井ノ原快彦。 井ノ原快彦[V6]

井ノ原快彦の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値と若い頃のかっこいい画像

井ノ原快彦

井ノ原快彦の実家の家族構成は ではまずは、 井ノ原快彦さんの実家の家族構成から、 見てみましょう。 井ノ原快彦さんの 実家の家族構成は、 父親・母親・姉・井ノ原快彦・妹・弟 という構成です。 4人兄弟の、6人家族だったんですね。 4人兄弟というと、 ずいぶん多いですね。 現代では、 一人っ子か2人兄弟の世帯が多いので、 珍しいと思います。 ちなみに、 兄弟の数が多い ジャニーズメンバーといえば、 亀梨和也さんが有名ですね。 井ノ原快彦の父親は… では、 次に井ノ原快彦さんの 父親について、 詳しく見ていきましょう。 井ノ原快彦さんの父親は、 しつけに厳しい、厳格な人だったようです。 厳格な父親のもとで、 子供が芸能界に入るとなると、 反対されるのではないか? と想像しますが、どうだったのでしょうかね。 とはいうものの、 実はジャニーズ事務所は、しつけに厳しいことで、 知られていて、 俳優・峰竜太さんは、子供のしつけのために、 息子を ジャニーズ事務所に入れたということです。 井ノ原快彦さんの父親や母親も、 ジャニーズ事務所に入って、礼儀をわきまえて、 成長する井ノ原快彦さんの姿に、 安心したのではないでしょうか。 井ノ原快彦の母親は… 一方、 井ノ原快彦さんの実家の母親は、 どんな人なのでしょうか。 以前 「オーラの泉」で、 井ノ原快彦さんが語っていたところによると、 母親はいつも笑っているような人だったそうです。 おおらかな性格の方なのでしょうか。 井ノ原快彦さんというと、 笑顔がとても素敵ですが、 そんな笑顔は母親から受け継いだものなのかもしれませんね。 井ノ原快彦の兄弟姉妹 では、 次に井ノ原快彦さんの 実家の 兄弟や 姉妹について見てみましょう。 先ほど書いた通り、 井ノ原快彦さんの 兄弟は、 4人兄弟です。 井ノ原快彦さんの 姉は 国際結婚して、 現在は アメリカに 自宅があるのだそうです。 また、 井ノ原快彦さんの 妹も、 すでに 結婚しているようですね。 井ノ原快彦の弟との年齢差 そして、 井ノ原快彦さんの 弟が、 井ノ原快彦さんの 4人兄弟のなかで、 一番下になるわけですが、 井ノ原快彦さんとの 年齢差は、 15歳もあるそうなんです。 15歳の 年齢差の 兄弟というと、 かなり 年の差がありますね。 井ノ原快彦さんは、 実家を出る時期が早かったので、 弟さんとは、 実家で ともに過ごす時間は 少なかったようです。 井ノ原快彦の実家と、地元・出身地は浅草?品川区? それでは、 井ノ原快彦さんの実家、地元や出身地の場所について、 これから見ていきたいと思います。 井ノ原快彦さんは、 プロフィールを見ると、 出身地は品川区となっていますが、 実は品川区に移り住んだのは6歳になってからのようです。 それ以前に、子供の頃住んでいたのは、 台東区の浅草のようです。 ということなので、 井ノ原快彦さんの出身地は、 品川ではなく、浅草とも言えるんですね。 子供時代のことなので、 浅草にいたころの、 思い出はそれほどないのかもしれません。 井ノ原快彦の実家の場所は、品川区の八潮団地? 井ノ原快彦さんの地元、出身地については、 このように品川区、浅草と、 二つの見方ができるわけですが、 浅草についてはそれほど情報がないので、 品川区の実家について見ていきましょう。 井ノ原快彦さんの 実家の場所は、 品川区八潮の八潮団地にあったと見られています。 品川区八潮といえば、 大規模な団地が立つ場所として、 有名ですね。 団地というと、 同世代くらいの子供たちが、 たくさん住んでいるので、 こうした環境で、井ノ原快彦さんの 社交的な性格が、 はぐくまれたのかもしれませんね。 というわけで、 いのっちこと井ノ原快彦さんの、 「地元出身地は浅草?品川区の団地?実家の父親・母親・兄弟姉妹、家族構成は?」 といった話題をお送りしました。

次の

V6井ノ原快彦、なにわ男子・道枝駿佑のピンチに神対応

井ノ原快彦

来歴 [ ] 1988年、12歳でジャニーズ事務所に入る (同期は)。 1995年11月1日、のメンバーとして『 』でデビュー。 2006年から2017年まで毎年放送された『』に、浅輪直樹役で出演。 2018年の続編『』から主演に昇格。 2007年9月28日、かねてから交際中だった女優のとの結婚を発表。 翌日に婚姻届を提出。 2010年に長男 、2013年に長女が誕生。 2010年3月29日から2018年3月30日まで、『』の初代キャスターを8年間務める。 2015年4月、『』の2代目司会(あなたの街の宣伝部長)に就任。 同年12月31日、『』の白組司会者を務める。 人物 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年9月) の団地で育つ。 当時の同級生からは「イノ」と呼ばれていた。 主演の映画『』シリーズは、彼が過ごした団地でのエピソードを描いている [ ]。 子供の頃住んでいたのは。 親元を離れて一人暮らしになってからは沿線に住んでいた。 また、住居には独自のこだわりがあり、独身時代はよく引っ越しをしていた。 芸能界入りの動機は子どもの頃にドラマ『』を観たことで、を目指していた。 しかし「食が細いので無理だと思ったから」と、石原軍団を諦めに入る道を選んだ。 V6内ではの役割を担い、トークを回している。 グループ活動のほか、多くの番組で司会進行を務めており、『』放送開始後はと間違われるようになった [ ]。 時代は坂本や長野からよく「おちびちゃん」と呼ばれ、坂本のことを「お兄ちゃん」と呼んでいた。 V6ではちょうど間の年齢であることから、トニセンとカミセンの橋渡し的な役を担っている時期があった。 曰く「井ノ原君がいなかったらV6は成り立ってなかった」。 自身のソロ曲のほか、V6やトニセンの楽曲の・をよく手掛けている(詳細はを参照)。 趣味・特技 [ ] この節に。 事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または。 ( 2017年9月)• がある。 イクラは好きだが食べるとが出るため、1年に1回だけ食べることにしている。 デビュー直前の頃は、原作のアニメ映画『』のファンだった。 小学2年から中学1年までを習っており、全国で3位になったことがある。 そのとき地区大会では2位。 祖母の命でも習っていた。 習字一級。 のジャンプ台を手作りで製作するほど手先が器用。 趣味は、枯れてしまったなどを復活させる事が好き。 はファン。 がホークスの監督に就任したことがきっかけで、それ以来のファン。 団体・が大好きで、特にヒールレスラー(悪玉)のの大ファン。 2005年2月4日-2月5日の大会「」では、フジテレビで確保した最前列に陣取って観戦。 交友関係 [ ] 同学年であるやと親しい。 とは「」というコンビ名で『たいのっちの』(、2003年7月24日、12月19日)を行い、)でも『』という番組を持っていた。 ジャニーズ以外ではの、、と仲が良く、「イノ中卓球部」(宇多田命名)と称し4人でよく集まるとのこと。 出演 [ ] V6のメンバーとしての出演については「」を参照 テレビドラマ [ ]• (1991年5月27日 - 7月19日、TBS系)• (1992年、フジテレビ系)• (1993年、テレビ朝日系) - 曽根和也 役• 腕まくり看護婦物語2(1994年5月13日、フジテレビ系)• (1994年、TBS系) - 木村文雄 役• (1994年、フジテレビ系) - 相沢正人 役• 「罰ゲーム」(1994年7月7日、フジテレビ系)• (1994年、TBS系) - 河村宏樹 役• 第9話・第10話(1994年、フジテレビ系) - ミチオ 役• 第2話(1995年、日本テレビ系) - 田中孝平 役• 第7話・第8話(1995年、TBS系)- 倉田孝一 役• (1995年、日本テレビ系) - 東野トオル 役• (1995年、フジテレビ系) - V6主演・井ノ原快彦 役• (1996年、日本テレビ系) - 蛭間純平 役• (1996年、フジテレビ系) - 早川直人 役• (1997年10月9日)• (1997年、日本テレビ系) - 田宮章吉 役• 内ドラマ「勇気ということ」(1997年8月23日、日本テレビ系) - 川上良太 役• (1998年、TBS系) - 神田真治 役• (1998年、フジテレビ系) - 永瀬振一郎 役• (1999年、テレビ朝日系) - 田村清次 役• 第8話(1999年、日本テレビ系) - ストリートミュージシャン 役• (1999年、日本テレビ系) - 田宮章吉 役• (1999年9月24日)• (2000年、フジテレビ系) - 井ノ原快彦 役• 殺意の涯て-広域指定188号の女-(2000年12月23日、テレビ朝日系) - 村木守 役• (2001年9月25日、フジテレビ系) - 快彦 役• 室温〜夜の音楽〜(2002年、フジテレビ系) - 木村 役、タクシー運転手 役• (2003年、日本テレビ系) - 槙原公平 役• 「Iの世界」(2004年、フジテレビ系) - 井上 役• 一番大切なデート 東京の空・上海の夢(2004年、TBS系) - 宮林耕太 役• (2006年、系) - 役• 警察庁捜査一課9係SP(スペシャル)(2006年)• 警視庁捜査一課9係 season2(2007年)• 警視庁捜査一課9係 season3(2008年)• 新・警視庁捜査一課9係(2009年)• 新・警視庁捜査一課9係 season2(2010年)• 新・警視庁捜査一課9係 season3(2011年)• 警視庁捜査一課9係 第7シリーズ(2012年)• 警視庁捜査一課9係 第8シリーズ(2013年)• 警視庁捜査一課9係 第9シリーズ(2014年)• 警視庁捜査一課9係 第10シリーズ(2015年)• 警視庁捜査一課9係 第11シリーズ(2016年)• 警視庁捜査一課9係 第12シリーズ(2017年)• (2012年、フジテレビ系) - 早海恭一 役• 早海さんと呼ばれる日スペシャル(2012年6月10日・17日)• (2013年10月 - 12月、日本テレビ系)- 藤島直也 役• 内ドラマ「」(2015年8月22日、日本テレビ系) - 永田監督 役• (2018年)- 主演 役• 特捜9 season2(2019年)• 特捜9 season3(2020年)• 開局60周年特別ドラマ 「」(2019年3月26日、カンテレ製作・系) - 主演・鈴木重三郎 役 映画 [ ]• (1994年) - 佐々木豊 役• (2002年)• (2004年)• (2014年)• (2007年) - 主演・西岡宏樹 役• (2020年11月6日公開予定) - 主演・鈴本一樹 役 劇場アニメ [ ]• (2019年) - ナレーション 吹き替え [ ]• 版(2004年) - スコット・トレーシー 役 テレビ番組 [ ] バラエティ番組 [ ]• (1999年4月 - 2002年3月、) - 司会• (2004年10月 - 2008年9月、TBS) - 司会• (2005年4月 - 2006年2月、)• (2006年4月 - 2007年2月、TBS)• (2006年 - 2007年、テレビ朝日) - 3代目大会委員長• (2006年10月 - 2007年3月、フジテレビ)• 百識(2007年4月 - 2007年9月)• 百識〜百で知るひとつの知識〜(2007年10月 - 2008年3月)• 百識王(2008年4月 - 2013年9月)• (2008年10月14日 - 2010年3月23日、TBS)• (2013年10月 - 2014年9月、フジテレビ)• (2015年4月4日 - 、テレビ東京) - 2代目司会(あなたの街の宣伝部長) 単発番組 [ ]• お仕事バラエティー がんばれ! ジョブチくん(2008年10月13日、NHK総合) - 司会• 約束のチカラ(2009年8月13日、NHK総合) - 司会• (NHK総合) - 司会• 「アレルギーを治せ! 」(2011年11月20日)• 「腸内フローラ〜解明! 驚異の細菌パワー〜」(2015年2月22日)• 「発達障害~解明される未知の世界~」(2017年5月21日)• (2019年12月1日 - 12月8日)• サタデーバリューフィーバー「択」(2012年10月6日、日本テレビ) - 司会• ザ・ラストショー〜エンディング図鑑〜(2012年12月16日、テレビ朝日) - 司会• 『あなたが知りたかった禁断の裏側ここまで見せるか!SP〜fakebook〜』(2013年3月8日、フジテレビ) - 司会• 『あの町はなんで1位なの?』(2013年12月8日、TBS) - 司会• ・爆買いJAPAN(2015年11月6日、フジテレビ) - 司会• NHK認知症キャンペーン わたしが伝えたいこと〜認知症の人からのメッセージ(2015年12月14日、NHK総合)• 認知症 ともに新しい時代へ「驚きの介護術でみんなハッピー!」(2017年4月26日、NHK総合)- 司会• 池上彰と宇宙の旅2018(2018年3月28日、TBS)- 司会• お取り寄せ不可!? 列島縦断 宝メシグランプリ(2018年11月23日、NHK総合)- 司会• 宇宙プロジェクト2019(2019年3月13日、TBS)- 司会• ・ 2019年7月27日• ・ 2019年9月21日• 列島縦断 宝メシグランプリ2019(2019年10月14日、NHK総合)- 司会• (2020年2月21日、テレビ朝日) - 司会 情報番組 [ ]• (2010年2月20日 - 2月28日、) - メインキャスター• (2010年3月29日 - 2018年3月30日、) - キャスター 音楽番組 [ ]• (2011年8月13日、NHK総合) - 司会• (2015年12月31日、NHK総合) - 白組司会• 2017年12月31日、フジテレビ) - 司会• 2018年12月31日、フジテレビ) - 司会• 2019年12月31日、フジテレビ) - 司会 広告 [ ]• 『』(2003年)• 『』(2004年)• (2007年 - 2019年)• 先輩たち篇(2007年11月12日 - 18日)• 『 シーズン 2』 DVDレンタル(2008年)• 『うまトマハンバーグ定食』『デミたまハンバーグ定食』(2010年)• 『オールトヨタキャンペーン』(2011年)• 『パリパリ旨塩チキン』(2012年)• 『クノールカップスープ』(2012年 - 2013年)()と()と共演• 『技術ブランド広告〜体感! スバル! キャンペーン』(2013年)• 『メリット』(2014年 - 2016年)• 『クリアクリーン』(2016年 - 2019年)• 『』(2016年 - 2019年)• 企業TVCM「この上ない新年」(2017年)• 『』(2016年)• 『きわだちカレー』(2017年)• 『錠剤シリーズ』(2019年 - 舞台 [ ]• (・)• PLAYZONE'91 SHOCK(1991年7月 - 8月)• PLAYZONE'92 さらば Diary(1992年7月 - 8月)• PLAYZONE'94 MOON(1994年7月 - 8月)• PLAYZONE'96 RHYTHM(1996年7月 - 8月)• PLAYZONE'97 RHYTHM II(1997年7月 - 8月)• PLAYZONE'98 5nights(1998年7月 - 8月)• PLAYZONE2000 THEME PARK(2000年7月 - 8月)• スーパーミュージカル (1991年8月15日 - 9月1日、青山劇場)• ミュージカル MASK(1992年5月5日 - 28日、) - 主演• ミュージカル MASK 再演(1997年) - ・と共に主演• ANOTHER(1993年8月6日 - 24日、京都・)• 新春公演 春を待つ家(1994年1月9日 - 26日、三越劇場)• 〜オリジナルスマイル〜(1995年3月6日 - 11月25日、新宿紀伊国屋ホール・大阪近鉄劇場)• 双数姉妹公演 コサック(1995年5月、新宿シアタートップス) - 事務所に内緒でのプライベート出演• 京都シアター1200こけら落とし特別公演 ジャニーズファンタジー・ KYO TO KYO(1997年8月19日 - 20日)• (1998年11月6日 - 12月18日、銀座セゾン劇場)• 東京サンダンス〜俺たちの20世紀〜(2000年) - 主演• 東京サンダンス〜21世紀への伝言(2001年)主演• (2001年7月 - 8月、青山劇場・大阪フェスティバルホール)• 東亜悲恋〜ロミオとジュリエットより(2001年) - 韓国のアイドルグループのシューと共演• 東亜悲恋〜ロミオとジュリエットより 再演(2002年)• とんかつロック〜花川助六物語(2002年) - 主演• トイヤー(2003年) - 主演• SAY YOU KIDS(2004年) - 主演• ハンブルボーイ(2004年) - 主演• ミュージカル (2005年) - との共主演• ミュージカル プロデューサーズ 再演(2008年)• イノなき(2007年8月) - 主演• 昭和島ウォーカー(2008年11月) - 主演• 芝浦ブラウザー(2011年4月、) - 主演• ブロードウェイミュージカル (2014年9月 - 10月、青山劇場、オリックス劇場) - 主演 ・オジー 役• TWENTIETH TRIANGLE TOUR 戸惑いの惑星(2017年1月 - 2月、東京グローブ座 ほか) - 主演・長谷川 役• TWENTIETH TRIANGLE TOUR vol2 カノトイハナサガモノラ(2019年7月-9月、東京グローブ座 ほか)- 主演・イノハラ役 書籍 [ ] 著書 [ ]• アイドル武者修行(2005年、文庫2009年、)• イノなき(2006年、)• アイドル武者修行2(2008年、日経BP社) 連載 [ ]• 「女のコにはわかるまい。 」(1997年 - 1999年、)• TV Kids「イノッチでいこう!」(1998年 - 2000年、集英社)• POPBEAT「音からウロコ」(2001年、)• 「アイドル武者修行」(2002年-2008年、日経BP社)• 「虹の橋で踊ろう! 」(2004年 - 2011年、集英社) - と協同連載• 「うれしみ ぽっちくん」(2004年 - 、)• 「コドモ界にリンク」(2005年)• 「ガレージイノッチ」(2009年 - 2012年)• 「ココロはいつもカイライフ」(2012年 - 2014年)• 「井ノ原快彦の作る椅子」(2014年 - 2016年)• 「井ノ原快彦の野外日曜大工店」(2016年 - )• 「私の東京物語」(2015年4月28日 - 5月12日) ソロ楽曲 [ ]• (1997年)• (1998年)• (1998年)• (2001年)• (2003年)• (2003年)• (2008年)• (2007年)• (2010年) 作詞・作曲を手掛けた楽曲 [ ] 特記なき限り、公式サイトの「作品データベース検索サービス」 において、権利者に「井ノ原快彦」を含む楽曲の検索結果をもとに記述。 ダーザイン〜風の吹く街で〜(作詞・作曲) - アルバム『』収録曲。 おやすみ(作詞・作曲) - アルバム『』収録曲。 bird cage(作詞:20th Century、作曲:井ノ原快彦) - シングル『』収録曲。 20th Revolution(作詞・作曲) - DVD『』収録曲。 CD・DVD未収録。 For you(作詞・作曲) - DVD『』収録曲。 CD未収録。 サイクルセンター長野(作詞・作曲) - DVD『』収録曲。 CD未収録。 CD未収録。 CD未収録。 春を待とう - DVD『』初回限定CD収録曲。 映画『』主題歌。 I・N・O=NUT KID(作詞・作曲) - アルバム『』初回限定盤B収録曲。 おっイェイ!(作詞・作曲) - アルバム『Voyager』通常盤に収録されているシークレットトラック。 よかった。。。 (作詞・作曲) - ライブツアー『20th Century LIVE TOUR 2009 HONEY HONEY HONEY』にて披露。 CD・DVD未収録。 選ぶ前に飛べ(作詞・作曲) - DVD『』初回限定版BONUS CD収録曲。 わがままDEソーリー(作詞・作曲) - DVD『』収録曲。 〜此処から〜(作詞:V6、作曲:井ノ原快彦) - アルバム『』初回限定盤A収録曲。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• Johnny's web. 2016年9月閲覧。 2013年2月10日放送の『』より [ ]。 TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2016年2月25日閲覧。 マイナビニュース 2017年4月4日 2018年1月29日閲覧。 2013年2月10日放送の『』より [ ]。 2007年9月30日. の2007年10月15日時点におけるアーカイブ。 SANSPO. COM. 2010年3月4日. の2010年3月6日時点におけるアーカイブ。 2010年3月4日閲覧。 nikkan sports. ( dot ) com. 2013年11月24日. 2013年11月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年2月5日. 2017年9月9日閲覧。 Sponichi Annex. 2015年3月23日. 2017年9月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2015年11月27日. 2017年9月9日閲覧。 マイナビニュース. 2018- 4-4. 2018年6月10日閲覧。 com. 2014年7月19日. 2017年9月9日閲覧。 ,日刊スポーツ,2018年3月27日• ,トピックニュース,2014年11月18日• ,サイゾーウーマン,2016年3月18日• 日刊スポーツ. 2006年2月27日. の2006年5月26日時点におけるアーカイブ。 2011年12月3日. の2011年12月6日時点におけるアーカイブ。 ナターシャ. 2019年1月18日. 2019年2月15日閲覧。 モデルプレス. 2019年10月21日. 2019年10月21日閲覧。 マイナビニュース. 2019年11月6日閲覧。 2007年11月16日. の2008年2月2日時点におけるアーカイブ。 Sponichi Annex. 2008年10月9日. の2008年10月11日時点におけるアーカイブ。 NHK 2019年7月23日. 2019年12月7日閲覧。 コミックナタリー Natasha. 2019年9月18日. 2019年12月7日閲覧。 日刊スポーツ. 2010年1月16日. 2017年9月9日閲覧。 nikkansports. com. 2014年3月17日. 2017年9月9日閲覧。 ORICON STYLE 2016年3月10日. 2016年3月10日閲覧。 ""メーカーニュース(2016年11月4日)2017年2月13日閲覧。 ""メーカーニュース(2017年2月13日)2017年2月13日閲覧。 スポーツ報知. 2007年11月30日. の2008年2月2日時点におけるアーカイブ。 スポーツ報知. 2007年6月30日. の2007年9月16日時点におけるアーカイブ。 nikkansports. com. 2008年9月11日. 2017年9月9日閲覧。 SANSPO. COM. 2011年2月18日. の2011年2月23日時点におけるアーカイブ。 日刊スポーツ. 2014年8月27日. 2017年9月9日閲覧。 ステージナタリー. 2017年1月21日. 2017年9月9日閲覧。 2006年5月18日. の2007年2月18日時点におけるアーカイブ。 2012年11月4日閲覧。

次の

井ノ原快彦

井ノ原快彦

番組スタートから25年の節目を迎えるテレビ東京系『出没!アド街ック天国』(毎週土曜 後9:00)。 1995年4月15日、さんが「おまっとさんでした!」と言ってスタートした第1回「代官山」から次回4日の放送で1250回を迎える。 これを記念して、4日は『出没!アド街ック天国 〜アド街の25年SPECIAL〜』を放送。 時間を30分拡大し、25年にわたる秘蔵映像を一挙大公開する。 25年SPの収録を終えた司会の(2015年4月4日〜)に、アナウンサー(2013年4月6日〜)がインタビューした。 【井ノ原】僕はまだ5年しかやっていませんが、5年前にこの仲間に入れてもらえて本当に良かったなと思いました。 25周年SPの収録を今終えたばかりなのですが、本当に誇らしい気持ちですね。 良かったぁ、この仲間に入れて、と心から思いました。 僕は途中から入りましたけど、須黒さんから見てどうですか? 【須黒】本当に違和感なく溶け込んでいて、でもやっぱりどこか井ノ原さんらしさが番組の中ににじみ出ていて、それはあたたかさだったり、街に出ていくと人との触れ合いがすごく上手だなと。 【井ノ原】そうですか。 聞いてみないとわからないものですね(笑) 【須黒】あと知らない街を知らない、とそのまま伝えて下さるのが新しい視点でいいなと思います。 そういう方の意見が入ることで、また街って変わっていくんじゃないかと思います。 改めて、「アド街」の魅力はどんな所だと思いますか? 【井ノ原】見ていて思ったのは、1回目からの映像が残っているということ。 もちろん建物もそうなのだけど、人も映っていて、その時どういうファッションだったのかということと、またその中には未来にすごい人になる、という子どもたちが映っていたりとか…。 やっぱり25年続けるって、そういう1つの歴史を見ていくことにもなるから、これをもしDVD-BOXにしたら、何枚くらいになるんだろう(笑) 【須黒】ちょうど1250回ですからね。 【井ノ原】全部DVDにして学校とかに置いて、この時代どんな感じだったんだろう?って、資料として見てもいいくらいですよね。 【須黒】井ノ原さんはこれまで司会を務められた5年間で、印象に残っている街はありますか? 【井ノ原】たくさんあるんですけど、最近では築地ですかね。 豊洲に市場が移って、僕から見て危機的状況にあると思ったんですけど、昔より盛り上がっていたというのがすごく印象的でした。 お話を聞かせていただくと、横のつながりもいろいろあったけれど、今回初めてタッグを組んだ人たちもいるんだよ、というくらい、昔市場があった時よりも強くなっているというのが、危機的状況に街が更に進化して生まれ変わるというのを目の当たりにした気がしました。 【須黒】今後、取り上げたい街はありますか? 【井ノ原】単純に東北に行きたいですね。 先日いわきを取り上げたのですが、なんて元気をもらえるんだろう!と思いました。 いろいろ大変なことはありますし、いまだに続いているんだけど、何とかそれを乗り越えていこうという、新しい街づくりをしようとしている人たちの顔を見たいですね。 なので、東北にどんどん行きたいなと思いました。 またロケも行きたいですね、ぜひいろいろなお話を聞きたいです。 【須黒】25年SPが放送されますが、みどころは? 【井ノ原】須黒さんも言ってましたけど、今回の25周年SPはちょっと泣けますよね。 【須黒】泣けますね…。 【井ノ原】自分が関わっていない時のVTRとかも見て、泣きそうになりました。 実際に泣いていらっしゃるゲストの方もいらしたし、みんなでこれを観たいです。 【須黒】いろいろな方に見てほしいですね。 【井ノ原】今、日本はいろいろと大変なことがありますが、家で家族そろってテレビを見ることによって、次行けるようになったらあそこに行こう、とみんなで話し合う時期かもしれませんから、ぜひ観ていただきたいと思います。 今後ともよろしくお願いいたします。

次の