小陰唇縮小 症例。 小陰唇縮小術(副皮切除あり・なし)症例

小陰唇縮小手術のモニター患者写真(超レア)

小陰唇縮小 症例

手技 小陰唇縮小術は拡大した小陰唇を元通りにします。 小陰唇肥大は小児期から著明のことがありますが、多くは分娩、加齢、感染など後天的要因で起こります。 機能的(洋服を着たりスポーツをしたりするとき)にあるいは美容的に患者様を悩ませます。 傷痕がほとんど見えないような方法で皮膚と粘膜を切り取ります。 この手術は陰核包皮除去(クリトリスを覆っている皮膚の切除)や大陰唇手術と一緒に行われることがあります。 手術時間 他の手術と一緒に行われるか否かによりますが、通常1から3時間かかります。 麻酔 より良い結果と快適性から全身麻酔で行うことがこの手術の決まりです。 しかし患者様によっては局所麻酔を選ばれることがあります。 起こりうる合併症 細心の注意を払った手術では大きな合併症は起こりません。 時に(5%未満)創離開が起こることがありますが、傷の手当てをしていればこの問題は解決されます。 患者様の中には傷痕の幅が広がって後日修正が必要な場合があります。

次の

女性の美容外科医「平田レナ」公式サイト

小陰唇縮小 症例

日本人女性の3人に1人がデリケートゾーンに何らかの悩みをもっていると言われています。 学生時代から何年も悩みを抱えていらっしゃる方も多く、毎年増え続けている施術です。 小陰唇縮小術とは、肥大した小陰唇をバランスのよい大きさに整え、小さくする手術となります。 小陰唇とは、大陰唇の内側に接している左右一対のヒダの事を指します。 小陰唇が肥大していると、痛みを感じたり、こすれて色が黒くなってしまったり、陰唇と小陰唇の間に恥垢という部位にアカがたまりやすくなり悪臭の原因になることもございます。 手術を受ける事でこうした症状を改善することができます。 また、色素が濃い外側部分を切除することにより、見た目に色が薄くなったように見える効果も期待できます。 Zetith Beauty Clinicの婦人科形成では、吸収する糸を使用し粘膜下と表面を丁寧に縫い合わせます。 吸収される糸を使用している為抜糸も不要です。 抜糸がないため痛くない、通院の必要ない、傷もきれいに治るというメリットがあります。 糸で縫うからこそ、傷がしっかり綺麗に治ります。

次の

小陰唇縮小・膣縮小などの婦人科形成|帯広中央クリニック

小陰唇縮小 症例

自分の小陰唇の大きさや形は、 他の人と比較してどうなんだろう・・・? と思った時に 参考になるもののひとつに 婦人科形成(小陰唇縮小手術)の症例写真 があると思います。 症例写真はネットでも見られる 私は、症例写真をネットを調べて 他人様のあそこを直視することができなかったので に 見たのが最初ですが・・・ 今は便利なもので、 ネットで症例画像を見ることもできます。 ただ、最近は ビフォーアフター画像の制限が 厳しくなっているようで (偽画像などを使うところもあるのでしょうね) サイトの中でも、見つけにくい場所に 置いてある場合も多いようです。 婦人科形成(小陰唇縮小手術)の 症例数が多い は パソコンからホームーページを見た時には 画像が表示されないようになっています。 ですが、 スマホからだと見ることができます。 手術の症例数が多いので、 ビフォーアフター画像もかなり多く とても参考になります。 症例写真を見る時のポイント 症例写真を見る時のポイントは、 自分と同じようなビフォアの人を 見ていくこと。 そのためには、 同じような角度で 自分の小陰唇の形を確認しておくことが必要。 手鏡などを使うと見やすいですね。 そして、 自分と同じような形の人を見つけたら、 その方たちがどのような手術をしたのか? 最終的にどのようなデザインにしたのか? どこの院でどの医師が担当したのか? このあたりが 見ていくポイントになると思います。 ただ小さくするというだけではなく、 見た目の美観やデザイン的な要素も 含まれてくる手術ですから 誰にやってもらうか?ということも大切。 たとえクリニックが遠かったとしても、 その医師にお願いするのもありかなと思います。 または、 通いやすい場所にあるクリニックで、 症例写真を見てもらって 相談してみるのもいいですね。 小陰唇の縮小手術の無料カウンセリングと、女性医師の診察を受けてきました.

次の