プライム ギャン ビット。 ジョジョの奇妙な冒険 ラストサバイバー

オープニング講座

プライム ギャン ビット

, , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• , , , , ,• 日足下落チャネル上限ブレイクが騙しになるか、リターンムーブが終わり上昇に戻るのか。 水平抵抗帯に上値を抑えられておりボラが低下中。 抜けるか抜けないかはマーケット次第。 買うならもっともっと前で買うべきで、今は一番買うにはリスクがあるところ。 抵抗帯に跳ね返され天井になるのか、上に抜けて踊り場となり、本格上昇に入るのか結果を 見て入れば良い。 ただし上に抜けてもオレンジの水平線には注意が必要。 大きく見れば 三尊形や、ダブルトップにもなる可能性があり、売り目線も多い事が容易に想像できる。 時間足を落とし短期でのトレードも今は不安定で難しそう。 対して株や為替は大きく動いており、 そっちで動かす方が資金効率が良い。 (そう思っているといつも動き出すが。。 ) 週末の今日明日で動きがあるかどうか注目しています。 お久しぶりです。 アクビファクトリーです。 月末に仕掛けてきましたね。 久々に楽しい展開です。 もちろん、一寸先は闇! 長期・中期・短期で注目しているポイント 水平線と フィボナッチ チャートパターンから 分析してみました。 それではまた! 仮想通貨アイデア その他チャートや仮想通貨の補足 --- 的中アイデアもチャートアイデアの参考になります。 tradingview.

次の

仮想通貨FX取引の基礎理論1【ギャン理論1】

プライム ギャン ビット

概要 [ ] 序盤でポーンを1つ(時には複数)相手にわざと取らせる事により、他の面での優位を得る。 ポーンの捨て方にも種類があり、それぞれ名前が付いている。 定跡化したものをギャンビットと言い、その場で考えたものは通常ギャンビットとは呼ばない。 ポーンを取らせる事の代償は、大まかには以下のうち1つまたは複数である。 ポーンを取らせる事により、そのファイル(列)がオープンとなるため、開放度が上がり、駒の効率が上がる。 例:ルークが敵陣を直接睨む事ができる。 そのポーンを取った駒を自然に取り返しに行く事により、駒の素早く有利な展開を図る。 相手の中央に近いポーンでより端に近いファイルの自分のポーンを取らせる事により、中央における勢力を相対的に強める。 多くの場合、ポーンを取った相手のポーンは伸びすぎているために守ることが難しく、結果として後に駒損は解消されることが多い。 カウンター・ギャンビット [ ] 白(先手)のギャンビットに対しては黒は、 1 Accepted:相手の手に乗る(ポーンを取る)、 2 Declined:あえて取らない、の2種類が考えられる。 あえて取らない場合に、むしろ黒がポーンを差し出し、黒が逆にギャンビットを仕掛ける場合があり、これをカウンター・ギャンビットと言う。 ただし広義には黒によるギャンビットすべてを指す。 種類 [ ] キングズ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 最も基本的な定跡の一つで、多くの場合は乱戦になる。 fファイルをオープンにし、黒の最弱点であるf7をo-o(キング・サイド・)なども利用して狙うのが古典的な指し方だったが、e4+d4で中央を固めて長期的な優位を狙う指し方もある。 1.e4 e5 2.f4 ここで黒がf4のポーンを取ると、激しい乱戦になる。 exf4 3.Nf3 Be7 4.Bc4 Nf6 5.e5 Ng4 6.o-o Nc6などが例の一つ。 Bc5 3.Nf3 d6 4.Nc3 Nf6などと黒がポーンを取らないと(ディクラインド)、比較的穏やかな展開となる。 d5 3.exd5 e4と逆に黒がdファイルのポーンを差し出すと、となる。 又、3. 4.Nc3 Nf6 5.Bc4 Bc5 6.Nge2 o-oなどが一例で、黒のみがキャスリングを行っており、白は現状では黒のビショップの利きでキャスリングできない。 クイーンズ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 比較的穏やかなギャンビット。 c4で失ったポーンを白がビショップで手順に取り返すと、o-o(キング・サイド・キャスリング)につながり、損失が少ない。 1.d4 d5 2.c4が基本形で、非常に派生型が多い。 いくつかは別の名前が付いている。 dxc4 3.Nf3 Nf6がの基本的な形。 e6とポーンを取らないのが。 e5 3.dxe5 d4は対抗策の一つ。 黒がeファイルのポーンを差し出し、d4を得る。 黒は0-0-0(クイーンサイド・キャスリング)を行ってから攻撃をかけたりするのが狙いであるが、現在では無理筋とされている。 e6 3.Nc3 c5 4.cxd5 exd5 5.e4 dxe4 6.d5はマーシャル・ギャンビット。 黒の対策の1つタラシュ・ディフェンスからの変化の一つ。 黒がさらにeファイルでポーンを捨てることにより、d5を得る。 ダニッシュ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 ポーンを2個損した代償に素早い展開を狙う、非常にギャンビットらしい手。 1.e4 e5 2.d4 exd4 3.c3 dxc3 4.Bc4 cxb2 5.Bxb2 d、c、bファイルのポーンを連続して捨て、2ポーン損であるが、代償として3つのオープンファイルと駒の素早い展開を得ている。 黒が初手からeファイルのポーンが無くなっただけで何も動いていないのに対し、白は中央にポーンを進め、早くもビショップが2つとも展開を完了している。 所謂()で使われることが多い。 スコッチ・ギャンビット [ ] の1変化で 、ダニッシュ・ギャンビットに似た形。 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.d4 exd4 4.Bc4 4.c3とする手もあり、そうなるとダニッシュ・ギャンビットにナイトを一手ずつ動かした形になる。 スミスモラ・ギャンビット [ ] に対するギャンビットの一つ。 1.e4 c5 2.d4 cxd4 3.c3 dxc3 4.Nxc3 1ポーン損ながら、中央にポーンを進めナイトが展開し、他の駒も容易に展開できる白に対し、黒はcファイルを開いただけでまだ展開ができない。 ウィング・ギャンビット [ ] シシリアン・ディフェンスに対するギャンビットの一つ。 中央を制した結果、白はよりピース(駒)の展開の速度や駒の効率が得られやすい。 エヴァンス・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 黒が主導権を握りにかかる、激しいギャンビット。 1.e4 e5 2.Nf3 f5 黒がfファイルのポーンを捨て、その代償に攻撃権を得る。 ブダペスト・ギャンビット [ ] 別名。 比較的マイナーなオープニング。 黒は基本的にポーン損を取り返せる。 そこで守れないならば差し出す手もある。 4.e6として黒に応手を聞くのも有力な手。 エーニッシュ・ギャンビット [ ] の黒からの一変化。 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5 f5 黒が一気に仕掛けることになる激しい変化が多い。 特に4. マーシャル・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 別名ボルガ・ギャンビット。 黒はポーンを1個損した代償にオープン・ファイルを作るギャンビット。 比較的新しい定跡で、d4に対する有効手として研究されている。 1.d4 Nf6 2.c4 c5 3.d5 b5 黒はオープン・ファイルにルークを配置して白の攻撃に反撃する。 ブリュメンフェルト・ギャンビット [ ] ベンコー・ギャンビットに似た形。 1.d4 Nf6 2.c4 e6 3.Nc3 c5 4.d5 b5 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 著 『チェス・マスター・ブックス 1 定跡と戦い方』 、初版発行、改訂版初版発行、新装版初版発行、• 著 『ヒガシコウヘイのチェス入門 定跡編』 河出書房新社、初版発行、2010年新装版初版発行、 脚注・出典 [ ] [].

次の

ギャン理論を使いこなせ!スクエアやファンの使い方をビットコインFXで解説

プライム ギャン ビット

概要 [ ] 序盤でポーンを1つ(時には複数)相手にわざと取らせる事により、他の面での優位を得る。 ポーンの捨て方にも種類があり、それぞれ名前が付いている。 定跡化したものをギャンビットと言い、その場で考えたものは通常ギャンビットとは呼ばない。 ポーンを取らせる事の代償は、大まかには以下のうち1つまたは複数である。 ポーンを取らせる事により、そのファイル(列)がオープンとなるため、開放度が上がり、駒の効率が上がる。 例:ルークが敵陣を直接睨む事ができる。 そのポーンを取った駒を自然に取り返しに行く事により、駒の素早く有利な展開を図る。 相手の中央に近いポーンでより端に近いファイルの自分のポーンを取らせる事により、中央における勢力を相対的に強める。 多くの場合、ポーンを取った相手のポーンは伸びすぎているために守ることが難しく、結果として後に駒損は解消されることが多い。 カウンター・ギャンビット [ ] 白(先手)のギャンビットに対しては黒は、 1 Accepted:相手の手に乗る(ポーンを取る)、 2 Declined:あえて取らない、の2種類が考えられる。 あえて取らない場合に、むしろ黒がポーンを差し出し、黒が逆にギャンビットを仕掛ける場合があり、これをカウンター・ギャンビットと言う。 ただし広義には黒によるギャンビットすべてを指す。 種類 [ ] キングズ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 最も基本的な定跡の一つで、多くの場合は乱戦になる。 fファイルをオープンにし、黒の最弱点であるf7をo-o(キング・サイド・)なども利用して狙うのが古典的な指し方だったが、e4+d4で中央を固めて長期的な優位を狙う指し方もある。 1.e4 e5 2.f4 ここで黒がf4のポーンを取ると、激しい乱戦になる。 exf4 3.Nf3 Be7 4.Bc4 Nf6 5.e5 Ng4 6.o-o Nc6などが例の一つ。 Bc5 3.Nf3 d6 4.Nc3 Nf6などと黒がポーンを取らないと(ディクラインド)、比較的穏やかな展開となる。 d5 3.exd5 e4と逆に黒がdファイルのポーンを差し出すと、となる。 又、3. 4.Nc3 Nf6 5.Bc4 Bc5 6.Nge2 o-oなどが一例で、黒のみがキャスリングを行っており、白は現状では黒のビショップの利きでキャスリングできない。 クイーンズ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 比較的穏やかなギャンビット。 c4で失ったポーンを白がビショップで手順に取り返すと、o-o(キング・サイド・キャスリング)につながり、損失が少ない。 1.d4 d5 2.c4が基本形で、非常に派生型が多い。 いくつかは別の名前が付いている。 dxc4 3.Nf3 Nf6がの基本的な形。 e6とポーンを取らないのが。 e5 3.dxe5 d4は対抗策の一つ。 黒がeファイルのポーンを差し出し、d4を得る。 黒は0-0-0(クイーンサイド・キャスリング)を行ってから攻撃をかけたりするのが狙いであるが、現在では無理筋とされている。 e6 3.Nc3 c5 4.cxd5 exd5 5.e4 dxe4 6.d5はマーシャル・ギャンビット。 黒の対策の1つタラシュ・ディフェンスからの変化の一つ。 黒がさらにeファイルでポーンを捨てることにより、d5を得る。 ダニッシュ・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 ポーンを2個損した代償に素早い展開を狙う、非常にギャンビットらしい手。 1.e4 e5 2.d4 exd4 3.c3 dxc3 4.Bc4 cxb2 5.Bxb2 d、c、bファイルのポーンを連続して捨て、2ポーン損であるが、代償として3つのオープンファイルと駒の素早い展開を得ている。 黒が初手からeファイルのポーンが無くなっただけで何も動いていないのに対し、白は中央にポーンを進め、早くもビショップが2つとも展開を完了している。 所謂()で使われることが多い。 スコッチ・ギャンビット [ ] の1変化で 、ダニッシュ・ギャンビットに似た形。 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.d4 exd4 4.Bc4 4.c3とする手もあり、そうなるとダニッシュ・ギャンビットにナイトを一手ずつ動かした形になる。 スミスモラ・ギャンビット [ ] に対するギャンビットの一つ。 1.e4 c5 2.d4 cxd4 3.c3 dxc3 4.Nxc3 1ポーン損ながら、中央にポーンを進めナイトが展開し、他の駒も容易に展開できる白に対し、黒はcファイルを開いただけでまだ展開ができない。 ウィング・ギャンビット [ ] シシリアン・ディフェンスに対するギャンビットの一つ。 中央を制した結果、白はよりピース(駒)の展開の速度や駒の効率が得られやすい。 エヴァンス・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 黒が主導権を握りにかかる、激しいギャンビット。 1.e4 e5 2.Nf3 f5 黒がfファイルのポーンを捨て、その代償に攻撃権を得る。 ブダペスト・ギャンビット [ ] 別名。 比較的マイナーなオープニング。 黒は基本的にポーン損を取り返せる。 そこで守れないならば差し出す手もある。 4.e6として黒に応手を聞くのも有力な手。 エーニッシュ・ギャンビット [ ] の黒からの一変化。 1.e4 e5 2.Nf3 Nc6 3.Bb5 f5 黒が一気に仕掛けることになる激しい変化が多い。 特に4. マーシャル・ギャンビット [ ] 詳細は「」を参照 別名ボルガ・ギャンビット。 黒はポーンを1個損した代償にオープン・ファイルを作るギャンビット。 比較的新しい定跡で、d4に対する有効手として研究されている。 1.d4 Nf6 2.c4 c5 3.d5 b5 黒はオープン・ファイルにルークを配置して白の攻撃に反撃する。 ブリュメンフェルト・ギャンビット [ ] ベンコー・ギャンビットに似た形。 1.d4 Nf6 2.c4 e6 3.Nc3 c5 4.d5 b5 関連項目 [ ]• 参考文献 [ ]• 著 『チェス・マスター・ブックス 1 定跡と戦い方』 、初版発行、改訂版初版発行、新装版初版発行、• 著 『ヒガシコウヘイのチェス入門 定跡編』 河出書房新社、初版発行、2010年新装版初版発行、 脚注・出典 [ ] [].

次の