シミュラクラ 現象。 「パレイドリア効果」はある形状が他のものに見える錯覚、「...

「パレイドリア効果」はある形状が他のものに見える錯覚、「...

シミュラクラ 現象

シミュラクラ現象 ・葉っぱの穴 ・缶詰のフタ ・家の外観(窓の並び) ・コンセントの差し込み口 ・ボウリングの玉の穴 など シミュラクラ現象の事例 世の中には無数のシミュラクラ現象による顔が溢れています。 シミュラクラ現象をまとめたサイトやSNSもありマニアも多いんですよね。 ふとした瞬間、街中や日常生活でも顔を出してくることもあるので、思わず写真を撮る人も多いようですね。 中には逆三角形の3点ではないものもありますが、そこはご愛敬ってことで。 — あずき azukinghyper 散歩中に二度見しました。 例としては以下のようなことが挙げられます。 パレイドリア現象(効果) ・壁のシミや岩肌が顔に見える ・樹の凹凸や穴が顔に見える ・雲が動物に見える ・月の模様がウサギも餅つきやカニに見える ・ネコの鳴き声が赤ちゃんに聞こえる ・録音された音楽を逆再生や速度を変えると隠れたメッセージが聞こえる ・心霊写真 逆三角形の3点が顔に見えるシミュラクラ現象とは違い、 経験や知識として知っているものに置き換えて認識します。 また、視覚的な要素だけではなく、音に関する 聴覚的な要素においても置き換えが起きます。 パレイドリア現象は、 アポフェニア現象における視覚・聴覚に関するものという位置づけとなっています。 アポフェニア現象は、 ランダムなデータから規則性を認識する現象のこと。 これらをセットであわせて覚えておくと良いかもしれませんね。 関連する記事• 2020. 12 よく芸能人や政治家の不倫・浮気問題がニュースで取り上げられていますよね。 ダメと分かっていてもスリルを味わ […][…]• 2020. 2020. 14 日陰や屋内から外に出た際に、太陽の光を浴びるとなぜだかくしゃみが出るといった経験はありませんか? 晴れた日 […][…]• 2020. 27 外国に旅行に行った際に、体調を崩してしまったという経験はないでしょうか? いわゆる「パリ症候群」と呼ばれる […][…]• 2020. 2020. 25 「恋は盲目」なんて昔から言われていますが、これってちょっと注意が必要なんですよね。 パートナーの嫌なところ […][…]• 2020. 2020. 17 同じ文字をずっと眺めていると「この文字、何?」ってなることはありませんか? いつも使っている文字だし小学校 […][…]• 2020. 2020. 20 あなたは、何かに失敗したり思うようにいかなかったりした時に、都合のいい言い訳をしたことはないでしょうか? […][…]• 2020. 14 いつもは気にならないにしても、ふと気づけば鼻がつまっているなんてことはありませんか? 風邪や花粉症などであ […][…]• 2020. 2020. 17 目を思いっきり強く瞑った時、なぜか光がまぶたなの中に感じることってありませんか? また、視界の中に蚊のよう […][…].

次の

シミュラクラ現象って何?シミュラクラ現象について徹底解説

シミュラクラ 現象

夏といえば、盛りあがる怖い話や 心霊番組があります。 部活の合宿や、キャンプなどで 肝だめしをすることもありますよね。 そんな恒例のイベントも、怖い話が 苦手な人にとっては、イヤな行事のひとつです。 様々な心霊現象を、テレビなどで見る機会は ありますが、そのほとんどについて、 実は 科学的に、 解明できることのようです。 ほんとうに 幽霊はいるのでしょうか? 幽霊の概念は、 「主に人間や動物が、死んだあとに 非物質的なものになりながらも、 思考主体としての 存在を継続したもの」を指すものです。 こんな風に書いてあると、少し難しいですよね? つまり、死んだ人が 成仏できなくて、 姿をあらわしたものということです。 でも、それは本当にできることなのでしょうか? 「私、 見えちゃう人だから」なんていう人もいますが、 見えない人にとっては、本当にいるのか 判断できるものではありません。 幽霊の存在を信じる信じないは、個人の自由ですが、 今回は、そんな 幽霊がいないことの証明をしてみよう! ということで調べてみました。 シミュラクラ現象 シミュラクラ現象とは、人間の目には 3つの点が 集まった図形を、 人の顔として見るように プログラムされている脳の働きです。 人は、他人や動物に出会った場合に、 本能的に 最初に 相手の目を見る習性があります。 それは敵味方を判断したり、相手の行動や 感情を予測することが、目的だといわれています。 人や動物の眼と口は、 逆三角形に配置されているため、 点や線などが、三角形に配置されたものを見ると、 脳が勝手に顔だと判断してしまうのです! 心霊写真といわれる現象の多くが、 これで説明できるとされています。 「シミュラクラ現象」は、言うなれば、 脳の錯覚 ですが、この機能が、人によっては 過剰に働くことで、 心霊現象に見えてしまうことがあるのです! シミュラクラ現象の錯視を、まとめた画像があったので、 ご紹介します。 また、カナダのマイケル・パーシンガー博士は、 人間は、ある種の 磁気刺激により、 幻覚を体験する ことがあるといっています。 そして、 科学的に幽霊はいないということを 証明しています。 人間の脳が、ある種の 磁気刺激を受けると 側頭葉の「 ニューロン」が活性化し、過去の記憶が 無作為に呼び起こされてしまいます。 そのことから、 実際にはその場に存在しない音や 映像などが、まるで本当に体験しているかのように 感じてしまうことがあるそうです。 実際の実験で、 磁場の影響で幻覚を見るということが 実証されています。 この幻覚には、例えば「 火の玉」や 「 ドッペルゲンガー」もあるそうです。 幽霊を見る見ないには場所が原因!? 墓地 墓石の御影石は、主に花崗岩(かこうがん)を 素材としています。 その構成物質のなかにある水晶(低温型石英)が、 代表的な圧電体で、圧力が加わることで 電流が発生します。 夏のお盆の時期に、幽霊が目撃されることが多いのは、 昼夜の温度差で、墓石の内部圧力が高まることで、 電流が発生することが原因とされています。 この時発生した 磁場が、脳に影響すると、 自分が想像した幽霊像を、 幻覚として 見てしまうようです。• 橋 鉄橋も落雷などが原因で、磁力をもつことが あります。 この現象を「 落雷磁化現象」と呼びます。 実際に、つり橋での心霊現象の目撃例は少ないのに 対して、つり橋を 鉄橋に変えてから心霊現象が多数 目撃されるようになった事例もあるそうです。• 断層 地殻を構成する代表的な岩石として、 花崗岩があります。 先述のように、 膨張と収縮をすることで 電気を発生する性質があります。 また、断層が大規模に割れたり、滑ったりすることでも 電気が発生するといわれています。 この電気が、 電磁波として、わたしたちが生活する 地上にノイズとして届くことで、 脳の錯覚として 霊を目撃するという事例もあります。 幽霊に身体を触られた!? 電磁波が体内に吸収されると、筋肉やじん帯が 収縮するといわれています。 墓地や断層上の、よく 心霊スポットといわれている 場所では 電磁波の異常が多く観測されます。 この 電磁波の異常により、筋肉が刺激され収縮する ことで、「触られた」という感覚が引き起こされます。 心霊体験がよく起こるスポットとして、 病院が多いのは、 電子機器の多いためかもしれません。 また 地震が多く、火山性の島国でもある日本では、 電磁波異常が各地で起こるのかもしれません。 同時に複数の人が同じ体験をするのは!? 地震がおこると、地球内部の動きで 電磁波が発生します。 動物はその電磁波を感じ取り、 危険回避や 危機余地できる能力を持っています。 動物である人間も、少なからずその能力は残っており、 電磁波を感じると「 何か、危険が迫っている」と 無意識の部分で、感じとります。 その結果、 精神的・身体的に変調をきたすことが あるという報告があります。 しかし、これは人によって 個人差があるようです。 そして、人からも、 筋肉が動けば必ず 電磁波が 出ています。 しかもその 電磁波は、その人を「 アンテナ」にして、 ほかの人にも影響を与えることもあります。 「 人の気配を感じる」とは、まさにその現象 なのではないでしょうか。 さいごに 幽霊の「いる」「いない」で、おもわぬ議論に なることもあります。 しかし、世の中の怖がりな人たちにとっては、 科学的に証明されることで、少しは恐怖感が うすれたのではないでしょうか。 今や、 心霊現象の多くを科学的に説明する ことができます。 また、スイスの研究では、 人工的に幽霊を作り出す 実験に成功したりと、いまの科学は 本当におもしろいですね。 しかし、幽霊やおばけの存在をただ否定するよりも、 存在しないと信じることで、ホラー映画やお化け屋敷 などを思い切り楽しめるのではないかと思います。 信じる信じないはあなた次第です。

次の

パレイドリア効果(パレイドリア現象)

シミュラクラ 現象

月の模様 パレイドリア(: Pareidolia)とは、心理現象の一種。 視覚刺激や聴覚刺激を受けとり、普段からよく知ったパターンを本来そこに存在しないにもかかわらず心に思い浮かべる現象を指す。 パレイドリア現象、 パレイドリア効果ともいう。 意識が明瞭な場合でも体験され、対象が実際は顔でなく雲だという認識は保たれる。 パレイドリアは、ランダムデータの中に何らかのパターンを認識するの、視覚的・聴覚的な事例である。 アポフェニアおよび ()と共に、パレイドリアはかつての社会で、世界の混沌を秩序づけ世界を理解可能なものにする役割を果たしたのかもしれない。 解釈 [ ] パレイドリアによって人は、無秩序な映像や光と影のパターンの中に顔を思い浮かべることができる。 を使った2009年の研究によると、顔と認識されるような物体は ()で短潜時 165ms の賦活を引き起こし、これは顔そのものが惹起するそれと時間的・位置的に近いものである。 一方、他の一般的な物体の提示ではこうした賦活は見られない。 この賦活は、実際の顔を見た時に起こる、より若干早い130msでの賦活に似ている。 顔のような物体が引き起こす顔の認知は比較的低次のプロセスであり、高次の認知的再解釈現象にはあたらないと論文の著者らは論じている。 を使った2011年の研究も同様に、実物ではないがそれらしい姿をした新規の視覚刺激を繰り返し提示すると、実物を提示した時の fMRI 応答が減弱することを示した。 これらの結果は、その不明瞭な刺激の解釈が、既知の物体が誘発する同種のプロセスに依存していることを示している。 顔らしき線画の例 これらの研究は、2・3個の円と一本の線を、なぜ我々は素早く、ためらいなく「顔」と認めるかを説明する助けになる。 認知プロセスを惹起する「顔のような」物体は、それを見る者に対して、その顔がどういう感情を示しているか、またその顔が誰なのかという注意を喚起する。 それは意識がその情報の処理を始める前(場合によっては受け取る前)に起こることである。 この「線で描いた顔」は、その単純さにもかかわらず、心的状態(この場合なら失望、ちょっとした不機嫌)を表現している。 殆どの人が敵対的、攻撃的と解釈するような顔の線画を描くのは簡単である。 この堅牢だが鋭敏な能力は、例えば脅威となる他者の心的状態をいち早く察知し、そこから逃げたり逆に先制攻撃を加える人が生き残れるような、非常に長期間にわたるの結果によって、もたらされたとの仮説がある。 言い換えれば、この情報処理が、複雑な処理を行なう脳の部位に達する前に皮質下(すなわち化)で行なわれることで、俊敏さが最も求められる状況での判断と意思決定が促進される。 この能力は、ヒトの感情の処理と認識に極めて特化しているが、野生生物の態度を判断する際にも使われている。 擬態岩 [ ] 岩石は、形状、風化、浸食の無作為な作用によって、何らかの物体に見えるようになることがある。 多くの場合、岩壁の輪郭が人の顔に見えるように、モチーフとなるものより岩は大きい。 化石に興味を持った初心者が、骨、頭蓋骨、亀の甲羅、恐竜の卵などと似た大きさ、形状のの岩塊、コンクリーション、小石を化石と勘違いしてしまうこともある。 1970年代末から80年代初めにかけて、日本人の研究者・は、『岡村化石研究所オリジナル・レポート』という有名な論文を自費出版したが、それは(4億2500万年前)のを磨いたところ浮かび上がった小さな含有物が、小さな人間、ゴリラ、犬、龍、恐竜、その他の生物のだと主張するもので、それらは全て数ミリの大きさしかなく、それによって彼は「シルル紀から人間の体に変化は無い、ただ大きさが3. 5mmから1700mmに伸びたのだ」と主張した。 岡村の研究は1996年に、のパロディであるの生物多様性部門を受賞した。 も参照のこと。 投影テスト [ ] は、被験者の精神状態を洞察するためにパレイドリアを活用している。 ロールシャッハ・テストは一種の投影テストであり、それは漠然としたインクの染みに投影された回答者の思考や感情を意図的に引き出すものである。 この例における投影は、一種の「誘導されたパレイドリア」である。 絵画 [ ] の『弁護士』(1566年)。 顔のように見えるのは、実は食べ物を組み合わせたものである。 はその手稿で、パレイドリアは画家が持つひとつの道具だと書きつけている。 「様々なしみがついたり色々な種類の石が混じった壁を見たとき、何らかの風景を創作しようと思っていたならば、山、川、岩、木、平原、広がった谷、様々な丘で彩られた色々な風景との類似を見ることができるだろう。 また、様々な戦闘や素早く動く人影、奇妙な表情の顔、異国風の衣装、数えきれないほどのあれこれも見てとれ、それらを個別の、納得がいく形に帰することができるのだ。 」 宗教 [ ] ありふれた自然現象から、宗教的な像や主題(特に宗教指導者の顔)を見出すパレイドリアの例は多い。 多くは、や の像 、という単語 、その他の宗教的な事象だったりする。 例えば2007年9月にシンガポールで、木に現れたがに似ているというので、それを「猿神」(もしくは)として拝む人々が現れるという、「サルの木現象」なる社会現象があった。 ありふれた物体に宗教的な像やその他の驚くべきイメージを認めることは広く見られることであり、 のようなオンライン・オークションではそのような出品物のマーケットが形成されてきた。 有名な例の一つが、聖母マリアの顔が浮かんだチーズ・トースト・サンドイッチである。 コンピュータによる画像認識 [ ] ディープドリームにかかると、店先に置かれたパイの写真に犬の目や顔が浮かび上がる パレイドリアはの分野、特に画像認識プログラムでもテーマになっており、そうした画像認識プログラムは顔でないものを誤って顔と認識することがある。 の場合、より高次の機能ほどより認識に関する機能に対応しており、そうした機能を高めることで、コンピュータが何を見ているかが分かってくる。 それは、そのネットワークがそれまで何を見てきたかという入力セットが反映されている。 この手法は独特の画像を生み出すことがあり、どのような画像にも本来そこにはない目や顔といったモチーフを検知して強調するのような例が知られている。 関連する現象 [ ] 様々な古代ヨーロッパの占いの儀式の例として、物体が落とす影の解釈がある。 例えば ()では融けた錫(スズ)を冷たい水に垂らしてできるランダムな形状が、ロウソクの炎の落とす影によって解釈される [ ]。 EVP は聴覚性パレイドリアと考えられてきている。 ポピュラー音楽における、曲を逆再生すると何がしかのメッセージが聞き取れるという ()の指摘も、聴覚性パレイドリアとされてきている。 パレイドリアはに関連付けられることがあり、例えば強迫性障害の既往歴がある既婚の白人女性は、床のタイルに魔女やゴリラの顔が見えていたと報告されている。 ほかパレイドリアは、熱性疾患、譫妄、薬物酩酊時に出現することも知られている。 例 [ ]• 2015年10月23日閲覧。 2015年10月25日閲覧。 2015年10月25日閲覧。 Sagan, Carl 1995. The Demon-Haunted World — Science as a Candle in the Dark. New York: Random House. Hadjikhani, Nouchine; Kveraga, Kestutis; Naik, Paulami; Ahlfors, Seppo P. 2009. NeuroReport 20 4 : 403—7. Voss, J. ; Federmeier, K. ; Paller, K. 2012. Cerebral Cortex 22 10 : 2354—64. Svoboda, Elizabeth 2007年2月13日. The New York Times The New York Times. 2010年7月3日閲覧。 Partnership for Animal Welfare. 2010年7月3日閲覧。 Spamer, E.. Philadelphia: Academy of Natural Sciences. 2015年10月25日閲覧。 archived at. Berenbaum, May 2009. The earwig's tail: a modern bestiary of multi-legged legends. Harvard University Press. 72—73. Abrahams, Marc 2004年3月16日. The Guardian London. Conner, Susan; Kitchen, Linda 2002. Science's most wanted: the top 10 book of outrageous innovators, deadly disasters, and shocking discoveries. Most Wanted. Brassey's. Lawrence Erlbaum Associates. 77—79. 2007年4月6日閲覧。 Da Vinci, Leonardo 1923年. Empire State Book Co. 2015年10月25日閲覧。 , The New York Times, 2012-07-23 ,. Ibrahim, Yahaya 2011年1月2日. Sunday Trust Media Trust Limited, Abuja. の2012年11月4日時点におけるアーカイブ。 2012年3月21日閲覧。 Ng, Hui Hui 2007年9月13日. () []: pp. 12—13. の2007年10月14日時点におけるアーカイブ。 BBC News. 2004年11月23日. 2006年10月27日閲覧。 Vokey, John R. ; Read, J. Don 1985. American Psychologist 40 11 : 1231—9. Fontenelle, Leonardo F. 2008. Neurocase 14 5 : 414—8. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 33 examples of meteorological pareidolia. Skeptic's Dictionary definition of pareidolia• Faces of 'Satan' seen in World Trade Center smoke•

次の