上げる 挙げる。 「上げる」と「挙げる」の違いとは? <1分でわかる正しい使い方と意味>

【上げる/挙げる】編集の現場から

上げる 挙げる

「上げる」の意味と使い方 「上げる」の意味は幅広いです。 「上げる」の意味は「 位置、程度、地位、値段、順序を高くすること」です。 「ストーブを屋根裏部屋に上げる」「シャッターを上げる」などは、「人や動物、物を高い所に移動させる」という意味で使われています。 「手を上げる」「顔を上げる」など、「体の一部を上に動かすこと」も表します。 「課長に上げる」「高校に上げる」では、「今よりも高い地位やレベルに進めること」を意味します。 「音量を上げる」「温度を上げる」は、「程度を高くすること」です。 「名を上げる」「給与を上げる」などは、「 以前よりも優れた状態であること」を表します。 また「上げる」は元々「神様や目上の人に供える」という意味で使われていましたが、現在は「 他人に物を与える」という意味でも使われます。 例えば、「お菓子を上げる」「水を上げる」などと用います。 「上げる」は「 飲んだり食べたものを吐き出す」という意味もあります。 この場合は「犬がドックフードを上げる」と使います。 「猫を室内に上げる」「お客を座敷に上げる」ならば「 屋内に入れる」という意味です。 「 物事を終わらす」という意味では、「仕事を上げる」「中級を上げる」などと使います。 「仕上げる」「勤め上げる」などと、複合動詞として使うこともできます。 例文 「高くする」という意味 ・手を上げないと、一番上にある本を取れない。 ・売り上げを上げるには、まずお客さんに信頼されることが一番だ。 ・もう少しスピードを上げないと、時間に間に合わないだろう。 「物を与える」という意味 ・お手伝いをしてくれた子に、お礼としてお菓子を上げる。 ・読み終わった雑誌を妹に上げる。 「吐き出す」という意味 ・久しぶりにお酒を飲んでしまったせいか、上げてしまった。 ・姉は体調が悪いらしく、食べてもすぐ上げてしまう。 「室内に入れる」という意味 ・お客さんを座敷に上げて、待っててもらう。 ・寒いので、犬を室内に上げる。 「物事を終わらす」という意味 ・この件は今日中に仕上げないといけない。 ・定年まで勤め上げたAさんのために、送別会を開く。 「挙げる」の意味と使い方 「挙げる」の意味は「 はっきりと目立つ形で示すこと」です。 分かりやすいように、はっきりを示すことを表します。 例えば、「この映画は優秀作品賞候補に挙げられた」と使います。 はっきりと目立つ形で名前や物事を示しています。 「利益を挙げる」「効果を挙げる」など、 何らかの成果や業績を残すことを表します。 好ましい結果を残すことで、悪い結果の場合は使いません。 他にも、「犯人を挙げる」と、「 犯人や容疑者を捕まえる、証拠を見つける」という意味でも使われます。 「 力を出す」と意味でも使います。 「全力を挙げる」ならば「物事を進めるのに全力を出す」「出し尽くすこと」を意味します。 例文 「はっきりと目立つ形で示す」という意味 ・次期オリンピックの候補地として、五つの国を挙げた。 ・多くのファンに期待されていたその選手は好成績を挙げた。 ・来年、ハワイで結婚式を挙げる。 「犯人を捕まえる」という意味 ・現場に残された証拠を参考にして、犯人を挙げる。 ・ホシを挙げたが、見当違いだったらしい。 「力や能力を出し尽くす」という意味 ・良い結果を残せるように、全力を挙げる。 ・大会に出てる選手のため、町を挙げて応援する。

次の

「上げる」と「挙げる」の違いと使い分け方について解説

上げる 挙げる

SPONSORED LINK 「上げる」と「挙げる」 どちらも「あげる」と読むこれらの表現。 「上に移動させる」というだけの意味ではないのでしょうか? ここでイメージの仕方をしっかりと理解すれば、表現力に幅が出てくることでしょう。 早速意味の違いを見ていきましょう! 「上げる」のイメージ 上げるを使うのは 「 もともと下にあること」が前提となります。 辞書によると、上げるとは ある物を低いところから高いところに移動させること とあります。 ダンベルを上げる、物を棚の上に上げる、手を上げる などの使い方がそうです。 もともと下に敷いてあるものを片付けるときは、 「布団を上げる」「カーペットを上げる」 などといいます。 単純に物を下から上に移動させるときに「上げる」 は使います。 スポンサードリンク 「挙げる」のイメージ 「挙げる」の 最終目標とは 「目立たせること」だと覚えておきましょう。 挙げるという表現を使う場合、それは 人の目をこちらに向けたいとき、 または 人が思わず振り向いてしまうような成果を得たときに使います。 例を見てみましょう。 「例を 挙げて解説する」 「次期社長に〇〇さんの名前を 挙げる」 以上が目立たせることが目的の使い方です。 「下にあるものを上に移動させる」のとは明らかに違います。 大きな成果を得たときは 「ノーベル賞受賞という成果を 挙げる」 という使い方をします。 また、 組織ぐるみで物事に関わる場合も「挙げる」を使います。 「国を 挙げて協力する」「学校を 挙げてボランティア活動をする」 「体中の全細胞を 挙げて高揚している」などです。 少しごちゃごちゃしてきたので、 使い分け方とまとめを見てみましょう。 使い分け方とまとめ 事実を説明するだけの場合と、 認めてほしい思いからくる使い分け方はこうです。 共通した使われ方 「上げる」も「挙げる」も共通して使われる場合があります。 それは「 物事に全力で取り組む場合」です。 ・全力を上げる ・全力を挙げる この場合、どちらも同じ意味になります。 体の一部を動かすときも両方が使われます。 しかし、こちらは意味が異なります。 イメージの違いを見てみましょう。 上げる ・もともと下にあるものを上に移動させるときに使う ・単純な移動を表す場合に使う 挙げる ・目立たせるために上に移動させる場合に使う ・組織ぐるみで関わる場合に使う 共通点 ・体の一部を動かすときは「上げる」「挙げる」両方使う ・物事に全力で取り組む場合にも両方使う お疲れ様でした。 最近の人気記事• 328,897ビュー• 231,284ビュー• 229,640ビュー• 199,762ビュー• 168,495ビュー• 150,088ビュー• 115,588ビュー• 112,177ビュー• 68,320ビュー• 67,630ビュー• 61,026ビュー• 60,991ビュー• 57,995ビュー• 57,415ビュー• 54,524ビュー• 52,845ビュー• 48,315ビュー• 47,833ビュー• 47,644ビュー• 44,097ビュー• 38,704ビュー• 35,631ビュー• 27,611ビュー• 27,108ビュー• 25,713ビュー• 24,870ビュー• 23,045ビュー• 22,708ビュー• 18,692ビュー• 18,161ビュー• 17,994ビュー• 17,354ビュー• 16,337ビュー• 16,160ビュー• 15,781ビュー• 15,639ビュー• 15,176ビュー• 14,960ビュー• 14,597ビュー• 13,527ビュー• 13,005ビュー• 12,979ビュー• 12,328ビュー• 11,485ビュー• 10,443ビュー• 10,250ビュー• 9,968ビュー• 9,503ビュー• 9,227ビュー• 8,908ビュー• 8,825ビュー• 8,660ビュー• 7,630ビュー• 7,552ビュー• 7,418ビュー• 6,505ビュー• 6,503ビュー• 6,403ビュー• 6,337ビュー• 6,153ビュー 今までの人気記事一覧• - 376,099 views• - 253,934 views• - 232,817 views• - 208,962 views• - 185,778 views• - 168,002 views• - 137,726 views• - 130,504 views• - 79,538 views• - 78,322 views• - 73,079 views• - 69,228 views• - 68,148 views• - 64,489 views• - 62,492 views• - 61,597 views• - 60,554 views• - 59,467 views• - 53,029 views• - 50,923 views• - 45,081 views• - 44,758 views• - 39,892 views• - 36,993 views• - 32,170 views• - 30,379 views• - 30,371 views• - 29,751 views• - 29,359 views• - 25,408 views• - 24,294 views• - 24,080 views• - 22,043 views• - 21,989 views• - 20,868 views• - 19,900 views• - 18,068 views• - 17,420 views• - 17,281 views• - 16,748 views• - 16,522 views• - 16,462 views• - 15,951 views• - 15,549 views• - 15,301 views• - 14,363 views• - 13,908 views• - 13,873 views• - 13,756 views• - 13,419 views• - 13,309 views• - 12,840 views• - 12,647 views• - 12,070 views• - 11,311 views• - 11,121 views• - 10,620 views• - 10,308 views• - 9,894 views• - 9,856 views.

次の

Zoomの手を挙げる機能の使い方と使用例は?会議やセミナーでも大活躍!

上げる 挙げる

「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味 いくつかの辞書で「あげる」を引いてみましたが、その多くが同一の見出しで「上げる」「挙げる」「揚げる」を説明していました。 その中で、見出し語を分けて記載していた「日本語大辞典」を参考にさせていただきました。 また、漢字の使い分け等については、「日本語に強くなる本」「文化庁 新訂公用文の書き表し方の基準(資料)」「大辞林第三版」「朝日新聞の用語の手引き」「毎日新聞用語集」を参考にさせていただきました。 【上げる】 下がる(下げる)の対語。 終わる。 「本を棚に上げる」「腰を上げる」 ㋑程度を高める。 状況をよくする。 「生活水準を上げる」「腕を上げる」 ㋒価を高くする。 「値段を上げる」「運賃を上げる」 ㋓物音や名声などを高くする。 「名を上げる」「大声を上げる」 ㋔はっきり、それと示す。 「証拠を上げる」 ㋕食べた物をはく。 もどす。 ㋖進級・進学させる。 「子を高校に上げる」 ㋗物事をなしとげる。 仕上げる。 「仕事を月末までに上げる」 ㋘神仏に供える。 「おみきを上げる」「灯明を上げる」 ㋙客を座敷などにみちびく。 「座敷へ上げる」 ㋚すべて済むようにする。 「1000円で上げる」 ㋛(「与える」の丁寧語)進呈する。 「教えて上げて」「つれてって上げて」 「日本語に強くなる本」では、「上」の使い分けについて次のことが書かれてあります。 単独の動詞として、「品物を上げる」「物価が上がる」など。 複合動詞として、「浮き上がる」「繰り上げる」「伸び上がる」「飛び上がる」「つり上げる」「申し上げる」など。 補助動詞として、「仕上がる」「刷り上がる」「縮み上がる」など。 しかし、 「図書を貸してあげる」の「あげる」は 仮名書きにする表記習慣になっている。 この「…してあげる」について、「文化庁 新訂公用文の書き表し方の基準(資料集)」を見ると、「文部科学省用字用語例」に次のようにありました。 見出し 表外漢字・表外音訓等 書き表し方 備考 あげる 上げる 揚げる 挙げる …(て)あげる 物価が上がる、成果を上げる 船荷を揚げる、 歓声が揚がる 一例を挙げると、国を挙げて 本を貸してあげる このように、「…(て)あげる」と平仮名書きするのだとすれば、 「教えて上げて」は「 教えてあげて」 「つれてって上げて」は「 つれてってあげて」 となります。 列挙など。 おさめる。 「手を挙げる」 ここで迷ってしまうのが、 名声などを高くする意味での「名を上げる」と、 世に知らせる意味の「名を挙げる」の使い方です。 このことについては、「朝日新聞の用語の手引き」に次のように記載されています。 「列挙」とは「一つ一つ並べあげること」ですから、「名を挙げる」は「名を並べあげて、世間に知らせる」という意味になります。 「大辞林第三版」には ㋓話題となっているものを明確にするために、名称・事実・例・数値などを具体的に示す。 《挙》「次期社長の候補として三人の名を-・げる」「例を-・げる」 とありました。 「名を挙げる」の使い方としては、 「次期社長の候補として三人の名を挙げる」が分かりやすいですね。 【揚げる】 高く掲げる。 浮揚など。 「芸者を揚げる」 「日本語大辞典」には「物音などを高くする」という意味で「大声を上げる」とありますが、大辞林第三版には、 ㋑大きな声を発する。 《上・揚》「喚声を-・げる」「金切り声を-・げる」 とありました。 《上・揚》は、「上げる」でも「揚げる」でもよいということです。 ただ、前述の「文部科学省用字用語例」では備考で 「歓声が揚がる」という使い方を示していたので、公用文では「揚がる」を使った方がよいかと思います。 さらに、「朝日新聞の用語の手引き」と「毎日新聞用語集」も調べてみましたが、どちらも 「歓声を上げる」と示していました。 これらのことから、私文書等一般的な文書であれば、「歓声が揚がる」「歓声を上げる」のどちらを使ってもよいと理解しました。 まとめ 「上げる」「挙げる」「揚げる」の意味の違いと使い分けについてお伝えしてきました。 今回の ポイントをまとめます。

次の