消印有効 いつまで。 消印有効と当日消印有効ではどんな違いがあるの?

消印有効と当日消印有効ではどんな違いがあるの?

消印有効 いつまで

4月1日に消印が押されていた郵便物であればその日を越えて(例えば4月3日)発送物が届いても有効。 といった感じになります。 割と勘違いしやすい所ではありますね。 当日必着というものもある 当日消印有効とセットで覚えておきたい言葉が当日必着。 よく応募する際は消印有効または当日必着である事が多いんですよね。 当日必着というのはその言葉の通り、 締切日までに郵便物が届けば有効 という事になります。 つまり 4月1日に送って4月2日に届いたとしても必着日が4月1日であればNG。 となってしまうのです。 つまり消印有効よりもより早く送る必要があるという事なんですね。 なので何かを応募する際は 「当日消印有効」か「当日必着」なのかしっかりと確認しておきましょう。 まぁ一番なのは締め切りより余裕をもって投函する事ではありますが 笑 でも忙しいのにギリギリまで時間がかかってしまう事もありますしね。 必着の際は特に注意をしましょう。 スポンサードリンク 消印有効は何時まで有効? では消印有効を当日押してもらえるのは何時までに送れば良いのか確認していきましょう。 ポストに投函する場合と郵便局に直接届ける際の二つあると思うので別々に記載します。 郵便物をポストに投函する場合 ポストに投函する場合はまず集客時間に気をつける必要があります。 郵便ポストに入れられた郵便物に関しては毎日回収してくれるのですが、回収時間はポストによって大きく異なります。 夕方近くまで回収してくれるポストもあればかなり早い時間に回収が終わってしまうポストもあります。 当然ながら回収されなかった場合は翌日回収となるので消印を押してもらうのも翌日になります。 ポスト投函は要注意! なのでもしポスト投函で当日確実に押してもらいたいのであれば 朝8時ぐらいまでに投函すると良いでしょう。 そして昼以降のポスト投函はやめた方が良いでしょう。 早くない!?と思われがちですが、確実に回収してもらうのであればまだ集客する方が勤務する前に投函する必要があるんですよね。 もしその時間が厳しいのであれば郵便局に行って直接渡す方をオススメします。 それは後で説明します。 郵便局に直接持っていく場合 当日消印を押してもらうもうひとつの方法としては郵便局に直接持っていく場合。 先に言うと個人的にはこちらがオススメ。 というのも郵便局に直接渡した場合はその日に確実に消印を押してくれるからです。 ポストの場合は確実とは言えないのでもし有効日当日まで送るのが遅くなってしまった場合は直接持っていく方が良いんですね。 ただ郵便局に持っていく場合も注意点があり、それは 郵便局の営業時間 支店によって営業時間が異なります。 ゆうゆう窓口など夜遅くまでやっている支店もあれば15時には締めてしまう支店もあります。 なので郵便局に行く前にお近くの郵便局が何時まで窓口対応しているのか確認した方が良いでしょう。 ポスト投函を朝早く行う• 土日でもやっている郵便局まで持っていく この二つが選択肢となるでしょう。 ポストの集客は基本365日行われています。 そして集客されて発送する作業は、休日でも休まず消印を押してもらえます。 ただ土日は平日に比べて回収の回数が少ない事が大半で午前中のみという所も多いです。 なのでやはりポスト投函の場合は朝8時までに行うようにしましょう。 そしてもうひとつの別の郵便局まで持っていく方法ですが、大型の支店になると土曜日、また日曜まで窓口を行っている店舗があります。 とはいえどちらかといえば休日でもやっている店舗の方が少ないので探す場合はあらかじめ上記で調べるか店舗を検索して営業時間を確認しておきましょう。 有効日ギリギリになる前に送るよう心がける.

次の

消印有効は何時までに出せばいいの?ポストと窓口の違いも解説!!

消印有効 いつまで

当日消印有効の意味は? 当日消印有効というのは応募書類などの受け取りにおける有効性を判断するものとして利用されます。 懸賞への応募• 入試の願書• 試験の申込• エントリーシートの送付• 確定申告 などの提出は当日消印有効として期限が設定されていることがあります。 懸賞は別として入学試験の願書や試験申し込み、就職のためのエントリーシート送付、確定申告などはかなり重要な書類の扱いです。 消印とは何か? そもそも、消印というのは郵便局において切手やはがきが使用済みであるということを示すためのスタンプです。 切手の効力・価値を償却するために消印と呼びます。 この消印は郵便局において押印されます。 ハガキ• 定形郵便• 定形外郵便• レターパック• レターパックライト これらの郵便物が消印が押される対象となります。 で、消印有効というのは、消印が押された日=その書類が郵便局によって受理された日ということになるため、受付期限を決めるのによく使われるわけなのです。 消印日はポストに投函した日ではないのでご注意 いつ、消印が押されるのか?ということですが、ポストに出した日ではないです。 そのポストに出した郵便物が回収されて郵便局で手続きされる必要があります。 ポストに出した日に確実に消印を押してもらうには当日の郵便物の回収時間を確認して、当日の回収前であることを確認しましょう。 当日の最終回収時間を過ぎている場合は、はがき(郵便物)の回収が翌日扱いとなり、消印が押されるのも翌日になってしまいます。 当日の最終回収時間までに投函:OK• 当日の最終回収時間を過ぎて投函:NG というわけですね。 集荷時間を過ぎたなら郵便局の窓口に。 何時までOK?土日は? 確実に当日の消印を押してもらいたいなら郵便局の窓口に持って行きましょう。 郵便窓口の受付時間は郵便局ごとに違います。 15時まで17時まで19時までといったように郵便局ごとに時間が異なりますが、郵便窓口にはがきや封筒を直接持って行けば消印してくれます。 営業時間を過ぎてしまった……という場合は、各地の中央郵便局に確認をとってみましょう。 都市部の中央郵便局は深夜まで手続きを受け付けていることが多く当日中なら「ゆうゆう窓口」深夜24時ギリギリでも当日の消印を押してくれます(営業時間は郵便局によって異なります。 都市部は土日祝日を含めて24時間営業しているところもあります。 ギリギリでどうしても今日の日付の消印が必要という場合は「」からお近くの郵便局の営業時間を確認の上、持ち込みをするようにしましょう。 こうした応募などは余裕を持ってやっておきたいものですが、なぜか当日のギリギリの時間になって「今日までだった……」と気付くこともありますよね。 そんなときのお役にたてれば幸いです。 当日消印有効、1日でも遅れたらアウト? たとえば11月10日の当日消印有効の応募用紙、提出を忘れていて11月11日に送った場合はどうでしょう? 理屈から言えばアウトになると思います。 ただ、多数の応募を受け付けるケースではイチイチ消印を確認しないケースもあります。 国内の郵便物は特段の特殊なポストを除けば5日程度あれば全国どこでも届きます。 なので、当日消印有効としている場合でも「有効日+5日」くらいに届いた郵便物についてはチェックなしにOKとするケースもあると考えられます。 もちろん、厳密に判断しているところもあると思うので、断定はできませんが、1日を過ぎたら絶対にダメかはわかりません。 ダメ元でチャレンジしてみる価値はあると思います。 クロネコヤマトや佐川急便に消印はある? たとえばクロネコヤマトの場合、ネコポス。 佐川急便だと飛脚メール便のような配達方法があります。 結論から言うと、これらの方法には消印は押されません。 こうした方法で送ることができないわけではありませんが、おすすめはできません。 この場合は期限日までに必着とするようにしましょう。 当日消印有効と必着の違い 当日消印有効と並んで良く利用されている期限に「必着」があります。 必着とは10月10日必着であれば、10日までに到着しなければ有効となりません。 いつ出されていたとしても11日以降に到着した分は無効になります。 一方で10月10日当日消印有効というのは、10月10日に郵便局のスタンプ(消印)が押されていれば到着日は10月12日でも、10月15日でも有効ということになります(そんなに遅れてしまうことはめったにないでしょうが……)。 以上、当日消印有効のハガキを送りたいときは当日何時までなら間に合うのか?ということを調べてみました。

次の

「必着」の意味と使い方とは?「当日消印有効」との違いも解説

消印有効 いつまで

例えば、あるキャンペーンの応募期間が5月1日から5月10日までで当日消印が有効の場合、5月1日から9日はもちろん、締め切り日である5月10日の消印が押された応募ハガキも有効であり、キャンペーンの参加対象となります。 重要なのはあくまでも消印の日付であり、上の例において、5月10日以前の消印が押されたハガキが締め切り日以後に応募先に届いたとしても何ら問題はありません。 当日消印有効がその郵便物に対象期間の最終日以前の消印が押されていることを条件とするのに対し、当日必着は 対象期間の最終日までに郵便物が宛先に配達されていなければなりません。 通常の郵便物は早くても翌日、一般的には差出日の翌々日に配達されますので、当日必着が条件の場合は対象期間の最終日の2日前には当該郵便物を発送する必要があります。 消印が押される時間 消印は、 日本郵便(郵便局)が郵便物を引き受けたその日のうちに押されます。 と言うよりも法律上その日のうちに押されなければならないのですが、郵便物を引き受けた場合に郵便業務を行う会社つまり日本郵便が当該郵便物に当日の日付の消印を押さなければならないことが郵便法にて規定されているため、当日に引き受けた郵便物にその前日や翌日の消印が押されることがあってはならないのです(郵便法第70条第3項第5号)。 Point 消印は郵便物の引き受け日(窓口に郵便物を差し出した日)に押される よって、例えば入学願書の提出期間が5月1日から5月10日で当日消印有効の場合、最終日の5月10日のうちに郵便局の窓口(ゆうゆう窓口を含む)に必要書類を差し出せば、願書の提出条件を満たします。 当日消印有効はその郵便物に締め切り日までの消印が押されればよいことを意味していますので、あくまでもその日の郵便局の営業時間内に当該郵便物を差し出せばよいのであり、仮に当日発送便の受付終了時間を過ぎてしまっても何ら問題ありません。 ただし、窓口が営業を終了してしまってはどうしようもないので、日本郵政の郵便局検索ページで郵便物を差し出す予定の店舗の営業時間を確認しておきましょう。 なお、重要な書類を提出する場合など本当に当日の消印が押されるのかどうか心配な場合は窓口で係員に念押しするのもよいでしょうし、 切手を貼らず料金を現金で支払うことで消印の代わりとなる証紙をその場で貼り付けてもらえますので、より安心できると思います。 ポスト投函時は要注意 郵便物をポスト投函する場合は、注意が必要です。 と言うのも、ポストに投函された郵便物については、郵便物がポストに投函された時間ではなく、 郵便物がポストから回収され集配を行う郵便局に持ち込まれた時間が引き受け時間となるのです。 従って、回収時間が午前10時と午後3時に設定されるポストに郵便物を投函する場合は、締切日の午後3時前に投函を済ませる必要があり、午後3時以降(回収後)に投函された郵便物はその翌日に回収され集配局に持ち込まれるため、当日の消印が押されません。 提出締切日の翌日の消印が押されても何の意味もありませんので、郵便物をポスト投函する場合は必ず回収時間を確認し、それを過ぎてしまった場合は直接郵便局の窓口に持ち込んで下さい。 ゆうゆう窓口は日本郵便が運営する窓口で、地域の拠点となる郵便局に設置されるのですが、郵便窓口が開いていない時間帯にも営業しており、受けることができるサービスは郵便窓口とほとんど変わりません。 もちろん郵便物の引き受けにも対応しており、差し出した郵便物には当日の消印が押されますが、特に大きな郵便局に併設されるゆうゆう窓口は24時間営業していることもありますので、その場合は提出期限の最終日の23時59分までに郵便物を差し出せば、提出条件を満たすことができます。 まとめ 消印は、郵便物の引き受けが行われたその日に押されます。 よって当日消印有効の場合、提出期限の最終日までに郵便局の窓口またはゆうゆう窓口に郵便物を差し出せばよいですが、窓口の営業時間に注意しなければなりません。 また、郵便物をポスト投函する場合は、その回収時間を必ず確認して下さい。 まとめ• 当日消印有効は、提出期間の最終日以前の消印が押されていればよいことを意味する• 消印は郵便物の引き受けが行われたその日に押される• ポスト投函された郵便物は、郵便物が回収され集配局へ持ち込まれた時点で消印が押される• 夜間や土日祝日にゆうゆう窓口で郵便物を差し出す場合もその日の消印が押される 終わりに 今回は、当日消印有効の意味と消印が押されるタイミング、締め切り日の郵便物の差し出し方について投稿しました。 まずは時間に余裕を持って必要書類を提出することが大事ですが、もしも有効期間の最終日に郵便物を差し出さなければならない時は、郵便窓口やゆうゆう窓口の営業時間内に郵便物を持ち込みましょう。

次の