ディスク アップ 高 設定 グラフ。 パチスロディスクアップ 掲示板

【荒れすぎる展開に警笛!!】ディスクアップの軍資金はどのくらい必要か?

ディスク アップ 高 設定 グラフ

ディスクアップってさ、設定1でもゲロアマと言われる機種である。 四号機時代の「タコスロ」、「クランキー」、「レッツ」等、 ボーナスのみのAタイプにも関わらず通常時の子役全取得、BIG中のビタ押しができれば、 アイムジャグラーの設定6と同様の期待値を誇っていた。 そんな時代の再来かと言われているディスクアップ。 一撃で4000枚出たと思えば全飲まれ、 マイナス3000枚からの昇竜拳等、出玉の荒さはどこでも騒がれているところである。 しかし何故ここまで荒くなるのか。 答えは単純明快。 ずばりボーナス重複役の各々の確率が非常に重いからである。 それに加えて、パンク役以外の全約でボーナス抽選をしているのだからその荒さを感じ取ることができる。 これは「ハナビ」、「バーサス」にも言えることである。 なので短期間の勝負だけだと非常に荒れやすい。 このため、スロリスクタイムでは、ディスクアップは 打てるジャグラーやハナハナがない場合の保険として打つことが多い。 ということは… 本日はジャグラーやハナハナで打てる台がなかったためディスクアップ実戦である。 いつものようにホールを周回するも、特段打てそうなジャグラーやハナハナが空いていない。 軒並み合算が悪いのしかなく、やむなくディスクアップのシマに… ここも例に漏れず、空き台は死に台ばかり。 ただでさえ甘いと言われる機種のため、大体が設定1となっている。 一応毎日56っぽいのは1~2台見受けられるが、大体は空いておらず。 仕方なく、3964G BIG7 REG11という台を打つことに。 ディスクアップを打つ際は、REG確率に設定差があるが、 正直気にしなくてもいいレベルだと思っている。 何故ならMAXタイプが全盛期の頃のグラフを比べると、 あれくらいの確率が当てにならないからである。 それよりも重いREG確率を重視するよりも、打ってみて子役がいいかで判断したほうがいいというのが持論である。 過去にBIG中のビタ押しでゲーム数上乗せ無しが発生したときのデータだと、 子役が割とあてになるというのを学んでいたからである。 ということで実戦開始… するも、949G回してBIG2回のみ… 唯一ARTが107G、99G続いてくれたおかげで重症とまではならなかったが、 投資15kに対して回収は3. 子役も全て設定1の値を下回っており、台移動。 分かり切ってる設定1を打ち切るよりも高設定台を見つけるのが正しいという判断だ。 次なる台を探しに放浪の旅へ… そこに待ち構えるは、583Gハマりのロードオブヴァーミリオン。 過去にAT100Gを体感し、まあそこまで悪い印象は持っていなかったため確保。 ハマればハマる程フリーズ確率が上がるということで、「鉄拳3rd」を彷彿とさせる台だ。 投資は軽く、5kで謎に当たりを射止める。 因みに141G回しただけでこの投資は流石に厳しい。 も、ゴミボ。 その後天国にいたようで、85Gで再度、 ゴミボ。 41枚のメダルを持って退散するのであった… ジャグラーやハナハナコーナーを再度確認するも、打てる空き台は存在しない状況。 止む無く、ディスクアップのシマへ再度戻ることに。 すると、7557G BIG26 REG14という、ぎりぎり設定5の合算値という台を見つける。 これなら大怪我しないかと高を括り、打つこととした。 以下実戦データである。 唯一REGに偏んなかったおかげで大してマイナスにはならずに済んだ。 この時点で閉店が近くなっていた。 やはりディスクアップは収支が荒れる台である。 2000G近く回しても設定1の合算値からかけ離れていたりと、 ジャグラーやハナハナにはない荒さがある。 しかしこの荒さがいい方に偏ると一撃でとんでもないグラフを描いたりと中々読めない台である。 例え設定がよくとも、同色BIGの確率は全設定共通であり、 如何にDTやDJの上乗せを持ってこれるかというところに凝縮されていると思う。

次の

【ディスクアップ】設定6で5000枚オーバー!後半の挙動に驚愕

ディスク アップ 高 設定 グラフ

去年までハイエナ専門でしたが、1月からディスクアップも合間に打つようになりました。 本日をもってディスクアップ逆万枚達成となりました。 皆様本当にありがとうございます😫 ディスクアップ成績 ・58. 3時間稼働で約4万回転 店内見回りをするので時速700回転くらい ・収支-208000円 ・機械割91. なぜそんなに余裕資金を持たせてからスタートすべきなのか? という問いがあったとしたら 今回のデータが証明となってると思いますね。 逆万枚達成する道のりはどういうプレイになってしまうのか 負けまくってるデータはもうお腹いっぱいだと思うんで、 勝ててない時はどのような事がおきるのかをまとめました。 当然ながらシンディは出ません まってたよ!シンディ!! — 習志野 仮 投資スロプロブロガー narasinokari このツイートの日付。 よく見てくださいね。 1月14日です。 シンディ一ヶ月ぶりに見たよwww 画像に残像が…😭 — 習志野 仮 投資スロプロブロガー narasinokari はい。 このツイートの日付は2月17日です。 耐えられますか?あなたは1か月間シンディを見れないという苦痛を。 耐えられますか?隣の人がシンディをいとも簡単に出すのを。 この間の機械割は91. BIGのヒキが弱かっんで、実際の確率はどうだったんでしょうね。 私はBIG回数とかは特に気にしてませんが、 以前、実践日記様に1日打ち切った時は設定1未満のBIGの引きで勝ってるんで 400分の1くらいなのかな?って想像しています。 7です。 1000枚くらいなら一発でそこそこ出るイメージって皆さん持たれてると思うんですね。 私の場合まったくdancetime出ません。 引けません。 一か月シンディー見てない訳ですから、当たり前ですよね。 BIG引けてない訳ですからDT自体入らない訳ですよ。 当然、ゲチェナや消灯と子役否定からのボーナス察知等の ディスクアップを打っていて一番楽しい瞬間はなかなか訪れません・・・。 知ってますか?私が ART中にスクラッチ演出があるのを知ったのは2月に入ってからなんですよ 笑。 1月だけでも2万回転打ってるのにスクラッチ演出が出てないんです。 だから、先ほどの1月14日の実践日記にもその存在を書いてません。 最初その存在を知った時はびっくりしましたよ・・・。 え?プレミアか?って思いましたもん。 まあそんなにで出なくても箱にコインを移す訳ですね。 当然ながら出てませんから、箱なんてほとんど使いません。 もしかしたらそんなに珍しい事ではないのかもしれません。 なんで俺だけDTに入らないんだ・・・ そもそもペラポン予告って本当に期待度3割あるのこれ・・・。 どんどん心が荒んできます。 しかも、ハイエナの合間に打ってるので、 ディスクアップを打つことで本来なら取れたかもしれないお宝台をを逃してるという事実を常に感じています。 ディスクを打っていなければ、900回転の凱旋が拾えたかもしれない。 ・・・と。 やがて、どんどん気持ちよくなってきます しかし、普段からディスクで負けまくってるので、 負けるのは普通であり、 数千円でもプラスになると異常なほど嬉しくなって心が豊かになります。 更には、トータルマイナス15万円くらいから 負けろ!もっと負けろ!ブログの記事に出来るかもしれない! 等と、 邪悪な考えに染まり始めてきます。 勝っても良し。 負けても良しの状態だったので後半はそこまでストレスはありませんでした。 完全に負け癖がついて気もち良くなってる状態ですね。 人気記事ランキング• 2019年4月23日 に投稿された• 2019年5月7日 に投稿された• 2019年1月25日 に投稿された• 2019年2月18日 に投稿された• 2018年9月30日 に投稿された• 2019年4月11日 に投稿された• 2018年11月16日 に投稿された• 2019年9月17日 に投稿された• 2018年10月6日 に投稿された• 2018年12月31日 に投稿された• 2020年1月7日 に投稿された• 2019年6月15日 に投稿された• 2019年8月18日 に投稿された• 2019年10月22日 に投稿された• 2020年1月11日 に投稿された• 2018年9月26日 に投稿された• 2019年7月24日 に投稿された• 2019年5月17日 に投稿された• 2019年4月18日 に投稿された• 2019年4月21日 に投稿された.

次の

【逆万枚!】ディスクアップを4万回転回したら20万円(差枚数1万枚マイナス)負けました【甘い?】

ディスク アップ 高 設定 グラフ

ディスクアップってさ、設定1でもゲロアマと言われる機種である。 四号機時代の「タコスロ」、「クランキー」、「レッツ」等、 ボーナスのみのAタイプにも関わらず通常時の子役全取得、BIG中のビタ押しができれば、 アイムジャグラーの設定6と同様の期待値を誇っていた。 そんな時代の再来かと言われているディスクアップ。 一撃で4000枚出たと思えば全飲まれ、 マイナス3000枚からの昇竜拳等、出玉の荒さはどこでも騒がれているところである。 しかし何故ここまで荒くなるのか。 答えは単純明快。 ずばりボーナス重複役の各々の確率が非常に重いからである。 それに加えて、パンク役以外の全約でボーナス抽選をしているのだからその荒さを感じ取ることができる。 これは「ハナビ」、「バーサス」にも言えることである。 なので短期間の勝負だけだと非常に荒れやすい。 このため、スロリスクタイムでは、ディスクアップは 打てるジャグラーやハナハナがない場合の保険として打つことが多い。 ということは… 本日はジャグラーやハナハナで打てる台がなかったためディスクアップ実戦である。 いつものようにホールを周回するも、特段打てそうなジャグラーやハナハナが空いていない。 軒並み合算が悪いのしかなく、やむなくディスクアップのシマに… ここも例に漏れず、空き台は死に台ばかり。 ただでさえ甘いと言われる機種のため、大体が設定1となっている。 一応毎日56っぽいのは1~2台見受けられるが、大体は空いておらず。 仕方なく、3964G BIG7 REG11という台を打つことに。 ディスクアップを打つ際は、REG確率に設定差があるが、 正直気にしなくてもいいレベルだと思っている。 何故ならMAXタイプが全盛期の頃のグラフを比べると、 あれくらいの確率が当てにならないからである。 それよりも重いREG確率を重視するよりも、打ってみて子役がいいかで判断したほうがいいというのが持論である。 過去にBIG中のビタ押しでゲーム数上乗せ無しが発生したときのデータだと、 子役が割とあてになるというのを学んでいたからである。 ということで実戦開始… するも、949G回してBIG2回のみ… 唯一ARTが107G、99G続いてくれたおかげで重症とまではならなかったが、 投資15kに対して回収は3. 子役も全て設定1の値を下回っており、台移動。 分かり切ってる設定1を打ち切るよりも高設定台を見つけるのが正しいという判断だ。 次なる台を探しに放浪の旅へ… そこに待ち構えるは、583Gハマりのロードオブヴァーミリオン。 過去にAT100Gを体感し、まあそこまで悪い印象は持っていなかったため確保。 ハマればハマる程フリーズ確率が上がるということで、「鉄拳3rd」を彷彿とさせる台だ。 投資は軽く、5kで謎に当たりを射止める。 因みに141G回しただけでこの投資は流石に厳しい。 も、ゴミボ。 その後天国にいたようで、85Gで再度、 ゴミボ。 41枚のメダルを持って退散するのであった… ジャグラーやハナハナコーナーを再度確認するも、打てる空き台は存在しない状況。 止む無く、ディスクアップのシマへ再度戻ることに。 すると、7557G BIG26 REG14という、ぎりぎり設定5の合算値という台を見つける。 これなら大怪我しないかと高を括り、打つこととした。 以下実戦データである。 唯一REGに偏んなかったおかげで大してマイナスにはならずに済んだ。 この時点で閉店が近くなっていた。 やはりディスクアップは収支が荒れる台である。 2000G近く回しても設定1の合算値からかけ離れていたりと、 ジャグラーやハナハナにはない荒さがある。 しかしこの荒さがいい方に偏ると一撃でとんでもないグラフを描いたりと中々読めない台である。 例え設定がよくとも、同色BIGの確率は全設定共通であり、 如何にDTやDJの上乗せを持ってこれるかというところに凝縮されていると思う。

次の