アドセンス 審査 落ちた。 Google Adsenseの審査に落ちた原因と通過するコツとは?

コロナでアドセンス審査できません?私はアドセンス申請したその日に合格しました。

アドセンス 審査 落ちた

【2020年版】Googleアドセンスの審査とは? Googleアドセンスは、 ブログを見ている人が広告をクリックすることで、ブロガーに報酬が発生します。 広告を取りまとめているGoogleは、 ブログが広告主とユーザーにとって有益であるかどうかを判断するために独自の審査基準を設けています。 審査基準は難化しているともいわれていますが、審査を通過させるために行うべきことは明確で、Googleの理念をもとに ユーザーにとって見やすく、わかりやすく、そして有益な記事を書くことが重要です。 【2020年版】Googleアドセンス審査を申請する前の準備 Googleアドセンスを始めるには、ご自身のブログを持ってないといけません。 おすすめなブログはWordPressです! なぜなら、WordPressとGoogleアドセンスの相性が抜群だからです。 WordPressはアドセンスのカスタマイズ性と収益性が高いのが特徴。 【2020年版】Googleアドセンス審査に通りやすいのは「ジャンルに特化したブログ」 Googleアドセンス審査に通りやすいブログは 1つのジャンルに特化したブログです。 ブロガーの日常での出来事が書かれた雑記ブログよりも、 ひとつの事に焦点を合わせたブログの方がGoogleに「広告を掲載したい」と思わせることができるためです。 前述のとおり、Googleアドセンスの審査に通るには、ユーザーにとって有益な情報「ユーザーにとって必要な情報が書かれていること」が書かれていることが重要です。 ブログを書く上で、自身の経験や興味のあることをテーマにすると、自然と筆が進みますのでオススメです。 【2020年版】Googleアドセンス審査に通りにくいのは「規約に違反しているブログ」 アドセンス審査に通りにくいブログは 規約に違反しているブログです。 Googleアドセンス公式がそのように発表しているためです。 アドセンス規約には、「禁止コンテンツ」と「アドセンスの配置」について記載があるため、このルールに違反しているブログは審査に通らないということです。 Googleアドセンスにて禁止とされているコンテンツ 以下、アドセンス審査に通らないコンテンツです。 アダルトコンテンツ・・いかがわしい内容を含んだ性的な表現は禁止となっています。 危険または中傷的なコンテンツ・・人に対して誹謗中傷する内容は禁止です。 危険ドラッグおよび薬物、お酒、タバコに関するコンテンツ・・違法薬物や、それに準ずる脱法ドラッグも禁止です。 ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ・・オンラインカジノや、競馬、スポーツのブックメーカーなどが禁止されています。 医薬品に関連するコンテンツ・・オンライン薬局や、特定の成分が含まれたサプリメントなどの紹介が禁止されています。 ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ・・ソフトウェアや、サーバーなどに不正アクセスするための手順などが書かれたものは禁止されています。 報酬プログラムを提供するページ・・ポイントサイトや、各種ポイントを現金に変えるためのサイトの紹介、リンクの紹介などが禁止されています。 不適切な表示に関連するコンテンツ・・虚偽や、不確かな情報をもとに、記事を書いてはいけません。 暴力行為や、グロテスクな表現を含んだコンテンツ・・出血や、ケガなどを投稿することが禁止となっています。 武器および兵器に関連するコンテンツ・・爆発物や、ピストル、殺傷能力の高いサバイバルナイフなどの販売や紹介が禁止されています。 不正、違法行為を助長するコンテンツ・・海賊版製品の販売、紹介など法律に違反するような行為に関する記載が禁止されています。 Googleアドセンス広告にて禁止されている広告表示 以下、禁止されているアドセンス広告の表示方法です。 審査通過後に意識して欲しいので、こちらの内容も合わせて把握しておきましょう。 偶発的クリックの誘導や広告の不自然なアピール・・サイト内の他のコンテンツに似せて、アドセンスのクリックを誘発させる表示は禁止されています。 スクロールしなければ見えない位置にコンテンツを配置したサイトレイアウト・・見出しの下に広告を掲載したり、広告の配置によってコンテンツが見にくくなってしまう表示が禁止されています。 画像と広告の並列配置・・サイト内の画像と、広告が紛らわしくなってしまうため、広告と画像を分けて表示する必要があります。 手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページでの広告掲載・・エラーページや、手続きの完了が表示されるページでの広告が禁止されています。 動的なコンテンツが主な要素となっているページやサイトでの広告掲載• ソフトウェアアプリケーションでの広告掲載・・ブラウザのアプリケーションなどを通じて、広告のクリックを促すことは禁止されています。 別ウィンドウでの広告掲載・・クリックされたページを別のタグで開くようにする設定は禁止されています。 ページに第三者のサイトを表示・・第三者のサイトを表示するページに広告掲載をすることが禁止されています。 「Google」で検索した際に、右上に表示される「ログイン」ボタンから作成を行うことが可能です。 Googleアカウントは、ケータイ電話の番号に紐づけられます。 SMSで本人確認が行われるので、ケータイ電話を準備しましょう。 自分のブログのURLと紐づけたいメールアドレスを入力します。 郵便番号を入力すれば、アパート名などを残して他の情報が自動的に表示されます。 Googleアカウントの作成で設定した電話番号にSMSを通じて認証コードが届くので、そのコードを入力するとGoogleアドセンスでの本人確認が完了します。 サイトにコードが張り付けられたら、「サイトにコードを貼り付けました」にチェックを入れます。 【2020年版】Googleアドセンス審査の期間はサイトの有益性で区別される アドセンス審査に要する期間は、 Googleの審査基準によって優先順位が付けられています。 具体的には、 短期、中期、長期の3つに分かれており、短期では1日、中期だと1週間ほど、長期だと数週間〜数か月ほど審査に時間がかかることもあるのです。 審査で優先されるのは 悩みや課題を解決するための記事を書けているかどうか。 それを押さえていれば有益性が高いと評価され審査機関が短くなります。 読んでいる人にとって価値が感じられない内容であったりGoogleの禁止事項に該当していると審査が長くなり、落ちる確率も高くなります。 【2020年版】Googleアドセンス審査に落ちた人がやるべき合格のコツ Googleアドセンスの審査に落ちてしまった方は、以下2つを考えましょう。 【2020年版】Googleアドセンス審査に通らない時にやるべき10の事 アドセンス審査に通らない時にやるべき対策を10つ紹介します。 Googleアドセンス審査に落ちた原因1:記事が足りない アドセンス審査に落ちた時、記事数が20記事未満だったら 最低20記事は作っておきましょう。 断言はできませんが、審査基準において記事数は審査の期間にも影響するため、基準に満たしていないと落ちる可能性があるからです。 Googleが評価するのは、 継続してブログ運営が出来るかどうか。 5、6記事で審査に通ったというブロガーの声も聞きますが、一度審査に落ちてしまうと再審査が難しくなる可能性もあるので、安全策として20記事は書いてから申請しましょう。 Googleアドセンス審査に落ちた原因2:文字数が足りない ユーザにとって価値のある文章を 1000文字以上を目安に書いてみましょう。 十分な情報量じゃない、すなわち 文字数が少ない場合はGoogleアドセンスの審査に受かりにくいです。 アドセンス審査の合否はユーザーにとって有益な情報があるかどうかですが、500文字程度の記事では情報が十分とは言い難いです。 文字数が3000文字の記事でも、日本語がおかしくなっていたり、同じ文章がいくつも並んでいる記事だとユーザビリティが悪いと判断されしまうので、もう一度記事を読み返してみることをおすすめします。 Googleアドセンス審査に落ちた原因3:記事内に企業名が入ってる 記事内に 企業名が入っている場合はなるべく消しておきましょう。 Googleアドセンスの審査において企業名の有無で通過の可否が変わると言われています。 広告を掲載する側にとって企業名が入っていることは、記事内にアドセンス広告のクリック率を下げてしまう要因になります。 記事を書くときは、特定の企業名は入れないことを注意しましょう。 Googleアドセンス審査に落ちた原因4:コピペコンテンツがある コピペコンテンツはアドセンス審査に通りません。 ブログ内にコピペされたコンテンツがあると、 オリジナル要素が低いと判断されアドセンス審査に落ちる要因になるからです。 Wikipediaや、その他サイトから文章を引用する際は、きちんと引用タグを使いましょう。 また、ブログ内に重複した記事があるのもNGです。 オリジナルの表現を心がけてください。 無料で利用できるもあるため、記事を投稿する前にチェックしてみるのがオススメです。 Googleアドセンス審査に落ちた原因5:アフィリエイトリンクを貼っている A8. netを始めとした、 アフィリエイトリンクが貼ってあるとgoogleアドセンスの審査に落ちる原因となります。 理由は、企業名が記事に入っている場合と同様、 他の広告があるとアドセンス広告のクリック率を下げてしまうからです。 記事内にアフィリエイトリンクが張られている場合は、その部分を削除してからアドセンス申請を行うように注意が必要です。 Googleアドセンス審査に落ちた原因6:衝撃的なコンテンツはないか 暴力的な表現や画像があるとGoogleアドセンスの審査に不適切です。 googelの規則にあるように、ユーザーが不安や嫌悪を感じる表現や画像が禁止されています。 ケガの写真などグロテスクなものや、過度な性的表現などが記事に入っている場合は削除しましょう。 Googleアドセンス審査に落ちた原因7:著作権侵害に引っかかりそうな画像あり インターネットで見つけた画像をそのまま使用している場合は注意が必要です。 アドセンスのにも記載されていますが、無許可で著作権のある画像の使用するのは著作権侵害に当たるので厳禁です。 画像を使用する際は、フリー素材やオリジナルの画像を使用しましょう。 Googleアドセンス審査に落ちた原因8:運営者情報がない 運営者情報が記載されていないブログはアドセンス審査に落ちやすいです。 運営者情報はブログの信頼性に繋がるからです。 本名・職業・経歴など、あなたがどんな人物なのかが分かる情報が必須です。 Googleアドセンス審査に落ちた原因9:お問い合わせフォームがない アドセンス審査において お問い合わせフォームは重要です。 こちらも運営者情報と同様、ブログの信頼性に左右される項目なのです。 設置されていない場合は、固定ページを作成して準備をしましょう。 Googleアドセンス審査に落ちた原因10:プライバシーポリシーがない プライバシーポリシーがなくても審査に受かった事例はたくさん聞いていますが、プライバシーポリシーは設置しておいて損はありません。 本来プライバシーポリシーは、アドセンス広告を設置するときに必要な情報なので、どうせなら審査前に作っておきましょう。 プライバシーポリシーには、自身のブログや他サイトへのアクセスに関する内容やアフィリエイトプログラムの利用といった文面を記載します。 【2020年版】Googleアドセンス審査に合格して収益化しよう! 上記で紹介した 『Googleアドセンス審査に通るコツと、落ちた時の対処法10個』を実践すると、審査に通る可能性を高めることができますよ。 最後にもう一度内容を確認しましょう。 Googleアドセンス審査に落ちる原因と対処法は10個です。 I have been surfing on-line more than three hours nowadays, yet I never discovered any attention-grabbing article like yours. It is lovely worth enough for me. In my view, if all webmasters and bloggers made excellent content material as you did, the internet shall be much more helpful than ever before.

次の

Google Adsenseの審査に落ちた原因と通過するコツとは?

アドセンス 審査 落ちた

Googleアドセンス、やっとやっとやっと合格しましたー!!!! 私は2020年4月1日にブログを開設してから、他のブロガーさんと同様、Googleアドセンスに合格することを目標の1つに頑張ってきました。 しかし、4月から何度も申請してみたものの、結果は コロナの影響で審査できないとのことで不合格続きでした。 正直、不合格続きでやる気をなくしていきました。 また、「コロナのせいで審査できない」という言葉に甘え、あまり改善をしないままに何度も連続申請を続けていました。 しかし、 最後の審査1回前は色々試行錯誤して変えて申請した結果、10回目でようやく合格できました!! 今回は、最後に何を変えたのか自分の備忘録のためと、そして、これがもし誰かの合格のヒントになれば嬉しいなと思い、記事にまとめます。 受かった時点の情報 まずは、私が Googleアドセンスの審査に受かった時のコンディションは、下記の通りです。 下記の内容が、元々最初から気をつけていたことです。 1記事あたりの文字数は基本2000文字以上• 記事は10記事以上• アイキャッチ画像以外にもところどころに画像を挿入• 記事内容は、読み手の疑問解決するような内容を意識• 文章は、だらだら書かずに構造を意識• お問い合わせフォームの設置• プライバシーポリシーページの設置 いたって、普通の内容ですね。 しかし、この状態で申請を出している間は、合格通知が来ることはありませんでした。 それでは、次に最後の審査前に変えたことを見ていきます。 最後の審査前に変えたこと 9回不合格した時と、10回目で合格した時にはいくつか変えたことがありました。 正直、それらがいかに影響があったかは定かではないです。 しかし、私がコロナが理由に落とされている間、他に受かっていた人がいることも考えると、審査をしてもらえる前の段階の基準チェックではねられていたとも考えられます。 そうだとすると、 下記のどれかが合格に影響したポイントのような気がします。 再審査まで2週間開けた この「2週間開ける」というのは意味がないという説もありますし、実際に開けずに受かってる人もいますよね。 しかし、 短期間に頻繁に申請をしていると、申請をしても数時間後などすぐに不承認の結果が届くようになることがある、という事実もあるそうです。 実際に私も、落ちては再申請、というのを繰り返していました。 9回目に落ちた際に、どうせもうそんなに急いでもどうしようもないし、ダメ元で2週間開けてみようと思いました。 そして、この2週間開けたこと自体が意味があったかは分かりませんが、 この間にとことん改善しようと腰を据えて作業できたという事実があります。 他にも、コロナで自粛真っ只中(4月頃)に受かっていたブロガーさんにも、何を変えたかと質問したらこれを言ってました。 何をしても本当にだめだ!という人は いったん頭を冷やす意味でも、試してみる価値があるかもしれませんね。 5記事追加した(その前17記事) 記事数自体は、10記事にも満たなくて受かってる人もいますし、合格に影響した要因とは考えていません。 ただ、上記にも書いた通り、私の場合は再審査まで2週間開けた間にも、3日に1回くらいは記事を更新していたということです。 審査に受からないからと、更新を辞めてしまう人もいますよね。 チェックする記事が多くなるからと、その考えも分かります。 しかし、それだと 審査が全ての目的になってしまい、すごくストレスがたまってブログ自体が嫌になってしまうのではないでしょうか。 だから、それでブログが嫌になるくらいなら、個人的には審査に受からない間もマイペースに更新は続けたほうがよいのではと思います。 これは、 更新し続けても問題なく受かる、という参考にしてください。 NGワードの再チェックをした NGワードのチェックなんて、こんなの当たり前だろうと思われる方もいるでしょう。 もちろん、私も 事前に 規約 違反になる例やNGワードをチェックしていました。 しかし、その時はこんなの記事に書くわけないだろうとも思っていましたし、チェックが曖昧になっていました。 もちろん、実際に規約違反のワードのものを勧める記事はありませんでした。 しかし、ブログの検索機能で念のため ワード検索してみると、ヒットするワードがあったのです。 それは、話の流れ上、そのワードが一瞬だけ登場してしまっていたのでした。 そのため、 それらは 別の表現に変えて、あやしい言葉はいったん全て排除しました。 みなさんも、もちろん自分は大丈夫と思っているかと思いますが、一度検索をかけてみると「まさか・・・」ということもあるかもしれませんので、是非念のため試してみてください。 ブログの見た目や体裁を整えた ざっくり言うと、ブログの見た目や体裁を整えました。 具体的には以下の内容です。 カテゴリーの未分類を削除• サイドバーのメタ情報削除• サイドバーのアーカイブ削除• 404エラーページの削除• 検索結果画面に出てくるHello Worldの削除 特に、 404エラーページの削除は、他のブロガーさんたちでも、合格の決め手 になったと言ってる人たちもいます。 削除がまだできていない人は、削除してみてください。 ちなみに、固定ページの「Hello World」は実際のページを削除していても、しばらく検索結果画面に表示されることがあります。 これは、Googleに削除依頼を出すと消してくれます。 <おまけ>審査に関係なさそうだと感じたこと 最後に、自分が審査に合格した時の情報を元に、これは 審査には関係なさそうだと感じたことをお伝えします。 あくまで私の体験からの推察なので、参考程度にしてください。 アイキャッチ画像の写真内容 アイキャッチ画像の写真についてですが、自分のオリジナル写真を使ったほうがよいという説もありますよね。 しかし、私は22記事中22記事全て、 インターネット上にあるフリー素材を使用していました。 よって、この点は審査には関係ないと考えます。 なので、現在同じようなフリー素材を使ってる人は、ここを変えることよりも、他の改善ポイントを探した方がよいでしょう。 記事のテーマ 記事のテーマは1つに絞った方がよい、雑記ブログは受かりにくいという説もありますよね。 私の場合、大体は「旅」というテーマで記事を書いていましたが、最後の審査前は逆に違うカテゴリーの記事も増やしていました。 そういう意味では、あくまで 「こんなことに興味のある読者に訪問してほしい」というざっくりしたイメージが持てるようなブログになってればよいのではと思いました。 つまり、毎回毎回テーマの違う記事はちょっとどうかと思いますが、 数個に絞ったテーマであれば問題ないような気がします。 なので、テーマがたくさんありすぎる人は、記事をいくつか非公開にして、テーマを絞ってみてもよいかもしれません。 また、 雑記ブログがダメな説の理由としては、内容が日記のようなものになっていて読み手の問題解決をする内容になっていないものも多いから、というのも聞いたことがあります。 記事の内容が日記調になっている人は、その記事を非公開にするか、書き方を直してみてはどうでしょうか。 PV数 PV数は、少ないよりは多いほうがよいだろうと思い、「ブログ村」のランキングに参加をしてみました。 それを考えると、 PV数は合否には関係ないような気がします。 実際に、他のブロガーさんたちも、そう言っている人たちが多いですね。 まとめ 以上、私がGoogleアドセンスに合格した時の状況、元々気をつけていたこと、合格前に変えたことでした。 正直、私も何回も不合格通知が来て、正直途中はやる気をなくしたこともあります。 ブログを頑張ろうとしている気持ちや自分自身を、全否定されたような気持ちになりますしね。 もしや、今やってることは全て無駄なんじゃ・・・?とか、ずっと受からないのでは・・・?なんて思ってました。 しかし、不合格になるのは、決して 自分の能力が足りないというわけではなく、「ブログ記事」のどこかに、「Googleが定めている基準に合致してない部分」があるだけのはずです。 可能性のあるものを一つひとつつぶしていけば必ず合格 するんだと、今回感じました。 私の場合は、 NGワードの再チェック、ブログの見た目の整理、再審査まで2週間開けたことあたりが、今回の合 格要因ではないかなと勝手に予想しています。

次の

コロナでアドセンス審査できません?私はアドセンス申請したその日に合格しました。

アドセンス 審査 落ちた

僕のAdsense審査の実際 残念ならが1発合格とならず、3度めでようやく審査に通ることができました。 1度めの不合格 もともとAdsenseのことを知りませんでした。 ブログの収益化を考えるようになり、Adsenseのことを知りました。 これは良いと思い、早速申請せねば!ということで、その時に作っていたブログで、Adsenseの審査申請を行いました。 結果は、あっさり落ちました。 まさか落ちるとは思っていなかったので、何の事前準備もせず審査に申し込みをしていたのです。 審査に落ちてから、Adsenseの審査について調べました。 (遅い) 調べてみると、とてもいい記事がありました。 ほとんどの項目でNGです。 何ということでしょう。 これに合わせてブログを修正するよりも、新しく作ったほうが早いということで、新規に審査用のブログを作ることにしました。 2度めの不合格 Adsense合格のコツ6か条にしたがって、新しいブログを作りました。 記事も揃えて、再度審査に申込みです。 今回は大丈夫だろうと結果を待っていたら、再度不合格のお知らせ。 なぜ???何が悪かったの? 3度めの正直 また審査に落ちてしまい、ネットで再度調べました。 そうすると、審査は若干あいまいなことがあり、同じブログでそのまま再申請したら通ったという記事を見つけました。 勇気をもらった気がしました。 再度、同じブログでそのまま申請することにしたのですが、1点だけ修正しました。 それは、記事の数です。 ほとんどのブログで5記事程度で大丈夫!という話だったので、5記事程度で申請したので、記事数が少なかったのかもしれません。 6か条には10記事って書いてあるのに。 そこで、記事数を増やして、再度申請しました。 その結果は、見事合格です!審査に通りました。 いやぁ、長い道のりでした。 審査に通りやすいブログとは? こちらが、僕が審査用に作ったブログです。 (画像大きくてすいません) すごくシンプルですが、これが審査に通りやすくするコツなのです。 ごてごてしているものより、シンプルなものが好かれるのかも。 URLを貼ってありますので、参考に見てみてください。 審査の流れ 審査は、一次審査と二次審査があります。 一次審査は誰でも通ります。 申請されたURLが正しいかくらいの、判断しかしていないのかもしれません。 一次審査が終わると、二次審査に進みます。 二次審査が始まるお知らせがメールで届きますので、ブログにAdsenseの広告を貼ります。 広告を貼ってしばらくすると、二次審査が行われます。 問題は二次審査です。 この二次審査はかなり厳しく審査されます。 (人の目で見てる?) Adsenseの審査に通りやすくするコツ 僕が行ったAdsense審査対策は次のようなものです。 ほぼ6か条そのままです。 1記事あたりの文字数は800文字程度• わかりやすいように段落ごとに見出しをつける• 記事の数は10記事程度を投稿する• 記事の日付をずらす(1日1記事になるように、投稿日付を修正すれば一気に上げてもOK)• 記事内はテキストのみで、画像、動画は貼らない• 外部へのリンク(ブログランキング等)も貼らない• 自分のプロフィールを表示する• 連絡先を載せる(今回は問い合わせフォームをつけてます) 上のブログ画像を見てもらうと、ほぼこの通りに作っていることがわかると思います。 記事の日付は、必ずずらすようにしてください。 全部が同じ日付だと、審査のために書いたと思われかねません。 一気に書き上げてもいいのですが、投稿日付を修正して、毎日投稿しているように見せて下さい。 10記事だと10日前から書いてるように、するわけですね。 おすすめするブログの内容 当り障りのない、日記記事が良いです。 僕の審査用のブログも、食べ物に関する日記記事になっています。 必要な記事の数は? 5、6記事程度で通ったという話もありますが、僕のように不合格になるケースもあります。 確実に通るためにも、10記事程度を投稿しておくことを、オススメします。 審査通過後に審査用ブログはどうする? Adsenseの審査に通ってしまえば、審査用のブログは必要ありません。 せっかく書いた記事ですので、本ブログを作った時に記事を流用してもいいかもしれません。 ただし、同じ内容をそのままコピーしてしまうと、重複コンテンツ扱いを受けてしまいます。 その前に、審査用ブログのインデックス削除依頼をGoogleに出して、Googleで検索しても引っかからないようにします。 こうすることで、重複コンテンツ扱いされないようになります。 インデックスの削除依頼は、Googleウェブマスターツールからできます。 ここで、審査用ブログのURLを対象に、削除リクエストを出してください。 事前に審査用のブログを、ウェブマスタールールに登録しておく必要があります。 審査用ブログの記事自体は、下書き状態にしておけば、その後Googleにインデックスされることはありません。 試しに、「site:miyamooic. blog. jp」で検索してみてください。 僕の審査用ブログは、robot. txtとmetaタグでGoogleにクロールされないようにしてあります。 まとめ Adsense審査をする前に、ネットで調べましょう。 合格するための情報がたくさんあります。 今回の記事のようにしてもらえば、間違いなく合格できると思います。 失敗談も一緒に書いてありますので、悪い見本として、見てください。 この記事が、みなさんのAdsense合格の手助けになれば嬉しいです。 おしまい。

次の