ギター コード 簡単。 【ギター弾き語り】難しいコードを簡単なコードに変換する方法【初心者】

たった1日で弾ける!ギター初心者でも弾ける曲!

ギター コード 簡単

初心者でギターを始めたばかりだと、どのギターコードから覚えていいか分からなくて悩んでしまうかもしれない。 しかし、本当に覚えるべきギターコードは意外と少ないのだ。 今回は初心者が、まず最初に覚えるべき5つのコードを紹介する。 この記事さえ読めば、初心者でも簡単にギターコードを覚え、すぐに上達できる。 ギターコードとは コードとは、日本語で「和音」のことだ。 複数の音がきれいに調和するように、それぞれの弦を押さえ、いっぺんに音を鳴らす。 すると音が重なって美しい伴奏になる。 コードがあることで演奏に深みが生まれ、曲に色が付く。 「和音」というと難しく聞こえるかもしれないが、ギターコードは手の形さえ覚えてしまえば簡単にできるので、難しいことは考えなくて構わない。 この記事でも、複雑な説明は一切抜きにして、できるだけ分かりやすく解説している。 ここでは、まず初心者が覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 それから、それぞれのギターコードをひとつずつ具体的に説明する。 注:ここで取り上げる「コードダイアグラム」の見方がわからないという場合は、別の記事に解説をする予定なので、そちらを参考にしてほしい。 初心者が最初に覚えたい5つのギターコード では、初心者が最初に覚えておきたい5つのギターコードを紹介する。 以下の5つだ。 ・Cコード(シー・コード) ・Amコード(エイ・マイナー・コード) ・Dmコード(ディー・マイナー・コード) ・Gコード(ジー・コード) ・Em(イー・マイナー・コード) 読み方は通常のアルファベットと同じだ。 ただし、「m」は「マイナー」と読む。 「Am」なら「エイ・マイナー」だ。 では、1つずつ詳しく見ていこう。 Cコード(シー・コード) Cコードの押さえ方は以下の図の通りだ。 左側の数字は「弦の番号」、横の数字は「フレットの番号」、〇(丸)が「押さえる場所」で、〇(丸)の中の文字は「使用する指」を示している。 細かいことなので、あまり気にしなくても良い。 一度この通りに押さえてみて欲しい。 はじめは難しいかもしれない。 ポイントは 指先を使って、できるだけフレットの近くを押さえることだ。 押さえられたら、右手で6弦から順に弦を1本ずつ弾いてみて欲しい。 それですべての弦が鳴れば、Cコードはクリアだ。 Amコード(エイ・マイナー・コード) 次はAmコードだ。 Amコードの押さえ方は以下の図の通り。 この図をみて一度この通りに押さえてみて欲しい。 初めてでもそれほど難しくないかと思う。 実はこれ、 Cコードの薬指を3弦2フレットに移動するだけでできるのだ。 CコードからAmコード、AmコードからCコードへのコードチェンジ(押さえ変え)のときには人差し指と中指はそのままで、薬指だけを移動するとスムーズにつながるので覚えておくと良い。 point:CコードとAmコードの違いは薬指だけ!! ここまで問題ないだろうか。 どれも単純なコードばかりなので解説は短いが、もし難しい部分があれば急がずにゆっくり練習を重ねて欲しい。 Dmコード(ディー・マイナー・コード) 次はDmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これもAmコードと同じマイナーコードだ。 マイナーコードは一般的に「暗い響き」と言われる。 AmもDmも、やや暗い印象があるのを感じられるだろうか。 Dmは1・2・3弦だけを押さえるので、押さえにくく感じる方もいるかもしれない。 ポイントとしては、 親指をネック裏にしっかり回して、親指で6弦を掴むようにすると人・中・薬の三本の指が下方に下がり、押さえやすくなる。 Gコード(ジー・コード) 続いてGコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 今回取り上げている5つのギターコードの中では一番押さえにくいかもしれない。 1弦と6弦の間隔が広いので、指を大きく開く必要がある。 もし、上記の指の配置で難しいときは、自分のやり易いように、使用する指を変えてもよい。 筆者は「Cコードへのコードチェンジがスムーズにできる」という理由で上記の押さえ方をオススメしている。 薬指と中指の位置関係がCコードと同じだからだ。 この形のまま、押さえる弦だけ変えれば、Cコードへ簡単に押さえ変えられる。 Emコード(イー・マイナー・コード) 最後はEmコードだ。 押さえ方は以下の図の通り。 これは今回取り上げた中で一番簡単なギターコードだ。 たったの2本指でできてしまう(実はEmの系統で1本で押さえられるコードもある!)。 使用する指は自分のやり易いように変えても構わない。 これができれば、5つのギターコードはすべて完成だ! 初心者向けギターコードのまとめ 5つのギターコードをすべて弾いてみてどうだっただろうか。 中には弾きづらいものもあったかもしれないが、じっくり気長に取り組んで欲しい。 最初は誰でも難しく感じるが、時間をおいて挑戦すると、簡単にクリアできたりするものだ。 また、5つのギターコードが全て弾けたら、今度はこれら以外のギターコードを覚える必要も出てくる。 そのときはできるだけ、 お気に入りの曲の中で演奏しながら、繰り返し弾いて覚えると手っ取り早い。 とにかく楽しんで、楽な気持ちで練習することが上達への近道だ。 もっと他のコードも知りたいという方はを参考にしよう。

次の

ギター初心者も楽しく弾きたい!簡単なコードで弾けるおすすめの曲25選

ギター コード 簡単

【ギター】弾き語り初心者でも簡単に弾けるオススメ曲10選 今回は、 弾き語り初心者でも簡単に弾けるオススメ曲10選をご紹介したいと思います! 念願のギターを買い、よし!これから音楽を始めるぞ!って時に、 ギターで弾き語りをしたいけど、どんな曲からやればいいのか分からない・・・ どの曲も初心者には難しくて挫折してしまう・・・ なんて壁に打ち当たる方もきっと多いのではないでしょうか? そんな時に、まずはギターを弾く楽しさを味わえるような、 初心者の方にもってこいの楽曲を10曲チョイスしてみました! 「簡単に弾ける曲」の基準としては• 難しいコードが無い こちらもコードに関してですが、 コードというのは組み合わせ次第で何種類もあります。 その中でも、ギターにまだ慣れてない人でも押さえやすいような 簡単なコードもあれば、 初心者の方が押さえるには 少し難しいようなコードも存在します。 そんな難しいコードが曲の中に一瞬出てくるだけで、 急に曲の難易度は上がってしまいます。 なので、弾くのが難しいなと感じるコードが出てくるような曲は、初めのうちは避けても良いかもしれません。 基本的なコードを使用している 先程説明した、ギターにまだ慣れてない人でも押さえやすいような 簡単なコードがあり、 弾き語りなどでも良く使用される、基本的なコードというものが存在します。 初心者の方にオススメな基本的なコードとしては、 「C」「D」「E」「G」「A」「Dm」「Em」「Am」 などのコードです。 これらのコードは、 初心者の方でも割と簡単で覚えやすい押さえ方をしているコードなので、 今回ご紹介していく曲の中でも多く使用されています。 また 「F」や 「B」 などの、 いわゆる 「初心者の壁」 とも言われているコードなども存在し、 今回ご紹介する曲の中で使用されることもありますが、 なぜこのコードが 「初心者の壁」と言われているのかは、 また 別の記事で説明していけたらと思います。 使うコードはたったの3つだけです! 「F」コードも出てきますが、 カポを使えば、Fコードを弾くことなく演奏することも出来ます。 楽曲も割とゆっくりめで歌いやすく、コードも少ないので、 弾き語りの始めにはもってこいの楽曲ではないでしょうか? まとめ 今回は、 弾き語り初心者でも簡単に弾けるオススメ曲10選をご紹介させて頂きました! 冒頭でも説明した通り、 弾き語りを始めたばかりの頃は、自分が弾ける難易度の曲が中々見つからず、 挫折してしまう人もきっと少なくはないと思います。 楽しさに気付かない内に辞めてしまうのはとても勿体無いと思うので、 まずは簡単でシンプルな楽曲からチャレンジし、 弾き語りの楽しさを少しずつでも感じることが出来たら とても充実した音楽ライフを送れるのかなと思います! 初心者の方にとって、弾き語りに向いている楽曲の基準としては、以下の3点です。 コードが少ない• 難しいコードが無い• 基本的なコードを使用している 今回ご紹介した楽曲にも是非是非チャレンジしてみて下さい!!.

次の

ギター初心者向けFコードが無い簡単曲まとめ!カポなし、Fなし、3コードで弾ける曲だよ

ギター コード 簡単

ギターで弾ける曲が少ないことで、困っていませんか?ギター初心者のうちは、押さえられるコードは多くありません。 押さえられるコードが少なければ、弾ける曲も少なくなってしまいます。 最近は、バレーコードなどの複雑なコードを含んでいる曲が多いため、初心者には難しい曲が多いのが現状です。 しかし、きちんと探せば、簡単なコードだけで弾ける曲も、結構見つかるものです。 それは、人気曲や有名曲の中にもあります。 今回は、ギター初心者向けに、簡単なコードだけで弾ける有名曲をまとめました。 できるだけ、最新の人気曲の中から選んでいます。 「曲全体の解説」と「難関コードの攻略法」を分かりやすく掲載しています。 記事を読んで練習するだけで、相当なギターの上達を実感できる内容になっているので、ぜひ、じっくりご覧になってください。 ギター初心者でも簡単コードで弾ける3曲 今回は以下の3曲をご紹介します。 初心者でも簡単コードで弾ける3曲• Dragon Night (SEKAI NO OWARI)• 赤い糸 (コブクロ)• 粉雪 (レミオロメン) どれも一度は聞いたことのある曲かと思います。 最新のカラオケ人気曲の中から、簡単なコードだけで弾けるものを選んでいます。 人前で演奏するのにもピッタリの3曲です。 演奏が簡単になる!知っておきたい3つのポイント それぞれ曲の説明の前に知っておかなければならない、演奏のポイントが3点あります。 これらを知っておくだけで演奏が一気に楽になります。 演奏前に知っておくべき3つのこと• カポタストを準備しよう!• BmコードはBm7コードで代用しよう!• 弾けないコードは思い切ってごまかそう! 1.カポタストはギターのキー(調)を変えるアイテムです。 今回紹介する曲では「粉雪」以外の全ての曲で使用するので、必ず買っておきましょう。 楽器屋さんで500円くらいで買うことができますが、著名なミュージシャンも使うローリング・カポもあります。 演奏中に片手で軽々キーチェンジできますし、長く使えます。 2.BmコードをBm7コードで代用することについては、各曲の説明のときに後述しますが、バレーコードのBmコードを、より押さえやすいBm7コードで代用しようということです。 これによって演奏が大幅にカンタンになります。 3.弾けないコードをごまかすということについての真意は、それぞれの説明の中で詳しく述べていきます。 難しいコードでも、少しごまかしたり、飛ばした方が全体としての上達は早くなるのです。 それでは実際の曲の説明に入っていきましょう。 使うコードはたったの6つ。 しかもコード進行(コードの登場する順番・流れ)も決まったパターンだけで、とても簡単にできます。 上記のコード譜の外部リンクから、コードを見てみましょう。 以下にポイントを解説します。 <演奏ポイント> 1.カポタストを3フレットにつけよう 2.BmコードをBm7コードで代用しよう 1.カポタストを3フレットにつけよう 外部リンクのコード譜ではタイトル下にCapo:3という印が付いていまず。 これはカポタストを3フレットにつけるという意味です。 カポタストをつけ、カポタストの位置を0フレットとみてコードを押さえます。 たとえば、カポタストを3フレットにつけてGコード押さえると以下のようになります。 曲中はカポタストを3フレットにつけたまま、カポタストを0フレットと考えてコードを押さえましょう。 2.BmコードをBm7コードで代用しよう Dragon NightではBmコードが何度も出てきます。 しかしBmコードはバレーコードなので初心者には難しいかもしれません。 ここではBmコードの代用としてBm7コードを使いましょう。 音はやや異なりますが、とりあえずやってみてください。 以下がBm7コードです。 曲中でBmコードが出てきたら、その都度このコードで代用しましょう。 また、このコードの図の見方が分からない場合はを参考にしましょう。 ポイントの1と2を使うことで、使用コードはたった6つのオープンコード(バレーコードではないコード)になります。 ぜひ試してみてください。 使用コードは10もあり、難しいように見えますが、基本のコードだけ押さえておけば、後はただの装飾のようなものです。 それほど難しくはありません。 この曲ではGsus4とDsus4という特殊なコードが出てきます。 これに慣れると非常に面白く、ギターの腕前がアップします。 ぜひ、ここで覚えておきましょう。 それでは、ポイントを解説していきます。 上記の外部リンクのコード譜を見ながら読んでください。 <演奏ポイント> 1.BmコードはBm7コードで代用しよう 2.カポタストを2フレットにつけよう 3.セブンスコードを覚えよう 4.サスフォーコードを覚えよう 1.BmコードはBm7コードで代用しよう 前述のDragon Nightと同様にBmコードが登場しますが、代わりにBm7コードを使いましょう。 そうすることでバレーコードがなくなり演奏が大幅に楽になります。 2.カポタストを2フレットにつけよう この曲ではカポタストを2フレットにつけます。 カポタストの位置を0フレットとみてコードを押さえてください。 3.セブンスコードを覚えよう この曲には、G7(ジーセブンス)やD7(ディーセブンス)といったセブンスコードが出てきます。 難しそうに見えるかもしれませんが、GコードやDコードの形が少し変形しているだけなので、ここで覚えてしまいましょう。 以下がG7コードとD7コードの図です。 G7コードはGコードを押さえ、人差し指で1フレットを押さえて、3フレットの指を外した形です。 D7コードは、Dコードとは指の配置が変わりますが、Dコードの2弦が3フレットから1フレットに変わっただけです。 覚えやすいコードなので、まずは頭で覚えて、次に指を慣らすといいでしょう。 4.サスフォーコードを覚えよう これがこの曲で覚えたい目玉のコードです。 この曲ではGsus4(ジー・サスフォー)コードと、Dsus4(ディー・サスフォー)コードが登場します。 sus4コードは装飾のようなコードで、いつもの押さえ方に指を1本足すだけで、オシャレになる便利なコードです。 以下の図を見てください。 Gsus4は2弦の1フレットを、Dsus4は3弦の3フレットを余分に押さえます。 どちらも、基本のGとDのコードに指を1本だけ足した形です。 指1本の追加だけでできるのに、とてもオシャレ進行なのが分かると思います。 「赤い糸」の中ではDsus4からDへのコードチェンジが何度も登場します。 ぜひ習得しましょう。 サビのハイトーンボイスを知らない人はいないでしょう。 ギターはとても簡単です。 その手前でやめておくのも、挫折を避ける一つの手ですが、ここでは、難しいコードにどう対処するかの考え方を少しだけ解説しておきます。 これは粉雪の雰囲気が出るとても美しいコード進行なので、必ず習得したいところです。 Gadd9は「ジー・アドナインス」と読む。 Gadd9は以下の図のように押さえます。 Gコードを押さえて、3弦2フレットに人差し指を足すだけです。 コツはGコードの形はそのままで、人差し指だけを足したり引いたりすることです。 人差し指以外の指は全て押さえっぱなしにしましょう。 ここをどう乗り切るかがポイントです。 乗り切るときの考え方を以下にあげておきましょう。 2.1.真面目に攻略する 好きな曲の中で練習すると難しいコードも気楽に練習できます。 もし「粉雪」が好きで弾けるようになりたいなら、これを機に練習すると良いでしょう。 2.2.省略形コードで攻略する これらのバレーコードには省略形の形があります。 省略形コードはやや押さえやすくなっているので、これで代用してもいいです。 以下にその押さえ方をあげておきます。 拡大して確認しましょう。 2.3.パワーコードでごまかす パワーコードという指1・2本で押さえられる簡単コードがあります。 非常に便利な手段なのでやってみましょう。 パワーコードについてはで初心者向けに詳しく説明しています。 一気に上達する手助けとなるので参考にしましょう。 2.4.ブラッシングでごまかす 左手でミュートしつつ、音を出さずにリズムだけ弾いてごまかす方法です。 今回は間奏部分なので、あまりお勧めしませんが、歌のある部分で使うには、とても便利なごまかし方です。 ブラッシングを使うときのミュートについてはで解説しています。 興味のある方は参考にしてください。 まとめ 以上がギター初心者でも演奏できる簡単な3曲の解説です。 今回取り上げたものはいずれも、全体的には簡単ですが、一部に難しいところがあります。 こういった曲の中で、苦手を克服していくことが上達への近道です。 以上の3曲を徹底的に練習しておくと、気が付いたときには、より多くの曲が弾けるようになっています。 好きな曲で目一杯練習に励んでください。 追記:では、「夏色」「愛唄」「SUMMER SONG」の解説をしています。 ぜひ、こちらもご覧になってください。 […] Tweet! test d. location? 'http':'https';if! createElement s ;js. twitter. js';fjs. parentNode.

次の