キングギドラ フィギュア。 キングギドラ(1964)限定版

m.tonton.com.myrArts キングギドラ(2019)

キングギドラ フィギュア

特徴 [ ] を思わせる3つの頭部と、それを支える長くしなやかな3本の首、2本の長い尾、全身を覆う黄金色の(うろこ)、腕の代わりに巨大な1対の翼を持つ。 飛行し、2足歩行もする。 口からは稲妻のような形状の 引力光線を吐く。 出演作品における扱いはそのほとんどが悪役・敵役となっており、ゴジラとの交戦回数がもっとも多い怪獣でもある。 全身の造形はを描いた『』(、〈昭和34年〉)に登場するの造形物がイメージ元となっているほか、1956年にソビエト連邦で制作、1959年3月に配給で日本公開された『』(原題:( ILJA MUROMETS)、)の火を噴く3頭龍(ロシア・東欧に伝承される三つ首竜)の影響を指摘する向きもある。 また、、、、などをモチーフとして挙げているものもある。 基本的にはゴジラなどと同様に内部にが入って演技する怪獣であるが、3つの頭、2枚の翼、2本の尻尾といったそれら大きなパーツが独立した動きをするため、『』など当初の作品ではピアノ線操作におよそ25名前後の人員を必要とする など、は困難をきわめていた。 同作品の撮影当時、に師事していたは、3つの首の動きが揃い過ぎないように動かす工夫をしたり、を使った鳴き声も首ごとに変えていたという。 操演の際には、3つの頭を区別するためにそれぞれに愛称が付けられることがある。 キングギドラには、体の、亜種怪獣の、などのバリエーションもある。 昭和時代の作品におけるキングギドラには、「どのような存在なのか」(どのような生命体なのか、宇宙のどこで誕生したのか、など)ということの詳細な公式設定は存在していない。 「怪獣図艦」などで「想像図」としての内部図解などが描かれたことはあるが、劇中の設定として語られたこともない。 『』では当初、『』に登場するキングギドラではなく、『三大怪獣 地球最大の決戦』などに登場するキングギドラと同じく本来の設定の宇宙超怪獣であるキングギドラを敵に迎える作品が企画されていたが、直前に公開された『』に登場するがキングギドラに似ていたことから、に変更された。 スペースゴジラがを操ってゴジラを宙に浮かせるという設定などは、その名残である。 英語圏では当初のスペリングは「King Ghidrah」であったが、のちに「 Ghidorah」に変更された。 登場映画リスト [ ] 公開順。 右は各作品に登場する怪獣(キングギドラ、その他の怪獣の順)。 () - キングギドラ、、、(幼虫)• () - キングギドラ、ゴジラ、ラドン• () - キングギドラ、ゴジラ、、ラドン、モスラ(幼虫)、、、、、、• () - キングギドラ、ゴジラ、アンギラス、• () - キングギドラ、モスラ(成虫)、フェアリーモスラ、原始モスラ、ガルガルIII• () - ギドラ、ゴジラ・アース、セルヴァム、モスラ(卵)• () - キングギドラ、ゴジラ、モスラ、ラドン• 『』、『』では過去の映像を流用で登場。 特撮テレビ番組『』、『』、パチンコ『CRゴジラ3・4』にも登場する。 『』ではメカキングギドラのメカ首の残骸が登場する。 『』(1996年版)には、『』にはという亜種怪獣が登場する。 ゴジラシリーズのキングギドラ [ ] 宇宙超怪獣キングギドラ [ ] 『三大怪獣 地球最大の決戦』から『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』まで登場。 たてがみと額の三日月状の角が特徴。 (各作品共通)• 身長:100メートル• 翼長:150メートル• 体重:3万トン• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)、マッハ400(宇宙空間) 「ゴジラシリーズ」の怪獣の着ぐるみは作品が異なると別の着ぐるみが作られていることが珍しくないが、キングギドラに関しては同一のものが修復と改修を繰り返されて9年間使用されている。 デザインは、頭部造形は、胴体は八木勘寿、八木康栄による。 初期のデザイン画では西洋的に描かれていたが、によって東洋の「龍」のイメージを加えるよう指示があり、頭部の造形にはの意匠が加えられている。 当初、完成した着ぐるみは青い体 に虹色(実際の塗色は赤・黄・青のグラデーションになっている)の羽根であった が、撮影本番直前になって、当時を担当していた鈴木桂子が円谷に「金星から来る怪獣なので、私、金色かと思ってました」と話したところ、それを聞いた円谷がたいへん気に入り、金色に塗装し直された。 着ぐるみの重量は80キログラムほどあったという。 たてがみは麻、翼は針金の芯に天竺布を張って作られた。 独特の鳴き声はによるもの。 頭の数に合わせ、3種類の金属音が作られた。 この声は『』のの光波の効果音と『』のや『』のMJ基地に登場する、電話のベル音に使用された。 『三大怪獣 地球最大の決戦』 [ ] 初代キングギドラ。 かつてにあった高度な文明を3日間で滅ぼしたとされ、現代の地球においては日本の に強力な磁力を持った隕石となって落下し、やがてその中から炎の塊となって飛び出したものが徐々に形を変え、キングギドラとしての姿を現す。 引力光線を吐いて暴れ回り、引力光線による破壊だけではなく巨大な翼からの突風で、東京を壊滅に追い込む。 富士山の裾野にてなおも暴れ回るなか、幼虫モスラに挑まれるが、歯牙にもかけず軽くあしらう。 その窮地を見かねたゴジラとラドンが参戦したことで3大怪獣と戦うことになるが、1対1ではゴジラをも圧倒するパワーとラドン以上の速度と飛翔能力をもって、3大怪獣を苦しめる。 しかし、ゴジラが引きつけているあいだに背後からラドンに乗ったモスラによって大量の糸を吐きかけられ、がんじがらめにされて動けなくなったところをゴジラに放り投げられて戦意を喪失し、宇宙へ逃げ帰る。 金星をはじめ地球などの惑星で破壊活動を行う理由や目的は不明であるが、「の意思」は最後の祈りのなかでキングギドラを「 金星の業火」と呼ぶ。 昭和ゴジラシリーズで自分の意思にもとづいて行動するキングギドラはこの作品のみであり、以後の作品ではすべて「に操られている」というかたちで登場する。 決定稿の段階までキングギドラによる破壊シーンが存在し、ピクトリアルスケッチも描かれていた。 隕石から舞い上がった炎が夜空を背景に何度も爆発を繰り返し、やがてキングギドラに変わる映像は、『怪獣総進撃』でも流用されている。 内部には横棒が仕込んであり、これを両手でつかんで操演するという危険なものだった。 3つの頭部の口から発する引力光線は、宣伝用のなどでは口から火を吐いている。 当初は宣伝用スチル写真にあるように尾を描いて伸びる炎のイメージであったが、実際にされた3本の首は特定の方向に細かく操演することが難しく、偶発的な動きをしている頭部と着弾を表現する火薬の発火とのつじつまを合わせるため、稲妻状の光線に変更された。 飛行シーンのほとんどは3(約1メートル)サイズのミニチュアで撮影されているが、人の入っている着ぐるみと見分けがつかないほど非常に精巧に製作されている。 キングギドラが擬態した隕石は、まだ一般に使われていなかったで造形された。 内部にライトをいくつも仕込んで発光を表現しているが、撮影中にライトの発する熱でポリ樹脂が軟らかくなり、自重に負けてへこむために補修が大変だったそうである。 『怪獣大戦争』 [ ] に「怪物0」と呼ばれてコントロール下にあり、X星に連れて来られたゴジラやラドンと戦うが、撃退されて敗走する(この戦闘はX星人の自作自演であったもようである)。 その後、地球に飛来してゴジラやラドンとともに破壊活動を行い 、キングギドラはアメリカを攻撃したことが劇中の台詞で語られる。 最後はの活躍でX星人が全滅したため、ダウンする。 そして同じようにコントロールが解けたゴジラとラドンを前作と同様に敵と見なして改めて戦うが、特攻を受けて崖からともに海中へ落下して敗北し、ふたたび宇宙へ逃げ帰る。 引力光線の形は前作と異なる(『怪獣総進撃』も同じ)。 スーツアクターは。 金色の塗料は着ぐるみの表皮のを非常に速く腐食するため、大幅な補修が成されており、初代とは首が延長されて長くなったのが大きな違いである。 これは、初代において全体のバランスの悪さが指摘された ためと、キングギドラには腕がないためにゴジラなど他の怪獣と格闘させる際には「腕」に代わるものとして、首のアクションが必要とされたためである。 公開から半年後の1966年7月19日に放送された『』の大阪、よみうりスタジオで収録された「怪獣供養」では、キングギドラの遺影が飾られていた。 『怪獣総進撃』 [ ] の最後の切り札として登場する。 星人は「キングギドラは宇宙の怪獣です。 地球の怪獣では歯が立ちません」と語る。 富士の裾野でキラアク星人によるコントロールから解放された怪獣たち に空襲をかける。 引力光線の一撃でモスラとラドンをまとめて吹き飛ばしたり、アンギラスを首に噛みつかせたまま飛び上がり、空中から落としたうえで踏みつけたりして奮戦するが、次第に手数で押されていき、ゴロザウルスにカンガルーキックで倒されたあと、それぞれの首を痛めつけられて絶命する。 尾は右のほうをゴロザウルスにかみつかれ、左のほうは痛めつけられることはない。 その直後、キラアク星人の地下要塞が破壊されると爆発によって地面が陥没し、巻き込まれた死体は地底へ落下する。 本作の戦闘では、引力光線は前から見て左の首が3回、右の首が1回と、合計4回しか使用されず、中央の首は1回も吐かない。 スーツアクターは。 翼が新しく取り替えられてビニール製になり、根元部分が広くなって上部の縁には先端まで鱗が貼り付けてある。 自転車のタイヤのゴムをうろこ型に切ったものを、新たに下半身に張り付けている。 改修は白崎治郎が担当した。 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』 [ ] 顔と鳴き声が初代と若干異なるが、引力光線の形状は『地球最大の決戦』と同じものとなっている。 宇宙空間を移送される際には、初代同様に隕石の中に入っている。 に操られてガイガンとともにゴジラやアンギラスと戦い、あと一歩まで追いつめるが、乱戦の最中、自分に突っ込んだガイガンに引力光線を当てたことから、喧嘩になる。 その隙を突いたゴジラとアンギラスの連携に加え、地球人によってM宇宙ハンター星雲人の司令塔が爆破されてコントロールを失ったことにより、ガイガンとともに宇宙へ敗退する。 関連書籍などでは「 二代目キングギドラ」とも表記される。 スーツアクターは。 頭部がによる新規造形のものに差し替えられ 、白目に当たる部分が以前は赤かったのに対し、こちらでは白くなっている。 なお、胴体こそ現在していないものの昭和ギドラで唯一この頭部だけは現存しており、2014年に開催された『大ゴジラ特撮展〜ゴジラ60年の軌跡〜』で会場展示された• 飛行用人形はこれまでのものを使用。 目が赤く点灯するが、翼も首も微動だにしない。 超ドラゴン怪獣キングギドラ [ ] 『ゴジラvsキングギドラ』に登場。 身長:140メートル• 翼長:150メートル• 体重:7万トン• 大気圏内飛行速度はマッハ4。 3匹のドラット(後述)が、マーシャル諸島ののの影響により合体、巨大化・凶暴化して誕生した。 未来人の特殊音波によって操られており、稲妻のような引力光線を吐いて街とを破壊し、翼から放つ衝撃波はを粉砕する。 そしての編隊を寄せ付けずに壊滅させ、以前よりも巨大になって復活し、北海道に上陸したゴジラと対峙する。 最初は空中からのキックなどでゴジラとの戦いを優位に進めるが、未来人のコントロールが失われたことで形勢が逆転し、尾をつかまれ何度も地面に叩きつけられる。 その後も長い首を使って締め上げ、泡を吹かせるも、体内放射の直撃を浴びて吹き飛ばされたすえに熱線で中央の首をはね飛ばされる。 ゴジラが未来人の母船を破壊した隙に逃走を図るが、熱線で翼を貫かれ、海へ沈む。 だがまだ絶命しておらず、仮死状態で生きていた。 主用武器は引力光線と衝撃波。 翼を閉じて身を守り、パワーアップしたゴジラの熱線をも防ぐが、逃走時には貫かれる。 スーツアクターは。 鳴き声はの声を使用 (加工されている)。 中央の首がはね飛ばされるシーンでは、子供層への配慮と海外での規制を考慮して、血ではなく金粉を噴出させている。 造形(vs) [ ] デザインは(ドラット、メカキングギドラを含む)。 造形製作は。 チーフの のもと、スーツ制作は村瀬直人をリーダーに浜谷哲裕(頭部原型)、ダニー谷林(しっぽ原型)、小松秀則らが担当。 基本デザインは初代のものをそのまま使用しており、頭部のみ新規にデザインが描かれている。 昭和時代のものは顔が東洋の「」に近かったのに対し、本作の顔は西洋の「」に近いものとなり 、昭和版にはある頭頂部の三日月形の角と、頭部のたてがみ状の毛がない。 尾の先端も昭和版の毛筆状な形状に対し、棘の生えた扇に近い形となった。 体重や身長もゴジラの巨大化に合わせて増えている。 着ぐるみは鱗を1枚1枚貼り付ける手間のかかる手法をとっているため1着しか造られず、海底での中央の首のないものやメカキングギドラなどにも使いまわされている。 飛行用の3分の1スケールのミニチュアも同様。 地上を横切る影の撮影にはバンダイのプラモデルを流用している。 使用したは首に2本(3つで6本)、尾に2本(2つで4本)、翼に2本(2枚で4本)、胴体に2本の合計16本。 操演スタッフ9人によってコントロールされ、早く動かさず、ゆっくり回して動かすことで初代キングギドラの動きを再現した。 3つの首は区別のため、スタッフからそれぞれ一郎(右)・二郎(中央)・三郎(左)と呼ばれていた。 メカギドラとの対比として「生ギドラ」とも呼ばれており、映画本編とは逆に撮影ではメカギドラでの新宿決戦から先に撮り、その後でこの生ギドラとなって映画中盤のシーンを撮影したあと、北海道の戦いで使われた。 ドラット [ ]• 身長:30センチメートル• 体重:800グラム から来た未来人の説明によれば、未来の地球でブームとなっている愛玩動物とされているが、実際には23世紀のと遺伝子操作が生んだ生物兵器で、特殊な笛の音波によって飼い主を識別している。 劇中に登場した3匹のドラットは、あらかじめ核エネルギーを吸収して1体のキングギドラと化すようバイオプログラミングされており、ビキニ環礁のラゴス島に置き去りにされた結果、そこで行われた核実験のエネルギーにより、未来人の目論見通りにキングギドラへの変貌を遂げる。 脚本では「コウモリとネコを合わせたような合成生物」と記述され、これに準じたデザインも描かれている。 ノベライズ版では、金星に眠る宇宙超怪獣キングギドラの遺体から体組織を回収してドラットが作られる過程が描かれている [ ]。 造形物は同型の人形が3体造られ、そのうち1体のみが手を入れて操るアップ用となっている。 エミー・カノー役のも操作を行なっている。 しかし、監督のにはDVDので「人形にしか見えない」と嘆かれていた。 劇団こがねむしによる怪獣人形劇「ゲキゴジ」にも登場する。 メカキングギドラ [ ]• 身長:140メートル• 翼長:150メートル• 体重:8万トン• 大気圏内飛行速度はマッハ4。 ・網走でゴジラに敗れてに沈み、212年間仮死状態で存命していたキングギドラを地球連邦機関が回収し、23世紀の技術で機械化手術を施し改造した兵器。 失われた中央の首のほか、胴体や翼と尾の先端、も仕様になっている。 左右の首からは改造前と同じ引力光線、中央の首からは引力光線以上の威力を持つレーザー光線を発射できるほか、胸にはゴジラ捕獲用兼高圧電流照射兵器としてのマシンハンドやワイヤーを装備している。 胸部に小型・を改造したコックピット兼緊急脱出装置があり、エミー・カノーが搭乗する。 3つのロックオンサイトで光線の照射を操作し、コックピット内に追加されたタッチパネルで3つの長い首の神経に命令を伝達して、ゴジラに巻きつく、かみつくといった動作を行わせることができる。 その巨体ゆえに敏捷な起動は難しく、2枚の翼は機械製になっているため空気を捕らえて浮力を得ることも難しい。 そのため、飛行はホバリングが主になっている(能力は高く、破れた状態でもゴジラをつり下げたまま飛行する)。 この能力を利用して、転倒した状態から一瞬で起き上がることが可能である。 KIDSと合体しているため単独でのタイムワープが可能。 としてアンドロイドM11のが積んであり、これによって制御され、KIDSパイロットによって操縦される。 付近で暴れるゴジラの前に登場。 ゴジラを都庁の下敷きにするも、反撃され翼を損傷し墜落、一時はエミーが気絶するなど苦戦するが、ゴジラをマシンハンドで拘束。 どこかへ運び去ろうとするが、戦闘によるダメージが蓄積し、さらに暴れるゴジラから至近距離で熱線を浴びてついに海に墜落し、ともにに沈む。 エミーはKIDSで脱出し、23世紀へと帰る。 その残骸の一部は、2年後のに公開された映画『』でによって海底から引き上げられ、その技術を解析した結果が完成する。 作品の冒頭ではメカキングギドラの中央の首がG対策センターに保管されているシーンがある。 なお、劇中では未呼称で、名前が呼ばれるのは『vsメカゴジラ』の冒頭ナレーションでのみ。 造形(メカキングギドラ) [ ] はキングギドラの上にの別パーツをかぶせるかたちで製作されたが、そのために着ぐるみの重量は200キログラムにもなり、吊っていたワイヤーが重みで切れて撮影前に都庁舎のセットを壊すというハプニングも起きた。 着ぐるみの構造上「中に人を入れるのは危険」と判断され、スーツアクターを入れないかたちで撮影が行われた。 操演用のピアノ線は18本に増えている。 飛行用の3分の1スケールのミニチュアもキングギドラを改修して使用され 、都庁上空の飛行シーンではクレーンで吊るされてオープンセットで撮影された。 操縦席のセットには排水口の網や鍋の蓋などキッチン用品を塗装・改造したものが使われている。 スイッチ類はゴジラ捕獲装置のもの以外決まっておらず、エミー役のがビームのボタンなどを自身で決めて演じていた。 護国聖獣キングギドラ [ ] 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に登場。 身長:50メートル• 翼長:93メートル• 体重:2万5千トン 本作では、日本の自然の守り神・護国三聖獣の一体「 天の神・魏怒羅」として登場。 「護国聖獣伝記」では足が4本ある姿で描かれている。 劇中において「キングギドラ」という呼称は、ギドラが千年竜王として覚醒したとき、主人公の立花由里が1回用いるのみである。 ギドラ(魏怒羅) [ ] 富士の樹海の氷穴で眠っていた。 成長が遅いため、1万年の眠りから覚めると完全体となり、地・海・空すべてを支配する最強の聖獣となるという。 しかし不完全体で目覚めたため、翼も折り畳まれた状態であり、飛行も光線攻撃も不可能である。 唯一の武器はサンダースパーク(かみつき攻撃と同時にスタンガンの要領で電気ショックを与えるかたちでの攻撃)。 ゴジラとモスラの闘いに割って入り、かみつき攻撃を仕掛けるが、ゴジラに投げられてあえなく気絶し、結果としてふたたびモスラに孤軍奮闘を強いることになる。 キングギドラ(千年竜王) [ ] キングギドラをかばってゴジラに敗れたモスラのエネルギーを吸収し、地・海・空のすべてを制覇する完全体となった姿。 閉じられていた翼が開いて飛行できるようになり、ゴジラの熱線を黄金の粒子で跳ね返し、ビッグスパークボールとして撃ち返したり、口から引力光線も吐けるようになる。 引力光線を吐く際は黄金に輝く。 動きも機敏で、ビッグスパークボールで海中に没したゴジラに撃破の突破口となる肩の傷も開かせ、海中でも背後から羽交い締めにして動きを封じて一時は優位に立つ。 しかし、その傷口に向けて放ったさつまのD3削鋼弾を回避するために身をねじったゴジラの盾になるかたちで浴び、形勢が逆転する。 ゴジラと海中で戦ったあとに浮上し、追ってきたゴジラに引力光線で攻撃するが、ゴジラはこの光線をも吸収したうえに熱線と合わせて放射し、これを至近距離で食らったキングギドラは爆発四散。 その直後、護国三聖獣のゆらぎ(の状態)となり、ゴジラに憑依している怨念を浄化することに成功し、その後のD鋼弾攻撃で止めを刺すきっかけを造った。 しかし、最後にゴジラは心臓のみになって生存している姿が描かれる。 ギドラ、キングギドラを通して本作における立場上、ゴジラにとっては敵であることに変わりはないが、怨念を宿して破壊を続けるゴジラを止めるために戦う存在で、過去作のキングギドラとは異なり、バラゴンやモスラとともに「クニ」をゴジラから護る守護神として描かれている。 伊佐山教授の持っていた石(古代のディスク)を吸収してダウンした状態から復活したり、橋から転落した立花由里に口から水を噴出させ、海面落下衝撃を和らげて救うといった、他作品のキングギドラでは見られない行動も見せる。 スーツアクターは。 デザイン的には従来より首が短く、顔立ちがやや柔和になり、尾が太くなっているほか、翼の指が1本少ない、鳥のイメージもあり、足の指が3本でかかとに突起が付いているのも鳥脚がモチーフ。 顔の横のひれはバランをモチーフとしている。 覚醒時に大きく開いた翼はほかのキングギドラに比べて多少大きめである。 『モスラ3』版と同じく、棘が首から尻尾まで生えている。 着ぐるみの首は、操演で動かす長めのものと、スーツアクターが腕を入れて動かす短めのものの2種類が作られ、シーンに応じて使い分けられた。 富士の樹海の氷穴で眠るシーンでは、大型の首のモデルが使用された。 昭和版キングギドラ同様に、体液が赤色になっている。 本作のイラストポスターでは角の生えかた以外はVS版のように描かれている。 歴代キングギドラで唯一、対戦相手より小柄に設定されている(この作品のゴジラは60メートル)。 着ぐるみも歴代最小となっている。 のちに発売されたDVD限定版では、映画で使われたうろこのレプリカが同梱された。 パチスロ版『ゴジラ』での撮影では、スーツが改造されて顔立ちも映画と異なり、ゴジラの敵役としての悪役顔になった。 高次元怪獣ギドラ [ ]• 身長:不明 アニメーション映画『』に登場。 異星人エクシフが「金色の王」「黄金の虚無」と称する黄金の怪獣。 作中ではより現出した3つの首のみが登場し、胴体や翼、足、尻尾を含めた全体像は登場人物たちが幻視したシルエットのみの登場となっている。 全身が出現した場合は直ちに惑星ごと全てを飲み込んでしまうため、ギドラを信奉するエクシフにも真の全体像を見た者はなく、彼らの精神の中で定義された造形が他の観測者に見えているに過ぎない。 エクシフの信仰で語られる「宇宙知性」「既存の宇宙を超えた高次の領域へと至る門」と同一の存在。 エクシフにとっては信仰の対象であり、差し出された母星エクシフィルカスを筆頭に、放浪する彼らの見つけた数々の惑星を文明ごと滅ぼしてきた。 星という種から命が芽吹き、人という花が文明を咲き誇らせ、その果てに実る果実である怪獣(地球で言うところのゴジラ)を食らう存在とされている。 エクシフの信仰に登場するはギドラの姿を意味し、告解する者に手を2回振り下ろす行為は身体を3つに分けてギドラに捧げることを暗示している。 また、の報告書では、やの伝承に登場する複数の首を持つ竜、多くの文明で魔除けや吉祥として重んじられるとも関係があると指摘されていた。 次元の狭間に生息する高次元エネルギー体 であり、出現するだけでブラックホールが形成されるほどの重力制御能力を有している。 また、この宇宙とはの系そのものが異なる別次元の存在であるが故に、人の眼や耳では認識できるが、コンピューターやセンサーなどの電子機器では異常なの拡大以外はその存在を検知・解析することはできず、干渉や捕捉することもできない。 召喚時には歪曲重力場および時空間曲率の破綻によりが発生、惑星上に出現する際には異常重力場による上昇気流で巨大なを発生させる。 周囲ではあらゆるデータの送受信が時間的整合性を失うため、作中では計測上は数十秒前に死亡しているはずの相手と通信する、まだ生きているはずなのに生命反応が途絶したと表示されるといった不可解な現象が起きた。 地球次元側からの観測や干渉を一切受け付けず、ギドラだけは別次元の法則によって自在に地球次元側の存在に干渉できる絶対的な優位性を有している。 異次元の物理法則を利用することにより、自分への物理攻撃は完全に素通りし、噛みついた場所からは分子振動による発熱をも無効化して一方的に熱を奪い、10万トン以上の体重を誇るゴジラ・アースを宙に浮かせ、噛み付かれた対象もまた実在が侵食されてギドラと同じように計測値が曖昧になっていく。 で空間そのものを湾曲させ、ゴジラの熱線をも捻じ曲げることもできる。 しかし、地球次元側と同様にギドラ単体では地球次元側の存在を観測できないという弱点を抱えており、捕食対象の捕捉にはエクシフによる観測を必要としている。 さらに、召喚中にガルビトリウムを砕かれると地球側の物理法則に捕まってしまい、物理的な攻撃を無効化できなくなるだけでなく、計測上の現象の不整合が補正されていき、異常重力場は減衰しても急速に閉鎖を始める。 第二章『決戦機動増殖都市』にて、主人公のハルオ・サカキがに対して抱いた恐怖心を和らげるため、エクシフのメトフィエスがゴジラ以上の脅威としてその名を伝える。 第三章『星を喰う者』では、メトフィエスやエクシフの族長エンダルフが、メカゴジラシティの陥落にともなってエクシフの宗教にすがった先遣隊の生き残りやアラトラム号の人々とともに儀式を執り行い、地上の生存者たちを生贄とすることでアラトラム号周辺に召喚される。 アラトラム号を撃沈した後には地上へ降臨し、ゴジラ・アースと対峙する。 ゴジラ・アースとの戦いでは別次元の法則による優位性によって、ゴジラ・アースの一切の干渉を受けつけず、自身は核兵器すら通じない「非対称性透過シールド」を無視した直接攻撃を行い、ゴジラ・アースの実在を自身の次元法則で侵食して喰らい尽くそうとするが、ハルオにより観測役だったメトフィエスが右目に埋め込んでいた観測装置「ガルビトリウム」を破壊されたことで地球次元側へ引き込まれてしまい、ゴジラの反撃に圧倒された末、現出元のブラックホールを熱線で破壊され、撃退された。 ただ、完全に消滅したわけではなく、地球で文明が再興されればいずれまた降臨する可能性は残っている。 造形(アニメーション) [ ] 3DCGモデルは監督ののラフスケッチを元に川田英治が担当。 瀬下によるテーマは。 「まったく違う進化をしたゴジラ」というイメージを再現するため、モデリングは劇中に登場するゴジラの派生怪獣セルヴァムからの進化という方向性を軸に、セルヴァムのモデルをベースに発展させる形で行われた。 3つの頭部はそれぞれ形状が異なり、複数の目玉を備え 、上顎よりも下顎が大きい。 首が非常に長く、鱗に相当する部分は植物のやの棘がモチーフとなっており、攻撃性が表現されている。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のキングギドラ [ ]• 体長:158. 8メートル• 体重:14万1056トン の氷の中で眠っているところをモナークに発見され管理下に置かれていたが、エマ・ラッセル博士と結託したアラン・ジョナのテロ組織の爆破工作によって目覚めさせられる。 太古からゴジラのライバルとして何度も戦ったとされる最強の怪獣であり、西洋におけるあらゆる神話などで伝承される悪のドラゴンらのもとになったとされる。 その反面、詳細な資料や記録が残っておらず、これについては「その力を恐れ、忘却したかったために記録しなかった」とアイリーン・チェン博士は推測している。 また、ギドラに対して東洋におけるドラゴン=竜=ゴジラは神聖な存在と伝承されたとも推測された。 正体は太古に宇宙から飛来した外来生物、即ちエイリアンとも言うべき存在であり、気象を自在に操ったり、頭部を失っても短時間で再生するなどといった地球上の自然摂理を逸脱した能力を有している。 またゴジラと同等以上の力を持つが、地球外生命体であるが故に地球のバランスを保つ存在ではないとして、ゴジラを怪獣王と考える芹沢猪四郎博士は「偽りの王」と称した。 性格は極めて凶暴で、怪獣とコミュニケーションを取る装置「オルカ」やそれを扱う人間を障害と見なし、激しい憎悪をむき出しにする。 南極での覚醒時、存在を感知したゴジラと交戦するが、3本の首から吐く引力光線でゴジラを悶絶させて南極モナーク施設を壊滅に追い込み、ハリケーンを纏い身を隠す。 さらにメキシコで覚醒したラドンとプエルトリコ沖で交戦するが、ラドンを空中戦で圧倒し海に叩き落としてしまう。 続いて追跡してきたゴジラと再戦となり海中に引きずり込まれ左側の首を食い千切られたが、両者を倒さんと米軍の放った弾道ミサイルを撃ち込まれてもなお生存して飛び去り、やがて失った頭部も再生する。 その後、自身の配下となったラドンを始めとする各地の地球怪獣にアルファオスとして号令を出し、一斉に覚醒させ世界各地に攻撃を開始。 マディソン・ラッセルがオルカを使って地球怪獣達を宥めると、これを排除すべくに襲来し、そこで芹沢が自らの命と引き換えに起動した核兵器のエネルギーを吸収して復活したゴジラと三度交戦する。 一進一退の戦いを繰り広げ、ゴジラに加勢する為に飛来したモスラにラドンを差し向けて妨害し、さらに発電所から大量の電気を吸収し、ゴジラを再び圧倒。 その際に首だけではなく、翼や尾からも広範囲に引力光線を放って戦闘機隊を壊滅させ、ゴジラに首で絡みついて捕縛し、高々度から地上へ落として昏倒させ、ゴジラを庇うモスラをも引力光線で消滅させてしまう。 だが、飛散したモスラの粉を吸収し復活したゴジラによって再度形勢を逆転され、凄まじい灼熱の体内放射を続けざまに浴びて中央の首だけを残し肉体が蒸発。 それでもなお生きていたが、ゴジラに咥えられた状態からの放射能熱線により跡形もなく消し飛び、最期を遂げた。 エンドロール後、プエルトリコ沖の戦いで喰いちぎられた頭部をジョナが地元漁師から買い取るシーンで本編は終了している。 本作では全編CGで描かれ、動きがスーツよりもなめらかになり、太古の地球に飛来し、地球を滅ぼそうとする等、原点の宇宙怪獣に立ち戻ったといえる。 日本版よりも翼のボリュームが増しており、尾部分先端は『モスラ3』や『大怪獣総攻撃』のように棘が目立ち、地上に出たり、歩く時には翼を前脚の代わりにして地上を駆ける。 デザイン造型では中央の首は『FINAL WARS』のカイザーギドラのように前に出ており、モンスター・ゼロ(怪物0)という『怪獣大戦争』での呼び名と、『大怪獣総攻撃』のような氷の中からの復活、更に後述する『モスラ3』のような再生能力やカイザーギドラのようなエネルギー吸収能力など、歴代様々なギドラの要素や能力が採り入れられている。 首が一本一本それぞれ性格の異なる描写があり、中央の首がリーダー格として左右の首に注意したり指示を出しているのが見られる。 『モスラ3 キングギドラ来襲』のキングギドラ [ ] 現代型キングギドラ [ ]• 身長:60メートル• 翼長:80メートル• 体重:5万トン• 年齢:2億歳• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)、亜光速(宇宙空間)• 引力光線 - 3つの頭から発射し、部質を空中に舞い上げて粉々に吹き飛ばす破壊光線。 反重力光線 - 翼に集中している反重力エネルギーを、翼のかぎ爪から放射する光線技。 催眠光線 - 目を赤く発光させ、それを見た生物の心を思いのままに操る。 引力光線トリプルトルネード - 引力光線を3つの頭から同時発射する最強技。 バリア - 体周辺にバリアを展開して敵の攻撃を防御する。 1億3千万年ぶりに地球を襲った宇宙超怪獣。 中央の首がリーダー的な役割を務める。 地球の生態系の頂点にして生命力に富む人類の子供をさらって分身体である生体ドーム に閉じ込め、最後にはドーム内から分泌される溶解液で生命エキスに変えて吸収することにより、エネルギー源にしようとたくらむ。 過去作品の個体以上に豊富な技と高い知能をもち、通常の引力光線のほか、3つの口を揃えて一斉に引力光線を吐く トリプルトルネード、羽から放つ 反重力光線などといった数多の戦力を有している。 さらに防御手段として バリアの展開能力をはじめ、獲物である子供を捕えるための 誘導テレポート能力や 能力など、過去作品の個体にはなかった特殊能力 を数多く備えている。 モスラとエリアス族の関係も瞬時に見抜き、モスラをサポートする力を半減させるためにロラを操ってモルと引き離すなど、性格はきわめて悪賢い。 恐竜のエキスで強大に成長しており、空中戦においてのビームをバリアで防ぐと翼にのしかかり、左右の首がモスラの翼に噛みついて投げ飛ばしたあと、トリプルトルネードで倒す。 したレインボーモスラに当時のキングギドラが倒されたことでいったん消滅するが、白亜紀で切断された尾からの再生を経て再出現する。 フェアリーに乗ったベルベラとロラによる攻撃を一蹴したあと、タイムカプセルで1億3000万年眠り続けて進化したと戦うが、どの攻撃も通じず鎧・翼カッターで左の翼を切断され、最終的にはエクセル・ダッシュ・バスターで青色の塵に分解されて大爆発する。 のモルによれば、本作世界の宇宙の星々における生物大絶滅の原因は、その半数がこのキングギドラを始祖とする「ギドラ族」が行った虐殺の結果であるとされ、モルは「」と呼称する。 から発売された『モスラ3超全集』において、鎧モスラが切断した翼からキングギドラが復活する可能性があるかもしれないということが指摘されている。 デザインは、造形はのがチーフ・リーダー・頭部原型を担当する。 鱗は小川スタジオが製作。 過去作品の個体と比べて格段に凶悪な顔付きとなっており、中央の首の角は他の2つのものと若干違う形をしている。 また、首だけにあった ( とげ )が首から尻尾まで生えており、体の部位による鱗の大きさの差も大きくなっている。 着ぐるみの塗装には、部分的にカメレオンカラーも採用されている。 なお、造形スタッフや西川には「グランドギドラ」とも呼ばれていた。 『地球最大の決戦』以来の自我で侵略活動に出た個体であり、平成以降では唯一の「宇宙超怪獣」という設定である。 スーツアクターは(後述する白亜紀型を含む)。 特技監督のがキングギドラを走って飛ばすことができるスーツアクターを要望したところ、若狭がドラゴンからの連想によりCMでのモノマネを演じていた喜多川を連想し、起用に至ったという。 喜多川は本作品での演技が評価され、翌年『』でゴジラ役に抜擢された。 白亜紀型キングギドラ [ ]• 身長:40メートル• 翼長:50メートル• 体重:2万5千トン• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)• 火炎弾 - 3つの頭から発射され、何でも焼き尽くす超高熱の火の玉。 1億3千万年前のの地球に襲来し、当時の生態系の頂点に立つ恐竜を絶滅寸前に追いやった。 現代型に比べるとまだ若くて小さく、首、胴体、足も現代型に比べると細くて華奢で、体重も現代型の半分ほどである。 当時は走行が可能だったようで、飛ぶときにはのように助走をつける。 また、現代型とは角の生え方や、顔付き、身体の凹凸の模様などが違っており、翼の付け根の形も現代型と比べ細い形になっている。 使用する技は成長後のキングギドラが使う引力光線と違い、灼熱の火球(レインボーモスラのバリアで防がれ、威力はそう高くない)である。 また、当時はまだ翼から光線を発射したりバリヤーを展開ができないうえ、誘導テレポートや子供たちを取り込んだドームを形成する能力なども備えておらず、直接恐竜を丸かじりにする。 恐竜を食べようとしたときに現代からタイムスリップしてきたレインボーモスラに襲撃されて右側の尾を切断されるが、幼態とはいえ噛み付きや至近距離からの火球弾といった容赦のない攻撃でレインボーモスラを苦戦させ、一時は行動不能にまで追い込む。 しかし、現代側で洗脳が解かれたロラのアシストを受けたモスラの鱗粉攻撃で大ダメージを受け、そのままモスラに運ばれて相討ちに近いかたちで火山に葬られて絶命し、同時に現代側のキングギドラも消滅する。 その後、レインボーモスラの攻撃によってちぎれていた尾の一部から再生し、現代型キングギドラとなって現代に復活する。 着ぐるみは現代型とは別造形 でデザインは、造形はのがチーフに、リーダーのを筆頭に(頭部原型)、鈴木俊哉、山田太一、小柴航、木村一仁、関根喜美子、倉橋夏子らが製作した。 左右の首はピアノ線による操演とスーツアクターが腕を入れて動かす方法が採られた。 着ぐるみの造型にあたっては軽量化が強く意識されており、アクターが入ったまま走って飛び上がるといったアクションも可能となっている。 スタッフの間では「ヤングギドラ」とも呼ばれていた。 『流星人間ゾーン』のキングギドラ [ ] 第5話および第6話に登場。 ゾーンの宿敵であるガロガが、ブルーグリーン装置を破壊するために送り込んだ「恐獣」として登場する。 この作品でのキングギドラは「宇宙超恐獣」とされている。 第5話で太陽光線を遮断するガロガの「ダークプリズム作戦」で、エネルギーが補給できなくなったゾーンファイターに対して翼を使った強風で有利に戦うも、ゾーングレートのボルトサンダーであえなく形勢逆転される。 第6話では有利なはずである金星でゾーンファイターと戦うが、3本の首をそれぞれ滅茶苦茶にへし折られたあげく、ミサイルマイトを大量に受けるなどしてまたしても敗北し、宇宙に逃げ帰る。 絶命には至らないが、隊員は「キングギドラはもう立ち直れない」と発言する。 関連書籍などでは『ゴジラ対ガイガン』と同一個体とするものもある。 スーツアクターは。 着ぐるみ自体は『地球最大の決戦』以来改修を重ねて使用されたもの。 テレビの撮影現場では映画のような操演はできず、ただ立っているだけの状態がほとんどだった。 この造形物は、従来はこの撮影後に処分されたといわれていたが 、1979年にが『』 [ ]の特集記事で、東宝の倉庫に保管されているのを確認している。 飛び人形は『ゴジラ対ガイガン』のものを流用。 『ゴジラアイランド』のキングギドラ [ ] の操る宇宙怪獣として、第1シーズンの「キングギドラ編」に初登場。 凶暴電波が消えて正気を取り戻したゴジラのもとへザグレスによって送り込まれ、ゴジラ、ラドン、子モスラと交戦して海に転落するが、ザグレスのヴァバルーダが放った「滋養強壮赤マンダドリンク光線」を浴び、3倍にパワーアップして復活する。 しかし、ゴジラを圧倒するもトレマのミラクル念力を受けた影響で押されていき、宇宙へ退散する。 その後、第2シーズンの「ミサト登場編」で怒ったランデスにより、宇宙から召還されて再登場する。 Gガード基地を攻撃してを撃退し、駆けつけて来たゴジラを苦しめるが、ミサトにダンスグロビンを吸わされてダンスを踊らされ、撤退する。 『ゴジラアイランド』のメカキングギドラ [ ] 第1シーズンの「メカキングギドラ編」に初登場。 ザグレスが怪獣自動販売機で買ったメカ怪獣(本当は下記のハイパーメカキングギドラを買おうとしていたが、このときのザグレスは赤字財政だったため、渋々こちらを買う)で、ランクはグレードB、価格は250万宇宙ゼニー。 購入して早々ゴジラに差し向けられるが、実はこのとき別売りのオプションの電子頭脳が入っておらずまともに動けなかったため、たやすくゴジラに倒されてGガードに奪われ、逆にヴァバルーダ攻撃のために利用される。 だが、すぐにザグレスに奪い返される。 その後、ザグレスがオプションの電子頭脳を購入して取り付けたことによりまともに動けるようになり、Gガード基地を攻撃する。 戦いを挑んだゴジラと互角に戦うが、のちに駆けつけたGガード司令官の乗るメカゴジラが必死に戦う姿を見て奮い立った怪獣たちの猛反撃に遭い、右の首を引きちぎられて逃げ去る。 その後、「さよならトレマ編」で暗黒大皇帝によって首を修理された姿で再登場する。 このときはゴジラが不在だったために他の怪獣を次々となぎ倒し、とともにGガード基地にも大被害を与える。 帰ってきたゴジラと一致団結した怪獣たちの猛反撃に遭い、またしても右の首を引きちぎられて退散する。 その後の詳細は不明。 武装は口から吐くレーザー光線。 映画では虹色と金色だったが、終始白の光線を吐く。 「メカギドラ」と呼ばれることが多い。 ルーカスには「メカギドラではなく、バカギドラ」と呼ばれている。 造形物はバンダイのソフビ人形だが、オリジナルと違い首はすべてメカで、翼の表側の色が銀一色になっている。 ハイパーメカキングギドラ [ ] 上記のメカキングギドラの最高級品。 初登場は第1シーズンのメカキングギドラ編だが、ここでは名前のみの登場で、実物が登場したのは第2シーズン完結編から。 本作最後の敵怪獣でもある。 怪獣自動販売機で販売されており、価格は1千万宇宙ゼニーで、ランクはスペシャルグレードA。 地球に戻る途中で、ザグレスが購入する。 尾以外はすべてメカで、両翼の形状が生身のキングギドラに近い。 翼が大きく足が太い。 また、カラーリングもメカキングギドラと比べると全体的に黒ずんだ色合いをしており、ところどころに赤い三角形のマーキングがある。 武器は赤色のレーザー光線に加え、中央の首から吐く氷付け光線に命中したものはたちまち氷漬けになり、ゴジラも一時冷凍される。 全体的な戦闘力も通常のメカキングギドラより高く、最高級品にふさわしい性能を有する。 このほか、身体の一部が破損しても内部から修復プログラムを起動することで、自己修復が可能。 地球攻撃隊隊長に再任命されたザグレスが、ワープゲート奪還のために乗ってゴジラアイランドを攻撃する。 氷付け光線でGガード基地を氷付けにして一時的に基地の機能を麻痺させ、ゴジラすら凍結させるが、ザグレスを追って戻ってきたトレマの呼びかけで復活したゴジラに反撃されて一時退散し、終盤でふたたび登場する。 このとき、ザグレスがいつの間にか購入していたトラクタービームを付け加えており、ワープゲートを奪おうとするが、そこに駆けつけたトレマのパンナトルテとミサトのタルトクープ、そして司令官の乗るメカゴジラとゴジラと戦闘になる。 これにレーザー光線で応戦するもミサトたちの攻撃で左の首を破壊されたうえ、ゴジラを再度氷漬けにしようと放った氷付け光線もゴジラの熱線で押し返され、中央の首も破壊されてダウンする。 次にザグレスは前記の修復プログラムを起動し、破壊された首が再生して復活するが、この直後にミサトがワープゲートの設定を逆転させたため、ザグレスごとワープゲートの向こうに吸い込まれる。 通常のメカキングギドラ同様、「ハイパーメカギドラ」と呼ばれることが多い。 『宇宙船 YEAR BOOK 1999』では ハイパーギドラと記載している。 『CRゴジラ3・4』のキングギドラ [ ] のパチンコ『CRゴジラ3・4』に登場。 このゲームにはゴジラvsシリーズでを務めたによる新撮の東宝怪獣が大挙登場し、キングギドラはゴジラとの戦いのムービーが新たに撮影されている。 着ぐるみは『大怪獣総攻撃』のスーツの首を延長し、従来通りの操演で動かすように改修した(元のスーツでは両腕で首2本を操作するという独特の構造であり、そのために首が太く短かった)ものであり、昭和のギドラにかなり近いフォルムを持っている。 『3』での登場テーマは『』のメインタイトル曲である。 宇宙から飛来した宇宙超怪獣キングギドラは、数々の怪獣を倒したゴジラの前に立ち塞がり、大都市で激闘を繰り広げる。 首を噛まれるなどの激闘のすえ、ゴジラの熱戦と引力光線がぶつかった大爆発で市街地は焦土と化す。 『4』ではガイガン、アンギラスとともにゴジラと戦うムービーがある。 スーツアクターは(『4』)。 『ゴジラ・パチスロウォーズ』のキングギドラ [ ] 宿敵ゴジラを倒すべく亜空間から登場する。 かみつきや引力光線でゴジラに挑む。 姿は『大怪獣総攻撃』のもので、鳴き声は『vs』版。 その他の作品 [ ]• 1966年にから発売された『大怪獣戦 30怪獣大あばれ!! 』収録の「宇宙怪獣対地球怪獣」では、地球を襲う宇宙怪獣の1体として登場する。 『』では、キングギドラの人形が矢野研の所持しているおもちゃとして登場する。 漫画『』では、悪の科学者であるマッド鬼山が操る宇宙怪獣「キングギドラIII世」として登場する。 ゲーム『』では、キングギドラが「巨影」の1体として登場する。 亜種怪獣 [ ] 宇宙超魔獣 デスギドラ [ ] デスギドラ( Desghidorah)は、東宝の特撮怪獣映画『』()に登場する架空の怪獣である。 全長:100メートル• 体高:50メートル• 最大翼幅:80メートル• 体重:7万5千トン• 最大歩行速度:時速180キロメートル• 火砕流撃弾:体内のマグマエネルギーを口から勢い良く噴射する高熱ビーム。 3つの首から連続発射して特定の敵を狙い撃つ。 翼を広げた最終形態となると威力も5倍以上となる。 火龍重撃波:口から吐き出す強力な灼熱火炎。 周囲にあるものを一瞬にして焼きつくし、動植物を死滅させる。 剛烈駆雷震:地割れを起こし地下のマグマを噴出させ口から吐く火龍重撃波と合体させ敵を粉砕する技。 デスギドラは地下のマグマを操ることもできる。 親モスラに使用するが、つねに空中にいるためあまり効果がない。 天怒爆突:対内にためたマグマエネルギーを一気に開放し、接近した敵を吹き飛ばす大技。 死角である背中に取り付いた親モスラに使用し、吹き飛ばすと同時に大きなダメージを与える。 轟砲一閃:高熱エネルギーによるバリア。 モスラ幼虫に浴びせられたエクセル・ストリングスを振り払う。 イリュージョン・ミラージュで無数の小型モスラに分裂したグリーンモスラにも使用するが、振り払いはするもののダメージは与えられない。 三重渦撃砲:3つの首から火砕流撃弾を一斉に放ち回転、増幅させる。 炎龍旋風撃波:三重渦撃砲のスピードと回転をさらにパワーアップさせる。 スーツアクター: 姿はキングギドラに似ているが、体表にはうろこがなく、体色は黒で四足歩行。 を自在に操る。 惑星の命、特に植物のエネルギーを好んで吸収して生きている(動物が持つエネルギーは植物と比べ、効率が悪いため利用しない。 人間を直接襲わないのもこのためである)。 6500万年前にを不毛の星にしたあと、地球の植物に壊滅的な打撃を与え、を滅ぼすが、に敗れ現代の紋別の森林奥地に封印されていた。 地面に埋まっているエリアスの盾が封印の役割をしていたが、人間たちの森林伐採工事が原因で遺跡が露出し、何も知らない人間・後藤裕一にエリアスの盾を取られたため、復活する。 復活したばかりの不完全体では、翼が短過ぎてまだ飛べないため、4足で歩く。 武器は口から吐くをエネルギーにした光線や火炎。 序盤は成虫モスラの多彩な攻撃技に苦戦するも次第に圧倒して返り討ちに追い込み、幼虫モスラが援護に来て2対1という不利な状況になってからもなお、互角以上に戦う。 また噛みつきや踏みつけも得意で、逃げ出したモスラ幼虫の尻尾を踏みつけて尻尾や胴体に噛みつき出血させる程の威力である。 モスラ親子の挑発に乗り、を破壊して濁流に呑み込まれるが生存し、成虫モスラが倒れたあと、かつて地球を滅ぼそうとした際の形態(翼を使って空を飛べるようになる=完全体)となる。 その後、黒雲状の力場で北海道全域の植物エネルギーを搾取し、その地域の濃度の低下を招く。 最終的には、幼虫が変態した新生モスラに敗れ、ふたたびエリアスの盾で封印される。 公開当時にから刊行されたのノベライズ版では、宇宙のを増やす傾向から生まれた、生命の存在しない宇宙を構築するための負の生命とされており、神に等しいその存在に死はないとされ、その設定にもとづき「負の生命」と記述する書籍 [ ]もある。 その正体は不定形のマグマ状生命体であり、『モスラ超全集』やノベライズ版によれば、その姿はかつて交戦したキングギドラや、中生代の恐竜やの外観をコピーしたものとされている。 造形(デスギドラ) [ ] デザインは吉田譲。 造形は。 チーフのの筆頭の元。 リーダー・兼・頭部原型担当のをはじめ、八木文彦、寒河江弘、山岡英則、渡辺勉、そしてメカニカル製作ののがそれぞれ担当。 キングギドラとの差別化のため、四本足の怪獣としてデザインされた。 着ぐるみの前足には杖が入れられ、後足が膝をつかないようにしている。 後ろ足で立ち上がることができるなど機動性が高く、特技監督の川北紘一もこの着ぐるみを気に入っていたという。 また4足歩行のデザインは、「のちのカイザーギドラに近い」とも評されている。 着ぐるみの翼は付け根の部分で着脱が可能となっている。 造形物は着ぐるみのほか、25分の1スケールの飛行用と首の可動ギミックを内蔵した小型のものの3種類が造られた。 パンフレットによれば、3つの首は操演時の区別のため、右からそれぞれ「」と呼ばれていた。 の最終兵器ともいえる怪獣である。 モンスターX、カイザーギドラともに、デザインは。 宇宙超怪獣 モンスターX [ ]• 身長:120メートル• 体重:6万トン• 武器:引力光線デストロイド・サンダー スマートな2足歩行のフォルムを持ち、2本の角が生えた頭部に加え、両肩にも骸骨を縦に2等分したようなものがついている(カイザーギドラになるときはこれが伸びる)。 体色は銀色と黒色で尻尾の先は2つに分かれている。 ゴジラ以上のパワーとスピードを持ち、3本の頭部の赤眼から放たれる引力光線「デストロイド・サンダー」はゴジラの放射熱線に匹敵する威力を持つ。 知能は高く、と連携したりするが、ゴジラを取り押さえた際に誤ってガイガンのチェーンソーで斬りつけられたり、背後からモスラのラリアットによりガイガンともども突き倒されるといった展開もある。 南極にて復活したゴジラにガイガンが倒されたあと、X星人が呼び寄せた に乗って宇宙から飛来する。 ゴジラのハイパースパイラル熱線で隕石を破壊されたあと、廃墟と化した東京でゴジラと戦う。 高々とジャンプして高速でスピンしながら上記の尻尾を鞭のように顔へ打ち付け、組み付いた状態から腕をひねって持ち上げたりといった、ゴジラを上回るパワーとスピードを活かした格闘スタイルを披露して苦しめる。 また、至近距離で放射熱線を顔面に受けてダメージを負いながらもすぐに引力光線「デストロイド・サンダー」で反撃に転じる。 さらに改造ガイガンとタッグを組み、ゴジラを挟み撃ちにして戦いを優勢に進めていくが、から飛来したによって改造ガイガンは倒され、モンスターXもゴジラにで組み伏せられ、殴打される。 スーツアクターは。 超ドラゴン宇宙怪獣 カイザーギドラ [ ]• 身長:140メートル、体長:150メートル(尾を除く)• 体重:10万トン• 武器:反重力光線デストロイド・カイザー 地球人によってX星人が倒されたあと、モンスターXがさらなる変身を遂げた姿。 戦闘力はキングギドラをしのぐ。 外骨格がはずれ、3つの首が伸びて角が生えて四足歩行形態となり(それと同時に両腕は使えなくなる)、翼が生じて体色が金色と黒色に変わる。 3つの首から放つ反重力光線「デストロイド・カイザー」で標的を空中に舞い上げてそのまま地面に叩きつけるほか、左右の首を両腕代わりにして相手を押さえつける、3つの首すべてで噛み付くと同時にエネルギーを吸収するといった戦法を取り、相手を苦しめる。 設定によれば、モンスターXの外骨格はカイザーギドラとしての肉体を保護する反面、これを失うことでカイザーギドラの防御力はモンスターXとしてのそれよりもいくらか劣るとされている。 頭の角の形状と生え方および首のひれの形状はそれぞれの首で違う。 なお、モンスターXの額には三日月型の角があったが、変身後のそれに当たる中央の首にはそれがない(左の首の額に三日月型ではないが、そこから角が生えている)。 またキングギドラの首の根元は、左右が前の方に、中央が後ろの方に付く配置だったが、カイザーギドラは逆で、中央が前に付いている。 設定では飛行も可能だが、翼はキングギドラやデスギドラよりも体の大きさに比べて小さい。 統制官が倒され、X星人が全滅すると同時にモンスターXはカイザーギドラに変身。 持ち前の巨躯と反重力光線「デストロイド・カイザー」を武器にゴジラを圧倒し、ついにはゴジラに噛み付いてエネルギーを吸収して戦闘不能に追い込む。 しかし、尾崎がみずからの超能力「カイザーエネルギー」をのメーサー砲に注入して発射したG粒子メーサー砲を浴びたゴジラは力を取り戻し、反撃に転じる。 カイザーギドラは噛みつきを振りほどいたゴジラの至近からの放射熱線によって中央の首を吹き飛ばされたあと、左側の首が放った光線を右側の首を盾にされて誤爆し、右側の首も失う。 その後は反撃する力もなく、何度も一本背負いを浴びせられて動かなくなったところを空中に投げ上げられ、バーニングGスパーク熱線によって宇宙空間まで吹き飛ばされた結果、爆発四散する。 名前はドイツ語で皇帝を意味する「Kaiser」から。 ギドラ族の最上級怪獣として位置づけられており、キングギドラに似たフォルムをしている。 劇中では、変身の前後とも名前を呼ばれない。 モンスターXについては劇場公開前に公表されていたが、カイザーギドラはその存在が秘密扱いとされており、劇場公開前の時点では写真等の資料は公開されていなかった。 スーツアクターは中川素州、(前後にふたり入る)。 他作品への影響 [ ]• 『』には、メカキングギドラの首を2本にしたような姿の「星神獣リュウト」が登場する。 また映画『』に、強敵であるボスキートが巨大化した姿で、キングギドラの首を2本にしたような姿の「マンモスボスキート」が登場する。 のSF小説『』には、キングギドラをモチーフにした 、8本の竜の首と女性の上半身の計9本の首を持つ怪獣「クトウリュウ」が登場し、鳴き声や攻撃手段の光線がキングギドラのものに類似している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 光線を出す怪獣はゴジラ以外では初めて。 『』のメカキングギドラや『』の魏怒羅(千年竜王)は悪役ではなく、人類の敵となるゴジラと戦う存在として描かれている。 各部を動かさずにただ「立って」いるだけでも、頭(首)各2本(計6本)、翼2本のピアノ線と、その保持要員が必要である。 に「」からダイキャスト製玩具「」のひとつとして玩具が発売されたことがあるが、腹部を開くとメカが仕込んであるという趣向になっていた。 キングギドラが使う引力光線は本来、スペースゴジラが使うグラビトルネードのように敵を宙に舞い上げるというものだったが、撮影当時の技術的限界などからその表現は見送られた。 によれば、ブルーグレー調に塗装されていたという。 「」のイメージであったという。 宣伝用のカラースチル写真の中には、翼は虹色のまま、胴体だけが金色に塗り直されたものが存在する。 『三大怪獣 地球最大の決戦』公開時のポスターにおいても、この「翼が3色」のスチル写真が使われている。 公開のアニメーション映画『』の作中では携帯電話の着信音に引用されているが、これは円谷プロから正式に許可を受けて借用されたものである。 前年のにが完成して話題性があった。 本作のDVDオーディオコメンタリーおよび、特典『ゴジラ道』でのの証言によると。 同じく特典の東宝俳優図鑑ではと表記。 同作の特典の『メイキング8mmフィルム』では、撮影現場に坂本の姿がある。 しかし、にで開催された・トークショーによる証言ではが正しいとされる [ ]。 中野自身がキャスティングしたが、「キングギドラの撮影初日に宇畄木が来ず、調べたら黒澤映画のエキストラ役として勝手に連れて行かれており、黒澤組チーフ助監督のと大喧嘩して連れて帰ってきた」と発言。 また、当時撮影助手をしていた川北は、「よく言われる広瀬は身長が小さいのでキングギドラ役は無理だと思う」と発言した。 キングギドラがゴジラと肩を並べて戦うのはこのときが唯一である。 胴体が大柄で大きな翼と2本の尾を持つため、相対的に首が短く見えた。 ・・を除く。 左端の首はゴジラに何度も踏みつけられ、右端の首はアンギラスに噛まれ続けてそれぞれ絶命するが、中央の首はそういう描写もなく終始虫の息で、ミニラの熱線によってとどめをさされる。 登場シーンの多くがである都合による。 初代の制作にもかかわった。 登場シーンは昭和版の炎に対し、稲妻をイメージさせている。 オープニングクレジットでの鱗の部分は、この首のものを使用。 製作段階で行われたCG設計では、作品の世界観に則したとき20キロメートルに及ぶと計算されている。 このドーム自体も触手を伸ばして獲物を捕らえることができる。 トリプルトルネードとバリアの展開能力は、もともとメカキングギドラの技として考案されていたものである。 スーツアクターの喜多川務は、このアクションのために小型のキングギドラが必要となり、幼体の設定が設けられたと証言している。 このときの登場シーンは『』と同じく光に包まれて登場する。 雑誌『宇宙船 YEAR BOOK 1999』では、名称を メカキングギドラ(完全修理)と記載している。 DVDメニューによれば。 作中当初に登場するゴラスは、いわゆる立体映像。 これらの戦いは、母船内での地球人とX星人の戦い、そして尾崎真一と統制官のと同時進行で描写されている。 公開直前に発売された『』2005年1月号でも、モンスターXがカイザーギドラに変化する直前のシーンまでしか掲載されていない [ ]。 出典 [ ]• , p. Soviet SF Film Festival brochure. Mount Light Corporation. 1984• - NIKKEI STYLE。 , p. 345. 映画ナタリー. 2017年6月20日. 2018年11月10日閲覧。 , p. 104. - ORICON NEWS• , pp. 151, 347-348. 『特撮ニュータイプ』、、2012年4月、 [ ]。 , p. 351. 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年、108頁。 , p. 352. 、染谷勝樹『特技監督 中野昭慶』〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年7月25日、452頁。 , p. 171. あべの経済新聞. 2014年8月29日. 2018年1月16日閲覧。 , p. 201. 監修:『ゴジラ大百科[メカゴジラ編]』、1993年。 雑誌コード:62538-81。 「よみがえるラドンの声」• 227. , p. , p. , p. , p. 30, ゴジラVSキングギドラアートワークス. 32-33, キャストインタビュー 中川安奈• , p. 118, 川北紘一特技監督・特撮イメージを語る. , p. 田中友幸/有川貞昌・中野昭慶・川北紘一他「「ゴジラは夢を実現する道具」 見せ場は新宿・都庁舎の破壊シーン」『ゴジラ映画40年史 ゴジラ・デイズ』、1993年11月24日、232-233頁。 「1962〜98 GODZILLA「ゴジラは夢を実現する道具」 見せ場は新宿・都庁舎の破壊シーン」『ゴジラ映画クロニクル 1954〜1998』集英社〈集英社文庫〉、1998年7月15日、385-386頁。 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』劇場パンフレット。 , p. 275. , 「GHIDORAH CG」• , 「スタッフオーディオコメンタリー」• - コミックナタリー• , 「EFFECT」• , 「EFFECT」• , p. 10 11 12 13. , p. 111. , p. 『モスラ3 キングギドラ来襲大百科』〈ケイブンシャの大百科〉、1998年、84頁。 「鈴木健二インタビュー」• , p. 88-89. 39掲載)」『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、、2014年12月20日、153-162頁。 , p. 14 15. , p. 263. , p. 270. , p. , p. 179. 『特別編集・特撮ヒーロー大全集』、1988年12月30日、89頁。 C8774。 雑誌コード:01844-05。 , p. 284. 264• , p. , p. 20 21 22 23. 255. 4-7, 撮影:飯塚康行「SFX FACTORY RETURNS!! in MOTHRA」• 「写真で見る歴代キングギドラデザイン」『ゴジラ完全解読』薗部真一ほか、〈別冊宝島2207号〉、50頁。 160 - 161, 「平成ゴジラバーニング・コラム」No. 024• 2015年1月8日閲覧。 参考文献 [ ]• 岩畠寿明、小野浩一郎『ゴジラvsキングギドラ 怪獣大全集』〈講談社ヒットブックス〉、1991年12月5日。 東宝SF特撮映画シリーズ()• 『ゴジラvsキングギドラ』東宝〈東宝SF特撮映画シリーズVOL. 6〉、1992年1月15日。 『モスラ3 キングギドラ来襲』東宝〈東宝SF特撮映画シリーズVOL. 13〉、1998年12月12日。 デラックス愛蔵版()• 『モスラ』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1996年12月20日。 草刈健一、鞍城沙貴『モスラ3超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年1月10日。 間宮尚彦『ゴジラ1954-1999超全集』小学館〈てれびくんデラックス〉、2000年1月1日。 『宇宙船YEAR BOOK 1997』〈別冊〉、1997年2月28日。 雑誌コード:018844-02。 『ゴジラ・クロニクル』、1998年7月。 高橋和光、何川渉『モスラ3 キングギドラ来襲大百科』〈ケイブンシャの大百科〉、1999年1月11日。 『ゴジラ大辞典』野村宏平、、2004年12月5日。 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』、2010年7月31日。 元山掌、松野本和弘、浅井和康、鈴木宣孝『東宝特撮映画大全集』、2012年9月28日。 監修:『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス、2012年。 『オール東宝怪獣大図鑑』〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年4月27日。

次の

キングギドラ(1964)限定版

キングギドラ フィギュア

商品説明 2019年1月9日 水 一般販売店様での予約解禁予定 (予約取扱の有無は販売店様により異なります) 怪獣可動フィギュアシリーズの最高峰 「世界の終焉がはじまる」 2019年5月31日公開『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』より「キングギドラ(2019)」がS. MonsterArtsで圧倒的なクオリティで立体化。 3つの首もS. MonsterArtsならではの緻密に考慮された可動分割により様々なポージングが可能。 全高約250mm、全幅約600mm。 MonsterArtsシリーズならではの可動分割により首や尻尾がフレキシブルに可動。 <造形プロデュース 若狭新一氏> 『ゴジラVSメカゴジラ』(1993年)から東宝特撮映画に参加。 『モスラ3 キングギドラ来襲』(1998年 以降、造形プロデューサーとして作品内の怪獣造形を統括。 『ゴジラ2000ミレニアム』(1999年)からゴジラ造形を担当。 MonsterArtsシリーズでも「デストロイア(完全体)」、「ファイヤーラドン」、「モスラ(幼虫)」の原型を手掛けた。 <原型 山田太一氏> 1991年より若狭新一氏代表「MONSTERS」に造形助手として入社。 映画・テレビ・CM等の特殊メイク・特殊造形に携わる。 『ゴジラVSメカゴジラ』(1993年)ではラドンの造形全般を担当。 1994年に郷里である大阪に戻り怪獣・クリーチャーをメインとしたフィギュア原型師活動を始め現在に至る。 MonsterArtsシリーズでは「デストロイアエヴォリューションセット 1995 」内のデストロイア 飛翔体)の原型を担当。 All Rights Reserved. , LTD. 画像はイメージです。 店頭販売商品の価格は、消費税を含んだメーカー希望小売価格表示です。 魂ウェブ商店の商品価格は、消費税を含んだ販売価格表示です。 当サイトでは過去発売の商品について、現在店頭等で購入するとした場合の新税率(10%)で表示しております。 発売当時の価格(旧税率)と異なる場合がございますので予めご了承ください。 商品の画像・イラストは実際の商品と一部異なる場合がございますのでご了承ください。 発売から時間の経過している商品は生産・販売が終了している場合がございますのでご了承ください。 商品名・発売日・価格などこのホームページの情報は変更になる場合がございますのでご了承ください。 当サイトでは、魂ウェブ商店のアイテムは2012年7月以降発送のものを収録しております。

次の

ハリウッド版「ゴジラ」最新作のゴジラ&キングギドラがアクションフィギュアに!

キングギドラ フィギュア

特徴 [ ] を思わせる3つの頭部と、それを支える長くしなやかな3本の首、2本の長い尾、全身を覆う黄金色の(うろこ)、腕の代わりに巨大な1対の翼を持つ。 飛行し、2足歩行もする。 口からは稲妻のような形状の 引力光線を吐く。 出演作品における扱いはそのほとんどが悪役・敵役となっており、ゴジラとの交戦回数がもっとも多い怪獣でもある。 全身の造形はを描いた『』(、〈昭和34年〉)に登場するの造形物がイメージ元となっているほか、1956年にソビエト連邦で制作、1959年3月に配給で日本公開された『』(原題:( ILJA MUROMETS)、)の火を噴く3頭龍(ロシア・東欧に伝承される三つ首竜)の影響を指摘する向きもある。 また、、、、などをモチーフとして挙げているものもある。 基本的にはゴジラなどと同様に内部にが入って演技する怪獣であるが、3つの頭、2枚の翼、2本の尻尾といったそれら大きなパーツが独立した動きをするため、『』など当初の作品ではピアノ線操作におよそ25名前後の人員を必要とする など、は困難をきわめていた。 同作品の撮影当時、に師事していたは、3つの首の動きが揃い過ぎないように動かす工夫をしたり、を使った鳴き声も首ごとに変えていたという。 操演の際には、3つの頭を区別するためにそれぞれに愛称が付けられることがある。 キングギドラには、体の、亜種怪獣の、などのバリエーションもある。 昭和時代の作品におけるキングギドラには、「どのような存在なのか」(どのような生命体なのか、宇宙のどこで誕生したのか、など)ということの詳細な公式設定は存在していない。 「怪獣図艦」などで「想像図」としての内部図解などが描かれたことはあるが、劇中の設定として語られたこともない。 『』では当初、『』に登場するキングギドラではなく、『三大怪獣 地球最大の決戦』などに登場するキングギドラと同じく本来の設定の宇宙超怪獣であるキングギドラを敵に迎える作品が企画されていたが、直前に公開された『』に登場するがキングギドラに似ていたことから、に変更された。 スペースゴジラがを操ってゴジラを宙に浮かせるという設定などは、その名残である。 英語圏では当初のスペリングは「King Ghidrah」であったが、のちに「 Ghidorah」に変更された。 登場映画リスト [ ] 公開順。 右は各作品に登場する怪獣(キングギドラ、その他の怪獣の順)。 () - キングギドラ、、、(幼虫)• () - キングギドラ、ゴジラ、ラドン• () - キングギドラ、ゴジラ、、ラドン、モスラ(幼虫)、、、、、、• () - キングギドラ、ゴジラ、アンギラス、• () - キングギドラ、モスラ(成虫)、フェアリーモスラ、原始モスラ、ガルガルIII• () - ギドラ、ゴジラ・アース、セルヴァム、モスラ(卵)• () - キングギドラ、ゴジラ、モスラ、ラドン• 『』、『』では過去の映像を流用で登場。 特撮テレビ番組『』、『』、パチンコ『CRゴジラ3・4』にも登場する。 『』ではメカキングギドラのメカ首の残骸が登場する。 『』(1996年版)には、『』にはという亜種怪獣が登場する。 ゴジラシリーズのキングギドラ [ ] 宇宙超怪獣キングギドラ [ ] 『三大怪獣 地球最大の決戦』から『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』まで登場。 たてがみと額の三日月状の角が特徴。 (各作品共通)• 身長:100メートル• 翼長:150メートル• 体重:3万トン• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)、マッハ400(宇宙空間) 「ゴジラシリーズ」の怪獣の着ぐるみは作品が異なると別の着ぐるみが作られていることが珍しくないが、キングギドラに関しては同一のものが修復と改修を繰り返されて9年間使用されている。 デザインは、頭部造形は、胴体は八木勘寿、八木康栄による。 初期のデザイン画では西洋的に描かれていたが、によって東洋の「龍」のイメージを加えるよう指示があり、頭部の造形にはの意匠が加えられている。 当初、完成した着ぐるみは青い体 に虹色(実際の塗色は赤・黄・青のグラデーションになっている)の羽根であった が、撮影本番直前になって、当時を担当していた鈴木桂子が円谷に「金星から来る怪獣なので、私、金色かと思ってました」と話したところ、それを聞いた円谷がたいへん気に入り、金色に塗装し直された。 着ぐるみの重量は80キログラムほどあったという。 たてがみは麻、翼は針金の芯に天竺布を張って作られた。 独特の鳴き声はによるもの。 頭の数に合わせ、3種類の金属音が作られた。 この声は『』のの光波の効果音と『』のや『』のMJ基地に登場する、電話のベル音に使用された。 『三大怪獣 地球最大の決戦』 [ ] 初代キングギドラ。 かつてにあった高度な文明を3日間で滅ぼしたとされ、現代の地球においては日本の に強力な磁力を持った隕石となって落下し、やがてその中から炎の塊となって飛び出したものが徐々に形を変え、キングギドラとしての姿を現す。 引力光線を吐いて暴れ回り、引力光線による破壊だけではなく巨大な翼からの突風で、東京を壊滅に追い込む。 富士山の裾野にてなおも暴れ回るなか、幼虫モスラに挑まれるが、歯牙にもかけず軽くあしらう。 その窮地を見かねたゴジラとラドンが参戦したことで3大怪獣と戦うことになるが、1対1ではゴジラをも圧倒するパワーとラドン以上の速度と飛翔能力をもって、3大怪獣を苦しめる。 しかし、ゴジラが引きつけているあいだに背後からラドンに乗ったモスラによって大量の糸を吐きかけられ、がんじがらめにされて動けなくなったところをゴジラに放り投げられて戦意を喪失し、宇宙へ逃げ帰る。 金星をはじめ地球などの惑星で破壊活動を行う理由や目的は不明であるが、「の意思」は最後の祈りのなかでキングギドラを「 金星の業火」と呼ぶ。 昭和ゴジラシリーズで自分の意思にもとづいて行動するキングギドラはこの作品のみであり、以後の作品ではすべて「に操られている」というかたちで登場する。 決定稿の段階までキングギドラによる破壊シーンが存在し、ピクトリアルスケッチも描かれていた。 隕石から舞い上がった炎が夜空を背景に何度も爆発を繰り返し、やがてキングギドラに変わる映像は、『怪獣総進撃』でも流用されている。 内部には横棒が仕込んであり、これを両手でつかんで操演するという危険なものだった。 3つの頭部の口から発する引力光線は、宣伝用のなどでは口から火を吐いている。 当初は宣伝用スチル写真にあるように尾を描いて伸びる炎のイメージであったが、実際にされた3本の首は特定の方向に細かく操演することが難しく、偶発的な動きをしている頭部と着弾を表現する火薬の発火とのつじつまを合わせるため、稲妻状の光線に変更された。 飛行シーンのほとんどは3(約1メートル)サイズのミニチュアで撮影されているが、人の入っている着ぐるみと見分けがつかないほど非常に精巧に製作されている。 キングギドラが擬態した隕石は、まだ一般に使われていなかったで造形された。 内部にライトをいくつも仕込んで発光を表現しているが、撮影中にライトの発する熱でポリ樹脂が軟らかくなり、自重に負けてへこむために補修が大変だったそうである。 『怪獣大戦争』 [ ] に「怪物0」と呼ばれてコントロール下にあり、X星に連れて来られたゴジラやラドンと戦うが、撃退されて敗走する(この戦闘はX星人の自作自演であったもようである)。 その後、地球に飛来してゴジラやラドンとともに破壊活動を行い 、キングギドラはアメリカを攻撃したことが劇中の台詞で語られる。 最後はの活躍でX星人が全滅したため、ダウンする。 そして同じようにコントロールが解けたゴジラとラドンを前作と同様に敵と見なして改めて戦うが、特攻を受けて崖からともに海中へ落下して敗北し、ふたたび宇宙へ逃げ帰る。 引力光線の形は前作と異なる(『怪獣総進撃』も同じ)。 スーツアクターは。 金色の塗料は着ぐるみの表皮のを非常に速く腐食するため、大幅な補修が成されており、初代とは首が延長されて長くなったのが大きな違いである。 これは、初代において全体のバランスの悪さが指摘された ためと、キングギドラには腕がないためにゴジラなど他の怪獣と格闘させる際には「腕」に代わるものとして、首のアクションが必要とされたためである。 公開から半年後の1966年7月19日に放送された『』の大阪、よみうりスタジオで収録された「怪獣供養」では、キングギドラの遺影が飾られていた。 『怪獣総進撃』 [ ] の最後の切り札として登場する。 星人は「キングギドラは宇宙の怪獣です。 地球の怪獣では歯が立ちません」と語る。 富士の裾野でキラアク星人によるコントロールから解放された怪獣たち に空襲をかける。 引力光線の一撃でモスラとラドンをまとめて吹き飛ばしたり、アンギラスを首に噛みつかせたまま飛び上がり、空中から落としたうえで踏みつけたりして奮戦するが、次第に手数で押されていき、ゴロザウルスにカンガルーキックで倒されたあと、それぞれの首を痛めつけられて絶命する。 尾は右のほうをゴロザウルスにかみつかれ、左のほうは痛めつけられることはない。 その直後、キラアク星人の地下要塞が破壊されると爆発によって地面が陥没し、巻き込まれた死体は地底へ落下する。 本作の戦闘では、引力光線は前から見て左の首が3回、右の首が1回と、合計4回しか使用されず、中央の首は1回も吐かない。 スーツアクターは。 翼が新しく取り替えられてビニール製になり、根元部分が広くなって上部の縁には先端まで鱗が貼り付けてある。 自転車のタイヤのゴムをうろこ型に切ったものを、新たに下半身に張り付けている。 改修は白崎治郎が担当した。 『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』 [ ] 顔と鳴き声が初代と若干異なるが、引力光線の形状は『地球最大の決戦』と同じものとなっている。 宇宙空間を移送される際には、初代同様に隕石の中に入っている。 に操られてガイガンとともにゴジラやアンギラスと戦い、あと一歩まで追いつめるが、乱戦の最中、自分に突っ込んだガイガンに引力光線を当てたことから、喧嘩になる。 その隙を突いたゴジラとアンギラスの連携に加え、地球人によってM宇宙ハンター星雲人の司令塔が爆破されてコントロールを失ったことにより、ガイガンとともに宇宙へ敗退する。 関連書籍などでは「 二代目キングギドラ」とも表記される。 スーツアクターは。 頭部がによる新規造形のものに差し替えられ 、白目に当たる部分が以前は赤かったのに対し、こちらでは白くなっている。 なお、胴体こそ現在していないものの昭和ギドラで唯一この頭部だけは現存しており、2014年に開催された『大ゴジラ特撮展〜ゴジラ60年の軌跡〜』で会場展示された• 飛行用人形はこれまでのものを使用。 目が赤く点灯するが、翼も首も微動だにしない。 超ドラゴン怪獣キングギドラ [ ] 『ゴジラvsキングギドラ』に登場。 身長:140メートル• 翼長:150メートル• 体重:7万トン• 大気圏内飛行速度はマッハ4。 3匹のドラット(後述)が、マーシャル諸島ののの影響により合体、巨大化・凶暴化して誕生した。 未来人の特殊音波によって操られており、稲妻のような引力光線を吐いて街とを破壊し、翼から放つ衝撃波はを粉砕する。 そしての編隊を寄せ付けずに壊滅させ、以前よりも巨大になって復活し、北海道に上陸したゴジラと対峙する。 最初は空中からのキックなどでゴジラとの戦いを優位に進めるが、未来人のコントロールが失われたことで形勢が逆転し、尾をつかまれ何度も地面に叩きつけられる。 その後も長い首を使って締め上げ、泡を吹かせるも、体内放射の直撃を浴びて吹き飛ばされたすえに熱線で中央の首をはね飛ばされる。 ゴジラが未来人の母船を破壊した隙に逃走を図るが、熱線で翼を貫かれ、海へ沈む。 だがまだ絶命しておらず、仮死状態で生きていた。 主用武器は引力光線と衝撃波。 翼を閉じて身を守り、パワーアップしたゴジラの熱線をも防ぐが、逃走時には貫かれる。 スーツアクターは。 鳴き声はの声を使用 (加工されている)。 中央の首がはね飛ばされるシーンでは、子供層への配慮と海外での規制を考慮して、血ではなく金粉を噴出させている。 造形(vs) [ ] デザインは(ドラット、メカキングギドラを含む)。 造形製作は。 チーフの のもと、スーツ制作は村瀬直人をリーダーに浜谷哲裕(頭部原型)、ダニー谷林(しっぽ原型)、小松秀則らが担当。 基本デザインは初代のものをそのまま使用しており、頭部のみ新規にデザインが描かれている。 昭和時代のものは顔が東洋の「」に近かったのに対し、本作の顔は西洋の「」に近いものとなり 、昭和版にはある頭頂部の三日月形の角と、頭部のたてがみ状の毛がない。 尾の先端も昭和版の毛筆状な形状に対し、棘の生えた扇に近い形となった。 体重や身長もゴジラの巨大化に合わせて増えている。 着ぐるみは鱗を1枚1枚貼り付ける手間のかかる手法をとっているため1着しか造られず、海底での中央の首のないものやメカキングギドラなどにも使いまわされている。 飛行用の3分の1スケールのミニチュアも同様。 地上を横切る影の撮影にはバンダイのプラモデルを流用している。 使用したは首に2本(3つで6本)、尾に2本(2つで4本)、翼に2本(2枚で4本)、胴体に2本の合計16本。 操演スタッフ9人によってコントロールされ、早く動かさず、ゆっくり回して動かすことで初代キングギドラの動きを再現した。 3つの首は区別のため、スタッフからそれぞれ一郎(右)・二郎(中央)・三郎(左)と呼ばれていた。 メカギドラとの対比として「生ギドラ」とも呼ばれており、映画本編とは逆に撮影ではメカギドラでの新宿決戦から先に撮り、その後でこの生ギドラとなって映画中盤のシーンを撮影したあと、北海道の戦いで使われた。 ドラット [ ]• 身長:30センチメートル• 体重:800グラム から来た未来人の説明によれば、未来の地球でブームとなっている愛玩動物とされているが、実際には23世紀のと遺伝子操作が生んだ生物兵器で、特殊な笛の音波によって飼い主を識別している。 劇中に登場した3匹のドラットは、あらかじめ核エネルギーを吸収して1体のキングギドラと化すようバイオプログラミングされており、ビキニ環礁のラゴス島に置き去りにされた結果、そこで行われた核実験のエネルギーにより、未来人の目論見通りにキングギドラへの変貌を遂げる。 脚本では「コウモリとネコを合わせたような合成生物」と記述され、これに準じたデザインも描かれている。 ノベライズ版では、金星に眠る宇宙超怪獣キングギドラの遺体から体組織を回収してドラットが作られる過程が描かれている [ ]。 造形物は同型の人形が3体造られ、そのうち1体のみが手を入れて操るアップ用となっている。 エミー・カノー役のも操作を行なっている。 しかし、監督のにはDVDので「人形にしか見えない」と嘆かれていた。 劇団こがねむしによる怪獣人形劇「ゲキゴジ」にも登場する。 メカキングギドラ [ ]• 身長:140メートル• 翼長:150メートル• 体重:8万トン• 大気圏内飛行速度はマッハ4。 ・網走でゴジラに敗れてに沈み、212年間仮死状態で存命していたキングギドラを地球連邦機関が回収し、23世紀の技術で機械化手術を施し改造した兵器。 失われた中央の首のほか、胴体や翼と尾の先端、も仕様になっている。 左右の首からは改造前と同じ引力光線、中央の首からは引力光線以上の威力を持つレーザー光線を発射できるほか、胸にはゴジラ捕獲用兼高圧電流照射兵器としてのマシンハンドやワイヤーを装備している。 胸部に小型・を改造したコックピット兼緊急脱出装置があり、エミー・カノーが搭乗する。 3つのロックオンサイトで光線の照射を操作し、コックピット内に追加されたタッチパネルで3つの長い首の神経に命令を伝達して、ゴジラに巻きつく、かみつくといった動作を行わせることができる。 その巨体ゆえに敏捷な起動は難しく、2枚の翼は機械製になっているため空気を捕らえて浮力を得ることも難しい。 そのため、飛行はホバリングが主になっている(能力は高く、破れた状態でもゴジラをつり下げたまま飛行する)。 この能力を利用して、転倒した状態から一瞬で起き上がることが可能である。 KIDSと合体しているため単独でのタイムワープが可能。 としてアンドロイドM11のが積んであり、これによって制御され、KIDSパイロットによって操縦される。 付近で暴れるゴジラの前に登場。 ゴジラを都庁の下敷きにするも、反撃され翼を損傷し墜落、一時はエミーが気絶するなど苦戦するが、ゴジラをマシンハンドで拘束。 どこかへ運び去ろうとするが、戦闘によるダメージが蓄積し、さらに暴れるゴジラから至近距離で熱線を浴びてついに海に墜落し、ともにに沈む。 エミーはKIDSで脱出し、23世紀へと帰る。 その残骸の一部は、2年後のに公開された映画『』でによって海底から引き上げられ、その技術を解析した結果が完成する。 作品の冒頭ではメカキングギドラの中央の首がG対策センターに保管されているシーンがある。 なお、劇中では未呼称で、名前が呼ばれるのは『vsメカゴジラ』の冒頭ナレーションでのみ。 造形(メカキングギドラ) [ ] はキングギドラの上にの別パーツをかぶせるかたちで製作されたが、そのために着ぐるみの重量は200キログラムにもなり、吊っていたワイヤーが重みで切れて撮影前に都庁舎のセットを壊すというハプニングも起きた。 着ぐるみの構造上「中に人を入れるのは危険」と判断され、スーツアクターを入れないかたちで撮影が行われた。 操演用のピアノ線は18本に増えている。 飛行用の3分の1スケールのミニチュアもキングギドラを改修して使用され 、都庁上空の飛行シーンではクレーンで吊るされてオープンセットで撮影された。 操縦席のセットには排水口の網や鍋の蓋などキッチン用品を塗装・改造したものが使われている。 スイッチ類はゴジラ捕獲装置のもの以外決まっておらず、エミー役のがビームのボタンなどを自身で決めて演じていた。 護国聖獣キングギドラ [ ] 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』に登場。 身長:50メートル• 翼長:93メートル• 体重:2万5千トン 本作では、日本の自然の守り神・護国三聖獣の一体「 天の神・魏怒羅」として登場。 「護国聖獣伝記」では足が4本ある姿で描かれている。 劇中において「キングギドラ」という呼称は、ギドラが千年竜王として覚醒したとき、主人公の立花由里が1回用いるのみである。 ギドラ(魏怒羅) [ ] 富士の樹海の氷穴で眠っていた。 成長が遅いため、1万年の眠りから覚めると完全体となり、地・海・空すべてを支配する最強の聖獣となるという。 しかし不完全体で目覚めたため、翼も折り畳まれた状態であり、飛行も光線攻撃も不可能である。 唯一の武器はサンダースパーク(かみつき攻撃と同時にスタンガンの要領で電気ショックを与えるかたちでの攻撃)。 ゴジラとモスラの闘いに割って入り、かみつき攻撃を仕掛けるが、ゴジラに投げられてあえなく気絶し、結果としてふたたびモスラに孤軍奮闘を強いることになる。 キングギドラ(千年竜王) [ ] キングギドラをかばってゴジラに敗れたモスラのエネルギーを吸収し、地・海・空のすべてを制覇する完全体となった姿。 閉じられていた翼が開いて飛行できるようになり、ゴジラの熱線を黄金の粒子で跳ね返し、ビッグスパークボールとして撃ち返したり、口から引力光線も吐けるようになる。 引力光線を吐く際は黄金に輝く。 動きも機敏で、ビッグスパークボールで海中に没したゴジラに撃破の突破口となる肩の傷も開かせ、海中でも背後から羽交い締めにして動きを封じて一時は優位に立つ。 しかし、その傷口に向けて放ったさつまのD3削鋼弾を回避するために身をねじったゴジラの盾になるかたちで浴び、形勢が逆転する。 ゴジラと海中で戦ったあとに浮上し、追ってきたゴジラに引力光線で攻撃するが、ゴジラはこの光線をも吸収したうえに熱線と合わせて放射し、これを至近距離で食らったキングギドラは爆発四散。 その直後、護国三聖獣のゆらぎ(の状態)となり、ゴジラに憑依している怨念を浄化することに成功し、その後のD鋼弾攻撃で止めを刺すきっかけを造った。 しかし、最後にゴジラは心臓のみになって生存している姿が描かれる。 ギドラ、キングギドラを通して本作における立場上、ゴジラにとっては敵であることに変わりはないが、怨念を宿して破壊を続けるゴジラを止めるために戦う存在で、過去作のキングギドラとは異なり、バラゴンやモスラとともに「クニ」をゴジラから護る守護神として描かれている。 伊佐山教授の持っていた石(古代のディスク)を吸収してダウンした状態から復活したり、橋から転落した立花由里に口から水を噴出させ、海面落下衝撃を和らげて救うといった、他作品のキングギドラでは見られない行動も見せる。 スーツアクターは。 デザイン的には従来より首が短く、顔立ちがやや柔和になり、尾が太くなっているほか、翼の指が1本少ない、鳥のイメージもあり、足の指が3本でかかとに突起が付いているのも鳥脚がモチーフ。 顔の横のひれはバランをモチーフとしている。 覚醒時に大きく開いた翼はほかのキングギドラに比べて多少大きめである。 『モスラ3』版と同じく、棘が首から尻尾まで生えている。 着ぐるみの首は、操演で動かす長めのものと、スーツアクターが腕を入れて動かす短めのものの2種類が作られ、シーンに応じて使い分けられた。 富士の樹海の氷穴で眠るシーンでは、大型の首のモデルが使用された。 昭和版キングギドラ同様に、体液が赤色になっている。 本作のイラストポスターでは角の生えかた以外はVS版のように描かれている。 歴代キングギドラで唯一、対戦相手より小柄に設定されている(この作品のゴジラは60メートル)。 着ぐるみも歴代最小となっている。 のちに発売されたDVD限定版では、映画で使われたうろこのレプリカが同梱された。 パチスロ版『ゴジラ』での撮影では、スーツが改造されて顔立ちも映画と異なり、ゴジラの敵役としての悪役顔になった。 高次元怪獣ギドラ [ ]• 身長:不明 アニメーション映画『』に登場。 異星人エクシフが「金色の王」「黄金の虚無」と称する黄金の怪獣。 作中ではより現出した3つの首のみが登場し、胴体や翼、足、尻尾を含めた全体像は登場人物たちが幻視したシルエットのみの登場となっている。 全身が出現した場合は直ちに惑星ごと全てを飲み込んでしまうため、ギドラを信奉するエクシフにも真の全体像を見た者はなく、彼らの精神の中で定義された造形が他の観測者に見えているに過ぎない。 エクシフの信仰で語られる「宇宙知性」「既存の宇宙を超えた高次の領域へと至る門」と同一の存在。 エクシフにとっては信仰の対象であり、差し出された母星エクシフィルカスを筆頭に、放浪する彼らの見つけた数々の惑星を文明ごと滅ぼしてきた。 星という種から命が芽吹き、人という花が文明を咲き誇らせ、その果てに実る果実である怪獣(地球で言うところのゴジラ)を食らう存在とされている。 エクシフの信仰に登場するはギドラの姿を意味し、告解する者に手を2回振り下ろす行為は身体を3つに分けてギドラに捧げることを暗示している。 また、の報告書では、やの伝承に登場する複数の首を持つ竜、多くの文明で魔除けや吉祥として重んじられるとも関係があると指摘されていた。 次元の狭間に生息する高次元エネルギー体 であり、出現するだけでブラックホールが形成されるほどの重力制御能力を有している。 また、この宇宙とはの系そのものが異なる別次元の存在であるが故に、人の眼や耳では認識できるが、コンピューターやセンサーなどの電子機器では異常なの拡大以外はその存在を検知・解析することはできず、干渉や捕捉することもできない。 召喚時には歪曲重力場および時空間曲率の破綻によりが発生、惑星上に出現する際には異常重力場による上昇気流で巨大なを発生させる。 周囲ではあらゆるデータの送受信が時間的整合性を失うため、作中では計測上は数十秒前に死亡しているはずの相手と通信する、まだ生きているはずなのに生命反応が途絶したと表示されるといった不可解な現象が起きた。 地球次元側からの観測や干渉を一切受け付けず、ギドラだけは別次元の法則によって自在に地球次元側の存在に干渉できる絶対的な優位性を有している。 異次元の物理法則を利用することにより、自分への物理攻撃は完全に素通りし、噛みついた場所からは分子振動による発熱をも無効化して一方的に熱を奪い、10万トン以上の体重を誇るゴジラ・アースを宙に浮かせ、噛み付かれた対象もまた実在が侵食されてギドラと同じように計測値が曖昧になっていく。 で空間そのものを湾曲させ、ゴジラの熱線をも捻じ曲げることもできる。 しかし、地球次元側と同様にギドラ単体では地球次元側の存在を観測できないという弱点を抱えており、捕食対象の捕捉にはエクシフによる観測を必要としている。 さらに、召喚中にガルビトリウムを砕かれると地球側の物理法則に捕まってしまい、物理的な攻撃を無効化できなくなるだけでなく、計測上の現象の不整合が補正されていき、異常重力場は減衰しても急速に閉鎖を始める。 第二章『決戦機動増殖都市』にて、主人公のハルオ・サカキがに対して抱いた恐怖心を和らげるため、エクシフのメトフィエスがゴジラ以上の脅威としてその名を伝える。 第三章『星を喰う者』では、メトフィエスやエクシフの族長エンダルフが、メカゴジラシティの陥落にともなってエクシフの宗教にすがった先遣隊の生き残りやアラトラム号の人々とともに儀式を執り行い、地上の生存者たちを生贄とすることでアラトラム号周辺に召喚される。 アラトラム号を撃沈した後には地上へ降臨し、ゴジラ・アースと対峙する。 ゴジラ・アースとの戦いでは別次元の法則による優位性によって、ゴジラ・アースの一切の干渉を受けつけず、自身は核兵器すら通じない「非対称性透過シールド」を無視した直接攻撃を行い、ゴジラ・アースの実在を自身の次元法則で侵食して喰らい尽くそうとするが、ハルオにより観測役だったメトフィエスが右目に埋め込んでいた観測装置「ガルビトリウム」を破壊されたことで地球次元側へ引き込まれてしまい、ゴジラの反撃に圧倒された末、現出元のブラックホールを熱線で破壊され、撃退された。 ただ、完全に消滅したわけではなく、地球で文明が再興されればいずれまた降臨する可能性は残っている。 造形(アニメーション) [ ] 3DCGモデルは監督ののラフスケッチを元に川田英治が担当。 瀬下によるテーマは。 「まったく違う進化をしたゴジラ」というイメージを再現するため、モデリングは劇中に登場するゴジラの派生怪獣セルヴァムからの進化という方向性を軸に、セルヴァムのモデルをベースに発展させる形で行われた。 3つの頭部はそれぞれ形状が異なり、複数の目玉を備え 、上顎よりも下顎が大きい。 首が非常に長く、鱗に相当する部分は植物のやの棘がモチーフとなっており、攻撃性が表現されている。 『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』のキングギドラ [ ]• 体長:158. 8メートル• 体重:14万1056トン の氷の中で眠っているところをモナークに発見され管理下に置かれていたが、エマ・ラッセル博士と結託したアラン・ジョナのテロ組織の爆破工作によって目覚めさせられる。 太古からゴジラのライバルとして何度も戦ったとされる最強の怪獣であり、西洋におけるあらゆる神話などで伝承される悪のドラゴンらのもとになったとされる。 その反面、詳細な資料や記録が残っておらず、これについては「その力を恐れ、忘却したかったために記録しなかった」とアイリーン・チェン博士は推測している。 また、ギドラに対して東洋におけるドラゴン=竜=ゴジラは神聖な存在と伝承されたとも推測された。 正体は太古に宇宙から飛来した外来生物、即ちエイリアンとも言うべき存在であり、気象を自在に操ったり、頭部を失っても短時間で再生するなどといった地球上の自然摂理を逸脱した能力を有している。 またゴジラと同等以上の力を持つが、地球外生命体であるが故に地球のバランスを保つ存在ではないとして、ゴジラを怪獣王と考える芹沢猪四郎博士は「偽りの王」と称した。 性格は極めて凶暴で、怪獣とコミュニケーションを取る装置「オルカ」やそれを扱う人間を障害と見なし、激しい憎悪をむき出しにする。 南極での覚醒時、存在を感知したゴジラと交戦するが、3本の首から吐く引力光線でゴジラを悶絶させて南極モナーク施設を壊滅に追い込み、ハリケーンを纏い身を隠す。 さらにメキシコで覚醒したラドンとプエルトリコ沖で交戦するが、ラドンを空中戦で圧倒し海に叩き落としてしまう。 続いて追跡してきたゴジラと再戦となり海中に引きずり込まれ左側の首を食い千切られたが、両者を倒さんと米軍の放った弾道ミサイルを撃ち込まれてもなお生存して飛び去り、やがて失った頭部も再生する。 その後、自身の配下となったラドンを始めとする各地の地球怪獣にアルファオスとして号令を出し、一斉に覚醒させ世界各地に攻撃を開始。 マディソン・ラッセルがオルカを使って地球怪獣達を宥めると、これを排除すべくに襲来し、そこで芹沢が自らの命と引き換えに起動した核兵器のエネルギーを吸収して復活したゴジラと三度交戦する。 一進一退の戦いを繰り広げ、ゴジラに加勢する為に飛来したモスラにラドンを差し向けて妨害し、さらに発電所から大量の電気を吸収し、ゴジラを再び圧倒。 その際に首だけではなく、翼や尾からも広範囲に引力光線を放って戦闘機隊を壊滅させ、ゴジラに首で絡みついて捕縛し、高々度から地上へ落として昏倒させ、ゴジラを庇うモスラをも引力光線で消滅させてしまう。 だが、飛散したモスラの粉を吸収し復活したゴジラによって再度形勢を逆転され、凄まじい灼熱の体内放射を続けざまに浴びて中央の首だけを残し肉体が蒸発。 それでもなお生きていたが、ゴジラに咥えられた状態からの放射能熱線により跡形もなく消し飛び、最期を遂げた。 エンドロール後、プエルトリコ沖の戦いで喰いちぎられた頭部をジョナが地元漁師から買い取るシーンで本編は終了している。 本作では全編CGで描かれ、動きがスーツよりもなめらかになり、太古の地球に飛来し、地球を滅ぼそうとする等、原点の宇宙怪獣に立ち戻ったといえる。 日本版よりも翼のボリュームが増しており、尾部分先端は『モスラ3』や『大怪獣総攻撃』のように棘が目立ち、地上に出たり、歩く時には翼を前脚の代わりにして地上を駆ける。 デザイン造型では中央の首は『FINAL WARS』のカイザーギドラのように前に出ており、モンスター・ゼロ(怪物0)という『怪獣大戦争』での呼び名と、『大怪獣総攻撃』のような氷の中からの復活、更に後述する『モスラ3』のような再生能力やカイザーギドラのようなエネルギー吸収能力など、歴代様々なギドラの要素や能力が採り入れられている。 首が一本一本それぞれ性格の異なる描写があり、中央の首がリーダー格として左右の首に注意したり指示を出しているのが見られる。 『モスラ3 キングギドラ来襲』のキングギドラ [ ] 現代型キングギドラ [ ]• 身長:60メートル• 翼長:80メートル• 体重:5万トン• 年齢:2億歳• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)、亜光速(宇宙空間)• 引力光線 - 3つの頭から発射し、部質を空中に舞い上げて粉々に吹き飛ばす破壊光線。 反重力光線 - 翼に集中している反重力エネルギーを、翼のかぎ爪から放射する光線技。 催眠光線 - 目を赤く発光させ、それを見た生物の心を思いのままに操る。 引力光線トリプルトルネード - 引力光線を3つの頭から同時発射する最強技。 バリア - 体周辺にバリアを展開して敵の攻撃を防御する。 1億3千万年ぶりに地球を襲った宇宙超怪獣。 中央の首がリーダー的な役割を務める。 地球の生態系の頂点にして生命力に富む人類の子供をさらって分身体である生体ドーム に閉じ込め、最後にはドーム内から分泌される溶解液で生命エキスに変えて吸収することにより、エネルギー源にしようとたくらむ。 過去作品の個体以上に豊富な技と高い知能をもち、通常の引力光線のほか、3つの口を揃えて一斉に引力光線を吐く トリプルトルネード、羽から放つ 反重力光線などといった数多の戦力を有している。 さらに防御手段として バリアの展開能力をはじめ、獲物である子供を捕えるための 誘導テレポート能力や 能力など、過去作品の個体にはなかった特殊能力 を数多く備えている。 モスラとエリアス族の関係も瞬時に見抜き、モスラをサポートする力を半減させるためにロラを操ってモルと引き離すなど、性格はきわめて悪賢い。 恐竜のエキスで強大に成長しており、空中戦においてのビームをバリアで防ぐと翼にのしかかり、左右の首がモスラの翼に噛みついて投げ飛ばしたあと、トリプルトルネードで倒す。 したレインボーモスラに当時のキングギドラが倒されたことでいったん消滅するが、白亜紀で切断された尾からの再生を経て再出現する。 フェアリーに乗ったベルベラとロラによる攻撃を一蹴したあと、タイムカプセルで1億3000万年眠り続けて進化したと戦うが、どの攻撃も通じず鎧・翼カッターで左の翼を切断され、最終的にはエクセル・ダッシュ・バスターで青色の塵に分解されて大爆発する。 のモルによれば、本作世界の宇宙の星々における生物大絶滅の原因は、その半数がこのキングギドラを始祖とする「ギドラ族」が行った虐殺の結果であるとされ、モルは「」と呼称する。 から発売された『モスラ3超全集』において、鎧モスラが切断した翼からキングギドラが復活する可能性があるかもしれないということが指摘されている。 デザインは、造形はのがチーフ・リーダー・頭部原型を担当する。 鱗は小川スタジオが製作。 過去作品の個体と比べて格段に凶悪な顔付きとなっており、中央の首の角は他の2つのものと若干違う形をしている。 また、首だけにあった ( とげ )が首から尻尾まで生えており、体の部位による鱗の大きさの差も大きくなっている。 着ぐるみの塗装には、部分的にカメレオンカラーも採用されている。 なお、造形スタッフや西川には「グランドギドラ」とも呼ばれていた。 『地球最大の決戦』以来の自我で侵略活動に出た個体であり、平成以降では唯一の「宇宙超怪獣」という設定である。 スーツアクターは(後述する白亜紀型を含む)。 特技監督のがキングギドラを走って飛ばすことができるスーツアクターを要望したところ、若狭がドラゴンからの連想によりCMでのモノマネを演じていた喜多川を連想し、起用に至ったという。 喜多川は本作品での演技が評価され、翌年『』でゴジラ役に抜擢された。 白亜紀型キングギドラ [ ]• 身長:40メートル• 翼長:50メートル• 体重:2万5千トン• 飛行速度:マッハ3(大気圏内)• 火炎弾 - 3つの頭から発射され、何でも焼き尽くす超高熱の火の玉。 1億3千万年前のの地球に襲来し、当時の生態系の頂点に立つ恐竜を絶滅寸前に追いやった。 現代型に比べるとまだ若くて小さく、首、胴体、足も現代型に比べると細くて華奢で、体重も現代型の半分ほどである。 当時は走行が可能だったようで、飛ぶときにはのように助走をつける。 また、現代型とは角の生え方や、顔付き、身体の凹凸の模様などが違っており、翼の付け根の形も現代型と比べ細い形になっている。 使用する技は成長後のキングギドラが使う引力光線と違い、灼熱の火球(レインボーモスラのバリアで防がれ、威力はそう高くない)である。 また、当時はまだ翼から光線を発射したりバリヤーを展開ができないうえ、誘導テレポートや子供たちを取り込んだドームを形成する能力なども備えておらず、直接恐竜を丸かじりにする。 恐竜を食べようとしたときに現代からタイムスリップしてきたレインボーモスラに襲撃されて右側の尾を切断されるが、幼態とはいえ噛み付きや至近距離からの火球弾といった容赦のない攻撃でレインボーモスラを苦戦させ、一時は行動不能にまで追い込む。 しかし、現代側で洗脳が解かれたロラのアシストを受けたモスラの鱗粉攻撃で大ダメージを受け、そのままモスラに運ばれて相討ちに近いかたちで火山に葬られて絶命し、同時に現代側のキングギドラも消滅する。 その後、レインボーモスラの攻撃によってちぎれていた尾の一部から再生し、現代型キングギドラとなって現代に復活する。 着ぐるみは現代型とは別造形 でデザインは、造形はのがチーフに、リーダーのを筆頭に(頭部原型)、鈴木俊哉、山田太一、小柴航、木村一仁、関根喜美子、倉橋夏子らが製作した。 左右の首はピアノ線による操演とスーツアクターが腕を入れて動かす方法が採られた。 着ぐるみの造型にあたっては軽量化が強く意識されており、アクターが入ったまま走って飛び上がるといったアクションも可能となっている。 スタッフの間では「ヤングギドラ」とも呼ばれていた。 『流星人間ゾーン』のキングギドラ [ ] 第5話および第6話に登場。 ゾーンの宿敵であるガロガが、ブルーグリーン装置を破壊するために送り込んだ「恐獣」として登場する。 この作品でのキングギドラは「宇宙超恐獣」とされている。 第5話で太陽光線を遮断するガロガの「ダークプリズム作戦」で、エネルギーが補給できなくなったゾーンファイターに対して翼を使った強風で有利に戦うも、ゾーングレートのボルトサンダーであえなく形勢逆転される。 第6話では有利なはずである金星でゾーンファイターと戦うが、3本の首をそれぞれ滅茶苦茶にへし折られたあげく、ミサイルマイトを大量に受けるなどしてまたしても敗北し、宇宙に逃げ帰る。 絶命には至らないが、隊員は「キングギドラはもう立ち直れない」と発言する。 関連書籍などでは『ゴジラ対ガイガン』と同一個体とするものもある。 スーツアクターは。 着ぐるみ自体は『地球最大の決戦』以来改修を重ねて使用されたもの。 テレビの撮影現場では映画のような操演はできず、ただ立っているだけの状態がほとんどだった。 この造形物は、従来はこの撮影後に処分されたといわれていたが 、1979年にが『』 [ ]の特集記事で、東宝の倉庫に保管されているのを確認している。 飛び人形は『ゴジラ対ガイガン』のものを流用。 『ゴジラアイランド』のキングギドラ [ ] の操る宇宙怪獣として、第1シーズンの「キングギドラ編」に初登場。 凶暴電波が消えて正気を取り戻したゴジラのもとへザグレスによって送り込まれ、ゴジラ、ラドン、子モスラと交戦して海に転落するが、ザグレスのヴァバルーダが放った「滋養強壮赤マンダドリンク光線」を浴び、3倍にパワーアップして復活する。 しかし、ゴジラを圧倒するもトレマのミラクル念力を受けた影響で押されていき、宇宙へ退散する。 その後、第2シーズンの「ミサト登場編」で怒ったランデスにより、宇宙から召還されて再登場する。 Gガード基地を攻撃してを撃退し、駆けつけて来たゴジラを苦しめるが、ミサトにダンスグロビンを吸わされてダンスを踊らされ、撤退する。 『ゴジラアイランド』のメカキングギドラ [ ] 第1シーズンの「メカキングギドラ編」に初登場。 ザグレスが怪獣自動販売機で買ったメカ怪獣(本当は下記のハイパーメカキングギドラを買おうとしていたが、このときのザグレスは赤字財政だったため、渋々こちらを買う)で、ランクはグレードB、価格は250万宇宙ゼニー。 購入して早々ゴジラに差し向けられるが、実はこのとき別売りのオプションの電子頭脳が入っておらずまともに動けなかったため、たやすくゴジラに倒されてGガードに奪われ、逆にヴァバルーダ攻撃のために利用される。 だが、すぐにザグレスに奪い返される。 その後、ザグレスがオプションの電子頭脳を購入して取り付けたことによりまともに動けるようになり、Gガード基地を攻撃する。 戦いを挑んだゴジラと互角に戦うが、のちに駆けつけたGガード司令官の乗るメカゴジラが必死に戦う姿を見て奮い立った怪獣たちの猛反撃に遭い、右の首を引きちぎられて逃げ去る。 その後、「さよならトレマ編」で暗黒大皇帝によって首を修理された姿で再登場する。 このときはゴジラが不在だったために他の怪獣を次々となぎ倒し、とともにGガード基地にも大被害を与える。 帰ってきたゴジラと一致団結した怪獣たちの猛反撃に遭い、またしても右の首を引きちぎられて退散する。 その後の詳細は不明。 武装は口から吐くレーザー光線。 映画では虹色と金色だったが、終始白の光線を吐く。 「メカギドラ」と呼ばれることが多い。 ルーカスには「メカギドラではなく、バカギドラ」と呼ばれている。 造形物はバンダイのソフビ人形だが、オリジナルと違い首はすべてメカで、翼の表側の色が銀一色になっている。 ハイパーメカキングギドラ [ ] 上記のメカキングギドラの最高級品。 初登場は第1シーズンのメカキングギドラ編だが、ここでは名前のみの登場で、実物が登場したのは第2シーズン完結編から。 本作最後の敵怪獣でもある。 怪獣自動販売機で販売されており、価格は1千万宇宙ゼニーで、ランクはスペシャルグレードA。 地球に戻る途中で、ザグレスが購入する。 尾以外はすべてメカで、両翼の形状が生身のキングギドラに近い。 翼が大きく足が太い。 また、カラーリングもメカキングギドラと比べると全体的に黒ずんだ色合いをしており、ところどころに赤い三角形のマーキングがある。 武器は赤色のレーザー光線に加え、中央の首から吐く氷付け光線に命中したものはたちまち氷漬けになり、ゴジラも一時冷凍される。 全体的な戦闘力も通常のメカキングギドラより高く、最高級品にふさわしい性能を有する。 このほか、身体の一部が破損しても内部から修復プログラムを起動することで、自己修復が可能。 地球攻撃隊隊長に再任命されたザグレスが、ワープゲート奪還のために乗ってゴジラアイランドを攻撃する。 氷付け光線でGガード基地を氷付けにして一時的に基地の機能を麻痺させ、ゴジラすら凍結させるが、ザグレスを追って戻ってきたトレマの呼びかけで復活したゴジラに反撃されて一時退散し、終盤でふたたび登場する。 このとき、ザグレスがいつの間にか購入していたトラクタービームを付け加えており、ワープゲートを奪おうとするが、そこに駆けつけたトレマのパンナトルテとミサトのタルトクープ、そして司令官の乗るメカゴジラとゴジラと戦闘になる。 これにレーザー光線で応戦するもミサトたちの攻撃で左の首を破壊されたうえ、ゴジラを再度氷漬けにしようと放った氷付け光線もゴジラの熱線で押し返され、中央の首も破壊されてダウンする。 次にザグレスは前記の修復プログラムを起動し、破壊された首が再生して復活するが、この直後にミサトがワープゲートの設定を逆転させたため、ザグレスごとワープゲートの向こうに吸い込まれる。 通常のメカキングギドラ同様、「ハイパーメカギドラ」と呼ばれることが多い。 『宇宙船 YEAR BOOK 1999』では ハイパーギドラと記載している。 『CRゴジラ3・4』のキングギドラ [ ] のパチンコ『CRゴジラ3・4』に登場。 このゲームにはゴジラvsシリーズでを務めたによる新撮の東宝怪獣が大挙登場し、キングギドラはゴジラとの戦いのムービーが新たに撮影されている。 着ぐるみは『大怪獣総攻撃』のスーツの首を延長し、従来通りの操演で動かすように改修した(元のスーツでは両腕で首2本を操作するという独特の構造であり、そのために首が太く短かった)ものであり、昭和のギドラにかなり近いフォルムを持っている。 『3』での登場テーマは『』のメインタイトル曲である。 宇宙から飛来した宇宙超怪獣キングギドラは、数々の怪獣を倒したゴジラの前に立ち塞がり、大都市で激闘を繰り広げる。 首を噛まれるなどの激闘のすえ、ゴジラの熱戦と引力光線がぶつかった大爆発で市街地は焦土と化す。 『4』ではガイガン、アンギラスとともにゴジラと戦うムービーがある。 スーツアクターは(『4』)。 『ゴジラ・パチスロウォーズ』のキングギドラ [ ] 宿敵ゴジラを倒すべく亜空間から登場する。 かみつきや引力光線でゴジラに挑む。 姿は『大怪獣総攻撃』のもので、鳴き声は『vs』版。 その他の作品 [ ]• 1966年にから発売された『大怪獣戦 30怪獣大あばれ!! 』収録の「宇宙怪獣対地球怪獣」では、地球を襲う宇宙怪獣の1体として登場する。 『』では、キングギドラの人形が矢野研の所持しているおもちゃとして登場する。 漫画『』では、悪の科学者であるマッド鬼山が操る宇宙怪獣「キングギドラIII世」として登場する。 ゲーム『』では、キングギドラが「巨影」の1体として登場する。 亜種怪獣 [ ] 宇宙超魔獣 デスギドラ [ ] デスギドラ( Desghidorah)は、東宝の特撮怪獣映画『』()に登場する架空の怪獣である。 全長:100メートル• 体高:50メートル• 最大翼幅:80メートル• 体重:7万5千トン• 最大歩行速度:時速180キロメートル• 火砕流撃弾:体内のマグマエネルギーを口から勢い良く噴射する高熱ビーム。 3つの首から連続発射して特定の敵を狙い撃つ。 翼を広げた最終形態となると威力も5倍以上となる。 火龍重撃波:口から吐き出す強力な灼熱火炎。 周囲にあるものを一瞬にして焼きつくし、動植物を死滅させる。 剛烈駆雷震:地割れを起こし地下のマグマを噴出させ口から吐く火龍重撃波と合体させ敵を粉砕する技。 デスギドラは地下のマグマを操ることもできる。 親モスラに使用するが、つねに空中にいるためあまり効果がない。 天怒爆突:対内にためたマグマエネルギーを一気に開放し、接近した敵を吹き飛ばす大技。 死角である背中に取り付いた親モスラに使用し、吹き飛ばすと同時に大きなダメージを与える。 轟砲一閃:高熱エネルギーによるバリア。 モスラ幼虫に浴びせられたエクセル・ストリングスを振り払う。 イリュージョン・ミラージュで無数の小型モスラに分裂したグリーンモスラにも使用するが、振り払いはするもののダメージは与えられない。 三重渦撃砲:3つの首から火砕流撃弾を一斉に放ち回転、増幅させる。 炎龍旋風撃波:三重渦撃砲のスピードと回転をさらにパワーアップさせる。 スーツアクター: 姿はキングギドラに似ているが、体表にはうろこがなく、体色は黒で四足歩行。 を自在に操る。 惑星の命、特に植物のエネルギーを好んで吸収して生きている(動物が持つエネルギーは植物と比べ、効率が悪いため利用しない。 人間を直接襲わないのもこのためである)。 6500万年前にを不毛の星にしたあと、地球の植物に壊滅的な打撃を与え、を滅ぼすが、に敗れ現代の紋別の森林奥地に封印されていた。 地面に埋まっているエリアスの盾が封印の役割をしていたが、人間たちの森林伐採工事が原因で遺跡が露出し、何も知らない人間・後藤裕一にエリアスの盾を取られたため、復活する。 復活したばかりの不完全体では、翼が短過ぎてまだ飛べないため、4足で歩く。 武器は口から吐くをエネルギーにした光線や火炎。 序盤は成虫モスラの多彩な攻撃技に苦戦するも次第に圧倒して返り討ちに追い込み、幼虫モスラが援護に来て2対1という不利な状況になってからもなお、互角以上に戦う。 また噛みつきや踏みつけも得意で、逃げ出したモスラ幼虫の尻尾を踏みつけて尻尾や胴体に噛みつき出血させる程の威力である。 モスラ親子の挑発に乗り、を破壊して濁流に呑み込まれるが生存し、成虫モスラが倒れたあと、かつて地球を滅ぼそうとした際の形態(翼を使って空を飛べるようになる=完全体)となる。 その後、黒雲状の力場で北海道全域の植物エネルギーを搾取し、その地域の濃度の低下を招く。 最終的には、幼虫が変態した新生モスラに敗れ、ふたたびエリアスの盾で封印される。 公開当時にから刊行されたのノベライズ版では、宇宙のを増やす傾向から生まれた、生命の存在しない宇宙を構築するための負の生命とされており、神に等しいその存在に死はないとされ、その設定にもとづき「負の生命」と記述する書籍 [ ]もある。 その正体は不定形のマグマ状生命体であり、『モスラ超全集』やノベライズ版によれば、その姿はかつて交戦したキングギドラや、中生代の恐竜やの外観をコピーしたものとされている。 造形(デスギドラ) [ ] デザインは吉田譲。 造形は。 チーフのの筆頭の元。 リーダー・兼・頭部原型担当のをはじめ、八木文彦、寒河江弘、山岡英則、渡辺勉、そしてメカニカル製作ののがそれぞれ担当。 キングギドラとの差別化のため、四本足の怪獣としてデザインされた。 着ぐるみの前足には杖が入れられ、後足が膝をつかないようにしている。 後ろ足で立ち上がることができるなど機動性が高く、特技監督の川北紘一もこの着ぐるみを気に入っていたという。 また4足歩行のデザインは、「のちのカイザーギドラに近い」とも評されている。 着ぐるみの翼は付け根の部分で着脱が可能となっている。 造形物は着ぐるみのほか、25分の1スケールの飛行用と首の可動ギミックを内蔵した小型のものの3種類が造られた。 パンフレットによれば、3つの首は操演時の区別のため、右からそれぞれ「」と呼ばれていた。 の最終兵器ともいえる怪獣である。 モンスターX、カイザーギドラともに、デザインは。 宇宙超怪獣 モンスターX [ ]• 身長:120メートル• 体重:6万トン• 武器:引力光線デストロイド・サンダー スマートな2足歩行のフォルムを持ち、2本の角が生えた頭部に加え、両肩にも骸骨を縦に2等分したようなものがついている(カイザーギドラになるときはこれが伸びる)。 体色は銀色と黒色で尻尾の先は2つに分かれている。 ゴジラ以上のパワーとスピードを持ち、3本の頭部の赤眼から放たれる引力光線「デストロイド・サンダー」はゴジラの放射熱線に匹敵する威力を持つ。 知能は高く、と連携したりするが、ゴジラを取り押さえた際に誤ってガイガンのチェーンソーで斬りつけられたり、背後からモスラのラリアットによりガイガンともども突き倒されるといった展開もある。 南極にて復活したゴジラにガイガンが倒されたあと、X星人が呼び寄せた に乗って宇宙から飛来する。 ゴジラのハイパースパイラル熱線で隕石を破壊されたあと、廃墟と化した東京でゴジラと戦う。 高々とジャンプして高速でスピンしながら上記の尻尾を鞭のように顔へ打ち付け、組み付いた状態から腕をひねって持ち上げたりといった、ゴジラを上回るパワーとスピードを活かした格闘スタイルを披露して苦しめる。 また、至近距離で放射熱線を顔面に受けてダメージを負いながらもすぐに引力光線「デストロイド・サンダー」で反撃に転じる。 さらに改造ガイガンとタッグを組み、ゴジラを挟み撃ちにして戦いを優勢に進めていくが、から飛来したによって改造ガイガンは倒され、モンスターXもゴジラにで組み伏せられ、殴打される。 スーツアクターは。 超ドラゴン宇宙怪獣 カイザーギドラ [ ]• 身長:140メートル、体長:150メートル(尾を除く)• 体重:10万トン• 武器:反重力光線デストロイド・カイザー 地球人によってX星人が倒されたあと、モンスターXがさらなる変身を遂げた姿。 戦闘力はキングギドラをしのぐ。 外骨格がはずれ、3つの首が伸びて角が生えて四足歩行形態となり(それと同時に両腕は使えなくなる)、翼が生じて体色が金色と黒色に変わる。 3つの首から放つ反重力光線「デストロイド・カイザー」で標的を空中に舞い上げてそのまま地面に叩きつけるほか、左右の首を両腕代わりにして相手を押さえつける、3つの首すべてで噛み付くと同時にエネルギーを吸収するといった戦法を取り、相手を苦しめる。 設定によれば、モンスターXの外骨格はカイザーギドラとしての肉体を保護する反面、これを失うことでカイザーギドラの防御力はモンスターXとしてのそれよりもいくらか劣るとされている。 頭の角の形状と生え方および首のひれの形状はそれぞれの首で違う。 なお、モンスターXの額には三日月型の角があったが、変身後のそれに当たる中央の首にはそれがない(左の首の額に三日月型ではないが、そこから角が生えている)。 またキングギドラの首の根元は、左右が前の方に、中央が後ろの方に付く配置だったが、カイザーギドラは逆で、中央が前に付いている。 設定では飛行も可能だが、翼はキングギドラやデスギドラよりも体の大きさに比べて小さい。 統制官が倒され、X星人が全滅すると同時にモンスターXはカイザーギドラに変身。 持ち前の巨躯と反重力光線「デストロイド・カイザー」を武器にゴジラを圧倒し、ついにはゴジラに噛み付いてエネルギーを吸収して戦闘不能に追い込む。 しかし、尾崎がみずからの超能力「カイザーエネルギー」をのメーサー砲に注入して発射したG粒子メーサー砲を浴びたゴジラは力を取り戻し、反撃に転じる。 カイザーギドラは噛みつきを振りほどいたゴジラの至近からの放射熱線によって中央の首を吹き飛ばされたあと、左側の首が放った光線を右側の首を盾にされて誤爆し、右側の首も失う。 その後は反撃する力もなく、何度も一本背負いを浴びせられて動かなくなったところを空中に投げ上げられ、バーニングGスパーク熱線によって宇宙空間まで吹き飛ばされた結果、爆発四散する。 名前はドイツ語で皇帝を意味する「Kaiser」から。 ギドラ族の最上級怪獣として位置づけられており、キングギドラに似たフォルムをしている。 劇中では、変身の前後とも名前を呼ばれない。 モンスターXについては劇場公開前に公表されていたが、カイザーギドラはその存在が秘密扱いとされており、劇場公開前の時点では写真等の資料は公開されていなかった。 スーツアクターは中川素州、(前後にふたり入る)。 他作品への影響 [ ]• 『』には、メカキングギドラの首を2本にしたような姿の「星神獣リュウト」が登場する。 また映画『』に、強敵であるボスキートが巨大化した姿で、キングギドラの首を2本にしたような姿の「マンモスボスキート」が登場する。 のSF小説『』には、キングギドラをモチーフにした 、8本の竜の首と女性の上半身の計9本の首を持つ怪獣「クトウリュウ」が登場し、鳴き声や攻撃手段の光線がキングギドラのものに類似している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 光線を出す怪獣はゴジラ以外では初めて。 『』のメカキングギドラや『』の魏怒羅(千年竜王)は悪役ではなく、人類の敵となるゴジラと戦う存在として描かれている。 各部を動かさずにただ「立って」いるだけでも、頭(首)各2本(計6本)、翼2本のピアノ線と、その保持要員が必要である。 に「」からダイキャスト製玩具「」のひとつとして玩具が発売されたことがあるが、腹部を開くとメカが仕込んであるという趣向になっていた。 キングギドラが使う引力光線は本来、スペースゴジラが使うグラビトルネードのように敵を宙に舞い上げるというものだったが、撮影当時の技術的限界などからその表現は見送られた。 によれば、ブルーグレー調に塗装されていたという。 「」のイメージであったという。 宣伝用のカラースチル写真の中には、翼は虹色のまま、胴体だけが金色に塗り直されたものが存在する。 『三大怪獣 地球最大の決戦』公開時のポスターにおいても、この「翼が3色」のスチル写真が使われている。 公開のアニメーション映画『』の作中では携帯電話の着信音に引用されているが、これは円谷プロから正式に許可を受けて借用されたものである。 前年のにが完成して話題性があった。 本作のDVDオーディオコメンタリーおよび、特典『ゴジラ道』でのの証言によると。 同じく特典の東宝俳優図鑑ではと表記。 同作の特典の『メイキング8mmフィルム』では、撮影現場に坂本の姿がある。 しかし、にで開催された・トークショーによる証言ではが正しいとされる [ ]。 中野自身がキャスティングしたが、「キングギドラの撮影初日に宇畄木が来ず、調べたら黒澤映画のエキストラ役として勝手に連れて行かれており、黒澤組チーフ助監督のと大喧嘩して連れて帰ってきた」と発言。 また、当時撮影助手をしていた川北は、「よく言われる広瀬は身長が小さいのでキングギドラ役は無理だと思う」と発言した。 キングギドラがゴジラと肩を並べて戦うのはこのときが唯一である。 胴体が大柄で大きな翼と2本の尾を持つため、相対的に首が短く見えた。 ・・を除く。 左端の首はゴジラに何度も踏みつけられ、右端の首はアンギラスに噛まれ続けてそれぞれ絶命するが、中央の首はそういう描写もなく終始虫の息で、ミニラの熱線によってとどめをさされる。 登場シーンの多くがである都合による。 初代の制作にもかかわった。 登場シーンは昭和版の炎に対し、稲妻をイメージさせている。 オープニングクレジットでの鱗の部分は、この首のものを使用。 製作段階で行われたCG設計では、作品の世界観に則したとき20キロメートルに及ぶと計算されている。 このドーム自体も触手を伸ばして獲物を捕らえることができる。 トリプルトルネードとバリアの展開能力は、もともとメカキングギドラの技として考案されていたものである。 スーツアクターの喜多川務は、このアクションのために小型のキングギドラが必要となり、幼体の設定が設けられたと証言している。 このときの登場シーンは『』と同じく光に包まれて登場する。 雑誌『宇宙船 YEAR BOOK 1999』では、名称を メカキングギドラ(完全修理)と記載している。 DVDメニューによれば。 作中当初に登場するゴラスは、いわゆる立体映像。 これらの戦いは、母船内での地球人とX星人の戦い、そして尾崎真一と統制官のと同時進行で描写されている。 公開直前に発売された『』2005年1月号でも、モンスターXがカイザーギドラに変化する直前のシーンまでしか掲載されていない [ ]。 出典 [ ]• , p. Soviet SF Film Festival brochure. Mount Light Corporation. 1984• - NIKKEI STYLE。 , p. 345. 映画ナタリー. 2017年6月20日. 2018年11月10日閲覧。 , p. 104. - ORICON NEWS• , pp. 151, 347-348. 『特撮ニュータイプ』、、2012年4月、 [ ]。 , p. 351. 『ゴジラ 東宝チャンピオンまつり パーフェクション』〈DENGEKI HOBBY BOOKS〉、2014年、108頁。 , p. 352. 、染谷勝樹『特技監督 中野昭慶』〈ワイズ出版映画文庫〉、2014年7月25日、452頁。 , p. 171. あべの経済新聞. 2014年8月29日. 2018年1月16日閲覧。 , p. 201. 監修:『ゴジラ大百科[メカゴジラ編]』、1993年。 雑誌コード:62538-81。 「よみがえるラドンの声」• 227. , p. , p. , p. , p. 30, ゴジラVSキングギドラアートワークス. 32-33, キャストインタビュー 中川安奈• , p. 118, 川北紘一特技監督・特撮イメージを語る. , p. 田中友幸/有川貞昌・中野昭慶・川北紘一他「「ゴジラは夢を実現する道具」 見せ場は新宿・都庁舎の破壊シーン」『ゴジラ映画40年史 ゴジラ・デイズ』、1993年11月24日、232-233頁。 「1962〜98 GODZILLA「ゴジラは夢を実現する道具」 見せ場は新宿・都庁舎の破壊シーン」『ゴジラ映画クロニクル 1954〜1998』集英社〈集英社文庫〉、1998年7月15日、385-386頁。 『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』劇場パンフレット。 , p. 275. , 「GHIDORAH CG」• , 「スタッフオーディオコメンタリー」• - コミックナタリー• , 「EFFECT」• , 「EFFECT」• , p. 10 11 12 13. , p. 111. , p. 『モスラ3 キングギドラ来襲大百科』〈ケイブンシャの大百科〉、1998年、84頁。 「鈴木健二インタビュー」• , p. 88-89. 39掲載)」『東映ヒーロー仮面俳優列伝』鴬谷五郎[編著]、、2014年12月20日、153-162頁。 , p. 14 15. , p. 263. , p. 270. , p. , p. 179. 『特別編集・特撮ヒーロー大全集』、1988年12月30日、89頁。 C8774。 雑誌コード:01844-05。 , p. 284. 264• , p. , p. 20 21 22 23. 255. 4-7, 撮影:飯塚康行「SFX FACTORY RETURNS!! in MOTHRA」• 「写真で見る歴代キングギドラデザイン」『ゴジラ完全解読』薗部真一ほか、〈別冊宝島2207号〉、50頁。 160 - 161, 「平成ゴジラバーニング・コラム」No. 024• 2015年1月8日閲覧。 参考文献 [ ]• 岩畠寿明、小野浩一郎『ゴジラvsキングギドラ 怪獣大全集』〈講談社ヒットブックス〉、1991年12月5日。 東宝SF特撮映画シリーズ()• 『ゴジラvsキングギドラ』東宝〈東宝SF特撮映画シリーズVOL. 6〉、1992年1月15日。 『モスラ3 キングギドラ来襲』東宝〈東宝SF特撮映画シリーズVOL. 13〉、1998年12月12日。 デラックス愛蔵版()• 『モスラ』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1996年12月20日。 草刈健一、鞍城沙貴『モスラ3超全集』小学館〈てれびくんデラックス愛蔵版〉、1999年1月10日。 間宮尚彦『ゴジラ1954-1999超全集』小学館〈てれびくんデラックス〉、2000年1月1日。 『宇宙船YEAR BOOK 1997』〈別冊〉、1997年2月28日。 雑誌コード:018844-02。 『ゴジラ・クロニクル』、1998年7月。 高橋和光、何川渉『モスラ3 キングギドラ来襲大百科』〈ケイブンシャの大百科〉、1999年1月11日。 『ゴジラ大辞典』野村宏平、、2004年12月5日。 『怪獣人生 元祖ゴジラ俳優・中島春雄』、2010年7月31日。 元山掌、松野本和弘、浅井和康、鈴木宣孝『東宝特撮映画大全集』、2012年9月28日。 監修:『平成ゴジラパーフェクション』アスキー・メディアワークス、2012年。 『オール東宝怪獣大図鑑』〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年4月27日。

次の