流山 市 いじめ 小学校。 流山市立東小学校

千葉・流山の小学校・市教委「いじめ重大事態」と認めながら放置!3回も自殺考えた・・・

流山 市 いじめ 小学校

千葉県流山市の小学校で、複数の同級生から暴行されたとする児童の保護者からの訴えがあったにもかかわらず、3年間にわたり適切な措置がとられていなかった疑いのあることが21日、分かった。 この児童は、その後長期欠席したが、いじめ防止対策推進法で定められている「重大事態」として対応されていなかったという。 同日、都内で会見した同市いじめ対策調査会前会長の藤川大祐・千葉大教育学部教授が明らかにした。 藤川教授は「市教委の対応は法令違反だ」などと批判。 これに対して同市教育委員会は「見解に相違がある」と、いじめの事実については否定している。 同市いじめ対策調査会の中間報告によると、流山市内の小学校で平成26年、6年生の男子児童が複数の同級生から鼻血が出るほどの暴行を受け、30日以上学校を欠席。 保護者がいじめ被害として学校に訴えた。 これに対し市教委は「同級生と2人でけんかをして、鼻に少しけがをしたが、保護者から鼻血を出したと言われた」としている。 同法では30日もの長期欠席の場合は、心身に重大な被害を受けた「重大事態」として、調べることになっている。 しかし市教委は「重大事態」とせず、調査会が設置されたのは3年後だった。 市教委は「当時、男子児童が30日以上欠席したことは事実だ」とした上で、調査会の設置が3年後になったことについて、「本来は重大事態とするべきだったが、中学へのスムーズな進学を重視した」と説明している。 藤川教授は産経新聞の取材に「市教委や学校側に、いじめ問題に真摯に向き合う姿勢が見られない。 このままではいじめ被害が解消されず、新たな重大事態が生じても適切な対処できない恐れがある」と訴え、市と市教委に抜本的な改善を求めている。

次の

「流山市教委がいじめ対応で法令違反」 調査会の前会長が異例の批判 重傷でも重大事態認定を渋り放置

流山 市 いじめ 小学校

流山市の小学校でまたも問題か!? 千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。 児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。 学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。 被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。 僕の首にこうやって絞めた。 『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」 学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。 担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。 男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q. 息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」 児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。 yahoo.

次の

「いじめ重大事態」に関する一連の報道等について|流山市

流山 市 いじめ 小学校

流山市教育委員会いじめ調査されず 千葉大 藤川教授 記者会見 千葉県流山市のいじめ問題を調査する専門家会議で会長を務めていた藤川大祐・千葉大教授が21日、東京都内で記者会見し「子どもが深刻ないじめを訴えたのに、市教育委員会は3年以上本格的な調査をしていなかった」と明らかにした。 藤川教授によると、2014年、当時市立小6年だった子どもが、他の子どもから暴行されてけがをするなどしたという。 1カ月以上学校を休んだが、教委はいじめ防止対策推進法が定める「重大事態」と認定せず、事実関係を本格的に調べなかった。 被害者側や専門家会議の申し入れを受け、教委は昨年になって重大事態と認めた。 yahoo. 流山市の件、個々の担当者は熱心に対応しようとしていました。 しかし、組織文化の中で、担当者ばかりがオロオロして上司は責任もとろうとせず指示もしないため、法令違反の対応になったものです。 しかし、法令違反のせいで調査が遅れたのは事実であり、許されるものではありません。 — 藤川大祐 daisukef ツイート情報とストリートビューから学校名を特定かも? 大手メディアもハッキリ伝えてませんから、以下の内容は推測であることをご了承ください。 あくまで、参考までにということで、ただ、どうやら特定、確定できたかもしれません。 この方のツイートでうちのブログを引用したうえで、 「江戸川台小学校かも??」とありました。 この緑の滑り台とタイヤから判断すると 江戸川台小学校かも?? 卒業生や近隣の方なら分かりますね。 — 坂田金時 miyabi1484 さっそくニュース画像とストリートビューの画像を比較してみました。 ニュース画像の左側にあるしっかりとした「木」は航空写真でも確認できます。 あと光の加減が違いますが、校舎の色合いも同じです。 Google航空写真は解像度が低いため、校舎については、これくらいしか比較できませんが、「掲揚台」の位置は大きなてがかりです。 特徴的な「緑色の滑り台」の後ろに見えるグレーの支柱。 そして、手前にある「タイヤ遊具」の配置と色がまったく同じです。 水色と赤色のタイヤが見えます。 ツイッターの反応 「間違いない!」という意見をもらいました。 これは間違いないやろ — ポポリ popori85 ニュース画像の撮影場所 ニュース画像は、グランドの奥にある門扉、学校敷地でいうと南側の門から撮影したものと思われます。 校舎の様子も、緑色の滑り台やタイヤ遊具が撮影されている角度をみても、この位置から撮影したものと思われます。 奥に上で示した「緑色の滑り台」が見えますね。 大手メディアもハッキリ言及していないため確定とはいえませんが、遊具や校舎、掲揚台、などを考えると、 ほぼほぼ、「流山市立江戸川台小学校」だと思われます。 ここで、いじめがあったことを3年間も隠蔽していたんですね。 お子さんを江戸川台小学校に通わせている親御さんにとっては、不信感がつのるばかりだと思いますが、一応、調査結果を掲載していおきます。 流山市のいじめ!小学校の場所はどこ?ネットの反応 なにが、子育てするなら流山だよ。 いじめの報告書、開示請求で個人情報に関係ないところ隠してるし、断罪されてるじゃないのさ。 母になるなら流山っていいところアピールばかりだから表面化して良かったとは思う。 氷山の一角。 ただ、教育委員会の対応を責めて終わりではいけないと思う。 いじめは残念ながらなくならない。 個人的に思うのは保護者は学校に関心を持って欲しい。 子育てを母親任せにしない…。 — とうかつ。 toukatusan 母になるなら、流山市。 問題のあるのはこのケースだけじゃない。 — ながし Pnagashi 流山市・教育委員会のヤバすぎる「いじめ隠蔽」が判明・・・ October 22, 2019 at 04:30AM — ことりずむ 334rhythm まとめ 今回は「流山市のいじめ!小学校の場所はどこ?画像やツイッターから特定は?」ということで、流山市小学校のいじめ問題、小学校の場所の特定ができるかということで考えてみました。 残念ながら、今回は場所の特定には至りませんでした。 とはいえ、ニュースなどで、学校の映像が出ていますので、その学校に子供を通わせている親御さんにとっては他人事ではありませんよね。 ついこの間、神戸で起きた先生同士のいじめ問題の時も思いましたが、日本の学校や教育委員会はどうなってしまっているんでしょうね。 このニュースに関するツイッターの意見などを見ると、もちろん、教育委員会に対する批判的な意見が多かったのですが、中には、「こんな教育委員会がある千葉県は、被災していても援助したくない。 どこにお金が流れるか不安」なんて声もありました。 なんだか話が違うような気もしますが、でも自分の子がもし関わっていたとしたらと思うと、怒りでそう思う人が出てきてもおかしくはありません。 最近の学校で起きているニュースを見ていると、今回の、このニュースは実は氷山の一角で、全国の学校や教育委員会、色々な事件を隠蔽しているのでは?と思ってしまいます。 学校や教育委員会が、今後これまでの隠蔽のような事態が絶対に起きないよう、国をあげて取り組んでもらいたいです。

次の