東京オリンピック 絶望的。 「バッハ会長、東京五輪は中止」報道で浮き彫り! 始まった? 安倍首相vs IOCの「責任のなすり合い」(井津川倫子): J

山本太郎の悪政策を斬るーオリンピック中止の意味不明さ。

東京オリンピック 絶望的

日に日に感染者が増えていく新型コロナウイルス 国内の新型コロナウイルスは1500人ともいわれるほど増えています。 (クルーズ船の感染者数を含む) 政府からの指示で感染の拡大は緩やかではありますが、それでも感染経路がわからず、患者は増えていくばかり 最悪のシナリオは東京都の封鎖です。 すでに入国制限をしている国もありますが、次に行われるのは国内での移動の禁止です。 人が動かなければ、そこから菌は外に出ないという考えのもと、感染の広がりを食い止める最後の策として考えられています。 すでに、中国の武漢は都市を封鎖して、武漢から一歩も出られず、入られない状況になっています。 東京でも同様のことが起こりうるのでしょうか?武漢の例を見ながら検証してみましょう。 中国の武漢が封鎖に至った経緯 武漢は死者17人が出た1月下旬に感染拡大を防ぐために街を封鎖した。 街から人気が消え、電車やバスなど公共交通機関はストップ、幹線道路は封鎖されて市外に出られないという、悲惨な状況だったことは記憶に新しい。 中国の武漢では死者17人が出た時点で都市を封鎖して、これ以上感染が拡大しないような措置を取りました。 それでも志望者は増え続け、今では3000人を超える人がなくなっています。 感染している人は8万人まで増えている状況です。 新型コロナウイルスの怖いところは感染していても症状が出ない人がいるということです。 知らず知らずのうちに、満員電車の隣にいる人が感染している可能性もあります。 では、東京都ではどのようなことが起こりうるのでしょうか? 東京都で起こりうる可能性 学校は臨時休校になっていますが、会社は動いています。 そのため、東京都を含め大都市圏にいる人たちが毎日、満員電車に乗って通勤しています。 時差通勤しているとはいえ、みんなが一斉に時間を変更するとピークが変わるだけで、込み合っているのは変わりません。 在宅勤務を推奨していますが、それに対応できるのは一部の企業のみ。 ほとんどの企業が会社に行かなければ仕事ができない。 そこで、起こりうるのは、感染が広がってパニックになることです。 ウイルスは保持していても発症していない人が大勢いて、すでに蔓延していると考えてください。 今後は大都市を中心にさらなる感染拡大が進むはずです。 東京、大阪、福岡など、中国とは比べものにならないほど人口密度が高い地域は危険度が高い。 特に満員電車は人と接するタイミングが圧倒的に多く、人混みなどを介して、どんどん感染が拡大します。 感染者が増えて、東京などの大都市がパニックになるのは時間の問題です また、新型肺炎を国が指定感染症にしたことで、さらに感染が広がる可能性があるという指摘もあります。 政府が新型肺炎を『指定感染症』に指定したため、感染がわかった時点で強制的に2週間入院することになった。 日本人は真面目なので、体調が悪くても検査を受けずに仕事を続け、重症化するケースが多いと考えられます。 個人も会社も『調子が悪ければ休む』ことを徹底してほしい 調子が悪くでも会社に行くというのは、美徳として見られているのか、それとも休めない仕事なのか、どちらかだと思いますが、悪しき日本の習慣がここへきて最悪の結果をもたらす可能性が出てきました。 このように広がり、武漢のように17人の死者が出た時点で東京都が封鎖になる可能性もあります。 今はまだ死亡した人は2人ですが、重症患者は7人います。 今後どのようになるかは、病気の経過次第です。 万一、封鎖してしまったら、生活はどうなるのか。 武漢を例に見てみましょう。 武漢では1月23日に突然、都市を封鎖するという指令が出たそうです 中国中央テレビ(CCTV)のウェブサイトが「23日午前10時に武漢市の公共交通機関、地下鉄、大型バス、長距離バスの営業を停止する」と伝えた。 「特別な理由がない限り、市民は武漢を離れてはならない。 武漢の空港や列車駅はしばらく閉鎖する。 解除時間は改めて通知する」という報道内容だった それ以降は人通りがなく、生活はすべてネットを使っていたというのです。 中国はネットが普及し、高齢者でもQR決済が使えるほどになっているので、それほど苦労はなかったのでしょう。 ネット授業、仕事、生活用品のネット注文なんかに、(封鎖以後)2月20日までに70GBのデータを使っているんですよ。 武漢市民の大変さはこの数字をご覧になればおわかりになりますね これと同じようなことが東京都でも起こりうるというのです。 封鎖されてしまえば、物流が止まります。 そうすると品物が少なくなり、わずかな食料品をめぐって奪い合いが始まるかもしれません。 また、医療品ももちろん品薄になるため、すぐになくなるでしょう。 まさに、武漢と同じように街中から人が消えたようにいなくなる日が続くのではないでしょうか? 東京オリンピックは開催できるのか? 最悪、東京都が封鎖されてしまったら、東京オリンピックどころではないですね。 延期または中止になるでしょう。 そのようなイベントよりも感染を食い止めてなくすことが優先です。 それでも東京オリンピックを開催してしまえば、日本から新型コロナウイルスを海外に広めてしまい、第2のパンデミックが起こってしまうでしょう。 まとめ 東京都の封鎖は現実味はありませんが、起こらない可能性はありません。 皆さんが対策をとっていたり、必要な人に物資がいきわたっていたりすれば、問題なく対策できると思います。

次の

東京五輪絶望的 新国立競技場メーン会場の遠隔地開催案|ニフティニュース

東京オリンピック 絶望的

活動休止まで残り8か月となったいま、5人を取り巻く状況は深刻さを増している。 「新型コロナウイルスの影響で、予定されていたイベントが軒並み中止になりつつあります。 4月に予定されていた中国の北京公演は中止になり、7月に5人が担当する予定だった『NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター』も、オリンピックの開催が来年7月まで延期になったことで、今年はできなくなりました」(スポーツ紙記者) 5月15日と16日には、新国立競技場で『アラフェス2020』を行う予定だったが、こちらも延期が発表された。 「 政府が、東京を中心とした7都府県に4月7日から5月6日まで国民に不要不急の外出を控える『緊急事態宣言』を出しました。 コンサートはこの期間からは外れていましたが、世界中で感染が拡大している未知のウイルスが、あと1か月で終息するとは考えにくいという判断でしょう。 延期ということにはなりましたが、果たして12月までに8万人を集めるライブが開催できる雰囲気になっているのか、現状ではまったくわからなくなってきました……」(同・スポーツ紙記者) 松潤も「こんなはずじゃなかった……」 ラストイヤーの大イベントが次々と幻になり、ファンからは悲しむ声があがっているが、5人も気持ちは同じだ。 特に、悲嘆に暮れている人がいて……。 「 松本潤さんは今回の件でいちばん心を痛めていると思いますよ。 コンサートの演出を担当する彼は、いつも夜遅くまでライブ会場に残ってスタッフと念入りに打ち合わせをします。 特に、今年は大事な1年なので、ファンのために最高のライブにしようといつも以上に気合が入っていました。 でも、誰かにその怒りをぶつけることもできないので、非常に複雑な気持ちなのでは」(レコード会社関係者) 松本は、ファンはもちろん、メンバーにとっても最高のステージを作ろうとしていた。 「特に、大野智さんのことを最優先に考えていましたね。 ほかの4人は来年以降も個々で活動しますが、大野さんだけは今年で芸能活動も休止します。 そんな彼に少しでも輝いてほしかったのでしょう」(同・レコード会社関係者) 5人は、'20年に壮大な青写真を描いていた。 「上半期は、中国公演とオリンピックで世界に嵐の名前をアピールし、下半期はライブなどでこれまで自分たちを応援してくれたファンに感謝を伝えようとしていたようです。 しかし、コロナが終息する見通しがつかないため、その計画は崩れてしまいました。 きっかけは、東京オリンピックの延期だ。 しかし、実際のところ、活動継続は絶望的だ。 「 大野さんはやはり今年で活動を終えることを望んでいるようです。 「休止という決断に至るまでには、ときに机を叩いて怒鳴りながら全員で真剣に話し合いを重ねました。 グループでの活動を続けたいメンバーもいる中で、この結論にたどりつきました。 正直、いまの大野さんのメンタルはギリギリです。 そんな彼の気持ちが劇的に変わらない限り、来年以降も活動を続けるのは難しいと思いますよ」(芸能プロ関係者) 大野だけでなく、いまの5人は万全の状態にあるとは言い難い。 「 相葉雅紀さんも、3月29日に慕っていた志村けんさんが亡くなり、そうとうショックを受けています。 嵐は、よくも悪くも5人で1つです。 だからこそ、少しのほころびで一気に崩れてしまうおそれがある。

次の

絶望的か!?東京オリンピック出場を危ぶまれる選手たち

東京オリンピック 絶望的

【池江璃花子】突然の白血病発症で東京オリンピックは断念! 東京オリンピック 競泳女子代表として金メダル最有力候補だった 池江璃花子は、2019年2月12日に日本水泳連盟が緊急会見を開き、 急性リンパ性白血病を発症したことを公表しました。 そのため、 競技から離れて治療に専念し、東京オリンピック代表もあきらめないことを話していましたが、今年に入り東京オリンピックではなく、次のオリンピックに照準を合わせることを発表しました。 現在彼女は、白血病の治療を終えて2019年12月17日に退院し、医師とも相談しながら次回の2024年パリオリンピックに向けて基礎トレーニングを開始しています。 【桃田賢斗】突然の交通事故!3週間後に骨折判明! 金メダル確実と言われていた桃田賢斗が、 2020年1月13日の早朝に遠征先のマレーシアにおいて、交通事故に見舞われたのです。 運転手の男性が死亡するという大きな事故でしたが、 桃田選手は現地の病院で顔3か所(顎部、眉間部、唇)の裂傷、全身打撲と診断され、15日に日本に帰国することとなりました。 17日に国内にて精密検査を行いましたが、その結果は「身体面に異常なし」と診断され、2月3日からの強化合宿に参加し、練習を再開させていました。 その練習中に、 桃田が「シャトルが二重に見える」と異変を訴えたため、目に特化した検査を行ったところ 眼窩底骨折が発覚したのです。 東京オリンピックに向けて問題になるのはメンタル面のみ、と思われていましたが、骨折の判明により、関係者の間では、東京五輪を不安視する声も出てきており、日本代表の選出に頭を悩ませていると思われます。 事故から約3週間後に「右眼窩底骨折で全治3か月」と診断されことで、関係者からは「帰国直後にもっと精密な検査をやっておくべきでなかったのか?」という声があがっています。 また、 女子体操選手の寺本明日香も2020年2月6日、味の素ナショナルトレーニングセンターでナショナル 合宿中の練習で、床の蹴りにより左足アキレス腱を断裂させ、急遽手術しました。 彼女も東京オリンピック代表候補選手の1人であり、怪我にも負けずに復帰への強い気持ちを表しています。 寺本明日香コメント 「東京五輪も出れるか分かりません。 でも今は誰がなんと言おうと諦めずに体操人生を貫き通そうと思っています」と決意表明しています。 全治数か月とのことなので、オリンピックに間に合うのか微妙なところと思われます。 しかし本人は強い気持ちで東京オリンピック代表を目指してリハビリや練習に取り組んでいるようです。 逆境に負けないオリンピック候補選手たちに筆者は感動! 病気やけがの治療など大変な思いをしながらでも、 夢の東京オリンピック出場を目指している姿にとても感動しました。 そんな怪我をした選手が完全復活しようと頑張っている姿を見ていると、勇気づけられているようで、色んなことにチャレンジしようと思えるようになっている気がします。 オリンピック候補を勇気づけなくてはならない私たちが、逆に勇気づけられるとは不思議です。 オリンピックを目指す人たちはやはりメンタル面がすばらしいです。 きっとこの 逆境を乗り越えることができれば、メダルは間違いないのではないでしょうか? 紹介した選手以外にもオリンピック代表を目指す選手たちも、日々努力を重ねています。 どの選手(チーム)が金メダル1号になるか、期待して応援しましょう。 オリンピックの観戦チケットはほぼ販売が終了しているため、希望のチケットが取れなかった競技はテレビ観戦となります。 リアルタイムは仕事で見れない人も多いと思うので、見逃し配信で鑑賞するのもよいですね。 2020年オリンピックはU-NEXTにて見逃し配信を予定しています。

次の