黒い砂漠 スキル振り直し。 WZのスキル解説~杖スキル編①~

【黒い砂漠】ブレイダーのオススメのメインスキル(~56)

黒い砂漠 スキル振り直し

2月頭にようやくWTを覚醒させる事が出来ました。 今もまだLv56で試行錯誤中ではありますが、覚醒までに使ったスキルや装備、覚醒後に感じたことなどをまとめてみようと思います。 覚醒前、覚醒後両方とも、幾つかのブログやwikiなど参照にさせていただきました。 後述のWT三段論法に使う3つのスキルについてもそちらの方が初出です。 ここまで来る事が出来たのも先達の方の情報があってこそ。 有り難うございました。 強化値は書いていませんが、覚醒後の今は武器がIII、防具とアクセがIIです。 覚醒までなら強化はI、それに食事を忘れなければ苦しくはないと思います。 ただ、ヘラクレスの手が取引所にあまり流れないので強化が大変でした。 年末のセールの時に重量は1段階目、インベは8マス位課金であけましたが、この装備だと無課金でもかなーり持てます。 インベや重量課金は、覚醒が終わって自分が今後WTと長い付き合いになるかどうかゆっくり考えてからでもいいかも。 また、CT(クールタイム=スキル再使用可能までの時間)管理用アイコン枠にスキルアイコンを当てはめるのもスキル窓から出来ます。 覚醒までスキルポイントを貯めながらスキルを試してみるのもいいと思います。 スキル窓の右上にこの二つのボタンがあります。 黄色っぽいアイコンを押して一呼吸ほどすると「リセットおわりました」って小窓がでて振り直しができます。 UI設定でCTアイコンの位置を設定できます。 チェインライトニングをメインに使い、その間に雷、氷、火、地の範囲攻撃を挟みます。 単体でうろついているMOBはマルチプルマジックアローが便利です。 クエストを一つづつ潰しながらゆっくり攻略しつつ、犬などスキルポイントを稼ぐペットを出し&スキル経験値スクロで、自分は覚醒までに600pt位ためました。 ・マルチプルマジックアロー=スキルスロットのみ 固まってるMOBならいいのですが、少し離れて散らばってると当たらない時もあります。 威力はなかなか。 ただし、骸骨戦士など盾持ちMOBは正面からだと吸えません。 回り込みましょう。 MOBとの位置取りを上手にすればチェインがかなり長くつながります。 範囲スキルのライトニングプラズマにつなげる事ができます。 怒りが100%の時にのみ使っていました。 ロマン技……と思いきや、馬にのったまま発動できたり、 ワイズマンタイムを先に唱えておく事で詠唱が短くなるという点が印象ポイント。 自分は好きです。 こちらも馬上発動可能(自分が馬上戦闘操作出来る訳ではないのですがorz)。 ・ワイズマンタイム CTが長いので、どうしてもメテオ前に優先になるかも? ・マジックアロー マルチプルマジックアローを取るために使わなくても全部とる必要があります。 3〜4匹で固まってるMOBに、マルチプルマジックアローとファイアバーストをかけてました。 ・フロストストーム lv1だけ振っておいてもいいかも。 カッチーンっとMOBが凍ってくれます。 よく使うスキルの合間に挟む「隙間技」という感じ。 ・クイックタイム 自分にうれしい、PTメンにうれしい。 どうしてもかけ忘れがちなスキルですね。 回復手段は多い方が良いです。 勿論ヘタレな自分はPOTをそれぞれ30個ほど持ち歩いてました。 HPガコンと削られてしまったらヒーリングオーラよりPOTが早いです。 自分はPOT飲んでMOBから一旦離脱してからヒーリングオーラとライト重ねがけで回復してました。 ・マジックハート 無理してとらなくてもいいかも。 マナアブゾーブのサポートとして考えてます。 ・マジックルアー 生きてくるのは覚醒後の狩り場かなと今はぼんやり思っています。 でも覚醒前に使って練習しておくのはいいと思います。 覚醒後は何かにつけて「パチッ*」と指をならします。 今、マジシャンのようなトリッチアバターなので素敵。 マナアブゾーブを使った後ライトニンブブロウを使うと杖装備からアドソウル装備へ自動チェンジしてくれるので、三段論法の初手は必ずこちらで。 ブロウで近づいてきたMOBをこちらである程度ノシます。 3:クエイクバースト=Shift+左 直ぐ近くまで寄ってきたMOBを吹き飛ばします。 これ以外の覚醒後のWTについては、他のブログに記事があるんじゃないかなと思います。 マジックルアーで釣って、毒沼出してというのもありますが、今は三段論法をしっかり出しつつMP切れさせない事を習熟したいですね。 公式の「WANTEDビンゴ」でカドリー戦士を埋めたかったのでカドリー行ってきましたが……<乱暴な>カドリー指揮官以外は何とかなりました。 でも、知識集めも兼ねていたので鳥ペットを飛ばしていたので、皆揃って指揮官に赤いサインを出すので、怖々狩りしていましたが。 けど、カドリーはまだ早いかなぁ。 緊張します。 しばらくはメディアのクエスト消化やアスラアクセ出しもかねてメディアでいいかなと思っています。 装備の今後は……まずはやっぱりクザカとダンデリオンでしょうね。 それ以外のボス装備についてはLvが上がって狩り場がバレンシア中心になってから(いつの事やら)考えてもいいよねと思っています。

次の

【黒い砂漠】ブレイダーのオススメのメインスキル(~56)

黒い砂漠 スキル振り直し

性別 女 メイン武器 補助武器 タイプ 近距離職 ダークナイトの評価と特徴 広い攻撃範囲と殲滅力が持ち味 太刀を扱うダークナイトは、薙ぎ払うスキルが多く広範囲攻撃が得意。 自身の攻撃力を上昇させたり、敵の防御力を減少させたりするスキルを多数持ち、効率良く敵を狩ることができる。 闇の精霊スキルが特殊 闇の精霊スキルが2種類のみで使用には魔力が必要。 魔力は敵にダメージを与えると回復するので覚えておこう。 Point! 魔力回復はアーマーなどについている魔力再生で早めることができます。 高い回復性能 打撃成功時に体力を回復させるスキルだけでなく、回復のみに特化したスキルも持つ。 狩りでポーションを節約できるだけでなく、大ダメージを受けても立て直しやすい。 PvEのおすすめスキルと立ち回り PvEおすすめスキルセット スロット1 スロット2 チャージスラスト ギアーズオブフェイト エアーレイド ダークネスショット 引き裂く狂気 フォールンアース 漆黒の灰 ベディルの狂気 入れ替え候補 精霊飽食 - 系列深化を持つスキルをセット ダークナイトの深化系列が選択できるスキルは、全て転倒やダウンなどの行動を制限する効果を持つ。 アールかラブリフが選択できるため、ダメージ量を上げやすく狩り効率が良い。 回復スキルは必ずセット 引き裂く狂気は攻撃をしながら回復ができるので必ずセットしよう。 精霊飽食は多くのHPを回復できるが隙が生まれやすい。 モンスターの強さに応じて、セットするかどうか決めよう。 PvPのおすすめスキルと立ち回り PvPおすすめスキルセット スロット1 スロット2 チャージスラスト エアーレイド ダークネスショット 引き裂く狂気 カーマスリビアの魅了 フォールンアース 精霊飽食 ベディルの狂気 入れ替え候補 ギアーズオブフェイト 漆黒の灰 インバランス - スーパーアーマースキルをセット 3種類のスーパーアーマースキルを使いながら、転倒やダウンをさせるスキルにつなげる。 強力なスキルで追い打ちを与え、 反撃を受ける前に倒し切るのが基本の戦術となる。 防御ダウンさせて優位に立ち回る エアレイドのように素早く安全に突入可能なスキルを使い、ダークネスショットやフォールンアースで防御力ダウンを与えよう。 バフ効果のスキルもセットして戦えば優位に立ち回れる。 ダークナイトのスキル一覧 アクティブスキル レベル1での性能を掲載しています。 チャージスラスト スキル説明 前方の敵に強力な波長を起こしながら突く。 習得レベル:22 使用回数:1 再使用待機時間:35 【深化情報】 再使用時間減少 攻撃力増加 HP回復 【系列深化】- 【スキル性能】 ・スキル使用時、HP回復200 ・スキル使用時、魔力回復15 繰り返される抹殺 スキル説明 太刀を素早く振り回して前方の敵を抹殺する。 習得レベル:初期 使用回数:1 再使用待機時間:0. もしもサブキャラでスロットが埋まっているプレイヤーはスロットの整理をしてダークナイトを迎える準備をしておこう。 ダークナイトの特徴 長い太刀を使う近距離職 ダークナイトはメイン武器に 長い太刀を使用する近距離職。 攻撃面が強みで、防御面にやや不安を持っているようだ。 GvGよりもPvPで活躍する可能性が高いと予想される。 闇の精霊スキルで魔力を消費する ダークナイトは 闇の精霊スキルを使用するときに「魔力」を消費する。 魔力は敵にスキルを当てることで回復し、魔力を全て消費した状態では闇の精霊スキルを使用できないようだ。 狩りの安定感が魅力 攻撃範囲は広くないが スキルダメージが大きく敵を倒しやすい。 多くの敵に囲まれる可能性が低く、少ない被ダメージで安定した狩りができそうだ。 ダークナイトのまとめ ダークナイトは「魔力」という新しい要素を持ち、攻撃に特化した近距離職。 戦闘スタイルとルックスから好んで使うプレイヤーが多そうだ。 実装される日を楽しみに待とう。

次の

【黒い砂漠】伝承スキルの概要。覚醒スキルとの違いとは?

黒い砂漠 スキル振り直し

Sponsored Link 1. 「スプリント」の習熟度を上げる方法 昔は、連続ジャンプを覚えていない場合はスプリントをしながらSpaceバーを押しっぱなしにしてジャンプしてれば、ものすごい勢いで習熟度がたまりました。 しかし、どうやら運営には気に食わないようで対策されてしまいました。 具体的にはジャンプの発動しているタイミングが変わったようで、ジャンプを押しっぱなしにするとスプリントが発動していないようなんですよ。 だから、ジャンプを押しっぱなしにしても、習熟度が貯まらない。 これに困っている人も多いようだ。 対応Ver ということで「アクション連携ガイド」を使って対処する。 アクション連携ガイドとは、使用可能なスキルと、そのスキルを使用できるタイミングを教えてくれる便利なUIのことです。 スプリントの場合は、馬で一定距離を走ると発動可能になるんだが、これは連携ガイド無しにはタイミングを掴むのが非常に難しい。 でも、連携ガイドを使えば、タイミングが来たら明るく点滅して教えてくれる。 手順としては以下のとおりになる。 馬で走る• アクション連携ガイドでスプリントが点滅する• スプリントをShiftキーを押して発動させる• 発動とほぼ同時にSpaceキーを押してジャンプする• 「熟練度が低く搭乗物スキルが失敗しました」と表示されれば成功 これで見事に馬を転倒させること無く、スプリントの習熟度を効率良くためていける。 なお、この方法は連続ジャンプを覚えていても、全く問題なく利用できる。 現状の最高の方法だろう。 何らかの不具合か、何かで、やっちはたまたま上手く行っていなかったようです。 「ドリフト」の熟練度を上げる方法 ドリフトは昔から対してやり方は変わっていないので、さっそく紹介します。 手順は以下のとおり。 狭い場所を選ぶ• 壁に向かって走り、ドリフトを発動させる• 発動と同時に、前方(W)キーを押す• 「熟練度が低く搭乗物スキルが失敗しました」と表示されれば成功• タイミングを掴み、左右交互にドリフトを繰り返す 要するにドリフトは発動と同時にWキーを押すと、転倒することなく熟練度が貯まります。 こちらは連携ガイドなどを使う必要はない。 タッタッって感じで、テンポよくやります。 「瞬間加速」の熟練度を効率良く上げる方法 多くの馬主を悩ませてきたであろう「瞬間加速」の熟練度。 定説では、瞬間加速の発動と同時にジャンプをすればいい。 なんだが、実際にやってみると、めちゃくちゃ難しいということに気づくはずだ。 目視でタイミングを掴んでる人は本当に神だと思う。 だが、神を目指す必要はまったく無いので当然のごとく「連携ガイド」を使わせてもらう。 スプリント編で説明したとおり、連携ガイドは、使用可能なスキルが、いつ発動できるかのタイミングを教えてくれるUIシステムだ。 ということで、手順は以下のとおり。 馬を走らせる• 連携ガイドで瞬間加速が点灯したらFキーで発動• 発動と、ほぼ同時にSpaceキーでジャンプする• 「熟練度が低く搭乗物スキルが失敗しました」と表示されれば成功• 以上の繰り返しで熟練度がたまる これで効率良く瞬間加速の熟練度が貯まっていく。 圧倒的スピードで貯まるわけではないが、普通にやると転倒だらけで非常に効率が悪いことを考えると、この方法が最も効率が良いと言える。 今まで瞬間加速に苦しんできた人は、ぜひ連携ガイドを駆使しよう。 連携ガイドを出すには? ESCキーを押してメニューを開きます。 すると、その中に「UI編集」というボタンがあると思う。 それを開きます。 「アクション連携ガイド」という部分がグレーになっていて非表示になっているので、目のようなマークをクリックして表示します。 これで連携ガイドが表示されるようになる。 「突進」を効率良く上げる方法 やっちとしては「スプリント」「瞬間加速」「ドリフト」の3つさえ効率良く上げられれば良いと思っていますが、一応「突進」にも効率のよい上げ方があるので、おまけの4つ目として紹介します。 手順は以下。 カカシが2体並んでいるところに馬を配置• Qキーを押して突進を発動させる• カカシにぶつかって動きが止まる• 「熟練度が低く搭乗物スキルが失敗しました」と表示されれば成功• ひたすらQ連打でOK 要するに敵オブジェクトに突進して衝突すれば熟練度がたまるので、カカシを2体使って効率良く貯めているということ。 調教LVについて 実は馬に関係する「調教」ですが、この調教LVが高いと馬スキルの熟練度が貯まりやすいらしい。 確かめるのは面倒なので、検証したりはしないが出来れば調教LVの高いキャラで熟練度貯めをすると良いかもしれない。 面倒くさいって人は・・ 最近、新しい課金アイテムに「馬スキル委託訓練券」というのが追加されました。 250円払えば、どんな面倒くさい馬スキルも一瞬で熟練度を100%にしてくれるすぐれものです。 一つの馬スキルの習熟に1時間以上かかるなら、250円払ったほうが合理的かもしれないね。 馬のスキルの上げ方まとめ 以上で主要な馬スキルである「スプリント」「瞬間加速」「ドリフト」の3つと、「突進」の合計4つの馬スキルの上げ方をまとめられた。 ピーマン(運営)は、効率の良い方法を何かと気に入らないようで、対策することが多い。 ここにまとめた方法も2016年時点では有効だが、いつまで使えるかは分かりません。 とは言っても、これ以上対策するのも無理な気がするので今後もきっと・・使えるよ(希望的観測)。

次の