保育園 臨時休園。 新型コロナウイルス感染症の影響による保育園の対応等について|豊島区公式ホームページ

保育園等の臨時休園 緊急事態宣言解除後の対応について(6月末をもって登園自粛期間を終了)|こどもをはぐくむ子育てサイト はぐはぐ柏

保育園 臨時休園

7月の対応について (7月1日から7月31日まで) 保育所内の感染症対策の対応及び都内の感染状況等を鑑み、「家庭保育の協力要請」期間を7月31日まで延長することといたしましたのでお知らせいたします。 「家庭保育の協力要請」については、保護者の方の判断において、登園を控えることが可能な場合に限り、ご家庭での保育をお願いするものです。 ご協力いただけるご家庭に、ご協力いただける範囲でお願いするものですので、登園する場合は、本来の保育の必要性をもってどなたでもご利用いただけます。 また、このお願いは、国の「自治体等から可能な範囲で利用を控えるよう依頼があった場合」に当たる、いわゆる登園の自粛をお願いするものです。 ご家庭での保育については、一日単位だけでなく、保育時間の短縮にもご協力をお願いします。 なお、一日単位とはなりますが、引き続き基本保育料の日割り還付を実施いたします。 緊急事態宣言解除等に伴う対応について (5月26日から6月30日まで) 緊急事態宣言の解除及び都の休業要請等の緩和措置が実施されたことを踏まえ、6月30日までとしていた「臨時休園」の期間を5月31日までとし、6月1日から6月30日までは「家庭保育の協力要請」期間といたします。 今後さまざまなところで段階的な緩和や「新しい生活様式」が求められていますが、保育園では濃厚接触を避けることは難しく、引き続きご家庭での保育が可能な方にはご協力をお願いいたします。 もご活用ください。 なお、保育園ではご家庭の個別のご事情に必要な支援についてご相談を受けておりますので、どうぞご相談ください。 詳しくは、「」をご覧ください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園の解除と「家庭保育の協力要請」について 6月1日から、保育園等の運営を原則開所とします。 (5月31日までは引き続き「臨時休園」となりますので、保育が必要なご家庭については従前の「緊急特別保育」をご利用ください。 ) なお、6月30日まで「家庭保育の協力要請」期間といたしますので、ご家庭での保育が可能な場合は、登園をお控えください。 (1日単位だけでなく、保育時間の短縮によるご協力も大変ありがたく、お早いお迎えなどのご協力をお願いします。 こちらは1日単位となりますが、お休みいただいた日数に応じて還付いたします。 登園にあたって 保育園は濃厚接触の場です。 登園の際には、次のことについてご対応をお願いいたします。 ・登園前にお子さんの体温を測定し、発熱や呼吸器症状がある場合は園にお知らせの上、お休みください。 (職員も出勤前の検温を行い、同様の対応をいたします。 ・お子さんの登園時及び保護者の方の登降園の際には、手洗い等にご協力ください。 ・保護者の方にはマスクを着用していただき、登降園時等で人が滞留しないようご協力ください。 ・ 保護者参加の行事等は当面の間、中止・縮小いたします。 お子さんだけの園内行事についても感染リスクを低減させた対応となります。 ・その他、園の感染対策にご協力をお願いします。 なお、園で感染症が発生した場合は、臨時休園となります。 詳しくは、「」をご覧ください。 三密から心密(しんみつ)へ ~心の距離を密にしてコロナ禍を乗り越えるため、ご相談ください お休みが可能な方には最大限ご協力いただけるよう「休園」とし、合わせて、感染症対策以上に子どもの健康や安全が保たれない状況を回避する必要がある場合には、業種を限らず「緊急特別保育」をご利用いただいており、育児休業やテレワークの方等についても個別のご事情はご相談を受けております。 長引くご家庭での保育によって生じる様々な課題についてのリスクも回避する必要があり、感染リスクとお仕事や育児等、ご家庭によって異なる様々な課題については個別に対応することが大切と考えます。 三密を避けるあまり心の距離も広げてしまわないよう、 「三密から心密(しんみつ)へ」気持ちをつなぎ、親密な関係を築くことでコロナ禍を乗り越えるべく、ご家庭のご事情についてぜひ園にご連絡いただき、個別の事情に必要な支援をご相談ください。 なお、新年度ということもあり、園とのご相談に不安があるときなどは、区にお問い合わせください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園について 5月7日以降の臨時休園及び「緊急特別保育」については、「」をご覧ください。 なお、必要な提出書類については「(」を合わせてご参照ください。 「緊急特別保育」を希望するご家庭は、在園している園へをご提出ください。 提出方法は園にご相談の上、郵送やメール、FAX等のご利用についてもご相談ください。 「緊急特別保育」を必要としないご家庭は、その旨を園にお伝えください。 (届出書のご提出は不要です。 ) なお、臨時保育及び「緊急特別保育」の考え方につきましては、緊急事態宣言の対応の際にお示ししました「」及び「」をご覧ください。 緊急事態宣言及び感染の収束状況等により対応を変更する場合がありますので、ご了承ください。 基本保育料の還付(返金)について 臨時休園期間中の保育料の取扱いと還付(返金)の対応については、」をご確認いただき、以下の「各種申請様式」にある5月及び6月の還付請求書のご提出をお願いします。 必要がある場合は、特定記録郵便等をご活用ください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園について 「緊急特別保育」を希望するご家庭も、希望しないご家庭も事前に在園している園へをご提出ください。 「緊急特別保育」を希望するご家庭が無い園は、臨時休園します。 なお、「緊急特別保育」の考え方につきましては、でお示ししております。 臨時休園及び「緊急特別保育」の事前手続きについての詳細は「」をご覧ください。 感染状況等により対応を変更する場合がありますので、ご了承ください。 基本保育料の還付(返金)について 緊急事態宣言に伴う、臨時休園期間中の保育料の取扱いと還付(返金)の対応について、以下のとおりお知らせいたします。 必要がある場合は、特定記録郵便等をご活用ください。

次の

【保育園・認定こども園等】新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休園及び特別保育の実施について

保育園 臨時休園

7月の対応について (7月1日から7月31日まで) 保育所内の感染症対策の対応及び都内の感染状況等を鑑み、「家庭保育の協力要請」期間を7月31日まで延長することといたしましたのでお知らせいたします。 「家庭保育の協力要請」については、保護者の方の判断において、登園を控えることが可能な場合に限り、ご家庭での保育をお願いするものです。 ご協力いただけるご家庭に、ご協力いただける範囲でお願いするものですので、登園する場合は、本来の保育の必要性をもってどなたでもご利用いただけます。 また、このお願いは、国の「自治体等から可能な範囲で利用を控えるよう依頼があった場合」に当たる、いわゆる登園の自粛をお願いするものです。 ご家庭での保育については、一日単位だけでなく、保育時間の短縮にもご協力をお願いします。 なお、一日単位とはなりますが、引き続き基本保育料の日割り還付を実施いたします。 緊急事態宣言解除等に伴う対応について (5月26日から6月30日まで) 緊急事態宣言の解除及び都の休業要請等の緩和措置が実施されたことを踏まえ、6月30日までとしていた「臨時休園」の期間を5月31日までとし、6月1日から6月30日までは「家庭保育の協力要請」期間といたします。 今後さまざまなところで段階的な緩和や「新しい生活様式」が求められていますが、保育園では濃厚接触を避けることは難しく、引き続きご家庭での保育が可能な方にはご協力をお願いいたします。 もご活用ください。 なお、保育園ではご家庭の個別のご事情に必要な支援についてご相談を受けておりますので、どうぞご相談ください。 詳しくは、「」をご覧ください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園の解除と「家庭保育の協力要請」について 6月1日から、保育園等の運営を原則開所とします。 (5月31日までは引き続き「臨時休園」となりますので、保育が必要なご家庭については従前の「緊急特別保育」をご利用ください。 ) なお、6月30日まで「家庭保育の協力要請」期間といたしますので、ご家庭での保育が可能な場合は、登園をお控えください。 (1日単位だけでなく、保育時間の短縮によるご協力も大変ありがたく、お早いお迎えなどのご協力をお願いします。 こちらは1日単位となりますが、お休みいただいた日数に応じて還付いたします。 登園にあたって 保育園は濃厚接触の場です。 登園の際には、次のことについてご対応をお願いいたします。 ・登園前にお子さんの体温を測定し、発熱や呼吸器症状がある場合は園にお知らせの上、お休みください。 (職員も出勤前の検温を行い、同様の対応をいたします。 ・お子さんの登園時及び保護者の方の登降園の際には、手洗い等にご協力ください。 ・保護者の方にはマスクを着用していただき、登降園時等で人が滞留しないようご協力ください。 ・ 保護者参加の行事等は当面の間、中止・縮小いたします。 お子さんだけの園内行事についても感染リスクを低減させた対応となります。 ・その他、園の感染対策にご協力をお願いします。 なお、園で感染症が発生した場合は、臨時休園となります。 詳しくは、「」をご覧ください。 三密から心密(しんみつ)へ ~心の距離を密にしてコロナ禍を乗り越えるため、ご相談ください お休みが可能な方には最大限ご協力いただけるよう「休園」とし、合わせて、感染症対策以上に子どもの健康や安全が保たれない状況を回避する必要がある場合には、業種を限らず「緊急特別保育」をご利用いただいており、育児休業やテレワークの方等についても個別のご事情はご相談を受けております。 長引くご家庭での保育によって生じる様々な課題についてのリスクも回避する必要があり、感染リスクとお仕事や育児等、ご家庭によって異なる様々な課題については個別に対応することが大切と考えます。 三密を避けるあまり心の距離も広げてしまわないよう、 「三密から心密(しんみつ)へ」気持ちをつなぎ、親密な関係を築くことでコロナ禍を乗り越えるべく、ご家庭のご事情についてぜひ園にご連絡いただき、個別の事情に必要な支援をご相談ください。 なお、新年度ということもあり、園とのご相談に不安があるときなどは、区にお問い合わせください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園について 5月7日以降の臨時休園及び「緊急特別保育」については、「」をご覧ください。 なお、必要な提出書類については「(」を合わせてご参照ください。 「緊急特別保育」を希望するご家庭は、在園している園へをご提出ください。 提出方法は園にご相談の上、郵送やメール、FAX等のご利用についてもご相談ください。 「緊急特別保育」を必要としないご家庭は、その旨を園にお伝えください。 (届出書のご提出は不要です。 ) なお、臨時保育及び「緊急特別保育」の考え方につきましては、緊急事態宣言の対応の際にお示ししました「」及び「」をご覧ください。 緊急事態宣言及び感染の収束状況等により対応を変更する場合がありますので、ご了承ください。 基本保育料の還付(返金)について 臨時休園期間中の保育料の取扱いと還付(返金)の対応については、」をご確認いただき、以下の「各種申請様式」にある5月及び6月の還付請求書のご提出をお願いします。 必要がある場合は、特定記録郵便等をご活用ください。 在園児の保護者の皆様へ 臨時休園について 「緊急特別保育」を希望するご家庭も、希望しないご家庭も事前に在園している園へをご提出ください。 「緊急特別保育」を希望するご家庭が無い園は、臨時休園します。 なお、「緊急特別保育」の考え方につきましては、でお示ししております。 臨時休園及び「緊急特別保育」の事前手続きについての詳細は「」をご覧ください。 感染状況等により対応を変更する場合がありますので、ご了承ください。 基本保育料の還付(返金)について 緊急事態宣言に伴う、臨時休園期間中の保育料の取扱いと還付(返金)の対応について、以下のとおりお知らせいたします。 必要がある場合は、特定記録郵便等をご活用ください。

次の

保育園の臨時休園・登園自粛で給料を100%もらいながら会社を休む方法|なぎさっと|note

保育園 臨時休園

国の緊急事態宣言および東京都の要請にもとづき、江東区では、4月13日 月曜日 から5月6日 水曜日 の期間において、区内認可保育園を原則として臨時休園しております。 緊急事態宣言の解除や期間延長については、今後国において判断される予定ですが、引き続きお子様の感染拡大防止を図る必要があるとの考えから、5月31日 日曜日 まで臨時休園期間を延長いたします。 「特別保育」の実施について 医療、交通、金融、社会福祉等の社会生活を維持する上で必要なサービスに従事しているなど、仕事を休むことが困難な保護者の方には、引き続き、お子さまが登園されている園にて「特別保育」を実施いたします。 なお、保護者の方のいずれかが在宅する場合、原則として登園はお控えください。 特別保育の申込方法 下記関連ファイルから「特別保育申込書」をダウンロードいただき、必要事項を記載の上、5月1日 金曜日 までに園にご提出ください。 申込書の提出にあたり、来園が難しい場合や、5月1日 金曜日 までのご提出が難しい場合は園にご相談ください。 5月7日以降の保育料について 臨時休園期間の延長に伴い、5月7日以降も保育園の利用のない日の保育料につきましては日割り計算により減額します。 保育料に関しましては一旦、通常通りお支払いいただき、後日還付の処理を行う予定です。 手続き等につきましては詳細が決まり次第、ご案内いたします。 その他 特別保育の利用者がいない日は閉園となります。 園と緊急に連絡をとる必要が生じた場合は、園からお知らせしている緊急連絡先にご連絡ください。 保育園の園児や保育者が新型コロナウイルスにり患した場合及び地域で感染が拡大している場合には、特別保育を中止させていただくことがあります。 状況の変化により、上記対応が変更となる場合があります。 お問い合せ先 〇運営に関すること 【公設公営園】 保育課保育管理係 03-3647-9094 【上記以外の園】保育計画課運営指導係 03-3647-9503 〇保育料に関すること 保育課入園係 03-3647-4934.

次の