ユリアン アメリカ。 ユリアンレトリーバーがアメリカで大絶賛!?動画の日本語訳付き!!

「日本の恥!」ゆりやんレトリィバァの”米国人気オーディション”出演に辛辣な声 (2019年6月16日)

ユリアン アメリカ

同番組は現在シーズン14を数える人気番組であり、ネットで大きな反響を呼んでいる。 優勝者には賞金100万ドルが与えられる。 過去には日本人パフォーマーも挑戦しており、シーズン8ではダンサーの 蛯名健一(45)が優勝している。 今回公開されたのは二次審査の様子だ。 通訳なしで登場したゆりやんは「私はゆりやんレトリィバァ。 日本から来ました。 パフォーマーでダンサーです」と審査員に挨拶。 ゆりやんレトリィバァという名前について訊ねられると「猫を飼っています。 その名前がレトリーバーです」と返すなど次々ジョークで応酬した。 その後、星条旗をあしらったきわどい衣装に身を包んだゆりやんは曲に合わせて泳ぐようなダンスを披露。 パフォーマンス後は観客から大きな歓声を浴びるだけでなく、審査員の1人は立ち上がって拍手した。 審査が終わった後もゆりやんは審査員と和やかにコミュニケーション。 さらに審査員席に降りる一幕もあった。 またその挑戦を讃える声が上がっている。 《ゆりやん凄いし! あの感じの笑いが向こうでもウケてるの凄い ゆりやんの笑いって世界で通用するんや!! すごーーい》 《審査員に対してまっったく怯まないで日本のバラエティのときみたいにグイグイいってたし、審査員席まで降りていって勝手にゴールデンブザー押そうとするし、英語で面白くやりとりしてちゃんと盛り上げていっぱい笑い取ってるし、すごい!!! 》 《アメリカで堂々たるパフォーマンス 流暢な英語とトークでアメリカ人を沸かしている 圧倒される》 17年4月本誌に「活動の幅広げて、アメリカに行きたい!」と語っていたゆりやん。 ついに夢を叶えた! 引用: スポンサーリンク.

次の

ゆりやん、アメリカで話題になるも「仕事1本も来てない」と明かす

ユリアン アメリカ

米国の人気オーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演。 落選したものの審査員から評価を受け、大きな反響となっている。 異国の地で、言葉なしのダンスのみで爆笑をかっさらったゆりやんは「みなさんに『観ましたよ』と言われたり『涙が流れました』と言う方もいた。 でも、ただ、手首をひっくり返して裸で走り回っただけ」と苦笑い。 ピン芸人の先輩であり、尊敬する友近が「ジーンと来ました。 あの大舞台で、こんなにやりたいこと堂々とやるゆりやんはスゴい」と絶賛。 ゆりやんは「先輩方の血筋ですので」と照れながら応じた。 また、海外からオファーが殺到しているとのウワサもあったが「せっかくなんで言わせていただきますアメリカから仕事が……」と、ためたが「1本も来てません」とぶっちゃけ。 まだ、マネージャーに届いている段階ではと重ねられたが「マネージャーに確認しました。 海外のよしもとにも問い合わせたんですけど、1本も来てません」とボヤいた。 そして、今後の海外での活動について問われると「かなり夢があります」とにっこり。 「でも、ようよう考えたら今は裸で走り回っているだけ。 友近さん、先輩方のようにできることを増やして海外で活動できたら」と意欲的だった。 さらに、来年には東京五輪も控える。 海外からの評価を受けたため、出番もありそうだがゆりやんは「出るなら100メートル男子がいい」とボケて盛り上げた。 この日は土曜ワイド劇場をインスパイアされた「友近ワイド劇場」の出演者として登場。 財閥の娘役で気鋭の女優になりきって「私はもともとアイドルをやって、それから女優」と明かし、友近が繰り出す下ネタに「私も早く、こういうことに慣れていかなきゃ」とほほを赤らめる演技で笑わせていた。 囲み取材では「みなさん(素に)戻していたので、戻したかったんですけど、タイミングがわからず…」と苦笑いで本音をぶっちゃけていた。 「友近コントライブ 友近ハウス」」「友近連続ライブ小説 おそかれはやかれ」「友近コントライブ 友近ワイド劇場」からなり、バッファロー吾郎A、飯尾和樹、レイザーラモンRG、秋山竜次、近藤春菜らが出演する。 26日に発売。 会見にはバッファロー吾郎A、秋山竜次、山本博も参加した。 関連記事•

次の

ゆりやん、水着姿星条旗がアメリカで大ウケ!【動画】英語ペラペラがかっこいい!

ユリアン アメリカ

お笑い芸人のが、アメリカの人気オーディション番組 に出演したとして話題になっています。 YouTubeの番組公式動画を観てみると、露出度の高い水着一枚でパフォーマンスを繰り広げるゆりやんの姿が……。 そして審査員たちに堂々と英語で自己紹介したり、アメリカンジョークをかましたりする場面も出てくるではないですか! これを観た日本のファンたちからは称賛の声が次々にあがっています。 【ゆりやんのセリフに審査員たちも大ウケ】 『アメリカズ・ゴット・タレント』といえば2006年から続く、 公開オーディションのリアリティ番組。 出演者たちの白熱したパフォーマンスももちろん見どころですが、 サイモン・コーウェルら審査員とのやりとりも名物のひとつです。 というわけで、ゆりやんも審査員らに果敢に攻め込みます。 「私には世界に尊敬する人が3人います。 母親、父親、そして……」とここで間を置くと、審査員のサイモンが 「オレでしょ、オレだよね?」と言わんばかりの表情でゆりやんを煽ります。 ……が、さんざん溜めた挙句、 「ジュリアン!」とサイモンの隣にいるジュリアン・ハフの名前をあげるゆりやん。 これ、 吉本新喜劇なら全員がズコーーーッとこける場面~! ベタな笑いのポイントってアメリカも日本も変わらないのかも。 パフォーマンスが終わったあとの講評シーンでは「友達になろう」と和解交渉をするサイモンに 「オーケー。 ……シェラトンホテルの312号室……」と自分が宿泊するホテルの部屋番号を教えたり、審査員席まで降りていって「なんで私を不合格にしたか教えて〜!」と詰め寄ったり。 これには審査員をはじめ会場も大ウケ。 ゆりやんの日本にいるのとまったく変わらない物怖じのなさ、スゴすぎない……!? A post shared by yuriyan. retriever on Jun 12, 2019 at 7:41am PDT 【ゆりやんのユーモアや度胸に称賛の声】 ツイッターでは 「ゆりやんいつの間に世界に進出してたん!? アメリカ人を絶句させ、爆笑させられたらこっちのもんやーーん!! 」 「語学力に度胸、なにもかもがすごい!! 」 「とてつもない行動力。 尊敬に値する。 これからどういう目で見りゃいいんだ(笑)」 「大好きなゆりやん! 凄すぎるー 最高! 英語もこんなに上手いなんて 努力してるんだなぁ 尊敬します」 といったコメントが殺到。 パフォーマンス自体よりも審査員とのやりとりに感心した人たちが圧倒的な様子。 残念ながら2次審査の結果自体は不合格だったものの、 審査員や観客、そして日本のファンの心をガッチリつかんだことは間違いないようです。 世界に羽ばたく日本人女性パフォーマーが増えるのはなんともうれしい話。 ゆりやんレトリィバァの今後のますますの活躍に注目ですね! 参照元:、、 執筆: c Pouch.

次の