日本 空手 協会 総本部。 日本空手協会 茨城県本部―本部紹介

JKA 日本空手協会 下北沢支部

日本 空手 協会 総本部

日本空手協会 日本空手協会 総本部道場の寒稽古の最終日、近所の神社で撮影したものです。 小林先生の斜め後ろに居るのが私です。 の近くでもあり、自宅近所の支部道場です。 究極の武士道 赤穂浪士- 12月14日 高校時代、学校が が隣だった為、武道が盛んで 私も剣道、柔道を一年づつ練習しました この時代、足が悪く短期間だけど空手と出会い、自分の空手人生の始まりとなっています。 特に、我が母校は剣道の強豪校です。 剣道はが総本山。 総本部道場、寒稽古ランニングコースにがあります。 我が母校は 警察官志願の人が多く、 に進む人も居ます。 赤穂浪士の物語、忠臣蔵は でも講演されたり、 忍者 (、 を絡めた物語もあり、 又、の世界でも語り継がれています。 浅野邸剣豪ー堀部 安兵衛 吉良邸剣豪ー清水 一学・小林 平八郎 吉良 上野介の養子である 吉良左兵衛義周 は 堀部安兵衛 に 敗れたものの薙刀で応戦しています。 最近は年長者が多く行かないけど、新道場に移った2001年1月 から2,3年は寒稽古の最終日は に参拝していました。

次の

本部入会案内

日本 空手 協会 総本部

日本空手協会 日本空手協会 総本部道場の寒稽古の最終日、近所の神社で撮影したものです。 小林先生の斜め後ろに居るのが私です。 の近くでもあり、自宅近所の支部道場です。 究極の武士道 赤穂浪士- 12月14日 高校時代、学校が が隣だった為、武道が盛んで 私も剣道、柔道を一年づつ練習しました この時代、足が悪く短期間だけど空手と出会い、自分の空手人生の始まりとなっています。 特に、我が母校は剣道の強豪校です。 剣道はが総本山。 総本部道場、寒稽古ランニングコースにがあります。 我が母校は 警察官志願の人が多く、 に進む人も居ます。 赤穂浪士の物語、忠臣蔵は でも講演されたり、 忍者 (、 を絡めた物語もあり、 又、の世界でも語り継がれています。 浅野邸剣豪ー堀部 安兵衛 吉良邸剣豪ー清水 一学・小林 平八郎 吉良 上野介の養子である 吉良左兵衛義周 は 堀部安兵衛 に 敗れたものの薙刀で応戦しています。 最近は年長者が多く行かないけど、新道場に移った2001年1月 から2,3年は寒稽古の最終日は に参拝していました。

次の

日本空手協会 茨城県本部―本部紹介

日本 空手 協会 総本部

ああいう雰囲気を持った素晴らしい女性は、なかなか他の世界ではいないのではないでしょうか。 >しのびくにさん 金曜日に行かれるとのこと。 私が分かる範囲で以下に様子を書いてみます。 練習内容はその日に集まった顔ぶれによって色々です。 壮年部は大坂先生の御指導による型。 もう一方は半崎先生の御指導になると思われます。 壮年部は比較的年配の方が多いです。 jka. 金曜日午後の各先生の特徴を申し上げますと、 【大坂先生】 飄々とした温かいお人柄。 時おり自ら示される型の動きは、長年の修練を物語っていて美しく洗練されていて感服いたしますが、ユーモアを交えながら解説されるので笑いもありますね。 大坂先生の時は比較的年配の方が中心ということもあって、体力的にはラクな筈です。 2〜3週ごとに色々な型をやるのですが、今何の型をやっているかは私には分かりません。 珍手だったり鉄騎二段だったりもします。 普段あまり練習していない型は、順番くらいは確認してから行った方が良いと思われます。 【半崎先生】 こわいです...... ヤバ過ぎます。 笑うと歯がありません。 眉に剃り込みがあります。 手や足が人間凶器の様に黒々とゴツく節くれだっていて、おまけに無数の切り傷があります。 おまけに足の小指があさっての方向を向いています(多分、組手で折って、医者にも行かずに変な方向のままくっついたのだと思います)。 というのは半分冗談で、練習は勿論紳士的ですよ。 練習は基本から入って約束組手的な練習をしてから自由組手までやる、というのが一般的な流れだと思います。 金曜日夜は人数が多く、会社帰りのサラリーマンや熊のようにデカイ黒人白人の黒帯も大勢いるので、相手を替えながらの組手は、目慣らし程度とはいえ、かなりの緊張感が味わえる筈です。 怖い、というのは私が勝手に思っていることで、他の先生方と同じで物腰は柔らかいです。 ただ、真に修羅場をくぐってきた人の殺気、とでもいうようなものを、私が勝手に感じてしまう、ということかもしれません。 練習も、基本や型だけで終わるというようなことはあまりなく、組手の緊迫感を持って終了する、という内容。 そういうところにも先生方の考えが表れるのだと思います。 【尾方先生】 長くなってしまったので短く。 この先生も、組手を重んじられる方だと思います。 基本の練習中でも、緊張感のない動きをしていると不機嫌になります。 それほど多く御指導を受けたことがないのでよくは分からないのですが......。 う〜ん、長くなったわりには何も伝えられていない気がします。 百聞は一見に如かず、というところでしょうか。 それに各先生については、1〜2年前の印象ですので。 悪しからず御了承下さい。 >鷹彦様 恵比寿の道場へは私も何度か行ったことがあります。 今の飯田橋の道場ほど広くはありませんでしたが、それだけに雑駁とした感じがあって、なんか良かったですね。 温か味があったと言うか。 懐かしいです。 練習内容には先生方の考えやキャラクターがよく表れるし、何年経ってもそこはあまり変わらないと思うので、恵比寿の頃とそれほどには違わないと思いますよ。 そうでしたか。 キツかったですか......。 日によっても全然違うので、たまたまキツかったということもあるかもしれませんね。 尾方先生はもちろん厳しい方だとは思いますが。 以前、恵比寿に道場があった時に初めて見学の為に訪れたら、尾方先生が入り口に一番近い所に座っていて、コンビニで買ったパンをかじりながら物凄い顔で睨んできたのを覚えています。 ちなみにその日の練習(午前)は椎名先生だったのですが、練習が終わってから引き揚げる時に、ずっと椅子に座って見学していた私を頭のてっぺんから足の先までジロリと睨みつけてから、肩で風を切るようにして階下へ降りていかれました。 その直後、下の控え室みたいな所で「なんだあの野郎!気合い入れてやるか!」と大声で咆えているのが聞こえてきました。 オレ、何か悪いことしたかな?大人しく見学していただけなのにさ……。 生きて出られないかもしれない ToT。 もっとも私の場合、前にいた流派の方がある意味で(立場上)精神的に怖かったので、あまり気にならなかったし、かえって感動したんですよね。 スゲ〜、雑誌や映像でしか見たことのない椎名先生が目の前を歩いてる〜、って感じです 笑。 まあそれはともかく、練習は支部道場の方がキツイってのは分かります。 本部道場は各先生の指導は週に1回しかないし、道場生の層も日によってあまりにもまちまちなので、指導する方でも迷惑している場合もあるな、と通ううちに思ったんですよね。 先生方は超が付く一流の空手家なのに、教わるほうは色々なんですね。 運動不足解消とかダイエットとか、興味半分とかいう人もいます。 特に午前の部はそうなんです。 やはり失礼ですよね。 私が行った時も「なんだ、また変な奴が来やがった」と思われたのだと思います。 指導を受けるほうでも、本当に上手く(強く)なりたいなら支部の練習の方が一貫性があるし、結果として内容も濃いので良いのではないかと。 しかしそれでも、夜の部の方は充実していると思います。 もう既に黒帯を持っている社会人で、仕事の合間に空手の腕を落とさない程度に時々行くとか、或いは支部での練習をしながら刺激を得る為に通うとか、或いは技術講習会のつもりでたまに行ってみる、というのは、なかなか良いのではないかと。 私は仕事の関係もあって、最近また行けなくなってしまいましたが、天下の協会指導員の方々を間近かに拝見するだけでも、大変な勉強になったと思っています。

次の