粉瘤 オロナイン。 しこりニキビにオロナイン軟膏は間違いだった!改善効果どころか悪化の可能性も?

「粉瘤,オロナイン」に関するQ&A

粉瘤 オロナイン

スポンサーリンク ここでは、「粉瘤の薬で市販されているもの」 についてお話します。 「身体中どこにでもできる粉瘤…」 一見ニキビのような見た目ですが、 放っておくと徐々に大きくなってきますし、 いっこうに治る気配がありません。 さらに、最初はただのしこりで 特に症状はみられなかった粉瘤も、 次第に炎症を起こして我慢できないほど 痛くなることもあります…。 しかし病院へ行きたくとも なかなか忙しくて行けない、 という方も多いですよね。 「できれば病院へ行かずに市販薬で やり過ごせたら…」 というのが本音だと思います。 今回は粉瘤と薬の関係性についてと、 実際にオススメの市販薬を いくつか紹介したいと思いますので 是非参考にしてくださいね! 粉瘤に薬は効かない? 粉瘤とは全身に発生する可能性がある 良性腫瘍で、皮下組織に嚢胞という 袋状の構造物ができて 中に皮脂や角質などの 老廃物が溜まってしまったものです。 自然治癒することはないので 放っておくとどんどん大きくなります。 詳しくは 「 」 でも解説していますが、 実は粉瘤は薬によって 治すことができません。 完治させるには手術で袋状の嚢胞ごと 取り去らないと、 何度でも再発してしまうんです。 粉瘤を治すためには最終的に 手術が必要になりますが、 薬が有効な場合もあります。 それは粉瘤が炎症を起こした場合です。 粉瘤は表面からみるとドーム状に ぷくっと膨らんでおり、 真ん中に黒い点があります。 この黒い点は「ヘソ」と呼ばれるもので、 皮膚の表面と中身を繋ぐ 開口部となっています。 このヘソから細菌が入り込んで 炎症を起こすことがあるのですが、 この状態を「炎症性粉瘤」といいます。 炎症性粉瘤になってしまうと厄介で、 強い痛みがでたり腫れて膿んだりして、 つらい症状がでてきます。 スポンサーリンク この状態で病院へ行っても すぐには手術を行なうことが出来ず、 まずは抗生物質を服用して 炎症が治まるのを 待たなくてはなりません。 このように粉瘤自体を完治させる 薬は存在しませんが、炎症性粉瘤を 改善させるために薬が 必要になることはあります。 オススメの市販薬 市販薬でも、炎症性粉瘤の炎症を 抑えるために効果を発揮するものが いくつかありますのでご紹介します。 「ドルマイシン軟膏」 コリスチン硫酸塩とバラトラシン という二つの抗生物質が配合されており、 まさに炎症性粉瘤で病院に 行ったときに処方される 抗生物質のように優れた 抗菌作用を発揮します。 まだ炎症が始まったばかりの 初期の状態であれば、悪化を防ぎ 炎症を抑制することができます。 「ベルクミン」 殺菌や炎症を抑える効果に優れている オウバクやウコンの 入った漢方の軟膏です。 漢方ですので抗生物質に アレルギーのある方にも使えますし、 顔まわりにも塗ることができます。 抗生物質が効かない耐性菌にも 効果を発揮します。 「オロナイン」 お馴染みのオロナインは おできやニキビに効果がある イメージですが、 実は優れた殺菌作用があり初期の 炎症性粉瘤であれば炎症を 抑えることができます。 「薬局へ行くのも難しい…」 という方はとりあえず応急処置として 常備薬であるオロナインを 塗っておくと良いでしょう。 とりあえず市販薬などで 症状が治まったとしても、 粉瘤は何度も再発をします。 再発を繰り返すと病院での治療も 患者に負担のかかるものと なっていきますので、 できるだけ早めの受診を心掛けてくださいね。 スポンサーリンク.

次の

セルフケアで治したい!お尻ニキビや粉瘤の市販薬の選び方

粉瘤 オロナイン

土曜日午前の外来の時間帯、11時ちょっと前ごろでした。 Tさんは、50代の男性。 今までに数回、ちょっとした皮膚のトラブルでいらしたことのある患者さんです。 問診票には、「約一週間前からお腹にできもの」「腹痛」のみ。 お話を伺うと、1週間ほど前に右の下腹に親指ほどのできものができて、ちょっと痛いなあと思っていたらだんだん大きくなってきて、そっとしておけばあまり痛くないのに触ると痛いというのです。 気付かない間にできていた粉瘤が、感染を起こして腫れてきたのかなあ、と思いました。 粉瘤とは、アテロームとも言いますが、皮膚にできた袋のようなもので、本来なら垢となって剥がれていくような皮膚や皮脂が、その袋の中に溜まってしまったものです。 全身の皮膚のどこにできてもおかしくないもので、次第に成長し、大きいと直径10センチ近くになることもあります。 皮膚と繋がっている部分が、あんパンのへそのようになっていて、周囲を押すと、ちょっとにおいのする脂肪のようなものがにゅにゅ~っと出てくることもあります。 普段は、ただコロっとした膨らみがあるだけですが、この皮膚と繋がった「おへそ」やその周囲からばい菌が入って感染すると大きく腫れあがって痛くなり熱を持ちます。 その場合は、表面麻酔をして切開して排膿すれば、だいぶ楽になるはずです。 お話だけでは、感染を起こした粉瘤を想定したので、キシロカイン(麻酔薬の1種)を用意して...などと、段取りを考えながら、 「では、横になって見せてください。 」とお願いしました。 どれどれ、とお腹をみると… やせて殆ど皮下脂肪の無いTさんの右下腹部にだ円形のふくらみがあります。 ずいぶん大きい。 でも、これは炎症を起こした粉瘤ではない!赤くない。 感染を起こした粉瘤は、周囲の皮膚ともどもバラ色ピンクに腫れるものですが、Tさんのお腹の皮膚の色は全く変わっていません。 腫瘤をそっと触わると痛みがありますが、細胞や脂肪で充実していると言うより、液体が入っている印象です。 周りを優しく押してみても、全く痛みはなし、とのことです。 表面の皮膚に手のひらをあてて横方向に動かしてみると、皮膚は手と共に動きましたが、その下の腫瘤は全く動きません。 粉瘤であれば、皮膚とのつながりがありますから、皮膚と共に動くものです。 これは、粉瘤では無い。 皮膚の下にあるものだ! 「お熱はありませんか?」と訊くと、 「いや、ありません。 」— でもありそう… 首を手のひらで触ると、ちょっと熱い。 -やっぱりありそう。 「念のために、ちょっと、測ってみましょう。 」と体温計をお渡しすると、 「あれ?37度7分だ。 」— やっぱり、あるじゃない!! 「これは、皮膚科のものではないですね。 この膨らみが、どのくらいの深さにあるのかわからないので、もう少し調べましょう。 腹部エコーでどの辺の深さにあるか、中身は何なのか診てもらいましょう。 」 と申し上げて、近くの開業医のO先生のところに電話しました。 O先生は、消化器の専門医で、腹部エコーや内視鏡の検査でいつも助けていただいています。 もう、11時15分。 O先生のところの受付は11時半までです。 電話の向こうで事務の人が、 「今からですか~?(明日じゃ駄目ですか?)」という雰囲気… しかし、うちの看護師さんは、私の意をくんでくれて、 「すぐに行ってもらいますので、何とかお願いします!」と頼んでくれました。 O先生ご自身は、快く引き受けて下さったので、Tさんには、すぐに行っていただくことにしました。 「先生、ぼくの病気は、悪いものなんですか?癌なのでしょうか?」 と心配そうにおっしゃるので、 「1週間で親指大からこんなに大きくなる癌はありません。 熱もあるし、感染症だと思いますから調べてもらいましょう。 でも、どのくらいの深さにあるのかわからないので、腹部エコーで診ていただきましょう。 すぐにO先生のところに行ってください。 」 お会計は後日でいいから、と押し出すようにして送り出しました。 30分もしないうちに、O先生から電話がありました。 「先生、腹腔内の膿瘍のようです。 熱もあるし、入院精査をした方がよさそうです。 M病院に紹介ということでいいですか?」というお話。 「はい。 お願いします。 ありがとうございました!」 と電話を切って、スタッフの皆と、診ていただけて良かったねえと、ほっとしました。 月曜日、O先生からFAXが入りました。 M病院へは、O先生からご紹介いただいたので、M病院からの返事はO先生のところに来ます。 それを、O先生は私のところに転送してくださったわけです。 M病院からの返事は… 「腹腔内膿瘍、急性壊死性虫垂炎穿孔」 緊急CTを取ったら腹腔内膿瘍があり、緊急手術をしたら、虫垂(盲腸のこと)が穿孔(穴があいてしまうこと)して、膿がたまっていただけでなく、組織が壊死していた(腐っていた)というのです。 回腸(小腸の大腸に近い部分)と盲腸を切除したとのことでした。 もし、週明けまで待っていたら、来院した時には限局していた炎症が、腹腔内に拡がっていたかもしれません。 そうすると生命の危険があります。 O先生に頼って良かった! O先生は、 「医師生活35年、貴重な経験をさせていただきました」とコメントしてくださいました。 診察した時点で、腫瘤の中に液体、おそらくは膿が入っているのは想像がつきましたが、もし万が一(麻酔注射のために)穿刺してしまっていたら…と思うと…、何にもしなくて本当に良かったと思います。

次の

粉瘤ができる原因とは――実は細菌感染でないことも

粉瘤 オロナイン

とは、皮膚腫瘍の中でもっとも発症する患者さんが多い病気です。 通常の場合は良性で痛みを伴わないため、放置してしまう方も少なくありません。 しかし、炎症を起こしてしまうと、不快な臭いを発したり痛みがでてきたりします。 今回は、はなふさ皮膚科理事長の花房 火月先生に、粉瘤の特徴と原因から、予防、治療法を中心にお話をうかがいました。 また、アテロームとも呼ばれています。 何らかの理由により、毛穴の一部が内側にめくれて袋状の構造物となり、その中に脱落した角質や皮脂が溜まり徐々に成長していく病気です。 膨らんだしこりの中央に、黒い点の開口部があるのが特徴です。 開口部に衝撃が加わり蓄積された内容物が排出された場合、不快な臭いを発しますが、そのまま放置をしていても、命にかかわるような病気ではありません。 しかし、炎症性粉瘤(大きく腫れて炎症を起こしてしまっている粉瘤)となってしまったものは、痛みや熱感を伴うため、早めに治療を行う必要があります。 粉瘤に似た病気 には、症状や外見が似た病気がいくつか存在します。 以下がその例です。 ・(せつ) おできとは、毛包(毛根を包む組織)の細菌感染によって起こる皮膚腫瘍のひとつです。 多くの場合は良性であり、潰れて膿が排出されると、自然治癒することもあります。 しかし、大きく腫れてしまった場合には、医療機関での治療が必要です。 ・深在性のニキビ ニキビは、毛穴に皮脂が詰まりそこにアクネ菌などの菌が繁殖することで形成されます。 ニキビの詳しい治療法についてはをご覧ください。 粉瘤とこれらの病気では、治療法も変わってきます。 しかし、一般の方が見分けることは困難です。 そのため、皮膚に異常が現れた場合は、速やかに皮膚科を受診し、それぞれに適した治療を受けるようにしてください。 粉瘤ができる原因は 一部の症例では、ヒトパピローマ(乳頭腫)ウイルスの感染やが原因ということが分かっています。 外傷の場合は、表皮の成分が傷の中に埋め込まれてしまうことによって、ができてしまいます。 しかし、大部分の原因は、いまだ不明のままです。 また、背中にいくつもできてしまうといった、体質的に粉瘤ができやすいという方もいらっしゃいます。 粉瘤が炎症を起こす原因 炎症の原因の多くは細菌感染ではない? 今までが炎症し炎症性粉瘤になる原因は、粉瘤の袋の中に細菌が入り込み炎症を起こすからだといわれていました。 そのため、炎症性粉瘤の治療法として、細菌を繁殖させないために、抗生物質を処方していました。 しかし、近年(2017年3月時点)米国から、粉瘤が炎症する原因の多くが細菌感染によるものではないという結果が出てきました。 炎症性粉瘤になってしまう原因は、押されるなどして粉瘤が圧迫され袋が破裂し、角質や皮脂などの内容物がまき散らされた結果、炎症反応が起こるためです。 炎症性粉瘤を患っている患者さんのうち、約9割が圧迫による破裂が原因であり、細菌感染は残りの1割程度しかいないのです。 医師の中でも、この粉瘤が炎症するメカニズムをまだ認知していない方もいます。 そのため、いまだに炎症性粉瘤を患っている全ての方に、抗生物質の処方と経過観察しか行わない医師もいます。 しかし、ほとんどの炎症性粉瘤の患者さんは、細菌感染が原因ではないため、抗生物質は効果がありません。 また、背中や臀部(お尻)にできた粉瘤は、座ったときなどに強く圧迫されるため、炎症性粉瘤になりやすい傾向があります。 粉瘤は自然治癒しない が自然治癒するということは、基本的には考えにくいです。 しかし、ごくまれに粉瘤が自壊して、開口部から袋ごと内容物が排出された場合、自然治癒という形になることもあります。 通常では、粉瘤は治療をしない限り治癒することはなく、次第に内容物が蓄積されていくため巨大化していきます。 ストレス解消や適度な運動、睡眠時間の確保や、バランスの整った食事を摂取するなどの生活指導や食事療法は、粉瘤に類似している病気(や深在性ニキビなど)の予防には効果があるといえます。 しかし、粉瘤の予防にはあまり関係がありません。 しかし、今現在粉瘤の治療法は手術しかありません。 今までの粉瘤の手術は、切開をして内容物と袋を取り除いた後、縫合をするというものでした。 しかし最近は、へそ抜き法という低侵襲手術(体への負担をなるべく軽減させた手術)が一般的となっています。 当院でも、ほとんどの粉瘤患者さんにへそ抜き法を行っています。 へそ抜き法(くり抜き法)とは へそ抜き法は、局所麻酔を打った後、パンチで粉瘤に穴を開け、そこから内容物と粉瘤の袋を取り除きます。 ほとんどの場合、開けた穴を縫合する必要はありません。 (へそ抜き法の詳しい説明は記事2へ) 切開をしないため、5分程度の短時間で手術が終わり、痛みも少なく傷あとも小さいといったメリットがあります。 手術後でもすぐに出勤、通学などをしていただくことが可能です。 また、炎症性粉瘤の場合、従来の切開をして袋を取り除く手術では、炎症を治めてからでないと切開ができませんでした。 しかし、へそ抜き法だと、炎症を起こしていてもそのまますぐに手術をすることができるため、患者さんの負担も軽減されます。 当院では、小さな粉瘤であれば、パンチではなく炭酸ガスレーザーで穴を開け、内容物と袋を取り出すという、より低侵襲なへそ抜き法も最近では行っています。 へそ抜き法のデメリット 粉瘤が周囲の組織にひどく癒着をしているケースや、7cmを超えるような大きな粉瘤は、へそ抜き法では対応できず、切開をしなければならない場合もあります。 そこがへそ抜き法のデメリットです。 粉瘤の癒着は、腫れを何度も繰り返しているにもかかわらず、放置した場合に起こります。 へそ抜き法による手術は、多くの皮膚科で受けられるようになった へそ抜き法はここ数年で大きく広がり、今ではさまざまな皮膚科で受けられるようになりました。 基本的にはリスクの低い手術であり、患者さんの負担も軽減されるため、術後のトラブルやクレームもほとんどありません。

次の