前髪 薄い セット。 今どき前髪は束感が命!旬でかわいいおすすめ隙間バング&スタイリング法

前髪が薄い&スカスカな男性に似合う髪型特集!

前髪 薄い セット

前髪が薄毛になる原因 前髪が薄毛になる、生え際が後退していく原因はいくつも存在します。 遺伝的な要因、生活習慣や健康状態、日々のシャンプーの仕方などいくつも存在しています。 そのため何か1つの原因に絞って対策するというのは効果が薄いとされていて、薄毛対策を行う際にはそれぞれを並行して行う事が主流になっています。 ここではまず、その前髪が薄毛になる原因をいくつかご紹介します。 自分の薄毛の原因がどれかを探る事も大事ですが、1つに絞る事なく満遍なく対策を行っていくようにしましょう。 男性ホルモンの影響 AGAでは男性ホルモンであるDHTが関係して薄毛が進行していると言われています。 DHT ジヒドロテストステロン は毛乳頭細胞という発毛に関係している細胞に働きかけて、髪の毛の成長を阻害してしまいます。 これによって髪の毛の成長が本来よりも短くなってしまい、1本1本が細く短くなったり、抜け毛が増えてしまって薄毛になるというわけです。 男性ホルモン自体は体の中に存在していて、男らしい身体つきを作る上で欠かせない存在ですので、男性ホルモンが必ずしも悪いわけではありません。 毛乳頭細胞の中に男性ホルモンと結びついて髪の毛の成長を阻害するDHTへと変化する酵素があるため、薄毛に男性ホルモンが関わっているのです。 遺伝の可能性 昨今では薄毛が遺伝で受け継がれるというのも可能性の1つ程度にしか考えられていませんが、もちろん可能性としてあり得るのでここで紹介しておきます。 親族に薄毛の方がいる場合に、自分も薄毛になる可能性が高くなるのだと思ってください。 遺伝で薄毛が受け継がれる場合、染色体の関係で母方の父親、つまり自分から見て母方の祖父が薄毛の場合受け継がれる可能性が高いとされていました。 昨今は他の遺伝子も薄毛に繋がっている事が分かってきているので、母方の父親が薄毛じゃないからと言って油断しないでください。 しかし基本的に薄毛になりやすくなる体質が受け継がれるだけであって、必ず薄毛になる事が決定するわけではないので、対策次第で薄毛が改善される事があると覚えておいてください。 加齢による薄毛 薄毛は純粋な加齢によって進む事があります。 当然ですが年齢を重ねると全身が衰え、髪の毛の健康状態を維持する事が難しくなってきます。 髪の毛には作る元となる細胞(毛包幹細胞)があり、これが年齢を重ねると共に少なくなっていき、頭部全体の髪の毛が薄くなる事に繋がっていきます。 これがいわゆる「老化による薄毛」です。 頭皮全体の髪の毛が薄くなっている高齢者の方をよく見かけますよね。 もちろん、加齢による薄毛にAGAを合併することもあり、その場合は頭頂部や生え際の薄毛がより目立つような見た目になるでしょう。 AGAの原因について詳しくは「」をご参照ください。 薄毛になりやすい環境が揃っていないか確認 ここまでは体質的な、先天的な要素だったり、加齢という誰にでもいずれはやってくる原因をまとめて紹介しましたが、ここからは薄毛になりやすい環境の紹介になります。 薄毛の原因には後天的な、つまり日常生活の過ごし方や環境が関係している事もあるわけです。 例えば喫煙。 タバコに含まれる体にとって悪い成分の中には、血行不良を引き起こす物もあります。 髪の毛は血液から栄養を送ってもらって健康状態を維持しているので、血液の流れが悪いと当然栄養も届きにくくなるので、悪影響を与えやすいです。 この血行不良は薄毛の原因となる事が多く、また血行不良自体も様々な原因で起こり得ます。 運動不足だったり、偏った食生活だったり、また仕事でストレスが溜まっていたりしても血行不良は起こります。 薄毛の原因が多いのはこの血行不良が起こる原因が多いからとも言えます。 加えて、前髪の薄毛の場合は目の疲れも関係してきます。 目を酷使しているとこめかみ周辺の筋肉にコリができてしまい、血管を圧迫する可能性が出てきます。 血管を筋肉で圧迫すれば当然血流は悪くなるので、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまいます。 目の疲れは近年特に注意されるようになりました。 これはパソコンやスマートフォンの普及が関係しています。 夜寝る前に横になりながらスマホの画面を見て操作している方は特に注意しましょう。 薄毛で前髪が決まらない時のセットのコツ 薄毛の状態になってしまうと中々思うように髪型が決まらずに困っている方が多いと思います。 今まで通りにセットするのも難しい上に、場合によっては前髪が薄くなっているのが目立つセットになってしまっている事もあります。 ここからはそんな前髪が薄毛の状態でも薄毛とバレない、むしろ普段以上にオシャレに見えるセットのコツをご紹介します。 ドライヤーでブローする 髪型をセットする場合であれば洗髪の必要はありませんが、とにかくまず髪の毛を1度濡らしましょう。 髪型を固定するためにスプレーなどを利用する事がありますが、そもそも髪の毛にボリュームを持たせたり、良い状態で固定するためにもまずは濡らして髪形を作っていきます。 髪の毛全体を濡らした後で、まずは水気を拭き取ります。 この時、頭皮に水分が残ると頭皮環境を悪くする原因になってしまうので、頭皮には残らないようしっかりとタオルで拭き取るようにしてください。 水気を取ったらドライヤーでブローしつつ、髪をボリュームアップさせていきます。 ボリュームアップさせるのはトップから後頭部にかけての髪がメインになります。 前髪の生え際が後退しているので、そのままの状態でセットするとどうしても前髪の隙間からおでこが見えて薄毛のように感じられてしまいます。 トップの位置を後ろにずらす事で前髪の隙間からおでこが見えない様にすると、ぱっと見の印象がかなり変わります。 ボリュームアップさせるためには髪の毛を軽くつかんで根元にドライヤーの風を当てます。 かけた後に数秒つかんだままで放置して、冷ましてから手を放します。 これだけでも髪が上向きに立った状態で固定されて、全体的にボリュームアップさせる事ができます。 トップから後頭部の髪に対してこのようにブローでボリュームアップさせていきましょう。 スタイリング剤の使い方 薄毛を隠すためにはワックスなどのスタイリング剤の存在は欠かせません。 髪型をしっかりと整えたとしても固定させる物が無ければ、ちょっとした風でも髪形が崩れてしまいます。 ただ、中にはワックスを使うと余計にハゲるのではと心配している方もいるかと思います。 確かにワックスは使い方を間違えると薄毛の原因になります。 頭皮に直接つけてしまえば毛穴の詰まりの原因となって、髪の毛が細くなって次第に抜け毛が増えるようにもなります。 また夜にお風呂に入るのを面倒臭がって長時間ワックスが付いた状態で放置すると、徐々に汗などでワックスが髪の毛から頭皮へと移っていくので、これも同じように毛穴の詰まりを作る事になります。 このようにワックスなどのスタイリング剤が薄毛の原因になる事はありますが、それはあくまでも使い方を間違えた時だけです。 適切な使い方をしてしっかりと洗い流していれば問題ないので、その点だけしっかりと注意するようにしましょう。 合わせ鏡で細部を確認しながら整える ドライヤーのブローでボリュームアップした髪形をスタイリング剤で固定していくわけですが、当然後頭部付近の髪にも付けていきます。 しかし自分の目だけでは後頭部の髪を直接見る事はできません。 ワックスなどは頭皮に付けないように気を付ける必要がありますし、ちゃんとボリュームアップした髪形になっていなければワックスを付ける意味も薄れてしまいます。 なので髪形をセットする時は合わせ鏡でしっかりと見ながらワックスを使うようにしましょう。 頭皮に付けないように気を付ける、しっかりとボリュームアップしている事を確認するためにも、面倒だと思わず手鏡を持って整えてください。 スプレーで仕上げる ワックスでも髪形はある程度固定されますが、万全の状態にするためにスプレーを使ってさらに髪形をがっちりと固定させます。 ボリュームアップさせた状態というのは髪が重力に逆らっている状態ですので、やはり何らかの補助がないと時間と共にボリュームダウンしてしまいます。 特に前髪は薄毛の状態ですので、ちょっと崩れるだけでも薄毛だとバレてしまう危険性を持っています。 スプレーで仕上げる事も大事ですが、頭皮にペタッとくっついた状態だと髪形としてカッコよくないので、髪と頭皮の間に指を入れて立体感を出した状態で固定させましょう。 もちろんスプレーが目に入ると危険ですので、手のひらで壁を作りつつスプレーを使いましょう。 一気に全体に広げてかけるのではなく要所要所に細かく使っていくのもコツの1つです。 トップから後頭部にかけてボリュームを持たせて前髪も生え際から横に流す形で固めると、トップから前髪までの長さが違和感なく感じられるようになります。 前髪の薄毛はトップとの距離の対比で分かりやすくなっているので、そこを誤魔化すだけで意外とバレなくなります。 寝る前に汚れを落とすこと 先ほども説明しましたが、ワックスなどのスタイリング剤に固定させるためのスプレーを利用したら、必ずその日中には洗い流すようにしてください。 スタイリング剤を付けた状態で放置すると薄毛の原因になってしまいますので、今よりさらに薄毛が進行する事になってしまいます。 汚れを落とすのと同じように、シャワーのお湯ですすぐ時間をしっかりと取るようにしてください。 シャンプーももちろん大事ですが、シャンプーの時間を長く取ると今度はシャンプーの成分が頭皮に悪影響を与えるようになってしまうので本末転倒です。 ぬるま湯でしっかりと洗い流すようにしましょう。 前髪が薄毛でも目立ちにくい髪型 それではここからさらに具体的に前髪が薄毛でも目立ちにくい髪形について説明していきます。 結構意外に思われる方が多いのですが、前髪の薄毛を目立たなくさせるためにはショートヘアがお勧めです。 セットのコツの所でも触れましたが、前髪の薄毛は生え際の後退が目立っているのが問題なのです。 全体的にボリュームアップする、もしくは逆に全体的にボリュームダウンさせる事で生え際の後退を目立たなくさせる事が1番効果的になります。 生え際は周りの髪の量によって受ける印象が大きく異なる事を覚えておきましょう。 思い切って額を出す 前髪に隠された状態から額が見えると「あれ、この人ハゲてる?」と思われてしまいがちです。 生え際から髪の毛が垂れていて、その長さによってハゲているかどうかを判断されてしまうため、隠そうとしていると逆に目立ちやすくなっています。 生え際が後退しているかどうか分かりづらくするためには、むしろ額を見せた方が効果的です。 もちろんサイドやトップとのボリュームのバランスが大事になりますので短髪にする事になりますが、このほうが薄毛だと思われにくいです。 単純にショートヘアの人と言う認識で終わるのです。 サイドと襟足のボリュームをおさえる すでに触れていますが、全体的にボリュームが多いと薄毛になっている場所が目立ってしまうので、前髪が薄くなってきている場合はサイドと襟足もそれに合わせる形でボリュームを抑えましょう。 急に短髪にしたとしても薄毛を隠すためと思う人はまずいないので、前髪の薄毛を目立たなくするためには全体的にボリュームを少なくするのをお勧めします。 おすすめの髪型 額を出したり全体的なボリュームを抑えたりと前髪の薄毛を隠す方法はいくつかあります。 しかし美容院でカットやセットしてもらう際に一々細かく指示するのは気が引けるという人もいると思います。 そこで簡単にこんな髪型にしてくださいと言い切れる髪形をご紹介します。 ツーブロック 画像提供: 髪を大きく2つのブロックに分けてセットする髪形です。 それぞれのブロックの境目が結構目立つため、薄毛をボカすのに便利な髪型と言えます。 中にはサイドを刈り上げて、トップを際立たせるクールツーブロックという髪型もあります。 こちらは前髪が薄くなっていてもできる髪型なのでお勧めの髪形の1つになります。 他にも様々なツーブロックがありますので、美容師さんと相談しながら決めると良いですよ。 ソフトモヒカン 画像提供: モヒカンというと漫画の不良の髪形というイメージがあるかもしれませんが、ソフトモヒカンはおしゃれな髪型の1つでもあります。 薄毛を目立たなくさせるだけでなく、おしゃれにも気を使いたい人にお勧めの髪形になります。 サイドを短くトップを目立たせる、前髪の薄毛隠しの基本のような髪型でもありますので、美容師さんに薄毛の事も伝えればより丁寧にカットしてくれますよ。 坊主 画像提供: 思い切って坊主にするのももちろんありですが、最近の髪形では坊主も1つのセットの形になっています。 実際には坊主のヘアスタイルでもトップには髪を残していますので、丸々髪の毛を剃るというわけではありません。 シャンプーやドライヤーなどのヘアケアをできる限り最小限にしたい人にお勧めの髪形です。 パーマ サイドのボリュームを抑えてトップを目立たせるのが前髪の薄毛を隠すには効果的なわけですが、実はパーマもこれに当てはまります。 パーマは髪の量が少ない人がボリュームアップ目的で行う事もあるので、当然薄毛を隠す時にも有効活用できます。 あまり大っぴらにパーマがお勧めと言えないのは、パーマで使用する専用の液が頭皮と髪の毛の健康にあまり良くないからです。 つまりパーマをする事で薄毛が進行する可能性が高くなります。 もちろんパーマをかける周期を長くするなどの対策をすればそうそう薄毛の原因にはなりませんが、そういったリスクがある事は覚えておきましょう。 ヘアカラー カラーを付けて薄毛による変化を色による変化で誤魔化す対策です。 髪にどうしても視線が向いてしまうのであまりお勧めしませんが、一応方法の1つとして紹介しておきます。 そうでなくともカラーリングは髪の毛を痛める原因になりやすいので、薄毛の方がやるには少しリスクが高い方法になります。 髪質や頭皮状態によっても向いている向いていないがあるので、やる場合は必ず美容師さんと相談した上で行いましょう。 メガネや小物を活用する 薄毛対策としてはメガネなどの小物を使う事も有りになります。 これはつまり薄毛の部分に目が行かないように、別の場所に視線を誘導させるわけです。 普段メガネを付けていないなら伊達メガネを付けたり、髭を伸ばしたりするのも有りです。 もちろん他人が不快に思わないようにする点だけは守るようにしましょう。 目立てば良いというわけではありませんよ。 前髪の薄毛が逆に目立ってしまう髪型とは 前髪の薄毛を隠す髪形を紹介してきましたが、もちろん逆に目立ちやすい髪形も存在します。 髪型で失敗をしないためにもどんな髪形がNGなのかここで説明していきます。 前髪を下ろすとスカスカに 生え際が後退しているため、その地肌を隠そうと前髪を下す人がいますが、これは逆効果です。 前髪を下すとその隙間からどうしても地肌が見えてしまいます。 髪の毛で額を隠しているのだと感付かれやすいため、結果薄毛なんだなとバレてしまいます。 特に前髪の薄毛というのは生え際か後退するだけでなく、1本1本が細くなったりそもそも本数が少なくなっています。 つまり額を隠せるだけの毛量が残っている事はまずあり得ません。 下手に隠そうとすると逆効果である事を覚えておきましょう。 サイドだけ伸ばすとバランスが悪い 前髪の薄毛隠しにはサイドを短くしてトップを目立たせる事がお勧めと再三言ってきていますので、当然ですがサイドだけ髪の毛を伸ばすというのはNGです。 前髪が薄くなっているのにサイドのボリュームが増えれば当然バランスが悪く、見栄えも悪くなります。 このアンバランスな髪型を見た時、どうしても薄い部分に目が行ってしまいがちです。 髪の毛の場合は多い所よりも少ない所に目が行きやすくなります。 これは本来見えるはずのない頭皮が見えるようになっているからと考えられます。 なのでサイドだけ伸ばすと余計にその地肌が見えている前髪に視線を集める事になってしまいますので、絶対に避けてください。 男性用の前髪エクステやウィッグ 前髪の薄毛を隠す方法はもちろん髪形だけではありません。 エクステやウィッグを使う事でも薄毛を隠す事は可能です。 どちらかと言えばむしろ薄毛対策としてこれらを検討しておく事は割と大事だったりします。 薄毛の進行を阻止する、改善させる方法はいくつかありますが、基本的に効果が目に見えて実感できるのは半年後です。 ヘアサイクルの関係上これ以上に早い期間で髪の毛が生えてくる事はほとんどないため、対策をしてもすぐには薄毛が直りません。 その期間中に即効性のある対策として、エクステやウィッグはお勧めです。 メリット エクステやウィッグを使うメリットは先ほども説明した即効性がまず1つ挙げられます。 手軽にできる上に頭皮環境や髪質が関係しないので、ある程度の毛量があれば誰でも付けられる簡単さもメリットの1つになります。 またかつらと違ってピンポイントでの対応が可能なため、薄毛が局所的に発生している場合非常に有効的です。 育毛や発毛は毛の成長を促進しているだけであって、どこの毛が成長するか指定できないため、場合によっては髪の毛以外の毛が濃くなる事もあります。 そういった弊害がないのもエクステやウィッグのメリットになります。 デメリット デメリットとしては、そもそもある程度の髪の量が無いと付ける事すらできない点です。 メリットの部分でピンポイントで付けられると話しましたが、実際にはピンポイントでしか付けられないが正解です。 頭皮全体が露出しているような薄毛は、エクステなどでの対策が不可能というわけです。 またエクステ自体のメンテナンスが手間になります。 自宅の近所にメンテナンスの出来る場所があれば良いのですが、遠方になってしまうとそのメンテナンスの手間もデメリットになり得ます。 エクステやウィッグはすぐに簡単に薄毛を隠せる物ではありますが、万能というわけではないので、しっかりとメリットデメリットを踏まえた上で使用するか決めるようにしてください。 前髪の薄毛を予防・改善するケア方法 ここまでは前髪の薄毛に対して髪形、ヘアスタイルでの対策をご説明しました。 ここからはそもそも前髪が薄くならないための対策について触れていきます。 もちろんこれらは薄毛対策になるだけでなく改善としての方法にもなりますので、すでに薄毛が進行している方も、ヘアスタイルと一緒に覚えて対策していってください。 シャンプー~乾かし方 薄毛の対策としてまず初めに見直すべき点はシャンプーとその後の乾かし方です。 普段何気なく使っているシャンプーも1つ1つ成分が違っていますし、髪の毛や頭皮の性質によって合う合わないが存在しています。 当然ですが合わないシャンプーを使っていると頭皮が荒れて薄毛や抜け毛の原因になる事があります。 またシャンプー後にドライヤーを使わない、タオルで軽く拭き取って自然乾燥が主だったりすると薄毛の可能性が高まります。 頭皮に水分が残っていると細菌が繁殖する原因になりますし、それが頭から枕に移ってそこから顔に移るなど様々な問題に発展する事もあります。 シャンプーにしても乾かし方にしても、薄毛対策ができる部分である事を覚えておきましょう。 頭皮マッサージ 薄毛の原因の多くは血行不良に関係があるとお話ししました。 血液は髪の毛に栄養を送るという重要な役割を担っていますので、血行が悪くなると薄毛が進行する事にもなり得ます。 血行が悪くなる原因自体も多岐に渡りますが、筋肉のコリによって圧迫されているケースもあります。 その場合には頭皮をマッサージするだけでかなり効果が期待できます。 両手で頭皮全体を軽くつかむようにして前後左右に動かしてみてください。 健康な状態であれば軽く動くはずですが、コリがあると動かない、もしくは動かしても痛みを感じるようになっています。 毎日ほんの1分程度で大丈夫ですので、継続して頭皮マッサージをしておきましょう。 生活習慣の改善 血行不良になる原因の中には生活習慣も含まれています。 過度な飲酒や喫煙、偏った食生活、運動不足などが挙げられます。 これらは人によって程度の差がありますので、自分の普段の生活を見直した上でどこを改善するか決めるようにしましょう。 特に喫煙の方は、いきなり禁煙するなどの対策は逆効果になります。 急な禁煙はストレスをためる事に繋がり、血行不良はストレスでも起こりますので、無理な対策は対策になっていない事があります。 できる範囲で少しずつ直すようにしましょう。 育毛剤 育毛剤は高いけど効果が出にくいなんてイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際には使うべき利点が多いです。 髪の毛の成長に必要な成分が含まれているのはもちろん、髪の毛と頭皮を良い状態で維持するための成分も含まれています。 なので様々な対策をした上で、必要以上の刺激を与えないガードの役割をしてもらう事もできます。 治療薬 AGAによる薄毛においてはプロペシアやミノキシジルといった治療薬が主流になっています。 近年はプロペシアよりも効果が高いとされているザガーロも販売されていて、薬による治療の選択肢が増えています。 もちろん薬ですので医師から処方してもらう必要がありますので、必ずどんな症状が出ているのか相談しながら処方してもらうようにしましょう。 フィナステリドについて詳しくは「」をご参照ください。 クリニックでの治療 先ほどの説明と少し被りますが、薄毛の原因の中にはAGAも含まれています。 AGAの場合ですと専門のクリニックなどでの治療が有効ですし、治療薬を処方してもらうためにはこちらに通う必要があります。 無料カウンセリングを行っているクリニックも多いので、もしもこれまでの対策を行っても薄毛の進行が止まらない時は相談しに行きましょう。 AGAの治療について詳しくは「」をご参照ください。 生え際に産毛もない状態では前髪復活は期待薄? 前髪の薄毛に関して原因と対策方法をお伝えしてきましたが、この対策は効果が出る人と出ない人の線引きが実はあります。 それが産毛の有無です。 薄毛が進行している前髪の生え際に、長さにして1cmに満たないくらいの産毛があるかどうか確認してみてください。 産毛がある場合にはまだ毛根が活動している証拠になりますので、対策次第で生え際を元に戻せる可能性があります。 しかし産毛すらも無い状態ですと毛根が完全に活動を停止しているため、日常生活を改善した程度の対策ではまず復活しません。 それでも前髪を増やしたいと考えている人は、自毛植毛という方法を検討してください。 自毛植毛 植毛は育毛や発毛とは全く別の薄毛対策になります。 育毛や発毛は髪の毛や頭皮に何らかの働きかけを行って、髪の毛本来の太さや本数を取り戻すことを目的としています。 植毛はこれらと違って、脱毛部分に自分の毛を植える事によって薄毛を目立たなくさせる事を目的としています。 元気な髪の毛を別の所から持ってくるだけですので、比較的簡単にできる上に長期間効果を期待できる対策でもあります。 もちろんメリットだけでなくデメリットも存在しますので、医師の方とよく相談してから行うようにしましょう。 植毛について詳しくは「」をご参照ください。 まとめ 前髪の薄毛の原因から対策までを紹介し、またヘアスタイルで薄毛を隠す方法や逆にバレやすいヘアスタイルについて説明してきました。 ヘアスタイルでの対策は当然ですが一時しのぎでしかないので、薄毛を根本的に治すためにはそれ相応の対策を取る必要があります。 またヘアサイクルの関係上、どうしても対策を取り始めてから半年近くは継続して行って経過を見る必要がありますし、その効果の出方も人によって異なります。 もちろん年齢層によってその効果の出方には違いはありますが、若い方で薄毛が始まって前髪が少なくなったという場合には、ここで紹介した対策が役に立つはずです。 薄くなった前髪はしっかりとした対策と、日常生活の改善で回復する可能性はありますので、ぜひこれを機に薄毛対策を始めてみてください。

次の

「前髪が薄い…」女性の前髪が薄毛になる原因とは?対策方法まとめ

前髪 薄い セット

前髪が薄毛になる原因 前髪が薄毛になる、生え際が後退していく原因はいくつも存在します。 遺伝的な要因、生活習慣や健康状態、日々のシャンプーの仕方などいくつも存在しています。 そのため何か1つの原因に絞って対策するというのは効果が薄いとされていて、薄毛対策を行う際にはそれぞれを並行して行う事が主流になっています。 ここではまず、その前髪が薄毛になる原因をいくつかご紹介します。 自分の薄毛の原因がどれかを探る事も大事ですが、1つに絞る事なく満遍なく対策を行っていくようにしましょう。 男性ホルモンの影響 AGAでは男性ホルモンであるDHTが関係して薄毛が進行していると言われています。 DHT ジヒドロテストステロン は毛乳頭細胞という発毛に関係している細胞に働きかけて、髪の毛の成長を阻害してしまいます。 これによって髪の毛の成長が本来よりも短くなってしまい、1本1本が細く短くなったり、抜け毛が増えてしまって薄毛になるというわけです。 男性ホルモン自体は体の中に存在していて、男らしい身体つきを作る上で欠かせない存在ですので、男性ホルモンが必ずしも悪いわけではありません。 毛乳頭細胞の中に男性ホルモンと結びついて髪の毛の成長を阻害するDHTへと変化する酵素があるため、薄毛に男性ホルモンが関わっているのです。 遺伝の可能性 昨今では薄毛が遺伝で受け継がれるというのも可能性の1つ程度にしか考えられていませんが、もちろん可能性としてあり得るのでここで紹介しておきます。 親族に薄毛の方がいる場合に、自分も薄毛になる可能性が高くなるのだと思ってください。 遺伝で薄毛が受け継がれる場合、染色体の関係で母方の父親、つまり自分から見て母方の祖父が薄毛の場合受け継がれる可能性が高いとされていました。 昨今は他の遺伝子も薄毛に繋がっている事が分かってきているので、母方の父親が薄毛じゃないからと言って油断しないでください。 しかし基本的に薄毛になりやすくなる体質が受け継がれるだけであって、必ず薄毛になる事が決定するわけではないので、対策次第で薄毛が改善される事があると覚えておいてください。 加齢による薄毛 薄毛は純粋な加齢によって進む事があります。 当然ですが年齢を重ねると全身が衰え、髪の毛の健康状態を維持する事が難しくなってきます。 髪の毛には作る元となる細胞(毛包幹細胞)があり、これが年齢を重ねると共に少なくなっていき、頭部全体の髪の毛が薄くなる事に繋がっていきます。 これがいわゆる「老化による薄毛」です。 頭皮全体の髪の毛が薄くなっている高齢者の方をよく見かけますよね。 もちろん、加齢による薄毛にAGAを合併することもあり、その場合は頭頂部や生え際の薄毛がより目立つような見た目になるでしょう。 AGAの原因について詳しくは「」をご参照ください。 薄毛になりやすい環境が揃っていないか確認 ここまでは体質的な、先天的な要素だったり、加齢という誰にでもいずれはやってくる原因をまとめて紹介しましたが、ここからは薄毛になりやすい環境の紹介になります。 薄毛の原因には後天的な、つまり日常生活の過ごし方や環境が関係している事もあるわけです。 例えば喫煙。 タバコに含まれる体にとって悪い成分の中には、血行不良を引き起こす物もあります。 髪の毛は血液から栄養を送ってもらって健康状態を維持しているので、血液の流れが悪いと当然栄養も届きにくくなるので、悪影響を与えやすいです。 この血行不良は薄毛の原因となる事が多く、また血行不良自体も様々な原因で起こり得ます。 運動不足だったり、偏った食生活だったり、また仕事でストレスが溜まっていたりしても血行不良は起こります。 薄毛の原因が多いのはこの血行不良が起こる原因が多いからとも言えます。 加えて、前髪の薄毛の場合は目の疲れも関係してきます。 目を酷使しているとこめかみ周辺の筋肉にコリができてしまい、血管を圧迫する可能性が出てきます。 血管を筋肉で圧迫すれば当然血流は悪くなるので、髪の毛に栄養が行き届かなくなってしまいます。 目の疲れは近年特に注意されるようになりました。 これはパソコンやスマートフォンの普及が関係しています。 夜寝る前に横になりながらスマホの画面を見て操作している方は特に注意しましょう。 薄毛で前髪が決まらない時のセットのコツ 薄毛の状態になってしまうと中々思うように髪型が決まらずに困っている方が多いと思います。 今まで通りにセットするのも難しい上に、場合によっては前髪が薄くなっているのが目立つセットになってしまっている事もあります。 ここからはそんな前髪が薄毛の状態でも薄毛とバレない、むしろ普段以上にオシャレに見えるセットのコツをご紹介します。 ドライヤーでブローする 髪型をセットする場合であれば洗髪の必要はありませんが、とにかくまず髪の毛を1度濡らしましょう。 髪型を固定するためにスプレーなどを利用する事がありますが、そもそも髪の毛にボリュームを持たせたり、良い状態で固定するためにもまずは濡らして髪形を作っていきます。 髪の毛全体を濡らした後で、まずは水気を拭き取ります。 この時、頭皮に水分が残ると頭皮環境を悪くする原因になってしまうので、頭皮には残らないようしっかりとタオルで拭き取るようにしてください。 水気を取ったらドライヤーでブローしつつ、髪をボリュームアップさせていきます。 ボリュームアップさせるのはトップから後頭部にかけての髪がメインになります。 前髪の生え際が後退しているので、そのままの状態でセットするとどうしても前髪の隙間からおでこが見えて薄毛のように感じられてしまいます。 トップの位置を後ろにずらす事で前髪の隙間からおでこが見えない様にすると、ぱっと見の印象がかなり変わります。 ボリュームアップさせるためには髪の毛を軽くつかんで根元にドライヤーの風を当てます。 かけた後に数秒つかんだままで放置して、冷ましてから手を放します。 これだけでも髪が上向きに立った状態で固定されて、全体的にボリュームアップさせる事ができます。 トップから後頭部の髪に対してこのようにブローでボリュームアップさせていきましょう。 スタイリング剤の使い方 薄毛を隠すためにはワックスなどのスタイリング剤の存在は欠かせません。 髪型をしっかりと整えたとしても固定させる物が無ければ、ちょっとした風でも髪形が崩れてしまいます。 ただ、中にはワックスを使うと余計にハゲるのではと心配している方もいるかと思います。 確かにワックスは使い方を間違えると薄毛の原因になります。 頭皮に直接つけてしまえば毛穴の詰まりの原因となって、髪の毛が細くなって次第に抜け毛が増えるようにもなります。 また夜にお風呂に入るのを面倒臭がって長時間ワックスが付いた状態で放置すると、徐々に汗などでワックスが髪の毛から頭皮へと移っていくので、これも同じように毛穴の詰まりを作る事になります。 このようにワックスなどのスタイリング剤が薄毛の原因になる事はありますが、それはあくまでも使い方を間違えた時だけです。 適切な使い方をしてしっかりと洗い流していれば問題ないので、その点だけしっかりと注意するようにしましょう。 合わせ鏡で細部を確認しながら整える ドライヤーのブローでボリュームアップした髪形をスタイリング剤で固定していくわけですが、当然後頭部付近の髪にも付けていきます。 しかし自分の目だけでは後頭部の髪を直接見る事はできません。 ワックスなどは頭皮に付けないように気を付ける必要がありますし、ちゃんとボリュームアップした髪形になっていなければワックスを付ける意味も薄れてしまいます。 なので髪形をセットする時は合わせ鏡でしっかりと見ながらワックスを使うようにしましょう。 頭皮に付けないように気を付ける、しっかりとボリュームアップしている事を確認するためにも、面倒だと思わず手鏡を持って整えてください。 スプレーで仕上げる ワックスでも髪形はある程度固定されますが、万全の状態にするためにスプレーを使ってさらに髪形をがっちりと固定させます。 ボリュームアップさせた状態というのは髪が重力に逆らっている状態ですので、やはり何らかの補助がないと時間と共にボリュームダウンしてしまいます。 特に前髪は薄毛の状態ですので、ちょっと崩れるだけでも薄毛だとバレてしまう危険性を持っています。 スプレーで仕上げる事も大事ですが、頭皮にペタッとくっついた状態だと髪形としてカッコよくないので、髪と頭皮の間に指を入れて立体感を出した状態で固定させましょう。 もちろんスプレーが目に入ると危険ですので、手のひらで壁を作りつつスプレーを使いましょう。 一気に全体に広げてかけるのではなく要所要所に細かく使っていくのもコツの1つです。 トップから後頭部にかけてボリュームを持たせて前髪も生え際から横に流す形で固めると、トップから前髪までの長さが違和感なく感じられるようになります。 前髪の薄毛はトップとの距離の対比で分かりやすくなっているので、そこを誤魔化すだけで意外とバレなくなります。 寝る前に汚れを落とすこと 先ほども説明しましたが、ワックスなどのスタイリング剤に固定させるためのスプレーを利用したら、必ずその日中には洗い流すようにしてください。 スタイリング剤を付けた状態で放置すると薄毛の原因になってしまいますので、今よりさらに薄毛が進行する事になってしまいます。 汚れを落とすのと同じように、シャワーのお湯ですすぐ時間をしっかりと取るようにしてください。 シャンプーももちろん大事ですが、シャンプーの時間を長く取ると今度はシャンプーの成分が頭皮に悪影響を与えるようになってしまうので本末転倒です。 ぬるま湯でしっかりと洗い流すようにしましょう。 前髪が薄毛でも目立ちにくい髪型 それではここからさらに具体的に前髪が薄毛でも目立ちにくい髪形について説明していきます。 結構意外に思われる方が多いのですが、前髪の薄毛を目立たなくさせるためにはショートヘアがお勧めです。 セットのコツの所でも触れましたが、前髪の薄毛は生え際の後退が目立っているのが問題なのです。 全体的にボリュームアップする、もしくは逆に全体的にボリュームダウンさせる事で生え際の後退を目立たなくさせる事が1番効果的になります。 生え際は周りの髪の量によって受ける印象が大きく異なる事を覚えておきましょう。 思い切って額を出す 前髪に隠された状態から額が見えると「あれ、この人ハゲてる?」と思われてしまいがちです。 生え際から髪の毛が垂れていて、その長さによってハゲているかどうかを判断されてしまうため、隠そうとしていると逆に目立ちやすくなっています。 生え際が後退しているかどうか分かりづらくするためには、むしろ額を見せた方が効果的です。 もちろんサイドやトップとのボリュームのバランスが大事になりますので短髪にする事になりますが、このほうが薄毛だと思われにくいです。 単純にショートヘアの人と言う認識で終わるのです。 サイドと襟足のボリュームをおさえる すでに触れていますが、全体的にボリュームが多いと薄毛になっている場所が目立ってしまうので、前髪が薄くなってきている場合はサイドと襟足もそれに合わせる形でボリュームを抑えましょう。 急に短髪にしたとしても薄毛を隠すためと思う人はまずいないので、前髪の薄毛を目立たなくするためには全体的にボリュームを少なくするのをお勧めします。 おすすめの髪型 額を出したり全体的なボリュームを抑えたりと前髪の薄毛を隠す方法はいくつかあります。 しかし美容院でカットやセットしてもらう際に一々細かく指示するのは気が引けるという人もいると思います。 そこで簡単にこんな髪型にしてくださいと言い切れる髪形をご紹介します。 ツーブロック 画像提供: 髪を大きく2つのブロックに分けてセットする髪形です。 それぞれのブロックの境目が結構目立つため、薄毛をボカすのに便利な髪型と言えます。 中にはサイドを刈り上げて、トップを際立たせるクールツーブロックという髪型もあります。 こちらは前髪が薄くなっていてもできる髪型なのでお勧めの髪形の1つになります。 他にも様々なツーブロックがありますので、美容師さんと相談しながら決めると良いですよ。 ソフトモヒカン 画像提供: モヒカンというと漫画の不良の髪形というイメージがあるかもしれませんが、ソフトモヒカンはおしゃれな髪型の1つでもあります。 薄毛を目立たなくさせるだけでなく、おしゃれにも気を使いたい人にお勧めの髪形になります。 サイドを短くトップを目立たせる、前髪の薄毛隠しの基本のような髪型でもありますので、美容師さんに薄毛の事も伝えればより丁寧にカットしてくれますよ。 坊主 画像提供: 思い切って坊主にするのももちろんありですが、最近の髪形では坊主も1つのセットの形になっています。 実際には坊主のヘアスタイルでもトップには髪を残していますので、丸々髪の毛を剃るというわけではありません。 シャンプーやドライヤーなどのヘアケアをできる限り最小限にしたい人にお勧めの髪形です。 パーマ サイドのボリュームを抑えてトップを目立たせるのが前髪の薄毛を隠すには効果的なわけですが、実はパーマもこれに当てはまります。 パーマは髪の量が少ない人がボリュームアップ目的で行う事もあるので、当然薄毛を隠す時にも有効活用できます。 あまり大っぴらにパーマがお勧めと言えないのは、パーマで使用する専用の液が頭皮と髪の毛の健康にあまり良くないからです。 つまりパーマをする事で薄毛が進行する可能性が高くなります。 もちろんパーマをかける周期を長くするなどの対策をすればそうそう薄毛の原因にはなりませんが、そういったリスクがある事は覚えておきましょう。 ヘアカラー カラーを付けて薄毛による変化を色による変化で誤魔化す対策です。 髪にどうしても視線が向いてしまうのであまりお勧めしませんが、一応方法の1つとして紹介しておきます。 そうでなくともカラーリングは髪の毛を痛める原因になりやすいので、薄毛の方がやるには少しリスクが高い方法になります。 髪質や頭皮状態によっても向いている向いていないがあるので、やる場合は必ず美容師さんと相談した上で行いましょう。 メガネや小物を活用する 薄毛対策としてはメガネなどの小物を使う事も有りになります。 これはつまり薄毛の部分に目が行かないように、別の場所に視線を誘導させるわけです。 普段メガネを付けていないなら伊達メガネを付けたり、髭を伸ばしたりするのも有りです。 もちろん他人が不快に思わないようにする点だけは守るようにしましょう。 目立てば良いというわけではありませんよ。 前髪の薄毛が逆に目立ってしまう髪型とは 前髪の薄毛を隠す髪形を紹介してきましたが、もちろん逆に目立ちやすい髪形も存在します。 髪型で失敗をしないためにもどんな髪形がNGなのかここで説明していきます。 前髪を下ろすとスカスカに 生え際が後退しているため、その地肌を隠そうと前髪を下す人がいますが、これは逆効果です。 前髪を下すとその隙間からどうしても地肌が見えてしまいます。 髪の毛で額を隠しているのだと感付かれやすいため、結果薄毛なんだなとバレてしまいます。 特に前髪の薄毛というのは生え際か後退するだけでなく、1本1本が細くなったりそもそも本数が少なくなっています。 つまり額を隠せるだけの毛量が残っている事はまずあり得ません。 下手に隠そうとすると逆効果である事を覚えておきましょう。 サイドだけ伸ばすとバランスが悪い 前髪の薄毛隠しにはサイドを短くしてトップを目立たせる事がお勧めと再三言ってきていますので、当然ですがサイドだけ髪の毛を伸ばすというのはNGです。 前髪が薄くなっているのにサイドのボリュームが増えれば当然バランスが悪く、見栄えも悪くなります。 このアンバランスな髪型を見た時、どうしても薄い部分に目が行ってしまいがちです。 髪の毛の場合は多い所よりも少ない所に目が行きやすくなります。 これは本来見えるはずのない頭皮が見えるようになっているからと考えられます。 なのでサイドだけ伸ばすと余計にその地肌が見えている前髪に視線を集める事になってしまいますので、絶対に避けてください。 男性用の前髪エクステやウィッグ 前髪の薄毛を隠す方法はもちろん髪形だけではありません。 エクステやウィッグを使う事でも薄毛を隠す事は可能です。 どちらかと言えばむしろ薄毛対策としてこれらを検討しておく事は割と大事だったりします。 薄毛の進行を阻止する、改善させる方法はいくつかありますが、基本的に効果が目に見えて実感できるのは半年後です。 ヘアサイクルの関係上これ以上に早い期間で髪の毛が生えてくる事はほとんどないため、対策をしてもすぐには薄毛が直りません。 その期間中に即効性のある対策として、エクステやウィッグはお勧めです。 メリット エクステやウィッグを使うメリットは先ほども説明した即効性がまず1つ挙げられます。 手軽にできる上に頭皮環境や髪質が関係しないので、ある程度の毛量があれば誰でも付けられる簡単さもメリットの1つになります。 またかつらと違ってピンポイントでの対応が可能なため、薄毛が局所的に発生している場合非常に有効的です。 育毛や発毛は毛の成長を促進しているだけであって、どこの毛が成長するか指定できないため、場合によっては髪の毛以外の毛が濃くなる事もあります。 そういった弊害がないのもエクステやウィッグのメリットになります。 デメリット デメリットとしては、そもそもある程度の髪の量が無いと付ける事すらできない点です。 メリットの部分でピンポイントで付けられると話しましたが、実際にはピンポイントでしか付けられないが正解です。 頭皮全体が露出しているような薄毛は、エクステなどでの対策が不可能というわけです。 またエクステ自体のメンテナンスが手間になります。 自宅の近所にメンテナンスの出来る場所があれば良いのですが、遠方になってしまうとそのメンテナンスの手間もデメリットになり得ます。 エクステやウィッグはすぐに簡単に薄毛を隠せる物ではありますが、万能というわけではないので、しっかりとメリットデメリットを踏まえた上で使用するか決めるようにしてください。 前髪の薄毛を予防・改善するケア方法 ここまでは前髪の薄毛に対して髪形、ヘアスタイルでの対策をご説明しました。 ここからはそもそも前髪が薄くならないための対策について触れていきます。 もちろんこれらは薄毛対策になるだけでなく改善としての方法にもなりますので、すでに薄毛が進行している方も、ヘアスタイルと一緒に覚えて対策していってください。 シャンプー~乾かし方 薄毛の対策としてまず初めに見直すべき点はシャンプーとその後の乾かし方です。 普段何気なく使っているシャンプーも1つ1つ成分が違っていますし、髪の毛や頭皮の性質によって合う合わないが存在しています。 当然ですが合わないシャンプーを使っていると頭皮が荒れて薄毛や抜け毛の原因になる事があります。 またシャンプー後にドライヤーを使わない、タオルで軽く拭き取って自然乾燥が主だったりすると薄毛の可能性が高まります。 頭皮に水分が残っていると細菌が繁殖する原因になりますし、それが頭から枕に移ってそこから顔に移るなど様々な問題に発展する事もあります。 シャンプーにしても乾かし方にしても、薄毛対策ができる部分である事を覚えておきましょう。 頭皮マッサージ 薄毛の原因の多くは血行不良に関係があるとお話ししました。 血液は髪の毛に栄養を送るという重要な役割を担っていますので、血行が悪くなると薄毛が進行する事にもなり得ます。 血行が悪くなる原因自体も多岐に渡りますが、筋肉のコリによって圧迫されているケースもあります。 その場合には頭皮をマッサージするだけでかなり効果が期待できます。 両手で頭皮全体を軽くつかむようにして前後左右に動かしてみてください。 健康な状態であれば軽く動くはずですが、コリがあると動かない、もしくは動かしても痛みを感じるようになっています。 毎日ほんの1分程度で大丈夫ですので、継続して頭皮マッサージをしておきましょう。 生活習慣の改善 血行不良になる原因の中には生活習慣も含まれています。 過度な飲酒や喫煙、偏った食生活、運動不足などが挙げられます。 これらは人によって程度の差がありますので、自分の普段の生活を見直した上でどこを改善するか決めるようにしましょう。 特に喫煙の方は、いきなり禁煙するなどの対策は逆効果になります。 急な禁煙はストレスをためる事に繋がり、血行不良はストレスでも起こりますので、無理な対策は対策になっていない事があります。 できる範囲で少しずつ直すようにしましょう。 育毛剤 育毛剤は高いけど効果が出にくいなんてイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、実際には使うべき利点が多いです。 髪の毛の成長に必要な成分が含まれているのはもちろん、髪の毛と頭皮を良い状態で維持するための成分も含まれています。 なので様々な対策をした上で、必要以上の刺激を与えないガードの役割をしてもらう事もできます。 治療薬 AGAによる薄毛においてはプロペシアやミノキシジルといった治療薬が主流になっています。 近年はプロペシアよりも効果が高いとされているザガーロも販売されていて、薬による治療の選択肢が増えています。 もちろん薬ですので医師から処方してもらう必要がありますので、必ずどんな症状が出ているのか相談しながら処方してもらうようにしましょう。 フィナステリドについて詳しくは「」をご参照ください。 クリニックでの治療 先ほどの説明と少し被りますが、薄毛の原因の中にはAGAも含まれています。 AGAの場合ですと専門のクリニックなどでの治療が有効ですし、治療薬を処方してもらうためにはこちらに通う必要があります。 無料カウンセリングを行っているクリニックも多いので、もしもこれまでの対策を行っても薄毛の進行が止まらない時は相談しに行きましょう。 AGAの治療について詳しくは「」をご参照ください。 生え際に産毛もない状態では前髪復活は期待薄? 前髪の薄毛に関して原因と対策方法をお伝えしてきましたが、この対策は効果が出る人と出ない人の線引きが実はあります。 それが産毛の有無です。 薄毛が進行している前髪の生え際に、長さにして1cmに満たないくらいの産毛があるかどうか確認してみてください。 産毛がある場合にはまだ毛根が活動している証拠になりますので、対策次第で生え際を元に戻せる可能性があります。 しかし産毛すらも無い状態ですと毛根が完全に活動を停止しているため、日常生活を改善した程度の対策ではまず復活しません。 それでも前髪を増やしたいと考えている人は、自毛植毛という方法を検討してください。 自毛植毛 植毛は育毛や発毛とは全く別の薄毛対策になります。 育毛や発毛は髪の毛や頭皮に何らかの働きかけを行って、髪の毛本来の太さや本数を取り戻すことを目的としています。 植毛はこれらと違って、脱毛部分に自分の毛を植える事によって薄毛を目立たなくさせる事を目的としています。 元気な髪の毛を別の所から持ってくるだけですので、比較的簡単にできる上に長期間効果を期待できる対策でもあります。 もちろんメリットだけでなくデメリットも存在しますので、医師の方とよく相談してから行うようにしましょう。 植毛について詳しくは「」をご参照ください。 まとめ 前髪の薄毛の原因から対策までを紹介し、またヘアスタイルで薄毛を隠す方法や逆にバレやすいヘアスタイルについて説明してきました。 ヘアスタイルでの対策は当然ですが一時しのぎでしかないので、薄毛を根本的に治すためにはそれ相応の対策を取る必要があります。 またヘアサイクルの関係上、どうしても対策を取り始めてから半年近くは継続して行って経過を見る必要がありますし、その効果の出方も人によって異なります。 もちろん年齢層によってその効果の出方には違いはありますが、若い方で薄毛が始まって前髪が少なくなったという場合には、ここで紹介した対策が役に立つはずです。 薄くなった前髪はしっかりとした対策と、日常生活の改善で回復する可能性はありますので、ぜひこれを機に薄毛対策を始めてみてください。

次の

前髪少ない女性に似合う髪型とは?前髪薄い女性に似合う髪型と前髪

前髪 薄い セット

前髪が薄くスカスカでお悩みの女性におすすめの髪型やセット方法、なぜ薄毛や抜け毛が起こってしまうのかその原因と予防方法、さらに試してほしいおすすめの育毛アイテムもご紹介します。 薄毛や抜け毛ケアに、ぜひ参考にしてみてくださいね。 【目次】 ・ ・ ・ 前髪がスカスカな女性におすすめの髪型とセット方法 さりげない今っぽさのシースルーバング \前髪がアクセントの大人カワイイショートボブ/ ・ベースはアゴラインの長さ ・表面にレイヤーを入れたやや前下がりのワンレングスボブ ・前髪は横幅を狭く巻いた時に目にかかる長さを計算してカット ・カラーは暗めの7レベルでアッシュ寄りのベージュ \セット方法/ 1. 26mmのアイロンで内巻きワンカールし、表面は2cm間隔で細かめの毛束を取り、リバースにワンカール 2. ヘアオイル、もしくはシアバターを全体になじませて、カール感をほぐす 大人かわいい短めざく切りバング \大人かわいいピュアガールをアピール/ \セット方法/ 1. 水スプレーを使って前髪を根元からしっかりぬらす 2. ブラシでやや斜めに毛流れを作りながら押さえつける 3. そのまま上からドライヤーを当ててしっかり乾かす 4. やや固めのファイバーワックスを親指と人さし指になじませる 5. 毛束をラフにつまんで中間から毛先につける 6. 斜め下へ軽く引っ張りながらつけ、ボリュームも抑える 軽やかなシースルーバング \軽やかなシースルーバングがウブかわいい!/ \セット方法/ 1. 前髪を薄めに分けとって前に下ろす 2. 残りを後ろに向けてコテで平巻きにする 3. 薄く下ろした前髪に水スプレーをかけながら、ザクッとくずして動きをつける 4. タオルドライ後、ヘアオイルをなじませてから乾かす 2. 32㎜のアイロンで毛先のみゆるく内巻きワンカール 3. ツヤを出しながらしっとりまとまるヘアミルクを全体にもみ込む 4. 片サイドはこめかみに落ちる顔周りの毛束=後れ毛を少しだけ残して耳掛けする 5. 反対サイドは顔前に落ちる細い毛束を作る ふんわりフリンジ風バング \顔周りをふんわりと彩るフリンジ風バング/ \セット方法/ 1. 真ん中で分けた長め前髪の毛先をアイロンで平巻きにする 2. ドライヤーの風でほぐす 女性の前髪がスカスカになってしまう原因は? 健康的なヘアサイクルと乱れたヘアサイクル 生えてきた毛が自然に抜けるまでの期間はだいたい4~6年で、1日に自然に抜ける髪の毛は50〜80本。 100本程度なら普通です。 抜けた毛が細くて短いものが多ければ、ホルモンバランスの乱れ、加齢、頭皮ダメージなどで髪が充分に成長できず、「早期成長期」からいきなり「退行期」へ移行してしまった場合が毛髪サイクルを元に戻すケアが必要になります。 \健康的なヘアサイクルは、「長くて硬い髪の毛が抜ける」「1日50〜80本くらい抜ける」/ \乱れたヘアサイクルは「細くて柔らかい髪の毛が抜ける」「抜ける本数が目立って多い」/ 女性の抜け毛・薄毛が起こる原因 教えてくれたのは・・・抗加齢医学専門医 浜中聡子先生 ウィメンズヘルスクリニック東京 院長。 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 顧問医師、国際アンチエイジング医学会専門医。 米国抗加齢医学会専門医。 女性頭髪専門外来において、多くの女性の髪悩みに向き合う。 ていねいな診察ののち、内服薬、外用薬、サプリメントによる治療、点滴等、その方に最適な治療法を提案している。 さらに仕事と家庭の両立や家族のケアなど、女性特有の環境ストレスが複雑に絡み合って、抜け毛・薄毛に繋がっていることもあるようです。 \抜け毛が始まる「平均年齢」は?若い世代はダイエットに注意/ 「本来抜け毛・薄毛は、加齢とともに発生する自然な現象です。 しかし、急激なダイエットをすると、若い世代でも髪がやせ細ってしまいます。 \抜け毛が多い季節は?注意が必要な抜け毛の本数って?/ 「髪は成長期、退行期、休止期を経て(ヘアサイクル)、自然に根元から抜け落ちます。 だいたい1日平均80~100本くらいは、許容範囲です。 なかでも夏の終わり~秋口は、夏の紫外線ダメージの影響で抜け毛が増える傾向にあります」(浜中先生) 「何もしなくてもハラハラ抜け落ちる、髪に指を通すと必ず複数の毛が引っかかってくる、朝起きた時に枕に尋常でない量の髪がついている、というのが目安になると思います。 もともと地肌が露出する部分ですから、1本の髪が細くなったり、本数が減ると、薄くなった印象が際立ちます」(浜中先生) 「後頭部や頭頂部に比べて、サイドはもともと毛穴の数が少ないと言えます。 毛穴の数は生まれつき決まっていて一生変わりません。 ボリューム感をキープするには、髪を生み出す毛母細胞の働きをいかに保つか、そして1本1本の髪を太く健やかにすることが大切です」(浜中先生) \女性に多い抜け毛・薄毛のタイプ/ 「びまん性脱毛症は、頭頂部から分け目にかけて少しずつ毛量が減り、やがて全体的に薄くなっていきます。 その他には、男性のように特に頭頂部が薄くやりやすいFAGA(女性男性型脱毛症)、出産後に髪が抜けやすくなる分娩後脱毛症などが知られています」(浜中先生) 【主な女性の脱毛の種類と原因】 ・びまん性脱毛症 血流の低下や、女性ホルモンの低下など、様々な原因が関係して発生する脱毛。 加齢とともに発生することが多く、髪が全体的に薄くなっていきます。 ・FAGA (女性男性型脱毛症) 加齢によるホルモン低下によって生じる脱毛です。 男性と違って生え際のラインは変わらず、髪全体が薄くなり、特に頭頂部が透けやすい傾向があります。 ・分娩後脱毛症 出産前後に女性ホルモンの分泌量が変化することで生じる脱毛です。 1年~1年半程度で自然に元に戻りますが、高齢出産や多胎出産などのハイリスク出産で体力の回復が遅い場合、戻りにくいケースも。 ・円形脱毛症 本来は体を守るリンパ球が毛根にダメージを与え、円形に脱毛する自己免疫疾患の一種です。 年齢に関係なく発生し、ストレスが関与すると言われていますが、科学的根拠は今のところありません。 ・牽引性脱毛症 ポニーテールなど、同じ髪型を長く続けることで発生する脱毛です。 髪を引っ張ることで毛包が萎縮したり、毛根の血流が阻害されることが原因と言われています。 ・頭皮のトラブル 皮脂に汚れや雑菌が繁殖したり、過剰な洗浄から乾燥を引き起こすなど、頭皮のトラブルから発生する脱毛です。 免疫細胞のリンパ球が、本来は自分の仲間である毛根の細胞を敵とみなして、攻撃してしまうことで起こります。 毛根にダメージを受けた結果脱毛が起こりますが、その原因や、なぜ円形に脱毛するかなどは、まだよくわかっていません」(浜中先生) 「ただしストレスだけが原因ではなく、円形脱毛症は自己免疫疾患の一つです。 アトピーやぜんそくを持っている人は、かかりやすい傾向があります」(浜中先生) 薄毛対策に有効なもの \薄毛対策には「食べ物」と「睡眠」が大切/ 「食べ物に関してはビタミン、ミネラル、タンパク質、炭水化物をバランスよく摂取することが理想です。 特に髪を作るタンパク質や、タンパク質の合成に関わるビタミン B 群を積極的に摂取しましょう。 スタイルを気にして過度なダイエットを実践すると、髪に栄養が行き渡らず1本1本の毛がやせ細ってしまいます。 食事制限する場合でも、無理はせず栄養のバランスに配慮してほしいところです」(浜中先生) 「しっかり睡眠をとることで、抜け毛の原因の1つとなるストレスの緩和にもつながります。 さらに細胞の成長を促す成長ホルモンの分泌にも関わってくるので、良質な睡眠を心がけて」(浜中先生) 睡眠時間は、毎日最低5~6時間は確保することが大切。 太陽のリズムとともに就寝・起床すると、髪の成長に関与するホルモンのバランスが整いやすくなります。 女性の場合、総じて頭皮がオイリーな方は少ないと言えます。 頭皮が乾燥しているのに洗浄力が強いシャンプーを使うと、乾燥やダメージの原因になることも。 ただし冬場は、頭皮の状態や年齢によって、一日一回もしくは二日に一回の頻度で調整すると良いでしょう」(浜中先生) 薄毛&抜け毛ケアに効く食材 教えてくれたのは…『ZACC』代表 高橋和義さん 常に最先端のスタイルをクリエイトし続けるトップスタイリスト。 頭髪の知識も業界屈指。 『たべかた』代表・管理栄養士 板橋里麻さん 自身が手掛ける、おいしいファスティングメニューをデリバリーする「デリファス」が人気。 \腸内環境を整え、髪と頭皮を健康にする食べ物!/ 「乳酸菌や食物繊維を積極的にとることが重要。 「ほうれん草やヒジキ、 赤身の肉や魚は特に鉄分多め。 固くなった頭皮の血流を促し、栄養を行き渡らせます。 「納豆や豆腐、豆乳などを食事にぜひ組み込んで」(板橋さん) 「ホルモンバランスの乱れだけでなく、インスタント食品などで栄養バランスが悪く、毛の細い女性が多いんです。 良質のシャンコンで、たっぷりと髪に栄養を」(高橋さん) \髪の乾かし方に注意/ ぬれた髪のまま寝てしまうのは抜け毛の原因になるのでNG!「使い古しのタオルも、パイル地に髪が絡まる元。 滑りの良い綿タオルを使い、決してこすらないで 」 (高橋さん) 「洗髪後のタオルは、頭皮の水気をとるため。 髪の毛はドライヤーで乾かすので、こすらないことを意識。 抜け毛が軽減します」 (高橋さん) \日づけが変わる前に就寝し、質の良い睡眠をとる/ 「22時〜翌2時頃が、髪にとってのゴールデンタイム。 この間に質のいい睡眠をとるためにも、直前の入浴やスマホで交感神経を優位にしないようにしましょう」(浜中先生) 【寝る前に習慣にすると良いこと】 ・寝る1時間以上前にストレッチや軽い運動をする ・寝る30分〜1時間前までに入浴 ・寝る1時間前までにスマホをやめる 前髪がスカスカな女性におすすめの育毛アイテム ふんわりツヤ髪を育むアイテム a. 美容頭皮理論に基づき、誕生し薬用育毛ローション ドクターシーラボ|エスモEX 薬用育毛ローション[医薬部外品] 120ml ¥4,800 b. 女性ホルモンが芯から強い髪を育ててくれる アンファー|スカルプD ボーテ メディカル エストロジー スカルプセラム[医薬部外品] 80ml ¥7,223 c. 血行を促進&発毛を促す クィーン|uruotte ハーバルエッセンス 優[医薬部外品] 140ml ¥5,800 d. 有効成分が発毛スイッチをオン! 資生堂プロフェッショナル|ザ・ヘアケア アデノバイタル アドバンスト スカルプエッセンス[医薬部外品] 180ml ¥7,000 e. プロのヘッドスパを自宅で再現した固さの異なる2種のブラシから好みで選べる、頭皮エステアイテム。 パナソニック|頭皮エステ〈サロンタッチタイプ〉EH-HE99 ルージュピンク調 ¥12,600(編集部調べ) f. 美顔器発想で健康的な頭皮へ導くドライヤー。 バイブレーション振動しながら、温冷の遠赤微風で頭皮を乾かす。 ヤーマン|スカルプ ドライヤー ¥18,000 g. 3Dマッサージで頭皮を連続的につまみ上げて、リフトアップ&健やかな頭皮環境を実現。 MTG|リファグレイス ヘッドスパ ¥29,800 h. 髪をとかす度に頭皮が活性化。 ナイロン素材のループ状ブラシが髪に絡まることなく、頭皮をマッサージしてくれる。 W and P|アッカカッパ プロテクション 946 ¥4,800 i. 先端が丸いブラシが頭皮に適度な刺激をプラス。 髪と頭皮を優しくほぐす天然竹を採用。 ファンケル|バンブーブラシ(竹製) 大 ¥2,700 j. もつれた髪をスムースに解きほぐすし、長短2段構造のブラシが摩擦によるキューティクルへのダメージを軽減。 ブラッシングするだけでサラツヤ髪へ導く。 でもこのスカルプローションを使いはじめたら、本当にコシのある髪が増えて、みんなにも驚かれています。 ハリコシのある黒々とした髪に導く。 *価格はすべて税抜きです。

次の