自民党 比例 代表。 比例区 開票速報

衆院比例代表「73歳定年制」堅持を 多様性のある自民に

自民党 比例 代表

124議席の結果概要 自民党が選挙区38、比例代表が19の合わせて57議席で、前回3年前の56議席を上回りました。 立憲民主党は、選挙区9、比例代表8の合わせて17議席で、改選前の9議席から議席を増やしました。 国民民主党は、選挙区3、比例代表3の合わせて6議席を獲得しました。 公明党は、選挙区7、比例代表7の合わせて14議席で、前回・3年前と並び過去最高となりました。 共産党は、選挙区3、比例代表4の合わせて7議席でした。 日本維新の会は、選挙区5、比例代表5の合わせて10議席で、改善前の7議席を上回りました。 社民党は、比例代表で1議席でした。 初めて国政選挙に臨んだれいわ新選組は、比例代表で2議席をそれぞれ獲得しました。 NHKから国民を守る党は、比例代表で1議席を獲得しました。 無所属は、9議席となっています。

次の

参議院選挙の仕組みとは? 〜選挙区?比例代表?非拘束名簿式?ややこしい選挙制度をわかりやすく解説!〜

自民党 比例 代表

地域 [ ]• 、、、、 選出議員 [ ] による議席割り当て順に表示。 第48回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 80. 三浦靖の立候補(当選)に伴う議員失職により、畦元将吾が(2019年7月11日)。 第47回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 78. 高邑勉の選挙立候補(落選)に伴う議員辞職により、三浦昇が繰り上げ当選 (2012年7月13日)。 第44回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 59. 平岡秀夫の立候補(当選)に伴う失職により、和田隆志が繰り上げ当選(2008年4月23日)。 第43回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 なし - 前 2 1 1 97. この選挙より定数2名削減。 山田敏雅の長選挙立候補(落選)に伴う議員失職により、が繰り上げ当選(2003年8月6日)。 第41回 [ ] 政党 除数 議員名 名簿 順位 重複立候補 惜敗率 歴 1 1 1 なし - 新 2 1 1 なし - 前 3 自由民主党 2 2 なし - 前 4 自由民主党 3 3 なし - 前 5 1 1 62. 正森成二の議員辞職により、が繰り上げ当選(1997年11月)。 秋葉忠利の長選挙立候補(当選)に伴う議員辞職により、が繰り上げ当選(1999年1月)。 政党別当選者数推移 [ ] 年 自民党 新進党 民主党 立憲民主党 公明党 共産党 社民党 自由党 国民新党 維新 希望の党 合計 6 3 2 - - 1 1 - - - - 13 4 - 2 - 2 1 1 1 - - - 11 5 - 4 - 2 0 0 - - - - 11 5 - 3 - 2 0 0 - 1 - - 11 4 - 6 - 1 0 0 - 0 - - 11 5 - 2 - 2 0 0 - - 2 - 11 5 - 2 - 2 1 0 - - 1 - 11 5 - - 2 2 0 0 - - 0 2 11 注:-は立候補しなかった場合(政党等が存在しない場合も含む)、0は立候補したが当選者がいなかった場合をさす。 当選者が1度も出ていない政党等は省略。 政党の得票数 [ ] 第41回 - 第43回 [ ] 年 民主党 1,578,140 883,319 464,197 356,108 234,642 125,824 - - - 1,364,938 - 831,747 341,851 353,973 - 587,603 340,358 15,164 1,388,768 - 1,254,880 234,359 176,942 - 657,311 - - 第44回 - 第47回 [ ] 年 維新 1,537,080 1,196,971 658,702 330,546 247,073 215,636 - - - - - 1,388,451 1,704,242 555,552 208,208 244,761 156,291 32,319 - - - - 1,210,400 570,764 493,800 - 174,648 68,653 14,383 622,226 209,627 141,360 - 1,183,903 529,819 516,892 - 285,224 65,349 18,015 394,306 - - 109,016 第48回以降 [ ] 年 1,249,073 533,050 514,191 476,270 199,152 151,221 44,240 20,701 脚注 [ ].

次の

比例区 開票速報

自民党 比例 代表

衆院比例代表候補の「73歳定年制」をめぐり、自民党内で世代間バトルが勃発している。 70歳を超えるベテラン有志議員は12日、安倍晋三政権が掲げる「人生100年時代構想」などを引き合いに党執行部に定年制廃止を要請。 これに若手議員で構成する青年局が猛反発し、世代交代を促すためにも「定年制の堅持」を訴えている。 (広池慶一) 「年齢を問わず、候補者は全て選挙区と比例代表の重複立候補者として同一に位置付けるべきだ」 衛藤征士郎元副議長(79)は、二階俊博幹事長(81)と下村博文選対委員長(66)に定年制廃止を求める要請書を手渡した後、記者団にこう訴えた。 平沢勝栄広報本部長(74)や大西英男衆院議員(73)も同席し、二階氏は「速やかに処理すべきだ」と前向きに応じたという。 定年制は平成15年に小泉純一郎政権下で導入した。 衆院比例候補の選定基準を「公認時に73歳未満」とし、当時いずれも80代で比例単独候補としていた中曽根康弘、宮沢喜一両元首相にも厳格に適用。 しかし、選挙区と比例の重複立候補ができなくなり、落選のリスクを低くしたいベテランからは重複を認めるよう求める声があった。 要請書は「年齢によって優劣の差を条件にすることは、議会制民主主義に著しく逆行する」と主張。 若手に向け「高齢者の高き志に対し、果敢に挑戦し圧倒する意気込みと迫力を示してほしい」とハッパもかけた。 青年局は、さっそく真っ向から異を唱えた。 12日の定例会議で対応を協議し、衛藤氏らの申し入れから約1時間後に小林史明青年局長(37)が下村氏に対し「定年制の堅持」を強く求めた。 今後、地方組織の意見も踏まえ、二階氏にも申し入れる方針だ。 小林氏は記者団に「新しい人材がチャレンジできる機会を作るため、制度上、担保することが重要だ」と語り、枠に限りがある比例は若手のために空けるべきだと主張。 ベテランに定年のない選挙区単独での挑戦を促した。 ある70代議員も「70歳を過ぎて政治家をやっているのに(選挙区で勝てるだけの)地盤がないのか」と突き放し、ベテランも一枚岩ではなさそうだ。 外部サイト.

次の