どんな とき も wifi 乗り換え。 【2020年7月】どんなときもWiFiのおすすめキャンペーン情報を解説!モバイルWi

【公式より】どんなときもWiFiのキャンペーンは5,000円キャッシュバック【2019年9月版】

どんな とき も wifi 乗り換え

Broad WimaxとどんなときもWiFiのどっちを申し込もうか迷っている、あなた。 そういう場合に、どっちも契約していて、どっちもメインで使ってる僕が、しっかりとアドバイスしていきたいと思います。 ブロードワイマックスと どんなときもWiFiは 〇端末が違います 〇通信エリアが違います 〇使える通信量が違います つまり、あなたの生活スタイルによって、おすすめできる方がかわっていきます。 そんな状況ごとに ブロードワイマックスがおすすめできる人と、どんなときもWiFiがおすすめできる人をタイプ別に紹介していきます。 2年間 3480円 税抜き それ以降 3980円 税抜き 2年間使うと 1カ月間の0円での解約期間があります。 その間に解約するならば、 『端末一式を返却する必要があります。 』 これに関しては少し面倒ですし、端末に不具合などあれば弁償金などが発生します そして ブロードワイマックスは端末代金は0円で3年契約です 1か月から2か月目まで 2726円 税抜き その後2年間 3411円 税抜き 2年目以降 4011円 税抜き 3年間使うと 1カ月間の0円での解約期間があります。 その間に解約したら、端末はそのまま貰えます。 解約した端末は そのままだと何も使えませんが、あなたが契約したSIMカードを持っていれば、WiFiルーターとして使うことが出来ます。 なにより返却の手間がないのはありがたいです。 違約金はどちらも同じ設定 なんらかの理由で、契約期間内に、WiFiルーターを解約する場合 Broad WimaxもどんなときもWiFiも 1年目に解約すれば 19000円 2年目に解約すれば 14000円 それ以降は 9500円 このように設定されています。 もし、この時に 『今の端末がイマイチだから解約したい』 こういう理由であれば、どちらの会社も 『いつでも解約サポート』があるので、電話やメールなどで気軽に言えば、丁寧に対応してくれます。 支払い方法ついて 支払い方法 クレカ・口座振替 クレカ・口座振替 どちらも現金、つまり口座振替での支払いが可能です。 ただしブロードワイマックスの場合は 口座振替の申し込みの場合 初期費用が 18,857円 と高額請求なので、 かなり悩むところです。 どんなときもWiFiの場合は 毎月の手数料として 200円増える感じです。 どちらにしても、口座振替での支払いはやはり面倒ですし、料金も高くなってしまいます。 しかし、現金で支払いたい人や、クレジットカードを持っていない場合などがあれば、申し込むのは口座振替の料金がやさしい 『どんなときもWiFi』にするべきでしょう。 U2sという名前の端末ですが、どんなときもWiFi内ではD1と言う名前で使われています。 スペックを簡単に見ていくと U2s D1 下り最大 ダウンロード 150Mbps 上り最大 アップロード 50Mbps 連続通信時間 およそ 12時間 同時接続台数 5台 高性能!っていう感じではなく、通信速度や接続台数はいたって普通です。 このD1の特徴は 「クラウドSIM」を利用した 「クラウドWiFi」というルーターで、 uCloudlink社という会社が発明した画期的な通信システムです。 このSIMによって、国内でも、海外でも通信が自由に使えます。 トリプルキャリアと言われていて、国内大手 『au・ドコモ・ソフトバンク』の4GLTEがつかえます!と言うのが売りですが、ぶっちゃけ繋がりやすいのは ソフトバンクで どんなときもWiFiはSOFTBANKのポケットWiFiにau・ドコモのおまけがついた感じ これが正解だと思います。 実際に使ってますが、安定感は非常に良くて、 『地下鉄』『移動時』などに強い印象です。 液晶画面がなく、操作はボタン1つだけというシンプルさです。 最大接続台数も 16台と小さい会社くらいなら、この1台でいけるほどです。 コンセントにつなぐだけで、工事がいらないのも人気の1つです。 現在 Speed WiFi HOME L02 Wimax HOME01 この2機種ありますが、 おすすめはL02! 最大速度1ギガ超え、42台のパソコンやスマホなどを同時に接続できる、モンスタールーターです。 どんなときもWiFiにはいまのところホームルーターがないです もし 『家でしかWiFiルーター使わない』 こういう人は このブロードワイマックスでホームルーターのL02を選ぶのが 間違いないです。 通信エリアについて どんなときもWiFiはトリプルキャリアが1つ売りですが、ここはぶっちゃけSOFTBANKが1番繋がります。 auとドコモ回線はかなり弱めです。 どんなときもWiFiはマルチキャリアと言いつつソフトバンクしか掴まない。 という声が圧倒的に多い。 ・マルチキャリア ・完全無制限 とか言ったもん勝ち🤭 補足するとどんなときもWiFiは全体的な評判はそんなに悪くないです。 — ねとみ やさしくねっと yasashikunet どんなときもWiFiで気になったことが 低評価で トリプルキャリア対応だけど、ほとんどソフトバンク回線 ソフトバンクしかつながったことない人多数 というのが分かった — ジュンヤ jioa111 なので 『どんなときもWiFiはSOFTBANKの4GLTE回線』、このように考えてください。 簡単に言えば、ソフトバンクのスマホ・ガラケーが繋がるところは、どんなときもWiFiもしっかり電波を捕まえて、WiFi環境を作ってくれます。 逆にソフトバンクがあんまり繋がらない地域は、WiFi環境は弱くなります。 あなたがもし、今までソフトバンクのスマホを使っていて、 『家はSOFTBANKが入りにくい』 『職場近辺はSOFTBANK入らない』 こういうことがあれば、Wimax2+にした方が良いでしょう。 ブロードワイマックスは Wimax2+のエリアすべてです。 普段あんまり聞きなれないかもしれないですが、このWimax2+ってすごいエリアが広いです。 思ったよりエリア広いな。 このように日本全国ですごく使いやすいモバイルルーターですが弱点ももちろんあって Wimax2+電波の弱点は ・地下に入りにくい ・建物の中に入りにくい こういう特徴があります。 特に地下街や地下鉄で働いている人は、Wimax2+がはいりにくいと思うので、そういう人はどんなときもWiFiが非常に入りやすいです。 通信量について 通信量はどうしても気になる部分です。 ブロードワイマックスは Wimaxの場合だと3日間で10ギガ以上使ってしまうと絶対ではないのですが、通信制限がかかるようになっています。 制限の時間は 6時間です。 3日で10ギガ 1か月だと100ギガくらい使えます。 通信が遅くはなるのですが、1Mbpsは出るのでLINEを送ったり 最低限のネットは使えるようになっています。 1日のイメージだと毎日3ギガ使っても、OKなのがWimaxです。 実家のインターネット環境を WiMAX に変えました。 ギガ放題でも3日間の通信量の合計が10GBを超えると、ネットワークが混んでいる時間帯に最大送受信速度が1Mbpsに制限されるのですが、実家なのでそれほど使わないですし、今までがADSLで1Mbpsも出ない環境でしたから、これで十分。 どんなときもWiFiの1番の売りが 『データ容量無制限』『通信制限なし』、ここですね これを公式サイトで見てみると 「国内外の通信会社では、ネットワークの品質に維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信制限をする場合があります」 簡単に説明しますと 『無茶な使い方する人は通信制限かけますよ!』ってことです。 1ギガってどのくらいかわからない人が多いと思うので、この表を見てなんとなくイメージしてみてください。 高速通信で使い勝手が良く、エリアも広いのでいろんなところで使えます。 さいごのまとめ Broad Wimaxで申し込むか どんなときもWiFiで申し込むか そこで悩んでる あなたに向けて、実際にどちらも使っている僕が、しっかりと調べて、 メリットやデメリット、月額料金、特徴や注意点などなど、案内してきました。 あなたのなかで、どんなときもWiFiか、ブロードワイマックスかどちらを申し込むか固まりましたか? どちらが、あなたの生活にフィットするかイメージしましたか? 最初にも少し触れましたが、もしも悩んで決まらない、そんなあなたがいるならば 『とりあえず直感で申し込みしちゃいましょう!』 このどんなときもWiFiとブロードワイマックスは 『いつでも解約サポート』というサポートサービスで繋がっています。 最近のコメント• に より• に より• に より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• メタ情報•

次の

どんなときもWiFi「いつでも解約サポート」が違約金なしの理由

どんな とき も wifi 乗り換え

最新機種に変更&契約更新したら、通信速度が明らかに遅くなった• 3日間10GB制限で、18時〜AM2時まで何もできない• 端末の修理をお願いしたいのに、au11店舗中1店舗くらいしか代用機がなくイライラ(in 沖縄) という感じです。 ちなみに現在は、自分の端末を修理に出しているのでauの代用機を使っています。 新しい機種に変更するまでは通信も安定していて文句の一つさえありませんでした。 しかし、この悲劇の始まりは2年契約を更新、端末を最新機種に変更してからです。 それに伴い、料金は上がるわ、ネットは全然使えないわで「あ〜、イラつく!なんやねんこれ」って状態でした。 さて、Broad wimaxを解約した理由は別記事で深く掘り下げるとして、 本記事では 「Broad wimaxを違約金負担ゼロで解約する方法と手順」をお伝えします。 結論を先に伝えておくと、 Broad wimaxの「いつでも解約サポート」を使えば、どのタイミングで解約しても違約金はかかりません。 ただし、このプランを利用する上でいくつか注意点があります。 この辺も漏れなくお伝えするので、読者の皆さんの参考にしてください!• 更新月に解約する• 初期契約解除制度を利用する(契約から8日以内まで)• いつでも解約サポートを利用して他社に乗り換え それぞれ一つずつ解説していきますね。 基本は更新月に解約する Broad Wimaxは解約時期に応じて、違約金の支払いが発生します。 【3年契約の場合】 解約月 契約解除料(税抜) Web割キャンペーン違約金 0〜12ヶ月目 19,000円 9,500円 13〜24ヶ月目 14,000円 9,500円 25〜36ヶ月目 9,500円 — 更新月(37ヶ月目) 0 — 38ヶ月目以降〜 9,500円 — 上記の表を見てわかると通り、 更新月以外で解約すると9,500〜3万円近くの解約金が発生します。 Broad wimaxを2年契約している方は、契約から25ヶ月目。 3年契約している方は、契約から37ヶ月目が更新月になります。 Broad Wimaxを利用している方は、お気に留めておいてくださいね! 冷静に考えてみると、3年契約ってかなり悪徳ですよね。 3年経たないと契約解除できないし、37ヶ月目ぴったりで解除しないと違約金かかるって。。。 通信速度が遅くてストレスフルな人• 固定回線への乗り換えを検討している人• 電波が届きにくい地域に住んでいる人• すぐ通信制限にかかる人 上記のような 「通信速度に不満がある人」は、絶対にすぐ乗り換えるべきです。 私は1,3,4に当てはまっていますが、約半年ほど我慢して使用を続けてきました。 なぜなら、この制度を知らなかったから。 これまでの半年間はまじで辛かったし、ストレスで禿げそうでした。 悪いことは言いません。 通信制限に苦しんでいる人、ネットの速度に不満がある人は、いつでも解約サポートを使ってください。 そして、私と同じように通信量無制限の に乗り換えるのがベストだと思います! いつでも解約サポートを使って解約する手順(Webで完結) Broad Wimaxのいつでも解約サポートを利用する手順は以下の通りです。 利用した印象としては、Web完結の手続きですごい楽でしたね。 下記に、各STEPごとの詳細を書いていきます。 いつでも解約サポート窓口に電話をかける Broad Wimaxのいつでも解約サポート窓口に電話をかけます。 私の場合、電話当日は予約が埋まっていたため、翌日のお昼に対応してもらいました。 平日のお昼に予約がいっぱいということは、乗り換え希望の人結構いそうですね。 オペレーターに解約したい旨を伝える オペレーターに解約したい旨を伝えればOK。 この手続きの手軽さだけは大手キャリアも見習うべきだなと思いました。 まぁ、使ったことないけどね。 乗り換え先の希望を伝える。 もしくは提案を受ける 解約の旨を伝えた後は、乗り換え先の希望を伝えてください。 乗り換え先の要望がない人は、オペレーターがその人にあったインターネット回線を紹介してくれるとのこと。 私の場合は「どんなときもWiFi」に乗り換えたい旨を伝えて、紹介可能かどうかを確認してもらいました。 結果として乗り換えは可能だったので、即座に申し込みの手続きを取ってもらいました。 ただ、6月27日に申し込んだのに7月11日に届くと言われて「???」ってなりましたね。 多分、これが原因だと思います。 画像上の赤字に注目。 はいま人気が爆発しているみたいです。 7月上旬まで端末が不足して申し込みもできない状態のよう。 すごい。 そう考えると、7月11日に受け取れるのはある意味ラッキーなのかもしれません。 これで手続きは終了です。 その後の乗り換え等々はBroad Wimaxさんが対応してくれます。 電話一本でWebで完結、正直これはかなり楽でした。 いつでも解約サポートを利用する上での注意点 上記で紹介した通り、いつでも解約サポートはかなり便利な制度です。 しかし、注意点がいくつかあるので下記にまとめていきますね。 いつでも解約サポート利用して1年間は、再度利用することはできません• 初期契約解除制度を利用すると、免除した違約金の支払いが発生する• 乗り換え先の初期費用や事務手数料は免除されない 3番はしょうがないとして、1,2番注意と認識が必要です。 一度、いつでも解約サポートを利用して契約を解除してしまうと、元のサービスに戻すことはできないので気をつけてくださいね。 ・・・俺は信じているぞ…! まとめ:Broad Wimaxに不満があるなら、いつでも解約サポートをすぐ使うべし! Broad Wimaxは色々と制約が多く、ベストなポケットwifiとは言い難い現状があります。 個人的な意見を少し話すと、最新機種に変更&契約更新(3年縛り)してからサービスの満足度がかなり落ちました。 通信がほとんど安定しない• 携帯でポケットwifiのネットが拾えない(エンドレスぐーるぐる)• 夜になると通信制限で何もできなくなる インターネットを介して仕事をしている私にとって、この状況はかなりストレスフルな事案です。 しかもここに 「端末の初期不良」と 「代用機がどこにも置いてない問題」が重なるんですよ。 もうイライラがすごい。 現状、Broad Wimaxに不満しかありません。 更新してから月額料金も300円ほど高くなったし、悪い点ばかりが目立つようになりました。 この記事を読んでいる人で更新期間がせまっている人はいますか? もし継続してBroad wimaxを使おう考えているなら、ちょっと待ってください。 それは完全に悪手です。 断言できます。 私のおすすめはこの記事で散々おすすめしている、どんなときもWiFiへの乗り換えです。 どんなときもWiFiの無制限で使い放題は、Broad Wimaxのギガ放題みたいな詐欺じみた使い放題ではありません。 本当に無制限に使えるんです。 (ネットワークを占有するレベルの大容量通信を行う、一部悪い人を除いては。 まじですごくないっすか? Broad Wimaxのネット遅い問題に悩まされ続けた自分にとって、どんなときもWiFiは救世主といっても過言ではないんです。 あと、海外でも使えます。 これだけのサービスを税抜3,480円で享受できるって、 もう神。 別名:ゴッド。 は、本当におすすめです。 興味がある方は、ホームページで確認してみてください。 佐藤二朗と今田美桜が出演してます。

次の

WiFiの解約(違約金)&乗り換えの注意点とは?違約金負担してくれるおすすめ乗り換え先!

どんな とき も wifi 乗り換え

2020年4月より、次回更新月まで月額利用料金を無料で利用可能• 月のデータ使用量は25GBが上限• 追加のインターネットサービスを利用した場合、上限1万円までの補償が出る これ見る限りだと、すぐに解約するのはかえって損になりそうなやつですね。 もし光を引くとなっても、初期費用は概ね3,000円。 もし工事費用を負担してくれるのであれば、そこも可能な限り補償を受けたほうが良いでしょう。 光回線の場合は、販売代理店からキャッシュバックが出る場合がほとんどのため、どんなときもWiFiの補償と比較するとむしろ儲けもんな場合が多そうです。 これを加味したうえで、サービスをご紹介します! 乗り換え先としてやめておいたほうがいいサービス まずは、乗り換え先としてやめておいたほうがいいサービスの紹介から 今回、どんなときもWiFiからの乗り換え先として選択しないことをおすすめするサービスは系統として大きく2つ。 NURO光• THE WiFiなど〇〇WiFiの名前のサービス これについて軽く解説します! NURO光をやめておいたほうがいい理由 乗り換え先としてNURO光をおすすめしない理由は大きく3つ• 工事日が決まるまでが遅い+工事が2回入る• 実際そこまで爆速というわけではない• サポートの対応があまり良くない 上記の理由でおすすめしません。 あくまで周りから聞いた話にはなってきますが、NURO光は工事日を決定するまでの遅さに定評があります。 戸建ての場合はそうでもないんですが、マンションの場合はひどいみたいですね… ネット上だと、3ヶ月以上経っても工事日が確定しなかったって話もあるくらいなので、早急にWiFiを用意したい場合にはおすすめしません。 また、速度は2Gbpsと言いつつも、フレッツ光やドコモ光で利用しているNTTの光ファイバーケーブルを2本使用しているのが実態なので、ぶっちゃけそこまで速度変わらないです。 加えて、サポートがチャットとLINEのみの対応なので、電話を利用して急なサポートが必要な場合には対応できないとうデメリットがあります。 急にWiFiが必要なときには本当におすすめしません… 〇〇WiFi系のサービスもやめておけ 最近よくCMでやっているTHE WiFiなど、〇〇WiFi系のサービスもできれば敬遠しておいたほうがいいです。 〇〇WiFi系のサービス、みんな使用している端末がU2sといって、どんなときもWiFiと同じ端末を使用している場合がほとんどです。 最近出たゼウスWiFiがどうやら違う端末のようなので気になっていますが… また、この〇〇WiFi系のサービスですが、無制限とは言いつつも、月間で100GBを超えたあたりから通信制限がかかってしまうようです。 YouTubeを垂れ流したり、アマゾンプライムを存分に堪能したりすると、あっというまに通信制限がやってきてしまいます。 無制限とは… 乗り換え先としておすすめしたいサービス 乗り換え先としておすすめのWiFiサービスは大きく3つ• 法人回線を使用したポケットWiFi• SoftBank Air• 光回線 エヌズカンパニーのポケットWiFi エヌズカンパニーのポケットWiFiというのは商品名ではなく、エヌズカンパニーという光回線を主に取り扱っている会社が運営しているWiFiサービスです。 主にSoftBank光やSoftBank Airを取り扱っている代理店で、SoftBankから優良代理店として毎年のように表彰される会社です。 SoftBankとの信頼が築けているため、法人回線が提供されている様子です。 法人回線の何が良いかというと、回線の安定性が抜群ということです。 どんなときもWiFiも、3キャリア対応とはいいつつもSoftBank回線をメインで利用しているポケットWiFiです。 どんなときもWiFiの場合は、個人向けの回線を使用しているため、利用者が増えると回線が圧迫されて繋がりにくくなる特徴があります。 これが法人回線の場合だとどうなるか。 法人回線は、主に事業利用されていることが多いため、速度が遅くなると業務に支障が出るので遅くなりにくい仕組みになっています。 混雑している時間帯でも、かなりの速度で利用できたので、安定性は抜群です。 デメリットとしては、法人向けの回線のため解約金がなかなかの値段なことです。 ずっと使い続ける場合にはかなり良い選択肢と思われます! 詳しく解説&レビューした記事があるので、こちらをご参照ください。 費用の目安は以下の通り 月額 3,600円 事務手数料 4,900円 契約期間 3年 解約金 〜12ヶ月 67,500円 13〜24ヶ月以内 46,000円 25〜36ヶ月以内 24,500円 端末代 実質無料 開通まで 10日程度 SoftBank Air SoftBank Airというのは、置くだけで工事がいらずにWiFiが利用できるサービスのことです。 正直、あまり速度は出ないものの、SoftBankの電波が入る部屋であれば無制限で利用できます。 ただ、速度には過度な期待はしないほうが良さそうです。 仕事でバリバリに使いたい方むけではなく、光回線の工事はできないものの無制限のWiFiが欲しい方におすすめなのがSoftBank Airです! SoftBank Airにももちろん良いところはあります。 SoftBankのスマホを利用している方であれば、毎月1,000円のセット割が適用されます。 これが地味に嬉しくて、通常であれば月額4,880円で利用するSoftBank Airが実質3,880円で利用できるわけです。 自宅の外には持ち出せませんが、自宅内であれば無制限でWiFiを利用することができます。 また、当サイトからの経由限定で、キャッシュバックが現金で30,000円出ます。 どんなときもWiFiの補償を利用すれば、初期費用分は還元されるので、単純に30,000円の儲けが出ちゃいます。 笑 このキャッシュバックですが、開通から2ヶ月後を目安に口座へ振り込まれるため非常に良心的な対応です。 ほぼ確実にゲットできます。 どんなときもWiFiを利用していたということは、持ち運ぶことに魅力を感じたか、光回線の工事ができない物件だったか、工事の許可をとらなくても契約できることを知らずにどんなときもWiFiを契約したかのいずれかだと思われます。 持ち運びが魅力だった方、外でがっつり使いましたか? もしご自宅での利用が多かった場合には、間違いなく光回線にしておいたほうが快適なWiFi生活が送れます。 戸建ての場合であれば、ほぼ確実に光回線の工事が可能なんですが、アパートだとそう上手くいかない場合も多いです。 もし、自分の済んでいる物件に光回線の導入ができるかわからない場合は、下記のサイトで自分の物件と部屋番号を入力してください。 これはフレッツ光の提供エリア確認のサイトなんですが、 以下の表示が出れば光回線を、大家さんの許可を取らずとも引くことができます。 これ以外の表記が出た場合には、工事の交渉が必要な場合があるので注意が必要です。 光回線を契約する場合、以下の3社のいずれかを契約するのがおすすめです。 基本的には、利用している携帯会社のものを利用すれば間違いありません。 ドコモであればドコモ光、SoftBankやワイモバイルであればSoftBank光、auの場合がちょっと特殊で、BIGLOBE光がおすすめです。 もし格安SIMを利用している場合には、あとのこととキャッシュバックを考えてBIGLOBE光がおすすめです。 ひとまず、次までのつなぎで縛りなしのポケットWiFiという選択肢も 2年縛りや3年縛りがありがちなポケットWiFiですが、 実は縛りなしの事業者もいくつかあります。 光回線の工事までは最短で2週間ほど。 申し込みをしてから、使えるようになるまでのつなぎとして、縛りなしのポケットWiFiを利用することもおすすめします! 縛りなしWiFi 定期契約がないことで有名になりつつある縛りなしWiFi 端末は基本的にレンタルで、3日で10GB制限のあるWiMAX端末か1日2GBの制限があるSoftBank回線のどちらからが届きます。 かきいれ時ということもあり、 4月30日までの期間限定で、アマゾンギフトカード5,000円分がもらえるキャンペーンを実施しています。 つまり1ヶ月分は実質無料で使えてしまいます。 どんなときもWiFiが使い物にならなくなった今、ほぼ無制限のWiFiをお得にゲットするチャンスです! とりあえずWiFiは必要になったものの、長期的には必要ないって方におすすめのWiFiです。 月額 3,300円 SoftBank端末 もしくは4,300円(WiMAX端末) 事務手数料 1,000円 契約期間 なし 端末到着まで 最短で3日程度 Nomad SIM 知る人ぞ知る、Nomad SIM 利用するデータ量に合わせて3つの料金プランを用意しています。 縛りなしWiFiの一部と同様にSoftBank回線を利用していますが、1日2GBのように直近のデータ利用で制限がかかることがありません。 また、SoftBankの電波が入る場所であればどこでも利用できるため、入らない場所はほとんどないと思われます。 途中で解約したとしても違約金は発生しなのと、申し込みから最短で翌日発送のため、手元に届くのが早いことが特徴です。 莫大なデータ量を消費しない方にとっては最強の味方なのがNomad SIMです! 今ならWiFiルーターを無料レンタルしているため、余計な端末を用意しなくてもいいので簡単に利用できます!.

次の