石狩 鍋 レシピ 人気。 石狩鍋レシピ・作り方の人気順|簡単料理の楽天レシピ

つくれぽ1000特集!鍋人気レシピ【20選】|クックパッド殿堂入りレシピ集

石狩 鍋 レシピ 人気

作り方 Step1 分量の水と昆布を鍋に入れてしばらくおく。 鮭のアラ・白子をバットなどに並べ、熱湯を回しかけて湯引きする。 すぐに冷水にとり、表面をサッと洗ってザルにあげる。 白子はひと口大に切る。 生鮭の切り身は半分に切る。 Step2 キャベツは芯を除いて適度な大きさに手でちぎる。 ジャガイモ、タマネギは皮をむいてくし切り、長ネギは斜め切りにする。 シメジは石づきを取って小分けにし、豆腐は2cm幅に切ってキッチンペーパーで軽く水をふき取る。 Step3 ボウルに砂糖~味噌を入れて溶けるように混ぜ、Step1の鍋に加える。 鍋を火にかけ、煮立つ直前で昆布を取り出す。 先ほどの空いたボウルに酒かすと煮汁100mlほどを加えてよく溶かし鍋に戻す。 Step4 Step3の鍋つゆは多めに出来上がるので、半分ほど別に取り分ける。 鍋に長ネギ以外のStep1、2の具材を適量加えて火にかける。 沸いてきたら火を弱め、ジャガイモに火が通ったら最後に長ネギを入れる。 具材も多いので、食べながら具と鍋つゆを適宜足しながら食べる。 お好みでバターを添える。

次の

北海道石狩鍋~ケンミンSHOW 鍋レシピ人気

石狩 鍋 レシピ 人気

材料の下準備をする。 ・鮭(身)と豆腐は一口大に切る ・鮭(アラ)はぶつ切りにし、下茹でする。 ・キャベツはざく切り、玉ねぎはくし形切り、 長ネギは斜め切りにする。 ・つきこんにゃくは熱湯に通して灰汁をぬく。 鍋にだし昆布と水を入れ、沸騰直前に取り出し、 下茹でした鮭のアラを入れ、弱火で1時間煮る。 キャベツ・つきこんにゃくを入れて火にかける。 沸騰したら玉ねぎを入れる。 鮭(身)と味噌を入れ、鮭に火が通ったら 長ネギを入れる。 豆腐をいれ、温まったら火を止め、いくらをちらし、 山椒の粉を少しふりかければ出来上がり! 石狩鍋を美味しく仕上げるコツ ・灰汁はこまめに取り除いてください。 ・味噌を入れてからは 煮立てないように気を付けましょう! ・山椒は熱をかけると苦みが出るので、 必ず火を止めてから 入れるようにしてください。 ・使用する鮭によって含まれる塩分が違うので、 味付けはその時々で調節してください。

次の

石狩鍋 雑炊&リゾット 鎌田 雄志シェフのレシピ

石狩 鍋 レシピ 人気

【ポイント1】 【A】を合わせて 溶いておく。 味噌は塩鮭にあう甘口にしてあります。 生鮭の場合はみりんの甘さを控えましょう。 北海道では甘口あり、辛口ありと各家庭で味付けは異なるそうです。 次回からはご家庭の味にアレンジしてみて下さい。 塩鮭が塩辛い場合の• 鮭は食べやすい大きさに切る。 鍋に湯を沸かし、沸騰した湯に5秒くぐらせる。 ゆでるとアクも出にくくなります。 水洗いしてうろこや臭みやを取る。 大根は皮をむいて厚さ8mmの半月切り。 人参は皮をむいて厚さ5mmの輪切りにする。 じゃがいもは皮をむいて厚めの輪切り。 (じゃがいもは煮崩れしやすいので厚めに切りましょう。 玉葱は半分に切ってくし形にする。 【ポイント2】 キャベツはザク切り。 (石狩鍋の場合は、白菜より キャベツの甘味が味噌とよくあいます。 ねぎは斜め切り。 しいたけは石づきを取って、表面に十字の切れ目を入れる。 とうもろこしは輪切り。 豆腐はやっこに切る。 かまぼこは1cm幅に切る。 糸こんにゃくは下ゆでして臭みをとり、食べやすい長さに切る。 鍋に水と昆布を入れて火にかける。 沸騰したら昆布を取りだす。 【ポイント3】 大根、人参、じゃがいも、玉葱を入れて煮る。 (火が通りにくい 根菜類を最初に煮ます。 煮立ってきたら鮭、とうもろこし、キャベツ、しいたけ、しらたき、かまぼこ、豆腐を入れる。 (お好みでホタテやエビ等の魚介を入れてもいいです。 魚介はあまり煮立てない方が美味しいので、 最初から入れないようにします。 【A】を加えて煮る。 全体に火が通ったら、長ネギを加える。 醤油(分量外)を少々風味付けにかける。 お好みで仕上げにバターをのせる。 汁ごと器にとっていただく。 好みで粉山椒、七味唐辛子をふる。 イクラをのせると美味。 最後のやうどんを入れたり、雑炊にしましょう。 牛乳を加えたい場合は? 牛乳を加えると、洋風になりまろやかでコクが出ます。 さながら和風シチューです。 20番の味噌を入れた後に、牛乳も適宜入れて煮ます。 牛乳は煮すぎると分離するので、最後に入れるのがコツです。 酒粕を入れたい場合は? 酒粕を入れると体が温まります。 適量の酒粕を細かくちぎり、温まった煮汁を適量入れてふやかし、スプーンの背などで溶きのばしてから、味噌と一緒に鍋に加えて下さい。 注意 石狩鍋は味噌汁より辛めに仕上げるのがポイントですが、塩鮭によって塩分が異なるので、味見をして味噌の量を調節して下さい。 【石狩鍋情報】 【名前の由来】 鮭が多く獲れた石狩川の名前にちなむ。 十勝鍋とも呼ばれる。 【命名】 石狩鍋と命名されたのは戦後のことで、石狩の鮭地引き網漁を見るために訪れていた観光客に、「石狩鍋」として出されたのが始まり。 【作り方】 ぶつ切りにした鮭と野菜を、昆布でだしをとった味噌仕立ての汁で煮込む。 北海道の一般家庭では、味噌を用いずに塩だけで味付けするものもある。 酒粕を加えたり、バターや牛乳を隠し味に使う家庭もある。 【原型】 17世紀〜18世紀の頃、アイヌの人々が鮭と野菜を、塩味の汁で煮込んで作った料理が原型と言われている。 その後、本州から味噌が流入し、現在の鍋になった。 【ためしてガッテンの鮭情報】 鮭は身が赤いほど脂がのっている! 海に下ったサケはオキアミなどを食べて育ちます。 オキアミにはアスタキサンチンという赤い色素があるため、エサをたくさん食べて 脂がのったサケは、身が赤くなるのです。 ところが、産卵期を迎えると蓄えた脂はエネルギーとして使ったり赤い色素とともに卵が移動するため、身は白っぽくなってしまいます。 同じ種類のサケなら、身が赤いほど脂がのっているのです。 北海道で捕れたサケの背中の肉100gあたりの脂の含有量。 色でわかる脂の量 北海道のサケ漁師さんのワザを家庭でも 北海道のサケ漁師さんは、脂の少なくなったサケを塩漬けすることで、水分を減らして脂肪分やうま味の割合を増しています。 家庭でも、切り身の表面の水分を拭いて脱水シートでくるみ、重しをして冷蔵庫で一晩おけばおいしくなります。 塩辛い鮭の塩抜き方法は? 塩辛いサケは、 2%の塩水に2〜3時間つけて塩抜きすると、水っぽくなりません。 (ためしてガッテン暮らしの役立ちワザ事典より).

次の