特定健康診査。 特定健康診査のご案内 横浜市

特定健康診査|各種健診・人間ドック[外来・受診のご案内]|医療法人社団康心会 湘南東部総合病院/神奈川県茅ヶ崎市[茅ヶ崎市の救急指定病院]

特定健康診査

特定健診は費用がかかるのですか。 費用は無料です。 自己負担はありません。 ただし特定健診以外の検査などをする場合は別途費用が発生する場合がありますので、受診する医療機関へお問い合わせください。 どうして特定健診を受けたほうがいいのですか。 特定健診を毎年受けることで、 生活習慣病の予防と 早期発見ができます。 メタボでない人は、メタボの人に比べて、 医療費が年間8万円から18万円少なく、無料で受けられる特定健診は家計にとてもお得です。 生活習慣の改善が必要な人は健康づくりのプロからアドバイスも受けられますので、まずは特定健診をご利用ください。 毎年受ける必要があるのですか。 自覚症状がないまま静かに進行していく生活習慣病の発症を防ぐには、健診による健康管理が大切です。 毎年受診していれば、年毎の数値変化を確認して改善していくことも可能です。 年に一度は必ず受けましょう。 特定保健指導は誰でも受けられるのですか。 特定保健指導の対象者は、腹囲、肥満度、血液検査の結果から一定の基準により選ばれます。 リスクが高い人や指導の効果が出やすい人など、優先すべき人に特定保健指導を受けていただきます。 日高市国民健康保険に加入したのですが、特定健診を受けられますか。 受診券は4月1日現在で日高市国民健康保険に加入している人にお送りしています。 それ以降に国民健康保険加入の手続きをした人についても、特定健診を受診することはできますが、保険年金課国民健康保険担当(1階3番窓口)で受診券交付申請をしてください(本人確認ができるもの(運転免許証、国民健康保険証など)をお持ちください)。 郵便での申請も可能です。 また、受診券を紛失した場合には再発行ができます。 特定健康診査を日高市国民健康保険被保険者の資格を喪失後に受けてしまった、または複数回受けてしまった場合はどうなりますか。 特定健診検査料を全額自己負担していただきます。 日高市で特定健診以外に受けられる検診はありますか。 がん検診などさまざまな検診を実施していますので、ぜひご利用ください。 詳しくは次のページを参照してください。

次の

特定(家族)健診・特定保健指導とは?|特定(家族)健診・特定保健指導|健康に役立つ保健事業

特定健康診査

2018年4月6日 特定健康診査・特定保健指導 国の『高齢者の医療の確保に関する法律』により、平成20年度から糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病の予防に重点を置いた、特定健康診査・特定保健指導の実施が各医療保険者に義務付けられています。 北斗市では、国の指針に基づき特定健康診査等実施計画を策定して、特定健康診査・特定保健指導を実施します。 特定健康診査等実施計画 平成20年度から策定している実施計画は、第1期、第2期計画は5年を一期としていましたが、医療費適正化計画が6年一期に見直しされたことから、平成30年度から平成35年度までの6年を一期として「北斗市国民健康保険特定審査等実施計画(第3期)」を策定しました。 第3期目標 区分 平成30年度 平成31年度 平成32年度 平成33年度 平成34年度 平成35年度 平成35年度 国の目標値 特定健康診査受診率 30% 35% 40% 45% 50% 60% 60% 特定保健指導実施率 30% 35% 40% 45% 50% 60% 60% 特定健康診査 対象となる方は、40才から74歳までの国民健康保険被保険者(妊産婦、施設入所者等を除く)です。 特定健康診査は、毎年6月と11月に住民センター等を会場に集団健診として実施しており、また、市内の各医療機関では6月から3月までの期間で個別健診を実施しております。 対象者には、5月に特定健康診査受診券を送付しますので、集団・個別健診のうちご都合のいい時期に、ご自身の健康状態の把握や健康管理のために特定健康診査を受診しましょう。 この場合においては、血中脂質検査におけるLDLコレステロールの量の検査を行ったものとみなすこととする。 対象者には、利用券を送付します。 3ヶ月経過後に電話等により改善状況を確認し実績評価を行います。 その後、取り組んでいる実践と結果についての評価を行い、必要時には生活習慣の振り返りを行い、行動計画の実施状況の確認に基づき、電話・メール・手紙・FAXなどで必要な支援を3ヶ月以上継続して行い、3ヶ月経過後に電話等により改善状況を確認し実績評価を行います。 ただし、後期高齢者医療保険に加入された場合は、特定健康診査(自己負担額は無料)のみ受診することができます。 保健事業計画 被保険者の健康の保持増進に質することを目的として、健康・医療情報を活用して効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るために、「北斗市保健事業計画(データヘルス計画)」を策定しました。 この計画は、特定健康診査等実施計画と一体的なものであるため、平成35年までを計画期間としています。 特定健康診査の結果やレセプト(診療報酬明細書)情報、介護保険情報等の分析から、生活習慣病の発症や重症化予防に重点をおいて保健事業をすすめていきます。 カテゴリー.

次の

特定健康診査・特定保健指導

特定健康診査

特定健診は費用がかかるのですか。 費用は無料です。 自己負担はありません。 ただし特定健診以外の検査などをする場合は別途費用が発生する場合がありますので、受診する医療機関へお問い合わせください。 どうして特定健診を受けたほうがいいのですか。 特定健診を毎年受けることで、 生活習慣病の予防と 早期発見ができます。 メタボでない人は、メタボの人に比べて、 医療費が年間8万円から18万円少なく、無料で受けられる特定健診は家計にとてもお得です。 生活習慣の改善が必要な人は健康づくりのプロからアドバイスも受けられますので、まずは特定健診をご利用ください。 毎年受ける必要があるのですか。 自覚症状がないまま静かに進行していく生活習慣病の発症を防ぐには、健診による健康管理が大切です。 毎年受診していれば、年毎の数値変化を確認して改善していくことも可能です。 年に一度は必ず受けましょう。 特定保健指導は誰でも受けられるのですか。 特定保健指導の対象者は、腹囲、肥満度、血液検査の結果から一定の基準により選ばれます。 リスクが高い人や指導の効果が出やすい人など、優先すべき人に特定保健指導を受けていただきます。 日高市国民健康保険に加入したのですが、特定健診を受けられますか。 受診券は4月1日現在で日高市国民健康保険に加入している人にお送りしています。 それ以降に国民健康保険加入の手続きをした人についても、特定健診を受診することはできますが、保険年金課国民健康保険担当(1階3番窓口)で受診券交付申請をしてください(本人確認ができるもの(運転免許証、国民健康保険証など)をお持ちください)。 郵便での申請も可能です。 また、受診券を紛失した場合には再発行ができます。 特定健康診査を日高市国民健康保険被保険者の資格を喪失後に受けてしまった、または複数回受けてしまった場合はどうなりますか。 特定健診検査料を全額自己負担していただきます。 日高市で特定健診以外に受けられる検診はありますか。 がん検診などさまざまな検診を実施していますので、ぜひご利用ください。 詳しくは次のページを参照してください。

次の