アルゼンチン 恋愛。 日本とは天と地の違い!アルゼンチンの恋愛事情・11のポイント

アルゼンチン人の恋愛!イケメンの特徴や性格、英語や顔など…彼氏やスペイン語、人口(アルゼンチン人口)、女性について

アルゼンチン 恋愛

[目次]• アルゼンチンの基本情報 アルゼンチンは南米大陸にある縦長に長い国です。 面積は278万㎢で、日本の約7. 南米ではブラジルの次に国土が大きいと言われています。 首都はブエノスアイレスです。 気候は亜熱帯、温帯、乾燥帯、寒冷気功の4つに分かれています。 ブエノスアイレスなど中心部は四季がはっきりしており日本に似ていますが、南のパタゴニア地方は年間を通して気温が低く寒く感じます。 ただし、 南半球のため季節はどこも日本と真逆になります。 時差はアルゼンチンが12時間遅れており、サマータイムはありません。 日本からの直行便はなく、経由便であれば、アメリカン航空、デルタ航空、エミレーツ航空が利用できます。 経由地はアメリカのアトランタやダラス、もしくはヨーロッパのロンドンやフランクフルトです。 ビザは90日以内の滞在であれば不要です。 ただし、留学やワーキングホリデーの場合「一時滞在査証」の申請をしなければいけません。 本記事の最後の項目で詳しく紹介しています。 物価は日本よりも数割安いくらいです。 タクシーの初乗りは80円、500mlのミネラルウォーターは60円。 ただし経済が不安定なため、価格は急変することもあります。 アルゼンチンの特徴 アルゼンチンには、「格安でスペイン語を学べる」「南米のパリと呼ばれるほどきれいな街並み」「南米初のワーキングホリデー共和国」という3つの特徴があります。 特徴1 格安でスペイン語を学べる スペイン語を話す人の数は、世界で4億2千万人にものぼります。 世界で4番目に話されている言語でもあり、アルゼンチンもスペイン語を使用しています。 他の国と比べると物価や授業料が安いため、格安で留学ができます。 特に アルゼンチンの国公立大学は入学金・学費が無料です。 授業料がかからないため、費用をおさえることができます。 ただし無料で留学できる分、授業のレベルが高いです。 そのため卒業は簡単ではありません。 また大学への入学が語学の習得を目的としている場合、寄付金が必要です。 それでも半期で1万円、1年間で2万円。 留学費用全体としては、月に平均30万円あれば問題ありません。 授業料が月に15万円と、生活費が10万円。 そこに、最初は航空券代が加わります。 航空券は平均12万円です。 他の国や日本でスペイン語を勉強するよりは、安くおさえられるはずです。 特徴2 「南米のパリ」と呼ばれているほどきれいな街並み アルゼンチンは街並みがきれいで洗練された雰囲気があります。 特に、首都のブエノスアイレスは「 南米のパリ」と呼ばれるほどの美しさです。 アルゼンチンは移民の国です。 スペインやからの移民が多く、街並みにも影響を与えてきました。 またアルゼンチンにはおしゃれなカフェやレストランも多く、街の人もおしゃれをして出かけています。 きれいな街並みで、充実した留学生活を送れるでしょう。 特徴3 南米初のワーキングホリデー共和国 アルゼンチンは、2017年5月に 日本とのワーキングホリデーの協定を結びました。 南米では初めてということもあり、これから人気が出る可能性の高い国です。 今までワーキングホリデーというとオセアニアやヨーロッパ、アジア圏が中心で学べる言語も英語が中心でした。 しかし、アルゼンチンにも18歳から30歳までであればワーキングホリデーとして渡航できることになり、期待が高まっています。 アルゼンチン留学のメリット アルゼンチン留学には、「独自の留学方法がある」「広大な自然を楽しめる」「南米の中では比較的治安が良い」という3つのメリットがあります。 メリット1 サッカーやタンゴなどめずらしい留学ができる アルゼンチンは、タンゴやサッカーが盛んな国。 見るだけでなく、 留学して実際にタンゴやサッカーを学ぶこともできるのです。 アルゼンチンでできる留学の種類は、以下の通りです。 ・語学留学 ・大学留学 ・タンゴ留学 ・サッカー留学 語学学校のコースに「サッカーコース」のように専門コースとして用意されている場合もあれば、自ら学べる場所を見つけても問題ありません。 スペイン語だけでなく、新たな趣味となりそうなことも勉強できることが魅力です。 メリット2 広大な自然を楽しめる アルゼンチンだけでなく、南米はとにかく自然が広大です。 休日や留学後の時間を利用して、アクティビティに出かけることもできます。 アルゼンチンには、パタゴニア、イグアスの滝、ペリト・モレノ氷河といった絶景スポットがたくさんあります。 さらに近隣国に行けば、ウユニ塩湖やマチュピチュ、イースター島など、世界的に有名な観光スポットがたくさん。 日本から何回も行くよりも、はるかに費用と時間の節約にもなります。 広大な土地だからこその景色に、感動すること間違いなしです。 メリット3 南米の中では治安が良い アルゼンチンは治安が悪いとされる南米の中は治安は良い方で、南米の国の中では留学しやすい国です。 初めての南米であっても、比較的安心して過ごせるでしょう。 南米というと日本から遠くてどんな雰囲気なのか、イメージしにくくありませんか?また、「南米はどこも治安が悪い」なんて声を聞くこともあります。 しかし、アルゼンチンは南米の中でも発展しており、街中には高層ビルやショッピングモールなども多数建てられています。 夜遅くに出歩かない、危険なエリアに行かない、一人で人気の少ないエリアを歩かない、金目の物を持ち歩かないなど、最低限のことにしっかり注意すれば危ない目にあうことは少ないはずです。 アルゼンチン留学のデメリット アルゼンチン留学には、「スリや盗難に注意」「経済が不安定」「留学の情報が少ない」といったデメリットがあります。 デメリット1 スリや盗難には注意しよう 先ほどメリットで、「南米の中では治安が良い」とお伝えしました。 確かに殺人や強盗が毎日何度も起こるわけではありませんが、最低限の注意は必要です。 特に、首都のブエノスアイレスでは ケチャップ強盗がよく報告されています。 観光客にわざとケチャップをかけて、注意を引きます。 そしてそこに別の親切なおばさんがやって来て、ケチャップを拭き取ってくれます。 しかし実は ケチャップをかけた人とおばさんはグルで、拭き取っている間にカバンや貴重品を盗むという手口なのです。 観光客を狙った手口で、日本人の被害者も多いです。 なにかをかけられたら、すぐにその場を立ち去り、カバンや貴重品を離さないようにしましょう。 デメリット2 経済が不安定 アルゼンチンは長年経済が安定せず、現地通貨の価値が日々落ちています。 そのため、両替やキャッシングのタイミングには要注意です。 日々通貨の価値が変わるほと経済が安定しておらず、物価もよく変動します。 「1年前の情報でも当てにならない」と言われるほどで、常に最新の情報をチェックする必要があります。 また両替は一度に何万円もするのではなく、こまめにするのがおすすめです。 そのときのために、ドルやユーロを持っておきましょう。 ドルやユーロであれば、価値は頻繁に変わりません。 5万円分ほど常時持っておくと、通貨が下落したときでも安心です。 デメリット3 留学制度が整っておらず情報が少ない ワーキングホリデーが2017年に始まったばかりのように、アルゼンチン留学は経験者がまだまだ多くありません。 制度が整っていないため、情報収集に苦労するかもしれません。 そもそも、スペイン語留学でアルゼンチンへ行く人が、今までそれほど多くありませんでした。 フライト時間が長く、時差も激しいことから、留学するならば近場の国を選ぶ人が多かったようです。 情報は少なくて苦労するかもしれません。 しかし、留学エージェントの利用や経験者を探して話を聞くことで、不安や疑問は解消されます。 自分で切り開く力は必要ですが、貴重な経験となるでしょう。 アルゼンチン留学で利用できるビザ一覧 アルゼンチン留学で知っておくべき、ビザの種類について解説します。 アルゼンチンは90日以上の留学とワーキングホリデーを利用する場合に、必ずビザが必要です。 90日以内の語学留学ならば、基本的には必要ありません。 ビザには以下の2種類あります。 ・ 一時滞在査証 ・ ワーキングホリデービザ 一時滞在査証とは、語学留学をする人が対象となるビザ。 学位の取得を目的としているならば、必ず取得してください。 反対にワーキングホリデービザは現地で働く経験がしたい場合に必要です。 18〜30歳の健康な、過去に犯罪歴がなく、海外旅行保険に加入している人であれば申請ができます。 ただし、150USドル(約18,000円)の申請料が必要となるため、忘れないようにしてください。 まとめ 日本と正反対の場所に位置するアルゼンチン。 南米のパリと呼ばれるほどきれいな街並みや広大な自然で、人々を惹きつける国です。 アルゼンチンには、以下のような特徴がありました。 ・ 格安でスペイン語を学べる ・ 南米のパリと呼ばれるほどきれいな街並み ・ 南米初のワーキングホリデー共和国」 タンゴやサッカーといった珍しいスタイルの留学ができる国ですが、反対にまだまだ留学する人が少なく、情報が少ないというデメリットもあります。 しっかりと調べて、留学の準備を進めていきましょう。

次の

アルゼンチン人男性の恋愛傾向

アルゼンチン 恋愛

世界中の日本人と繋がる海外移住コミュニティ 世界へ広がる海外移住コミュニティ「」へ招待します 海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています 1. アルゼンチンは多様な人種が共存する移民の国 歴史的に多くの移民を受け入れてきたアルゼンチンは、国民の約97%がヨーロッパ人種。 特に白人が多いですが、髪や目の色が違うのは当たり前。 イタリア、スペイン、ドイツ、または中東やアジア圏からなど、家族の歴史も習慣も様々です。 現地に溶け込める心地良さ アルゼンチン人のルーツが多様であるということは、見ただけでは誰がアルゼンチン人か外国人が分からないということ。 自分がすっとその土地に馴染める、移民国家ならではの心地良さを感じられるはずです。 個性を尊重するアルゼンチン気質 多民族と共存する アルゼンチン人は多様性や個性に対して寛容です。 見た目についても、タトゥーのある銀行員やモヒカンの公務員がいるぐらい自由な雰囲気。 仲間内にちょっと困った人がいても「ああいう人だからこそ助けてあげなくちゃ」と周囲がすかさずフォローしたり、笑って流したり。 型どおりの常識を押し付けないアルゼンチン人と接していると、自然体の自分を取り戻せるかも。 スポンサーリンク 2. 日本から一番遠い親日国家 アルゼンチンは日本から最も遠い国の一つですが、19世紀以降に多くの日本人がアルゼンチンへ移住し、現在では 約3万人の日系人と在留邦人が暮らしています。 日本人はアルゼンチンの人々にどう見られているのでしょう。 親日は日系人のおかげ 約1世紀以上に渡って勤勉に働き、誠実に暮らして来た日系人のおかげで、 アルゼンチン人の日本人に対する評価、好感度はとても高く、大の親日国家と言われています。 第2次世界大戦中は絶対中立を宣言し日本への攻撃に加担せず、日系人の財産没収や強制収容所送りなどの弾圧をしなかった唯一の国で、戦後には日本に多くの救援物資も送ってくれました。 ここで暮らしていると、日本人というだけで良くしてもらうことが多々あります。 日本食材が手に入る 日系人が多いことから、 都市部では日本食材が手に入りやすく便利です。 ブエノスアイレスには日系人が経営する日本食材店があり、品数も豊富。 お米、ラーメン、お菓子、調味料など一通りのものが買えます。 他にも首都の中華街では缶ジュースやお菓子、麺類、海苔や乾燥わかめなどが、また健康食材をセレクトしているお店などでもゴマ、海苔、ビーフン、お寿司用の米などを扱っています。 日本文化と触れ合える・参加できる 日本食だけでなく、日本文化に興味を持つアルゼンチン人も多く、 空手や剣道などの道場もよく目にします。 特に首都の在亜沖縄県人連合会では日本語、生け花、書道、各種武道など多くのお教室が開かれ、年間400人もの受講者がいます。 首都では毎年12月に盛大な沖縄祭りが、首都近郊の街ラ・プラタでは毎年1月に南米最大の盆踊りが開催され、大勢の人出で賑わいます。 あなたのできる日本文化的なことが、ここアルゼンチンでも役に立ち、現地の人々に喜ばれるかもしれません。 スポンサーリンク 3. 日本と変わらないアルゼンチンの生活水準 アルゼンチンのGDPは 世界第21位で、中南米ではブラジル、メキシコに次いで第3位。 ある程度何でも揃う中進国と考えて良いでしょう。 アルゼンチンは食料自給率が高く、飲料水など天然資源が豊富で、災害も紛争もなく、 暮らしやすい条件が比較的揃っていると言えます。 中南米でも高い教育水準 アルゼンチンの識字率は97. 9%で、中南米ではキューバ、ウルグアイに次いで高く、 初等教育在学率もほぼ100%と言われています。 「教育と医療は国民の権利」という思想に基づき、公立学校は小中高共に無料。 大学も国立なら無料で無試験、誰でも入学できるように門戸が開かれていますが、学習レベルはとても高く、卒業できるのはわずか20〜30%と言われています。 ツーリストも無料の公共医療 アルゼンチンではインフォーマルに働く人、失業者、果ては旅行者までも 無料で受診できる公共医療サービスが充実しています。 患者数が多いため待ち時間は相当長いですが、この国の公共医療機関のレベルの高さは有名で、近隣諸国からも多くの難病患者が訪れます。 インフレと物価には要注意! 国産の食材などは日本よりも安いですが、高関税のため輸入品は全体的に日本以上に高く、外食なども価格競争の激しい日本と比べると高額なので、先進国ではないからと低コストを期待していると裏切られるでしょう。 また、 インフレ率も月4%前後のため、物価は日常的に上がります。 ただしアルゼンチンペソの対ドル(ユーロ)レートも日々変わるため、 生活費を外貨建てで用意すれば多少のインフレには対処できます。 アルゼンチンの移住予算の計算は、先を見越して多めにしておくことをお勧めします。 世界各地の人々と繋がるコミュニティ 世界へ広がる海外移住コミュニティ「」へ招待します 海外ネットワークの構築と情報収集、新しいことへのチャレンジと出会いが待っています 4. 移民の国・アルゼンチンのビザ事情 移民国家であることから、ビザに関しては比較的移住のしやすい国の一つと言えるでしょう。 特に観光ビザは簡単に延長できるため、移住を決める前に一度長期滞在をしてみることをお勧めします。 180日間滞在できる観光ビザ 観光であれば90日間ビザなしで滞在でき、期限切れの前に移民局で手続きをすれば、 1回のみ90日間の延長を申請することができます。 またブエノスアイレスから船でラプラタ川を渡って1時間の場所にある、ウルグアイのコロニア・デル・サクラメントという町で観光した後、アルゼンチンに再入国することで更に90日間のビザが取れるため、この方法で長期滞在をしている外国人が大勢います。 その他の滞在オプション 観光ビザの他に• 一時滞在ビザ• 投資家ビザ• シルバー移住ビザ などがあります。 一般的に取得が難しい永住ビザも、一時滞在ビザで3年以上アルゼンチンにいれば申請できるなど、他国と比べてハードルが低いです。 アルゼンチン人との婚姻やアルゼンチン国内で出産した場合も、子供は国籍、親は永住ビザが取れます。 スポンサーリンク 7. 広い国土のどこに住む? 日本の7. 5倍の国土面積を持つアルゼンチンは、北に世界3大滝の一つであるイグアスの滝、南にペリト・モレノ氷河や世界最南端の都市ウシュアイアなど、変化に富んだ自然環境を擁する大国です。 移住候補No.1は魅惑の街ブエノスアイレス コロニアル調の美しい街並み、お洒落なカフェテリアや雑貨屋、蚤の市のアンティーク、斬新なデザインのショップの数々、熱い戦いが観られるサッカースタジアムと、魅力満載のブエノスアイレスには外国人滞在者用に家具付きの物件も多く、長期滞在や移住の候補として一番人気です。 まずはここでアルゼンチン移住をスタートさせ、各地を旅して本当に自分に合った場所を探してみるのもいいかもしれません。 移住先としてこんな都市もあり!• 歴史の深いアルゼンチン 第2の都市コルドバ• パラナ川の流れる芸術の 街ロサリオ• ワインの産地 メンドーサ• 南米のスイスと呼ばれる 湖の街バリローチェ• 広大な自然に抱かれた パタゴニア など、移住先の選択肢はいくつもあります。 国内には長距離移動できる電車はありませんが、首都から快適なバスがたくさん出ているので、ぜひ利用して訪れてみてください。 アルゼンチンを移住したい方へのメッセージ 海外移住は決して夢物語ではありません。 まずは「できっこない」という先入観を捨てて、自由な心でイメージしてみてください。 ただし、長期滞在も移住も事前の準備が必要です。 アルゼンチンの現地事情をしっかり調べて用意をしたら、まずは土地との相性を確かめるためにも、一度は現地に行ってみることをお勧めします。 「言葉ができないから不安」という方、スペイン語は一度発想を理解すると、とても楽しく勉強できる言語です。 やる気になれば今日からでも始められますよ。 【アルゼンチンの関連記事はこちら】• 過去の記事一覧は.

次の

アルゼンチン人の特徴(性格・見た目・恋愛観)と出会いの方法

アルゼンチン 恋愛

ブエノスアイレス恋愛事情 Medianeras 監督 () 脚本 グスターボ・タレット 製作 ナターチャ・セルビ エルナン・ムサルッピ 製作総指揮 バルバラ・フランシスコ クリストフ・フリーデル ルイス・ミニャーロ 出演者 音楽 ガブリエル・チョイニク 撮影 レアンドロ・マルティネス 編集 パブロ・マリ ロザリオ・スアレス 製作会社 Eddie Saeta S. 70 『 ブエノスアイレス恋愛事情』( - れんあいじじょう、 Medianeras)はの・・合作の。 監督は ()、出演はとなど。 2011年2月にで初上映され 、同年8月の第39回 ()()でラテン映画(外国語映画)部門の作品賞、監督賞、観客賞を受賞している。 日本では2013年4月21日にで放送された 後、同年11月16日よりなどで全国順次ロードショー公開された。 また、日本版は2014年8月27日にレンタル開始、同年9月3日に発売されている。 ストーリー [ ] 急激な発展を続け、様々な建築物が混沌と立ち並ぶ大都会を舞台に、孤独な30代の男女の恋愛模様をユーモアを交えて描く。 フリーランスのであるマルティンは、仕事そのものは順調だが、7年前に恋人に捨てられてから、彼女が残した犬ススと引きこもりの生活を送っている。 様々なで乗り物にも乗れない彼は、そんな自分を変えようと、外の世界に出て行く。 そして、犬の散歩を仕事にしながらを書いているという若い女性アナや、ネットで知り合った外国語好きのマルセラと関係を持つが、上手く行かない。 向かいのマンションに住む女性マリアーナは4年間付き合った恋人と別れたばかり。 になって2年が経つが未だに何も造っていない。 での彼女はの装飾の仕事をしている。 そんな彼女も、仕事で知り合ったルーカスにデートに誘われたり、プールで出会った精神科医のラファと関係を持ったりするが、上手く行かない。 マルティンとマリアーナは街中で何度もすれ違っているのだが、互いの存在を意識したことはなかった。 ある晩、2人は互いの正体を知らないままチャットで知り合う。 ところが会話が盛り上がって来たところで突然停電が起きる。 2人はそれぞれロウソクを買うために近くの売店に行き、顔を合わせる。 互いにチャットの相手だとは気付かないものの、2人はかすかに相手の存在を意識する。 夜が明け、2人はそれぞれに想いを新たに朝を迎える。 そして、運命に導かれるように2人は出会う。 キャスト [ ]• マルティン -• マリアーナ -• アナ - ()• ルーカス - ()• ラファ - ()• マルセラ - ()• 医者 - ()• マリアーナの元カレ - ()• マルティンの元カノ - () 製作 [ ] ()監督が自己資金2,000ドルで制作した2005年の短編映画『 Medianeras 』(本作の原題と同じ)が、の ()グランプリ をはじめ、国際映画祭で40余りの賞を受賞したことから長編で制作することになり、2007年から脚本を書き始め、2008年に6週間で撮影、それから1年かけてを行ない、2011年に公開された。 本作を制作するきっかけは、2003年にタレット監督が「近所に住んでいるのに、互いを知らない男女」の物語を思いついて街の写真を撮る中で「建築が人々に影響を与えている」ことに気付き、「大都市に住む人々の疎外感と建築、バーチャルな時代との関係について語りたくなった」ためである。 参考文献 [ ]• 2013年4月14日閲覧。 EscribiendoCine. 2013年4月14日閲覧。 2014年1月6日閲覧。 スペイン語. EscribiendoCine. 2011年8月14日. 2014年1月6日閲覧。 2014年1月6日閲覧。 2013年4月14日閲覧。 アメイジング D. 2015年8月17日閲覧。 2014年1月6日閲覧。 クレルモン=フェラン国際短編映画祭. 2014年1月6日閲覧。 「ブエノスアイレス恋愛事情」公式サイト. 2014年1月6日閲覧。 関連項目 [ ] 作中に登場• ()(コリナ・カヴァナによって建てられたビル) 外部リンク [ ]• (日本語)• (スペイン語) (英語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の