ドコモamazonプライムギフトコード。 ドコモケータイ払いでAmazonギフト券を買う方法!+@

ドコモ(docomo) × アマゾン(Amazon プライム) 使ってる人は朗報ですね!

ドコモamazonプライムギフトコード

お得すぎてAmazonヘビーユーザーならばほとんどの人が加入しているというAmazonプライム会員。 値上げをしたことで年額4900円、月額500円にはなりましたが、それでも数多くのお得な特典を使えることを考えればかなりコストパフォーマンスの高い内容となっています。 そんな大人気のAmazonプライム会員ですが、ドコモとAmazonがタッグを組んだサービスが新たに開始されることが発表されました。 ドコモの 「ギガホ」もしくは「ギガライト」を契約し特典にエントリーするとAmazonプライムが1年間無料で使える特典がついてくるという内容となっています。 1年間ということは4900円が無料になるということですが、果たして本当にお得と言えるのでしょうか? 契約内容によってもお得になるのか損になるかは異なるため、この記事では ギガホ・ギガライトの2つの特典内容について、さらに 得なのか損なのか確認する方法をご紹介していきたいと思います。 「Amazonプライム会員が1年無料になるならギガホにしてみようかな…?」そんな風に考えていた人は是非この記事をチェックしてみてくださいね。 ギガホ・ギガライトとは? 今まではいくつもあるプランを自分の好みによって組み合わせて使うという、複雑なプランとなっていました。 しかし、新料金プランである「ギガホ」「ギガライト」は非常にシンプル。 選べるのは「ギガホ」もしくは「ギガライト」の2つだけとなっています。 ここからはそれぞれのプランの特徴について簡単にご紹介します。 ギガホ 基本プランの1つであるギガホは、簡単に言えば 月額6980円で60GBを使えるプランです。 もしも60GBを使い切ってしまった場合でも1Mbpsで利用可能なので、ストレスなくSNSの利用やウェブサイト閲覧を行うことが出来ます。 また、月額6980円ですが2年定期契約、dカードお支払割適用、家族3回線以上がドコモなど条件が揃えば1人あたり 最大6ヶ月間月額4980円で利用することが出来ます。 月額料金 6980円(2年契約しない場合は7150円) 通話プラン 30秒20円(家族間通話は無料) 1ヶ月のデータ通信量 30GB 制限後の通信速度 1Mbps ギガライト 利用するデータ量によって月額料金が安くなるプランがギガライトです。 ただし、制限後の速度は128kbpsとなってしまうため、インターネットを頻繁に使用するという人からするとかなり厳しいものになるでしょう。 ゲームや動画閲覧を頻繁にするという人はギガライトにするとすぐに制限がかかってしまうことになるため、注意が必要です。 月額料金 (2年契約無しの場合+170円) 〜1GB 2980円 〜3GB 3980円 〜5GB 4980円 〜7GB 5980円 通話プラン 30秒20円(家族間通話は無料) 制限後の通信速度 128kbps ギガホ・ギガライトの2つの特典内容 「ギガホ」「ギガライト」に契約するとついてくるという特典が以下の2つの特典となっています。 特典1:Amazonでd払い利用でポイント5倍還元 d払いはAmazonでのお買い物にも利用することが出来るため、今Amazonでd払いを使って支払いをするという人が増加しているようです。 月ごとに3000ポイントが上限にはなるようですが、普段からAmazonでd払いでお買い物をしているという人にとってはお得な内容となっているのではないでしょうか。 なお、Amazonギフト券やKindleコンテンツ以外のデジタルコンテンツなどd払いが利用出来ない商品があったり、その他にも細かい条件があるため詳しくは申し込み前にで確認するようにしましょう。 特典2:Amazonプライム1年間無料特典 多くの人が魅力に感じたのがこのAmazonプライムが1年間無料になるという特典ではないでしょうか?単純に考えて、「ギガホ」「ギガライト」にすれば4900円が無料になるということなので、とても魅力的な内容となっていますよね。 既にAmazonプライム会員となっている人の場合は有効期限が1年間延長という形となります。 ギガライトで「はじめてスマホ割」や「ドコモの学割」適用中の場合は対象外となったり、契約は個人名義で、更にdポイントクラブ会員に限るなど様々な条件があるため、こちらも必ず申し込み前にで確認するようにしてください。 Amazonプライム会員の特典は非常に豊富ですが、人気の特典としては主に下記のようなものがあります。 【Amazonプライム会員の主な特典】• 配送料無料• お急ぎ便・日時指定便無料• プライムビデオ• プライムミュージック• プライムリーディング• プライムラジオ• プライム会員限定セールや、タイムセールに早めに参加可能• Kindle端末を4000円引きで購入可能• Kindle本が毎月1冊無料• Amazonパントリー• Amazonフレッシュ• プライムナウ• プライムフォト この他にもまだまだお得な特典があるため、まだ一度もAmazonプライムを利用したことがないという人は無料体験からでもAmazonプライムを利用してみるのがオススメですよ。 なお、無料期間終了後は自動で有料となるため継続の意思がない場合には自動更新を停止することを忘れないようにしましょう。 得なのか損なのか確認する方法 「ギガホ」「ギガライト」のプランでスマートフォンを契約することが出来て、更にAmazonプライムまで1年間無料で利用出来るなんてお得でしかないように感じますよね。 しかし、場合によっては 支払額が増えることになるなど、損をしてしまう可能性もあるのです。 そもそも、Amazonプライムは年額が4900円です。 つまり、「ギガホ」「ギガライト」で契約した結果、408円以上月額料金が高くなってしまうようなら損をしてしまう可能性もあるのです。 もちろん、「ギガホ」「ギガライト」というプランそのものの魅力もあるので一概に言うことは出来ませんが、今既に現在契約中のプランで満足しているならば、プランを変更するのは待ったほうがいいかもしれません。 現在は4Gですが、この先次世代規格の5G向けに各社の料金プランはまたガラリと大きく変わると言われています。 もし変更するにしても今適用となっている「月々サポート(端末割引)」が終わるまでは現状維持のまま様子を見ているのがオススメです。 「それでもやっぱりギガホやギガライトに登録したい!」「とりあえずどのくらい料金が変わるのか確かめたい」という方はドコモ公式の「」を利用すれば 直近3ヶ月の利用状況から詳しいシミュレーションを行うことが出来ます。 料金プランや利用データ量など、自分の実際の利用状況に合わせたプラン診断が出来るため、その結果を見て「ギガホ」「ギガライト」にした方がお得なのかということを確認してみるといいでしょう。 Amazonプライム会員にお得に加入する方法 では、ドコモで「ギガホ」「ギガライト」を契約する以外ではどうすれば安くお得にAmazonプライム会員になることが出来るでしょうか? 以下の2つの方法があります。 Amazon Master Card ゴールドに加入する• 年会費オフキャンペーンを利用する Amazon Master Card ゴールドに加入する Amazonでは2種類のクレジットカードがあり、そのうちの1つの「 Amazon Master Card ゴールド」は加入することでAmazonプライムの年会費が無料になります。 つまり、カードを所有している間はずっとAmazonプライムを無料で利用し続けることが出来るのです。 ただし、 年会費が10000円もかかるため、Amazonプライム特典目的だけで加入することはオススメ出来ません。 (翌年度以降は「マイ・ペイすリボの登録で年会費半額」と「Web明細書への変更で年会費1000円引き」をすれば年会費は実質4000円にまで減額可能) Amazon Master Card ゴールドはゴールドカードならではの特典もあるため、気になる方はそちらもチェックしてみるといいですよ。 年会費オフキャンペーンを利用する 以前、AmazonではAmazonプライム会員の年会費1000円OFFキャンペーンを期間限定で実施していました。 しかしこのキャンペーンが開催されたのは2016年で、滅多に開催されることはないキャンペーンとなっています。 まとめ ギガホとギガライトについてくるAmazonプライム1年間無料特典はお得なのかどうかについてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか? 特典はAmazonプライム1年間無料だけでなく、Amazonでのd払いでポイント還元を受けることが出来るという特典もあるため、自分の使い方次第では得をすることも出来るでしょう。 自分が今どんな使い方をしているのか、これからどんな使い方をするのかなどをしっかり考えた上でプラン変更を行うのがオススメですよ。

次の

Amazonのクーポンコード・割引キャンペーン一覧【2020年7月/毎日更新】セール情報速報も!

ドコモamazonプライムギフトコード

エントリーサイトから申し込み 「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」に申し込むには、以下のから行います。 「ドコモのプランについてくるAmazonプライム」エントリーサイト このにある「STEP02 特典のエントリー」の「エントリーする」ボタンをクリックして、エントリーを行います。 特典へのエントリー エントリーを押すと、dアカウントへのログイン画面が開きます。 dアカウントへのログイン ここで、ログインを行ってエントリーができると「Amazonプライム特典を登録」ボタンの画面になります。 Amazonプライム特典を登録 ここで、「Amazonプライム特典を登録」ボタンを押すと、Amazonの画面に遷移します。 (ここからは携帯で申し込みを行ったのでスマートフォンの画面になっています。 ) Amazonへのログイン Amazonプライムに登録をしたいAmazonアカウントでログイン。 紐付けの確認 紐付けを行うとアカウントを確認して「ギフトコードを適用して会員を始める」ボタンをクリック。 Amazonプライムのアカウント適用が完了 これで、Amazonプライムのアカウント適用が完了。 Amazonプライム会員画面に変更 PCで見てもAmazonプライム会員向け画面に変わりました。 ギガホ、ギガホライトユーザーならすぐ申し込みを 手続きは非常に簡単ですし、申し込みをするだけでAmazonプライムが1年間無料になりますので、NTTドコモを使っていてギガホやギガホライトの契約をしているのであれば、ぜひ申し込みたいところです。 Amazonプライムに加入すると、お急ぎ便やPRIME VIDEO、PRIME MUSICが利用できるので、かなりお得です。 ただ、放っておくと1年後に自動継続してしまいますので、継続したくない場合は忘れないように更新日の前に解約をしましょう。

次の

【ドコモ】Amazonプライムの年会費を1年間無料にする方法

ドコモamazonプライムギフトコード

amazonギフト券を使う時はチャージタイプを除いてアカウントのマイページから事前に登録しなくてはなりません。 現金やクレジットカードと同様にamazonでの支払いに使えるようになっているためチャージ分の料金を差し引いてamazonの商品を手に入れられるといったメリットをはじめ沢山の利点が存在するのでその仕組を知ることでより便利に活用できることでしょう。 個人で購入することも出来ればプレゼントという形で第三者に提供することも可能なので、amazonギフト券を何らかの謝礼としてプレゼントしている企業者や業者も沢山存在しています。 様々な入手方法があるamazonギフト券ですから使い方など詳しく知りたいという方も多いと思います。 ここではamazonギフト券の正体である ギフトコードについて5つの知っておくべきルールをご紹介致しますので最後までお付き合いいただけたら幸いです。 amazonギフト券を使うならコードの登録が必要• アマゾンギフト券コードには有効期限がある• ギフトコードは再発行が可能• ギフトコードを伝えるだけで受け渡しは可能• 未登録ギフトコードは換金できる amazonギフト券を使うならコードの登録が必要 amazonギフト券にはコードと呼ばれているギフト券番号が存在しており、そのアルファベットや数字などの番号を入力することで自動的に会計時に割引が適応されるといったシステムが取られています。 つまり事前にアカウントに登録するというページ内で amazonギフト券の入力を怠ると、ギフト券が適応されない形で会計が済まされてしまうので注意すべき事のひとつとして覚えておくべきでしょう。 amazonギフト券にはいくつかタイプが有り登録しなくて良い例外となる種類があり、それがチャージタイプのamazonギフト券です。 チャージタイプのamazonギフト券は購入すると即座にアカウントに自動反映されます。 アマゾンポイントが多めに還元されるキャンペーンなどを行っている時にあえてチャージタイプを購入する方も多いのでこのタイプのギフト券は登録不要とおぼえておきましょう。 インターネットショッピングにおける最も主流のサイトといえば「Amazon」であることは間違いないでしょう。 以前は親戚や友人からのプレゼントとして、有名デパートやスーパーの商品券が選ばれることもありま... 発行されたギフトコードには有効期限がある 知っておくべきギフトコードのルールとして挙げられるもう1点が有効期限です。 amazonギフト券にもコードにも有効期限が設けられており、期限が過ぎてから登録を行おうとしても有効期限切れとして無効になってしまいます。 企業企画や登録への返礼などからギフト券を手に入れて番号が記載されているメールなどが送られてきたようなら、極力早めに登録を済ませて使い切ることが推奨されています。 マイページの開設やアカウント登録、ギフト券の維持などは全て無料で行えますのでしばらくインターネット通販での買い物を計画していない方でも、とりあえず ギフト登録だけは先に済ませておくべきだとイメージしておいてください。 これはアカウントに登録することで紛失などを避けるためです。 有効期限は登録してからも消えることはありませんのでお間違えのないように。 ただし 2017年4月24日以降に発行されたギフトコードに関しては10年間と非常に長い有効期限なので焦ることもないかもしれません。 有効期限と言えば複数のギフトコードを登録した場合は有効期限の早いものから使いたいと思いませんか? じつはこうした場合も 有効期限の近いものから自動的に使っていくので問題がないのです。 なので単純に期限だけしっかり把握しておけば有効期限は大丈夫なのです。 Amazonを利用する際によく利用されるのが「Amazonギフト券」です。 「ギフト券」という名はつきますが、親戚や友人などにプレゼントすることはもちろん購入者自身が利用することも多くあります。 ギフトコードは再発行が可能 3つ目の知っておくべきルールがコードの紛失や番号を忘れてしまったときの対処法です。 例えばメールでギフト券コードが送られてきたのでコピー&ペースト形式で登録を実施しようとしたものの、ちょっとしたミスで対象のメールを消去してしまいコピーも消えてしまったという場合には、即座にアカウント登録が出来ずに困ってしまいます。 そのような際には amazonのカスタマーセンターに問い合わせを行えば、最短で一日で番号を教えてもらえますので早急に連絡を入れると良いでしょう。 有効期限が過ぎてから連絡を入れても遅いからです。 ギフトコードを伝えるだけで受け渡しは可能 4つ目のルールはコードの受け渡し方法です。 amazonギフト券を大量に購入したものの余らせてしまったので家族に送りたい、そんな場合でもamazonのギフト券なら譲渡が禁止されていないので安心して受け渡すことが可能となっています。 ただし アカウントに登録する前のものに限るといったルールがありますので、一度自身のアカウントで登録してしまった金額分に関しては第三者に渡せないことも覚えておいてください。 未使用のギフトコードのみ個人間での移動が可能なのです。 コピペしてLINEで送る事もできるので非常に手軽ですね。 未登録ギフトコードは最大93%で換金できる amazonギフト券は実体がないので正確には金券とは言えませんが周知の通りアマゾンで買物ができるため金券の様に認識されています。 お金と同様に使うことができるためその価値から換金もできてしまうのです。 よくある金券ショップを思い浮かべると、商品券、新幹線のチケット、ライブチケットなど買取をしています。 実はamazonギフト券も買取してもらうことが可能なのです。 ただし店頭買取している店舗は少ないため専門の買取サイトを利用するのが主流となります。 スマホから数分で申込ができ 入金まで60分以内でできることから利便性が非常に高く、今、利用者は爆発的に増えています。 「amazonギフト券買取ってなに?」 「amazonギフト券買取のやり方ってどうしたらいいの?」 「amazonギフト券買取におすすめの業者って?」 amazonギフト券を換金して現金に変えたい方の... 中でもは買取保障も付いていて初めてギフトコードの買取を依頼する時にとても重宝されています。 また運営年数も長くデジタルギフトコード買取のパイオニアできるサイトですので信頼性は十分と言えるでしょう。 では登録してしまった ギフトコード残高も買取ってくれるサービスを開始しました。 どうにか現金化したい方は一度問い合わせてみる価値はあると思います。 他サイトで登録してしまったギフトコードを取扱っているケースはあまり聞いたことがありません。 このサービスはとてもありがたいものになるのではないでしょうか。

次の