マイ インターン 名言。 大人のベンの名言が凄い!映画「マイ・インターン(あらすじ・感想)」おすすめ!│映画好きの経理スペシャリストのブログ

マイインターンの名言!ベンの言葉から学べること!|CINEMA Adjust

マイ インターン 名言

ストーリー [ ] でファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズは、短期間で会社を拡大させることに成功し公私ともに順調な毎日を送っていた。 そんな彼女の会社にで採用された70歳の老人ベンがやってくる。 若者ばかりの社内で当然浮いた存在になってしまうベンだったが、いつしか彼はその誠実で穏やかな人柄によって社内の人気者になっていくのだった。 一方その頃、ジュールズには公私ともに大きな問題が立ちはだかっていた。 双方において大きな決断を迫られた彼女は、誰にも自身の気持ちを打ち明けることができず苦しい日々を送っていたが、そんな彼女を救ったのは他でもないベンだった。 ベンの温かな励ましを受けていくうちに、いつしかジュールズも彼に心を開くようになっていく。 ベンの言葉から勇気をもらったジュールズは、目の前に立ちはだかる数々の難問に立ち向かっていく決意をする。 ベン・ウィテカー - ()• ジュールズ・オースティン - () ファッションサイトを運営する会社のCEO。 フィオナ - ()• マット - ()• ペイジ - ジョジョ・クシュナー()• キャメロン - ()• ジェイソン - ()• デイビス - ()()• ルイス - ジェイソン・オーリー• ベッキー - クリスティーナ・シェラー() 興行収入 [ ] 本作は2015年9月25日に全米3305館で公開され、公開初週末に1772万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場2位となった 評価 [ ] 本作に対する批評家の評価は肯定派優勢の賛否両論となっている。 7点となっている。 サイト側による批評家の意見の要約は「『マイ・インターン』は上司が女性で部下が男性という時流に即したテーマを十分に掘り下げることができていない。 しかし、ハサウェイとデ・ニーロという意表を突く組み合わせがいい雰囲気を作り出している。 」となっている。 なお、本作のはA-となっている。 テレビ放送 [ ] 回 放送日 放送時間() 放送局 放送枠 備考 1 21:00 - 23:10 地上波初放送 参考文献 [ ]• British Board of Film Classification 2015年6月24日. 2015年12月4日閲覧。 2015年12月4日閲覧。 - 2017年10月29日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 2015年12月6日閲覧。 フジテレビ. 2019年9月28日閲覧。 関連項目 [ ]• - ホテルのテレビで放送されていた 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語)• - (英語)• - プレイリスト.

次の

最先端の英語を学べる映画『マイインターン』すぐ使えるセリフ10選

マイ インターン 名言

C 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED 映画は人生の教科書。 日々の仕事や生活に活かしたい、たくさんの学びがつまっています。 登場人物に共感し、感銘を受け、劇中のセリフやエピソードをふと思い出したりしながら、私たちはまた一段、深みのある人生を歩めるようになるのかもしれません。 さて、今回ご紹介する作品は、御年70を超えてなお活躍を続ける名優ロバート・デ・ニーロ主演作『マイ・インターン』。 を観てみるとアン・ハサウェイ出演『プラダを着た悪魔』の続編かのような、働く女性応援ムービーに思えます。 あのとき新入社員役だったアンが歳を重ねて、今度は仕事と子育てを両立する新興IT企業の社長とあっては、どうしても「その後」を重ねたくなるものです。 ところが本作品は、むしろデ・ニーロ目線。 一度現役を引退した身でありながら、ふたたび社会との関わりを求めてシニア・インターン(社員見習い)として採用された主人公が、そのふるまいから「働くとはどういうことか」を教えてくれる教科書のような物語です。 仕事を与えられない新人が、 いかにして会社の中で「自分の居場所」をつくっていくか、そのプロセスを追っていきましょう。 あなたにお願いする仕事はない 創業わずか1年半で社員220人を抱え、現在急成長を遂げているファッション通販会社に入社した70歳のベン(ロバート・デ・ニーロ)。 CEOとして多忙を極めるジュールズ(アン・ハサウェイ)直属の部下として配属されますが、入社初日に彼女からこんな言葉を告げられます。 「あなたにお願いする仕事はないの」 ジュールズは「社会貢献の一貫で高齢者を雇用する」という社内の取り組みを聞き漏らしていたようで、ベンのような年長者をそばに置くことに必要性を見出せない様子。 しかも相手は40歳も年の離れた、スーツをびしっと着こなす紳士。 カジュアルな社風の中ではどうも異質で、扱い方に戸惑うばかりでした。 彼女に「お願いしたいことができたらメールする」と言われ、素直に引き下がったベンでしたが、待てど暮らせど指示は一向に下りてきません。 さて、どうする。 C 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED 誰に頼まれるでもなくお片づけ ベンはまず、現状を大らかに受け止めて、自分にできることから始めます。 たとえば「社長はまばたきをしない人が苦手」と聞けば、ナチュラルなまばたきを鏡の前で練習します。 オフィスで荷物を運ぶのに困っている女子社員がいたら、気さくに手を差し伸べます。 同僚(といっても孫ほど歳の離れた若者)に恋の悩みを打ち明けられたときも、やさしくアドバイスします。 年長者だからと一方的に説教するのではなく、まずその言い分を聞いて、そっと背中を押すように。 ゆったり構えて、何事もポジティブに一歩ずつ。 どんなに小さなことでも「求められたら応える」姿勢で、周囲からの信頼を少しずつ積み上げていきます。 そうして周りに溶けこみながら、ある日、ベンはひとつの行動に出ます。 お洒落で広々としたオフィスの一角にある靴箱や紙袋などさまざまな不要品が積み上げられるデスクスペースを誰よりも早く出社して片づけておいたのです。 この誰に頼まれるでもなく率先して行ったふるまいには、日頃から「誰か片づけてほしい」と思っていたジュールズも絶賛。 ただし、これは賭けでもありました。 他の社員にとっては不要品を気軽に置いておける便利な場所であり、またそれが本当に不要かどうかも入社直後のベンには判断が難しいはずで、一歩間違えれば勇み足になる可能性もありました。 しかし彼は 仕事を与えられない中でもふてくされずに周囲をよく観察し、「これなら自分にできる」と判断したわけです。 C 2015 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED 自分のイスを見つけよう ベンがやったことは言ってしまえば「片づけただけ」であり、会社への貢献度という点では瑣末なことかもしれません。 けれどここで注目すべきは「仕事を与えられない」というマイナスからのスタートを切った彼が、自然と周囲に溶けこみながら、その観察眼を活かして 「自分が座れるイス」を見つけたこと。 それは若者たちがエネルギッシュに働く駆け出しの会社にあって、よく気が利き、やさしく助言をくれ、職場で気持ちを軽くしてくれる人というポジション。 そもそもは自分がいなくても回っていた組織です。 インターンであれ新入社員であれ、転職組であれ、入ったばかりの会社ではまともな仕事を与えられないことの方が多いもの。 その中で「この人がいてくれないと困る」と思われる存在になるには、まずは 「自分は何の役に立てるのか」をしっかりと見極めることが大切なのですよね。 そして、勇気をもって行動に出ること。 ベンがFacebookのアカウント開設に初めてトライしたとき、書き込んだ座右の銘はこんな言葉でした。

次の

英語名言集! プラダを着た悪魔やエマ・ワトソンから学ぶ

マイ インターン 名言

ナンシー・マイヤーズ監督が自身のインスタグラムで、友人との間で挨拶がわりにも使っていることが知られていて、ある種ジョーク的な流行りのフレーズが最初のキッカケになった可能性は高いですね。 ジュールズが寿司を食べていたことで日本文化に関心があることを考慮したベン流の気遣いでは?と感じます。 ジュールズ自身も創業社長として力不足を感じ始めたことや、こっそり浮気までされているのを容認している夫に本当のことを言い出せないでいて、やりたいように過ごしているはずなのにいまいち煮え切らない自身のこれまでの日常から「サヨナラ」するのか?という意図もありそうですね。 関わった相手の現状を変えてまた新しい場所に進ませたいという、ベンの言動の根底にある意図が話がすすむうちに伝わってきます。 改めて見直してみると、よりベンのセリフや演技に含められた意味がよりクリアに見えてきます。 つまりサヨナラというのは、この映画のテーマの影のテーマになるキーワードだと言えます。 実はロバート・デ・ニーロには、役柄に入り込むために「デ・ニーロメソッド」という独自の役作りの手法があります。 それを喜怒哀楽の「怒」「哀」の表現なしに、普通の一市民としての役どころに落とし込んで披露してみせたのがこの作品です。 ジュールズの前では 「瞬きを多目に」を、自室の鏡の前で練習したり、ジュールズが誤送信した母親宛の悪口メールを削除しようと奔走する、オーシャンズ11みたいな場面もセルフパロディをみているようで爆笑ものです。 社長の運転手が待ち時間に飲酒しているのを目撃して、運転を控えるようにと話すところと、浮気したジュールズの夫を一瞬ジッと見つめるところは「怒り」が上手く表現されています。 彼の出演作の「定番」とされるギャングスターものでは、他のキャラクターを差し置いてデニーロが印象に思いっきり残りますよね。 しかし今作はというと、絶妙なバランスでアン・ハサウェイの印象も残ります。 この作品は、デニーロメソッドがいかに周囲の人々に良い影響を与えるか?を作品そのものでドキュメントした格好の一例であると断言したいです。 それを踏まえて、あらためて全編を見直してみると、この作品の凄いところが見えてきますね。 アン・ハサウェイが、本作のデ・ニーロに当たる役回りを演じて自身の魅力も存分に発揮しているという点で、まずはこれがオススメです。 ストーリーとしては、全くかけはなれていますが、この点から見れば、むしろ本作が、「プラダを着た悪魔」のスピンオフといえるかもしれないですね!.

次の