日は、断食して調整しようとする人が多いと思いますが、これはやめましょう。 むやみに断食をすると、空腹の時間が長くなることで、次に何かを食べたときに体に吸収しやすくなってしまいます。 つまり、体に脂肪がつきやすくなってしまうのです。 そのため、食べすぎたからといって断食するのではなく、量を少なめにして3食欠かさずに食べるようにしましょう。 一時的な食べすぎは上手にリカバリーすればOK! つい食べすぎてしまったときの対処法についてご紹介しました。 当日や翌日以降にしっかり調整すれば、リカバリーすることは可能です。 一時的に食べすぎてしまっても、いきなり脂肪になることはないので安心してください。 ご紹介した対処法を実践し、上手にリカバリーしてくださいね。 外部サイト.

次の