京 アニ 被害 者 名簿。 京都アニ爆破事件の被害者名に木上益治さんの名前!ショック

京アニ火災のアニメーター被害者や監督の名前は?安否不明の一覧と制作作品予定への影響を調査

京 アニ 被害 者 名簿

火災は30人以上の命を一瞬のうちに奪った 学生時代の京アニ取締役の木下さん(左から2番目)と友人の渥美さん(左)。 木下さんはデッサン力がずば抜けていたという(渥美さん提供) 火災は30人以上の命を一瞬のうちに奪った 単独犯による犯行で戦後最大の被害者を出した京都アニメーション放火事件。 34人の命を奪ったのは青葉真司容疑者、年齢は41才だ。 事件発生後、初めての週末。 事件現場からは人の姿が途絶えることがなかった。 3階建ての建物は一目で、中が全焼していることがうかがえる。 ベージュのタイル貼りの外壁は黒く煤けていて、窓枠やベランダの手すりは、ぐにゃりと曲がっている。 近づくと、焦げたようなにおいが鼻をつく。 献花台に花を捧げ、頭を垂れる人たちには、外国人や若者の姿も目立つ。 アニメ制作会社は、NHKの朝ドラ『なつぞら』の舞台でもあり、注目を浴びる存在でもあった。 特に京アニは、多くのヒット作品を生み、優秀な人材を輩出するなど、アニメ業界でも一目置かれるアニメーターたちの夢の会社である。 亡くなった34人、負傷した34人(7月23日現在)は、ここに至るまでそれぞれの道を歩んできた。 献花台から少し離れたところで、小柄な老いた女性が肩をふるわせていた。 握りしめた花束に顔を埋めて嗚咽を漏らし、何度も深呼吸をしている。 短い髪には白髪が交じっている。 「昨日も来たんやけど」と語る79才の女性は孫を失った。 「花が好きな子やったからな。 絵も好きで。 私は反対してたんです、もっと普通の仕事をしたらと。 でも本人は絵がやりたいと。 ここで仕事をして、もう5~6年になるのか。 最後に会ったのは4月やったんですけどね。 「『京アニに入れた』って喜んでいたし、私たちも『京アニに友達いるんよ』って自慢できた。 事件の、前の前の日に、メグが友達と話していたんです。 メグの名前が映画のエンドロールに載ったと聞いて、その友達が『それだけ見に行くわ』って言ったら、メグは『それだけのために来なくていいよ、これから何回も載るんだから』って…メグは、誰に紹介してもいい自慢の友達でした」 渥美敏彦さん(59才)は、静岡から駆けつけた。 安否不明となっている取締役の木上益治監督は、学生時代の友人だ。 「木上くんと出会ったのは40年以上前、東京デザイナー学院に入学した時です。 寮の部屋が同じで仲よくなり、6畳一間の、家賃3万円くらいのアパートに一緒に住んでいた時期もあります。 話題はアニメのことばかりですよ。 彼は飛び抜けて絵がうまかった。 デッサン力が違うんです。 当時、アニメはまだ世間では遊びの延長という扱いでしたが、彼のアニメへの思いは人一倍強かった。 彼とは同級生ですが、年は彼が2つ上なんです。 なぜかというと、高校卒業後に、上京資金を貯めるために2年間アルバイトをしていたからです。 念願叶って上京してからも、授業が終わると夜はガソリンスタンドでアルバイトをしていました。 最近は『なつぞら』を見て、当時のことを懐かしく思い出して、木上くんも元気にしているかなと思っていたのですが。 才能があり、夢を叶えた木上くんが…残念です」 罪のない多くの命を奪った青葉には、精神科への通院歴があったと報じられている。 精神疾患が認められると、責任能力を問えない可能性があるという。 弁護士の萩尾健太さんが語る。 「心神喪失ならば責任無能力となり、心神耗弱なら限定責任能力となり減刑されることになります。 精神病院への入院が必要と判断されれば逮捕や勾留すらされません。 逮捕されず刑も軽くなると聞いて納得いかないと思う人もいるでしょうが、措置入院などは閉鎖病棟で自由を奪われる点では勾留や禁錮に近い」 現在、自身がつけた火によって生死を彷徨っている青葉。 彼には罪を償う義務がある。

次の

京アニの被害者名簿公表について

京 アニ 被害 者 名簿

インターネットの発達とともに、事件や事故の報道は転換期を迎えている。 メディアの取材手法に関するより丁寧な説明や対話が求められている。 新聞やテレビは、大きな犠牲を出した京都アニメーション放火事件の被害者について、それぞれどう伝えたのだろうか。 記者クラブのみに身元情報を提供 事件は7月18日午前10時半ごろ、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで発生。 さいたま市に住む青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=がガソリンをまいて火を付けたとされる。 建物にいた70人の社員のうち35人が死亡、34人が重軽傷を負った。 被害者の実名公表については、7月22日に京都アニメーションから京都府警に対し、「プライバシーが侵害され、ご遺族が甚大な被害を受ける可能性がある」などとして、犠牲者の実名公表を控えるよう書面で申し入れていた。 だが、京都府警は8月2日に事前に遺族の了承が得られ、葬儀も終わっていることなどを踏まえ、。 8月20日には、京都に拠点を置く報道機関12社でつくる在洛新聞放送編集責任者会議が、残りの25人についても速やかに実名公表するよう京都府警に文書で。 京都府警によると、25人の身元は、府警記者クラブに所属している報道各社のみに伝えられたという。 25人中20人の遺族は実名公表を拒否したが、府警の判断で全員の氏名提供に至った。 ハフポスト日本版編集部が電話で確認したところ、公表の判断理由については「記者クラブ外には非公表」だと回答した。 によると、府警は「最後の葬儀を終えたタイミング。 事件の重大性、公益性、報道機関による過剰な取材を抑制する意味からも実名を提供することとした」としたうえで、一部の遺族については公表を望んでいないとして、報道各社に対して匿名での報道要望を伝えたという。 「20人が実名公表を拒絶した」と伝えられる一方、自ら記者会見を開いた遺族もいる。 27日夜には、石田敦志(あつし)さん(31)の父、基志(もとし)さん(66)が記者会見を行ない、「石田敦志というアニメーターが、この京都アニメーションに確かにいたということを、どうか、どうか忘れないで下さい」と訴えた。 各社の報道は? こうした経緯を受け、新聞やテレビの対応も分かれた。 テレビ局は、NHK、テレビ朝日、TBS、日本テレビ、フジテレビの5社の夜の報道番組を比較した。 コメントや報じ方はそれぞれだったが、全社が25人全員を実名で報じた。 NHK NHKはいち早くウェブニュースで25人の。 実名での報道が必要だとする専門家の声や、実名公表に反対する京アニ側のコメントなども紹介したうえで、NHKとしてのスタンスを次のようにつづった。 NHKは事件の重大性や命の重さを正確に伝え、社会の教訓とするため、被害者の方の実名を報道することが必要だと考えています。 そのうえで、遺族の方の思いに十分配慮をして取材と放送にあたっていきます。 同局の「ニュースウオッチ9」でも、25人の氏名と年齢、8人の顔写真をパネルで紹介。 石田さんの会見内容や、ほかの被害者の関係者などへの取材を通じ、手厚く報じた。 テレビ朝日 「報道ステーション」では、25人の氏名や石田さんの父親の会見を伝えた後で、会見時のコメントを引用しながら徳永有美アナウンサーがカメラに向かって次のように述べた。 「どうか皆様、これからも敦志が愛した京アニを応援してあげてください。 そして石田敦志というアニメーターがこの京アニに確かにいたことをどうか忘れないでください」(石田敦志さんの父・基志さんが会見で訴えた言葉)。 亡くなられた方のご家族、そして大切な方、皆さんこのような思いではないかなと思います。 TBS 「NEWS23」では、テレビ画面に氏名と年齢の一覧を並べる形で25人の氏名を伝えた。 コーナーの最後には、小川彩佳アナが次のように語った。 亡くなった35人の方、そのお一人お一人にかけがえのない人生があった。 その人生には続きがあるはずだった。 そのことを私たちは胸に、強く刻んで今後も取材を続けていきたい。 そういう思いです。 日本テレビ 「NEWS ZERO」では、冒頭に実名報道についての考え方について次のようにコメント。 NNNでは、多くの尊い命が奪われた今回の事件の真実性を保ち正しく伝えるため、そしてこの事実の重みを社会全体で共有するためには実名報道が必要だと判断しました。 被害に遭われた方々やご遺族の方々のプライバシーに最大限配慮した取材、報道に努めてまいります。 25人の氏名や年齢とともに、どんな仕事に携わっていたのか、どんな夢があったのか、一言ずつ添える形で1人ずつ読み上げて丁寧に紹介した。 特には実名報道の必要性についてもコメントはしなかった。 新聞社のデジタル版を比較すると…。 署名記事は毎日新聞のみ 新聞社は対応が分かれ、デジタル版と紙面とで報じ方が異なる社もあった。 まず、デジタル版を見てみる。 (28日午前3時時点のもので比較しています) 朝日新聞 記事中に25人全員の氏名を。 記事の末尾に、次のような断り書きを掲載した。 朝日新聞は事件報道に際して実名で報じることを原則としています。 犠牲者の方々のプライバシーに配慮しながらも、お一人お一人の尊い命が奪われた重い現実を共有するためには、実名による報道が必要だと考えています。 読売新聞 京都府警が25人の身元を公表したとが、全員の氏名は掲載していない。 ことわり書きなどもない。 産経新聞 25人の身元が公表されたとが、全員の氏名の掲載はしていない。 毎日新聞 実名報道の必要性について最も丁寧に説明したのは、毎日新聞だった。 では全員の氏名は公表しなかったが、京都府警が25人の身元を実名で公表したことを伝える記事の末尾に「おことわり」を掲載。 節度を守って遺族取材を行う旨を明記した。 毎日新聞は、事件や事故の犠牲者について実名での報道を原則としています。 亡くなった方々の氏名を含め正確な事実を報じることが、事件の全貌を社会が共有するための出発点として必要だと考えます。 遺族の皆様への取材に関しては、そのご意向に十分配慮し、節度を守ります。 さらに、というタイトルの記事も公開。 実名報道に肯定的な専門家の意見や、海外の事例、「被害者が『公表してもいい』と判断できる時まで待ってもいいのではないか」とする遺族側の声を紹介した。 記事全体は有料だが、記事中にある、と題した毎日新聞の立場を説明する文章については、無料で公開している。 実名報道の意義について書かれた記事には計8人の署名が掲載されている。 毎日新聞以外は、取材・執筆した記者の署名は付けなかった。 紙面は4社とも全員の実名を掲載。 続いて8月28日付け朝刊の紙面(東京版)を比較する。 朝日新聞 1面肩(左上)に35人全員の氏名を掲載。 記事の末尾には、デジタル版と同じ文言で実名報道を行うことわり書きも記載している。 社会面には見開きで、被害者の遺した作品の写真を大きく使いながら、被害者の人となりも伝えた。 社会面には記者計8人の署名も掲載している。 また、京都に拠点を置く報道各社で取材方法について事前に協議したことを紹介。 メディアスクラムを避けるため、「新聞・通信社とテレビの各1社が、代表して遺族に取材の意向を尋ねる取り組みをした」と伝えた。 読売新聞 社会面を使って、25人全員の実名と仕事の内容を掲載。 対社会面には実名報道の公益性について、京都府警や有識者のコメントで説明する記事も合わせて掲載した。 取材・執筆した記者の署名は記載せず、会社としての立場や見解も特に伝えてはいない。 産経新聞 1面に25人の実名と年齢を掲載。 社会面でも被害者の写真や人物像を報じた。 さらに、対社会面では徳永潔・大阪社会部長の名前で「実名だから 悲しみ共有」と見出しをつけた声明を掲載した。 記者の署名は記載していない。 産経新聞は不条理な形で肉親を奪われた遺族の悲嘆を深く受け止めます。 一方で性別と年齢だけでは失った存在の大きさを伝えられません。 優れた作品を世に送り出した一人一人が刻んだ人生を実名によって伝えることこそが、悲しみを社会で共有し、卑劣な犯罪を検証して、再発防止につながる道になると考えます。 (一部抜粋) 毎日新聞 1面肩で京都府警が35人全員の身元を公表したことを報じ、デジタル版と同じ「おことわり」を記事の末尾に掲載した。 亡くなった被害者全員の実名は、1面ではなく社会面に掲載した。 社会面では、遺族で唯一記者会見をした石田さんの写真を大きく中央に配置し、石田さん以外には3人の被害者にフォーカスして詳報した。 特徴的だったのは、2面の「検証」コーナー。 デジタル版と同じ内容で、実名報道の意義や毎日新聞としての見解を説明した。 全ての記事に署名が記載されているのは毎日新聞のみで。 関連記事の取材・執筆に関わった記者の署名は全部で18人分だった。 実名報道にNOの声も 遺族が嫌がっているのに実名で報道すべきではない、との声もある。 オンライン署名サイト「Change. org」では、身元公表に反対するが複数立ち上がり、合わせて2万7000筆以上の署名が集まっている。 テレビ朝日系列のインターネットテレビ「AbemaTV」では、で「ネット時代メディアに問われる公益と被害者感情の在り方とは」をテーマにスタジオで討論した。 「AbemaTV」のニュース番組「AbemaNews」では全員の実名を報じたが、「AbemaPrime」では、遺族から氏名を公表してほしいという意思表示があった石田さん以外の氏名は伏せて伝えた。 ハフポストでは… ハフポスト日本版では、8月2日に10人の身元が公表されたことを受け、京都府警に取材しました。 京都府警に被害者10人の実名や遺族の了承があった(当時)ことなどを確認したうえで、公的に出されている過去の作品や本人が出演したイベントの記録をもとに、10人のこれまでの役職や携わった作品の内容などを。 8月27日に25人の実名が公表された際にも、京都府警に取材を試みましたが、「記者クラブ外には公表しない」と回答を受けました。 実名公表を了承した遺族は5人のみだったことも確認し、なぜ多くの遺族が反対しているのか詳しい事情が分からない状態であったため、取材や掲載は見送りました。 事件・事故の被害者報道のあり方は大きな転換点を迎えています。 SNSなどネットが発達した時代のメディアや報道のあり方については、編集部でも様々な意見を出し合い、話し合いを続けています。 後日、記事として掲載する予定です。 ハフポスト日本版編集部.

次の

京都アニメーション放火殺人事件

京 アニ 被害 者 名簿

京アニ放火事件の経緯 京アニ放火事件は、ご存じの方もいらっしゃるので簡潔に説明します。 2019年7月18日に、京都府伏見区の京アニ第1スタジオが放火されました。 ガソリン10~15リットルをまき、ライターで着火したとのこと。 従業員70名中69名が被害をうけ、犠牲者は35名に及んだ事件です。 報道によれば、被疑者は「京アニが自分の作品 小説 をパクった」と主張していたようです。 もちろん、そのような事実はないそうです。 京アニ放火事件被害者実名報道までの経緯 8月2日に、警察から10名の犠牲者の実名が公開されました。 遺族には、了解をとっての公表だったようです。 8月27日に残りの25名の犠牲者の実名が、警察より公表されました。 この27日の実名公開が、今回のネットで騒がれているものです。 8月20日に記者クラブが、京都府警に実名公開を申し入れました。 犠牲者遺族は、25名中20名の実名公表を拒否したとのことです。 報道によれば京都府警は、一部の遺族が公表を望んでいないと伝え、匿名報道を要望したようです。 殆どのマスメディアは、25名の氏名を報道したようです。 署名サイト「Change. org」では、実名報道をしないように要請する署名を集めていました。 署名を京都府警に届ける前日に、京都府警が実名を記者クラブに公表しました。 これによってマスメディア、京都府警への批判がネット上でますます高まったとのことです。 大きく分けて2つの意見が、京アニ放火事件の犠牲者実名報道批判に存在• 犠牲者遺族が拒否しているのだから、実名報道をしたり、公表しなくても良かったんじゃないか• 事件を正確に後世に伝えるためにも、報道の真実性のためにも実名報道が必要ではないか 大きく分けて2つの意見が、今回の京アニ放火事件の犠牲者実名報道で存在します。 専門家の間でも、報道によって意見は分かれています。 1つずつ、整理しておきましょう。 警察判断で、過去にも犠牲者を匿名にしたケースもある 警察判断で、過去の事件で犠牲者を匿名にしたケースもあります。 警察が「犠牲者遺族のプライバシーが、大きく毀損される恐れが強い」と判断した場合です。 過去の事件では2016年の、相模原障害者殺傷事件です。 犠牲者遺族は警察に要望を出し、神奈川県警も犠牲者の実名を公表しなかったようです。 初公判では、当然ながら公開で犠牲者の実名は出る 裁判は当然実名で、行われます。 基本的に刑事裁判は、公開されています。 犠牲者遺族のプライバシーへ配慮するのなら、初公判まで公表は控えるということも可能でしょう。 匿名ならではの問題も? アメリカやイギリスは、完全に実名報道のようです。 被害者からその友人まで、全て実名という徹底ぶりです。 端的にいえば、これは2つの理念から来ているようです。 人という存在を重視しているから 匿名で人数のみの報道は、人間という存在への軽視?• OpenJustice 市民による、公権力の監視 を重視しているから ただし社会の基礎事情は、日本とかなり異なります。 上記が日本に当てはまるかどうか? は議論の余地があります。 逆にスウェーデンや韓国のように、犯罪者も匿名報道される国もあるようです。 参照: 日本のネットの特徴が、今回の世論に影響したのでは? ここからは私見となります。 どうも日本と海外では、ネット文化がかなり異なるようです。 顔出しや実名は、日本ではほとんどされませんが、海外ではわりとポピュラーなのだそうです。 日本人がネットで、実名や顔出しを嫌う理由はいくつか考えられます。 目立ちたくない• ネットは怖いもの、と認識している• ネットを信用していない 炎上などがネットではありますし、気持ちは理解できる気もします。 上記の土壌としては、「空気を読む」があるんじゃないでしょうか? 欧米人より、日本人のほうが自己主張が少ないという見解もあります。 つまりどこまでも「個人」なネット空間は、日本人にとって「苦手な空間」なのかもしれません。 こういった日本のネット空間の空気が、犠牲者遺族の実名報道への拒否感につながっているのではないか? と思います。 ある種、公の空間に実名を晒すのは「罰」というイメージでしょうか。 マスメディアの取材問題に関する見解 私は当事者になったことがなく、マスメディアの事件報道の取材が「どのようなものか?」はわかりません。 は、ジャーナリストの記事です。 ネット上の「マスメディア取材のイメージ」ではなく、実際の体験をもとに書かれた記事です。 逆に弁護士さんの記事では「犠牲者遺族がいたたまれない」という見解もあります。 事件報道の過熱については、イギリスでも問題になっています。 どのように一定の線引をするか? 法的に、何か決めるのか? それとも自制するのか? 様々な議論が求められます。 ネット全盛期の現代に、考えなければならない課題 京アニ放火事件の犠牲者遺族への、マスメディアや警察の対応は「我々は考えなければいけない課題」を1つ、示したのではないでしょうか? ネットのない時代であれば、実名報道されてもすぐに忘れ去られました。 しかし現代は、少し調べれば出てきます。 なるほど……匿名報道が増えているのも、理解可能です。 日本において、どのような報道や対応があっているのか? この課題には、多角的な議論が必要になるでしょう。 表現の自由、人権、遺族感情、マスメディアのあり方etc……。 一人ひとりが考えていただければ、記事の意味もあるというものです。 >どうも日本と海外では、ネット文化がかなり異なるようです。 顔出しや実名は、日本ではほとんどされませんが、海外ではわりとポピュラーなのだそうです。 >日本人がネットで、実名や顔出しを嫌う理由はいくつか考えられます。 >目立ちたくない >ネットは怖いもの、と認識している >ネットを信用していない 海外の人や、海外の事情はこの場合は私は詳しくないので特に述べられません。 しかし、私の考えで述べれば・・、日本人で実名や顔出しをネットでする人と言うのは・・、『覚悟が完了してる人』か、『なんにも考えていない人』かの2種類かと思います。 細かく定義すれば、もっといろいろあるかとも思いますが・・ 海外のことは、この場合はよくわかりません。 アイスランドはえらい景気が良さそうな稀有な国だなあと思っていましたら・・、そんな事情があったのですね・・・。 , 私は『地球タクシー』という番組をわりと好んで見ているのですが・・ 通常の旅番組よりも、街中のタクシー運転手の視点からその国の都市を見れるので、その国のほんとの実情が他の旅番組よりも良くわかると思っているため、というのがあります その中で、アイスランドの首都レイキャヴィクをタクシーで走る回があったのですが・・、アイスランドだけだったんです。 タクシーの運転手が、とても生活に余裕がありそうに見えたのは・・。 アイスランド以外でも数多くの都市をタクシーが走ったのですが・・、どこも、こういうのはなんですが、タクシーの運転手さんは生活が楽そうには見えませんでした・・。 まあ、おそらくグローバリズムと緊縮思想による不況の影響を多くえているのだろうとは、まあ、おそらく、ほぼ確信をもってこれは思いますが・・ それら諸都市を見て、私は世界的な景気の減退を感じていたのです、が・・、 アイスランドのタクシーだけは違ったのです。 , タクシーは景気のバロメーターとも聞きます。 そのタクシーがえらい景気が良いと言うことは、この国 アイスランド の経済は世界的には珍しく、えらい良いんだなと、その当時、その番組を見ながら私は思っていたのです。 , しかし、今回、私の中でその時の謎が解けた気がします。 ありがとうございました。 お邪魔しますです。 神道と仏教が融合(?)している日本の宗教観だと考えています。 亡くなった方々の位置付けのベースが違うのではないか?って辺りを考えてるです。 キリスト教の絶対的な神の元での死者は天国で再会する仲間なのかなと。 再会するのですから幽霊や御祓いは無いです。 神道では浄化されて八百万の神々の仲間入りです。 敬う存在になるのです。 仏教はよくわかんないですね。 キリスト教とは確実に違うんだろうなって辺りです。 亡くなった方々への考え方の違いは、おいら達の意見や行動に影響を与えます。 靖国まで繋がっているのかもです。 良いのか悪いのかなんて、おいらには判らないです。 ただ、死者への考え方の違いは確実に存在してるです。 「おいら達って無宗教じゃん」って言いたいとことですけど、「初詣」は世界最大の宗教行事だそうです。

次の