ショートカット オートメーション。 iOSでWiFiに接続したらショートカットを実行するオートメーションを作成する

使い方解説!iPhone操作をオートメーション、おすすめレシピ4選

ショートカット オートメーション

iPhoneの使い方を革新する便利なショートカットアプリ Appleがコミュニティやら公開手段を設けていないからか、はたまた私の探し方が悪いのか、ショートカットは無類の便利さを誇るはずなのにイマイチどこで公開されてるのかわかりません。 きっと自分が自作した程度の浅はかさでなく、世の中には思いも寄らない便利なショートカットがあるはずなのに!ググっても出てこないとはなんたることか!? こんな使い方もできるの!?半端ないって!って言いたいです。 ホーム画面に追加する方法とかウィジットに登録する方法とかどうでもいいんだよ!中身だよ中身! SNSで便利な使い方ができるおすすめレシピ 複数のハッシュタグ作成を素早く 現在地と天気をツイートする Instagramへアップロードする9分割画像を作る 日常生活に便利な使い方ができるおすすめレシピ 今日の金曜ロードショーを確認する 写真を撮って、EverNoteに保存する Amazonで検索する Amazonの最低価格、価格変動を取得する 警察に止められたら… 出勤・退勤を記録する iOS 12の"ショートカット"アプリで出退勤記録ボタンを作ってみました。 ウィジェットにあるボタンを押すと出勤退勤時刻・現在位置がカレンダーに登録される仕組み。 また退勤ボタンで前回の出勤からの勤務時間を計測できるようにもしてみました。 さっき、こんなショートカット作ってみたら良い具合だった。 複数の画像を一括で入れられるので便利。 — バルキー ENHANCE blky3 まとめ ということで、ごく当たり前のものを除いた、おすすめショートカットを集めてみました。 みんな結構便利なもの作ってんですねー。 サクッと作れる技術力が素敵すぎるー。

次の

【iPhone】iOS13.1でショートカットアプリが更に便利に!オートメーション機能が追加

ショートカット オートメーション

指定の時間になったらミュージックを再生して、その曲情報をツイートできるようにする• 職場に到着したら家族にメッセージを送信する などなど。 今までのショートカットでは「ショートカットをタップする」というトリガーが必要でしたが、それが 自分の行動に代替できるって感じの機能になってます! これによって 今までよりも幅広くショートカットが使えるようになったってことですね。 重要な注意点 これ、地味に僕も勘違いしていたんですが、 完全に行動だけでトリガーを完結できるワケじゃないんですよね。 例えば、 「ツイッターを開いたら画面上に『ヤッホ!』と表示させる」というショートカットを作ったとします(意味は全く無いです)。 当初の僕の予想では って感じの手順になっちゃいます。 つまり、 最初のトリガーは行動で起動するんですが、 登録したアクションを実行するには結局画面をタップする羽目になります。 一応 「実行前に尋ねる」っていう項目をオフにすれば「実行」ボタンのタップが必要ないんですが、 全てのトリガーに「実行前に尋ねる」って項目があるわけじゃ無いんですよね。 思ってたよりも不便な部分があるので、そこだけはご了承ください、 オートメーションの作り方 ってことで、早速ですがカンタンなオートメーションの作り方を解説します! 「ショートカット」のアプリを起動すると、下のタブに 「オートメーション」と書かれている部分があると思います。 こちらをタップして出てくる 「個人用オートメーションを作成」って部分から作成します。 トリガーを選択する 「新規オートメーション」の画面では 様々なトリガーを選択することが出来ます。 この中から設定したいトリガーを選ぶって感じですね。 今回は例として 「時刻」というトリガーを選択して説明しようと思います。 起動する時刻と曜日を選択する 今回のトリガーは 「指定した時刻になったらショートカットが起動する」というものなので、まずは時刻と曜日を選択します。 今回は 平日の朝7時30分に起動するトリガーにしてみました。 ちなみに、この時間は僕が朝起きてる時間です。 …どうでもいいね。 ショートカットを作成する トリガーの設定が出来たら ショートカットを作成します。 ショートカットの作り方や使い方の説明はでしているので、良かったら読んでみて下さい!• 平日の朝7時30分がトリガーとなり、• ミュージックの再生• 現在の天気の表示• 定型文のツイートを行う って感じの内容になっています。 以前までだったら(2)~(3)までしか利用することしか出来ませんでしたが、今後は時刻の指定により、 柔軟なショートカットを作成できるってことになりますね。 まとめ:トリガーを色々試してみよう! 今回は例として「時刻」のオートメーションを利用しましたが、 それ以外にも便利に使えるものは多いと思います。 決まった時間や場所で家族にメッセージを送る人などは、かなり便利な機能になると思いますね! 色々なトリガーがあるので試行錯誤してみるのも楽しいと思います! オートメーション機能を利用したレシピ集もあるので良ければあわせてどうぞ。

次の

iPhoneショートカットのオートメーションのやり方

ショートカット オートメーション

iOS 13では「ショートカット」アプリに新しく「オートメーション」という機能が追加されました。 これを使うと、設定したアプリをある条件で自動的に動作させることができます。 もはやタップすら不要な便利機能を活用してみましょう。 前回ご紹介したショートカットの場合、実行するためにボタンやアイコンをタップしていましたが、オートメーションはタップの代わりに特定の条件(または条件の変化)が動作の引き金になります。 指定できる条件は、時刻や位置情報、Wi-Fiの接続先やおやすみモードの状態など、アプリ上に用意されたものから選択します。 実行する動作についてはショートカット作成時と同じものが使用できます。 なお、照明やエアコン、スマートロックなどのHomeKit対応機器を使用している場合は、これらの動作をオートメーションに設定することも可能です。 オートメーションを作成する方法 オートメーションは「ショートカット」アプリの「オートメーション」タブで作成します。 なお、動作の内容は前回記事で作成したアクションと同じです。 今回使うのは「アラーム」です• 「次へ」をタップします なお、この項目を「任意」にすると何時のアラームでも動作し、「起床時刻」にすると「時計」アプリの「ベッドタイム」機能で設定した起床時刻のアラームで動作します。 「アクションを追加」をタップ。 前回記事を参考にアクションを設定していきましょう。 または、既存のショートカットをそのまま取り入れることもできます• ここでは既存のショートカットを取り入れる方法をご紹介します。 ここまでできたら、右下のボタンをタップして動作確認します。 正しく動作したら「OK」を押して「次へ」をタップ• 指定された条件になった時、「実行の前に尋ねる」かどうかを選択できます。 今回はオフにしておきます。 最後に「完了」をタップすればオートメーションの設定完了です これで、朝7時のアラームを止めると自動的に設定された動作が行われます。 朝7時。 アラームを止めると……プレイリストが再生され、天気と今日のイベントが表示されます アクションでも実行可能な動作ですが、能動的にボタンを押して使うのと、特定の条件で自動的に動作してくれるのでは、サポートされている実感がかなり違います。 生活を「ラクして良くする」手段としてぜひ活用してみてください。 予めご了承ください。 連載一覧 第385回 第384回 第383回 第382回 第381回.

次の