鬼滅の刃 162。 鬼滅の刃ネタバレ|最新話【162話】「3人の白い星」のあらすじ感想!

鬼滅の刃

鬼滅の刃 162

鬼滅の刃19巻162話のネタバレ しのぶの毒の正体 物語は、しのぶとカナヲが戦いの前に話していた場面に切り替わります。 ここで明かされたのは、しのぶは童磨に食われることを最初から想定していたことです。 女を好んで食う童磨ならば、必ず自分を食うだろうと考えたしのぶは、日頃から少しずつ藤の花の毒を摂取していました。 通常刀で打ち込める毒の量は50ml程度なものの、自分を食えば、全体重37kgもの毒を摂取させることができるというのです。 この機を逃すまいと、カナヲと伊之助が童磨の頸を切るために反撃を開始します。 しかしすんでのところで童磨が血鬼術を使い、特大の氷でできた菩薩でガードをしたため攻撃が届きません。 吸い込むと灰を凍らせる氷が充満し、容易に近づけなくなってしまいます。 カナヲが終ノ型を始動 童磨の攻撃が、苦し紛れの最後の攻撃だと気づいたカナヲは、自身もついに花の呼吸・終ノ型を繰り出します。 その攻撃の名は「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」。 胴体視力を極限にまで上げ、周りを覆っている氷を避けながら攻撃をするという技です。 しかしこの攻撃は眼球にかかる負担が大きく、視力を失う恐れがあるものでした。 ついに童磨の頸に刃が届く カナヲの失明を覚悟した攻撃により、堂磨の頸に刃を突き立てるカナヲ。 しかし氷で腕が固まってしまい、あと一歩のところで頸が切れません。 そこに、氷の菩薩につかまっていた伊之助が「獣の呼吸・思いつきの投げ裂き」と叫びながら、自分の刀を投げ放ちます。 伊之助の刀に押されるように、カナヲの刃が童磨の頸に押し込まれ、ついに頸が切られたのです。 鬼滅の刃19巻162話の扉絵とタイトル考察 鬼滅の刃162話の扉絵は童磨としのぶ、カナヲ、伊之助の4名が描かれていました。 童磨を倒したのは、カナヲと伊之助の2人の力ではなく、しのぶの力が大きかったことを表していると思います。 そしてエピソードタイトルは「三人の白星」となっています。 こちらも扉絵と同様、しのぶがいなければ勝てなかったことをよく表した言葉だと思います。 鬼滅の刃19巻162話の名台詞 「私は鬼に食われて死ななければなりません。 童磨に食われたのは、実は作戦だったということにとてもびっくりしました。 まさかわざと負けたわけではないでしょうが、そこまで強い覚悟があったことをうかがわせるセリフだと思います。 鬼滅の刃19巻162話の感想・考察まとめ 前話で死んでしまったしのぶさんの、まさかの大活躍でした。 あのまま死んでしまうのは寂しすぎると思っていたのですが、さすがしのぶさんだと思わされる内容だったのではないでしょうか。 個人的には、カナヲと伊之助の共闘にも心が打たれました。 次回、頸を切られた童磨にも、何かしらのエピソードがあるのか期待ですね。 163話の展開に注目しましょう。 漫画・アニメが無料で見れる合法サイト3選 近年、違法サイトの取り締まりが厳しくなり、安全性100%で利用できる代替サイトが注目を集めています。 合法サイトは通常利用するのに料金がかかってきますが、ここでは裏技を利用することで漫画やアニメが無料で楽しむことができてしまう貴重なサービスを厳選して紹介します。 サービス名 月額料金 税抜き 888円 1780円 1990円 無料期間 2週間 30日間 31日間 無料登録でもらえるポイント 1300ポイント 961ポイント 600ポイント ポイント付与のタイミング 登録時、8日、18日、28日 登録直後 登録直後 公式サイト 無料期間内の解約 全て可能。 解約すれば料金は一切かからず0円で利用可能 どのサービスも無料お試し期間があり、無料期間内に解約すれば一切の料金が発生することがありません。 そのことから無料お試し期間を利用して、無料で楽しんだ後に期間内に解約すれば、無料で漫画やアニメが楽しめるという裏技が使用できます。 ただし無料期間のキャンペーンは終了している可能性もあるため、最新の情報は各公式サイトにてご確認下さい。

次の

鬼滅の刃 ネタバレ最新162話の感想!「三人の力」 マンガのネタバレ広場

鬼滅の刃 162

「かぐや様」と「藤原書紀」なら男の9割は藤原書紀を選ぶという現実• 【画像】進撃の巨人のエレンイェーガーさん、化物だった・・・• 【テニスの王子様】とうとう試合中に「絶対言ってはいけないこと」を言ってしまうwwwww• 【衝撃】声優が業界の闇を暴露「映画の吹き替えでメインキャストの僕が1万5千円、ゲストの芸人が100万円のギャラ」• 【ワンピース】ドフラミンゴ「クロコダイルがスモーカーに倒された!?」• 【神回】アニメ鬼滅の刃19話観たワイ「凄すぎて泣いたわ」ワニ先生「凄すぎて泣いたわ」• 【画像】高木さんの作者、デコが出ていないイラストを描いてしまう• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【ハンターハンター】今の念能力って「初見殺し最強」すぎて系統とか意味なくない?• 【悲報】ワンパンマン20巻、酷すぎて叩かれてしまう・・・ 猗窩座戦 1・炭治郎が腕を斬る 2・義勇さん蹴っ飛ばされる 3・義勇さん背中が猛烈に痛んだまま戻ってくる 4・義勇さんに痣が出て、炭治郎が破壊殺の攻略法に気付く 5・父との回想 6・透き通る世界発動、斜陽転身決まる 7・猗窩座が首斬っても死ななくなりかける 8、9・猗窩座の回想 10・決着 童磨戦 1・しのぶさんの毒を分解される 2・しのぶさんピンチになるも、首に渾身の一突き 3・カナヲ合流、しのぶさん吸収される 4・カナヲの罵倒 5・カナヲ追い込まれる、伊之助合流 6・伊之助面を取られる 7・伊之助回想 8・二人で戦うも逃げられかけるが、童磨が毒で崩れる 9・カナヲの失明覚悟の終の型で、童磨の首を斬る 次で完全に終わっても猗窩座と話数同じだから問題ないのな。 童磨の回想やなんやらがあっても、一話内で完結する感じか。

次の

【鬼滅の刃】162話のネタバレ【ついに童磨を撃破!?】|サブかる

鬼滅の刃 162

しのぶ: 「そのような甘い考えは今すぐこの場で捨てなさい」 「上弦の強さは少なくとも柱三人分の強さに匹敵します」 「しかし姉からの情報によればその上弦の弐」 「女を喰うことに異様な執着があり 維持汚らしい」 「身体能力が高く優秀な肉体を持つ『柱』 加えて『女』であればまず間違いなく喰うでしょう」 現在自分の体の中には高濃度の藤の鼻の毒が回っていると言います。 カナヲは自分も体に毒を持ちたいと言いますが、しのぶさんによればそのような体になるまでに1年かかり、被験者のしのぶさん自身が初なのでカナヲにはダメだと断ります。 bloodyregina がシェアした投稿 — 2019年10月月29日午後6時05分PDT 今の自分の体を喰らえば致死量の約70倍の毒を摂取することになるとカナヲに伝えました。 時間は現在に戻ります。 (だん) 地面に手をつく童磨。 右腕が溶け肩から下がなくなります。 童磨の体は骨から溶けていっているようです。 しのぶの毒が回ったのかと考えをめぐらす童磨ですが、毒が回っていた感覚はなかったと不思議がっています。 そんなこんなしていると童磨の氷の人形が壊れます。 「何だああ!?」「罠かァァ 何 なんかのぉぉ!!」 とびっくりする伊之助に 「違う!!師範の毒が効き始めた」 とカナヲ。 カナヲは童磨が弱っている隙を狙って伊之助に頸を切るように指示します。 ここで再びしのぶの話がカナヲの脳内に蘇ります。 たとえ命をかけた毒だとしても上弦の鬼を確実に殺せる保障はなく、お館様は無理だと判断していると言います。 しのぶ: 「だから私に」 「私が仇討ちできる確率を上げるため」 「鬼との共同研究をするよう助言した」 敵に毒が効き始めたとしても、油断せず最後は頸を切るようカナヲに伝えます。 それを思い出すカナヲは (絶対にしのぶ姉さんの命を無駄にはしない!!) と童磨に近づいていきます。 ほぼ同時に伊之助も切りかかります。 「血鬼術 霧氷・睡蓮菩薩」 巨大な氷の菩薩が二人を襲いますがかわします。 カナヲ: (ここにきてこの大技) (これ程の余力があるなんて) (凍てつく空気が広範囲に充満) 今ここで引いてしまえば相手に回復の余裕を与えてしまう、しかしこの空気を吸えば戦えなくなってしまうと考えるカナヲ。 ここで童磨の技の精度の低下に気づくカナヲ。 (苦し紛れの技なんだ)(最後の攻防だ) (私もアレを使う時だ) ここで再びしのぶさんとの過去の会話が描かれます。 しのぶ: 「その技を使うとカナヲは」 「失明するかもしれない」 自分の目のことを心配するしのぶさんのことを思い出すカナヲ。 カナヲ: (どうしてそんなことを言うの?) (自分は命さえ失おうというのにどうして私の視力の心配なんてしたんですか?) (なんて優しい人なんだろう) (なんて尊い人なの) カナヲは命をかけて守りたかったとしのぶさんのことを想います。 皆と一緒に — 🌸水鏡🌸 Suikyou394 「花の呼吸 終ノ型 ついのかた 彼岸朱眼 ひがんしゅがん」 カナヲの両目は充血で赤黒く染まっています。 カナヲの日輪刀はついに童磨の頸を捕らえますが切断までは至りません。 同時に背後からの攻撃で体が凍っていき…。 前回ラストで顔が溶け始めた童磨、やはりしのぶさんの毒が原因でしたね! 「私の全体重三十七キロ分」「致死量のおよそ七十倍です」と明かされたときは驚きました! 「危なすぎでしょ!」というのと 「体重軽っ!!」という二つの意味で(笑)。 体重があればその分毒の量が多くなるということを言っているのだと思います(それにしてもしのぶさん軽いなぁ、ちゃんと食べてるのだろうか…)。

次の