ザシアン 対戦。 ザシアン (れきせんのゆうしゃ)

ザシアン

ザシアン 対戦

ムゲンゾーン環境で三神ザシアンが環境についていくにはどうすれば良いかを考え、新環境に順応したデッキを組んでみました。 逃げエネが重たいタッグチームに対して強かったりする。 ザシアンVは反動というデメリットがあるが、ミロカロスVは連続でワザが使えるので使い勝手は悪くない。 サブアタッカーとしては優秀だが、エネ加速がアルティメットレイに頼ることになるので注意。 クロバットVを2枚にしているのは、エネルギー付け替えなどを手札に残しながらドローができる方が動きやすいから。 デデンネGXは必ずキーカードを引きたい時に使いたいので1枚。 この2種類の両採用によって後攻1ターン目にオルタージェネシスGXを追加効果ありで使うことができるようにしている。 エネルギー付け替え…今の環境は、後攻1ターン目に三神がオルタージェネシスGXを追加効果ありで使えなければ勝率が格段に変わってくるので採用。 2枚は少ないかもしれないが、クロバットVとデデンネGXで無理やり引くこともでき、後半不要なカードになりがちだったのでこの枚数。 ジャイアントボム…今までの環境だと、大きなお守りや鋼鉄のフライパンが採用されていたが、どちらも最近のVMAXポケモンに対して得られる恩恵が少ないと思い、ターンが回ってきた時にザシアンVなどで倒せるように採用。 ミロカロスVが雷弱点なのでピカゼク対面で強かったりする。 エリカのおもてなし…ムゲンダイナのデッキに対してたくさんドローできて強い。 クロバットVを採用したデッキが増えてくるため、必然的にベンチに置くポケモンの数が増えるので環境的に強いかなと。 1枚目で5枚くらいドローできると、2枚目も強いと実感する。 身内間でしか対戦をしていないのでなんとも言えないが、ムゲンダイナを強く意識しているので入れてみた。 意外と盲点なカードなので使われた相手をびっくりさせることが出来る。 追記: クチートGXが注目されていますが、スタートした時に弱いのと、HP170のGXポケモンを入れるのが嫌だったので今回は不採用にしました。 デデンネGX以上の役割を担ってくれると判断できれば採用してもいいかも。 デッキの使い方 早めに、オルタージェネシスGXを使ってザシアンVやミロカロスVで相手のポケモンを倒す。 環境的な問題点 三神を2ターン目に一撃で倒してくるデッキが増えてきており、三神ザシアン側としては後攻1ターン目にはオルタージェネシスGXを追加効果ありで使わないといけない。 ザシアンVの攻撃で一撃で倒すことができないポケモンが増え、必ず2回はワザを使わないといけなくなるため、ポケモン入れ替えの枚数の確認やロングゲームになった時の戦い方を練習しておく必要がある。 まとめ 三神ザシアンはなんだかんだ言って強いデッキです。 やはり、オルタージェネシスGXはGXワザの中でも群を抜いて強力で環境から非GXのデッキがほとんどいなくなるほどでいつまでも強いんだなと実感します。 CLなどの大会はありませんが、もし大会が開催されれば三神ザシアンに勝てるかどうかが基準になると思うのでその三神ザシアンをしっかりと理解することが大事になってくるので多くの方に知っていただければと思います。 以上! ここまで読んで頂きありがとうございます。 まだまだ気を抜けない状況ではありますが、健康に気を付けてポケカライフを楽しみましょう。 それでは、さよなら〜 需要があるか分かりませんが、考察記事も書いてみました。 『ポケカ』 ムゲンゾーン発売後の環境考察|ソロ.

次の

【ポケモン剣盾】ザシアンの厳選方法と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ザシアン 対戦

「ウルォーード!! 」 基礎データ 図鑑番号 No. 8m 重さ 110. 0kg けんのおう 特性 概要 初登場は『』。 に存在するの一体で、ソード版のパッケージを飾る。 古傷だらけのすらりとした身体を持つ青い狼の姿であり、黄金に輝く『』を咥え、騎士の鎧のような刃と、ツインテールのような首毛を生やしている神々しい出で立ち。 「盾」のような装甲を纏うとは対をなし、共に長い眠りについていたザマゼンタのとも とも伝えられている。 人の王と力を合わせガラルを救った「伝説の英雄」と呼ばれる存在で、金属を取り込み武具に変化させて戦う力を有している。 咥えた剣の切れ味は凄まじく、あらゆるものを切り捨て、のポケモンたちが持つ分厚い鱗も紙のように切り裂かれてしまうほど。 そのは肉眼で捉えることが不可能なほどのを有し、疾風の如き速度で戦場を駆け抜け、その刃に討たれた者たちは、痛みも感じぬままに散っていくとされる。 そうして敵を倒す華麗な身のこなしは美しく、繰り出される攻撃は相対するものさえも魅了し、の舞を見ているようとも比喩される。 この事から『 妖精王の剣』の異名を持ち、味方はおろか敵からも崇められていたようだ。 特に剣を蒼く発光する大剣に変化させての斬撃は、ダイマックスポケモンの持つパワーに強い特効性を有し、海を真っ二つに切り裂くほどの破壊力だと云われている。 名前の由来は「The・ 色の一種 」から。 曰く「青いヤツに出会った」「蒼い騎士を見た」といった人間の目撃証言が言い伝えとなり,ザマゼンタ共々そのまま名前として定着していったらしい。 全身の色合いはザマゼンタと比べると淡いパステルカラー寄りの色調になっており、色違いは全身がよりはっきりしたシアン色に変化する。 フォルム ザシアンは2種類の姿を持ち、普段の姿は 「れきせんのゆうしゃ 歴戦の勇者 」というフォルムでフェアリー単タイプ。 「くちたけん」の力により剣と鎧を装備した 「けんのおう 剣の王 」となり、はがねタイプが追加される。 歴戦の勇者の姿はタテガミのような青い毛全体が伸びており、ツインテール状の首毛は三つ編みになっている他、左耳の半分が切れている。 また首毛はの触手のように自在に動かす事ができるらしく、非戦闘時はそれで剣を巻き付けて鞘代わりとし、背中側に保持している。 不思議な力が宿っているのか、そのまま切れてしまう事はない模様。 ゲーム上での特徴 フォルム H A B C D S T 歴戦の勇者 92 130 115 80 115 138 670 剣の王 92 170 115 80 115 148 720 上昇値 0 40 0 0 0 10 50 上述の設定から前作の同様メスであると思われるが、ゲームでは多くの伝説ポケモンの例に漏れず性別不明となっている。 歴戦の勇者でも攻守共に優れた能力を持ち、このままでも十分強力。 剣の王が苦手とするやのポケモンが増えて来たら此方の形態にするのも手だろう。 歴戦の勇者ではザマゼンタと全く同じ能力値であるが、くちたけんを装備してけんのおうになると攻撃と素早さが上昇してかなり攻撃的な配分となる。 (因みに能力値上昇はより低めだが、その分無駄が少ない) 攻撃170はあのと同じ数値。 加えて下記の特性で攻撃ランクが上昇するため、実質的な攻撃の種族値は最大 281に達する。 これはあの 最大262 をも凌駕する を使う場合はこの限りではない。 この状態から放つタイプ一致のは驚異。 火力指数にして49410と 1ターン目からデメリット無しで出せる火力としては最大級であり、生半可な耐久のポケモンなら軽く消し飛ぶ。 さらに素早さも 148に上昇。 ・共に 最速のポケモンとなった。 禁止伝説の中でも抜きん出た高さであり、これを上回るのは禁伝ではあののみ。 突出した攻撃に目がいきがちだが、何気に耐久面も優秀。 元のフェアリータイプにはがねタイプが加わり、弱点2、半減9、無効2となる。 HPはそこまで高くないが、防御特防も115と数値だけで見ればと同等ほどにあり、 不一致のや程度なら軽く耐える。 専用特性は「」 不撓の剣 で、場に出た瞬間に自分の攻撃ランクを1段階上げる。 シンプルに強い効果であり、物理アタッカーの天敵と相殺し合えるのが大きな利点。 専用技の「 巨獣斬 」は、けんのおうの姿の時「」から変化するはがねタイプの物理技。 威力100、命中100とはがね技の中でも最高峰の性能を誇り、 さらに対象がダイマックス状態のときはダメージが2倍になる追加効果がある。 これによりダイマックスしたポケモンを相手にするでは無類の強さを誇り、 レイドのお供として日々駆り出されている。 圧倒的な火力と素早さに高水準の防御、優秀なタイプと特性、習得技のラインナップと、 どの点を取っても文句の付けようが無い凄まじいポケモン。 デメリットは持ち物がくちたけんに固定されることだが、そもそも型のレパートリーが少ないザシアンにとっては大した弱点ではない。 …が、どうしてもほかの道具を試したいのなら歴戦の勇者で使ってみるのも良いだろう。 ただし、は致命的に相性が悪い。 共演するかどうかは不明だが共演した場合はマークしておこう。 外部出演• 期間限定のコラボイベントにおいて、スピリッツボードにザマゼンタとセットのアタッカースピリット 無属性 ととして登場。 階級は伝説に相応しい「LEGEND」級。 余談だが、パッケージデザインの伝説ポケモンが、最高クラスのスピリットに設定されるのは、何気に以来だったりする マイチェンも含めるならば 超化 以来。 対戦では、 持ちのと バックシールド装備のを相手に、終点化したをステージに戦う。 特別なステージギミックは無い為、気軽に戦えると思えるが、攻撃力の高いウルフに加え、10000超えの強さもあるので、油断はせずに1体ずつ倒してクリアする事を薦める。 元ネタ考察 「剣」を咥えた「騎士」のような風貌の「狼(っぽい獣)」ということで、この3要素を中心にモチーフ考察が進められている。 「騎士」要素については、本作の舞台からしてをモチーフにしているのではないかと言う意見が多い。 本作のタイトルが剣盾というタイトルから 盾を持つ騎士ギャラハッドの父親 、猛犬と呼ばれ、アーサー王伝説にも影響を与えた英雄という可能性もなきにしもあらず クー・フーリンは槍を使う逸話の方が有名な一方で剣を使っているエピソードも存在している。 「剣」については、前述のから連想して をイメージしているのではないかと言われている。 一方「狼」モチーフについては第7世代の後に発売された作品に登場する事からにおける太陽と月を食らう双子の狼という説やアーサー王の飼っていた狼ゴルラゴン等の説がある。 歴史人物であるの象徴する動物も「青い狼」である事から何らかの関係があるのかもしれない。 先述の情報から、やはり元ネタはである可能性が非常に高い。 アーサー王の持つは湖の妖精から賜った剣であり、激しい戦いの中で折れたという伝承は 『妖精王の剣』という異名やキーアイテムの 『くちたけん』の特徴に合致する上に、くちたけんは元々石碑に刺さっていた物という設定がまんまアーサー王伝説のそのまんまである為。 また、この石碑があるのはまどろみのもり奥地の湖というエクスカリバーと選定の剣の出典をミックスしたものになっている。 また、ザシアン自身も剣を加えた姿が『けんのおう』と呼ばれていたり、頭のデザインがザマゼンタよりも王冠に近くなっていたりとアーサー王を思わせる要素が多い。 一方で、ポケモン図鑑にはわざわざの姉とも言われているとの記述があり、またには盾に関する逸話もあることから、ザマゼンタこそがのポジションで、姉であるザシアンはアーサー王の異母姉であるがモチーフであるとする説もある(モルガンに関してはもモチーフ上の関連が指摘されている)。 なお、「犬型の動物が武器を口に咥えて戦う」というアイデア自体は、日本の漫画であるなど先達が存在している。 四足獣に物理的な手段で武器を保持させるには他に方法が乏しいため、偶然類似した可能性もあるが、ポケモンはパロディ色が強いシリーズでもあり、先行作品へのオマージュ・リスペクトが入っていることも十分考えられる。 関連タグ ・対になるポケモン 世代 ポケモン ポケモン 第2世代 第3世代 第4世代 第5世代 第6世代 第7世代 第8世代 ザシアン.

次の

ザシアン (れきせんのゆうしゃ)

ザシアン 対戦

S2のシティが終わって色んな三神ザシアンがでてきたから採用カードについて雑にまとめてみた自分用のメモみたいなもの 当たり前のことしか書いてないし結構適当 何かある時は froito0724 まで モンスター 必須枠から 三神 愛知CLまでは2枚採用のレシピが多かったけど1月中盤くらいから3枚採用がでてきて今は3枚のほうが安定してると思う。 2枚使うマッチはかなり少ないけど1ターン目に確実に盤面に出してエネルギーつけたいとか、サーチする用のタッグコールのサーチ先をあまり有用に使えないからタッグコールの枚数が薄いとか、スタートしたほうが要求値が少ないとか、そういう理由だと思う。 もし理由知ってる人がいたらコソッと教えてください。 ザシアンV 3枚派と4枚派に別れてる。 このカードも1ターン目に盤面に出して不撓の剣で次のターンのオルタージェネシスGXに必要なカードを集めたい。 いかにザシアンを上手く使うかがどの対戦でもキーになると思うの。 あと結構ペラいからいかに生存させていくかも課題。 炎系統は負け筋になるから置くタイミング悩んじゃう。 システム ジラーチ トレーナーを探せる便利カード。 スピナーやトキワを採用することで実質的なエネルギーの枚数を増やしたりできる。 スケボーつけたジラーチがおるとブレイブキャリバー連発するサポートしながらパーツ集めたりできるのでえらめ。 ただミラーだと先行してても後攻側にキャッチャーで釣られて先にサイドとられながら次のブレイブキャリバーで三神飛ばされたり、退かせなかったりでのテンポロスしたりする危険性も孕んでる。 また、メタルソーサーでエネ加速して殴れるの忘れないようにしたい。 60出るからエアメールピジョンとか倒せる奴は意外といたりいなかったり。 デデンネGX サポート以外の方法で山を掘るカード。 ジラーチと違って逃がす手間がかからないが倒されるとサイドを2枚とられるので(特にミラーで)出す時は気をつけたい。 先行とってエネない時とかキャッチャー引いたら勝ちとかの場面でパーツ集めれるのはやっぱ強力、詰めの場面とかまで温存して使いたい。 大きなお守り貼ったらアゴGXのベノムシュートやオルター下アルティメットレイを耐えれるのは他のシステムポケモンにないポイントかも。 ヤレユータン(さるじえ) さるじえで実質的に手札を1枚増やすことができる。 ジラーチみたいに前ださなくても良くてデデンネほどリスキーじゃないし置いたらずっと使える。 鋼エネ山の上に置いて不撓に繋げたりするのは勿論、必要なパーツ山に戻して博士の研究やマリィ、デデンネに巻き込まないようにしたり、書いてあること以上に小回りが効いて強い。 その他 ミミッキュ(影箱) 三ザシは超ミュウミュウが苦手なのでその対策。 隠密貼らせたらそれはそれでハチマキ、戒め、ニャイキングの何れかとブレイブキャリバーで撃破できるようになる。 アブソル(あくのはき) 逃げエネ増やす枠。 オーロラ採用型なら悪弱点のオロヨノをワンパンできる。 他にザシアン系に置いてボードついたジラーチや、風船ついたヤレユータンあたりの使い勝手悪くしてブレイブキャリバーを連発しにくくする役割もあると思うというかこっちが本命。 ミュウ(ベンチバリア) デデンネ使う時に合わせて置くことでベノムシュートやスピットシュートの負け筋を消してくれる。 後技がエライ。 なんとね。 カプ・レヒレ(ネイチャーカッター) ズガ相手に三神とザシアンをあげちゃうと簡単にバーストGXで詰められちゃうからサイドズラしながら殴れる枠。 えらい。 あとふつくしい。 ニャース(しんかのおたけび)ニャイキング(鋼の精神) 進化の雄叫びのおかげで採用検討できるようになった。 オルター鋼の精神ブレイブキャリバーで280まで出すことができる。 エライじゃなくて偉い。 ジグジグマ(かんしゃくヘッド) 出すだけで10ダメージ飛ばせる枠。 これでブレイブキャリバーを270にしたり、ミミッキュの特性を発動できるがスタートしたらダメだったり隠密でかんしゃく無効にされたりでちょっと。 280にも届かないから難しそう。 でもザシアンだけじゃなくて三神の打点調整できるのはエライ。 例えばヒードランGXとかお守りついたデデンネとかの190をオルターアルティメットの圏内に押し込めるのは間違いなく強み。 フィオネ(引き寄せの渦) タチフサグマとかピッピ人形しては隠密で避けられたり、人形二体置きで対処されちゃう(ないよりかは絶対ましだけど、人形二体置き強要してるのは強い)からこの頃あんま採用されてなさそう。 でもジラーチエンドするデッキにこれとアブソル投げてリソース管理しにくくして遅延できたりするからそういう使い方できる。 (愛知CLで私が使った時はルカメタザシアンとかモルペコとかにそういう使い方してた。 ) ゲノセクト(高速飛行形態) ピッピ人形絶対倒すマン。 フリージオ LO絶対許さないマン。 オルター下なら40出るからピッピ人形を破壊できるゾ! ケルディオGX(ホーリーハート) ゲッコウガGX(神出鬼没) タチフサグマ対策 ゲッコウガのほうがスタートしなかったり、殴るのに必要なエネが少なかったり、タチフサグマワンパンできたりで強いけどデスカウントGX通っちゃう。 デスカウントGXも通さないし。 他にもピカゼクにコケコVを用意させたり、(コケコとデデンネorゼラオラで6枚とるプランができる。 )青天火力のマグカルゴGXやズガドーンGXの攻撃が通らなかったり、やっぱり三神の苦手なところには通ってる。 コバルオンGX(メタルシンボル) 鋼エネルギーがついてるポケモンが状態異常にならないようにするカード。 LO系統が採用しているメリープからの催眠を防ぐカード。 何気に逃げ1でボードで逃げれるし2エネで実質140出せるから腐りにくい。 トレーナーズ ポケモンいれかえ ベンチの三神を前に出してオルタージェネシスGXっていったり、前のターンにブレイブキャリバーしたザシアンを一度下げたり、様々な使い方をする。 特にオルタージェネシスGXを潤滑に使うために最大枚数採用するべき(だと思ってる)。 ちなみに皆さん、ポケモンいれかえはどのイラストが好きですか?私はSM派 メタルソーサー ザシアンにエネを加速できる。 三神がアルティメットレイまで毎試合言えるとは限らないし、他に前のターン、ブレイブキャリバーしたザシアンのエネ切ってメタルソーサーでつけ直して入れ替えで再度出陣させたり、やっぱ便利な枠。 でも型によって採用枚数は2〜4枚で変わってくる。 クイックボール なんでもサーチできるけど基本はザシアンを持ってくるカード。 説明不要。 プレシャスボール デデンネ、三神、ケルディオ、ゲッコウガ、コバルオンを探せるボール。 クイックボール4枚だけじゃサーチカードが足らないから何かしらの他のサーチカードと併用するべき。 デデンネGXを多く採用してるならオススメ。 タッグコール 三神を探せるカード。 しかも手札が増える。 三神だけじゃなくサポートも一緒についてくる。 ただ1枚目は強いが2枚目、3枚目は弱い。 しかし序盤に使いたいから1枚採用はしたくない、そんなカード。 エネルギースピナー ジラーチでヒットするエネルギー。 トキワの森と比べて相手のうねりが気にならない、自分はトキワ以外のスタジアムを使える、後攻の時はアルティメットレイまでのエネルギーを確保できる、とか。 エネルギーつけかけ メタルソーサーと併用することで後攻1ターン目からオルタージェネシスGXを狙うことができる。 他にも1ターン目エネルギーが三神につけられなくても別のポケモンにつけてた分を動かしたりすることで遅れを取り返せる。 あとザシアンですぐ攻撃したい時にオルタージェネシスに使ったエネルギーをザシアンに渡したりできる。 ポケモン入れ替えもそうだけど簡潔なテキストのカードは強いね。 クラッシュハンマー ミラーで後攻の時に相手の三神のエネルギーを破壊することでテンポを遅らせるためのカード。 アルティメットレイを先に言わせなければいいから結構猶予がある。 他の対面でも通ったら強い。 ポケモンキャッチャー カスタムキャッチャー グレートキャッチャー 相手のベンチを引っ張るカード。 ポケモンキャッチャーはコイン絡むけど1枚で完結してる。 カスタムは2枚揃わないといけないけど1枚使用のドローも強い。 1対戦2度も引っ張ることはあまりないならここら辺は好み感。 どっちも採用するのもいいと思う。 グレートキャッチャーは1枚で確実に引っ張れるので必ず採用したい。 アルティメットレイを使う時にサイドとれたら強いからそこまでに手札に何かしらのキャッチャー用意をしたい。 ピッピ人形 採用してるレシピあって、私も使ったら結構良い感じがしたので書くことにしました。 対戦中盤で息切れしたり、サポートだけじゃパーツ揃えきれなさそうな時に人形前にして不撓するターン作れます。 後自分でバトル場から離れれるのでそこもブレイブキャリバーと相性良いかな?ミラーでアルティメットレイを許してしまったら人形壁にしてザシアンを育ててキャッチャーで相手のザシアンを引っ張り、先に倒すことで活路が開けるかもしれません。 リセットスタンプ 三神は性質上、サイド先行されやすいので自然と強く使いやすい。 大きなおまもり 三神のHPを増やすカード、HP310はフレアドライブGXなども耐えるのでかなり強力。 また先述の通り、デデンネに貼るとベノムシュートやオルターアルティメットレイを耐える。 げんきのハチマキ ダメージを10伸ばすカード。 何気190になるのはアルティメットレイでヒードランGXやビクティニVとか倒せるようになるからデカい。 鋼鉄のフライパン ザシアンの受けるダメージを減らして弱点を消すカード。 ズガドーンに要求するエネルギーを3個から5個に出来る。 炎系統は苦手なのであると結構便利かも。 ただし炎側もフライパンの対策としてフラダリラボを採用してるからこれだけじゃ心許ない。 メタルコアバリア ザシアンの耐久を一時的に引き上げるカード。 ちなみにフラダリラボの中だと効果は発揮しないけどトラッシュもされない。 ジャイアントボム ミラーで使うカード。 三ザシは基本180以上のダメージしかだせないからトリガーは踏みやすい。 後攻2ターン目でオルタージェネシスGXと合わせて発動。 オルター下アルティメットを受けて起爆してこっちのオルター下アルティメットで倒して立場逆転を狙う。 ただフラダリラボとか大きなおまもりとかキャッチャーでスカされてしまう。 島巡りの証 GXのHP100を減らすかわりにサイドをとられる枚数を減らせる。 デデンネにつけてリスク軽減とか。 三神につけても三神、ザシアン、ザシアンで6枚サイド取られてしまうので(それでも三神、ザシアン、ジラーチとかバーストGXとかで負けないようにはなる)サイドをずらすメリットをよく考えて採用したい。 エスケープボード ふうせん 逃げエネを減らすポケモンの道具。 デッキに合わせて採用したりしなかったりしてください。 博士の研究 山をガッツリ引けるサポート。 キャッチャーとか入れ替えカードとかちゃんと引き込みたい時に。 圧縮早いデッキだしいつ使っても強い。 マリィ 妨害を兼ねたドローサポート。 オルタージェネシスGXを宣言するまではこっちは身動きがとれないので相手のテンポを落とすカードは相性が良い。 ただし5枚しか引けないのでこっちも止まらないようにしたい。 ビート 三神にお手軽エネ加速できる。 使ったことないので使用感聞きたい。 シロナ 博士の研究で手札切りたくないけど、マリィじゃ引ける枚数足らないって時の選択肢。 やっぱ6ドローは強い。 フウとラン 手札を引き直す効果と入れ替える効果を選べる。 序盤パーツ集めに強くて後半ブレイブキャリバー連発の補助ができる。 ヤーコン グッズを大量に探せるカード。 落としたエネルギーもメタルソーサーで加速できて、カスタムキャッチャーとかボールとかもすばやく大量に拾える。 ただボールで持ってくる先が落ちたり、アルティメットレイで加速する分のエネルギーがなくなったりする。 アルティメットレイをうって圧縮された山にヤーコンするのは4〜7枚回収は全然あり得るのでゲームを終わらせるためのカードを探すには間違いなく強い部類だと思う。 ザオボー ミュウミュウのお守りとか三神のオーロラエネとか剥がせる。 結構強いけどほしい場面で引けるかどうか。 引ける枚数は控えめだがタッグコールで探せるのでタッグコールが厚い構築ならこれで引きながらマリィを拾うことで次のターンのサポートまで確保できる。 回復効果も強力で先殴りされてもこれで場持ちを良くできる。 ワンパンしてこない相手にはかなり有効に働くから有利マッチをより有利にするためのカードって感じ。 フラダリラボ 絶賛高騰中のフラダリラボ。 ピカゼクのお守りとかミュウミュウのお守りとかとにかくザシアンのワンパンの弊害を打ち消せる。 相手のジラーチとかも弱くできるから結構置いて強い場面は多い。 小ズガ相手で幸せ卵つけられた時もこれで無効にする。 戒めの祠 GXにダメージを乗せるカード。 こっちの三神も削れていくがミミッキュの影箱のトリガーにしたり微妙に届かない相手を圏内に押し込めたりする。 ただし戒めの祠で倒してもサイドを多くとれないので先置きするかどうか考えてプレイしたい。 エネルギー 初手に1枚はほしいので13枚くらい採用したい。 基本エネルギー 鋼は8〜9枚、水は0〜3枚でわかれてる。 鋼エネルギーは多いほどザシアンが使いやすいので9枚がオススメ。 水は三神しか使わないなら1〜2枚で充分。 ケルディオがいるなら3枚。 オーロラエネルギー 手札コストが必要だが全てのエネルギーとして使える。 水エネルギーとしてオルタージェネシスに使えるのにザシアンにも使えるって認識。 基本水エネルギー無しでこっち4枚でも良いくらい。 何かあったら追記します。

次の