パスタ 美味しい レシピ。 【美味しいパスタの作り方】おすすめの人気レシピ20まとめ:絶品で簡単&定番どちらもまとめ!

チーズパスタの人気・簡単レシピ!色々な具材と濃厚・美味しい作り方で

パスタ 美味しい レシピ

パスタの栄養について 私たちに身近なパスタといえば「乾燥パスタ」ですが、乾燥パスタの原材料の「デュラムセモリナ(デュラム小麦)」には、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミンB群の栄養素が含まれています。 ビタミンB群は糖質をエネルギーに変える栄養素で、炭水化物そのものに入っているのは驚きですね。 ごはんやとうもろこしにはほとんど含まれず、唯一デュラム小麦に多く含まれているので、糖質を気にする方やスポーツをする際に積極的に取り入れたいですね。 食後の血糖値を上昇するスピード(GI値)を白米やパンと比較すると値は低く、「ゆっくり血糖値を上げる」ということは過度なインシュリンの分泌を抑え余分な糖を体内に蓄積させない働きがあるので肥満防止に繋がります。 パスタはダイエットにぴったりな食材と言えるでしょう。 パスタの太らない食べ方について パスタのGI値は白米などと比べ低いですが、炭水化物に変わりはないので、糖質の吸収を緩やかにするため食事の最初にサラダやスープを食べることをおすすめします。 ソースを選ぶ際に、クリーム系のソースには生クリームやバターを使用しているため脂質が多くなってしまいます。 肌や血管の老化を防ぐリコピンがたっぷり入ったトマトを使用したソースや、アンチエイジングが期待されるビタミンEを多く含むオリーブオイルを使用したペペロンチーノなどがおすすめですよ。 具材で肉類や魚介類が入ると脂質もプラスされ、さらに野菜やキノコが入ると、ビタミンや食物繊維が摂れるため、パスタ一皿で栄養満点ですね。 うどんや蕎麦などの麺類と違い、パスタは具材がたくさん入るため咀嚼回数が増え満腹感が増しますのでダイエット中に意識して食べたいですね。 パスタを茹でている間にフライパンにオリーブオイルを入れ、玉ねぎ、ミニトマトを炒め、塩コショウを振ったら酒、エビ、ホールトマト、豆乳を加えて煮込み、パスタと絡ませて完成です。 お好みで野菜と一緒にエビも炒めると香ばしさが出ますよ。 パスタを茹でている間にソースを作ります。 トマトと玉ねぎは粗みじん切りし、油は入れずに中火で蒸し煮し、水分が出てきたらツナ缶を入れ塩コショウを振り味を整えたらパスタの上に盛り付け、お好みで粉チーズ、ブラックペッパーを、バジルを振り完成です。 よりヘルシーに作る場合はツナ缶なしでもさっぱりと仕上がりますよ。 日本生まれのパスタ料理「ナポリタン」は、戦後の横浜で発祥したと言われています。 ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなどの具材を炒め、ケチャップで味付けし、パスタをあわせて炒めると、トマトの甘い香りが食欲をそそりますよね。 ケチャップで味付けするので、簡単に作れるのも魅力の一つ。 作り方がシンプルなので、アレンジは自由自在。 家庭によって味や具材が変わる料理です。 この記事では、ナポリタンの基礎知識に加え、基本のナポリタン、和風ナポリタン、ナポリタンのアレンジ、パスタ以外の麺で作るナポリタン、変わり種ナポリタンにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

【試作検証】テレビでも話題の「水漬けパスタ」は本当に美味しいのか!?

パスタ 美味しい レシピ

スポンサーリンク パスタの作り置きで伸びない方法! パスタは手軽に食べれる食材ですが、お湯を沸かして、それから麺を茹でて…と意外と時間がかかって面倒。 パスタだけいっぺんに茹でて、取って置けないのかな?って思うことありますよね。 でも、茹で上がったパスタをそのまま置いておくと、伸びたり、食感もパサパサになってしまいます。 パスタはちょっとした工夫をすれば、茹で置きしておいて、後で食べることが出来ます。 伸びたり、パサつきを防いで、茹でたて食感をキープするコツをご紹介します。 パスタの作り置きで伸びない方法! 1 オリーブオイルを絡ませる 茹でたら、水気を切ってすぐに オリーブオイルを絡ませましょう。 オリーブオイルを絡ませることで、パサつきとくっつきの両方を防ぐことができます。 茹で上がったパスタがくっつく原因は、麺の周りのたんぱく質です。 オリーブオイルを絡ませることで、パスタの周りのたんぱく質を包み込んで、パスタ同士がくっつかないようにします。 さらに、オイルのコーティングにより、水分の蒸発も防いでくれます。 オイルを絡めた後は、お皿に盛りつけて、ラップをかけて冷蔵庫へ入れておきましょう。 また、茹でるお湯に、前もってオイルをいれておくという方法もあります。 この場合は、オイルを多めに入れることになります。 カロリーが気になる方は次の方法をおすすめします。 2 水で洗う パスタを茹でた後、ジャブジャブと 水で洗ってしまいましょう。 「冷やしうどんやそうめんじゃあるまいし、パスタを洗うなんて!」と思うかもしれません。 ですが、洗うことで、 パスタの周りの余分なたんぱく質を落とすという効果があります。 タンパク質を落とすことで麺がくっつきにくくなります。 また、熱いままのパスタは余熱で、さらに火が通って柔らかくなってしまいます。 水で洗うことで、茹でたてのアルデンテの食感をキープすることも出来ますよ。 洗った後は、十分に水切りをして、オリーブオイルまたはソースで絡めておきましょう。 水で洗ってからオイルを絡めた方が、直接オイルをかけるより、使うオイルは少なくて済むはずです。 1人分ずつお皿に盛り、ラップをして冷蔵庫で保存します。 3 茹でたお湯の湯気を利用する ちょっとの間だけ、茹で置きしておきたい。 というような場合には、こちらの方法をおすすめ。 水切りしてザルなどに入れたパスタを茹でた鍋の上に、ザルごと乗せます。 そのまま蓋をして、ゆで汁の蒸気を当てて、パサつき予防をします。 オイルもいりませんし、捨ててしまうお湯を活用できます。 ただし、長時間そのままにしておくと、余熱で茹で上がってしまうので、のびてしまいます。 短時間か、または茹で時間を短くしておくとよいでしょう。 パスタを茹で置きしておく場合は、湯で時間に注意! パスタを作り置きや茹で置きしておく場合、茹で時間がポイントになってきます。 すぐに食べる場合は、パッケージに書かれている湯で時間でOKなのですが、 時間を置いてから食べる場合、温める際の熱で火が通り過ぎてしまいます。 (水洗いしない場合は、冷めていく時の予熱の分も) なので、パスタを作り置きや茹で置きする際は、 指定された茹で時間よりも1分ほど短めに茹でましょう。 そのあと、水洗いして、オリーブオイルを絡め、タッパーかお皿にラップをして冷蔵保存します。 作り置きしたパスタの賞味期限や温め直す時は? 茹で置きしたパスタの期限は? 冷蔵庫保存の場合は1~2日 スポンサーリンク 冷蔵庫の場合、1日~2日が美味しく食べられる期間です。 それ以上になると、食感が変わってきてしまいます。 多少は我慢できるという方は、3日でも大丈夫ですが、腐敗していないかを確かめてから調理しましょう。 ・酸っぱいような臭いや味になっていないか? ・赤や緑の色がついて、カビが生えてはいないか? を目安に確認してください。 少しでも様子がおかしい時は食べないでくださいね。 作り置きしたパスタを食べる時は? 作り置きしたパスタを温める時、パサパサになるのは避けたいですよね。 温める際もちょっとしたコツを押さえて美味しく温めましょう。 電子レンジの場合 作り置きしたバスタを食べる時は、水をかけてから、電子レンジで温め直すとぱさつきを抑えることができます。 量にもよりますが、 水を大さじ2~3杯かけて、600wで1分程度が目安です。 フライパンの場合 または、温め直すときに、フライパンでソースと絡めながら炒めるのも美味しく食べることができます。 ぱさつきを感じる時は、フライパンで温める時に、 パスタを茹でた時の茹で汁を少し加えると、パサパサが緩和しますよ。 パスタの作り置きに向いているレシピやソースは? パスタの作り置きを美味しく食べるにはソースはかけても大丈夫? パスタの作り置きや、茹で置きをする際に美味しく食べるには 基本的には ソースと麺は別に用意しておき、 食べる直前にかけたり、混ぜたり、和えたりする ことがコツです。 トマトソース ミートソース バジルソース たらこソース などは別に用意しておき、食べる直前にかけたり和えたりしてくださいね。 麺が伸びて美味さが半減してしまうので、食べる直前に和えましょう。 フライパンで温めるレシピだとベスト 食べる直前にフライパンでソースなどと一緒に炒めるタイプのレシピだと、 麺を温めることも一緒に出来て、しかも美味しく温められるので、一石二鳥ですね。 カルボナーラ クリーム系パスタ ペペロンチーノ ナポリタン などのレシピは、フライパンで温めながら絡められるレシピです。 ぱさつきを感じる時は、茹で汁を取っておいて、フライパンで温める時に、 茹で汁を少し加えると、パサパサが緩和しますよ。 ソースと絡めて作り置きしておいても大丈夫なレシピはある? ナポリタン もし、食べる直前に混ぜたり和えるのも面倒! 子供が食べるから、仕事で疲れているなど、 もう温めるだけで食べられるようにしておきたい!という時、ありますよね。 そういう時、ソースと絡めてもおいても大丈夫で、 しかも茹で置きした麺に一番向いているレシピは 「ナポリタン」です。 ナポリタンは、芯が残ったアルデンテよりも、芯がなく柔らかいもちもちした麺の方が向いています。 なので、茹で置きした麺にピッタリ! 喫茶店なども茹で置きした麺を使うことが多いですし、店よっては、あえて前日に茹でて、 一日置いてから次の日に提供するお店もあるぐらいなんです。 ナポリタンなら作り置きしておいても、レンジチンなどの温め直しで美味しく頂けます。 ペンネは伸びにくいパスタ。 まとめ 以上、パスタの作り置きや茹で置きについてご紹介しました。 賢く使って時間と費用を節約しちゃいましょう! こちらの記事もどうぞ.

次の

パスタの作り置きで伸びない方法!美味しい作り置きレシピやソース♪

パスタ 美味しい レシピ

2020. 「おしょぶ~のレシピ」のカテゴリーでお送りします。 わたしがよく行くスーパーは、あまりイカを扱っていませんが、この日はめずらしく丸ごとの「するめイカ」を売っていたので買いました(ヤッターマン!ww)。 島根県産・大きさ・鮮度で判断して298円税別は良心的な価格だと思います。 ただ、メニューに悩みました。 カッコよく「イカ墨スパゲッティ」がつくりたいところですが、実はするめイカは「墨」自体が少ない種類で向きません。 (向いているのは、コウイカ目のイカ) そこで、今回の記事では「イカ墨」ならぬ「イカわたスパゲッティ」のつくり方をご紹介したいと思います。 スパ麺 100g• 玉ねぎ(スライス)30g• 打ちねぎ 適量• バター 10g• お酒 大さじ1• しょう油 5ml• オリーブオイル 適量(たっぷり 笑 )• 鷹の爪 1本• にんにく 1片(桃屋刻み使用)• 細い筋の様に見えるのが「墨袋」でそれがへばりついている大きな内臓が「わた」です。 「わた」は地域や料理人によって「肝」・「ゴロ」・「腑」などと呼ばれていますが、要はイカの内臓の可食部と思って頂ければ、一般の方なら問題ないです。 指でさぐると胴体と内臓を繋いでいる箇所がわかりますので、そこを指で外します(簡単に外れます)。 つなぎ目が外れたら、胴体部分とゲソ部分をそれぞれ持って、 ゆっくり引っ張るだけです。 おしょぶ~の文才では、この部分を書いて説明するのは難しいので 笑 、下に貼りました YouTubeのレシピ動画に「わた」「墨袋」を取る部分だけ収録しましたので、参考にしてください。 次に頭と内臓を切り離します。 それから、頭(目の部分辺り)とゲソを切り離します。 頭とゲソを切り離した断面に、ちょうど「くちばし」があるので、それも外します。 手で簡単に押し外せます。 トンビと呼ばれる事もあり、硬いですが一応「可食部」です。 ただ、今回の料理には使いません。 あと、「わた」の先の部分も切り離します。 ここは食べられません。 墨袋は根元部分を指でつまんで、 そーっと 笑 引っ張れば外れます。 ただし、力を入れすぎて破らないでね。 その辺が真っ黒になりますよ!(苦笑) 次にゲソです。 わたしは「触腕(2本長いのがある)」の先を落として料理しますが、加熱料理なので食べても問題ありません。 イカの吸盤には、角質の輪(リング)みたいなものがあり、食べると歯に当たり食感がよくないので、キッチンペーパーなどでこすり取って下さい。 後は、ゲソをキレイに洗い、食べやすい大きさにカットして下さい。 次に「わた」の入った袋を包丁で破り、中身を器に入れます。 袋も可食なのでそのまま入れて大丈夫です。 墨とわたを、お酒で溶きほぐして行きます。 料理酒です^^ やっと、「イカわたソースの素」が完成しました 笑。 では、つくって行きましょう。 ココからは一気です^^ふふ。 まだ火をつけない状態のフライパンに、オリーブオイル・にんにく・鷹の爪を入れて、それから火を弱火でつけて、香りを出して下さい。 香りが出たら玉ねぎを入れて、炒めます。 玉ねぎにある程度火が入ってから、イカを入れて合わせ炒めして、塩コショウ(下味)をふります。 イカわたソースの素 バター、このタイミングでスパ麺が茹で上がれば理想^^ふふ。 スパ麺を入れて、混ぜ合わせます。 ここでしょう油を入れて、混ぜ合わせて「味見」をしてください。 物足りなければ、塩コショウ• 濃い様であればパスタの茹で汁 で、味を調整して、最後にオリーブオイルを回しかけて完成です。 すごく、肴になる味です。 子供の支持者は少ないと思う(爆)。 このパスタをどう言う「属性? 笑 」の人に食べて頂きたいか…• さんまの塩焼きの「はらわた」が好きだ!• 刺身を肝しょう油で食べるのが好きだ!• 白ワイン好き! このうち、2つあてはまる人には絶対美味しいと思うので、時間のある時にでもチャレンジして下さいね^^ふふ。 白ワイン合います。 普通に晩ごはんの気分でやるなら、ぶっちゃけ「邪魔くさい 笑 」ので、お料理趣味気分の時が良いと思います。 こちらは、オーソドックスに多くの人が好む味だと思いますので、また機会を見つけてご紹介しますね^^ふふ。

次の