これ まで の 加入 実績 に 応じ た 年 金額 月額。 【将来の年金支給額を確認】年金機構の明細を元に試算してみたよ!

【将来の年金支給額を確認】年金機構の明細を元に試算してみたよ!

これ まで の 加入 実績 に 応じ た 年 金額 月額

平成29年6月で45歳になったので、 封書でねんきん定期便が届きました。 ねんきん定期便とは 日本年金機構のHPに書いてあるものを要約すると以下のようになります。 ねんきん定期便は、保険料の納付実績や年金給付に関する情報をお知らせするもので、年金制度に対する理解を深め、年金制度に対する信頼を向上させる目的で送っているものです。 元の文章が長かったので、要約が上手くできていませんが、今までの加入実績が確認できるという点と、将来、年金をいくら貰えるのかという点がポイントです。 年金給付というと、ピンと来ない人もいるかもしれませんが、わかりやすく言えば、年金をもらうということです。 ねんきん定期便はいつ届く? ねんきん定期便自体は、毎年誕生月に ハガキで送られてきます。 記載されている内容は、これまでの年金加入期間や、最近の月別状況これまでの保険料納付額などが書いてあります。 50歳以上と50歳未満では、内容が変わっている部分があって、50歳未満では、「これまでの加入実績に応じた年金額」が記載されているのに対し、50歳以上では、「老齢年金の見込み額」が記載されています。 35歳、45歳の誕生月には、 封書でねんきん定期便が届きます。 節目年齢ということで、ハガキの年金定期便よりも、詳しい内容になっています。 毎年送られてくるハガキの内容に加え、これまでの年金加入履歴や、これまでの厚生年金保険における標準報酬月額の月別状況が書かれています。 少なくとも、この節目の年齢のときには、年金の受け取りに必要となる加入期間を確保できるかどうかの確認をする必要があります。 59歳のときにも、 封書でねんきん定期便が届きます。 59歳のねんきん定期便には、老齢年金の年金見込み額が書かれています。 自分がもらえる老齢年金の見込み額をしっかりと確認しましょう。 もれや誤りがないか、内容を確認する ねんきん定期便が届いたら、内容を必ず確認しましょう。 35歳、45歳、59歳の人が受け取る 封書のねんきん定期便には、「年金加入記録回答票」と「返信用封筒」が同封されています。 年金加入記録にもれや、誤りがあった場合は、「年金加入記録回答票」を記入して、返送する必要があります。 ねんきん定期便に、もれや誤りがなかった場合は、返送をする必要はありません。 老後の生活にいくら必要なのかを確認する ねんきん定期便をもらったら、もれや誤りを確認するだけではなく、将来年金をいくら貰える見込みなのかを確認して、不足分をどうやって貯めるかを確認するようにしましょう。 わたしの場合は、これまでの加入実績に応じた年金額は、824,806円でした。 現在は、国民年金なので、このまま60歳まで国民年金に加入したとしても、この金額に30万円程度が上乗せされる程度でしょう。 その場合、年110万円程度の年金になると見込まれます。 仮に、老後の生活費が300万円と仮定すると、年190万円が不足することになります。 年金をもらえる年齢までは働くとして、その後20年生きるとすると3,800万円を貯めなくてはいけないということになります。 実際は、妻の年金もありますし、今後会社を設立して、厚生年金に加入するかもしれないので、状況に応じて金額は変化します。 小規模企業共済や個人型確定拠出年金も忘れずに 個人事業主やフリーランスの老後の生活のための強い味方が、小規模企業共済や個人型確定拠出年金です。 節税効果が高いので、節税目的で加入している人もいるかもしれませんが、本来の目的は、老後のためのお金を貯めるものです。 老後のためのお金を考える場合は、この2つを忘れてはいけません。 先ほどの例で、3,800万円が足りないとして、小規模企業共済と確定拠出年金をあわせて1,500万円のお金を貯めることができるのであれば、残りの足りないお金は2,300万円ということになります。 この2,300万円を、他の方法で貯めることを考えます。 企業年金などが充実している大企業などで働いている場合は別として、小規模企業の経営者や個人事業主、フリーランスの場合は、老後のためのお金を自分で用意する必要があります。 国民年金や、厚生年金、小規模企業共済、個人型確定拠出年金などを考慮したうえで、不足分を貯めるということを忘れないようにしましょう。 まとめ ねんきん定期便は、年金の加入記録のもれや誤りを確認するだけではなく、老後のための足りないお金を把握するためのいい機会です。 まずは、もれや誤りがないことをしっかりと確認します。 そして、国民年金や厚生年金でいくら貰えるのかを確認したうえで、あわせて小規模企業共済と個人型確定拠出年金の見込み額も合算します。 そのうえで、足りない金額を他の方法で貯めるというのが基本です。 やみくもに老後のためにいくら貯めるというのではなく、公的な制度でいくらもらえるのかをしっかりと確認しましょう。 将来について必要以上に不安になるのではなく、公的な制度だけでも、それなりの金額になることは、知っておいた方がいいでしょう。 【編集後記】 ねんきん定期便の「これまでの厚生年金保険における標準報酬月額の月別状況」を見ると、今までの標準報酬月額を確認することができます。 こうしてみると、税理士事務所1年目、2年目の給料が安かったことを思い出します。 そういった経験があって、今があると思うことにしましょう! 人気記事• 請求した金額が入金された時は、請求金額と合っているかどうかを必ず確認するようにしましょう。 自分が請求し... 258件のビュー• 個人事業主で配偶者に専従者給与を支払っている人も多くいることでしょう。 配偶者自身に税金がかからないよう... 163件のビュー• 給与収入が100万円以下であれば、住民税がかからないと思っている人も多いと思います。 しかし、100万円以下でも... 159件のビュー• わたしは、千葉県四街道市で税理士事務所を営んでいます。 地域密着で活動しているため、お客様は四街道市や千... 148件のビュー• 136件のビュー• 個人事業主やフリーランスの人は、節税になると思って、配偶者を専従者にして、専従者給与を支払っている人も多いでし... 120件のビュー• 今年、千葉県は多くの災害に見まわれました。 災害で被害を受け、保険金で何かを修理したという人も多いので... 117件のビュー• 所得税の税務調査があると、3年分の確定申告について調査されることが多いです。 何らかの間違いがあり、3年... 96件のビュー• 個人事業でも、法人でも事業を行うのであれば、金融機関に口座を開設します。 預金口座を一つも持たずに事業を... 92件のビュー• 独立をして個人事業主になると気になるのが国民健康保険料です。 会社員時代は、健康保険料の標準報酬月額が自... 92件のビュー.

次の

30代は年金をいくらもらえるのか試算してみた

これ まで の 加入 実績 に 応じ た 年 金額 月額

公的年金の加入者は、自営業や学生等の第1号被保険者(国民年金)、会社員や公務員等の第2号被保険者(厚生年金や共済組合)、会社員の妻など第2号被保険者に扶養されている第3号被保険者がいますが、あなたは45歳までずっと第1号被保険者だったのでしょうか? ねんきん定期便には、 ・(1)これまでの加入実績に応じた老齢基礎年金額 ・(2)これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額 ・これまでの加入実績に応じた年金額(1)+(2) の3つ(何れも年額)が記載されていると思いますが、あなたが言われてるのは一番下の金額ですか? それが35万円程度であれば、独身だと尚更不安材料ではありますね。 年金を簡単に説明すると、国民年金は「基礎年金部分」、厚生年金は「基礎年金部分」+「報酬比例部分」で構成されており、将来、「基礎年金部分」が老齢基礎年金、「報酬比例部分」が老齢厚生年金として支給されます。 老齢基礎年金は、上記「基礎年金部分」を20歳から60歳になるまでの40年間納めれば満額支給され、今年度は年780,100円となっています。 老齢厚生年金は、平均標準報酬月額(ボーナスを含む平均月給)と勤務年数によって決まります。 仮に、年150万円の年金(老齢基礎年金+老齢厚生年金)を受給しようとすると、老齢厚生年金を年70~80万円受給できるくらい働いて稼ぐ必要があります。 あなたの場合、これから65歳まで20年間厚生年金に加入し、かつ、月50万円くらい稼がなければこの額は実現できませんが、今までしっかり働いていなかったという事なので、今から高収入の仕事に就く事を想定するのは現実的ではありません。 ちなみにですが、平均的年収(平均標準報酬月額36万円)のサラリーマンが、40年間厚生年金に加入していた場合、その年金額(老齢基礎年金+老齢厚生年金)は、今の水準で月約16万~17万円程度です。 それだけ働いた人でも、そのくらいの年金額しか受給できませんし、このまま少子高齢化が進めば、受給額も今より低く抑えられる可能性は高いと思います。 それらを考慮すると、将来の年金額を少しでも増やす為に、可能な範囲で厚生年金に加入して働き、現在の収入も増やしながら、自身でも何らかの形で資産を形成する事を考えた方が良いのではないかと思います。 普通のサラリーマン家庭でも老後破産するケースが増えているようなので、何れにしても老後を公的年金だけに頼るのは厳しいと思います。 stoptoomuchthinkingさん >45歳で「これまでの加入実績に応じた年金額」が35万って、少ないですよね? そうですね。 25年の加入なら48万程度の受給額ですから、未納期間や減免期間があるのでしょうね。 >見方がよくわからないのですが、「これまでの加入実績に応じた年金額」が、65歳になったら受け取れる年間額で合ってますか? そうです。 年額です。 >せめて将来年間150万くらい受け取れるようにするには、毎月いくらくらい、何年間払ったらいいのでしょうか? 国民年金だけなら満額で78万しかありません。 150万にするには何らかの個人年金に加入する必要がありますね。 それか、厚生年金のある企業に就職するしかありません。 それでも150万を目指すなら私的年金には加入しないと150万にはなりません。

次の

年金受給額につきまして

これ まで の 加入 実績 に 応じ た 年 金額 月額

社会保険労務士の資格を持つ者です[一般企業で働いております]。 回答としては4番さまが正解と思われます。 「ねんきん定期便」は、その人の誕生月に毎年届きますが、年齢によって記載している内容が異なります。 この仮定が正しければ、記載されている年金額は321月の納付実績に基づく数値(今後一切保険料を納めなかった場合の金額)であり、「このまま納め続けた場合の年金額」では有りません。 おかしいですね。 『ねんきん定期便』に書かれている 『老齢年金の見込額』はあくまで 現在の加入条件で60歳まで加入した場合 の年金額が書かれています。 逆にその条件を元に計算しているとすれば、 老齢基礎年金の52万は現時点の金額であり、 満額の480月で約78万となるので、 正解となります。 老齢厚生年金も同様に480月換算すれば、 満額で90万となります。 合わせて168万ということになります。 しかし通常は先に述べたように、 現状のままなら60歳で受給できる金額が ねんきん定期便に記載されていると 思うのですが.... 特に老齢厚生年金は給料の変動とともに 過去の標準報酬月額は少なかったりします。 期間に比例で考えると誤差が出ると思われます。 いかがでしょうか?.

次の