面白い ペンネーム。 この世で一番面白い言葉を決めよう

ペンネームが変な(面白い)漫画家を紹介します

面白い ペンネーム

ラジオネームで採用・不採用は決まるのか? まだ投稿を始めてすぐの頃、「 ラジオネームは面白いほうが採用されやすいのかな?」と誰もが考えることでしょう。 番組内でよく読まれているリスナーさんのラジオネームは面白かったり、インパクトがあったり、そういうのに憧れてしまうものです。 しかし、ラジオ番組で1年間のメール採用数が300通以上の私は断言します! 「ラジオネームで採用・不採用は変わらない!」ということを。 どんなラジオネームでも良いです、自由にラジオネームは考えましょう! 私はラジオネームにあまりこだわりがなく、いろいろなラジオネームを使っていました。 芸人さんのラジオ、アイドルさんのラジオ、お昼のワイド番組・・・あらゆるラジオ番組に投稿して採用されてきましたが、どんなラジオネームでも採用・不採用は変わりませんでした!本気で考えたオシャレなラジオネームでも、ボケまくったラジオネームでも、単純に「イソフラボン」みたいな単語をそのままラジオネームにしたものでも、どれでもしっかり採用されました。 結局はメールの内容、面白さで採用が決まっていたと思います。 これは投稿歴10年以上の私が経験則から言うもので、ほぼ確実でしょう! ・ラジオネームで採用、不採用が変わることはない! ・ラジオで採用されるにはメールの内容次第! ラジオネームは一つに固定するべきなのか? 投稿初心者のときに考えること、それは「 同じ番組では1つのラジオネームしか使っちゃダメなのか?」ということです。 とある番組で最初に読まれたラジオネームは変えてはいけず、そのまま使用しなければいけないのか?疑問に思うところでしょう。 しかし、そんな心配は不要です! ラジオネームは自由に変えて大丈夫です。 毎週のようにラジオネームを変えても良いです、それは自由です。 そのときに「ラジオネームを変えました」という報告ももちろん必要ありません! 毎週読まれるような常連リスナーの方がラジオネームを変えるときは「 〇〇〇〇改め〇〇〇〇」というラジオネームを使用しますが、それは常連リスナーさんの特権みたいなものです。 数回しか採用されていない段階で「〇〇〇〇改め〇〇〇〇」と書いても微妙な雰囲気になるだけです。 逆にそれが面白くなる場合がありますけどね!! ・ラジオネームは自由に変えてOK! ・ラジオネームを変えた時に「〇〇〇〇改め〇〇〇〇」とやるのは常連リスナーの特権。 何通も採用されるにはラジオネームを使い分けよう! 私がラジオネームを何個も使い分けていたのは「ただラジオネームにこだわりがなかったから」という理由の他に、実は 「1つの番組で何通も採用されるため」という作戦がありました。 同じラジオネームで、同じ番組内で何通も採用されるのは芸人さんのラジオではよく聴きます。 常連リスナーの方が1回の放送で2~3通ほどメールが読まれています。 芸人さんの番組ではラジオネームの使い分けはあまり必要がないかもしれません。 しかし、 芸人さんの番組以外のラジオ番組ではラジオネームを使い分けると採用数が増える可能性があります! アイドルさんの番組、俳優さんの番組など「リスナーにそのパーソナリティの方のファンの人が多い番組」ではラジオネームを使い分けると良いんです!それはなぜか? 番組内で同じラジオネームの人が何通も読まれちゃうと、そのファンの人が「あの人ばっかり読まれて贔屓してる!」と思っちゃうからです。 番組の評価が下がることになるので、メールを選ぶ番組スタッフさんも同じラジオネームの人を何通も読まないように気をつけています。 面白いメールを優先的に番組スタッフさんは読みたいと思っています。 それは番組でトークが広がり、番組の面白さに繋がっていくから。 だから 番組スタッフさんはラジオネームどうこうではなく、メールの面白さで選びたいのが本心!でも同じラジオネームの人を連続で読むのはさきほどの理由があるので・・・そこで ラジオネームを使い分けましょう!同じ番組に何通もメールを送る時、そのメールごとにラジオネームを変えて送るんです!するとどうでしょうか?例えば、ラジオネームを変えたメールを全部読まれたところで、ラジオネームはもちろん全部違うので聴いているリスナーの人は「同じラジオネームの人が採用されている!」とは思いません!番組スタッフさんはメールアドレスとかから「同じ人が送っているな」とはわかっていますが、ラジオネームが違うので採用してくれます!私はこの作戦を使ったところ、1回の放送で22通のメールが採用されたこともあります(笑) メールの内容に自信があって1回の放送で1通以上のメール採用を狙う場合、ラジオネームを使い分けてみると複数採用されるかもしれませんよ!? ・同じラジオネームでメールを何通も送っても、1回の放送で複数回読まれるのは難しい! ・ラジオネームを複数使えば1回の放送で何通も読まれるかも? ・でもあくまで読まれるかどうかはメールの内容です! ラジオネームでやってはいけないこと! 基本的にラジオネームは自由に決めて良いです。 しかし、ラジオネームで使ってはいけない、それをやると採用されなくなってしまうラジオネームがあります! 1つ目は「 放送禁止用語」。 これは当たり前ですね、放送で言ってしまうと誰かが謝罪しなければいけない言葉です。 それをラジオネームに組み込んだら、もちろん採用されません。 ラジオネームでアウトな上、「こんな言葉をラジオネームに入れちゃうような人のメールは危ない」と番組スタッフさんに思われて、今後、そのメールアドレスから送ったメールは読まれにくくなるかもしれません。 2つ目は「 差別用語、攻撃的な言葉」。 差別用語、攻撃的な言葉はそのフレーズを聴いた誰かが怒ってしったり、悲しんだりする言葉です。 これももちろん採用されません。 3つ目は「 特定の商品名などを入れたもの」。 例えば「ガリガリ君大好きおじさん!」というラジオネームを考えたとしましょう。 その場合、もしも番組スポンサー(CMを入れている企業)に他のアイスを販売している企業が入っていたらどうでしょうか?せっかくお金を出してくれているスポンサー様のライバル企業の商品名が出ているラジオネーム、なかなか読みにくいでしょう!なるべく商品名などを入れたラジオネームで送るのはやめましょう! また、NHKでは特定の企業や商品名を出すことは禁止されています。 そこで商品名を入れたラジオネームを送っても読まれません。 NHKのラジオ番組にメールを送る時は、とくにラジオネームに注意しましょう! 採用されやすいラジオネームとは? 採用されやすいラジオネームはありません!全てメールの内容で採用か不採用かが決まっているからです!採用されやすい、面白いラジオネームが考えられるようならばメールの内容も面白くなっているから! 覚えてもらいやすいラジオネームの考え方 せっかく 好きなラジオ番組で読まれるなら、その番組のパーソナリティさんに名前(ラジオネーム)を覚えてもらいたい!誰もが思うところでしょう。 ラジオネームを覚えてもらうと、番組イベントなんかでパーソナリティさんに「はじめまして!ラジオネーム〇〇〇〇です!」と自己紹介した時、すげー喜ばれて、こっちが有名人かのように握手を逆に求められたりします(笑)ラジオネームを覚えてもらうのに損はなし、得しかありません!そこで覚えてもらいやすいラジオネームの考え方を紹介します! 1つ目は「 語呂の良いラジオネームにする」です。 聴くと耳に残って、一発で覚えてしまうラジオネームです!「〇〇〇〇(カタカナ)+〇〇〇〇(漢字)」のような組み合わせがよくあるパターンの一つです。 「マキシマム斉藤」みたいなのですね。 辞書でテキトーに見つけた英単語と、自分の苗字を組み合わせると簡単にできます。 簡単にできるし、覚えてもらいやすいし、自分の苗字も入れられるのでオリジナリティが出やすいのがポイントです! 2つ目は「 名前というより文章にしちゃう」です。 名前というより「お蕎麦は茹でて食べるとウマイ!」みたいな文章にしちゃうパターンです!これは、その名前にパーソナリティさんが引っかかってくれます。 「お蕎麦は茹でて食べるとウマイ」では普通すぎますが、「お蕎麦はマヨネーズをかけるとウマイ」とインパクトがある感じすると、パーソナリティさんがマヨネーズ?マジで?と反応してくれます!一度でも反応してくれるとラジオネームを覚えてくれます!私はこのパターンをよく利用していて、数回しか読まれたことがないのにイベントでパーソナリティさんに出会ったときに「あっ!あのラジオネームの!?ほんものだー!!」と言われたこともあります(笑) あまり長すぎるとインパクトがなくなるので、スッキリ読めるくらいのコンパクトさにしましょう! まとめ というわけでラジオネームについて書きました。 「ラジオネームについてなに書こうかな・・・」なんて思って書き出しましたが、いざ書いてみると奥が深い!書くこといっぱいありました!せっかく送るメールですから、ラジオネームも工夫してみるとさらに面白く投稿できるかもしれません!•

次の

【面白い】後悔しないハンドルネーム&ペンネームの付け方・決め方【かっこいい】

面白い ペンネーム

面白いペンネームと芸名はありますか? こんにちは 先日、このサイトのお知り合いの回答を眺めておりましたら 作家の色川武大さんの名前を言われる 質問者の方は女性でお若い方のようでしたが はて?ご存知かな?といらぬ心配をしましたが 年配の方に限らず「阿佐田哲也」と言うペンネームで通りがいいようです いわゆる「麻雀小説」と言うジャンルの先駆者とも言えるのですが ペンネームの由来が、朝だ、今日も麻雀で徹夜だった 昔ですが獅子文六と言う作家がおられましたが この人のペンネームんがまた面白く 「四四、十六」の語呂合わせはどうも当時の文壇の重鎮に遠慮しての事で 本音は 自分はしがない文士であるが文豪と呼ばれる人よりはいささかましである それがまあ文六の由来のようですが 芸名にも面白いものがあります これも年配の方ならご存知か思いますが昭和を代表するコメデイアンで 益田喜頓さん これはアメリカの喜劇俳優バスター・キートンから 前置きが長くなりました 面白いペンネーム、あるいは芸名を教えていただけたらと思います よろしくお願いいたします 投稿日時 - 2017-11-21 19:00:22 再々回答です。 三代目魚武濱田成夫(詩人、ミュージシャン) 実家の魚屋「魚武」だから。 佐々木蔵之介 実家の職業(造り酒屋)と大石内蔵助をかけて。 仔猫、かわいいですよね! ご予算とか色々あると思うので・・・ ペットショップだと純血種で 三十万円とか普通みたいですね。 人気はアメリカンショートヘアとか 足の短いスコティッシュかなと思いますけど。 (動物愛護センターなら話は別なのですが) 仔犬でも仔猫でも性格は千差万別ですね。 イタズラ好きで部屋をボロボロにする猫ちゃんもいれば 大人しい子もいるし、 犬みたいに人懐こい子や 人に構われるのが嫌いな子もいるようですね。 個人的な知り合い、と言いますか、縁戚の者(明治の人)なのですが、 博多の歴史や文化など、好きで調べては、趣味で本を書いたようで、 その時のペンネームが、「ふてぇがってぇ」 いえ、ふつうは使わないし、聞いたこともない方言なんですけど、 そのニュアンスはわかる、というか、そりゃ地元ですから、(笑) なかなか粋だなあと感心しました。 寒くなりましたねえ~ 暖かくして、風邪などひかれませんようご自愛くださいませ。 この人も女性っぽい名をつけてます。 ペンネームが地味で損していると思うは 佐藤正午さん。 もう還暦過ぎたベテラン作家ですがやっと今年直木賞受賞。 近くの工場のサイレンがなったから「正午」という筆名が浮かんだ というのは、あまりに地味すぎる。 デビュー作の「永遠の1/2」なんて 時代の空気と若者の心情を描いたいい作品だったのに 本名なのにかっこよすぎて本人とのバランスがとれないのは 一橋大学卒のインテリで、パルコ出版に入ってトレンド雑誌アクロスの 編集長になった三浦展さん。 検索するとウーパールーパーみたいな顔が出てきます。 もう少し 男前なら言ってることに説得力がでるのに惜しい。 下流社会もそうですが、資料の引用が雑で、論文作成が下手なのが 難点。 マーケティング育ちの癖なんでしょう。 さて、芸名に行きますね。 あらかた、面白いのは出てしまったのでキワモノロックから 氏神一番 これは、カブキロックスというコミックバンドのボーカル 沢田研二のTOKIOのカリカチュアというかまんま焼き直しの お江戸という歌がヒット。 聖飢魔IIのデーモン小暮閣下(閣下も芸名の一部)の流れを汲んだ 真顔で演じてるところが好きです。 そもそもコミックバンドの先駆けはクレージーキャッツ、 ドリフターズ、ドンキーカルテットと続くのですが、 クレージーキャッツは本名の人と芸名の人が混じっていましたね。 谷啓の「ダニー・ケイ」のもじりは有名。 ドリフターズは、荒井注、加藤茶など奇妙な芸名が多いが、大半は 「水にかかわる名前は芸人向きだという」ハナ肇の命名なのだとか。 あとは、昭和の大スター「ピンクレディ」 戸倉俊一が前の晩、バーで飲んだカクテルから思いついたというのだから 安易で面白いですね。 私が興味深いと思うのは「シェアネーム(?)」でしょうか。 でも実は加藤一彦・輝彦兄弟の共有ペンネームでした。 現在は兄の一彦氏が独占的に使用しているようですが。 その後コンビを解消し、藤子・F・不二雄 と 藤子不二雄 A に分かれましたが、私は未だにどちらがどの作品を描いたのかわからずにいます。 従兄弟同士だったそうです。 「大岡越前」「水戸黄門」等の時代劇シリーズを手掛けた脚本家集団。 私は暫くの間、実在する人物だと思っていました。 タイトルを見て「阿佐田哲也」だ、と思ったらご質問文に書かれてましたね(笑) 『半村良』 半村=ハンソン&良=いいです。 座布団を取らなきゃいけませんね。。 『司馬遼太郎』 史記を書いた司馬遷には遠く及ばない、という意味だそうです。 ご謙遜ペンネームでしょうか。 ・・・有名でしたかね。 偉人そのまんまという人もいます。 いったい何を考えてつけたんでしょうねえ。 『エンゲルベルト・フンパーディンク』(歌手) パクられ元は、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」の作曲家です。 段田男さんがデビュー当時、ラジオの歌番組にゲスト出演したとき、 芸名の由来をご本人がラジオで言っていました。 段々と階段を上るように成長したいということや、演歌なので、 段々畑のようなふるさとのあたたかみを聴き手に伝えられる歌手になること、 そして男らしい歌が歌えるようになることなど、いろいろな願いが こめられていると言っていました。 昭和の終わり頃「玄海灘」でデビューして、 誠実なイメージと新人ばなれした本格的な歌唱力で将来が有望視された方ですが、 1年ほどで引退しました。 その後、大工になったりカラオケ教室を開いたりしてるようで、 誠実なお人柄は引退後も健在のようです。 やはり元 演歌歌手の 紅屋おかめ(紅屋おかめ)さん、 昭和50年代にデビュー曲は「泣くな おかめちゃん」でデビューしましたが、 短期間で引退して、その後、新聞少年を歌った歌手と結婚したそうです。 歌は上手でした。 見た目が美人でないことを売り物にしていた感じでしたが、 実際は「他のアイドルより、かわいいと思うけど。 」という人もいたようです。 2曲目の「ディスコナンバー360」では演歌から一転してディスコソングになりましたが、演歌のようなこぶしをまわして歌っていました。 (ネットで検索すると画像が出てきます。 本名:藤澤守) アメリカの音楽家「クインシー・ジョーンズ」の名前を借りた。 クインシー・ジョーンズは、例えば、「ウィ・アー・ザ・ワールド」をプロデュースした人ですね。 本名:植村 宗一) 「直木」は「植」の字を分解したもので、「三十五」は年齢を元にしたものである。 31歳のときに直木三十一の筆名で『時事新報』に月評を書いたのが文筆活動の始まりで、以降誕生日を迎えるごとに「三十二」、「三十三」と名前を変えていた。 名字と名前の、それぞれの最初の文字が平仮名で書かれているのは、英語で名前を書くとき最初の文字を大文字にするのを真似たということだったと記憶しています。 投稿日時 - 2017-11-21 20:24:18 こんにちはmt. -mhさん 初めてお話させていたくのでしょう 何時もadele さんmarcさんhazar さんが親しくお付き合いさせていただいて ありがとうございます 私がお礼を言う筋でもないのですが 一応、洒落なのですが鶴亀一座の座員と言うことになっておりますし 座員になった覚えはないと言われそうですがアハハハ Mt. 有名な作家ではないですが、イギリスの怪奇小説家であるアーサー・マッケンにあやかって朝松健というペンネームにされた人がいました。 漢字が違うかもしれません。 上手いし、違和感はないなと思いました。 ビートたけしさんの弟子の浅草キッド。 たけしさんは売れない時代の自分をモチーフにした同名の曲を作詞作曲しており、その曲の名前をコンビ名に与えたほどですから期待の程が分かります。 ほとんど無名の若手の頃からその面白さは飛び抜けていました。 いろんな人がカバーしているのですが、哀愁を出せるのは竹原ピストルさんだけですね。 いい曲です。 閑話休題。 その浅草キッドといえば水道橋博士さんと、玉袋筋太郎さんです。 しかし玉袋筋太郎はNHK的にマズいと、初めてNHKに出演したときは強制的に本名でテロップが流れたとか。 今は「玉ちゃん」名義で出演しますね。 玉袋筋太郎だとマズい系統のお仕事は全て玉ちゃん名義になってます。 江頭2:50さんはなんで2:50なのと思われるでしょうが、飲み会などで午前2:50を過ぎると同性愛者になるからそう名付けられたのです。 Wikipediaじゃ「暴れるから」となっていますがね。 だから当時漫才コンビ「男同志」というのをやっていましたが、ほぼホモネタでした。 ホモネタでボキャブラ天国に出ていたのを知る人は今は少ないです。 ライトノベルの作家さんで「入間人間」って人がいますね。 「いるまにんげん」かと思ったら、「いるまひとま」さんと読むそうで。

次の

作家のペンネームの由来で面白い、へー、なるほどってのを教...

面白い ペンネーム

三代目魚武濱田成夫(詩人、ミュージシャン) 実家の魚屋「魚武」だから。 佐々木蔵之介 実家の職業(造り酒屋)と大石内蔵助をかけて。 仔猫、かわいいですよね! ご予算とか色々あると思うので・・・ ペットショップだと純血種で 三十万円とか普通みたいですね。 人気はアメリカンショートヘアとか 足の短いスコティッシュかなと思いますけど。 (動物愛護センターなら話は別なのですが) 仔犬でも仔猫でも性格は千差万別ですね。 イタズラ好きで部屋をボロボロにする猫ちゃんもいれば 大人しい子もいるし、 犬みたいに人懐こい子や 人に構われるのが嫌いな子もいるようですね。 個人的な知り合い、と言いますか、縁戚の者(明治の人)なのですが、 博多の歴史や文化など、好きで調べては、趣味で本を書いたようで、 その時のペンネームが、「ふてぇがってぇ」 いえ、ふつうは使わないし、聞いたこともない方言なんですけど、 そのニュアンスはわかる、というか、そりゃ地元ですから、(笑) なかなか粋だなあと感心しました。 寒くなりましたねえ~ 暖かくして、風邪などひかれませんようご自愛くださいませ。 この人も女性っぽい名をつけてます。 ペンネームが地味で損していると思うは 佐藤正午さん。 もう還暦過ぎたベテラン作家ですがやっと今年直木賞受賞。 近くの工場のサイレンがなったから「正午」という筆名が浮かんだ というのは、あまりに地味すぎる。 デビュー作の「永遠の1/2」なんて 時代の空気と若者の心情を描いたいい作品だったのに 本名なのにかっこよすぎて本人とのバランスがとれないのは 一橋大学卒のインテリで、パルコ出版に入ってトレンド雑誌アクロスの 編集長になった三浦展さん。 検索するとウーパールーパーみたいな顔が出てきます。 もう少し 男前なら言ってることに説得力がでるのに惜しい。 下流社会もそうですが、資料の引用が雑で、論文作成が下手なのが 難点。 マーケティング育ちの癖なんでしょう。 さて、芸名に行きますね。 あらかた、面白いのは出てしまったのでキワモノロックから 氏神一番 これは、カブキロックスというコミックバンドのボーカル 沢田研二のTOKIOのカリカチュアというかまんま焼き直しの お江戸という歌がヒット。 聖飢魔IIのデーモン小暮閣下(閣下も芸名の一部)の流れを汲んだ 真顔で演じてるところが好きです。 そもそもコミックバンドの先駆けはクレージーキャッツ、 ドリフターズ、ドンキーカルテットと続くのですが、 クレージーキャッツは本名の人と芸名の人が混じっていましたね。 谷啓の「ダニー・ケイ」のもじりは有名。 ドリフターズは、荒井注、加藤茶など奇妙な芸名が多いが、大半は 「水にかかわる名前は芸人向きだという」ハナ肇の命名なのだとか。 あとは、昭和の大スター「ピンクレディ」 戸倉俊一が前の晩、バーで飲んだカクテルから思いついたというのだから 安易で面白いですね。

次の