スケジュール 帳 アプリ 無料。 パソコンでスケジュール管理|スマホと同期できる無料アプリ3選

日記アプリのおすすめ人気ランキング10選【無料で使える!バックアップ・パソコン同期も】

スケジュール 帳 アプリ 無料

毎日の出来事を記録しておける日記アプリは、手帳もペンも必要なく、スマホがあればいつでもどこでも書き込めるのが大きな魅力ですよね。 育児・旅行の記録など、その瞬間の出来ごとや気持ちが記録でき、思い出を振り返りやすいのもアプリだからこそ。 アカウントを共有すれば友達と交換日記を楽しめるものも人気の理由です。 できれば長くつけ続けたいものですが、はたして便利で快適に使える日記アプリとはどんなものでしょうか?そこで今回は、無料で使える人気の日記アプリを集めてみました。 また使う上で気になる、画像の掲載しやすさ・枚数制限があるかどうか・他とは違う便利な機能・どんな人に向いているか、などもアプリ別にランキング形式でご紹介。 iPhone・Androidどちらに対応しているかも一目でわかるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 自分にぴったりな日記アプリは入っているでしょうか? 日記はもちろん、スケジュールやタスクまで管理できるとても便利な日記アプリ。 日記にはたっぷり文字入力が可能な上、画像の掲載もOKです。 別にノートも用意されているため、ちょっとしたメモなどは分けて記録しておくことができます。 GoogleカレンダーやiPhoneの純正カレンダーをそのまま移行することもできるため、乗り換えもラクラク。 月間カレンダーのページからそのままタスク・予定管理・日記・週間スケジュールへと移動できるので、慣れてしまえば操作も難しくありません。 最初はわかりにくさを感じるかもしれませんが、トップページからワンタップで使い方ガイドに飛べるので安心。 可愛いスタンプも利用でき、紙の手帳のような感覚で使うことができますよ。 バックアップ機能 有 画像掲載 有 機種引継ぎ機能 有 Apple Storeレビュー2000件超えの人気日記アプリ。 絵文字・顔文字の入力だけでなく、アプリ上でスタンプを押すことも可能です。 字数制限を140字に設定すれば、プライベートツイッターとしてその瞬間のつぶやきが残せます。 制限は外すこともでき、しっかり長文で記録したい人も大満足。 もちろん画像も掲載できます。 パスワードや合言葉を設定すれば、仲間同士だけで交換日記が楽しめるのも特徴。 参加人数は何人でもOKなので、恋人と2人で・グループの仲間同士でワイワイ盛り上がることが可能です。 交換日記も含めてバックアップできるので、データ消失の心配もなく、長く使い続けられますよ。 バックアップ機能 有 画像掲載 有 機種引継ぎ機能 有 商品名 My日記 ~寝るまえ5分間日記帳~ 瞬間日記 無地日記 シンプル日記 地味に便利な日記帳 PenCake 10年日記 カード日記 nikki Lifebear 特徴 寝る前の5分で書ける!書き忘れ防止機能付きでいつでも手... 自分用の日記だけじゃなく、交換日記にも対応!1人でも仲... 複雑な操作は一切なし!開く・書く・読むだけの簡単日記 カラー・フォントも選べる!シンプルなのに充実の機能性 短文でサクッと書ける、地味に便利な日記 スッキリと読みやすく書きやすいシンプルな日記アプリ 去年の今日は何してたっけ?10年分の思い出がよみがえる... たった3ステップで書ける!画像メインのiPhon向け日... セキュリティー対策あり、スタンプ利用で自分だけのラクラク日記 スケジュールも日記もすべて揃う!しっかり管理したい人に... バックアップ機能 有 有 有 有 有 有 有 有 有 有 画像掲載 有 有 有 有 - 有 有 有 有 有 機種引継ぎ機能 有 有 有 有 有 有 有 有 - 有 商品リンク•

次の

手帳アプリ「GEMBAノート」が最高。手書きできて、カレンダーアプリも利用可能。現場ノート。

スケジュール 帳 アプリ 無料

スマホと同期できるものをご紹介! <目次> ・同期できる無料アプリが便利な理由 ・メリットはざっとこんな感じ ・マルチデバイス対応の無料アプリがおすすめ ・厳選!同期カレンダーアプリ3選 ・Googleカレンダー ・ジョルテ ・Yahoo! かんたんカレンダー ・さいごに 同期できる無料アプリが便利な理由 メリットはざっとこんな感じ ・なくさない(スマホをなくさなければ・・) ・仕事中もさっと確認が出来る ・思いついたときにメモ感覚で残せる ・他の人と瞬時に共有できる ・予定変更が瞬時に出来る(消しゴムいらず!) ・リマインダー機能付きであれば予定を忘れない ・ずっと残る(サーバ容量とそのアプリが存在していれば) マルチデバイス対応の無料アプリがおすすめ こんなに便利です、アプリのカレンダー。 今回なぜ無料のものをご紹介しているかというと もともとプリインストールされているものでもいいんですが、 他の端末との連携がとりにくいです。 例えばわたしは会社ではWindowsとMac 自宅ではMac、スマホはiPhone・・ すべて異なるデバイスなのでいつでもどこでも ブラウザを開けば連携できるのでこれを使っています。 また共有する他の人たちも必ずしも同じデバイスとは限りませんので 共有するときなるべく同期しやすい 無料のアプリで管理するのをおすすめしています。 仕事のやり取りも使っています。 他社さんとの打ち合わせのやりとりなどもこれで同期していれば 容易に共有が出来ます。 厳選!同期カレンダーアプリ3選 以上の理由からスケジュール管理、使いやすいものを 3つご紹介します。 Googleカレンダー Gメールを作るときGoogleアカウントを ご紹介しましたがアカウントを作っていれば無料で使えます。 Googleアカウントを持っている人も多いので 持っている人同士も予定が共有出来て便利です。 パソコンであればブラウザでGoogleの右上の四角をクリックすると出てきます。

次の

手帳アプリ「GEMBAノート」が最高。手書きできて、カレンダーアプリも利用可能。現場ノート。

スケジュール 帳 アプリ 無料

今日は多分まだまだ知られていないであろう一押しアプリ「GEMBAノート」をご紹介いたします。 こんにちは、バンコク在住のダイです。 それはGEMBAノートという今私が最も惚れ込んでいるiPhone iPad アプリです。 2017年1月現在AndroidやKindleそしてWindowsに対応していますが、Macには対応していません。 ちなみにこの記事を書いたのは2016年5月19日で 正式版ではなく、まだプロトタイプだったこ頃のものになります。 2016年8月には正式版がリリースされ、現在では多少仕様が変わっている可能性がありますのでご了承ください。 ダウンロードの方法はから確認いただければと思います。 では早速この手帳アプリ「GEMBAノート」の、どこが素晴らしいのかをご紹介したいと思います。 グーグルカレンダー等のスケジュールアプリと連動可能 2. テンプレートで自分のフォームを作成できる 3. 手書きがスムーズ 4. では、一つずつ内容を見ていきたいと思います。 グーグルカレンダー等のスケジュールアプリと連動可能 スマートフォン等のガジェットでスケジュール管理を行う上で最も大きなメリットといっても良いのは、 クラウドで情報一元管理にできるため、いろいろな端末で同じ情報を参照更新できる事、そして設定しておいた時間になったら通知してくれる ポップアップ通知だと思います。 無くしたらおしまいで、自分からは物申さない紙の手帳にはできないことです。 しかも、このGEMBAノートならカレンダーアプリの内容を取り込むことができます。 手書き手帳アプリなのにケータイのスケジュールを取り込むことができるのです。 要するにこういうことです。 これは月次のカレンダーですが、ピンクの文字やその他ところどころを手書きしています。 一方、水色の編みかけがかかっている所はカレンダーアプリに登録してあるのでグーグルカレンダーからアプリが勝手に呼び出してきて表示してくれている予定です。 この 画面は手書きもできますし、この画面からカレンダーへの登録もできる、というハイブリッドな仕様になっていてまさに良いとこ取りなわけです。 もちろん他のカレンダーアプリで予定を追加削除してもこのカレンダーに自動反映されます。 テンプレートで自分のフォームを作成できる これもGEMBAノートの素晴らしい特徴の一つです。 日々の業務で使うために自分専用のテンプレートを作って置く事ができます。 これはかなり効率化に繋がると思います。 私はもともと「ほぼ日手帳カズン」という手帳に自分で線を引いてフォームを作り日報のように使っていました。 詳細はこの過去記事でご覧いただければと思います。 とはいうもののやはり、「 カレンダーアプリと連携できればなぁ」とか毎回「 線を引くのが邪魔くさいな」なんて思ってたわけです。 それがこのGEMBAノートを使えば解決です。 どう解決なのかこの私のデイリーベースの手帳を見ていただければと思います。 青の編みかけはカレンダーアプリに入っているスケジュールです。 もちろん このページからカレンダーアプリにスケジュールを入れることもできますし、上から手書きでいろいろ書き込むことも可能です。 右側にもいろいろフォームがありますが、ここは全て手書きするために私が作ったただの枠線です。 後から読み返しそうなところは、付箋に文字を入れて貼り付けたり、そもそも私のように手書きを多用するのではなく、テキストのデータを手書き文字認識なりキーボードで打ち込むようにすれば、後からの検索が楽になります。 また、題名だけは検索しやすいように、手書きにしないというのも良いかもしれません。 これは普通の手書きメモアプリでもエクセル等でフォームを作ってPDFにして、その上から手書きする事で、紙の手帳のように使用するという事も可能ですが、その場合もカレンダーアプリと自動で情報共有してくれる事がないという所に欠点が残ります。 手書きがスムーズ これはiPadPro9. 7インチとアップルペンシルによるところが大きいんだとは思いますが、2週間ほど使ってみたところ、とても満足しています。 動作が遅くてイライラするとかそういう事が全くありません。 ワンボタンでメモ画面に移動できる ほんと、痒いところに手が届く仕様です。 私の場合基本はデイリーのページを見ていますが、 メモの必要があればすぐに全面メモ書きのページに飛ぶことができます。 下記の写真の中の、赤い矢印のところを押せば画面が切り替わります。 例えばミーティング時に、このメモ書きページを呼び出してメモ。 予定確認のため、赤矢印の「自由」と書いてあるボタンを押してデイリーのスケジュールを表示して確認。 もちろんメモ書きページはメールですぐにシェアできますし、キーワードだけテキストにしておいて、後々、検索ですぐに探せるようにしておくのも良いでしょう。 追記:2016年10月29日 いくつか気になるところも出てきたので追記したいと思います。 日報画面とメモ画面への移動はボタン一発で移動できるのですが、月次のスケジュール画面への遷移がも簡単に表示できる方法があればもっと良かったのにと思います。 また、残念ながら ゲンバノートの昨日制限を解除するには月額500円または年額5,000円とそれなりの額を払い続ける必要があります。 という事で、最近は同Metamoji社製のMetamoji Noteの有料版(買い切り980円)を使っています。 カレンダーと連携してくれないというゲンバノート最大の利点は搭載していませんが、それ以外は似たような仕様の手書きメモアプリです。 またタブでいろいろなノートを一発で簡単に切り替えれるというのは逆にMetamoji Noteの利点となっています。 無料版もありますので試してみてはいかがかと思います。 このアプリのおかげで、ほぼ日手帳には引退してもらう事になりました。 もちろん紙の良さってのはあるんですが、どんなデバイスからでもすぐに確認できて、手書きもできて、カレンダーアプリと連携もできるとなれば、私の場合もう紙の手帳である必要がありません。 あとは値段さえもう少し勉強してくれたらと思うんですが、、、。 ちなみにiPadProはこのアプリ以外にも雑誌を拡大せずに読めたりといろいろな使い道があります。 何と言ってもアップルペンシルがあるので、iPadMiniよりオススメです。 もちろん少し重いですが。 ただしアップルペンの持ち運びには気をつけた方が良いでしょう。 下記、私のページ以外でGemba Noteを紹介されているページのリンクを追記しておきます。

次の