岡田 教授。 岡田知弘

【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

岡田 教授

人物 [ ] 略歴 [ ]• 生まれ• 経済政策学博士後期課程修了• 講師・助教授• 京都大学経済学部助教授• 京都大学経済学部教授• 京都大学大学院経済学研究科教授(〜2019年3月)• 長(〜2014年3月)• 現代ビジネス学部教授 学外における主な役職 [ ]• 日本地域経済学会会長(2013年12月~2017年11月)• 政治経済学・経済史学会理事(1998年10月~現在)• 自治体問題研究所理事長(2006年6月〜現在)• 連携会員(21期・22期) 著書 [ ] 単著 [ ]• 『日本資本主義と農村開発』(、1989年)• 『地域づくりの経済学入門』(自治体研究社、2005年)• 『道州制で日本の未来はひらけるか』(自治体研究社、2008年)• 『一人ひとりが輝く地域再生』(、2009年)• 『地域調査は地域づくり』(自治体研究社、2010年)• 『震災からの地域再生』(新日本出版社、2012年)• 『「自治体消滅」論を超えて』(自治体研究社、2014年) 共著 [ ]• 『21世紀への原子力』(法律文化社、1986年)• 『むらおこし・まちづくりの検証』(自治体研究社、1990年)• 『地球環境問題と原子力』(リベルタ出版、1991年)• 『日本貿易読本』(、1992年)• 『国際化への空港構想』(、1993年)• 『現代世界経済の転換と融合』(同文館出版、1993年)• 『近代日本の軌跡 9 都市と民衆』(、1993年)• 『地域と自治体 21 都市と地域の交通問題』(自治体研究社、1993年)• 『大学改革・最前線』(、1995年)• 『地域と自治体 24 公社・第三セクターの改革課題』(自治体研究社、1997年)• 『産業空洞化を超えて』(、1997年)• 『アグリビジネス論』(、1998年)• 『中小企業とアジア』(、1999年)• 『自立をめざす村』(自治体研究社、2002年)• 『現代自治体再編論』(、2002年)• 『「構造改革」と自治体再編』(自治体研究社、2003年)• 『戦後日本の食料・農業・農村 第1巻 戦時体制期』(農林統計協会、2003年)• 『公共政策への招待』(、2003年)• 『街道の日本史 30 東海道と伊勢湾』(吉川弘文館、2004年)• 『散村・小都市群地域の動態と構造』(、2004年)• 『日本農村の主体形成』(筑波書房、2004年)• 『都市のフィロソフィー 都市とは何か、その本質』(こうち書房、2004年)• 『 都市の再生を考える 8 グローバル化時代の都市』(岩波書店、2005年)• 『地域の力を日本の活力に 新時代の地域経済学』(全国信用金庫協会、2005年)• 『市民による市民のための合併検証』(自治体研究社、2007年)• 『基本ケースで学ぶ地域経済学』(有斐閣、2008年)• 『行け行け! 『高度成長の時代 1 復興と離陸』(大月書店、2010年)• 『高度成長の時代 2 過熱と揺らぎ』(大月書店、2010年)• 『TPP反対の大義』(、2010年)• 『TPPと日本の論点』(農文協、2011年)• 『高度成長の時代 3 成長と冷戦への問い』(大月書店、2011年)• 『脱原発の大義』(農文協、2012年)• 『原発に依存しない地域づくりへの展望』(自治体研究社、2013年)• 『国際化時代の地域経済学』(有斐閣、1997年)• 『市町村合併の幻想』(自治体研究社、2003年)• 『住民投票の手引』(自治体研究社、2004年)• 『京都経済の探究』(高菅出版、2006年)• 『「生存」の歴史と復興の現在』(大月書店、2019年) 共編著 [ ]• 『地域自治組織と住民自治』(自治体研究社、2006年)• 『グローバリゼーションと世界の農業』(大月書店、2007年)• 『協働がひらく村の未来』(自治体研究社、2007年)• 『山村集落再生の可能性』(自治体研究社、2007年)• 『環境再生のまちづくり』(、2008年)• 『幻想の道州制』(自治体研究社、2009年)• 『中小企業振興条例で地域をつくる』(自治体研究社、2010年)• 『TPPで暮らしと地域経済はどうなる』(自治体研究社、2010年)• 『人間にとっての都市と農村』(学文社、2011年)• 『地方消滅論・地方創生政策を問う』(自治体研究社、2015年)• 主なテレビ出演 [ ]•

次の

【文春砲】岡田晴恵がデータ捏造?上司の田代眞人と不倫パワハラの噂も

岡田 教授

閉じる タレントのデヴィ夫人が、4月28日に自身のツイッターを更新。 新型コロナウイルスの感染拡大で、連日のようにテレビ出演している白鴎大学の岡田晴恵教授に苦言を呈した。 デヴィ夫人は《白鴎大学の岡田晴恵教授に違和感と不快感。 テレ朝のプロデューサーのセンスを疑う。 なぜ彼女にアドバイスしないのか。 命に関わる病についてコメントする人が年がいもなく、若づくりのキャバ嬢ごとき、色っぽさを強調するのか理解に苦しむ。 タレント気取りはやめて本領のコメントを期待したい》と強烈な言葉をつづった。 するとネット上では、 《確かに! 岡田さん日に日に色気づいてるよね》 《みんな気が付いているけど、なかなか大きな声で指摘できる人は少ない。 夫人さすがです》 《おっしゃる通りです。 岡田さんは装いにどこか品格がないですよね》 《ここまで本音が言えるのはデヴィ夫人くらいでは。 みんな激しく同意してると思います》 など、賛同の声が上がった。 しかし一方で、 《いや、お前が言うなよwww キャバ嬢みたいなのはまさに夫人の方だろ》 《デヴィ夫人も同じじゃね?》 《この人がご意見番になっていることには違和感を覚える。 若作りしてるのは自分の方では?》 《若作りしてるのは夫人の方だろ! いい年して他人をけなすような発言は控えるべき》 など、厳しい指摘が飛んでいる。 「今や1日に2本ペースで番組出演を続けている岡田教授ですが、確かに最近はファッションもどんどんおしゃれになっていて、視聴者の注目を集めていますね。 もっとも、デヴィ夫人が指摘するほど、本人は若作りや色っぽさを意識しているわけではないと思いますよ。 着用している服はAmazonなどで購入できる庶民的なブランドで、価格はせいぜい1万円程度。 髪型も専門のスタイリストがついているわけではなく、局が用意するヘアメークを使っているそうです。 最近は朝4時に起きて寝るのは深夜1時過ぎ。 1日3時間睡眠で駆け回っていて、タレント気取りする余裕などないはずです」 芸能記者 岡田教授のあまりの人気ぶりに、さすがのデヴィ夫人も嫉妬心が燃え上がってしまったようだ。

次の

岡田晴恵教授「心が折れそう」、『モーニングショー』の発言が物議 「無責任すぎる」の声も

岡田 教授

Contents• 岡田春恵さんのプロフィール 現在、岡田春恵さんは、白鴎大学で教育学部の教授をしてます。 公衆衛生学や児童文学・感染症学を専門の研究員の教授です。 施設で流行する、感染症の予防と対策を研究してます。 埼玉県出身とされてて、1963年生まれです。 皆さんが気になる年齢ですが、1963年の生まれで、一白水星の57歳です。 一白水星なら、九星気学的にも問題は無いでしょう。 2020年3月時点で、テレビの字幕に「岡田春恵 57 」と表示されてたので、間違いないでしょうね。 2020年の新型コロナウイルス COVID-19 問題で、感染症に詳しい専門家として、色んな番組に出演してます。 COVID-19とは、2019年に発生した新型コロナウイルス感染症の略です 岡田春恵さんの学歴・経歴 現在、学歴や経歴で分かってる事は、完璧では無いですが分かる範囲で紹介します。 岡田春恵さんの学歴 岡田春恵さんは工学部・薬学部・医学部を3つの大学で学んでますね。 しかし疑問があって、公式のHP・プロフィールでは、千葉工業大学工学部応用科学には触れてません。 出身中学は不明です 出身高校も不明です 出身大学は千葉工業大学工学部応用科学を卒業してます ・共立薬科大学大学院薬学研究科前期、修士課程修了を卒業してます ・順天堂大学大学院医学研究科後期のエイズ研究は中退です 岡田春恵さんの経歴 教授になる前は、フリーライターとして活動をしてたようです。 2015年から、白鴎大学で教鞭をとってます。 順天堂大学中退して5年後には論文博士号を取得してるのです。 ・国立感染研究所のウイルス第一部・実験補助員 ・科学技術庁重点支援研究員 ・アレクサンダー・フォン・フンボルト奨学研究員として、ドイツのマールブルク大学ウイルス学研究所に留学してます ・国立感染研究所ウイルス第3部3室研究所 ・日本経済団体連合会21世紀政策研究所シニア・アソシエイト ・現在は、白鴎大学教育学部の教授です 岡田春恵さんの医師免許の有無 岡田春恵さんは、意外と医師免許は持ってないのです。 新型コロナ関連で、多くのテレビに出演してる方々は、医療系の方が目立ちます。 しかし、岡田春恵さんは薬学博士・医学博士の肩書を持ってます。 共立薬科大学大学院薬学研究科前期では、薬学修士です。 順天堂大学大学院医学研究科後期では、医学博士です。 順天堂大学大学院医学研究科では中退してますが、いくつかの条件を満たしていれば、論文博士号を取得できるのです。 無駄を省いて、最短で取得したのでしょうね。 医者や薬剤師になるには、まだまだ、勉強しなくてはいけません。 医学大学などで、6年間の課程を卒業したのち国家資格を取得する必要があります。 岡田春恵さんの事を、調べても医師免許。 薬剤師資格など検索結果に出てこないので持ってないって事でしょうね。 岡田春恵さんの評判 いくつかの番組に、毎日のように出演してますが岡田春恵さんの評判は、どうでしょうか? 今では、専門的な知識より、ファッションやメイクでも注目されてるのです。 岡田春恵さんが着ているワンピースが可愛い!• ブロッコリー風のネックレスが、可愛い!!• だんだん、あか抜けていく岡田春恵先生、可愛いです 本来なら、専門的な知識や意見を求めてるのに、「そこではない!」とツッコミもあるようです。 視聴者の嫌味・批判的な意見も! 有名になれば、批判・中傷されるものです。 悪意を持って、視聴してる人も、少なからずいます。 文句があるなら 「視なかったら良いのに」とも思いますが・・・• この人、信じて良いの?• コロナのおかげで、荒稼ぎ• この人の表情が苦手• まだ、出演してる。 何も考えてない人は図太いな• ほぼ全部のコメントの語尾が「思います」しか言えない• 現場の検査技師は寝る間を惜しんでるのに。 現在では、厳しい意見も多いようです。 岡田春恵先生、毎日ワイドショーやニュース番組に出づっぱりで、荒稼ぎだなwww売れっ子さんだなwww 批判ツイート このように、くだらない批判も多いのです。 6月から、大学の授業があるので、出演回数は減っていくと思いますが、 2月だけでも300万円出演料があったと推測されてます。 これは、1回出演ごとに5万円の計算です。 出演回数は、60回以上と言われてます。 岡田春恵さんの旦那・子供 岡田春恵さんは、芸能人では無く感染症が苦の専門家なのでプライベートは、あまり公表はされてません。 他の報道で、岡田春恵さんはの結婚情報などが明らかになってます。 岡田春恵さんは既婚者です。 旦那さんは、国立感染症研究所所属の医師免許を持つ研究者だったのです。 旦那さんは、岡田春恵さんが入る前からの他部署の職員だったのです。 なので、先輩にあたりますね。 旦那さんの噂ですが、「京都府の保健所長」とのこと。 子供の有無は、分かってません。 結婚してるので、子供がいてもおかしくはありません。 ・「政府は本当に無能なのかも」 ・岡田春恵の夫は、京都府の保健所長。 医師からの検査依頼を受けて、府に許可を求めても、基準に遭わないと拒否されるばかりで困ってる モーニングショー 岡田春恵さんの過去を週刊誌が問題を暴露 有名になればなるほど、批判・中傷・過去の事を穿りだされるのです。 今回の新型コロナウイルス問題で、有名人になりましたからね。 なので岡田春恵さんの過去を、週刊誌が暴露・報道してます。 データ不適切使用問題・疑惑 国立感染症研究所時代に、岡田春恵さんの論文に使用されたデータの捏造疑惑です。 国立感染症研究所時代の、上司だったTさんと不倫疑惑。 上司のTさんは、岡田春恵さんを贔屓してたらしいです。 まあ、そんな疑惑を掛けられても真実は分かりませんよね。 パワハラ疑惑もあったと報じられてます。 部下に対して、気に要らない事があったら「首にしてやる!」と言われた証言もあるようです。 当の岡田春恵さん、否定してます。 岡田春恵さんのまとめ• 1963年生まれ、57歳• 千葉工業大学卒業した後に、共立薬科大学大学院修士を取得• 順天堂大学大学院で医学博士• を取得• 医師免許・薬剤師免許は持ってない• 今回の出演料は月300万円以上と言われてる• 既婚者で、旦那さんは、京都府の保健所長をしてる• 不確かな疑惑を報道されてる これからも不謹慎な異名「コロナが生んだアイドル・コロナの女王」として出演されるのでしょうか? 今後も、岡田春恵さんの動向が気になりますね。

次の