ブラック コメット。 ワキンとコメット愛好会

デイツ コメット ランタン #50 ブラック / DIETZ COMET LANTERN #50 BLACK

ブラック コメット

Twitter でフォロー カテゴリ別• 117• 368• 113 メタ情報• ちなみに! 伊藤養魚場さんは大抵のポップに 「仕入れ先」を書かれておられまして。 「弥富産」とか「弥富市場仕入れ」とか書かれてます。 これ、私レベルの初心者にはスゴク有り難いというか… 人間の食べ物はちゃんと産地が明示されてるけど、 金魚はそれが明示されてないケースが多いですよね。 もちろん「産地」や「養魚場」のラベルで選ぶのじゃなく、 自分の目で良い金魚を選ぶのが正しいとも思うのですが、 「消費者」的な目線で言うと、 堂々と「ここで買った金魚を売ってますよ」と明示されてくれてると、 きちんとした商売をされてるんだな、って気がしますもん。 安心感…ですね。 先のブラコメもちゃんと「中国産」と明示されてましたし。 金魚紹介に戻りまして。

次の

ブラックコメット

ブラック コメット

ヒゲのある個体も多くみられ鯉とのハイブリッドではないかと言われている。 詳細は不明。 残念ながら鯉とのハイブリッドの可能性が極めて高く、「ヒゲのない鯉」との見方が圧倒的というのが現状です。 一年でバカデカクなった!なんて言うのをよく聞きます。 二枚目の画像の品種名は忘れてしまいましたが、日本一大会で見かけた個体です。 ひょっとしたらブラックコメットの褪色個体かもしれません。 三枚目、四枚目は同一個体で、金魚友達のなすかさんが浜松の金魚品評大会2010で撮影してくれた画像です。 そうです、一見すると普通のブラックコメットなのですが、四枚目の札にはなんと!・・・・ド、ド、ド、ドイツ鱗・・・・・、もう金魚とは呼ばせないぞ!!って感じですね。 ホントだ、よーーく見ると三枚目でもドイツ鱗って分かります。 ドイツ鱗で思い出したのですが、金魚にも似たような感じの鱗で龍紋という鱗並びが存在します。 大阪ランチュウに現れるそうで、僕も見たことが一度だけあります。 第9回の金魚日本一大会の「その他の部」に親魚の部・当才の部の両方に出品されておりました。 品種名はヘンテコな名前で、「その金」だったような。 その時はナンキンの突然変異と思ってたんですけどね。 なんか渦を巻くように鱗が並んでたんです。 まだ、デジカメ持ってなかったし、今後も見れるだろうなー、と思ってたらそれっきりでした。 また、見れる日を楽しみにしております。 追記:コイヘルペス関係から輸入規制がかかっております。

次の

ブラックコメット

ブラック コメット

英国海外航空のコメットMk. I 、(現在の)所属のコメット3号機 "ヨーク・ピーター" York Peter (G-ALYP)は781便として、からへ向けて飛行していた。 経由地であるのを9時34分(現地時間10時34分)に離陸した。 同便には乗員6名(操縦乗員と客室乗務員3名ずつ)と乗客29名(うち子供10人)が搭乗していた。 またヨーク・ピーターは1952年5月に世界最初の定期ジェット旅客機として就航した輝かしい機体であった。 世界時9時50分ごろに管制塔へ定期通信を入れた後、781便の11分前にローマを離陸して付近を飛行していた同僚の "アーゴノート" 機531便(製, 機体記号、コールサイン"How Jig")と気象条件の情報交換のため無線通信をしていた。 この時781便はの上空26,500フィート 8,077 m を巡航していたが、この瞬間にヨーク・ピーターの前側胴体天井外壁に設置されていたADF(自動方向探知器)アンテナの穴のフレームから亀裂が爆発的に広がり、破壊が胴体後部、機首、主翼の順に起きたため、あっという間に空中分解してバラバラになった残骸が炎や煙に包まれて海上に落下していった。 この時、爆発を目撃したエルバ島の漁師たちが船で現場へ急行したが、生存者を見つけることはできなかった。 この事故で35名全員が死亡した(そのうち遺体が回収されたのは15名)。 この事故の犠牲者の中には、出身のとの記者 ()も含まれていた。 現在、エルバ島には事故の犠牲者の慰霊塔が立てられている。 なお、この事故でコメットは一時的に飛行停止になったが、問題個所とされた部分を改修した後に飛行は再開された。 しかし再開直後の4月にが発生し、耐空証明が取り消され、再び飛行停止措置が取られた。 事故原因 [ ] 回収・復元されたコメット機の残骸。 矢印にあるのが事故の発端となったADFアンテナ 原因究明のために、通称「エルバ島作戦」とよばれる大規模な残骸の回収作業がイギリス海軍によって行われた。 またイギリスの RAE で残骸の復元作業が行われたり、与圧された胴体が外壁の疲労で破壊された可能性が指摘されたため、巨大な水槽を建造してその中に実際にコメットの胴体を沈め、水圧を掛ける事で地上で人工的な与圧状態を作り出すという極めて大がかりな実験が行われた。 その結果実際には低い強度しかなかったことが判明した。 そのため最終的にはコメットには当時の航空工学では判明していなかった設計上の瑕疵により、与圧された胴体の繰返し変形による金属疲労が原因で空中分解事故を起こしたと断定された。 そのため、事故機と同型機のコメット1は永久飛行停止措置がとられ、就航からわずか2年余りで退役することになった。 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 鳥養鶴雄 『大空への挑戦 プロペラ機編』(グランプリ出版 2002年)• デイヴィッド・オーウェン、青木謙知監訳 『墜落事故』 ( 2003年)• 藤田日出男 『あの航空機事故はこうして起きた』( 2005年)• ニコラス・フェイス、小路浩史訳 『ブラック・ボックス』 ( 1998年)• 青木謙知 『航空事故の真実』 ( 2005年)• 中尾政之 『失敗百選』 (森北出版株式会社 2005年) 外部リンク [ ]• - 失敗知識データベース (日本語)• (日本語)• (英語)• (英語)コメットの歴史、事故についての概略あり•

次の