あび sns。 力士らにSNS自粛要請へ 阿炎の投稿動画への批判受け:朝日新聞デジタル

SNSで批判、中傷を浴びた時の対処法とは…「行列」北村晴男弁護士が解説/ライフ/社会総合/デイリースポーツ online

あび sns

【顔画像】阿炎 あび がSNS研修で爆睡!発言内容に反省の色なしと批判 角界で初めて「SNS研修」が開かれたが、まさかの展開となり波紋を呼んでいる。 昨年11月の大相撲九州場所前、小結阿炎(25=錣山)が不適切な動画をインスタグラムに投稿して炎上。 日本相撲協会に反省文を提出した。 それ以降、協会は部屋のホームページなどの一部を除き、力士ら個人のSNSを禁止している。 協会が力士らを集めて開いた研修会(4日)では専門家を講師に招いてSNSに関する研修を初めて実施した。 もちろん、阿炎の騒動を受けてのものだ。 芝田山広報部長(57=元横綱大乃国)は「SNSは、自分が安易にやってしまったことが世間の目に触れてアッという間に拡散される。 やっている本人が不適切とは思っていないのが怖いところ。 指一本で、とんでもないことになってしまう。 人生が壊れることもある」と力説した。 ところが、研修会終了後の阿炎の口からは驚きの言葉が…。 大勢の報道陣の前で「研修の感想? 爆睡してた。 寝てたし、何も聞いてねーし」と言い放ったのだ。 その後も「寝てた」「聞いてない」を連発する始末。 阿炎といえば、普段から軽口をたたくキャラとしても知られている。 ただ、仮に冗談のつもりだったとしても、言っていい場面とダメな場面がある。 今回は明らかに後者だった。 阿炎の発言には、相撲協会の幹部も当然のように激怒。 執行部の親方の一人は「バカにしている。 (SNSの禁止は)自分のせいでそうなったんじゃないか!」とカンカンだ。 しかも、研修会の冒頭では八角理事長(56=元横綱北勝海)が「言動や行動には注意するように」と訓示をしたばかり。 これでは「反省の色なし」と見られても仕方がない。 阿炎は角界期待のホープ。 これで大丈夫なのか…。 出典:東スポWeb 【炎上の阿炎 SNS研修「爆睡」】 昨年11月の大相撲九州場所前、小結阿炎が不適切動画を投稿して炎上したのを機に、協会は力士ら個人のSNSを禁止。 力士らを対象に研修会も開いたが阿炎は「寝てたし、何も聞いてねーし」。 相撲協会幹部は激怒。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics.

次の

パソコン教室 アビバ AVIVA

あび sns

こんばんは、あびです。 突然ですが、実はここ1週間ほどSNSから距離を置いていました。 なんでSNSから離れたの? 私はたまにSNSから距離を置くことがあります。 なんか疲れてるな。 モヤモヤするな。 というときにすることが多いです。 みなさんはそんなことありますか? 今回久しぶりにこの1週間、SNSから距離を置いてみたのには理由があります。 一つは、 ・時間を区切らずにSNSを利用していたことで、生活習慣が乱れて体調に悪影響が出てきた。 もう一つは、 ・頭の中と自分が大事にしたいことを整理したかった からです。 1週間経過し、気づいたことがあったので書いていきます。 SNSから離れてみて気づいたこと 生活にメリハリがついて、こころにゆとりがもてる SNSから離れるといっても、メッセンジャーアプリなどは相手があるものなので正直、まったく使わないということはできません。 ただ、2つ自分の中でルールを作ってみました。 ・ながらSNSをやめる ・時間を決めてスマホをさわらない時間をつくる 結果は以下のとおりでした。 通知機能によって見逃したり、聞き逃したり、忘れたりすることが減ったという人もいるのではないでしょうか? 私も通知機能はよく使いますが、通知に気づいてスマホを開いたはずが、気がつくと通知の内容とは全く関係ないことをしているときがよくあります。 そこで私はそんな便利な通知機能から少し離れてみることにしました。 結果は… よきです。 集中できる! 通知機能で集中できる環境ってこんなに変わるのか!?と思うほどでした。 通知機能の内容以外のことはしないことに加えて、通知されない環境というところがとてもよかったです。 外界からの刺激がないので、とにかく没頭できました。 没頭できる時間って大切だなと思いました。 あと、集中できる環境は作業時間の短縮化につながるので、余った時間でできることも増えたので1日が濃くなった気がしました。 そしてちょっとびっくりしたのは、健康的な生活はこころにゆとりをもたせるということです。 体と心ってつながってるんだなぁと身をもって感じました。 自分と向き合う時間ができた SNSから離れることで余った時間は本を読んだり、ジムに行ったりと自分のために使う時間に変わりました。 自分のために使う時間が増えたことで自然と自分と向き合うようになりました。 思えばSNSって他人のことばかりを見ているのですよね。 自分と向き合う時間ができたことで、今の自分の考えやこころの声に耳を傾ける時間ができ、自然と思考が整理され、自己理解につながっている気がしてます。 これからのSNSとの付き合い方 何度かSNSから離れてみたことはありましたが、今回はとてもいい(再現性のある)実験結果が得られたので、今後もしばらく続けてみようと思います。 SNS自体は便利で素敵なサービスなので、それを利用する私自身がSNSとの向き合い方を考えていくことで本当に楽しく有効に使えるツールにしていくことが大事だなと思う実験でした。

次の

期待高まる「アビガン」 新型コロナ治療薬|医療ニュース トピックス|時事メディカル

あび sns

こんばんは、あびです。 突然ですが、実はここ1週間ほどSNSから距離を置いていました。 なんでSNSから離れたの? 私はたまにSNSから距離を置くことがあります。 なんか疲れてるな。 モヤモヤするな。 というときにすることが多いです。 みなさんはそんなことありますか? 今回久しぶりにこの1週間、SNSから距離を置いてみたのには理由があります。 一つは、 ・時間を区切らずにSNSを利用していたことで、生活習慣が乱れて体調に悪影響が出てきた。 もう一つは、 ・頭の中と自分が大事にしたいことを整理したかった からです。 1週間経過し、気づいたことがあったので書いていきます。 SNSから離れてみて気づいたこと 生活にメリハリがついて、こころにゆとりがもてる SNSから離れるといっても、メッセンジャーアプリなどは相手があるものなので正直、まったく使わないということはできません。 ただ、2つ自分の中でルールを作ってみました。 ・ながらSNSをやめる ・時間を決めてスマホをさわらない時間をつくる 結果は以下のとおりでした。 通知機能によって見逃したり、聞き逃したり、忘れたりすることが減ったという人もいるのではないでしょうか? 私も通知機能はよく使いますが、通知に気づいてスマホを開いたはずが、気がつくと通知の内容とは全く関係ないことをしているときがよくあります。 そこで私はそんな便利な通知機能から少し離れてみることにしました。 結果は… よきです。 集中できる! 通知機能で集中できる環境ってこんなに変わるのか!?と思うほどでした。 通知機能の内容以外のことはしないことに加えて、通知されない環境というところがとてもよかったです。 外界からの刺激がないので、とにかく没頭できました。 没頭できる時間って大切だなと思いました。 あと、集中できる環境は作業時間の短縮化につながるので、余った時間でできることも増えたので1日が濃くなった気がしました。 そしてちょっとびっくりしたのは、健康的な生活はこころにゆとりをもたせるということです。 体と心ってつながってるんだなぁと身をもって感じました。 自分と向き合う時間ができた SNSから離れることで余った時間は本を読んだり、ジムに行ったりと自分のために使う時間に変わりました。 自分のために使う時間が増えたことで自然と自分と向き合うようになりました。 思えばSNSって他人のことばかりを見ているのですよね。 自分と向き合う時間ができたことで、今の自分の考えやこころの声に耳を傾ける時間ができ、自然と思考が整理され、自己理解につながっている気がしてます。 これからのSNSとの付き合い方 何度かSNSから離れてみたことはありましたが、今回はとてもいい(再現性のある)実験結果が得られたので、今後もしばらく続けてみようと思います。 SNS自体は便利で素敵なサービスなので、それを利用する私自身がSNSとの向き合い方を考えていくことで本当に楽しく有効に使えるツールにしていくことが大事だなと思う実験でした。

次の