外壁 塗装 diy コンクリート。 建物の外壁 塗料の塗り方|HowTo講座|アサヒペン

DIYで外壁リフォームをしよう!外壁塗装の方法をご紹介

外壁 塗装 diy コンクリート

このページの目次• 外壁塗装をDIYで行えるのか? 外壁塗装をDIYで行うことは可能です。 必要な道具を揃え、足場を組み立て、作業人数を確保して数ヶ月かければ塗装ができるでしょう。 ただし 業者に依頼したときに比べてスムーズに終わることはありません。 塗装のために買った道具は1回使っただけで不要になりますし、保管や廃棄するにもスペースやお金が必要です。 DIYで外壁塗装をすると 1年で塗装が剥がれることも珍しくありません。 外壁塗装の業界で働いている職人ならともかく、知識や経験がない素人が行うのであれば満足する仕上がりは望めないでしょう。 外壁塗装をDIYで行うメリット 自分でDIYを行うことで何が得られるのでしょうか? DIYで外壁塗装を行うメリットは以下の3つです。 業者に依頼するよりも費用が安くなる可能性がある DIYで外壁塗装をすると業者に依頼したときに比べて 手間賃がかかりません。 材料費、足場費用、道具代で工事をできるため、 業者に依頼する金額の6割程度で工事が可能となるでしょう。 外壁塗装では30坪の住宅であれば100万円前後が相場目安のため、DIYなら60万円程度で工事が可能と考えられます。 悪徳業者に騙される危険がない 外壁塗装の業界には悪徳業者が多数存在します。 見積もりや業者選びの段階で見分けないと、高額な費用の請求や手抜き工事をされます。 しかしDIYで外壁塗装をするなら悪徳業者に騙される危険はありません。 業者探しに時間をとられない 外壁塗装では悪徳業者を見抜く知識を得るだけでも労力が必要です。 見積もりに関する知識や業者を選ぶ基準のほか、工事に関する勉強もしなくてはいけません。 DIYであれば業者を探すための知識は必要ありません。 外壁塗装をDIYで行うデメリット メリットが多いと感じられるDIYですが、デメリットもあります。 DIYで外壁塗装をするデメリットは以下の6つです。 1年以内に塗装が剥がれる危険がある 一見すると簡単そうに見える外壁塗装ですが、国家資格があるほど難易度が高い作業です。 一般には知られていないノウハウが数多く存在するため、 素人が見よう見まねで塗装をしても高確率で失敗します。 DIYによる外壁塗装で失敗すると、塗装は1年とかからずに剥がれ落ちるでしょう。 塗装が剥がれたら塗り直せばいいだろうと考えるかもしれません。 費用を60万円近くかけてDIYで塗装しても1年で剥がれてくるなら、 業者に依頼したほうが安く済みます。 ちなみに、塗りなおす際は、古い塗装を剥がす作業から始めなくてはいけません。 DIYの作業自体が3ヵ月以上かかるため、 苦労してDIYで塗装したのに1年で剥がれてしまえば、自分で塗ろうとは二度と考えないでしょう。 結局、業者に依頼しなおす羽目になってDIYで使った費用が無駄になります。 DIYの方法を1から調べなくてはならない 外壁塗装をDIYで行えば業者選びに時間を割かれることはありません。 しかしDIYの技術を学ばなくてはいけないため、業者選びで必要な労力を遥かに超えて学ばなくてはいけません。 外壁塗装では足場組み立て、洗浄、養生、下地調整、下塗り、中塗り、上塗り、付帯部塗装、足場解体、清掃など、多数の工程があります。 足場の組み立てと解体は専門業者に依頼したとしても1つの工程につき1時間以上は学ぶため、合計で 8時間以上の勉強時間が必要だと考えられます。 業者に依頼するより何倍も時間がかかる DIYの最大のデメリットは、業者に依頼するより何倍も作業時間がかかることです。 業者に依頼すると2週間〜3週間程度で工事が完了します。 しかしDIYで作業をすると3人がかりでも1ヵ月以上かかります。 1人で作業をするのなら3ヶ月の工期を見込まなくてはいけません。 上記は平日に毎日6時間以上の作業をした場合です。 休日だけとか、毎日2時間程度しかできない場合だと 半年以上は終わらないかもしれません。 体力がなければできない 外壁塗装の作業は意外と重労働です。 15キログラムはある塗料缶を運んだり、塗装の道具を常に持ち歩いたりして作業を行います。 外壁塗装では中腰で作業をすることも多く、 腰を痛める職人が多い業界です。 DIYの場合は4キログラムの塗料缶でもよいでしょう。 ただし30坪程度の住宅を塗るために 必要な塗料の重さは合計で20キログラムを軽く超えます。 外壁塗装では塗料缶を運ぶ作業は避けられないため、腰を痛める可能性は高いでしょう。 意外と費用がかかる 外壁塗装をする場合、 足場が必須です。 「脚立を使って塗装ができるのでは」と考える人もいますが、住宅の構造によっては足場がなければ塗装はできません。 足場を自分で組み立てることは不可能なので、20万円近く支払って専門業者に依頼します。 足場費用の他に塗料の材料費で20万円以上、塗装する道具の購入とゴミの処分で10万円程度が必要です。 合計で50万円はかかるため、DIYで作業をしても工事費用は思ったほど安くはなりません。 近隣住民とのトラブルになりやすい DIYのリスクとして無視できないのが近隣住民とのトラブルです。 外壁塗装では、どれだけ気をつけていても塗料が周囲に飛び散ります。 屋根を塗装する際には近隣の住宅や車に塗料が付いてしまうことがあります。 業者に工事をしてもらう場合は、近隣住民への賠償金などをあなたが負担する必要はありません。 しかしDIYだとすべての責任があなたにあるため、住宅や車に塗料が付いてしまうと 高額な賠償金を請求されるでしょう。 賠償金額だけで50万円を超えてしまい、DIYなのに業者に依頼するよりも高額になってしまうかもしれません。 塗料は風で簡単に飛ばされてしまうため、プロでも飛散を完全に防止できません。 DIYで工事をして近隣住民とトラブルになる例は珍しくないため、自分で塗装をする人は クレームが来ることを覚悟しておきましょう。 外壁塗装工事をDIYで行うと起こるトラブル例 DIYで外壁塗装を行うと起こるトラブルの例を紹介します。 多くのケースが業者に外壁塗装工事を依頼することで防げるでしょう。 トラブルが心配な人は最初から業者に依頼することをオススメします。 近隣住民からクレームが来た DIYで外壁塗装をすると特に起こりやすいトラブルが近隣住民からのクレームです。 クレームの例としては、• 悪臭がひどい• 塗料が飛ぶからやめろ• (屋根の塗装時に)落ちたら危ないからやめろ などがあります。 高額な賠償金を支払うことになった 隣家の洗濯物や外壁、車などに塗料を飛ばしてしまうと賠償金を支払わなくてはいけません。 安くても数万円、高額な場合は数十万円が請求されるでしょう。 塗料が隣家の外壁に1滴落ちただけでも支払いを請求されます。 DIYが業者に依頼するよりも高額になるケースは、多くが高額な賠償金によるものだと考えられます。 使った道具の処分に困った 外壁塗装をする際には、塗料を入れるバケツや下地調整の道具、ローラー、はけ、塗料など必要な道具がたくさんあります。 外壁塗装は10年に1回程度しか必要ないため、購入した道具は処分する人が多いでしょう。 塗装に使った道具は分別が難しく一般ゴミには出せない物もあります。 DIYで外壁塗装をすると、 道具を処分するだけでも労力と費用がかかります。 外壁塗装をDIYで行う際に必要な道具 デメリットを知ってもDIYをしたい人のために、外壁塗装に必要な道具を紹介します。 下記以外にも道具が必要となる場合があるので注意してください。 下塗り塗料• 中塗り・上塗り塗料• ローラー• はけ(刷毛)• コーキング• 金ベラ(かわすき)• 塗料を入れるバケツ• マスキングテープ• 布のガムテープ• マスカー(テープ+ビニールシートが一体化したもの)• 外壁を洗浄するホース• 掃除用のホウキとチリトリ 多くは100円ショップでも購入可能です。 塗装を長持ちさせるために良い道具を揃えたい人は ホームセンターで探しましょう。 塗料以外の道具は高くても10万円あれば全部購入ができます。 塗料は住宅の外壁面積によりますが、合計で20万円近くはかかるでしょう。 下塗り塗料 塗装の密着性を高めるために必要な塗料です。 下塗りをしないと塗装が短期間で剥がれやすくなります。 中塗り・上塗り塗料 下塗りのあとに2回塗る塗料です。 中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。 ローラー 広い面の塗装をするために必要です。 はけ(刷毛) ローラーで塗れない狭い面や角を塗装するために必要です。 コーキング(シーリング) 外壁の隙間を埋めるゴム状の素材がコーキングです。 下地のひび割れや穴を埋めるために使います。 サイディング外壁の場合は隙間を埋めるためにシーリングを打っているため、改めて打ち直しが必要な場合もあります。 シーリングの打ち直しは技術的に難しいためプロに依頼しましょう。 金ベラ(かわすき、スクレーパー) 外壁の古い塗装やサビを落とすために使います。 古い塗装を残したまま塗り替えると、1年ともたずに新しい塗装が剥がれてしまいます。 塗料を入れるバケツ 塗料を持ち運ぶために必要です。 ローラーの塗料を適切な量に調節するために網目状の板も買いましょう。 マスキングテープ 塗らない場所との境界線に貼るために必要です。 マスキングテープは平らな面などに使います。 布のガムテープ ガムテープは塗らない場所との境界線に使います。 紙製では剥がれてしまうため、必ず布製のガムテープを購入してください。 マスカー ガムテープとビニールシートが一体化した養生道具です。 ガムテープの上に貼って、窓や玄関など塗装をしない場所を保護します。 養生する面積が広い場合は、1メートル以上の長さがあるビニールシートを使うのもオススメです。 外壁塗装ではマスカーやビニールシートを大量に使います。 外壁を洗浄するホース 塗料を密着させる目的で外壁を洗浄する際に使います。 高圧力で水を噴き出す必要があるため、高圧洗浄用の機械を使うことが望ましいです。 機械を使わない場合はホースの先を細めて圧力を上げてください。 掃除用のホウキとチリトリ 足場を解体したあとの掃除に使います。 外壁塗装をDIYで行う際の手順 DIYで外壁塗装を行う手順を紹介していきましょう。 業者が行っている工程ですので、品質を落としても構わない人は手順を省いたり順序を入れ替えたりしてもよいでしょう。 足場組み立て 業者に依頼して足場を組み立ててもらいます。 素人が自分で足場を組むことは現実的ではないため 業者に依頼しましょう。 高圧洗浄 圧力をかけた水で外壁を洗浄します。 水道の蛇口が外にある家なら準備の手間が少なくて済むでしょう。 高圧洗浄は外壁や屋根など 塗る場所すべてにくまなく行うことが重要です。 養生作業 マスキングテープや布テープ、マスカーなどを使って、塗装をしない場所を保護します。 塗らない場所との 境界線がキレイになるかどうかは養生の技術によって決まります。 下地調整 古い塗装やサビをスクレーパーや金ベラで落とす作業です。 外壁にひび割れがあればコーキングで埋めます。 下塗り 中塗り・上塗り塗料を外壁に密着させるために下塗りをします。 外壁の全面にもれなく塗りましょう。 中塗り・上塗り 下塗りが乾燥したら中塗りと上塗りを行います。 基本的に塗料が乾燥するまでは晴れた日でも1日ほど待ったほうがよいでしょう。 下塗り、中塗り、上塗りで最低でも3日はかかる計算です。 付帯部塗装 外壁や屋根の細かい部分を付帯部と呼びます。 破風、軒天、雨樋などです。 目立たないため塗装しなくてもいいと考える人もいますが、放置するとサビなどの劣化によって雨漏りや隙間風の危険性があります。 付帯部の塗装は外壁や屋根の塗料とは異なります。 材質ごとに適した塗料を使うことが多いです。 養生剥がし・仕上げ 塗装が終わったら養生を剥がし、細部を仕上げます。 塗りそこねが無いかもチェックしましょう。 足場解体 仕上げが完了したら業者に足場を解体してもらいましょう。 清掃 足場を解体すると養生テープなどのゴミが散らかっているため、清掃して工事を完了します。 1人で作業をする場合、すべての工程を終えるまでに最低でも3ヶ月は必要でしょう。 外壁塗装をDIYで行うと業者よりも高額になるリスクがある DIYで外壁塗装を行うと費用が節約できる可能性があります。 しかし近隣住民とのトラブルになって賠償金を支払うことになれば、業者に依頼するよりも高額な費用がかかるでしょう。 技術がない人が工事を行うと1年で塗装が剥がれることもあります。 3ヵ月以上かけてDIYで塗装したのに1年以内に塗料が剥がれてしまうのなら、二度と自分で外壁塗装しようとは考えないでしょう。 外壁塗装で無駄な労力と費用をかけたくない人は、DIYではなく業者に依頼しましょう。

次の

コンクリート壁の塗装はいつが良い?適切な塗料と補修方法を解説

外壁 塗装 diy コンクリート

コンクリート外壁塗装2つのデメリットと特徴 冒頭でもお伝えしましたが、コンクリートは防音性や耐久性にすぐれています。 しかし経年劣化には勝てず、雨風や直射日光が当たる事による湿気や乾燥で、ひび割れ、雨漏りという深刻な事態に進行してしまいます。 まずはどのような劣化があるのかを把握しておきましょう。 コンクリートが高温になれば水分も蒸発しますが、長期間水分が残る場合には、水垢やカビなどが発生してしまい、こうした汚れは温度が上昇しても取れるものではなく、積み重なってしまうことでシミが発生してしまいます。 温度差による収縮、乾燥状態の継続によるひび割れ コンクリートは耐熱性に優れている分、住宅内部と外での温度差温度差によって、より収縮して変形してしまうことがあります。 乾燥状態が続いてもコンクリートが変形する原因となり、天候などの影響でもひび割れが発生してしまいます。 コンクリート外壁のひび割れや変形は、美観はもちろん耐久性にも大きく影響しますので、早めの対策が必要です。 コンクリート外壁塗装に重要な塗料4選 コンクリート外壁用の塗料はさまざまありますが、ここでは特に重要な4つの塗料を紹介します。 コンクリート外壁こそ重要!基本の下塗り用塗料シーラー コンクリート外壁に塗装うえで、下地がしっかりと塗れているかどうかで仕上がりや耐久年数が異なります。 そもそも塗料自体、コンクリートの壁と密着しないものがほとんど。 そのためコンクリートと塗装の間に接着する役割をもつシーラーとよばれる下塗り用の塗料を塗装します。 この下塗りのシーラーがコンクリートの中にしっかり吸い込まれていないと、コンクリートに接着しない塗料を付着させることになりますので、塗料がすぐに剥がれ落ちる原因となります。 特にコンクリート外壁が劣化しているほどシーラーは吸い込まれますので、劣化しているほどシーラーの量が必要になります。 少し別のお話になりますが、見積もり依頼した業者が、自宅の外壁を見ずに見積もりを出せない理由はここにあります。 後片付けが楽な強浸透性水性シーラー 水で溶かして塗装するので準備や後片付けが楽な強浸透性水性シーラー。 匂いは少なく外壁の劣化や損傷が少ない場合に使用されますが、頻繁に水がかかる場所には使用できません。 また浸透が弱く、乾燥させるまでの時間が数時間かかります。 価格:1平方メートル500円程度 油性シーラー透明は浸透性が高い 匂いが強く準備などが大変ですが浸透性が高い性質があり、外壁の劣化や損傷が多いときに利用されます。 外壁を手でこすってみると元々の塗装がとれてくるようであれば油性がおすすめです。 乾燥させるまでは早ければ塗装後1時間以内で乾燥します。 価格:1平方メートル1,000円から1,500円程度 2. 耐久性重視の塗料 コンクリート外壁は雨に強いとは言えません。 外壁は雨ざらしが基本ですので、雨水がコンクリートに触れないような塗料を選ぶ必要があります。 耐久年数と費用の面からおすすめの塗料を解説します。 水性シリコンアクリル外壁用は損所した外壁を安価で修復できる 従来アクリルやシリコン塗料は一般的な外壁塗装時にメインで使われていましたが、新しい塗料が増えてきた事で使用されるケースが少なくなってきました。 その反面、もっとも安価で購入できる塗料である点はメリットですね。 損傷している外壁を直したいけれど、できるだけ一回の費用を抑えたいという場合におすすめなのが水性シリコンアクリル外壁用です。 耐久年数は10年以内です。 価格:1平方メートル1,000円程度 高耐久のフッ素を含んだクリーンマイルドシリコンフッソ 塗料の種類のなかでももっとも長く耐久があるフッソが含まれた塗料。 フッ素は2018年時点では種類が豊富な塗料のなかでもっともグレードの高い塗料とされています。 一般的な塗料の2倍近くの金額になることもありますが、しっかりと塗装できれば 耐用年数は15年から20年にもなりますので、長い目で見ると塗装工事の回数自体が少なくて済みます。 価格:1平方メートル2,800円程度 3. コンクリート外壁の良さを活かす美観を重視した塗料 見た目のデザイン重視であれば、コンクリート外壁のもともとの美観を活かす塗料や、模様がつく塗料と塗り方で変化のつけられる塗料がおすすめです。 弾性ブロック・外かべ用Sは高級感を演出できる 弾力性のあるやわらかい塗料なので網目状のローラーを使用すると、高級な雰囲気のある凹凸状に仕上げることができます。 弾性のなかでも現在は安価となっている塗料で、耐久年数は10年以内です。 価格:1平方メートル1,000円程度 エスケー弾性プレミアムフィラーであれば外壁本来の模様を活かせる 水性でフッソ、シリコン、ウレタンを材料として使用。 こちらも弾性なので網目ローラーで模様をつけることができるほか、元々の外壁に凹凸での模様がついている外壁では、その本来の模様を活かした塗装の仕上がりにできます。 またシーラー機能をもっているので、下塗りもこの塗料にておこなうことができます。 価格:1平方メートル2,000〜3,000円 エンジェルタッチはヴィンテージ風に仕上げる アンティークな雰囲気のある自宅の外壁が劣化してきてしまった、そんなときに使いたい名前もかわいい塗料。 ただ全面的に均一塗装するのではなく味のある雰囲気に仕上げることのできる塗料で、刷毛やローラーだけでなく布や海綿スポンジで重ね塗りやぼかしをうまく使い、塗装したばかりでも長年経過したようなヴィンテージ風に仕上げることが可能です。 価格:1平方メートル1,000円程度 4. 断熱性・防音性重視 ガイナなら外壁から熱を遮断する コンクリートの損傷の原因である熱を防ぎたいならこの塗料。 断熱セラミックという材料が含まれており、熱を外壁に吸収しないようにする遮熱効果と、熱の量を小さくする断熱効果とどちらもあわせ持っています。 宇宙ロケットにも使われている断熱塗料を一般向けに販売している塗料で、塗装後、塗料の膜がおおきめになることから、熱だけでなく音を反射するので防音効果もあります。 価格:1平方メートル3,800円〜4,500円 またガイナは専用の下地塗料も販売されており、汎用性のある下地ではなく専用下地を合わせて使用することで、より効果が発揮されます。 価格:1平方メートル3,800円〜4,500円 コンクリート外壁塗装の下準備はしっかりと 塗装はしっかりと下塗りができているか、日陰や日当たりがよいかなどの場所の条件によっても塗料の年数は変わってきます。 外壁の損傷をしっかりと修復し平らにならしたうえで充分な下塗りを乾燥させてから本番の塗装に入ることが重要です。 特にDIYでおこなう場合には、 どんなによい塗料を使用していても下準備が充分でないと劣化が早くなってしまいます(すぐ剥がれてくる)ので注意しなければいけません。 ここは熟練の技術が必要になる部分なので、シーラー部分だけは塗装専門の業者に依頼する事をおすすめします。 是非外壁塗装の達人に相談ください。

次の

コンクリート外壁におすすめな塗料一覧

外壁 塗装 diy コンクリート

下地調整、養生、下塗り 建物の外壁・モルタル・コンクリート・ALC板・リシン• 塗る面の汚れ(油分・ホコリ・カビ・落書き等)を取ります。 すでに塗装されている場合は、はがれかかった古い塗料を、 皮スキや ワイヤーブラシでよく落とします。 コンクリートのひび割れ、へこみ、穴などはひび割れの幅や深さ、へこみの大小、穴の深さ、大きさによって適切な 補修材を選んで埋めておきます。 塗料がついて困るところはあらかじめ マスキングテープなどでおおいます。 防水塗料・強浸透性水性シーラー・油性シーラーのいずれかを塗っておきます。 金属系サイディング壁• 塗る面の汚れ(油分・ホコリ・カビ・サビ等)を取ります。 すでに塗装されている場合は、はがれかかった古い塗料を、 皮スキや ワイヤーブラシでよく落とします。 つるつるした面はサンドペーパーで表面を荒らします。 釘穴や継ぎ目は適切な補修材を選んで埋めておきます。 塗料がついて困るところはあらかじめ マスキングテープなどでおおいます。 油性シーラーを塗っておきます。 塗り方 建物の外壁・モルタル・コンクリート・ALC板・リシン• 下地調整後、目的に合った 塗料を選びます。 フタを開ける前に容器を逆さにしてよく振り動かして塗料をよく混ぜます。 フタを開けたら棒などで底までよくかき混ぜて塗料を均一にします。 塗りにくい時は水(5%以内)を入れてください。 まずコーナーや細部の塗りにくいところは先にすじかいバケやミニコテバケを使ってていねいに塗ります。 広い面はローラーバケやコテバケを使って塗ります。 塗り終わり塗料が手につかなくなったらマスキングテープを取り除きます。 金属系サイディング壁• 下地調整後、目的に合った 塗料を選びます。 塗料を使いきる場合は缶の元面を缶切りなどで切り開き、棒などで缶の底までよくかき混ぜて均一にします。 塗りにくい時はその塗料に適したうすめ液(5%以下)を入れてよくかきまぜます。 まずコーナーや細部の塗りにくいところは先にすじかいバケやミニコテバケを使ってていねいに塗ります。 広い面はローラーバケやコテバケを使って塗ります。 塗り終わり塗料が手につかなくなったらマスキングテープを取り除きます。 あとしまつ 塗装終了後はただちに塗装用具に付いている塗料をヘラや新聞紙に塗りつけて落とし、水性なら水、油性ならペイントうすめ液で下洗いします。 その後、中性洗剤で洗います。 ハケ洗い液を用いると中性洗剤で洗う必要はないので、なお便利です。 なお、洗浄中は手袋を着用して、手荒れを防ぎましょう。 洗い終わったハケは陰干します。 使い残した塗料はしっかりフタをして保存します。 やむを得ず残った塗料を捨てるときは「水性・油性兼用塗料固化材」で固化するか、新聞紙等に塗り広げ、乾かしてから可燃ゴミとして処分してください。 おすすめの製品•

次の