伝説 の クソゲー。 「伝説のクソゲー」を開発してアタリを崩壊させた1人の男

伝説のクソゲー大決戦

伝説 の クソゲー

どうも羽仁男とモーします。 あなたは 『ガイアセイバー』というゲームをご存知だろうか? 1994年に発売された スーパーファミコンのソフトで、 ジャンルは コンパチヒーローもの、 デフォルメされたウルトラマン・仮面ライダー・ガンダムの 各シリーズのキャラクターたちが一堂に会している RPG作品です。 この手のゲームは他にもいくつかあるわけですが、今回はその中で クソゲーとして名をはせた 『ガイアセイバー』のクソポイントを挙げていきます。 1.死んでいるウシ「死んでいるようです・・・ 」 キェェェェェェアァァァァァァシャァベッタァァァァァァァ!!! (古い) キャトルミューティレーションでウシが死んでいる、という状況なんですがどういうわけか口をひらいてます。 これ以上ないほどに強烈な矛盾をはらむ珠玉のクソシーンです。 とは、動物の死体の一部が切り取られ、しかも血液がすっかりなくなるという異常な惨殺事件のこと。 1960年代前半から、おもにアメリカで起きた。 犠牲者となるのは家畜、特に牛が多い。 宇宙人の仕業だなどと騒がれた。 現代の都市伝説。 2.「コチノチ」「カニミノラ」「モチミノラ」の家 こちら ムー大陸(!)にある コチノチ・カニミノラ・モチミノラさんのお宅なんですが、お手元か画像の かな入力つきキーボードをご覧ください。 とは、一万数千年前に太平洋上に存在したとされる巨大大陸。 そして「コチノチ」「カニミノラ」「モチミノラ」それぞれを順に、 かたかなで追って、割り当てられているアルファベットを ローマ字よみしてみてください。 ・・・おわかりいただけただろうか? コチノチ・カニミノラはともかくモチミノラは一線を超えている、 と思った方は少なくないでしょう。 3.「ムー大陸に存在するハワイ」のホテル群 まずはこちらの画像をみていただきたい。 RPGを謳ってはいるものの、ドラクエやFFのように室内などでアイテムを収得することはおろか まともに 物を 調べることすらできません。 物は調べられませんが、人(NPC)に話しかけることはできます。 話しかければ無事、会話が発生します。 (例外あり) しかし「ムー大陸にあるハワイ」のホテル群には どの部屋にも人はだれ1人おらず、ムダのないムダなスペースがただただ容量をくっています。 ムー大陸の都市、ハワイ。 ホテル群、全部あわせて18F! すべての部屋が、このありさま。 こんな状況にもかかわらず、1Fのフロントマンは 「ご予約のない方はお泊めできない」などとのたまう始末。 しかし 殺風景な部屋・景色というのはガイアセイバーにおいて決して珍しいものではないことをここで断っておきます。 4.ラストダンジョン「亜空間」にひそむ謎の一室 ラストダンジョンの「亜空間」。 固有名詞じゃないので、なんともあいまいな印象をうけます。 (アムロも戸惑ってる) まがまがしい紫一色の軽薄な間取りを進んでいくと・・・ 謎の一室が現れます。 ・・・雰囲気かわりすぎぃ!! 亜空間アピールなのかもしれないけど、あまりに雑すぎない!? 「制作スタッフの設定ミスなのでは」という一説もあります。 w 5.決して迎えられないベストエンド このガイアセイバー、 要所要所で余すことなく手を抜いているわけですが、なぜか マルチエンディングを採用しています。 「人類」と「地球」というカウンターが設けられており、最後に人口・自然がどれだけ残ったかによってエンディングが左右されます。 しかし制作スタッフが強制イベントなどによる値の減少の計算をあやまったためか、 通常のプレイではベストエンドを迎えることは不可能なのです。 そのため、ほとんどのプレイヤーが人類を、地球を滅亡・衰退させてしまう仕様となっています。

次の

伝説のクソゲーランキング 語り継がれる最悪のファミコンソフト 厳選10本(たけしの挑戦状他)

伝説 の クソゲー

クソゲーの生みの親。 イラストレーターのみうらじゅんが、この「いっき」を遊び「一揆は一人や二人でするものではない」とツッコミ「クソゲー」という言葉を定義したとされるゲーム。 つまりクソゲーという言葉の生みの親といっても過言ではないタイトル。 いっきとは? 元はサンソフトがアーケード用にリリースだったものをファミコンに移植したゲームだが、アーケード版より移植版の方が有名。 農民の「ごんべ(権べ)」を操作し、悪代官の屋敷まで殴りこみにいくという内容のゲーム。 2人協力プレイも可能で、プレイヤー2は「たご(田吾)」を操作する。 武器の鎌を使って敵の忍者を倒しながら、ステージ内に落ちている小判8枚を集めるとクリアとなる。 鎌攻撃は自動的に敵に向かって投げられる。 また時々ステージに出現する「代官」を捕まえてもクリアできる。 忍者は動きが早く(赤い忍者はもっと早い!)、投げてくる手裏剣も早い。 突然出現してくる忍者もいる。 敵に触れたり、手裏剣に触れると一撃でやられてしまう即死ゲームのため、慣れないうちはあっという間にゲームオーバーになってしまう。 パワーアップアイテム「竹ヤリ」が所々で出現するが、前方以外無防備になってしまい、パワーアップ中の方がやられてしまう可能性が高くなる残念なアイテム。 画面端までプレイヤーが移動しないと、画面のスクロールが始まらない点など、システムに若干のクセはあるものの理不尽とまではいかない。 確かにクソゲーとは言われるものの、ゲームシステムの完成度や内容の酷さなどに言及していたワケでなく、ゲームの設定へのツッコミといった意味合いが強い。 その証拠に当時まだ少なかった二人同時プレイなどは非常に楽しく、実際にはわりと人気があり後に発表されたソフトにも影響を与えている。 久しぶりにプレイして見たら…。 最近のゲームは敵の攻撃を受けて徐々に体力が減っていくライフ制がほとんどのため、一撃で死んでしまう即死ゲームは実に難しく感じる今日この頃。 しかも敵のスピードが覚えていた感覚よりだいぶ早い。 …寄る年波には勝てないのかな? 今回の動画は見事な瞬殺でした…(涙 もう少し練習して、またプレイ動画をアップしてみたいと思います。 「いっき」の思い出。 このゲームの最初の記憶は友達のウチで遊んだのが最初。 確か4~5人くらいで遊びに行って、2人同時プレイを順番にしていた記憶がある。 主人公がやられた時の格好すらも面白くて、次の順番を待っている間に何度もマネしていたなぁ。 ゲームをしているうちに、次から次と小学生の時の記憶が蘇ってきました。 「いっき」は中古で300円程度から流通しているので、今でもわりと手軽に手にはいるゲーム。 あなたもぜひ試してみてはいかがでしょうか? 「いっき」はサイバーガジェットの「レトロフリーク」を使ってプレイしました。 次はアナタもいっしょに遊んで見ませんか?.

次の

サガ…聖剣…あのゲームシリーズを終焉させたクソゲー4つを絶対に許さない

伝説 の クソゲー

ゲームソフトの価格は1本5000円~1万円と高額だ。 それだけに購入したゲームがひどいクオリティだったときには他の何にも代えがたい絶望感に襲われることとなる。 このようなゲームは人々からクソゲーと分類されてきた。 ・ただただ不快な究極のクソゲー クソゲーはクソゲーなりにツッコミを入れながら楽しむことができると思っている人もいるかもしれない。 しかしそれは幻想である。 クソゲーには愛されるクソゲーと愛されないクソゲーの2種類があり、前者ならツッコミを入れながら楽しむことができるだろう。 しかし後者はただただ不快な気分にさせられる最低なゲームだ。 プレイしていてもまったく笑えず、苦痛しか感じられないまま速攻で電源を切る。 そんな愛されないクソゲーも残念ながら数多く存在するのだ。 そこで今回は編集部の独断と偏見で選定した「愛されない伝説のクソゲーランキング ワースト10」を発表する。 対象となるゲームは日本で発売されたゲーム機のソフトで、PCゲームや海外ゲームは含まないこととする。 ・愛されない伝説のクソゲーランキングワースト10 1位 トランスフォーマー コンボイの謎 横スクロールのアクションゲームだが、主人公は敵に触れたり弾に当たれば即死。 しかも敵の弾が極端に小さく、攻撃数も多いために開始数秒で即死を連発してしまい、瞬く間にゲームオーバーとなってしまう。 なぜやられたのかさえ把握できないレベルで殺されまくるという不愉快極まりないクソゲーだ。 2位 星をみるひと 最低最凶のRPG。 タイトル画面が終わると何の説明もなくフィールドに放り出され、ストーリーがまったくわからない。 序盤から強敵が出現しまくり、しかも逃げられない。 フィールド上でいつの間にかダメージを受け、死んでから気付くなど、説明一切なしで無茶苦茶なことが起こりまくる、ただただ不快なゲームなのだ。 3位 里見の謎 縦に進んでいくだけでゲームを進められるという画期的なシステムが導入されたRPGだが、それ以前にシナリオが意味不明すぎる上に、登場人物の名前を自動(ランダム)で決めるシステムがヤバイ。 ひらがな5文字がランダムで並べられ、「ーぃゑーっ」というように読めない名前になることも多い。 4位 キテレツ大百科 何故か意味不明な世界観になってしまったアクションゲーム。 移動中に突然重力が逆転してキテレツが画面上部に飛んで即死するなど全体的に難易度が高く、原作の世界観をぶち壊しまくっている。 5位 エグゼドエグゼス 2人同時プレイのできるシューティングゲームだが、まともにプレイできるのは序盤のみ。 敵が増えてくると激しく画面がチカチカし始め、ゲームをまともにプレイできなくなる。 敵機ではなく眼精疲労との戦いとなってしまうのだ。 6位 ストリートファイター2(ゲームボーイ版) スーパーファミコン版のストリートファイター2が大ヒットしたのを受け、なぜかゲームボーイでも出してしまった問題作。 ファミコンのゲームの移植でさえも目いっぱいなゲームボーイでスト2を再現するという時点でグズグズになることは誰もが容易に想像できたはずである。 7位 舛添要一 朝までファミコン ますぞえである。 8位 ジーコサッカー なぜかマウスで操作をするスーパーファミコンソフト。 サッカーゲームなのに対戦モードはなく、世界24カ国の変名チームと実名の鹿島アントラーズが登場するという謎設定。 大量に売れ残ったのかワゴンセールの常連で、10円でたたき売りされていることもあったそうだ。 9位 北斗の拳7 スーパーファミコンで発売された史上最悪の格闘ゲーム。 奥義を出すのがとてつもなく難しいのに、奥義を使わなければ相手をKOできない。 しかも時間経過で体力が回復するため、対人戦では奥義を出せないまま、ただただ時間だけが過ぎていくことになる。 10位 光GENJIローラーパニック 1980年代後半の人気アイドル・光GENJIのゲームなのだがストーリーが凄まじくひどい。 メンバー7人のローラースケートが盗まれたため一般人と一緒に事件を解決させるというものなのだが、そもそも警察に通報するべきであり、ローラースケートを買い直せば一発解決である。 登場するメンバーのグラフィックがまったく似ておらず、目が死んでいるのもつらい。 ・ネタでもプレイすることは推奨できない これらのゲームは残念ながらとても楽しむことなどできない。 ツッコミ要素のない、ただただ不快で愛されないゲームなのである。 もはやゲームと呼べるのかさえも疑問符がつくレベルだ。 しかしここまで突き抜けたクソゲーが反面教師として存在したからこそ、たくさんの素晴らしいゲームが誕生してきたのだろう。 プレイすることは推奨できないが、記憶にはしっかり留めておきたい。

次の