ツールバー 表示。 Windows10でタスクバーにツールバーを表示/非表示

【Windows10】消えてしまったツールバーの出し方

ツールバー 表示

「デスクトップ」:デスクトップ上のファイルを一覧表示する。 「アドレス」:よく使うフォルダパスを指定することでワンクリックで展開する。 「リンク」:URLを登録しておくことでワンクリックで対象のWebページにアクセスする。 「タスクバー」との混同に注意 たまに見かけるんですが、人によっては 「ツールバー」と 「タスクバー」を混同してしまっている場合があります。 「タスクバー」と言うのは、マウスポインタを画面の端っこ(初期設定は画面下部)に持って行くことでニョキっと出てくるあの黒いバーのことです。 すべての始まりである 「スタート」ボタンなども格納されているため、 Windows のパソコンを触る際には必ず目にすることになる部分かと思います。 そして今回取り上げている 「ツールバー」と言うのは、そのタスクバーの中に格納されている項目の一つで、 特定の操作をショートカット化しておくためのエリアのことです。 混同しやすい単語ですので、きちんと認識しておいてください。 Windows10 の「ツールバー」の出し方 Window10 でツールバーが消えてしまった時の原因と出し方についてご紹介していきます。 具体的な原因としてまず考えられるのは、 タスクバーの設定がいつもと違う状態になってしまっているためにツールバーが消えてしまった可能性があります。 以下の手順で一度設定がどうなっているか確認してみましょう。 タスクバーを表示する。 何もない部分で右クリックしてメニューを表示する。 「ツールバー」を選択する。 表示したい 「ツールバー」にチェックが入っているか確認する。 チェックが入っていない場合はクリックしてチェックを入れる。 これでツールバーに関する設定はOKです。 チェックの有無に問題が無ければ別の原因を探っていきましょう。 もう一つよくあるのが、単純に タスクバー内の表示領域が狭くなりすぎていることが原因でツールバーが消えてしまっているという可能性です。 これはタスクバーの 表示位置を画面の上下ではなく左右に変更した場合なんかによく起こりがちなんですが、意外と気付きにくいポイントでもあります。 また、 タスクバーにピン留めしているアプリアイコンが増えすぎることでも同じような症状が起こるため、あまりにも数が増えてしまっている場合は、不要なピン留めを解除することで改善されます。 どうしても「ツールバー」が出ない場合は… ご紹介した方法を試してみても どうしても「ツールバー」が出てこない場合には、設定では改善できない不具合が起きている可能性が高いです。 そういった時にまず試すべきこととしては、 パソコン本体の再起動です。 システム関連の不具合については、 端末の再起動を実施することで正常な状態に戻るケースがほとんどです。 それでも改善しなかった場合は、 「システムの復元」や 「Windowsの回復機能」を使用して、正常な状態に強制的に戻す必要があるかもしれません。 「システムの復元」に関しては、事前に復元ポイントを作成していなければ利用できませんが、 設定によっては自動的に作成されるようになっているため、以下の手順で一度復元可能かどうか試してみてください。 「 +i」キーの同時押しで 「Windowsの設定」を起動する。 「更新とセキュリティ」を選択する。 「回復」を選択する。 「このPCを初期状態に戻す」の 「開始する」をクリックする。 「個人用ファイルを保持する」か 「すべて削除する」を選択する。 「リセット」をクリックする。 これで、インストールされていたアプリや設定などがすべて初期化されます。 注意してほしいのは、 「個人用ファイルを保持する」を選択することで残るファイルはごく一部だと言うことです。 保存していた動画や写真などのファイルに関しても、 保存している場所によってはすべて削除されてしまいます。 重要なデータについては、 必ず実施する前に他の場所にバックアップなどを取っておくのを忘れないでください。 まとめ 今回は、 Windows10 のツールバーが消えてしまった場合の出し方について詳しくまとめてみました。 いつも使っている機能が急に使えなくなると、作業効率もガクッと落ちちゃいますよね。 ご紹介した方法を参考に、一度設定の見直しなどを試してみてください。 また、人によっては 「ツールバー」の存在を知らなかったって方もいるんじゃないでしょうか。

次の

イラレのツールバーの表示方法とカスタマイズ【隠れツールも】

ツールバー 表示

対象:Windows 10 Windows 10では、タスクバーに「 ツールバー」と呼ぶショートカットを配置することができる。 ツールバーには、「 デスクトップ」「 リンク」「 アドレス」の3種類と、任意のフォルダなどが登録できる「 新規ツールバー」がある。 これらのツールバーを使うと、[PC]や[コントロールパネル]に素早くアクセスしたり、URLの入力だけで既定のWebブラウザを起動してそのWebページを開いたりすることができる。 本TIPSではタスクバーにツールバーを表示して、さまざまな機能に素早くアクセスする方法を紹介する。 「ツールバー」を表示する方法 タスクバーの空いているところを右クリックして、表示されたメニューから[ツールバー]を選択する。 サブメニューが開くので、後述する目的に合わせて、「デスクトップ」「リンク」「アドレス」「新規ツールバー」から選択する。 なお、同じ手順で別のツールバーを選択して、複数のツールバーを並べることも可能だ。 ツールバーを非表示にする場合は、選択したツールバーを再び選び、チェックを外せばよい。 なおマルチディスプレイ環境の場合、インジケーター領域が表示されるメインのディスプレイ(識別番号が「1」)だけにこのメニューが表示される。 ツールバー自体もメインのディスプレイ(デスクトップ)にあるタスクバーにのみ表示されるので注意してほしい。 ここからこれらのファイルを開いたり、各機能を呼び出したりできる。 また、デスクトップ上に置かれているアプリケーションのショートカットや、フォルダ/ファイルもメニューに表示される。 ここからアプリケーションを起動したり、フォルダ階層をたどってフォルダ内のファイルへ直接アクセスしたりすることも可能だ。 [デスクトップ]バーの[PC]や[ネットワーク]でも、右クリックメニューを開くことも可能で、ここから[プロパティ]を開くこともできる。 [デスクトップ]バーから[コントロールパネル]を開く [デスクトップ]バーの[コントロールパネル]をクリックすると、さらに[コントロールパネル]にある機能をたどることができる(複数の[コントロールパネル]がある場合は、横向き三角アイコンが付いている方をクリック)。 ここからその機能を呼び出すことも可能だ。 各項目の表示位置は、メニュー内でドラッグ&ドロップすれば動かすこともできる。 よく利用する項目を選択しやすいように、ドラッグ&ドロップで一番下に配置するなどするとよい。 「お気に入り」に保存したWebページを素早く開くことができる。 この際のWebブラウザは、「既定のアプリ」で設定されているものが使われる。 この「お気に入り」をクリックすると、既定のアプリで設定されているWebブラウザ(デフォルトWebブラウザ)で、そのWebページが開く。 [お気に入り]フォルダのパスは、そのプロパティの[場所]タブに記されている。 「既定のアプリ」の「Webブラウザー」を「Google Chrome」にしておけば、[リンク]バーからブックマークされたWebページをGoogle Chromeで開くことができる(既定のWebブラウザを変更する方法は、Tech TIPS「」参照のこと)。 なお、[リンク]フォルダにアプリケーションのショートカットを作成しておけば、[リンク]バーからアプリケーションを起動することも可能だ。 頻繁に起動するアプリケーションのショートカットを置いておけば、[スタート]メニューの代わりとしても活用できるだろう。 さらに[リンク]フォルダにファイルを保存しておけば、[リンク]バーからそのファイルを関連付けられたアプリケーションで開くこともできる。 アプリケーションのショートカットやドキュメントファイルなどが、デスクトップ上に散乱しているような人は、この「リンク」ツールバーを利用すると整理できるだろう。

次の

windows10でネット画面にメニューバーを表示したい

ツールバー 表示

もし、ツールバーが「非表示」になってしまった時は、これで表示させることができます。 Fキーを2回押すとツールバーが非表示になる ツールバーが非表示になってしまう原因の1つとして、Fキーが全画面表示のショートカットキーになっていることがあります。 正しく使えば便利です。 2回、「F」キーを英数字入力状態で押すと全画面になり、さらに押すと普通の表示画面に戻ります。 全画面表示ではツールバーだけでなく、他のツールのウィンドウも全て非表示になります。 これはこれで便利ですが戻し方を知っていると安心です。 タブボタンを押すとツールバーが表示、非表示になる Illustratorは、「Tab(タブ)」を押すとツールバーが非表示になります。 画面が広く使えるのですが、全てのツールウィンドウが非表示になります。 もう一度、Tab(タブ)を押すと全てのウィンドウが表示されます。 ワークスペースで表示を元に戻す ツールのウィンドウの表示、非表示はワークスペースで保存しておくことができます。 元のレイアウトに戻したい。 または、お気に入りのレイアウトを保存したい場合は「ワークスペース」に保存し、読み込むことで最適な作業環境画面のレイアウト(ウィンドウの配置順、表示非表示状態)を保存、復元できます。 ツールバーのカスタマイズ ツールバーの下にある「・・・」マークをクリックします。 ツールバーをカスタマイズできます。 新しいツールバーを選ぶと「名前をつける」ことができます。 右上をクリックすると、「新しいツールバー」メニューがでてくるので選んで名前をつけて、あとは自由にカスタマイズしましょう。 ドラックアンドドロップで、使うツールを新しいツールバーに移動させます。 カスタマイズしたオリジナルのツールバーを作成できます。 必要なツールだけ登録したりできます。 またツールアイコンのなかにツールを入れ子にする場合は、すでにドラッグアンドドロップで追加したアイコンの上に 重ねてドラッグアンドドロップすると、アイコンの中に隠しツールとしてツールを登録できます。 ツールバーの「隠れツール」を表示して使う方法 Illustratorには隠れツールがあって、それが物凄く便利でしょっちゅう使います。

次の