レゾ 理想編成。 【デレステ】トリコロール・シンフォニーの評価と考察

アバウトなデレステ日記

レゾ 理想編成

…と言いたくなるぐらい、レゾナンスの存在感が…。 とにかく、今回実装されたセンタースキル【シンデレラエール】と【トリコロールシンフォニー】ついて紹介していきます! なんと特技の方のトリコロールシンフォニーは、圧倒的なスコアを叩き出せる化け物スキルとなっているので 具体的に解説していきます。 フェス限の新センタースキル「シンデレラエール」 まずはシンデレラエールからです。 今回のセンタースキルはスコア向きというより、新規のプロデューサー向けのセンタースキルになっています。 まぁ、玄人である私や、 上位ランカーの方は無用なスキルと言えますが、初心者には有難いセンタースキルになりますね。 最近ではデレステ内で様々な作品とコラボを続けていますが、 それによる新規登録者に対しての優しさに溢れているスキルと言えますね。 ただ、ガチャをしなければ手に入りませんけどね。 では続いて、 センタースキルとは裏腹に壊れ性能の特技について解説していきたいと思います。 フェス限の新特技「トリコロール・シンフォニー」 続いて特技ですね。 トリコロールシリーズの新しいバージョンになります。 この特技は、限定アイドルなどで追加された「ユニゾン」アイドルの特技「アンサンブル」に スキルブーストの効果が追加された特技になります。 トリコロール・シンフォニーは、【アンサンブル】の効果に近いスキルになります。 強くない訳がないですよね。 スキルブーストも負けていない それじゃスキブはもう下位互換になるのか? と思う人もいると思います。 これは声を大にして NOと言えます。 特技の効果持続時間に着目 それはなぜかと言うと、特技には発動時から効果持続時間というものがあります。 効果持続時間の表 引用:デレステ攻略まとめwiki 今回実装されたトリコロールシンフォニーの効果持続時間は 9秒毎、高確率で少しの間 になります。 上記の表を参照するに、少しの間はLv. 10にしても6秒ぐらいの持続時間しかありません。 9秒毎に発動し、6秒で効果は無くなる…… 要するに3秒間クールタイムがある訳です! 長い…長いです3秒は。 ちなみにスキルブーストのアイドルには8秒、7秒、10秒のアイドルが存在します。 いずれもLv. 10に上げたとしても• はい、スキブの方がクールタイムが格段に速く、 スキルブーストの方が効果を発揮している時間が多くなります。 結果的に、まだスキルブーストがオワスキになっていないという事が分かります。 今回、城ヶ崎莉嘉さんはビジュアル特化で登場した訳ですが、 私のビジュアル特化編成は以下になります。 私の場合、前川みくさんを抜かさないと高スコアが取れない現状な訳です。 ちなみに私は前川みくP。 声を大にして言いたいのですが、 自分の担当アイドルを抜いてまで高スコアなんていりません! という事です。 これは 全プロデューサーに共通する認識だと私は思っているので、 この編成のままでプレイしていく所存です。 城ヶ崎莉嘉さんの魅力を調査分析してみた! 絶大な人気を誇る城ヶ崎莉嘉さん、 その人気を調査してみました! トップアイドルの姉「城ヶ崎美嘉」の存在 莉嘉さんは大のお姉さん好きで、 城ヶ崎美嘉さんがアイドルという理由で、 自身もアイドルを目指したという少し微笑まし理由なんですね。 趣味はシール集めだったり、 見つけたカブトムシをプロデューサーに嬉々として見せる辺り、 見た目と違い年齢相応の女の子です。 美嘉さんがイケイケに見えて、 実は純情な乙女だったりするので、 その辺りは城ヶ崎姉妹の可愛さが伺えます。 お姉さんよりも早くCDデビュー なんと、城ヶ崎莉嘉さんはお姉さんよりも早く、 CDデビューしているんですね。

次の

【デレステ】トリコロール・シンフォニーの評価と考察

レゾ 理想編成

全タイプ用編成。 最低限でもトリコロール、レゾナンスのどちらかに加えて、センターと特化一致のシナジー2枚もしくはシナジーとシンフォニーを秒数一致で1セットの計三枚を所持していないとまともに組めない。 ゲストはクール属性(3色を満たすため)で、センター効果「トリコロール・メイク」持ちのアイドルを選択する。 ゲストにトリコロールを使用しているので、特化とを同時に満たせない場合の優先度としては、ビジュアル特化>発動間隔9秒となる。 シナジーの2枚目は前がベストなことが多く、次点はモチーフ側に合わせた秒数で、譜面が9秒と相性が悪い場合、こっちのほうがよいときもある。 モチーフは9秒が無いのでとりあえず11秒を置いておくが、譜面との相性次第では7秒のほうがよいときもある。 他の編成• レゾナンスをゲストに回しても組める。 センター未央以外は妥協編成となるが• 周期の関係上、大抵の曲ではこれが理想編成。 アンサンブルはPaのみ対象だが、シンフォニーには元々効果が無いので十全に効果が発揮されてる。 ブースト対象が減ってるのにより強くなるのは、特大アップの暴力的な上昇率とシナジーとコーディネイトの格差が原因。 未央と心、どちらかが欠けている場合はアンサンブルではなくコーディネイトを使うことを推奨。 以下候補• Vo9秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 11高 フェス限 トリコロール・シンフォニー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 9高 フェス限 トリコロール・シナジー 11高 例: フェス限 コーディネイト 9高 恒常 ゲスト Voトリコロール フェス限• アンサンブル式PaVo7秒型 アイドル名 入手方法 Voモチーフ 7高 フェス限 Paアンサンブル 7高 期間限定 トリコロール・シナジー 7高 フェス限 トリコロール・シナジー -- 例: フェス限 コーディネイト 7高 恒常 ゲスト Voトリコロール 例: フェス限 全タイプ曲ならプリンセスがセンターで属性曲ならユニゾンがセンター。 ゲストの使えないGrooveだと特化違いのフォーカスを1枚抜いてレゾナンスをセンターにする。 フォーカスを2枚採用する都合上、片方は特化が違っているが、ルーム、楽曲、センター補正を加味すると前を使用するよりは総アピール値は高くなる。 場合によってはコンセントレーションをコンボナ、オバロ、アンコール あるいはアクト に置き換える。 この編成の場合は、• (と一部曲でのアクト)が候補にあがる。 Pa7秒、Co11秒、CoDa7秒、PaVi9秒はフォーカスの都合上、組みづらい上にアピール値がとても低い。 他の編成 レゾナンスを利用しない編成 レゾナンス編成を十全に活用できるとアピール値を確保できない、もしくはオルタネイトを使用する場合はこちらの編成になる。 オルタネイトを使用する編成は属性曲で理想編成にすらなりうる。 オルタネイトを使用しない場合、ゲストありの通常ライブやLIVE Groove・LIVE Carnivalのようなアピール値にイベント補正のある場合はレゾナンス編成に負けるが、LIVE Paradeのようにゲストも利用できずアピール値にイベント補正のない場合はレゾナンスを利用しないほうがスコアが出る。 属性曲においてはこちらは同じ秒数の同系を入れるのは片方が実質なしになるので避けたほうがよい。 ブースト系のシンフォニーやアンサンブルと強力なスコアアップ系のの秒数を合わせるとより良いが、レゾナンス編成と異なり揃えなくても大差にはならない。 全タイプ用編成。 フェス限の特化ステータスをトリコロールで伸ばしつつ、倍率もある程度稼ぐ。 シナジー3人でアピール値を極大化するよりはこのほうがスコアが出る。 倍率とアピール値のいいとこ取りで、複合系が2枚あるためスコアボ側、コンボナ側ともに3枚あることになり、カバー率は充分高い。 この編成でのモチーフは安定して倍率が高いものの、特定アイコンの多い譜面ではアクトに変えたほうがよい。 秒数を気にする余裕もあるなら譜面の偏りやブーストに合わせてあげるとよい。 妥協する場合もモチーフの枠をシナジーや他のスコアボ系に変えるのが無難で、シナジーを1枚以下にするとアピール値が激減するためかなり落ちる。 他の編成 全タイプ曲で使うならセンター、ゲストをプリンセスと入れ替える。 アンサンブルの効果を最大限に生かすためコンセントレーション、ライフスパークルの発動間隔をアンサンブルに揃えて編成する。 ライフスパークルを使用するのでライフ回復を編成に入れてポテンシャルでライフ値を調整する。 残りの1枠でスコボナ系コンボナ系両方の穴を埋めるためにフォーカスを入れる。 アンサンブルが不在ならプリンセスをセンターにして、スキルブーストを代わりに入れる。 コンセントレーションがうまく扱えない場合はフォーカスをチューニングにするか、コンセントレーションをアクトにする。 コンセントレーションとチューニングの発動間隔は合わせるのが基本で、スパークルとの都合もありアンサンブルの発動間隔に関わらず両方11中が安定となる。 その結果チューニングとスパークルが同じ周期になっても気にしない。 他の編成 センター効果 トリコロール・メイク が有効になるよう、ビジュアル特化のメンバーで編成されている。 特にトリコロール・シナジー持ちは極端な特化型なので、他のアイドルと入れ替えると影響が大きい。 スキルブーストについては、カバー率 発動時間/発動間隔 の高い「8高」が選出される。 ゲストにも「トリコロール・メイク」を指定する。 倍率よりアピール値を取ったような形だが、スコアボーナス系が3人に増えているためカバー率も少しアップ。 キュート楽曲 アイドル名 入手方法 キュートフォーカス 6中 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 11高 期間限定• クール楽曲 アイドル名 入手方法 クールフォーカス 11高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 8高 期間限定• パッション楽曲 アイドル名 入手方法 パッションフォーカス 9高 期間限定 スキルブースト 8高 フェス限 ライフスパークル 13高 期間限定 オーバーロード 7中 期間限定 ライフ回復 13高 期間限定 解説 各属性.

次の

【デレステ】レゾナンスの評価と考察

レゾ 理想編成

レゾナンスの最高構成は換えが効かないので下記のSSR5枚全てがない時点で人権ありません。 ・paレゾナンスひなこ(センター) ・paチャーム夕美 ・paユニゾン茜 ・paコーディネート輝子 ・cuチャームしき ・ゲストはトリコvoのcoしぶりんのみ 通常Liveにおいてレゾナンスは構成が非常に難しく、上記が組めないならはっきりいって弱いです。 ダブルシナジーレゾナンス構成でも170万すら行きません。 キュート理想のほうがずっとスコアでます。 なお、daレゾナンスは上記と同じ構成が組めないので、daではダメです。 GRANDのtrust me Lv32ならvo、daはダブシナレゾナンス。 viはトリプルシナジーが1番スコアが出ると思います。 grooveイベントは曲によりけりですが、1つ言えることは今の時代、ゲストがないイベントでライスパがはいることはもうほぼないかと思われます。 ユニゾン単色において、ライスパはもう殆ど理想に入りません。 いまはコンボナの時代です。

次の