ランチア デルタ インテグラーレ。 Automobili Amosによる、ランチア・デルタ・インテグラーレを復刻する計画が浮上。「3ドアでドリフトマシン」

魂を激しく掴む野生の吼え声「ランチア・デルタHFインテグラーレ」【世界の傑作車スケルトン図解】#13

ランチア デルタ インテグラーレ

注目のネットオークション 新型コロナウィルスの惨禍に、全世界の自動車業界も大きな打撃を受けている。 3月のジュネーヴ・ショーが中止になって以降、あらゆるモーターショーがペンディング状態。 モータースポーツも中止・延期のラッシュである。 クラシック・カー業界にも甚大な影響は及び、2月にパリで開催された「レトロモビル」を最後に、大規模なイベントはすべて延期ないしは中止。 そしてオークションも、3月に北米で開催された「アメリア・アイランド」以降、予定されていたものはすべてペンディングになっている。 そんな状況のなか、業界最大手の1社である「RMサザビーズ」は 5月21日から29日まで「DRIVING INTO SUMMER」と称した、オンライン限定のオークションを開催した。 コレクションカーをネット上で競売するというアプローチは、今年3月くらいから試験的におこなわれていたようであるが、大手オークショネアが事前のプロモーションをおこない、開催するのは、おそらくこれが初めてではないか?ということで、業界ではかなり注目されていた。 5月中旬、競売がスタートする以前のプレビュー段階で、筆者が個人的に気になっていた出展車両の1台が、9万ドル~11万ドル(邦貨換算で約964万円~約1078万円)という、少々強気なエスティメート(推定落札価格)を設定していた、1994年型ランチア「デルタHFインテグラーレ・エヴォルツィオーネll」である。 デルタ・インテグラーレは、FIA「グループA」規約で闘われることになった世界ラリー選手権(WRC)制覇を目指し、ランチアと旧アバルト技術陣が開発したスーパーウェポン。 コンパクト・ハッチバック車であるデルタのボディに、2. 0リッターの直列4気筒ガソリンDOHCターボ・エンジンとフルタイム4WDシステムを押し込んだモンスター的モデルだった。 当初は「HF4WD」として1987年にデビューするが、翌1988年にはエンジンをさらにチューンするとともに、ブリスターフェンダーを与えた「インテグラーレ」に進化。 1989年にはエンジンを気筒当たり4バルブ化した「インテグラーレ16V」。 1992年には、アバルト開発陣の手でボディのワイド化を図った「エヴォルツィオーネ」。 そして 1993年には「エヴォルツィオーネll」と、ラリーでの戦闘力アップを図るために次々と進化を繰り返した。 その結果、WRCでは6年連続メイクスタイトルという前人未到の戦果を挙げた。 また、スーパーカー的なエッセンスも湛えた独特のセンスもあって、市販ロードカーとしても熱狂的支持を得てきた。

次の

ランチア・デルタHFインテグラーレ オークションで新記録

ランチア デルタ インテグラーレ

長期間乗らないでいたクルマは、ゴム製の燃料ポンプマウントが溶け、ポンプに不具合をきたすことがある。 トランスミッション リアデフのオイルにじみや、フロントデフの異音を確認したい。 ビスカスカップリング内のフルードが古くなると、結合時の不調を起こす場合がある。 トランスミッションの5速の真鍮製シンクロコーンは摩耗しやすい。 3速はギア自体が壊れやすい。 サスペンションとブレーキ フロントのサスペンションアーム・ブッシュがへたると、タイヤの片減りへとつながる。 ウレタンブッシュに変えてある場合も多い。 エボルツィオーネのブレーキは鳴きやすいが、防ぎにくい。 ボディ フロントとリアガラスの周囲、リアのストラットマウント、フロントのインナーフェンダーとクロスメンバーの接する部分、ルーフの後端が錆びやすい。 フロントガラスのウェザーストリップ下、Aピラー周りにストレスで亀裂が入っていないかを確認したい。 フロントドアの下回りも同様だが、場所によってはボディパネルを外さないと見れない。 インテリア 固定用のネジをきつく締めすぎると、ラジオや時計の周辺のパネルが割れることがある。 パーセル・シェルフは壊れやすいが、新しい部品が手に入る。

次の

回顧録(1) いま知る ランチア・デルタ・インテグラーレと、その歴史

ランチア デルタ インテグラーレ

ものの見事にお盆の帰省ラッシュに巻き込まれ、高速道路を低速でトロトロと走っていた。 ふと隣を見ると、ランチア「デルタ・インテグラーレ」が目に飛び込んで来た。 年輩の夫婦がウインドウを全開にして団扇で扇ぎながら走っていた。 筆者は「さすがランチアだ」と思ったものである。 何故「さすが」なのかは、ランチア「デルタ」の存在をわかって貰うしかあるまい。 WRC6度のワールド・タイトルを冠した史上初のスペシャルカー Flickr : ランチア「デルタ」は、名前の通りイタリアの自動車メーカー、ランチアが製造するハッチバック型の乗用車である。 しかし、ただの乗用車とは完全に一線を画している。 ランチア「デルタ」はWRC(世界ラリー選手権)において1987年~1992年の間、史上初となる6度のワールド・タイトルを獲得したという実にスペシャルな乗用車なのだ。 フォルクスワーゲン・ゴルフに対抗して作られた5ドアカー Flickr : デルタの開発には当時、フォルクスワーゲン「ゴルフ」が大ヒットしていたという背景があり、ハッチバック型の2ボックス車で、デザイナーにゴルフを手がけたジウジアーロ率いるイタルデザインを起用するなど、かなりゴルフを意識した作りであったことが伺える。 差別化を図った点として、大衆車然としたゴルフに対し、上品な内装を施すことで「小さな高級車」というコンセプトを持たせることとなった。 そのデザインは好評を博し、1980年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。 デルタS4は完全に市販車とは別物 WRCに参戦するために製造された専用車S4、ファミリーカーであるデルタを、DOHCターボエンジンとトルセンセンターデフを用いフルタイム4WDにしたスポーツモデル、HF4WD。 HF4WDの改良型、HFインテグラーレなど、幾多のマイナーチェンジを経て、ランチア・デルタ・HFインテグラーレは上記したように「宇宙でいちばん壊れる車!? 」という不名誉極まりない称号を受けることとなる。 伝説はどこから生まれたのか!? フェラーリ並みに維持費がかかるとも言われ、「アクセルを全開にするとオイルフィルターが吹っ飛ぶ」「エンジンルーム内のゴム類が全て溶け始める」などなど、デルタの故障伝説には枚挙にいとまがない。 では、実際にフェラーリよりも維持費がかかるのかを調べたところ、意外な答えが飛び出して来た。 デルタはラリーで活躍していた印象が強すぎ、カスタムを施すオーナーが多かったことから、不名誉な称号を背負うに至ったというのである。 完成度が高いが故、趣味レベルでいじると、それが元で壊れる。 そうやって、バランスの崩れた車両が、フェラーリ並に維持費のかかる車というわけなのである。 冷却効率を高めるために、アルミラジエターに交換する人も多いが、それも逆効果だという。 また、エンジンルーム内に熱がこもりやすく、バッテリー寿命が極端に短かく、エアコンの効きもやや甘いらしい。 それでもデルタを駆って(買って)勇者になりたいという方のために 今すぐにでもランチア・デルタを購入したいという勇者が購入する際の注意点としては、極力ノーマルの状態に近い個体を探すことだという。 そして、3,000kmを目安のオイル交換。 さらにランチアに詳しい専門店のバックアップが必要とのことである。 デルタの持てる力をフルに発揮できるように整備するには時間と経費と手間が必要となるという。 やはり、維持費が高くつく車両だということは真実らしい。 現在、流通しているランチア・デルタ・HFインテグラーレの相場は200万円台中盤から後半の個体が多い。 一度味わうと虜になるというランチア・デルタ。 この金額&維持費を安いと思うか高いと思うかはアナタ次第である。 画像 — Flickr :.

次の